e漢字使用


雄朝津間稚子宿禰天皇 允恭天皇
穴穂天皇          安康天皇

雄朝津間稚子宿禰天皇 允恭天皇
元年冬十有二月(AD412.12)  》》
二年春二月丙申朔己酉(AD413.02.14)  》》
三年春正月辛酉朔(AD414.01.01) 
 》》
四年秋九月辛巳朔己丑(AD415.09.09) 
 》》
五年秋七月丙の朔己丑(AD416.07.14) 
 》》
七年冬十二月壬戌朔(AD418.12.01) 
 》》
八年春二月(AD419.02) 
 》》
九年春二月(AD420.02) 
 》》
十年春正月(AD421.01) 
 》》
.


十一年春三月癸卯朔丙午(AD422.03.04)  》》
十四年秋九月癸丑朔甲子(AD425.09.12) 
 》》
木梨輕太子と輕大郎女(古事記)  》》 
廿三年春三月甲午朔庚子(AD434.03.07)  》》
廿四年夏六月(AD435.06) 
 》》
四十二年春正月乙亥朔戊子(AD453.01.14) 
 》》



穴穂天皇 安康天皇  
 》》
元年春二月戊辰朔(AD454.02.01)  
 》》
二年春正月癸巳朔己酉(AD455.01.17)  
 》》
三年秋八月甲申朔壬辰(AD456.08.09)  
 》》
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

雄朝津間稚子宿禰天皇
(をあさづまわくごのすくねのすめらみこと) 允恭天皇(いんぎょうてんわう)
穴穂天皇
(あなほのすめらみこと)       安康天皇(あんかうてんわう)

雄朝津間稚子宿禰天皇 允恭天皇

雄朝津間稚子宿禰天皇 瑞齒別天皇
(みづはわけのすめらみこと)同母弟(いろど)也 天皇(すめらみこと)自岐(かぶろ)至於總角(あげまき) 仁惠(うつくしびめぐみ)儉下(へりくだる) 及壯(をとこざかり)(おもい)(みやまひす) 容止(みふるまひ)不便(もやもやもあらず) 五年春正月(むつき) 瑞齒別天皇崩(かむあがる) 爰(ここ)群卿(まへつきみたち)(はかる)之曰 方(まさに)(いま) 大鷦鷯天皇(おほさざきのすめらみこと)之子(みこ) 雄朝津間稚子宿禰皇子(をあさづまわくごのすくねのみこ) 與大草香皇子(おほくさかのみこ) 然雄朝津間稚子宿禰皇子 長(このかみ)之仁孝(ひとをめぐみおやのしたがふみち) 即選吉曰(よきひ) 跪(ひざまつく)(たてまつる)天皇之璽(みしるし) 雄朝津間稚子宿禰皇子謝(さる)(のたまふ) 我之不天(さひはひなきこと) 久離(かかる)(おもい)(やまひ) 不能(あたはず)歩行(あるく) 且(また)(やつかれ)欲除(やむ)(やまひ) 獨(ひとり)非奏言(まうさず) 而密(ひそかに)破身治(をさむ)病 (なほ)(なし)(いゆる) 由是 先皇(さきのみかど)責之曰(のたまふ) 汝(いまし)雖患病(やまひす) 縱(ほしきままにす)破身 不孝(おやにしたがはぬこと)(いづれか)(はなはだし)(ここ)矣 其長生之 不得繼業(あまつひつぎしらす) 亦我(やつかれ)(いろえ)二天皇(ふたはしらのすめらみこと) 愚(おろかとす)我而輕(かろむ)之 群卿(まへつきみたち)共所知 夫天下(あめのした)者大器(うつはもの)也 帝位(みかどのくらゐ)者鴻(おほきい)(こと)也 且(また)(おほみたから)之父母(かぞいろは) 斯則賢聖(さかしひとひじり)之職(つかさ) 豈下愚(おろかひと)之任(たへる)乎 更(さかし)(きみ)宜立(たてまつる)矣 寡人(おのれ)弗敢當 群臣再拜(をがむ)(まうす) 夫帝位(みかどのくらゐ)不可以久曠(むなしい) 天命(あまつよさし)不可以謙距(ゆづりふせく) 今大王(きみ)(とどむ)(さかふ)(もろもろ) 不正號位(なくらゐ) 臣等(やつこら)恐 百姓(おほみたから)望絶也 願大王(きみ)雖勞(いたはる) 猶即天皇位(あまつひつぎしろしめす) 雄朝津間稚子宿禰皇子(をあさづまわくごのすくねのみこ)(のたまふ) 奉(うく)宗廟社稷(くにいへ)重事(おもきこと)也 寡人(おのれ)篤疾(おもきやまひ) 不足以稱(かなふ) (いなぶ)而不聽(ゆるす) 於是 群臣皆固(まうす)(まうす) 臣伏計之 大王奉(うく)皇祖宗廟(くにいへ) 最宜稱(かなふ) 雖天下(あめのした)萬民(おほみたから) 皆以爲(おもふ)(よし) 願大王(きみ)(ゆるす)

雄朝津間稚子宿禰天皇 允恭天皇

雄朝津間稚子宿禰天皇は、瑞齒別天皇の同母弟なり。天皇、岐嶷にましますより總角に至るまで、仁惠ましまして儉下りたまへり。壯に及りて篤く病して、容止不便す。五年の春正月に、瑞齒別天皇崩りましぬ。爰に群卿、議りて曰く、「方に今、大鷦鷯天皇の子は、雄朝津間稚子宿禰皇子と、大草香皇子とまします。然るに雄朝津間稚子宿禰皇子、長にして仁孝まします。」即ち吉曰選びて、跪きて天皇の璽を上る。雄朝津間稚子宿禰皇子、謝りて曰はく、「我が不天、久しく篤き疾に離りて、歩行くこと能はず。且我既に病を除めむとして、獨り奏言さずして、而も密に身を破りて病を治むれども、猶差ゆること勿し。是に由りて、先皇、責めて曰はく、『汝患病すと雖も、縱に身を破れり。不孝、孰か茲より甚しからむ。其れ長く生くとも、遂に繼業すことを得じ。』 亦我が兄の二の天皇、我を愚なりとして輕したまふ。群卿の共に知れる所なり。夫れ天下は大きなる器なり。帝位は、鴻きなる業なり。且民の父母は、斯則ち賢聖の職なり。豈下愚任へむや。更に賢しき王を選びて立てまつるべし。寡人、敢へて當らじ。」 群臣、再拜みて言す、「夫れ帝位は以て久しく曠しくあるべからず。天命は以て謙り距くべからず。今大王、時を留め衆に逆ひて、號位を正しくしたまずは、臣等、恐るらくは、百姓の望絶えなむことを。願はくは、大王勞しと雖も、猶即天皇位せ。」 雄朝津間稚子宿禰皇子の曰はく、「宗廟社稷を奉くるは重事なり。寡人、篤き疾して、以て稱ふに足らず。」 猶辭びて聽したまはず。是に、群臣、皆固く請して曰す、「臣伏して計るに、大王、皇祖の宗廟を奉けたまふこと、最も宜稱へり。天下の萬民と雖も、皆宜しと以爲へり。願はくば、大王、聽したまへ。」

雄朝津間稚子宿禰天皇、雄(を)は小(を)と同じく尊称、朝津間(あさづま)は地名、大和葛上郡(御所市朝妻)、譽田天皇(應~天皇)十四年条書紀巻10にあらわれる弓月君(秦氏)が入った地、大和朝津間腋上(山城国諸蕃)である。大鷦鷯天皇(仁コ天皇)二十二年書紀巻11)に、天皇が「朝嬬(あさづま)の 避介(ひか)の小坂(をさか)を 片泣(かたな)きに 道行(みちゆ)く者(もの)も 偶(たぐ)ひてぞ良(よ)き」と、泣くことがあっても一人より二人がいいので、八田皇女を后に迎へるのも悪くあるまいとするのを、皇后の磐之媛が拒否されたときの歌であった。朝津間は、磐之媛の故郷であり、雄朝津間稚子宿禰天皇はこの異国風の趣がある朝津間で育てられたのか、病を得て難波から移ったものか判然とはしない。稚子は末っ子のこと。宿禰は姓(かばね)であるが、ここでは官職ではなく、名前に用ひられている。まさか、天皇になられるとは思はれない立場にあり、朝津間の地の末っ子の宿禰の御方とでもなろうか、軽くみなされたいたようである。瑞齒別天皇の同母とは、皇后磐之媛。
岐嶷は、魏志、明帝紀の
「帝生数歳而有岐嶷之姿」であり、岐(たかく)(さとい)、生まれながらにして才知が人より優れているお姿をしておられる。更に仁、孝となれば、儒家の重んじる徳目となる。ここでは”かぶろ”子供の髪の形。總角は男子十七、八の結髪の形であり、生まれてから成人するまで。それまでは元気であったが、成人して重い病を得て、見た目にもその振る舞いにおいても不自由された。即位の五年の一月二十一日に、瑞齒別天皇が亡くなられた。ご高齢であったと思われるが、後継者を決めないままの崩御であったようだ。後継者は雄朝津間稚子宿禰と大草香皇子の二人書紀巻11であった。大鷦鷯天皇(仁コ天皇)と磐之媛の間に、大兄去來穗別天皇、住吉仲皇子、瑞齒別天皇、雄朝津間稚子宿禰天皇、日向髮長媛との間に、大草香皇子、幡梭皇女が生まれていた。去來穗別天皇(履中天皇)の子、磐坂市邊押羽皇子書紀巻12も可能性はあろう。この場合、群卿が選んでおり、その中で選んだのが、雄朝津間稚子宿禰皇子であった。「長にして仁孝」、その中で年上で仁(ひとをめぐむ)があり孝(おやにしたがふ)があることが評価された。「跪きて天皇の璽上る」は、漢書、文帝紀、「太尉勃乃跪上天子璽代王謝曰」と注される。継体元年二月条に、「大伴金村大連乃跪上天子鏡剣璽符再拝」とあり、鏡と剣を璽(みしるし)としたと思はれる。しかし、皇子はお受けにならなかった。不天は、左伝、襄公二十三年、「我実不天」、杜預注に、「不為天所祐・・・」、幸のないことと注される。歩行ができないほどの重い病を患ったことがある。除病とあり、病となる障りを絶つ、誰にも言はずに、身を破るとあり、身を傷つけるような業を行って治そうとしたが、治らなかった。儒教では親からいただいた身を傷つけることは親不孝。先の孝とは整合しない、さような親不孝者は長く生きても、繼業(あまつひつぎしらす)ことはできない、と父から叱責されたことがある。二人の兄とは住吉仲皇子を除いている。その二人から愚か者と軽視されていたことは、群卿の知るところ、天下は大器、帝位は鴻業、民の父母は賢聖の職、下愚の私の任にあらず、賢王を選ばれよ。寡人は自分を謙って言う言葉。これには群卿も困った。後漢書、光武紀に、「夫帝位不可以久曠天命不可以謙拒・・・大王留時逆衆不正号位純恐士大夫望絶」と注される。曠(むな)しくとは、空位のこと。天命という概念があったとは思はれないが、このフレーズを使いたかったようである。謙り避けるは、時の流れを妨げ、あらゆることに逆らひ、名と位が不正となり、臣等、百姓の望と合致しない、と訴へるも、病重く、国家を担うに相応しくないと断られた。漢書、文帝紀に、「代王曰、奉高帝宗廟重事也、寡人不佞、不足以称、願請楚王計宜者、寡人弗敢当、群臣皆伏固請・・・丞相平等皆曰、臣伏計之、大王奉高祖宗廟、最宜称、雖天下諸侯万民、皆以為宜、臣等為宗廟社稷、計不敢忽、願大王幸聴臣等」とあり、宗廟は祖先を祭るやしろ、社は土地の神、稷は穀物の神、転じて国家を意味する、と注される。雄朝津間稚子宿禰皇子が皇祖宗廟を奉(う)くことが天下万民の宜とするところ、と群卿が猶も訴へる。大鷦鷯天皇(仁コ天皇)と雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)には儒教的な表現を多く用ひることが図られた。

