e漢字使用


小泊瀬稚鷦鷯天皇 武烈天皇

元年春三月丁丑朔戊寅(499.03.02) ≫≫
二年秋九月(500.09) ≫≫
三年冬十月(501.10) ≫≫

四年夏四月(502.04) ≫≫
五年夏六月(503.06) ≫≫
六年秋九月乙巳朔(504.09.01) 
≫≫
七年春二月(505.02) 
≫≫
八年春三月(506.03) 
≫≫
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

小泊瀬稚鷦鷯天皇(をはつせのわかさざきすめらみこと) 武烈天皇(ぶれつてんわう)

小泊稚鷦鷯天皇 億計天皇(おけのすめらみこと)太子(ひつぎのみこ)也 母(いろは)(まうす)春日大娘皇后(かすがのおほいらつめのきさき) 億計天皇七年 立爲皇太子(ひつぎのみこ) 長(ひととなりて)好刑理(つみなへことわること) 法令(のり)分明(わきわきす) 日晏(ひくたつ)坐朝(まつりごときこす) 幽枉(かくれたること)(とほししろす) 斷(ことわる)(うたへ)(まこと) 又頻(しきり)(する)諸惡(もろもろのあしきこと) 不脩(をさめる)(ひとつ)(よきこと) 凡(およそ)諸酷刑(からきのり) 無不親(みづから)(みそなはす) 國内居人(おほみたから) 咸(ことごとく)皆震怖(おづ) 

小泊瀬稚鷦鷯天皇は、億計天皇の太子なり。母を春日大娘皇后と曰す。億計天皇の七年、立ちて皇太子と爲りたまふ。長りて刑理を好みたまふ。法令分明し。日晏つまで坐朝しめして、幽枉必ず達しめす。獄を斷ることに情を得たまふ。又頻に諸惡を造たまふ。一も善を脩めたまはず。凡そ諸の酷刑、親ら覽はさずといふこと無し。國の内の居人、咸に皆震ひ怖づ。

後漢書、明帝紀に、
「帝、刑理を善くし、法令分明にして、日晏(く)れて朝に坐す。幽枉必ず達す。 ・・・獄を斷わり情を得。」によるが、芸文類聚、帝王部、漢明帝条と構成が類似していると注される。刑理は罪人を罰し理非を判定する、分明(わきわき)ははっきり知っている、日晏は日の暮れること、”くたつ”は朽、腐と同類、幽枉必達は、世に知られずにいる無実の罪は必ず見抜いてそれをはらす、獄は訴へ、と注される。斷獄とは裁判を行ふこと。諸悪をなし一つの善も脩めずとはまことに極端な物言ひである。何故かくなる表現となったのか? 

十一年八月
(はつき) 億計天皇崩(かむあがる) 大臣(おほおみ)平群眞鳥臣(へぐりのまとりのおみ) 專(たくめ)(ほしきままにす)國政(くにのまつりごと) 欲(おもふ)(きみ)日本(やまと) 陽(いつはる)爲太子(ひつぎのみこ)(つくる)宮 了(つくりをはる)自居 觸事(ことごと)(おごり)(あなづる) 都(かつて)無臣(やつこらまのわきまへ) 於是 太子思欲(おもほす)(あとへる)物部麁鹿火大(もののべのあらかひのおほむらじ)(むすめ)影媛(かげひめ) (つかはす)媒人(なかだち) 向影媛宅(いへ)(ちぎる)(あふ) 影媛會(いむさきに)(をかさる)眞鳥大臣(まとりのおほおみ)男鮪(こしび) 【鮪 此云茲寐(しび)】 恐太子所期 報(かへりことまうす)(まうす) 妾(やつこ)(ねがふ) 奉(たてまつる)待海柘榴市(つばきち)(ちまた) 由是 太子欲徃(いでます)(ちぎる)處 近侍(つかへまつる)舎人(とねり) 就(むかふ)平群大臣(へぐりのおほおみ)(いへ) 奉(あぐ)太子命(みことのり) 求索(こふ)官馬(つかさうま) 大臣(おほおみ)戯言(たはぶれごと)(いつはる)(たてまつる)(いふ) 官馬爲誰飼養(かふ) 随(まま)(みこと)而已 久(ひさに)之不(たてまつる) 太子懐恨(みこころのうちにおもふ) 忍不發(いだす)(みおもへり) 果之(ゆく)所期 立歌場(うたがき)(ひとなか) 【歌場 此云宇多我岐(うたがき)】 執(とらへる)影媛袖 躑躅(たちやすらふ)從容(いざなふ) 俄(しばらく)而鮪臣(しびのおみ)來 排(おしはなつ)太子與影媛間(なか)立 由是 太子放(ゆるす)影媛袖 移廻(うつりむく)(すすむ)前 立直(ただに)(むかふ)(しび) 歌(みうたよみす)(のたまふ)

十一年の八月に、億計天皇崩りましぬ。大臣平群眞鳥臣、專國政を擅にして、日本に王とあらむと欲ふ。陽りて太子の爲に宮を營るまねす。了りて即ち自ら居む。觸事に驕り慢りて、都て臣節無し。是に、太子、物部麁鹿火大連の女影媛を聘へむと思ほして、媒人を遺はして、影媛が宅に向はしめて會はむことを期る。影媛、會に眞鳥大臣の男鮪に姧されぬ。【鮪、此をば茲寐(しび)と云ふ。】 太子の期りたまふ所に違はむことを恐りて、報して曰さく、「妾望はくは、海柘榴市の巷に待ち奉らむ。」 是に由りて、太子、期りし處に徃でまさむとす。近く侍る舎人を遣して、平群大臣の宅に就はしめて、太子の命を奉げて、官馬を求索はしむ。大臣、戯言に陽り進りて曰く、「官馬は誰が爲に飼養へや、命の随に。」といひて、久に之進らず。太子、懐恨ひて、忍びて顏に發したまはず。果して期りし所に之きて、歌場の衆に立たして、【歌場、此をば宇多我岐(うたがき)と云ふ。】 影媛が袖を執へて、躑躅ひ從容ふ。俄ありて鮪臣、來りて、太子と影媛との間を排ちて立てり。是に由りて、太子、影媛が袖を放したまひて、移廻きたまひて前に向みて、立ちて直に鮪に當ひたまふ。 歌して曰はく