元年冬十有二月(しはす) 妃(みめ)忍坂大中姫命(おしさかのおほなかつひめのみこと) 苦(たしなむ)群臣(まへつきみたち)之憂(うれへ)(さまよふ) 而親(みづから)執洗手水(おほみてみづ) 于皇子前(みまへ) 仍啓(まうす)之曰(まうす) 大王辭(ゐさふ)而不(みくらゐ) 位空(むなしくする)之 經年月(としつき) 群臣百寮(まへつきみたちつかさつかさ) 愁(うれへる)之不知所爲(せむすべ) 願大王(きみ)從群(もろもろ)(ねがひ) (あながちに)帝位(みかどのくらゐ) 然皇子不欲聽(ゆるす) 而背(そむく)(ます)不言(ものものたまはず) 於是 大中命惶(かしこまる)之 不知退而侍(さぶらふ)之 經四五剋(よときいつとき) 當于此時 季冬(しはす)(をり) 風亦烈寒 大中所捧(ささぐ)(まり)水 溢而腕(たぶさ)凝 不堪寒以將死(みうす) 皇子顧之驚 則扶起謂之曰 嗣位(ひつぎのくらゐ)重事(おもきこと) 不得輙(たはやすく)就 是以 於今不從 然今群臣之 事理(ことわり)灼然(いやちこ) 何遂謝(いなぶ)耶 爰大中命仰歡(あふぎよろこぶ) 則謂群卿曰 皇子將聽(ゆるす)群臣之(まうす) 今當上(たてまつる)天皇璽符(みしるし) 於是 群臣大喜 (そのひ) 捧天皇之璽符 再拜(をがみ)(たてまつる)焉 皇子曰(のたまふ) 群卿共爲天下(こふ)寡人(おのれ) 寡人何敢遂辭 乃帝位 ◎是歳也 太歳壬子(みづのえね)

元年の冬十有二月(AD412.12)に、妃忍坂大中姫命、群臣の憂へ吟ふに苦みて、親ら洗手水を執りて、皇子の前に進む。仍りて啓して曰す、「大王、辭ひたまひて位に即きたまはず。位空しくして、既に年月を經ぬ。群臣百寮、愁へて所爲知らず。願はくは、大王、群の望に從ひて、強に帝位に即きたまへ。」 然るに皇子、聽したまはまく欲せずして、背き居して言はず。是に、大中姫命、惶りて、退かむことを知 らずして侍ひたまふこと、四五剋を經たり。此の時に當りて、季冬の節にして、風亦烈しく寒し。大中姫の捧げたる鋺の水、溢れて腕に凝れり。寒さに堪へずして死せむとす。皇子、顧みて驚きたまふ。則ち扶け起して謂りて曰はく、「嗣位は、重事なり。輙く就くこと得ず。是を以て、今までに從はず。然るに今群臣の請ふこと、事理灼然なり。何ぞ遂に謝びむや。」 爰に大中姫命、仰ぎ歡びて、則ち群卿に謂りて曰く、「皇子、群臣の請すこと聽さむとしたまふ。今天皇の璽符を上るべし。」 是に、群臣、大きに喜びて、即日に、天皇の璽符を捧げて、再拜みて上る。皇子の曰はく、「群卿、共に天下の爲に寡人を請ふ。寡人、何ぞ敢へて遂に辭びむ。」 乃ち帝位に即きたまふ。是歳、太歳壬子。

河内の丹比の柴籬宮でのことであろう。忍坂大中姫命は、書紀では、稚野毛二派皇子
(わかのけふたまたのみこ)の女(むすめ)。稚野毛二派皇子は、譽田天皇 (應~天皇)と河派仲彦の女(むすめ)、弟媛との間の子、河派仲彦は息長田別命の子書紀巻10であり、息長氏の系譜にある。古事記では、品陀天皇(應~天皇)息長眞若(おきながのまわか)中つ比賣を娶して、生みませる御子、若沼毛二俣(わかぬけふたまた)の王」、そして、若野毛二俣(わかぬけのふたまた)の王、其の母の弟(いろど)、百師木伊呂辨(ももしきいろべ)、またの名は弟日賣眞若比賣(おとひめまわかひめ)の命を娶して生める子、大郎子(おほいらつこ)。亦の名は意富富杼(おほほど)の王。 次に忍坂(おさか)の大中津比賣の命。 次に田井の中(なか)比賣。 次に田宮の中比賣。 次に藤原の琴節(ことふし)の郎女。 次に取上賣(とりめ)の王。 次に沙禰(さね)の王【七王】。 故、意富富杼王は【三國君・波多君・息長坂君・酒人君・山道君・筑紫の米多君・布勢君等の祖なり】とある。二俣王の皇子、大郎子意富富杼王は北近江の坂田を中心に越前、尾張、信越などと水運を利用した交易に携わった。忍坂は磐余彦命(~武天皇)が宇陀から磯城に攻め込む要所書紀巻3となった地、後には、西へ行けば河内へ、東は伊勢に通じる要所となる。氣長足姫尊(~功皇后)の磐余宮の地の東、金属精錬も行はれた地、奈良盆地における息長氏の本拠地であり、その名からすれば大中姫命はここで育たれたとなろうか。本来は夫が天皇になるはずがないことを承知のうえで、夫婦となられたのであるが、風向きが変わって、あり得ないことが起ころうとしていた。
群臣の懇願にも首を縦にふろうとしない夫に、洗手水を携えて、帝位につくことを口にされ、強く進言された。よほどの決意で迫られたのであろう、厳冬の寒風のなか、一剋は一刻、冬至の昼の一刻は15分、四五剋は一時間強と注される。鋺は金属の器で冷たい、激しい寒風で器から溢れた水が腕で凍るのも我慢して、夫の返事を待たれるうちに、お倒れになられた。妃の決意に、揺れ動いておられた皇子は、心をお決めになることができた。その心が変わらぬ内にと、即日、群臣は天皇の璽符を上り、皇子は帝位に即きたまふた。寡人とは己を謙って言ふ言葉。允恭は、書経、堯典、
「允恭克譲光被四表:まことに恭しく、よくへりくだり、その輝きは、四方をおおふ」から命名されたものであろう。大鷦鷯天皇(仁コ天皇)の心を継いでおられた。書紀編者としては、日本(やまと)にも書経、儒教につながる心得があったと言いたく、後の漢風諡号付与においてこれが強調された。それはさて置き、大中姫命のお歡び、いかばかりのものであったろうか。皇后への道が現実のものとなった瞬間であった。

二年春二月(きさらぎ)丙申(ひのえさる)(ついたち)己酉(つちのととりのひ) 立忍坂大中(おしさかのおほなかつひめ) 爲皇后(きさき) 是日爲(みため)皇后定刑部(おしさかべ) 皇后生(あれる)木梨輕皇子(きなしのかるのみこ) 名形大娘皇女(ながたのおほいらつめのひめみこ) 境K皇子(さかひのくろひこのみこ) 穴穂天皇(あなほのすめらみこと) 輕大娘皇女(かるのおほいらつめのひめみこ) 八釣白皇子(やつりのしろひこのみこ) 大泊瀬稚武天皇(おほはつせのわかたけのすめらみこと) 但馬橘大娘皇女(たぢまのたちばなのおほいらつめのひめみこ) 酒見皇女(さかみのひめみこ) 初皇后随母(いろは)在家 獨苑中 時鶏國(つげのくにのみやつこ) 從傍徑(ほとりのみち)(ありく)之 乗馬而莅(のぞむ)(まがき) 謂(かたる)皇后 嘲(あざける)之曰 能作艸圃(その)乎 汝(なびと)者也 【汝 此云那鼻苔(なびと)也】 且(また)曰 壓乞(いで) 戸母(とじ) 其蘭一莖(あららぎひともと)焉 【壓乞 此云異提(いで) 戸母 此云覩自(とじ)】 皇后則採一根(ひともと)(あららぎ) 與於乘馬者(ひと) 因以 問曰(のたまふ) 何用求蘭耶 乘馬者對曰 行山撥(はらふ)虫蔑(まぐなき)也 【虫蔑 此云摩愚那岐(まぐなき)】 時皇后結(おもひむすぶ)之意(こころ)(うち) 乘馬者辭(ことば)(なし)(ゐや) (かたる)之曰(のたまふ) 首(おびと)也 余(あれ)不忘矣 是後 皇后登祚(なりいで)之年 覓(もとむ)乘馬乞蘭者 而數(せめる)昔日(むかしのひ)之罪以欲殺 爰乞蘭者 桑頁(ひたひ)(つく)(つち)叩頭(のむ)曰 臣(やつこ)之罪實當死(しぬる) 然當其日 不知貴者(かしこきひと) 於是 皇后赦死刑(ころすつみ) 貶(おとす)其姓謂稻置

二年の春二月の丙申朔己酉(AD413.02.14)に、忍坂大中姫を立てて皇后とす。是の日に、皇后の爲に刑部を定む。皇后、木梨輕皇子、名形大娘皇女、境K彦皇子、穴穂天皇、輕大娘皇女、八釣白彦皇子、大泊瀬稚武天皇、但馬橘大娘皇女、酒見皇女を生れませり。初め皇后、母に随ひたまひて家に在しますときに、獨苑の中に遊びたまふ。時に闘鶏國造、傍の徑より行く。馬に乗りて籬に莅みて、皇后に謂りて、嘲りて曰く、「能く艸圃を作るや 汝。」 【汝 此れを那鼻苔と云ふ。】 且曰く、「壓乞 戸母 其の蘭一莖」 【壓乞 此云異提 戸母 此を覩自と云ふ】 皇后、則ち一根の蘭を採りて、馬に乘る者に與ふ。因りて、問ひて曰はく、「何に用むとか蘭を求むるや。」 馬に乘る者、對へて曰く、「山に行くときに、虫蔑を撥はむ。」 【虫蔑 此を摩愚那岐と云ふ】 時に皇后、意の裏に、馬に乘れる者の辭の禮无きを結びたまひて、即ち謂りて曰はく、「首や、余、忘れじ。」 是の後、皇后、登祚の年に、馬に乘りて蘭を乞ひし者を覓めて、昔日の罪を數めて殺さむとす。爰に蘭を乞ひし者、桑頁を地に搶きて叩頭みて曰さく、「臣が罪、實に死に當れり。然れども其の日に當りては、貴き者にましまさむといふことを知りたてまつらず。」 是に、皇后、死刑を赦したまひて、其の姓を貶して稻置と謂ふ。

古事記に曰く、(いろと)、男淺津間若子宿禰(をあさづまわくごのすくね)の命は遠飛鳥(とほつあすか)の宮に坐しまして、天の下治らしめしき。この天皇、意富本杼(おほほど)の王の妹(いも)、忍坂(おさか)の大中津比賣の命を娶して、生みませる御子、木梨(きなし)の輕(かる)の王。次に長田の大郎女。次に境(さかひ)のK日子の王。次に穴穗(あなほ)の命。次に輕(かる)の大郎女、亦の名は衣通(そとほし)の郎女【御名を衣通の王と負はせる所以は、その身の光、衣より通り出づればなり】。次に八瓜(やつり)の白日子の王。次に大長谷(おほはつせ)の命。次に橘の大郎女。次に酒見(さかみ)の郎女【九柱】。凡そ天皇の御子等、九柱(ここのはしら)なり。男王五、女王。この九王の中(なか)に、穴穗の命は天の下治らしめしき。 次に大長谷の命、天の下治しめしき。

刑部は活目入彦五十狹茅天皇
(垂仁天皇)卅九年冬十月条書紀巻6の、「五十瓊敷皇子に賜ふた十の品部の一つ、~刑部」であり、以下に皇后が死刑を赦したこと、盟~探湯の話もあり、刑に関するものであろうが、”おしさかべ”、忍坂部とされ、後に全国的に広がる御名代としての起源をさすようである。この部は、山城、河内、摂津、美濃、尾張、遠江、駿河、武蔵、上総、下総、信濃、越前、丹波、但馬、伯耆、出雲、備中、周防、讃岐、豊前、肥後等に分布してをおり、その他、地名より伊勢、三河、下野、因幡、備後(以上郷名)、社名より播磨等に分布していたことが推定できる、と注される。忍坂大中姫の刑部に近接して、その子の雄略天皇の長谷部が設定されるということからすれば、これは大中姫が皇后になったことを”てこ”に、息長氏の総力を結集して政権を支えつつ、急速に勢力拡大を図ったと思はざるを得ない。氣長足姫尊(~功皇后)の執念が引き継がれたとでも云へようか。夫の雄朝津間稚子宿禰皇子が天皇になったことで、忍坂大中姫の才が開花した。大中姫は母、弟媛百師木伊呂辨:別名、弟日賣眞若比賣に従い家に居た時、とあり、息長氏の里(忍坂近辺)でのことであろう。獨りで苑の中で遊んでいるところに、闘鶏國造が通りかかった。闘鷄(つけ)は和名抄に、大和国山辺郡都介郷(奈良市都祁小山戸:地図とあり、都祁(つげ)山口神社延喜式神社の調査の地、忍坂のすぐ西、伊賀へと向かう要地にあたる。闘鷄ができるのは実力のある貴族のみ。その闘鷄用の鷄を産する地でもあり、羽振りは良かったのであろう、馬に乗って垣根から中を覗き込み、嘲って言った。艸圃は菜園、”なびと”は、親しみをもって相手を呼ぶ語であるが、軽蔑の意を含むこともある。壓乞を”いで”と訓じている。”いで”は、”さあ”と人を誘う。この場合は強制している。戸母を”とじ”と訓じている。”とじ”は人に仕へて家事を司る婦人、蘭”あららぎ”は、ノビルの古名。畑がちゃんとつくれるのか?お前さんは。さあ、とじよ、そこのノビル一莖、と所望した。ノビルを一根引いて、何に使うのか聞くと、虫蔑を払ふためといふ。、虫蔑”まぐなき”は小さな羽虫で、糠蚊(ぬかか)の類、目にまとわり刺して血を吸う。ノビルの臭いで払ふ。馬上の闘鶏國造の心の内の無礼さに、大中姫は屈辱を覚へ、「お前様、私は、このことを忘れるものですか。」と云い放った。首(おびと)とは姓であるが、ここでは二人称として用ひられている。登祚の年とは、即位の年、ここでは皇后になった年のこと。闘鶏國造を召し出して、昔の無礼を咎め死罪を申し渡したというからすざまじい。「退かむことを知 らずして侍ひたまふ」大中姫の夫を登祚せしめる決意並々ならなかったこと、改めて知るべし。死刑を赦し、闘鶏國造の姓を稻置に貶しめたのであるが、この激しい気性が、雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)の姓の乱れを正す政策に大いに寄与したものと思はれる。

三年春正月(むつき)辛酉(かのとのとり)(ついたち) (つかはす)使(つかひ)求良醫(くすし)於新羅(しらき) 
秋八月
(はつき) 醫(くすし)(まうでる)自新羅 則令治天皇(すめらみこと)(みやまひ) 未經幾時(いくばく) 病已差(いえる)也 天皇歡之 厚賞(たまひもの)醫以歸于國

三年の春正月の辛酉の朔(AD414.01.01)に、使を遺はして良き醫を新羅に求む。
秋八月に、醫、新羅より至でたり。則ち天皇の病を治めしむ。幾時も經ずして、病已に差えぬ。天皇、歡びたまひて、厚く醫に賞して國に歸したまふ。

古事記に曰く、
天皇初め天津日繼(あまつひつぎ)知らしめさむとせし時、天皇辭(いな)びて詔りたまひしく、「我は一つの長き病(やまひ)有り。 日繼知らしめすこと得じ」とのりたまひき。然れども大后を始めて、諸(もろもろ)の卿等(まへつきみたち)、堅く奏(まを)すによりて、すなはち天の下治らしめしき。この時に新良(しらき)の國主(こにきし)、御調(みつぎ)八十一艘(やそまりひとふね)を貢進(たてまつ)りき。ここに御調(みつぎ)の大使(おほきつかひ)、名は金波鎭漢紀武(こむはちむかむきむ)と云ふ、この人、深く藥方(くすりのみち)を知れり。故、帝皇(すめらみこと)の御病を治(をさ)め差(い)やしき。

金は姓。波鎮は新羅の爵位、漢紀は王族の号、干岐のこと。武は名。氣長足姫尊
(~功皇后)摂政前の十月条に書紀巻9「新羅の王波沙寐錦(はさむきむ)、即ち微叱己知波珍干岐(みしこちはとりかんき)を以て質として、仍りて金銀彩色及綾羅糸兼絹を齎して、八十艘の船に載れて、官軍に從はしむ。是を以て、新羅の王、常に八十船の調を以て日本國に貢る。」とあった。波沙寐錦は、婆娑尼師今(在位80年−112年)であるなら、時代が合わないし、倭に質を出すこともない。414年といふ時代とすれば、すでにみたごとく書紀巻12、實聖尼師今元年(402年)「新羅は倭国と好みを結び、奈勿王子、未斯欣(みしきん)を人質に入れた。」が該当する。書紀はこのことを、氣長足姫尊の時代の出来事としたかった。歴史的には、新羅は先代の奈勿王の時に、、実聖を人質として高句麗に差し出しており、この事態では、奈勿王の子を倭に質とするといふ、高句麗と倭の双方に挟撃される不安定な状況にあった。王族の金波鎭漢紀武が實聖尼師の大使として倭に貢納したといふことは、新羅の難しい立場をよく現はしている。王族の金波鎭漢紀武が薬方を深く知っており、天皇の病を治療できたといふことは、新羅にとって有利な展開であり、この故事となったとみるほうがすっきりする。書紀は、(くすし)を求めたとあり、日本(やまと)が薬とを導入した故事としているが、当時の半島との緊張関係を避けて通るような記述となっている。
中国北部では、後漢の黄巾の乱、三国時代の戦乱で多くの人命が失はれ、周辺民族、五胡(匈奴・鮮卑・羯・・羌)の移住政策がとられたが、西晋の時代になると、それぞれが国を乱立させる事態となっていた。高句麗も鮮卑や契丹の南下により、半島南部の状況のみならず、北や西からの脅威にさらされ、中国本土の動向を注視する必要に迫られていた。
日本(やまと)とて同様であったが、そのことについて、書紀は口を閉ざしたままである。

四年秋九月(ながづき)辛巳(かのとのみ)朔己丑(つちのとのうしのひ) 詔(みことのりす)(のたまふ) 上古(いにしへ)之治(くにをさむ) 人民(おほみたから)得所 姓名(かばねな)勿錯(たがふ) 今朕(われ)踐祚(あまつひつぎす) 於玄玄(ここに)四年(よとせ)矣 上下(かみしも)相爭(あひあらそふ) 百姓(おほみたから)不安(やすからず) 或誤失己姓 或故(ことたへに)(とむ)高氏(うぢ) 其不至於治者 蓋由是也 朕雖不賢(をさなし) 豈非正其錯乎 群臣(まへつきみたち)(はかり)(さだむ)(まうす)之 群臣皆言(まうす) 陛下(きみ)(あぐ)(あやまち)正枉(まがる) 而定氏姓(うぢかばね)者 臣等(やつこら)冒死(かむがむつかふ) 奏(まうす)(ゆるす) 戊申(つちのえさるのひ) 詔曰 群卿百寮(つかさつかさ)及諸(もろもろの)(たち)皆各(おのおの)(まうす) 或帝皇(みかど)之裔(みこはな) 或異(あやし)之天降 然三才(みつのみち)(あらはれる)分以來(このかた) 多(さはに)(へる)萬歳(よろずとせ) 是以 一(ひとつ)(うぢ)蕃息(うまはる) 更爲萬姓(よろづのかばね) 難知其實 故諸氏姓人等(ひとども) 沐浴(ゆかはあみ)齋戒(ものいみ) 各爲盟~探湯(くかたち) 則於味橿丘(うまかしのをか)之辭石甲(ことのまがへのさき) 坐(すゑる)探湯瓮(くかへ) 而引諸人(もろひと)令赴曰 得實則全(また) 僞(いつはる)者必害(やぶる) 【盟~探湯 此云區訶陀智(くがたち) 或泥(うひぢ)納釜煮沸攘(かけはつる)手探湯泥 或燒斧火色 置于掌(たなうら)】 於是 諸人各著(しる)木綿手繦(ゆふたすき) 而赴釜探湯(くかたち) 則得實(まこと)者自全 不得實者皆傷 是以 故(ことたへ)(うつはる)者愕然(おぢる)之 豫(あらかじめ)退 自是之後 氏姓自定 更無詐人

四年の秋九月の辛巳の朔己丑(AD415.09.09)に、詔して曰はく、「上古、治ること、人民所を得て、姓名錯ふこと勿し。今朕、踐祚りて、玄玄に四年。上下相爭ひて、百姓安からず。或いは誤りて己が姓を失ふ。或いは故に高き氏を認む。其れ治むるに至らざることは、蓋し是に由りてなり。朕、不賢しと雖も、豈に其の錯へるを正さざらむや。群臣、議り定めて奏せ。群臣、皆言す、「陛下、失を擧げ枉れるを正して、氏姓を定めたまはば、臣等、冒死へまつらむ。」 奏すに、可されぬ。
戊申
(09.28)に、詔して曰はく、「群卿百寮及び諸の國造等、皆各言す、『或いは帝皇の裔、或いは異しくして天降れり。』 然れども三才顯れ分れしより以來、多に萬歳を歴ぬ。是を以て、一の氏蕃息りて、更に萬姓に爲れり。其の實知り難し。故、諸の氏姓の人等、沐浴齋戒して、各盟~探湯せよ。」 則ち味橿丘の辭禍戸石甲に、探湯瓮を坐ゑて、諸人を引きて赴かしめて曰はく、「實を得むものは全からむ。僞らば必ず害れなむ。【盟~探湯 此を區訶陀智と云ふ。或いは泥を釜に納れて煮沸して手を攘りて湯の泥を探る。或いは斧を火の色に燒いて掌に置く】 是に、諸人、各木綿手繦を著て、釜に赴きて探湯す。則ち實を得る者は自ら全く、實を得ざる者は皆傷れぬ。是を以て、故に詐る者は、愕然ぢて、豫め退きて進むこと無し。是より後、氏姓自づから定りて、更に詐る人無し。