平群臣は大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)の元年(313)書紀巻11に、大鷦鷯尊と同日に生まれた武内宿禰の子、木菟宿禰を始祖とする名門である。去來穗別尊(履中天皇)を難波から奈良に救出したのも書紀巻12、平群木莵宿禰(物部大前宿禰・漢直の祖、阿知使主の三人)であった。木莵宿禰は大鷦鷯天皇と同日の生まれとすると、書紀では大鷦鷯天皇は127歳以上であり、去來穗別天皇のもとで即位二年(401)に国事をとった大黒柱であるが、人間的寿命では成立しない。木莵宿禰が何時亡くなったかは不明であるがその子が眞鳥であり、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)の政権奪取を大伴氏、物部氏と共に支へ、即位二年(458)「平群臣眞鳥を以て大臣とす。大伴連室屋、物部連目を以て大連とす。書紀巻14とあるごとくその地位を確かなものにした。億計天皇(仁賢天皇)の十一年は498年であり、大臣となって40年を経ていることになる。木菟宿禰の何歳の時の子であるか不明であるが、年齢的には破綻している。書紀がこの事件を小泊瀬稚鷦鷯天皇の時とするのは、無理がある。古事記は弘計天皇(顯宗天皇)の時とするのは、少しでも年齢的矛盾を減じる。また、平群眞鳥は大泊瀬幼武天皇を支え、後継者として吉備勢力を押さえて、白髮天皇を後押した立役者であり、弘計天皇がその影響力を恐れて殺し、吉備の勢力を抱き込んだとする方が話としては通る。
仮に木菟宿禰が去來穗別天皇即位二年(129歳以上)に眞鳥を産んだとしても、この時97歳となり、最盛期をはるかにすぎた眞鳥が今更「日本に王となりたいとする」は説得力がない。読者は、諸事に驕
(おご)り慢(あなど)りて、都(すべ)て臣節無しの眞鳥と諸惡を行い一も善を脩めたまはぬ太子の対決をイメージさせられ、そのような老人が若い太子と影媛を争ふのかと、いささかもげんなりすると、突如、眞鳥大臣の子、男鮪を登場させ、すでに影媛は男鮪(こしび)に姧(をか)されていたと急展開する。古事記では袁祁王と志毘臣(しびのおみ)が菟田首等(うだのおびとども)の女(むすめ)、大魚(おほうを)を争ったとする。書紀は、物部氏の女とする。平群氏と物部氏は政権を難波より奈良へ移すことで協力関係にあった。影媛が犯されたといふは妙ないいがかりであり、平群氏と物部氏が婚姻関係を結ばんとしていたもので、太子がそれを知らず、影媛を求めたといふ展開であるが、これは額面通りには受け取れない。眞鳥が太子の為に宮を造ると偽って自分がそこに住んだとするも額面通りには受け取れない。眞鳥が用意したものを、太子が断ったとも考へられる。いづれにせよ、天皇が崩御され、喪の期に、いきなり女(むすめ)を追ひ、大臣父子を殺すに到るとは、傍若無人の誹りを免れることはできまい。
太子が仲人を立てて、影媛宅で会いたいと申し入れると、影媛は一人で断ることはむつかしいと恐れ、海柘榴市の巷
(ちまた)でお会ひしたいと答へた。海柘榴市は桜井市金屋地図の辺り、石上廣高宮からは10km南となり、市場で歌場といふ衆人の集う地である。太子が馬で行こうとして舎人を平群大臣の宅に行かせて、官馬を求めたとある。平群氏は平群郡平群郷( 奈良県生駒郡平群町)を本拠としており石上廣高宮から遠く、太子が逢引のための馬をそこまで求めねばならない状況が理解しがたい。その程度の馬を石上廣高宮で自由にできないとは一体どういうことか?平群大臣が、戯言に、官馬は誰の為のものでしょうか、どうぞご随意といいながら、提供しなかった。太子は、怒りを押さえて、海柘榴市へ向かはれた。では、歩いてゆかれたのか?別の所で馬を調達されたのか?わざわざ、海柘榴市で影媛に会うことを告げる舎人を派遣したようなもので、なんともちぐはぐである。海柘榴市では、影媛は太子に従ひ誘はれることになったが、そこに鮪臣がやって来て、二人の間に割って入った。影媛はこれを待っていた。ここから歌垣が始まる。まず、太子が投げかける。

 之裒世能(しほせの) 儺鳴理鳴彌黎麼(なをりをみれば) 阿蘇寐倶屢(あそびくる) 思寐我簸多泥儞(しびがはたでに) 都摩陀氐理彌喩(つまたてりみゆ) 【一本(あるふみ) 以之裒世(しほせ) 易(かふ)彌儺斗(みなと)】 
 
潮瀬(しほせ)の 波折(なを)りを見(み)れば 遊(あそ)び来る 鮪(しび)が鰭手(はたで)に 妻立(つまた)てり見(み)ゆ 【一本に、潮瀬(しほせ)を以て水門(みなと)に易(か)ふ】

 この歌は古事記と同様である。鰭手は端手、そば、脇のこと。男鮪とマグロをかけて揶揄している。潮の瀬 波の折り崩れるところをみれば 回遊するマグロの脇に 妻が立っているのが見える。妻とは影媛のことであるが、影媛はまだ太子の妻ではない。潮の瀬を水門とするものもあるのは、元来これは、海辺を想定しており、そういふ歌がすでにあったのかもしれない。それを引用したとすれば、ややこしさを回避できる。
 海からブラリとやってきたどこのマグロとも分からぬ男が、私が妻にしようとしている女
(むすめ)の横に居る。よくよく知っている鮪を、揶揄した。

鮪答歌
(かへしうた)(まうす)
 飫瀰能古能(おみのこの) 耶陛耶迫麦k(やへやからかき) 瑜屢世登耶瀰古(ゆるせとやみこ)

鮪、答歌して曰す。
 
(おみ)の子(こ)の 八重(やへ)や韓垣(からかき) ゆるせとや御子(みこ)

 臣の子とは眞鳥大臣の子、鮪のこと。韓垣は異国風の垣、裕福さを示す。平群邸には異国風の堅牢な垣があった。
 鮪は、太子に御子とはいへ、勝手に臣の垣内にお入りなるなら、ただではすまされませんぞと脅した。


 
太子
(ひつぎのみこ)(みうたよみす)(のたまふ)
 飫裒陀(おほたちを) 多黎播枳多(たれはきたちて) 農博登慕(ぬかずとも) 須衞婆陀志氐謀(すゑはたしても) 阿波夢登茹於謀賦(あはむとぞおもふ) 

太子、歌して曰はく。
 
大太刀(おほたち)を 垂(た)れ佩(は)き立(た)ちて 抜(ぬ)かずとも 末(すゑ)(はた)しても 会(あ)はむとぞ思(おも)

 
太子は腰の大太刀に手をかけ、こいつを抜かずとも、素手で十分。いづれは結局、影媛と一緒になると豪語する。

鮪臣
(しびのおみ)答歌曰(まうす)
 飫裒枳瀰能(おほきみの) 耶陛能矩瀰麦k(やへのくみかき) 琵粕~騰謀(かかめども) 儺嗚阿摩之耳彌(なをあましじみ) 琵粕_倶彌柯枳(かかぬくみかき) 

鮪臣、答歌して曰す。
 
大君(おほきみ)の 八重(やへ)の組垣(くみかき) 懸(か)かめども 汝(な)を編(あ)ましじみ 懸(か)かぬ組垣(くみかき) 

 
懸くは結(ゆ)ふ、結ぶこと。汝(な)をの”を”は間投助詞、ここでは主格で汝は。”ましじ”は”べからず”にあたる古語。”み”は理由を示す助詞、と注される。大君は、この場合、億計天皇とみるべきであろう。鮪臣は太子を汝と云い放った。
 大君なら堅牢な組垣を造ることができようが、お前様では編むことはできまい。実現することのない
(影媛を囲ふ)垣だ。

太子歌曰
 於彌能姑能
(おみのこの) 耶賦能之魔柯枳(やふのしばかき) 始陀騰余瀰(したとよみ) 那爲我輿釐據魔(なゐがよりこば) 耶黎夢之魔柯枳(やれむしばかき) 【一本(あるふみ) 以耶賦能之魔柯枳(やふのしばがき) 易耶陛迫麦k(やへからかき)】 

太子歌して曰はく、
 
(おみ)の子(こ)の 八節(やふ)の柴垣(しばがき) 下動(したとよ)み 地(なゐ)が震(よ)り来(こ)ば 破(や)れむ柴垣(しばかき)  【一本に、八節(やふ)の柴垣(しばがき)を以て八重(やへ)韓垣(からかき)に易(か)ふ】 

 
八重(やへ)や韓垣(からかき)を八節の柴垣とする。柴垣や組垣は竹や雑木を挟み込んで作る垣であろうが、韓垣は壁垣と思はれる。八節は八段。地震で壊れるといふは、壁垣、石垣であったかもしれない。
 
眞鳥大臣の子の八段の柴垣とて、地震となれば、壊れる柴垣。垣などあてにはならぬと負けてはいない。

太子影媛歌
(みうた)(のたまふ)
 擧騰我瀰儞(ことがみに) 枳謂屢箇皚比謎(きゐるかげひめ) 施摩儺羅磨(たまならば) 婀我裒屢柁摩能(あがほるたまの) 婀波寐之羅陀魔(あはびしらたま) 