姓名とは姓
(かばね)の名。「臣」「連」「宿禰」「別」「造」「首」「縣主」「稲置」「直」などのこと。歴史的にはこの後の雄略天皇の時代に、杖刀人(武官)、典曹人(文官)という制度の原初的形態が確認される程度で、姓の制度は成立していないのであるが、書紀においては、上古となれば、建国の時代に遡る。~日本磐余彦天皇(~武天皇)「二年春二月甲辰朔乙巳(BC659.02.02) 天皇、功を定め賞を行ふ。道臣命に宅地を賜ひ、築坂邑に居し、以て之を寵異む。亦、大來目を使て、畝傍山、以て西の川邊之地に居す。今、來目邑と號づく。此は其の縁也。珍彦を以て、倭國造と爲す。【珍彦 此云于奴石毘故】又、弟猾に猛田邑を給ふ。因りて、猛田縣主と爲す。是、菟田主水部の遠祖也。弟磯城、名は、K速、磯城縣主とす。復た、劒根なる者を以て、葛城國造と爲す。又、頭八咫烏、亦た、賞の例に入り、其の苗裔、即ち葛野主殿縣主部、是れ也書紀巻3。」とあり、このギャップは埋まらない。魏志倭人伝においては、各国に官、副官が置かれているとする。「一大國に至る。官をまた卑狗といい、副を卑奴母離という。」「伊都國に到る。官を爾支といい、副を泄謨觚・柄渠觚という。」「不弥國に至る百里。官を多模といい、副を卑奴母離という。」「投馬国に至る水行二十日。官を弥弥といい、副を弥弥那利という。」邪馬壱国には四段階の官があったとする。「邪馬壱国に至る、女王の都する所、水行十日、陸行一月。官に伊支馬あり、次を弥馬升といい、次を弥馬獲支といい、次を奴佳革是という。」それとは別に、租税、交易に関しては、大倭が管理し、諸国を検察する一大率があり、国中に刺史(検察)のようなものがあったともする。「租賦を収む、邸閣あり。國國市あり。有無を交易し、大倭をしてこれを監せしむ。」「女王國より以北には、特に一大率(いちだいそつ)を置き、諸國を検察せしむ。諸國これを畏憚(いたん)す。常に伊都國に治(ち)す。國中において刺史の如きあり。」このことからすれば、はるかに規模の大きい交易活動や軍事行動を半島で行っていた日本(やまと)政権が、杖刀人、典曹人程度の原初組織で運営できたとは思ひ難い。「群卿百寮及び諸の國造等、皆各言す。」の規模が如何なる程度か分からないが、集団力を発揮できる規模の政治的、経済的、軍事的組織を想定せずして、歴史を語るのは、非現実的であろう。
姓の乱れが政の乱れ、これを正すことを群臣に謀ると、群臣は、「失
(あやまち)を擧げ枉(まが)れるを正して、氏姓のを定めれば、冒死(かむがむつか)へまつる」とした。「かむがむ」は身をかがめて仕へると注されるが、冒死は生命をかけることであり、群臣としては手をつけて欲しくない、と奏(まう)すに、可(ゆる)されぬ、天皇は譲られることはなかった。一番やっかいなのが、帝皇(みかど)の裔(みこはな:子孫)、或いは異(あや)しくして天降れり(天孫)、と称する者であった。三才(天地人)(あらは)れ分れし(天地開闢)より以來、非常に長い時間がたち、最早、その実際を知ることは出来ない。群臣達の脳裏に浮かんだのは譽田天皇(應~天皇)の九年、武内宿禰と甘美内宿禰のいづれが偽りを述べているか、是非決め難くして、天皇が、勅して、~祇に請して探湯せしめられた故事であった。偽った甘美内宿禰は天皇の赦しがなくば殺されていた。盟~探湯(くかたち)、~を偽ることは出来ない、まさに偽れば冒死が待っている。それが現実のものとなった。明日香の味橿丘(うまかしのをか)の辭禍戸石甲(ことのまがへのさき)、言葉の偽りを真実と合わせる岩場、そこに勅命により、探湯瓮(くかへ)を坐ゑ、真偽の判断を行った。諸人が各々の氏姓を申告し、身を清め、木綿の手繦をして、釜の熱泥に手を入れ(あるいは焼いた斧に手を置く)、實(真)を得むものは全からむ(手は損なはれない)。僞らば必ず手が害れ、すざまじい悲鳴が丘に響いた。詐る者は、恐ろしくなり、手をいれることをやめ、本当のところを申告したのであろう、是より後、氏姓自づから定り、詐る人は無くなった。古事記も、ここに天皇、天の下の氏氏名名の人等(ども)の氏姓(うぢかばね)の忤(たが)ひ過(あやま)てるを愁ひたまひて、味白檮(あまかし)の言八十禍津日(ことやそまがつひ)の前に探湯瓰(くかべ)を居(す)ゑて、天の下の八十友緒(やそとものを)の氏姓を定めたまひき。また木梨の輕太子(かるのひつぎのみこ)の御名代として、輕部(かるべ)を定め、大后の御名代として、刑部(おさかべ)を定め、大后の弟(いろと)、田井の中つ比賣の御名代として、河部を定めたまひき。」としている。伊邪那岐命が黄泉の國から戻り、その身の汚きところを中瀬で滌(すす)ぐと言を発した時に生まれ~が八十枉津日~、”やそ”多くの”まが”枉”つ”助詞”ひ”霊力のある~、古事記では、ここで言八十禍津日~としている。禍、枉、曲は直(なほす)に対する語で、邪悪なこと。枉は木が枉曲をいう字であるが悪霊の憑く義を含む。”まがごと”にめっぽう長けた~、如何なる偽りをも見逃さない~に頼った。

五年秋七月(ふみづき)丙子(ひのえね)朔己丑(つちのとのうしのひ) 地震(なゐふる) 先是 命(おほせる)葛城襲津(かづらきのそつびこ)之孫(うまご)玉田宿(たまたのすくね) 主(つかさどる)瑞齒別天皇(みつはわけのすめらみこと)之殯(みもがり) 則當地震夕 尾張吾襲(あそ) 察(みる)殯宮之消息(あるかたち) 時諸人悉(ふつく)(あつまる)無闕(かける) 唯玉田宿(はべらず)之也 吾襲奏言 殯宮大夫(もがりのみやのかみ)玉田宿 非見(はべる)殯所 則亦吾襲於葛城 令玉田宿 是日 玉田宿 方集男女 而酒宴(さけのみす)焉 吾襲擧(のたまふ)(ことのかたち) 具(つぶさに)告玉田宿 宿則畏有事 以馬一匹 授吾襲爲禮幣(ゐやのまひ) 乃密(しのび)(さいぎる)吾襲 而殺于道路(みち) 即逃隱武内宿之墓域(はかのうち) 天皇聞之 喚(めす)玉田宿 玉田宿疑之 甲(よろい)(きる)(ころも)中 而參赴(まうける) 甲端自衣中出之 天皇分明(あきらかに)欲知其(かたち) 乃令小墾田釆女(おはりだのうねめ) 賜酒(おほみき)于玉田宿 爰釆女分明瞻(みる)衣中有鎧(よろひ) 而具奏于天皇 天皇設兵(つはもの)將殺 玉田宿 乃密出而匿家 天皇更發卒(いくさ) 圍(かくむ)玉田家 而捕之乃誅
冬十有一月
(しもつき)甲戌(きのえいぬ)朔甲申(きのえさるのひ) 葬(はべる)瑞齒別天皇(みつはわけのすめらみこと)于耳原陵(みみのはらのみささぎ)

五年の秋七月の丙子の朔己丑(AD416.07.14)に、地震る。是より先に、葛城襲津彦の孫、玉田宿禰に命せて、瑞齒別天皇の殯を主らしむ。則ち地震る夕に當りて、尾張連吾襲を遣はして、殯宮の消息を察しむ。時に諸人、悉に聚りて闕けたること無し。唯、玉田宿禰のみ無らず。吾襲、奏して言す。「殯宮大夫、玉田宿禰、殯の所に見らず。」則ち亦、吾襲を葛城に遣はして、玉田宿禰を視しむ。是の日、玉田宿禰、方に男女を集へて、酒宴す。吾襲、状を擧ひて、具に玉田宿禰に告ぐ。宿禰則ち事有らむを畏りて、馬一匹を以て、吾襲に授けて禮幣とす。乃ち密に吾襲を遮りて、道路に殺しつ。即ち武内宿禰の墓域に逃げ隱れぬ。天皇聞しめして、玉田宿禰を喚す。玉田宿禰疑ひて、甲を襖の中に服て、參赴り。甲の端、衣の中より出でたり。天皇、分明に其の状を知しめさむとして、乃ち小墾田釆女をして、酒を玉田宿禰に賜ふ。爰に釆女、分明に衣の中に鎧有るを瞻て、具に天皇に奏す。天皇、兵を設けて殺したまはむとす。玉田宿禰、乃ち密に逃げ出でて家に匿れぬ。天皇、更に卒を發して、玉田が家を圍みて、捕へて乃ち誅す。
冬十有一月の甲戌の朔甲申
(AD416.11.11)に、瑞齒別天皇を耳原陵に葬りまつる。

地震を地
(なゐ)(ふ)る、地が震へるとした。不吉な兆候である。葛城襲津彦は、氣長足姫尊(~功皇后)の五年(AD205)に半島に派遣されており、200年後といへば、孫でも年齢が合わない.。玉田宿禰は、雄略七年には葛城襲津彦の子とされ、更に合わないが、人脈的にはすっきりする。瑞齒別皇子が儲君(ひつぎのきみ)とされた時、玉田宿禰の子、圓大使主が国事を執っており、圓大使主が孫にあたる。しかし、何故かここでは、孫とした。瑞齒別天皇は葛城襲津彦の女(むすめ)の磐之媛と大鷦鷯天皇(仁コ天皇)の子、玉田宿禰が孫となれば、瑞齒別天皇と同世代となり、瑞齒別天皇の殯を伯父でなく、同世代の豪族に主らしめたとしたのであろうか。地震があったこともあり、吾襲に殯宮を確かめさせた。関係者はすべて集まっていたが肝心の玉田宿禰が居なかった。葛城に見にやらすと、男女をあつめて酒宴をしていたと言ふ。何故たった一人でこのような行動に出たのか不明だし、不思議でもある。武内宿禰、葛城襲津彦と続く勢力の象徴である玉田宿禰が殺された。嵌められたとすら思ひたくなる展開である。半島進出を支えた主流の豪族の凋落であり、半島で起こったことが影響していたのかもしれない。
416年に百濟王、余映(腆支)は東晋に朝貢し、使持節、都督百濟諸軍事、鎮東將軍、百濟王に叙されているが、宋書倭國傳によれば、倭の王讃は、「使持節、都督倭、百濟、新羅、任那、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王」の叙授を求めており、百濟と日本
(やまと)との関係は緊張していた。百濟は余田比田比有:腆支の孫)の時代には新羅との連携に向かい、倭とは一定の距離を置きつつ高句麗と対峙する方向に向かってゆく。雄略天皇紀までは現れないが、半島における日本の豪族の顔触れは変化する。
耳原陵は、百舌鳥古墳群の最も北にある前方後円墳
(堺市北三国ヶ丘町2丁:地図とされる。河内の丹比の柴籬宮の西の海辺りに築いたことになる。

七年冬十二月(しはす)壬戌(みづのえいぬ)(ついたちのひ) 讌(うたげす)于新室(にひむろ) 天皇親之撫(ひく)(みこと) 皇后(きさき)(たつ)人舞(まふ) 々終而 不言(まうす)禮事(ゐやのこと) 當時(とき)風俗(ひと) 於宴會(うたげ)者 人舞(ひと)人舞終 則自對座長(くらかみ)(まうす) 奉(たてまつる)娘子(をみな)也 時天皇謂(かたる)皇后曰(のたまふ) 何失常禮(ゐや)也 皇后惶(かしこまる)之 復起人舞 々竟(をはる)(まうす) 奉娘子 天皇問皇后曰 所奉娘子者誰也 欲知姓字(かばねな) 皇后不獲已(やむ)而奏言 妾(や)つこ(いろど) 名弟(おとひめ)焉 弟容姿(かほすぐれる)無比(ならびなし) 其艶色(うるはしきいろ)(とほる)(そ)而晃(てる)之 是以 時人號(なづく)(まうす)(そとほしのいらつめ)也 天皇之志(みこころざし) 存(かける)于衣 故皇后而令(たてまつる) 皇后知之 不輙(たやすく)言禮事 爰天皇歡喜(よろこぶ) 則明日(くるつひ) 使者(つかひ)(めす) 