太子、影媛に歌を贈りて曰はく。
 
琴頭(ことがみ)に 来居(きゐ)る影媛(かげひめ) 玉(たま)ならば 吾(あ)が欲(ほ)る玉(たま)の 鰒(あはび)白珠(しらたま)

 
琴頭に来寄る、琴は~託を得るに奏し、~が祝に依りつき託宣される、それを来寄る影とし、影媛への枕詞となっているところをみると、影媛は巫女であったのかもしれない。雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)の十四年条書紀巻13に、淡路嶋の~が赤石の海の底の鰒の抱へる眞珠を所望したという話があった。邸宅で女(むすめ)の気持ちを釣るなど、たかが知れている。
 琴のそばに寄り来る影媛は玉に喩へるならば、吾が欲しいと思ふ鰒の真珠、と称へた。


鮪臣爲影媛答歌曰
(まうす)
 於裒枳瀰能(おほきみの) 瀰於寐能之都波拕(みおびのしつはた) 夢須寐陀黎(むすびたれ) 陀黎耶始比登謀(たれやしひとも) 阿於謀婆儺倶儞(あひおもはなくに) 

鮪臣、影媛が爲に答歌して曰す。
 大君(おほきみ) 御帯(みおび)の倭文服(しつはた) 結(むす)び垂(た)れ 誰(たれ)やし(ひと)人も 相思(あひおも)はなくに 

 鮪臣が影媛に代わって歌を詠んだ。媛の気持ちを太子は何も分かっていない。大君の御帯の倭文服結び垂れ、大君の見事な帯の倭織りの布が垂れるの”たれ”が誰”たれ”にかかる枕詞っている。
 馬鹿な太子よ、大君に誓って、影媛は誰か他の人を相思うことなどありはしない、それがわからぬとは・・・


太子甫
(はじめて)知鮪曾得影媛 悉(ことごとくに)覺父子(かぞこ)無敬(ゐや)之状(かたち) 赫然(おもほてり)大怒 此夜 (すみやか)(いでる)大伴金村(いへ) 會(つどへる)兵計策(はかる) 大伴 將(ゐる)數千兵 儌(たへる)之於路 戮(ころす)鮪臣於乃樂山(ならやま) 【一本云 鮪宿影媛舍(いへ) (そのよ)被戮】 是時 影媛(おふ)行戮處 見是戮已(をへる) 驚惶(かしこむ)失所(こころまどひす) 悲涙(かなしびのなみだ)(みつ)目 (つひに)作歌曰(いふ)
 伊須能箇瀰
(いすのかみ) 賦屢嗚須擬底(ふるをすぎて) 擧慕摩矩羅(こもまくら) 柁箇播志須擬(たかはしすぎ) 慕能娑幡儞(ものさはに) 於裒野該須擬(おほやけすぎ) 播屢比(はるひ) 箇須我嗚須擬(かすがをすぎ) 逗摩御慕屢(つまごもる) 嗚佐裒嗚須擬(をさほをすぎ) 拕摩該儞播(たまけには) 伊比佐倍母理(いひさへもり) 拕摩慕比儞(たまもひに) 瀰逗佐倍母理(みづさへもり) 儺岐曾裒遲喩倶謀(なきそほちゆくも) 柯比謎阿婆例(かげひめあはれ) 

太子、甫めて鮪が曾に影媛を得たることを知りぬ。悉に父子の無敬き状を覺りたまひて、赫然りて大きに怒りたまふ。此の夜、速に大伴金村連の宅に向でまして、兵を會へて計策りたまふ。大伴の連、數千の兵を將て、路に儌へて、鮪臣を乃樂山に戮しつ。 【一本に云はく、鮪、影媛が舍に宿り、即夜戮されぬといふ。】 是の時に、影媛、戮さるる處に逐ひ行きて、是に戮し已へつるを見つ。驚き惶みて失所して、悲涙目に盈てり。遂に歌を作りて曰く、
 
(いす)の上(かみ) 布留(ふる)を過(す)ぎて 薦枕(こもまくら) 高橋過(たかはしす)ぎ 物多(ものさは)に 大宅過(おほやけす)ぎ 春日(はるひ) 春日(かすが)を過(す)ぎ 妻籠(つまごも)る 小佐保(をさほ)を過(す)ぎ 玉笥(たまけ)には 飯(いひ)さへ盛(も)り 玉盌(たまもひ)に 水(みづ)さへ盛(も)り 泣(な)き沾(そほ)ち行(ゆ)くも 影姫(かげひめ)あはれ 

太子がはじめて鮪と影媛の関係を知り、父子の無敬きを覚り、真っ赤になって怒ったとあるが、このことにより、大伴金村連をして数千の兵を動員して、鮪を殺したといふは解せない。この父子を討つことを前もって計画しておらねば、かように迅速な行動をとることはできまい。太子にもとより影媛を妻とする気持ちがあったとは思はれぬ。この歌を影媛が作ったといふも疑はしい。飯と水を手に涙をぼろぼろ落し歩く影媛の姿があった。
石上神社の地
地図は物部氏の本拠地。布留の地である。高橋は佐保川流域の高橋神社(奈良市八条町338:地図のあたりとされるが大宅(奈良市白毫寺あたり:地図に行くには西にずれすぎる。かつて和邇下神社あたりに"高橋"という地名があったとする説がある万葉集の風景、これなら道中にあたる。春日は春日山以西の地、小佐保は佐保川流域の法蓮町地図あたりとされる。
数千の兵を用ゐて鮪臣を攻めたのに、眞鳥大臣が動かなかったといふも解し難い。鮪が影媛の舍に宿っていたとするなら、物部邸を襲ったことになり、物部氏までを巻き込むことになる。物部邸を出てから襲うしかあるまい。ならば鮪一人か小人数であり、数千の兵は不要である。眞鳥大臣を牽制するために動員されたことになるのか?
物部氏が如何なる対応をしたか何も記されていないのも不思議だ。これは遺恨になる。

於是 影媛收
(をさむ)(うづむ)(をはる) 臨欲家 悲鯁(むせぶ)而言(いふ) 苦(くやし)哉 今日(けふ) 失我愛(うるはし)(をうと) 便(すなはち)灑涕(いさつ) 愴(いたむ)矣 纒(むすぼれる)心歌曰
 婀嗚儞與志
(あをによし) 乃樂能婆娑摩儞(ならのはざまに) 斯斯貮暮能(ししじもの) 瀰逗矩陛御暮梨(みづくへごもり) 瀰儺曾々矩(みなそそく) 思寐能和倶吾嗚(しびのわくごを) 阿娑理逗那偉能古(あさりづなゐのこ) 

是に、影媛、收め埋むること既に畢りて、家に還らむとするに臨みて、悲鯁びて言く、「苦しきかな、今日、我が愛しき夫を失ひつること。」 即便ち灑涕ちて愴み、心に纒れて歌ひて曰く、
 
あをによし 乃樂(なら)の谷(はざま)に 鹿(しし)じもの 水漬(みづ)く辺隠(ごも)り 水灌(みなそそ)く 鮪(しび)の若子(わくご)を 漁(あさり)り出(づ)な猪(ゐ)の子(こ) 

金光明最勝王経捨身品の「悲鯁して言ふ、苦しきかな、今日我が愛しき子を失ひつりこと。即便ち涙を抆(ぬぐ)ふ」を用いた。鯁は哽に通じ、むせぶ意、灑涕は涙をそそぐ意、纒は悲しみや憂いのため心が晴れないことと注される。影媛は鮪を埋葬したとあり、一人で乃樂谷に出かけたものではない。かような結果を招くことになるなら、始めからはっきりとお断りすべきであったと悔やまれたことであろう。しかし、影媛は、避けられない運命であったと直感しておられたのかもしれない。
 鹿
(しし)じもの、鹿のように、であるが、”しし”は美味なる肉、愛しい鮪の肉体。海行かば 美都久(ミヅク)(かばね)とあるごとく、水辺で屍となられたこと。水灌く、水が降りかかる、水をそそぐ、涙が落ちる、泥や血にまみれた身体を涙ながらに清められたのであろうか。それを漁るようなまねはなさるな。猪の子、この場合の子は猪そのもの、猪よ、と同じ。猪は太子の兵とされるが、若子、鮪と対比すれば太子その人であろう。影姫の太子に対する決然とした気持ちを示された。
 奈良山の谷で、鹿のように、水辺で屍となられた。水を灌いで清めた鮪の若子を 漁るようなまねはなさいますな、猪よ。

冬十一月(しもつき)戊寅(つちのえとら)(ついたち)戊子(つちのえねのひ) 大伴金村(おほとものかなむらのむらじ)(かたりまうす)太子曰(まうす) 眞鳥(まとり)(あた) 可撃 (うけたまはる)討之 太子曰 天下(あめのした)將亂 非希(すぐれる)世之雄(たけきひと) 不能濟(ことなす)也 能安(やすむ)之者 其在(むらじ)乎 (すなはち)(ともに)定謀(はかりごと) 於是 大伴大(おほとものおほむらじ) 率(ゐる)(いくさ)自將(いくさのきみ) 圍(かくむ)大臣宅 縱(はなつ)火燔(やく)之 所ヒ(さしまねく)雲靡(なびく) 眞鳥大臣 恨事不濟 知(さとる)身難免 計(はかりごと)窮望絶 廣指鹽(うしほ)(とごふ) (つひに)被殺戮(ころす) 及(いたる)其子弟(やから) 詛時唯忘角鹿海(つぬがのうみ)鹽 不以爲詛 由是 角鹿之鹽 爲天皇所食(おもの) 餘海(あたしうみ)之鹽 爲天皇所忌(おほみいみ) 
十二月
(しはす) 大伴金村連 平(たひらぐ)(しづむ)(あた)(をはる) 反(かへす)政太子 (まうす)(たてまつる)尊號(みな)曰 今億計天皇(おけのすめらみこと)(みこ) 唯有(ます)陛下(きみ) 億兆(おほみたから)(ところ)(よりたてまつる) 曾(かつて)無與(また)二 又(みたまのふゆ)皇天(あめ)(たすけ)(たまふ) 淨(はらふ)(のぞく)凶黨(あた) 英略雄斷(すぐれたるはかりごとををしきたばかり) 以(これをもて)(さかりにす)天威天祿(あまついきほひあまつしるし) 日本(やまと)必有(ます)(きみ) 主(きみます)日本者 非陛下(きみ)而誰(たぞ) 伏願 陛下仰(あふぐ)(まうす)靈祗(あまつかみくにつかみ) 弘宣(ひろめのべ)景命(おほきなるみこと) 光宅(てります)日本 誕(おほきに)受銀(たからのくに) 於是 太子命(おほせる)有司(つかさ) 設壇場(たかみくら)於泊瀬列城(はつせのなみき) 陟天皇位(あまつひつぎしろしめす) (つひに)(さだむ)(みやこ)焉 是日 以大伴金村爲大

冬十一月の戊寅の朔戊子
(498.11.11)に、大伴金村連、太子に謂して曰す、「眞鳥の賊、撃ちたまふべし。請らくは討たむ。」 太子の曰はく、「天下亂れなむとす。世に希れたる雄に非ずは、濟すこと能はじ。能く之を安みせむ者は、其れ連に在らむか。」 即ち與に謀を定む。是に、大伴大連、兵を率て自ら將として、大臣の宅を圍む。火を縱ちて燔く。ヒく所雲のごとく靡けり。眞鳥大臣、事の濟らざること恨みて、身の免れ難きことを知りぬ。計窮り望絶えぬ。廣く鹽を指して詛ふ。遂に殺戮されぬ。其の子弟さへに及る。詛ふ時に、角鹿海の鹽をのみ忘れて、詛はず。是に由りて、角鹿の鹽は、天皇の所食とし、餘海の鹽は、爲天皇の所忌とす。十二月に、大伴金村連、賊を平げ定むること訖りて、政を太子に反したてまつる。尊號を上らむと請して曰す、「今、億計天皇の子、唯陛下のみ有します。億兆の歸る攸、曾て與二つ無し。又皇天の翼け戴ふ頼によりて、凶黨を淨ひ除きつ。英略雄斷は、以て天威天祿を盛にせり。日本には必ず主有します。日本に主まさむには、陛下に非ずして誰ぞ。伏して願はくば、陛下、仰ぎて靈祗に答したまひて、景きなる命を弘め宣べ、日本に光り宅しませ。誕きに銀郷を受けたまへ。」是に、太子、有司に命せて、壇場を泊瀬列城に設けて、陟天皇位す。遂に都を定めたまふ。是の日に、大伴金村連を以て大連とす。

老齢の眞鳥が後継者の男鮪を討たれたことは、先行きが危うくなったも同然、大伴金村連は一気に眞鳥を討とうとして、太子に謀った。太子の言葉は、魏志、武帝紀、
天下將に亂れんとす。希(すぐれ)たる世の雄に非ずんば、濟(すく)ふこと能はず。 能く安ずるは、其れ君に在らむかの引用と注される。眞鳥も警戒していたはず、それがいとも容易く囲まれ火を放たれている。物部邸から出た男鮪を待ちうけて討つのに数千の兵を動員したという不可解な記述があった。この時、同時に眞鳥を急襲したのでなくば、そうは簡単に討てまい。軍勢が雲のごとく靡く、眞鳥大臣もどうしようもなかった。窮した眞鳥に出来たことは、天皇の食する塩に呪いをかけることであったとする。その時角鹿(敦賀)の塩のみ呪いをかけることを忘れたとある。その他の塩は天皇は食されなかった。これは、小泊瀬稚鷦鷯天皇に限ってのことで、後にはそのようなことはなくなったようである。武内宿禰の子、木菟宿禰を始祖とする平群氏の凋落である。大伴金村連により為され、この功あって、大連となった。
八月に億計天皇
(仁賢天皇)が崩御されて以来、眞鳥大臣が日本(やまと)の王たらんとした、政を専らにする(政権を私す)のを大伴金村連が正常化し、政を太子に返された、という。これは大義名分、眞鳥大臣に太子を弑する動きなどなく、兵を動員すらしていない。太子を取り込んだ大伴金村連に、一瞬の油断を突かれたとみえる。汚名を着せられた眞鳥は、詛ふことで、その無念を訴へたが、あとの祭りであった。
大伴金村連の言葉は、芸文類聚、帝王部の引用と注される。晋劉琨勧進元帝表に、
唯陛下のみ有す。 億兆歸(よりたてまつる)(ところ) 曾(かつ)て(また)二無し。天祚(てんそ:天位)大晉、必ず將に主有(ま)す。晉を祀りて主たる者は、陛下に非ずして誰か」。また、晋元帝答劉琨等令に、「咸(みな)翼戴(よくたい:主君を助けて上にいただく)を見る」。また、齊謝脁為百官勸進齊明帝表に、「伏して陛下に願ふ。仰ぎて靈祇(神祇)に答へ、景命(大命)を弘め宣べ、誕(おほい)に多方(多くの国)を受け、萬國を奄宅(えんたく:その主となる)す」とあり、これを少しく変えたもの。太子に何らの功績なくして、かような言葉を並べてみても、空々しい。大伴金村連の立場を正統化するものであるが、逆効果である。武内宿禰一族の終焉、大伴氏の隆盛をみるのみである。、壇場を泊瀬列城に設けて即位とは中国風である。泊瀬列城宮である。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)が壇を泊瀬の朝倉に設けて即位され、平群臣眞鳥を以て大臣とし、大伴連室屋、物部連目を以て大連とされたことに従はれた。平群氏と物部氏の姿がないことに、この政権の特徴がみえる。泊瀬列城は、長谷寺の南、出雲村北方の御屋敷の地が宮跡と注される。