七年の冬十二月の壬戌の朔(AD418.12.01)に、新室に讌す。天皇、親ら琴撫きたまふ。皇后、起ちて人舞ひたまふこと既に終りて、禮事言したまはず。當時の風俗、宴會たまふに、人舞ふ者人舞ひ終りて、則ち自ら座長に對ひて曰す、「娘子を奉る。」 時に天皇、皇后に謂りて曰はく、「何ぞ常の禮を失へる。」 皇后、惶りたまひて、復た起ちて人舞したまふこと竟りて言したまはく、「娘子を奉る。」 天皇、即ち皇后に問ひて曰はく、「奉る娘子は誰ぞ。姓字を知らむと欲ふ。」 皇后、已むこと獲ずして奏して言したまふ、「妾が弟、名は弟姫。」 弟姫の容姿絶妙れて比無し。其の艶しき色、衣より徹りて晃れり。是を以て、時人、號けて衣通郎姫と曰す。天皇の志、衣通郎姫に存けたまへり。故、皇后を強ひて進らしむ。皇后、知ろしめして、輙く禮事言したまはず。爰に天皇歡喜びたまひて、則ち明日、使者を遣はして、弟姫を喚す。

去來穗別天皇
(履中天皇)は、難波から奈良に逃れ、磐余稚櫻宮で政務をとられ、瑞齒別天皇(反正天皇)は河内の丹比に都(柴籬宮)をつくり、難波に戻られたが、雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)は、どうやら奈良に再び戻られたようである。特別に宮名に言及されていないところをみると、磐余稚櫻宮に新室を設けられ、そこで披露の宴をされたとでもなろうか。古事記は飛鳥宮としており、飛鳥に新室を造られたのかもしれない。宴会で天皇が自ら琴を奏して、皇后が舞うといふことは、当時の風習として、舞ひ終はると、座長に「娘子を奉る。」と申し上げねばならなかった。ところが皇后は、その禮を実行されなかった。天皇はその理由を問いただされたので、やむなく、皇后はもう一度舞はれて、舞ひ終へて、仕方なく「娘子を奉る。」と申された。天皇は、その娘子とは誰か、とたたみかけられた。仕方なく、皇后は、「私の妹の、弟姫。」とつぶやくように申された。容姿は絶妙、比べる者がないとされた妹を所望して、天皇が琴をひき、皇后を舞はせ、つまり、皇后に強いて妹を進(たてまつ)らしめたといふ。その艶色は、衣ごしに透き通る肌が照り映えるほどのもので、人々が衣通郎姫(そとほしのいらつめ)と称した。それで、皇后は禮を無視されたのであるが、天皇に催促され、どうしようもない、一方の天皇は歡喜され、使者を走らされた。

時弟随母
(いろは) 以在(はべる)(あふみ)坂田 弟畏皇后之(みこころ) 而不參向(まうこず) 又重七喚 猶固辭(いなぶ)以不至(まういたらず) 於是 天皇不悦 而復勅一(ひとり)舎人(とねり)中臣烏賦津使主(なかとみのいかつのおみ)曰 皇后所(たてまつる)之娘子(をみな) 喚而不來(まうこず) 汝(いまし)自往(まかる)之 召將(ゐる)以來(まうく) 必敦賞(たまひもの)矣 爰烏賦津使主 承命(おほみこと)退(まかる)之 糒(ほしひ)(つつむ)衣因(きぬ)中 到坂田 伏于弟庭中言(まうす) 天皇命(おほみこと)以召之 弟對曰(いふ) 豈非懼天皇之命 唯不欲傷(やぶる)皇后之志(みこころざし)(のみ) 妾(やつかれ)雖身亡(しぬ) 不參赴(まうでじ) 時烏賊津使主(いかつのおみ)對言(まうす) 臣(やつかれ)(うけたまはる)天皇命 必召率(ゐる)來矣(まうこ) 若不將來必罪之 故被極刑(ころさるる) 寧伏庭而死耳 仍經(ふる)七日 伏於庭中 與(あたふ)飲食(みずいひ)而不水食(くらはず) 密(しのび)食懷(ふつころ)中之糒(ほしひ) 於是 弟以爲(おもふ) 妾(やつこ)因皇后之嫉(ねたむ) 拒天皇命 且亡(うしなふ)君之忠臣(ただしきひと) 是亦妾罪 則從烏賊津使主而來之 到倭春日 食(かれいひくふ)于檪井(いちひゐ)(うへ) 弟(みづから)賜酒(みき)于使主 慰(やすむ)其意(こころ) 使主 (そのひ) 至(まういたる)(みやこ) 留(とどむ)於倭直(やまとのあたひ)吾子篭(あごこ)之家 復命(かへりごとまうす)天皇 天皇大歡之 美(ほむ)烏賊津使主 而敦(あつく)(めぐむ)焉 然皇后之色(みおもへり)不平(よくもあらず) 是以 勿宮中(みやのうち) 則別(ことに)(たてる)殿屋(との)於藤原而居(はべる)也 (あたる)(あれる)大泊瀬天皇之夕(よ) 天皇始幸(いでます)藤原宮 皇后(きさき)(きこす)之恨曰(のたまふ) 妾(やつこ)初自結髮(かみなふ) 陪(はべる)於後宮(きさきのみや) (へる)多年(さはのとし) 甚(はなはだし)哉 天皇也 今妾産(うむ)之 死生(しぬいきむこと)相半 何故 當今夕(こよい) 必幸藤原 乃自出之 燒産殿(うぶどの)而將死(みうせむとす) 天皇聞之 大驚曰(のたまふ) 朕(われ)也 因慰喩(こしらふ)皇后之意焉

時に弟姫、母に随ひて、近江の坂田に在り。弟姫、皇后の情に畏みて、參向ず。又重ねて七たび喚す。猶固く辭びて至らず。是に、天皇、悦びたまはず。而して復、一の舎人、中臣烏賦津使主に勅して曰はく、「皇后の進る娘子、弟姫、喚せども來ず。汝、自ら往りて、 弟姫を召し將て來れらば、必ず敦く賞せむ。」 爰に烏賦津使主 命を承りて退る。糒を衣因の中に裹みて、坂田に到る。弟姫の庭の中に伏して言す、「天皇、命を以て召す。」 弟姫對へて曰く、「豈、天皇の命を懼りまうさざらむや。唯、不皇后の志を傷らむことを欲はざらくのみ。妾、身亡ぬと雖も、參赴でじ。」 時に烏賊津使主對へて言す、「臣、既に天皇の命を被りしく、必ず召し率て來。若し、將て來ずは必ず罪せむとのたまひき。故、返りて極刑さるるよりは、寧ろ庭に伏して死なまくのみ。」 仍りて七日經るまでに、庭の中に伏せり。飲食與ふれども水食はず密に懷の中の糒を食ふ。是に、弟姫、以爲はく、妾、皇后の嫉みたまはむに因りて、既に天皇の命を拒む。且、君の忠臣を亡はば、是亦妾が罪なりとおもひて、則ち烏賊津使主に從ひて來。倭の春日に到りて、檪井の上に食ふ。弟姫、親ら使主に酒を賜ひて、其の意を慰む。使主、即日に、京に至る。弟姫を於倭直、吾子篭の家に留めて、天皇に復命す。天皇、大きに歡びたまひて、烏賊津使主を美めて、敦く寵みたまふ。然るに皇后の色平くもあらず。是を以て、宮の中に近けずして、則ち別に殿屋を藤原に構てて居らしむ。大泊瀬天皇を産らします夕に適りて、天皇、始めて藤原宮に幸でます。皇后、聞こしめして恨みて曰はく、「妾、初め結髮ひしより、後宮に陪ること、既に多年を經ぬ。甚しきかな、天皇、今、妾、産みて、死生相半なり。何の故にか、今夕に當りても、必ず藤原に幸でます。」 乃ち自ら出でて、産殿を燒きて死せむとす。天皇、聞しめして、大きに驚きて曰はく、「朕過ちたり。」 因りて皇后の意を慰め喩へたまふ。

近江の坂田
(米原市宇賀野:地図は長浜から北国、大垣から岐阜へ向かう拠点。山津照神社古墳のある近江町宇能登瀬は、豪族息長氏の本貫地といはれる地。雄朝津間稚子宿禰天皇は、大和葛上郡(御所市朝妻)、弓月君が入った地、磐之媛の故郷の地名が冠されており、病状で天皇になることが予想されない御子であった。忍坂大中姫命は、息長一族で、忍坂におられた姫であろう書紀巻13、その妹の弟姫が坂田におられた。その弟姫が衣通郎姫と称される魅惑的な姫であることを、天皇はよくよく知っておられ、天皇が所望しておられることを姉妹共々よくよくご存知であったとみへる。忍坂大中姫命が皇后になられたのは即位の二年(413)、産まれる七人目の御子が大泊瀬天皇であり、七年(418)に7人目の子といふことは、即位以前から御子をもうけておられたことになる。いはば倦怠期をかなり過ごしておられたことになろう。かねがね弟姫のことが気になっておられた。
中臣烏賦津使主は、氣長足姫尊
(~功皇后)仲哀天皇九年の三月(AD200)に~託の審~者、中臣氏の祖先として現はれる。ここでは一人の舎人であり、使主(おみ)になる以前の時代のことであるとしても、年代的にみても同一人物とは言へまい。烏賦津使主には、審~者の性格と弟姫に関する功を挙げたという二つの伝説があったものと推定される。書紀の年代では200年以上を経ているが、氣長足姫尊の半島での事績は干支で時代がワープしており、350年以降400年前半の半島情勢を含んでおり、この年代差は、場合によっては消えてしまうことがあり得る点、注意が必要である。中臣氏の先祖の知恵者振りをここに潜り込ませておいたのかもしれない。
糒は備蓄用の米、乾飯。
衣因は着物のみごろ、裹はまるめてつつむ。どうして、天皇の命を懼りてお受けしないことがありましょう。弟姫も姉の存在がなければ、喜んで宮に入る気持ちはあった。烏賦津使主は、自分の命を助けるといふ口実を作り、弟姫の立場をたてたものの、問題は皇后であった。皇后は気丈な人で、かつて自分を小馬鹿にした闘鶏國造を皇后となってから、そのことでひっ捕らへ、殺そうとまでした人である。烏賦津使主は、一旦弟姫を春日に留めて、復命する。檪井は檪井(いちい)の和爾坂(奈良県天理市檪本町:地図、和爾氏の地であった。吾子篭は大鷦鷯天皇(仁コ天皇)即位前紀の倭直、麻呂の弟の吾子籠書紀巻11、六十二年の夏五月書紀巻11:AD374.05)に遠江國で船を造って難波に戻った倭直、吾子籠、去來穗別天皇(履中天皇)即位前紀で、仲皇子の反乱に味方し、妹の日之媛を献って死罪を免れた倭直、吾子籠でもある。釆女を貢ることがその時に始まったとされた書紀巻12。彼も書紀の年代では成立しないが、烏賦津使主同様に注意を要するところがある。藤原は、藤原宮跡、大和高市郡の藤原之第(橿原市高殿町:地図、「大原之古爾郷( 高市郡明日香村字小原:地図」の二説と注される。
烏賦津使主の報告を受けた天皇はたいそう喜ばれたが、皇后の気色は厳しく、宮中へお連れすることはならず、藤原に殿屋を建てたとある。天皇が藤原宮の弟姫に会いにゆかれた夕べが、皇后の七人目の御子の出産の夕べといふは、これほど慎重に事をすすめておられた割には、合点がゆかぬ行動であった。気性の激しい皇后は、「産殿を燒きて死せむ」と烈火のごとく怒られた。大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)十六年に天皇が「桑田玖賀媛を愛まむと欲(おも)ふ」と切りだされたのが、皇后となられた磐之媛が十四年にしてはじめての御子の出産の年であったことを想起せしめる。仁徳、允恭と号されるが、耳の痛い所業であった。「朕過ちたり。」「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」の例へ、といふことか。喩は教えさとすことであるが、”こしらふ”と訓じている、あれこれと言葉を使って相手の機嫌をとる意と注されている。