元年
(はじめのとし)春三月(やよひ)丁丑(ひのとのうし)(ついたち)戊寅(つちのえとらのひ) 立春日娘子(かすがのいらつめ)爲皇后 【末詳娘子之父(かぞ)】 ◎是年也 太歳己卯(つちのとのう)

元年春三月丁丑朔戊寅(499.03.02)に 春日娘子を立てて皇后とす。 【末だ娘子の父を詳にせず】 ◎是年、太歳己卯。

春日娘子は他に見えず、と注され、父母が明らかにされないとある。さような皇后は春日娘子のみ。天皇の母は春日大娘皇女、大泊瀬天皇が、和珥臣深目の女童女君を娶して生しめた、とされる。この類推から和珥の女
(むすめ)とするようである。宮中に郎女として上がっていた豪族の女で、春日が地名となれば、和珥氏ゆかりとなるが、それなら、父母の名は明らかであろう。どうも理解しがたい事情があったとみえる。この時代の婚姻は、政略であり、皇后とした相手の氏族を明らかにしないというのは、考えづらい。御子にも言及がない。要するに、まことに異様、異例である、ご注意あれというに等しい。

二年秋九月
(ながづき) 刳(さく)(はらむ)(をみな)之腹 而觀(みそなはす)其胎(このかたち)

二年の秋九月(500.09)に、孕める婦の腹を刳きて、其の胎を觀る。

呂氏春秋、先識覧(高誘注)に、
「孕める婦の腹を刳きて、其の胎を觀る。」とあり、これは中国の暴君、夏の桀王、殷の紂王のこととして記されたもの。武烈天皇を仁徳天皇から始まった王朝の末期における暴君とみる、と注される。しかし、王朝の命が改む、革命思想の中国とは異なり、武烈天皇が新たに天命を得た天皇に討たれるものでもない。漢籍で修飾された大伴金村連の言葉と同じく、祝詞にお経を唱える神職のごときちぐはぐさを否めない。

三年冬十月(かむなづき) 解(ぬく)人指甲(なまつめ) 使掘暑預(いも)
十一月(しもつき) 詔(みことのりす)大伴室屋大(おほとものむろやのおほむらじ) 發(おこす)信濃國(しなののくに)男丁(よほろ) 作城像(かたち)於水派邑(みまたのむら) 仍曰城上(きのへ)也 ◎是月 百濟意多郎(おたら)(みうす) 葬於高田丘上

三年の冬十月
(501.10)に 人の指甲を解きて、暑預を掘らしむ。
十一月に、大伴室屋大連に詔す、「信濃國の男丁を發して、城の像を水派邑に作れ。」 仍りて城上と曰ふ。 ◎是の月に、百濟の意多郎卒せぬ。高田丘上に葬る。

指甲は爪、暑預は山イモ、万葉ではウモ、平安時代にはイモ、ウモの二つ両形があったと注される。爪をはがしてイモを掘らす、無道
(あづきなし)なり。
大伴室屋は雄朝津間稚子宿禰天皇
(允恭天皇)の十一年(AD422年)に連として登場する、79年前であり、生存しているなら100歳以上の高齢者、大伴金村の祖父である。この時、金村が大連。室屋が大連としてこの命令を実行することは不可。男丁は人夫、水派邑は用明二年条の水派宮、城上は大和国広瀬郡城戸郷、北葛城郡広陵町と注される。城の像というのも分からない。
信濃國は、
「神八井耳命は科野国造等の祖なり(古事記)。」とあり、科野。大国主命が国譲りを決断されたとき、それに従わず、その子、建御名方命は、「科野国の洲羽の海」に至り、諏訪の地に逃げ込んだ。その母は高志国(越国)の沼河比賣(ぬながわひめ)であった。渟名河からきており、現在の姫川、翡翠を出す。大国主命は比賣と翡翠を出す越を求め、比賣は大国主命から農耕技術と土木技術、その土台となる鉄製の鋤の制作、砂鉄の精錬技術、また、八矛の神と称される命から、祭祀、統治用の矛、武器として矛を導入されたのであろう。姫川を遡ると諏訪に出る。縄文時代からの狩猟の民の地に、建御名方命、農耕を行う弥生の民が入りこんだもので、古代神を祭神とする上社と建御名方神を祭神として奉る下社とその伝統が受け継がれている。
吉田昌克氏の
「吉田 カルチャーパーク、古墳研究室、」によれば、「『みすず刈る信濃』は『まこも刈る科国』、科国はみこもと蘆から鉄を作る素晴らしい国という意味。」という。「千曲川の流域には古代 水薦(みこも=真菰まこも)や、よし(葦、蘆 葭)などの漢名表示で禾本(カホン)科の植物(=稲科日本名)が茂った。その根にバクテリアが付着して水中の鉄イオンを酸化し、褐鉄鉱が生成される。鉄の沈積した泥を水流に流し、比重選別する。重い鉄を菰で編んだ敷物(こも)に沈殿させて採鉄したのだろう。この技術は伽耶地方の採鉄技術であろう。伽耶地方の鉄が取れなくなったか、戦乱を逃れてか、水生植物がより豊かに繁殖している千曲川流域や、支流の犀川、古代沼地だった上田などに集団が移住してきて、鉄を採った。この集団の住む地域を科国と呼んだ。」としておられる。
この地はまた積石古墳の地でもある。また、
「@ 森将軍塚、有明山将軍塚、倉科将軍塚、土口将軍塚はいずれも山の上にある前方後円墳。これらは最初に移住してきた伽耶系の人たちの墓。古渡り(こわたり)渡来人(縄文時代から人が生活している場所に移住してきた)北山支群の大星山 18号前方後円墳の被葬者も同類。
A古くから同族の移住者のいた地に、5世紀後半代に積石合掌型石室墓制の大集団が渡来した。おそらく金官伽耶から。(大室谷古墳群中域の合掌形積石積塚同類は全国で49例。うち大室に25基)
B高句麗系の人も移住  大室谷を墓域にし土石混合墳に埋葬。
C7世紀半に高句麗が滅び、その前後に大勢の移住があり、高井郡に分住していた。
D今来(いまき新しい渡来人)集団の中心人物を埋葬した墓が244号墳(通称将軍塚 一番大きい)
E7世紀半 百済も新羅に滅ばされ、係累や、縁故で百済系の移住があった。
F高句麗集団の氏神として「高井大室神社」を建立。」
としておられる。5世紀後半に伽耶系、7世紀後半に高句麗系、後に百済系が移住とあり、書紀編纂時には、この積石墓というものがよく知られていたものと思われる。同氏の将軍塚の写真をみれば、城の像というものが連想される。次の百濟の意多郎の死亡という記述と関連させるなら、天皇が墓所として、陵様式とは異なる、積石形式のごときものを作らせた、と考えてみるのも悪くあるまい。

四年夏四月(うづき) 抜人頭(かしら)髮 使昇樹巓(すゐ) 斮(きる)(たふす)樹本 落死(ころす)昇者(ひと)爲快(たのしび) 
是歳
(ことし) 百濟末多王(まつたわう)(あぢきなくす) 暴虐(しひわざす)百姓(たみ) 國人(くにひと)(つひに)(すてる) 而立嶋王(せまきし) 是爲武寧王(むねいわう) 【百濟新撰(くだらしんせん)(いふ) 末多王無(あづきなし)暴虐(しひわざす)百姓 國人共除 武寧王立 諱(いみな)斯麻王(しまきし) 是琨支王子(こんきせしむ)之子 則末多王異母兄(はらことのあに)也 琨支向(まうづ)倭 時至筑紫嶋(つくしのしま) 生斯麻王 自(より)送 不至(まうのぼる)於京(みやこ) 産於嶋 故(かれ)因名焉 今各羅(かから)海中(わたなか)有主嶋(にりむせま) 王(こきし)所産嶋 故(かれ)百濟人(くだらびと)號爲主嶋(にりむせま) 今案(かむがふ) 嶋王是蓋鹵王(かふろわう)之子也 末多王 是琨支王之子也 此曰異母兄(はらことのあに) 未詳(つばひらか)也】