八年春二月
(きさらぎ) 幸(いでます)于藤原 密(しのび)(みる)(そとほしのいらつめ)之消息(あるかたち) 是夕(こよひ) 衣 戀(しのぶ)天皇而獨居(ひとりはべる) 其不知天皇之臨(いでます) 而歌(うたよみす)曰 和餓勢故餓(わがせこが) 勾倍枳豫臂奈利(くなり) 佐瑳餓泥能(ささがね 區茂能於虚奈比(くもおこな 虚豫比辭流辭毛こよしるしも) 天皇聆(きこしめす)是歌 則有(おはす)(めでる)(みこころ) 而歌之曰 佐瑳羅餓多(ささらがた) 邇之枳能臂毛弘(にしひもを) 等枳舎氣帝さけて) 阿麻多絆泥受邇(あまたはねずに) 多人嚢比等用能未(ただのみ 明旦(くるつあした) 天皇見(みそなはす)(ゐ)(ほとり)櫻華 而歌(みうたよみす)之曰(のたまふ) 波那具波辭(はなぐはし) 佐區羅能梅涅(さくらのめで) 許等梅涅麼ことめでば) 波椰區波梅涅孺(はやくはでず) 和我梅豆留古羅(わがづるら) 皇后(きさき)(きこす)之 且(また)大恨也 於是 衣(まうす)(まうす) 妾(やつこ)王宮(おほみや) 而晝夜相續 欲陛下(きみ)之威儀(みよそほい) 然皇后則妾之姉(いろね)也 因妾以恆恨陛下 亦爲妾苦 是以 冀(ながふ)離王居 而欲居 若皇后嫉意少息歟 天皇則更(たちどころ)(たてる)宮室(みや)於河内(かふち)茅渟(ちぬ) 而衣令居 因此 以(しばしば)遊獵(かりす)于日根野(ひねの)

八年の春二月(AD419.02)に、藤原に幸す。密に衣通郎姫の消息を察たまふ。是夕、衣通郎姫、天皇を戀びたてまつりて獨居り。其れ天皇の臨せること知らずして、歌して曰く、
 
和餓勢故餓 勾倍枳豫臂奈利 佐瑳餓泥能 區茂能於虚奈比 虚豫比辭流辭毛
 我が夫子
(せこ)が 来(く)べき夕(よひ)なり ささがねの 蜘蛛(くも)の行(おこな)ひ 是夕(こよひ)(しる)しも

天皇、是の歌を聆しめして、則ち感でたまふ情有します。而して歌して曰はく、
 
佐瑳羅餓多 邇之枳能臂毛弘 等枳舎氣帝 阿麻多絆泥受邇 多人嚢比等用能未
 ささらがた 錦
(にしき)の紐(ひも)を 解(と)き放(さ)けて 数(あまた)は寝(ね)ずに 唯(ただ)一夜(ひとよ)のみ 

明旦に、天皇、井の傍の櫻の華を見して、歌して曰はく、
 
波那具波辭 佐區羅能梅涅 許等梅涅麼 波椰區波梅涅孺 和我梅豆留古羅
 
(はな)ぐはし 桜(さくら)の愛(め)で 同愛(ことめ)でば 早(はや)くは愛(め)でず 我(わ)が愛(め)づる子(こ)

皇后、聞こしめして、且大きに恨みたまふ。是に、衣通郎姫、奏して言す、「妾、常に王宮に近づきて、晝夜相ひ續きて、陛下の威儀を視むと欲ふ。然れども皇后は、妾が姉なり。妾に因りて恆に陛下を恨みたまふ。亦妾が爲に苦しびたまふ。是を以て、冀はくば、王居を離れて、遠く居らむと欲ふ。若し皇后の嫉みたまふ意少しく息まむか。」 天皇、則ち更に宮室を河内の茅渟に興造てて、衣通郎姫を令居らしめたまふ。此に因りて、于日根野に遊獵したまふ。

”せ”は女から同母の兄弟、あるいは夫を呼ぶ呼称。”ささがねの”は笹の根、笹の根に蜘蛛が巣をなしていること。笹はさやぐ、心がそわそわさざめく。蜘蛛は喜母、蜘蛛が来て人の衣に着くと、親客が来訪するという俗信が中国にあり、それで蜘蛛を喜母という。それと同じ俗信がわが国にもあったのだろう、と注される。
「『毛詩』(詩経)豕山豕(ひんぷう)「東山」の「嘯蛸(しょうしょう在戸(クモ)」の孔穎達(コウヨウタツ)の疏(注釈)に、「荊州では蜘蛛を喜母というが、それは蜘蛛が人の着物に止まれば親客が訪れる前兆として喜ぶからである。幽州でも蜘蛛を親客という」「荊楚歳時記』七月七日条に、七夕に庭中に並べた瓜の上に蜘蛛が網をかければ願いごとが叶う前兆蜘蛛の行ない 當麻物語(歴史)から来るとある。また、蜘蛛の巣は、織目の透いた薄手の透目(スキメ)絹を連想させ、ここには機織り、七夕の文化が背景にあるとも見ておられる。衣通郎姫が天皇が来られることを知らずして、歌を詠まれていた。我が夫子がお越しになりそうな夕べ、心がさわぐので庭の笹を見ると、蜘蛛が細かな目の美しい巣をかけていた。これはきっと今宵のことにちがひない。
ささらがたの”ささ”は細かいこと、”かた”は模様のこと、細紋 錦の紐は五彩の輝く織物、輸入品。”あまた”は二、三、と注される。自分が待たれていたと知った天皇は、情(こころ)が動き、衣ごしに透き通る肌のあなたに、細かい模様の錦の紐を解きからめ、二度三度とはこられませぬ、ただ一夜、今宵のみ、と、これまた積りに積もった心を解き放たれた。
一夜が明けた早朝に天皇は井戸で水を飲まれ、そばの櫻の華をご覧になった。華は花の古字といふが、櫻の華は日本人には馴染みがない。この時代は櫻より先進国中国風の白梅が好まれたとあり、花も華としゃれこんだのかもしれない。櫻と言へば、去來穗別天皇(履中天皇)三年十一月条に、
「是の花、非時にして來れり。其れ何處の花ならむ。汝、自ら求むべし。 是に、長眞膽連、獨り花を尋ねて、掖上室山に獲て、獻る(書紀巻12)。」とあるのが最初で、これは秋から冬に咲く「ジュウガツザクラ」といふ品種であった。ここでは、日本固有の桜、山桜か里桜。藤原の宮であり、里桜であろうか。”さ”は稲・田の~、”くら”は座、稲は元来は陸稲、この時代は水稲、稲の~が山から里に下りてくる。その~が座すのが桜の木、その花が咲く時にそれが知られ、人はお~酒と供物を奉り、~人和合する。それが、穀物の種を撒くとき。衣通郎姫が桜に比されたことは、和風の女(むすめ)としての趣を天皇が愛(め)でられたことになる。花ぐはしはそもそもは「花細い」こと、枕詞として桜や葦にかかる。小ぶりの花の桜のあでやかさ、天皇はその愛しさに改めて思ひをいたされた。同じ愛でるのであれば・・・どうしてもっと早く愛でなかったのだろうか。私が愛でてきた子ら(とはくらべものにはならない)。衣通郎姫は、すでに七人の御子を産まれた忍坂大中姫の弟姫であり、少し年をめしておられたのかもしれない。もっと早く、もっと若ければ、もっともっと愛らしかった・・・
これを聞かれた皇后はひどくお恨みになられた。それが、衣通郎姫にも聞こへたのであろう。姉の苦しみを察して、藤原の宮を出る決心をされた。天皇も気性の激しい皇后性格に鑑み、宮を遠ざけることに同意され、河内の茅渟に移された。茅渟は、~日本磐余彦天皇
(~武天皇が生駒から撃退され矢傷を負った五瀬命が亡くなられた地書紀巻3、血沼・千沼・千渟・智努ともされるが、山城水門とあり、男里川の流域、良港のあったところ。活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)の時、茅渟池を造成している書紀巻6。泉佐野市下互屋南付近地図、これは佐野川流域で、鉄生産も行はれていた。日根野は、その南の丘陵、泉佐野市日根野の地地図、狩り場に近く、狩りに出るといふことで立ち寄ることができた。

九年春二月(きさらぎ) 幸(いでます)茅渟宮(ちぬのみや) 
秋八月
(はづき) 幸茅渟 
冬十月
(かむなづき) 幸茅渟

九年春二月(AD420.02)に、茅渟宮に幸す。
秋八月に、茅渟に幸す。
冬十月に、茅渟に幸す。

十年春正月(むつき) 幸茅渟 於是 皇后奏(まうす)(まうす) 妾(やつこ)如毫毛(けのすゑ) 非嫉(あむね)(おとひめ) 然恐陛下(すめらみこと)(しばしば)幸於茅渟 是百姓(おほみたから)之苦(くるしび)歟 仰願(ねがはくば)宜除(やめる)車駕(いでまし)之數(かず)也 是後 希有(まれ)之幸焉

十年の春正月(AD421.01)に、茅渟に幸す。是に、皇后、奏して言したまはく、「妾、毫毛ばかりも、弟姫を嫉むに非ず。然れども恐るらくは、陛下、茅渟に幸すことを。是、百姓の苦ならむか。仰願はくば、車駕の數除めたまへ。」 是の後、希有に幸す。

皇后の言葉からすれば、しばしばの行幸は、狩りであったようだ。どうやらこの茅渟宮という選択は失敗であった。さほどに衣通郎姫を愛でたにしては、しばしばといふも、会いに行く回数が一年で四回とはたよりないものである。狩りを口実としたのがまずかった。動員される従者が多くなりすぎ、皇后にも痛いところをつかれてしまい、天皇の足がとまってしまった。

十一年春三月(やよひ)癸卯(みづのとのう)(ついたち)丙午(ひのえうまのひ) 幸於茅渟宮(ちぬのみや) 衣歌之曰 等虚辭陪邇に) 枳彌母阿閉椰毛もあやも) 異舎儺等利(いさなり) 宇彌能波摩毛能(うはまも 余留等枳等枳弘を) 時天皇(すめらみこと)(かたる)曰 是歌不可聆他人(あたしひと) 皇后聞必大恨 故時人號(なづく)濱藻 謂奈能利曾毛(なのりそも)也 先是 衣(はべる)于藤原宮(ふぢはらのみや) 時天皇詔大伴室屋(おほとものむろやのむらじ)(のたまふ) 朕頃(このごろ)得美麗孃子(かほよきをみな) 是皇后母弟(おもはらから)也 朕心異(ことに)(めぐし)之 冀(ねがふ)其名欲(おもふ)傳于後葉(のちのよ)奈何(いかに) 室屋(まかせる)(みことのり)而奏(まうす)(ゆるす) 則科(おほす)諸國(くにぐにのみやつこら) 爲衣 定藤原部(ふぢはらべ)