四年の夏四月
(502.04)に、人の頭の髮を抜きて、樹の巓に昇らしむ。樹の本を斮り倒して、昇れる者を落し死すを快とす。
是歳、百濟の末多王無道して、百姓に暴虐す。國人、遂に除てて、嶋王を立つ。是を武寧王とす。【百濟新撰に云く、末多王、無道して百姓に暴虐す。國人、共に除つ。武寧王立つ。諱は斯麻王とす。是れ琨支王子の子なり。則ち末多王が異母兄なり。琨支倭に向づ。時に、筑紫嶋に至りて、斯麻王を生む。嶋より還し送りて、京に至らずして、嶋に産る。故、因りて名づく。今各羅の海中に主嶋有り。王の産れし嶋なり。故、百濟人、號けて主嶋とす。今案ふるに、嶋王は是れ蓋鹵王の子なり。末多王は、是れ琨支王の子なり。此を異母兄と曰ふは、未だ詳ならず。】

巓を「すゑ」、物の尖端と注される。髪を剃るでなく抜く、如何にして抜いたか不明であるが、そう簡単に抜けるものではあるまい。
末多王
(東城王)については、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)廿一年条書紀巻14、廿三年条書紀巻14にみた.。東城王の八年(486年)以降は、百済本紀によれば、自然災害と高句麗の南下に悩み、新羅と婚姻関係を結び、これに対応しつつ、半島南部の反乱を抑えている。しかし、飢饉で高句麗に逃亡する者が二千人に達するも、蔵を開き、民を救済するどころか、楼閣を建て、宴、田猟をやめず、家臣に刺客を放たれ命を落とす。
金富軾はここで問題を提起する。冊府元亀
(王欽若・楊億らが真宗の勅命により景徳二年{1005年}から大中祥符六年{1013年}の間に編纂したもの)を引用し、建元二年(480年)に牟都が都督百濟諸軍事鎭東大將軍百濟王に叙任され、永明八年(490年)に牟大が牟都を受け継ぎ都督百濟諸軍事鎭東大將軍百濟王に叙任された。牟大が東城王、牟都を祖父としており、蓋鹵王となるが、蓋鹵王(余慶)を牟都とは言はないとする。また叙任のことは、三韓古記にはないとする。梁の蕭子顕(487年 - 537年)が著した南齊書においては、建元二年、永明八年の年号はない。牟大、あるいは牟太が上表したのは建武二年(495年)としている。百済本紀では、すでにみたごとく、六年(484年)条で東城王が「南齊朝貢に如(ゆ)くも、若思、西海中に至りて、高句麗兵に遇ひて、進まず。」としていた。
建元二年は蕭道成が宋から政権を形は禅譲であるが、奪取した二年で、その政権の正統性を確立するためにも、朝貢を歓迎していた。道成が巨l
(長壽王)を驃騎大將軍に冊すのは百済本紀では、東城王六年(484年)春二月となるが、高句麗本紀では長壽王六十八年(480年)夏四月である。朝貢して叙任を得るには480年が時宜に適ふ。倭王、武が百濟を除く六國諸軍事、安東大將軍、倭國王を叙授されたのは478年。倭はこれを再任するための朝貢を行っていない。百濟も倭も朝貢していない。しかし、南齊書においては、建元元年や二年あたりにおいて、倭王武も東城王も加羅王もすべて叙任していることになっているのは、やはり妙なことである。
百済本紀における東城王の十年以降の治世は以下の通りである。

「十年 魏、兵を遣はし來伐す、我敗れる所と爲す。
 十一年 秋、大きなる年(みのり)有り。國の南海の村人、穎禾を獻合す。冬十月、王壇を設け天地を祭る。十一月、羣臣と南堂に宴す。
 十二年 秋七月、北部の人、年十五歳已上を徴し、沙耳山に二城を築く。九月、王、國西の泗原に田す。 燕突を拜し達率
(2等官の位)と爲す。冬十一月、氷無し。
 十三年 夏六月、熊川水漲
(あふ)れ 王都の二百餘家漂沒す。秋七月、民饑へ、新羅に亡入する者、六百餘家。
 十四年 春三月、雪。夏四月、大風木を拔く。冬十月、、王牛鳴谷に獵し、親(みづ)から鹿を射る。
 十五年 春三月、王、使を新羅に遣はし、婚を請ふ。羅王、伊飡(
1等官の位)比智の女(むすめ)を以て、之に歸す。
 十六年 秋七月、高句麗と新羅、薩水之原に戰ひ、新羅克たず。保犬牙城に退き、高句麗之を圍む。王、兵三千を遣はし救ひ、圍を解く。
 十七年 夏五月甲戌朔、日食有り。秋八月、高句麗來りて雉壤城を圍む。王、使を新羅に遣はし救を請ふ。羅王、將軍コ智に命じ、兵を帥いて之を救ふ。麗兵退きて歸る。
 十九年 夏五月、兵官佐平
(軍事担当の1等官)の眞老卒す。達率の燕突を拜し兵官佐平と爲す。夏六月、大雨。民屋漂毀す。
 二十年 熊津に橋を設く。秋七月、沙井城を築く。率扞
(5等官の位)の毗陁を以て之を鎭む。八月、王、耽羅(たんら)を以て貢賦を修めざるを親(みづ)ら征し、武珍州に至る。耽羅之を聞きて、使を遣はし罪を乞ひ、乃ち止む。耽羅は、即ち耽牟羅(たむら:済州島)。
 二十一年 夏大旱、民饑へ相ひ食ふ。盜賊多く起り、臣寮倉を發(ひら)き賑救(しんきゅう:施し救う)を請ふ。王、聽かず。漢山人で高句麗に亡入する者二千。冬十月、大疫す。
 二十二年
(500年) 春、臨流閣を宮東に起つ。高さ五丈、又池を穿ち奇禽を養ふ。諫臣、疏を抗(あ)げ、報ず。恐有りて、復(また)諫むる者、宮門を閉じる。論に曰く、良藥は口に苦し、病に利す。忠言は耳に逆ふ、行ひに利す。是れ以て古の明君、己を虚しうして政を問ふ。和顔にして諫を受け、猶人の不言を恐れるがごとし。懸敢諫之鼓(けんかんれんしのつつみ:諌める言葉の数々)、誹謗を立つるの木而して已(や)まず。今、牟大王諫書上るも省さず、復、門を閉ざい以て之を拒む。莊子の曰く、過を見て更(あらた)めず、諫を聞きて愈(いよいよ)甚し、之を狠と謂ふ。其れ牟大王の謂(いひ)か。夏四月、牛頭城に田し、雨雹(あられ)に遇ひて乃ち止む。五月、旱。王と左右、臨流閣に宴し、終夜歡を極む。
 二十三年 春正月、王都で老嫗狐と化して去る。二虎南山に鬪ひ、之を捕ふこと得ず。三月、霜降りて麥を害す。夏五月、雨ふらず秋に至る。七月、柵を炭峴に設くけ、以て新羅に備ふ。八月、加林城を築き、衛士佐平の苩加を以て之を鎭む。冬十月、王、泗沘東原に獵す。十一月、熊川北原に獵す。又泗沘西原に田す。大雪に阻まれ、馬浦村に宿す。初め王、苩加を以て加林城を鎭む。(苩)加、往くを欲せずして、疾を以て辭すも、王許さず。是を以て王を怨む。是に至り人をして王刺さしむ。十二月に至りて乃ち薨
(こう)ず。諡(おくりな)を東城王と曰ふ。冊府元龜(さっぷげんき)に云ふ。南濟の建元の二年(480年)、百濟王牟都使を遣はし貢獻す。詔して曰く、寶命(天命)惟新し 澤(めぐみ)は絶域(地の果て)を被ふ。牟都世(々)蕃東を表し、職を遐外(遠い果て)に守る。即ち使持節都督百濟諸軍事鎭東大將軍を授く可し。又永明八年(490年)に、百濟王牟大使を遣はし上表す。謁者僕射(天子直属の儀式担当の長)の孫副、策命し亡祖父牟都を大襲(受け継ぐ)して百濟王と爲し、曰く、於戯(ああ)、惟(こ)れ爾(なんじ)世(々)忠勤を襲(かさ)ね、誠を遐表(果ての地)に著はし、海路は肅(つつ)しみて澄(しづ)まり、要(かなら)ず貢し替へること無し。彛典(常法)に式(のっと)り循(したが)ひ、纂を用ゐ命を顯(あきら)かにす、往(以降)(つつ)しまんかな。 其れ敬しみて休業(大業)を膺(う)け、愼しまざるべきか。都督百濟諸軍事鎭東大將軍百濟王を行へ「【按有脱文】爲使持節、都督百濟諸軍事、鎮東大將軍。使兼謁者僕射孫副策命大襲亡祖父牟都爲百濟王。曰:「於戲!惟爾世襲忠懃、誠著遐表、滄路肅澄、要貢無替。式循彝典、用纂顯命。往欽哉!其敬膺休業、可不慎歟!制詔行都督百濟諸軍事、鎮東大將軍百濟王牟大今以大襲祖父牟都爲百濟王、即位章綬等玉銅虎竹符四【按有誤脱】。〔王〕其拜受、不亦休乎!(南齊書、列傳 第三十九 蠻 東南夷、梁 蕭子顕 撰の引用」 )。而して三韓古記に、牟都、王たる事無し。又按(あん)ずるに、牟大は盖鹵王の孫、盖鹵の第二子、昆支の子、其れ祖牟都を言はず、則ち齊書が載する所疑はざる可からず。

第二点は、東城王の系図に関するものである。

百済本紀では

蓋鹵王
 ┃
 ┣ 文周王━三斤王
 ┗ 昆伎王━東城王━武寧王

日本書紀では(百濟新撰による)

   文周王蓋鹵王の母の弟) ━ 三斤王
 
  ┣
蓋鹵王
  ┃   ┣ 武寧王
  ┃   婦(武寧王を孕んだ婦を昆伎が夫人とする)
  ┗昆伎王 ━ 東城王


武寧王
(在位502年ー523年)は、墓誌に62歳で崩御とあり、462年 の生まれとされる。この時は蓋鹵王(455-475年)の治世で百済本紀には即位から十三年までは一切記載がない。東城王を昆支の子とするのは同じであるが、462年には日本(やまと)におりまだ子供であり、武寧王を生むことはない。百濟新撰にあるごとく、武寧王は、昆支が日本(やまと)に向かう途中で生まれたとする大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)五年春四月条書紀巻14の方が合致する。すでにみたごとく、金富軾は、百濟の王家が一貫して継承されているとしたのであろう。しかし、無理がある。

五年夏六月(みなづき) 使人伏入塘(いけ)(ひ) 流出於外(と) 持三刃(みつは)(ほこ) 刺殺爲快

五年の夏六月(503.06)に、人をしての塘楲に伏せ入らしむ。外に流れ出づるを、三刃の矛を持ちて、刺し殺すことを快とす。

塘は堤のある溜め池、楲は、樋。池の水を流すために堤に通した樋、と注される。

六年秋九月
(ながづき)乙巳(きのとのみ)(ついたちのひ) 詔(みことのりす)(のたまふ) 傅國之機(まつりごと) 立子爲貴 朕(われ)無繼嗣(ひつぎ) 何以傅名 且(しばらく)依天皇(すめらみこと)舊例(ふること) 置小泊瀬舍人(をはつせのとねり) 使爲代(みよ)(な) 萬歳(よろづとせ)難忘者也 
冬十月
(かむなづき) 百濟國(くだらのくに)(まだす)麻那君(まなきし)進調(みつきたてまつる) 天皇(すめらみこと)以爲(おもほしめす) 百濟歴(へる)年不脩貢職(みつきたてまつらず) 留而不放(ゆるしつかはさず)

六年の秋九月の乙巳朔
(504.09.01)に、詔して曰はく、「國を傅ふる機は、子を立つるを貴しとす。朕、繼嗣無し。何を以てか名を傅へむ。且く天皇の舊例に依りて、小泊瀬舍人を置きて、代の號として、萬歳に忘れ難からしめよ。」
冬十月に、百濟國、麻那君を遣して進調る。天皇、以爲さく、百濟、年歴て貢職脩らずとおもほしめす。留めて放さず。

白髮武廣國押稚日本根子天皇
(清寧天皇)が白髮部舎人・白髮部膳夫・白髮部靭負を置かれたごとく書紀巻15、小泊瀬舍人を置かれた。皇后、春日娘子との間に御子が無かった。まさに、「國を傅ふる機は、子を立つる」のとおり。白髮武廣國押稚日本根子天皇に御子がおられなかったがために、、ゆかりのある者を探し出し、皇太子を定められた。さまなくば、弘計天皇(顯宗天皇)、億計天皇(仁賢天皇)が政権に就かれるということはなかった。その弘計天皇も御子のないまま崩御され、億計天皇の御子は小泊瀬稚鷦鷯皇子のみであった。そこに危機感を覚えていながら、また、傍若無人な振る舞いをされるわりには、次から次へと妃を置いて、あくなく御子を求める挙には出ておられない。さりとて、縁者を探し求めるでもない。この期における最大の政治課題であるにもかかわらず、小泊瀬舍人を置くでは、何らの解決にはならない。大連の金村にはイライラするような展開であろう。
百濟との関係は、いささかも疎遠となっていた。百濟の政権交代は記されているが、武寧王就任についての使節の往来などには言及はない。東城王のときには、北魏が漢化を推し進め、南下政策をとり、百濟にも圧力をかける事態となり、百濟は高句麗への脅威があり、大陸においては南齊、半島においては新羅と結び、対抗をしており、百濟を含む七國諸軍事、安東大將軍、倭國王を求める日本
(やまと)とは一定の距離を置いていたことは、すでにみた。いささかも、疎遠となっていた。南齊書に、「是歳、魏虜又騎數十萬を發(おこ)し百濟を攻め、其の界に入る。牟大(東城王)、將沙法名、賛首流、解禮昆、木干那を遣はし、衆を率いて虜軍を襲撃し、大きに之を破る。建武二年(495年)、牟大、使を(南齊に)遣はし上表して曰く」とある。東城王が求めたのは、「賛首流を安國將軍、辟中王に爲行し、解禮昆を武威將軍、弗中侯に爲行し、木干那には前に軍功が有り、又、臺舫を拔いており、廣威將軍、面中侯に爲行」、であった。そして、認可されたとある。また、半島の南、耽牟羅までを攻めた。武寧王となって、麻那(まな)という君(きし)を派遣してきた。王を”こきし”とし、コニ(鞬)キシ(吉支)の略、鞬は大の意、吉支は首長と注される。天皇はなにか不審に思はれ、麻那君を留め置かれた。

七年春二月
(きさらぎ) 使人昇樹 以弓射墜而咲(わらふ) 
夏四月
(うづき) 百濟王斯我君(しがきし)調(みつきたてまつる) 別(ことに)(ふみたてまつる)(まうす) 前(さきに)調使(つかひ)麻那者 非百濟國主(にりむ)之骨族(やから)也 故謹(まだす)斯我 奉(たてまつる)(つかへる)於朝(みかど) 有子 曰法師君(ほふしきし) 是倭君(やまとのきみ)之先(おや)

七年の春二月(505.02)に、人をして樹に昇らしめ、弓を以て射墜して咲ふ。
夏四月に、百濟王、斯我君を遣して進調る。別に表たてまつりて曰す。「前に進調れる使麻那は、百濟國の主の骨族に非ず。故、謹みて斯我を遣して、朝に事へ奉らしむ。」 遂に子有りて、法師君と曰ふ。是れ倭君の先なり。