十一年の春三月の癸卯の朔丙午
(AD422.03.04)に、茅渟宮に幸でます。衣通郎姫、歌して曰く、
 
等虚辭陪邇 枳彌母阿閉椰毛 異舎儺等利 宇彌能波摩毛能 余留等枳等枳弘
 とこしへに 君(きみ)も会(あ)へやも いさな取(と)り 海(うみ)の浜藻(はまも)の 寄(よ)る時時(ときとき)

時に天皇、衣通郎姫に謂りて曰はく、「是の歌、他人にな聆かせそ。皇后、聞きたまはば必ず大きに恨みたまはむ。」故、時人、濱藻を號づけて、奈能利曾毛と謂へり。是れより先に、衣通郎姫、藤原宮に居りき。時に天皇、大伴室屋連に詔して曰はく、「朕、頃美麗き孃子を得たり。是、皇后の母弟なり。朕が心に異に愛しとおもふ。冀はくは其の名を後葉に傳へむと欲ふこと、奈何に。」 室屋連、勅に依せて奏すに可されぬ。則ち諸國造等に科せて、衣通郎姫の爲に、藤原部を定む。

天皇は一年と二カ月後にやっと茅渟宮に行くことができた。八年二月以降三年で五回目であり、これではあまりといへば、あまりな扱ひであり、顔を見ればなじる言葉が口をついても不思議でない。天皇とて、いかなことばを投げかけられるか、ひやひやものであられたことであろう。”とこしへに”は「床石上に」で物事の安定したさま、そこから不変の意が派生し、ここでは、それはゆらゆらと揺れる不安定な浜藻に対比されている。”あへやも”のへは乙類で、未然形、「やも」がつき、反語、逢へるのでしょうか、いや逢へない。”いさなとる”は海にかかる枕詞、天皇の来幸の数の少なさ、何時と定めのない不安を訴へる表現、”ときとき”のとは清音、と注される。
とこしへに君も逢へましょうや?鯨は魚を一杯引き連れてやってくるので豊漁をもたらすとされてきた。大勢の従者を引き連れる天皇を連想せしむ。そのように巨大なものなのに、まるで、ゆらゆらした浜藻のごとく、浜に寄るのは、ときとき。いつお逢ひできるとも知れぬこの身。あなたほどのおおきなかたが、さようにたよりげないものでしょうか・・・
奈能利曾毛は”なのりそも”、勿(な)告(のり)そも、人に告げるな。万葉にも勿告藻とある、と注される。天皇は衣通郎姫の歌がやんわりとした揶揄に託された不安のことばであったことに、ほっとされたものの、皇后にその歌が漏れ聞こへることを心配された。浜藻が天皇のことであることを人に告げるな、人びとは、天皇のことを、浜藻、奈能利曾毛と称した。実は、天皇はこれらの優柔不断にやっと決着をつけるために茅渟宮に来られたものであった。衣通郎姫を藤原宮に戻し、公然と詔勅をされた。大伴室屋は、『新撰姓氏録』に天押日命の十一世孫、道臣命の七世孫とする。雄略天皇即位に伴い大連となる人物。皇后の同母の弟(妹のこと)を得たい、よろしく処遇せよと命じた。皇后の爲に刑部を定めたごとく、衣通郎姫の爲に、藤原部を定めることで決着がつけられた。藤原部は天平宝字元年三月、久須波良部に改められ、子孫は下総、常陸に多いと注される。

十四年秋九月(ながづき)癸丑(みづのとのうし)(ついたち)甲子(きのえねのひ) 天皇獵(かりす)于淡路嶋(あはぢのしま) 時麋鹿(おほしか)犬爰(さる)(ゐ)莫々紛々(ありのまがひ) 盈(みつ)于山谷 火火火(ほのほ)(たつ)(はへ)(さわぐ) 然終日(ひねもす) 以不獲一(ひとつ)(しし) 於是 獵止以更卜矣 嶋~祟之曰(のたまふ) 不得獸者 是我之心也 赤石海底 有眞珠(しらたま) 其珠祠(まつる)於我 則悉(ふつく)當得獸 爰更集(つどへる)處々之白水郎(あま) 以令探(かづく)赤石海底 海深不能至底 唯有一(ひとり)海人(あま) 曰(いう)男狹磯(をさし) 是阿波國(あはのくに)長邑(ながのむら)之人也 勝(すぐれる)於諸(もろもろ)白水郎(あま)也  是腰繋(つける)(なは)入海底 差(やや)須臾(しばらく)之出曰(まうす) 於海底有大蝮(おほあわび) 其處光(てる)也 諸人(もろひと)皆曰(いふ) 嶋~所(こう)之珠 殆(ほどほど)有是蝮(あはび)腹乎 亦入而探(かづく)之 爰男狹磯 抱大蝮而泛(うかぶ)出之 乃息(おき) 以死(みまかる)(なみ)上 而下(おろす)(なは)(はかる)海深 六十尋(むそひろ) 則割(さく)蝮 實眞珠有腹中 其大如桃子(もものみ) 乃祠嶋~而獵之 多獲獸也 唯悲男狹磯入海死之 則作墓厚葬(はぶる) 其墓猶今存(うせず)

十四年の秋九月の癸丑の朔甲子
(AD425.09.12)に、天皇、淡路嶋に獵したまふ。時に麋鹿、犬爰、猪、莫々紛々に、山谷に盈てり。火火火のごと起ち蝿のごと散ぐ。然れども終日に、一の獸をだに獲たまはず。是に、獵止めて更に卜ふ。嶋の~、祟りて曰はく、「獸を得ざるは、是れ我が心なり。赤石の海の底に、眞珠有り。其の珠我に祠らば、悉に獸を得しめむ。爰に更に處々の白水郎を集へて、赤石の海の底を探かしむ。海深くして底に至ること能はず。唯し一の海人有り。男狹磯と曰ふ。是れ阿波國の長邑の人なり。諸の白水郎に勝れたり。是に腰に繩を繋けて海の底に入る。差須臾ありて出でて曰す、「海の底に大蝮有り。其の處光れり。諸人皆曰く、「嶋の~請する珠、殆に是の蝮の腹に有るか。」亦、入りて探く。爰に男狹磯、大蝮を抱きて泛び出でたり。乃ち息絶えて、浪の上に死りぬ。既にして繩を下して海の深さを測る。六十尋なり。則ち蝮を割く。實に眞珠、腹の中に有り。其の大きさ桃子の如し。乃ち嶋の~を祠りて獵したまふ。多に獸を獲たまひつ。唯男狹磯が海に入りて死りしことをのみ悲びて、則ち墓を作りて厚く葬りぬ。其の墓、猶今まで存。

莫々紛々、文選、羽猟賦、「莫々紛々 山谷為之風犬犬犬」によるか、莫々は草木のしげるさま、紛々は糸の分かれて乱れるさま、多くあって入り乱れる、と注される。”ありのまがひ”と訓じている。”あり”は居ること”まがひ”は入り乱れること、はっきりしないこと。本来は騒がしいくらいに獣がいるのであるが、一日たっても一匹も捕れなかった。猟をやめて卜をしてみると、嶋の~が祟っていた。嶋の~を祭り、奉納することもなく、猟をするとは天皇と雖も、虫がよすぎる。赤石の海の底の眞珠を所望した。潮の流れの速い赤石の海の底、そこの眞珠。山でなく海で産する珠は明珠。和名抄、玉類に、「珠、白虎通云 海出明珠」とあると注される。魏志倭人伝にも「真珠・青玉を出だす。」とあり、アワビから採れる鰒珠、アコヤガイから採れる白珠がある。海の幸として~への最高の供物である鮑を採取する時に偶然発見されたものとされる。淡路嶋の~がよほど欲したとみへる。
白水郎、白水は中国の地名、漁人(郎は男)、和名抄では、漁猟類に、
「白水郎 辨色成云 白水郎(和名阿万)」とあり、書紀には海人と書く、氣長足姫尊(~功皇后)前紀書紀巻9に、吾瓮海人、磯鹿海人、譽田天皇(應~天皇)22年書紀巻10に、淡路御原海人、大鷦鷯天皇(仁コ天皇)前紀書紀巻11に、淡路海人(八十)、去來穗別天皇(履中天皇)前紀書紀巻12淡路野嶋海人、と注される。ここは、阿波國の長邑の海人。探を”かづく”と訓じる、水の中にもぐること。赤石を明石とするようであるが、赤石は徳島の小松湾辺り(徳島県小松市赤石町:地図、去來穗別天皇(履中天皇)6年書紀巻12の鷲住王が讚岐國造、阿波國の脚咋別の始祖とあり、脚咋別は、阿波國海部郡の肉咋(徳島県海部郡宍喰町:地図とされ、鷲住王は、宍喰川の流域を開拓し、農耕をはじめ、そこにはじめて邑をつくったとされが海人。この地の海人族は古くから吉野川、那賀川流域の湾岸に住み着いており、男狹磯もこの流れを汲むものであろう。長邑は、那賀川地図流域の海岸あたりとされるが、定かでない。男狹磯という名からすれば、入り組んだ磯の漁師となろう。蝮は”まむし”、蛇であり、貝の中より腹の中の方が光が照るにも合致しやすく、腹を割いて取り出しており、毒を持つ海蛇のために死んだと読めるが、”あわび”と訓じられている。蛇の腹から眞珠は採れず、鰒(あわび)と解したのか、鰒は「とこぶし」、「フグ」でもあり、なんとも奇妙な表現となっている。これは元来は、龍と珠の話であろう。龍の持つ珠は龍珠とされ、五爪龍の珠は、最高、最大、最強、皇帝のみ持つことが許された。淮南子、堕形訓に、「羽嘉(うか)は飛龍を生じ、飛龍は鳳皇を生じ、鳳皇は鸞(らん)鳥を生じ、鸞鳥は庶鳥を生ず。凡そ羽ある者は庶鳥より生ず。毛犢(とく)は應龍(おうりゅう)を生じ、應龍は建馬(けんば)を生じ、建馬は麒麟(きりん)を生じ、麒麟は庶獸を生ず。凡そ毛ある者は、庶獸より生ず。介鱗(かいりん)は蛟龍(かうりゅう)を生じ、蛟龍は生鯤魚便(こんかう)を生じ、鯤魚便は建邪(けんじゃ)を生じ、建邪は庶魚(しょぎょ)を生ず。凡そ鱗(うろこ)ある者は庶魚より生ず。」とある。鳥や獣や魚は龍から生じたものという認識があり、その龍に珠を奉納し、祭ることによって、獲物が齎される、この変形で、蝮と眞珠という取り合はせとなったものかもしれない。男狹磯が潜った深さは、六十尋、両手を広げる巾60回分、100メートル強、通常の漁は10m未満、50mの岩礁というのもあるようだが、素潜りの世界記録が81mといふから、六十尋も潜れば生命を危険にさらしたことは間違いあるまい。厚く葬られ、当時まで墓があったといふから、相当に有名な話であった。通釈には、「或人云 阿波国人宮崎五十羽云 同国板野郡里浦村鰯山麓に古蹟あり。里人尼塚と云り、是海人男狹磯の墓也と、士人云伝へたりとそと云り、聞正すへし」と注される。鳴門市里浦町里浦(地図あたり、清少納言の墓とも、阿波で崩御された土御門上皇の塚ともされ定かでない。いづれのせよ、天皇が讃岐と阿波との関係を保全しようとされたものであろう。