麻那は男大迹天皇
(継体天皇)二十三年条に、百濟の将軍として名が見える、と注される。斯我は百濟の王族。倭君の祖といふ。ところが倭君は他に見えないが、姓氏録、左京諸蕃の和朝臣と関連すると注される。「和朝臣は百濟國都慕王十八世孫武寧王より出る」とあり、武寧王の子の純陀(じゅんだ)太子の子孫、和史(やまとのふびと)の末とされているが、倭君と和朝臣を関連付けるともある。
武寧王は、斯我君にもたせた表に、麻那は、百濟國の主の骨族ではないと記した。斯我は日本
(やまと)で子をなし、その子を法師君(きし)と百濟の王族名としたが、その子孫は帰化をして倭君(きみ)となった。武寧王は東城王とは異なる外交を目指していたのであろう。これは後にみることにする。

八年春三月
(やよひ) 使女(をみな)躶形(ひたはだ) 坐(すゑる)平板上 牽(ひく)馬就(いたす)前遊牝(つるぶ) 觀女不淨(ほとどころ) 沾濕(うるふ)者殺 不濕者沒(からめる)爲官婢(つかさやつこ) 以此爲樂(たのしび) 及此時 穿(ほる)池起(つくる)苑 以盛(みつ)禽獸(とりけもの) 而好田獵(かり) 走狗(いぬ)(くらぶ)馬 出入不時(ときならず) 不避大風(おほかぜ)甚雨(ひさめ) 衣(みそ)温而忘百姓之寒(こゆる) 食(おもの)(うまい)而忘天下(あめのした)之飢(うゑ) 大進侏儒(ひきひと)倡優(わざをぎ) 爲(おこす)爛漫(みだりがはし)之樂(うたまひ) 設(まうく)奇偉之戯(あやしくうたてあるたはむれ) 縱(ほしきままにす)靡靡之聲(たはしきこゑ) 日夜(ひるよる)常與宮人(をみなども)沈湎(ゑひさまたれる)于酒 以錦繍(にしきぬひもの)爲席(しきゐ) 衣以綾紈(あやしらきぬ)者衆(おほし) 
冬十二月
(しはす)壬辰(みづのえたつ)(ついたち)己亥(つちのとのゐのひ) 天皇(すめらみこと)(かむあがる)于列城宮(なみきのみや)

八年の春三月
(506.03)に、女をして躶形にして、平板の上に坐ゑて、馬を牽きて前に就して遊牝せしむ。女の不淨を觀るときに、沾濕へる者は殺す。濕はざる者をば沒めて官婢とす。此を以て樂とす。此の時に及りて、池を穿り苑を起りて、禽獸を盛つ。而して田獵を好みて、狗を走らしめ馬を試ぶ。出て入ること時ならず。大風甚雨に避らず。衣温にして百姓の寒ゆることを忘る。食美くして天下の飢を忘る。大きに侏儒倡優を進めて、爛漫しき樂を爲し、奇偉ある戯を設けて、靡靡しき聲を縱にす。日夜常に宮人と酒に沈湎れて、錦繍を以て席とす。綾紈を衣たる者衆し。
冬十二月の壬辰の朔己亥
(506.12.08)に、天皇、列城宮に崩りましぬ。

古列女伝の殷紂妲己(だっき)に、「人をして裸形とし相ひの閧逐はしむ」、また周幽褒娰(褎)(ほうじ)に、「王は婦人をして裸として之を譟(さは)がしむ」とあり、躶形は全膚、今のハダカ、厩牧令義解に、「遊牝は猶交接のごとし」とある、と注される。小泊瀬稚鷦鷯天皇は、女性を裸にして平板に座らせ、その前で馬の交尾をさせ、女性の陰部を観させて、潤っている者を殺させ、潤っていない者を官婢に貶せしめ、これを楽しんだ。池を掘り苑を造って禽獣を放ち、狩を好み、犬を走らせ馬を試す。具体的に何処にどのような池や苑を造ったという記述はない。時をかまわず狩をし、大風、大雨であろうとおかまいなし。自らは温かい衣服を着用し美食し、百姓が寒さに震へ、餓へていることを忘れ去る。古列女伝の夏桀末喜(ばっき)に、「倡優(俳優)侏儒(小人)を收(あつ)め狎(たはむ)れ、徒らに能く奇偉戲(奇怪なあそびびごとにのめりこむ)者と為す。之を旁(かたはら)に聚(あつ)め、爛漫之樂(人の心を乱す隠微な音楽)を造り、日夜、末喜と宮女に及びて飲酒し、休む時有る無し。」とあり、殷紂妲己に、「靡靡之樂」、周幽褒娰に、「飲酒して流湎(酔いどれる)し、倡優前に在り、夜以て昼に継ぐ。」とあり、芸文類聚、綾に、「太公六韜曰く、夏殷の桀紂の時、婦人は錦繍文綺の坐席に、綾紈を以て衣するは、常に三百人。」あり、と注される。紈は白の上等の絹。どうやら、これらの中国の史書の引用であり、夏の桀王、殷の紂王、周の幽王を念頭に置いて記述されたようである。しかし、妲己、褒娰、末喜のごとき女性は登場しなく、桀王、紂王、幽王のごとく、新たな(天)命を受けた王に討たれるものでもない。日本(やまと)では天皇家の命が改まるという思想は全く相反するもので、それに繋がるような説を導入することはありえない。小泊瀬稚鷦鷯天皇は無道なことをなされた、中国の史書で修飾したものの、中国では珍しいことではない、と暗示したものかもしれない。小泊瀬稚鷦鷯天皇は大伴金村の力を借りて、平群氏を討つことはあっても、自ら討たれることはなく、列城宮に崩御された。
古事記は、
「小長谷の若雀の命、長谷(はつせ)の列木(なみき)の宮に坐しまして、天の下治らしめすこと八歳(やとせ)なりき。この天皇、太子(ひつぎのみこ)無かりき。 故、御子代(みこしろ)として、小長谷部(をはつせべ)を定めたまひき。御陵は片岡の石坏(いはつき)の岡にあり。
 天皇既に崩りまして、日續
(ひつぎ)を知らすべき王無かりき。故、品太(ほむだ)の天皇の五世(いつつぎ)の孫(ひこ)、衰本杼(をほど)の命を近つ淡海の國より上りまさしめて、手白髮の命に合はせて、天の下を授け奉りき(岩波文庫)。」記すのみである。
扶桑略記、水鏡などでは十八歳、帝王編年記、皇代記などに五十七歳、天書に六十一歳など諸説がある、と注される。扶桑略記
(平安時代私撰歴史書:僧皇円「法然の師」の編纂、異説あり)に、「(仁賢天皇の)七年甲戌正月、小泊瀬稚鵤鶴皇子を以ちて皇太子に立たしむ。年六歳。武烈天皇是なり。」とあるのによるが、何故六歳なのかは説明がない。四年後では10歳の即位となる。鮪臣と影姫を争うのは無理。あるいは、鮪臣との挿話がなかったことにせねばならない。帝王編年記(僧永祐の撰と伝えられる年代記で、成立は室町時代初期)によれば、小泊瀬稚鷦鷯天皇は雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)39年(450年)の生まれとする。これも何故そうなるのかが分からない。これでは450年以前に春日大娘と子を為していたことになる。ところで、春日大娘は大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)の即位元年(457年)に春日和珥臣深目の女(むすめ)、童女君と交わって一夜で出来た子とあり、書紀では全く成立しない。全く違うソースからの設定となるのであろう。今度は、47歳くらいで鮪臣と影姫を争うとなり、鮪臣との挿話も成立しなくなる。
書紀と古事記においても伝承が随分異なり、後世の扶桑略記と帝王編年記でもまるで異なり、平群氏の崩壊といい、天皇を支える氏族も不都合な現実を抱へ、表に出せない事が渦巻いていたのであろう。

2011.6.15


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 16 上田 啓之
.