木梨輕太子と輕大郎女(古事記)
廿三年の春三月条の木梨輕皇子と輕大娘皇女の一件に入る前に、まずは古事記に聞いてみよう。古事記は書紀とは異なり、天皇が崩御されてからのことであり、輕大娘皇女を衣通郎姫としている。
女女千(たは)けるとは情を通じることである。皇位を継ぐべき太子の立場にありながら、母を同じくする妹と通じてしまった。
天皇、崩(かむあが)りし後(のち)、木梨の輕の太子、日繼知らしめすに定まれるを、未だ位に即(つ)きたまはざりし間に、その同母妹(いろも)輕の大郎女に女女千(たは)けて歌ひたまひしく、

 あしひきの 山田を作り 山高
(たか)み 下樋(したび)を走(わし)せ 下娉(したど)ひに 我が娉(と)ふ妹を 下泣(したな)きに 我(わ)が泣く妻を 昨夜(こぞ)こそは 安(やす)く肌触(はだふ)
 (あしひきは足をひきづって登ることで、山にかかる枕詞。山に田を作り、それも高い所で、普通では水が引けず、地中に樋(木をくり抜いた管)を通して水を得る。実の妹を妻にすること、禁断の秘め事を例へる。下は隠れて、秘かにの義。娉は訪ねること。人目につかぬ路を、素早く秘かに訪ねる。秘かに泣く妹であり妻を、昨夜こそ安らかに肌を触れ合わせることができた。)

とうたひたまひき。こは志良宜歌
(しらげうた:山田と山高、下樋と下娉、我が娉と我が泣、と次第に盛り上げ、こぞこそ、安く肌触れで最高潮に尻上がり調子となることを云ふ。なり。 また歌ひたまひしく、

 笹葉
(ささば)に 打つや霰(あられ)の たしだしに 率寝(ゐね)てむ後(のち)は 人は離(か)ゆとも 愛(うるは)しと さ寝しさ寝てば 刈薦(かりこも)の 乱れば乱れ さ寝しさ寝てば
 (たしだしは霰が笹葉を打つ音、擬声から、確実にと言ふ意にふり易へたとされるが、若い男女が笹原で絡み合う音ともとれ、人の噂にたたかれるともとれる。率寝は男女が誘い合って寝ること。その後はお互い離れても愛しく思う。「さ」は接頭語、「し」は強調、もう寝てしまったのだから。刈薦は刈った菰(水草)がバラバラになり易いことから、乱れるにかかる枕詞。刈薦のように別れても、愛しく思う、もう寝てしまったのだから。田舎風の男女の歌に、二人の思いを重ねた。禁断の恋を人の噂にたたかれようと、人々の心が離反し、バラバラと去ろうが、愛しい、もう寝てしまったのだから。)

とうたひたまひき。こは夷振
(ひなぶり:都風でなく田舎風の上歌(あげうた:57 577の形で調子をあげるなり。

ここを以ちて百官
(もものつかさ)また天の下の人等(ひとども)、輕の太子に背きて、穴穗の御子に歸(よ)りき。ここに輕の太子畏みて、大前小前(おほまへをまへ)の宿禰の大臣(おほおみ)の家に逃げ入りて、兵器(つはもの)を備へ作りたまひき【その時に作りたまひし矢は、その箭の内を銅にせり。故、その矢を號けて輕箭と謂ふ】。穴穗の御子もまた兵器(つはもの)を作りたまひき【この王子の作りたまひし矢は、すなはち今時の矢なり。これを穴穗箭と謂ふ】。ここに穴穗の御子、軍(いくさ)を興して大前小前の宿禰(小前は美称、物部大前宿禰。武器庫である石上神宮を本拠地とする。)の家を圍(かこ)みたまひき。ここにその門(かど)に到りましし時、大(いた)く氷雨(ひさめ)(ふ)りき。 故、歌ひたまひしく、

 大前
(おほまへ) 小前宿禰(をまへすくね)が 金門蔭(かなとかげ) かく寄り来(こ)ね 雨立ち止めむ
 (金門は金物を打ちつけて堅くした門、その蔭に、寄って来ないか、と家を囲んだ穴穗の御子が「物部大前宿禰」を手招きしている。雨が止むのを待ちましょうとは、物部大前宿禰の出て来るのを待つ例へ。)

とうたひたまひき。ここにその大前小前の宿禰、手を擧げ膝を打ち、
人舞(ま)ひかなで歌ひ參來(まゐき)つ。その歌に曰ひしく、

 宮人
(みやひと)の 脚結(あゆひ)の小鈴(こすず) 落ちにきと 宮人(みやひと)とよむ 里人(さとびと)もゆめ
 
(脚結は袴を膝下で紐で結ぶこと、そこにつけた小鈴が落ちてしまった。小鈴落ちを、太子(宮人)が逃げ込んだとする説があるが、最早太子は皇位をあきらめておられると釈す。双方兵器を整へるという、緊迫した状況にあったが、大前宿禰は、太子に、もはや戦意のないことを示すために、武器を持たず、手を挙げたり膝に下ろしたり、舞うようにして自らの脚結の子鈴を落としつつ、歌った。とよむは響む、それを聞いた穴穗の御子等(宮人)は大前宿禰の仕草にどっと笑った。「ゆめ」は決して〜するなの義。里人は大前宿禰の手の者達、お前達も「とよむ」かもしれないが、ゆめ騒いではならぬ、とする説が通例だが、里人が庶民なら、戦いにはならぬと落ち着かせたことになる。)太子は禁断の恋を夷振りに求め、人心の離れ、家臣の心も去ったことは既に承知、今では、命乞いをされておられるのみ、そんな母を同じくする兄に兵を向けたとなれば、世の人に笑われましょう、と説得をした。

といひき。この歌は宮人振(みやひとぶり:
宮人で始まる歌)なり。かく歌ひ參歸(まゐき)て白しけらく、「我が天皇(おほきみ)の御子、同母兄(いろせ)の王(みこ)に兵(いくさ)をな(や)りたまひそ。もし兵を及(や)りたまはば、必ず人咲(わら)はん。僕(あれ)捕へて貢進(たてまつ)らむ」。とまをしき。ここに兵(いくさ)を解(と)きて退(そ)きましき。故、大前小前の宿禰、その輕の太子を捕へて率(ゐ)て參出(まゐで)て貢進(たてまつ)りき。その太子、捕へられて歌ひたまひしく、

 天飛
(あまだ)む 輕(かる)の嬢子(をとめ) いた泣かば 人知りぬべし 波佐(はさ)の山の 鳩の 下(した)泣きに泣く
 
(天飛ぶ雁から転じて輕、輕にかかる枕詞。「いた」は甚だしいこと。人目にささぬように秘かに泣いておくれ。これは上の歌で人に知られようとかまわないというものとは合致しない。露見する前なら話はあう。これも笹葉の句とおなじく、歌謡からとられたとみるべき。)

とうたひたまひきまた歌ひたまひしく、

 天飛
(あまだ)む 輕嬢子(かるをとめ) したたにも 寄り寝てとほれ 輕嬢子ども
 (「したたにも」は通例「しっかりと」「したたかに」とされるが、ひそかに、こっそりとの義。「とほる」は行き過ぎる、そうしないと通さないぞといふ軽口ともされるが、思ひかなふことでもある。これも露見する前のこと、「ども」は複数であり、輕大郎女のみを想定したものではない。これも歌謡からとられたとみるべき。次に、故に太子が伊代に流されたとなれば、太子が未だ輕大郎女への思ひが絶てないことを証する歌として用ひられ、故に、京(みやこ)から流されたという展開となろうか。伊予の湯は道後温泉。)

とうたひたまひき。故、その輕の太子は伊余
(いよ)の湯(ゆ)に流(なが)しき。また流さえむとしたまひし時、歌ひたまひしく、

 天飛
(あまと)ぶ 鳥も使ひそ 鶴(たづ)が音(ね)の 聞えむ時は 我が名問はさね
 (使ひそ、「そ」は問ひただす意、鳥も使ふのですよ。「たづ」は「たづぬ」をかける。「さね」は重んずる意があり、田鶴の声を聞けば、私じゃないかと必ず問いかけておくれ。鳥となってでも必ず会いに帰ってくる。)

とうたひたまひき。この三
(み)歌は天田振(あまだぶり:天飛ではじまる歌なり。また歌ひたまひしく、

 王
(おほきみ)を 島に放(はぶ)らば 船余(ふなあま)り い帰(がへ)り来むぞ 我(わ)が畳(たたみ)ゆめ 言(こと)をこそ 畳と言はめ 我(わ)が妻はゆめ
 (船余りは船に乗り切れないので、あるいは勢いあまり、帰るとあるが何のことか?帰るにかかる枕詞とある。自分を「おほきみ」と称している。王たる私を島に追放するとは、王を追放する船団だから一つや二つの余り船もあろう 必ずや帰り来るから。「ゆめ」は「斎め」忌み清めること、畳は太子の座す敷物、誰にも使わせず、そのままにしておくように。言をこそ Aと言はめ Bの構文、Aと言うが本当に言いたいのはB。畳のことを言ふが、言ひたいのは、我が妻のこと。誰も近づけるな、妻よ忌み潔めていておくれ。「ゆめ」「はめ」「ゆめ」と抑える調子の片下ろし。)

とうたひたまひき。この歌は夷振(ひなぶり)の片下(かたお)ろしなり。その衣通の王(古事記はここで輕大郎女を衣通王とする。)、歌を獻りき。その歌に曰(い)ひしく

 夏草
(なつくさ)の あひねの浜の 蠣貝(かきがひ)に 足踏(あしふ)ますな あかしてとほれ
 (夏草のは「あひね」の「ね:根」にかかる枕詞。あひねは相寝を連想させる。季節は夏、太子が浜にでて京(みやこ)を望見なさる姿が目に浮かんでいる。蠣貝を踏んで足を怪我でもなされては・・・夜があけてから思ひをかなへてください。元来は、夏草の浜で相寝をするが、明るくならないと足をけがするからと、相手をひきとめる歌謡とされる。)

といひき。故、後
(のち)また戀い慕(しの)ひ堪(あ)へずて、追い往きし時、歌ひたまひしく、

 君が往
(ゆ)き け長くなりぬ 山たづの 迎へを行かむ 待つには待たじ 【ここに山たづと云うは、これ今の造木なり】
 (君は太子。け長は日長、日がたってしまった。山たづは、迎へにかかる枕詞。造木は葉が対生するので、迎へにかかる。二人は対になってこその二人、会いたい、迎へにゆきます。もう待つまい。太子を追って伊予に向かはれた。この歌は仁徳天皇の皇后、磐之姫の歌、「君が行き 日(け)長くなりぬ 山たづ 迎へ行かむ 待ちに待た(万2-85)」の変形。)

とうたひたまひき。故、追ひ到りましし時、待ち懷
(おも)ひて歌ひたまひしく、

 隠
(こも)り國(く)の 泊瀬(はつせ)の山の 大峡(おほを)には 幡張(はたは)り立(た)て さ小峡(をを)には 幡張り立(た)て 大峡(おほを)にし なかさだめる 思い妻(づま)あはれ 槻(つく)弓の 臥(こ)やる臥(こ)やりも 梓(あづさ)弓 起(た)てり起(た)てりも 後(のち)も取り見る 思い妻あはれ
 (「隠り國の」は山に囲まれた国、霊魂が死して山に籠もる義もあり、泊瀬にかかる枕詞。泊瀬は、終瀬(はてせ)果て瀬、人が果てる場所「こもりく」の別称。初瀬は奈良県桜井市東部、初瀬川渓谷、長い渓谷で長谷でもある。大峡、小峡の峡は、丘、峰。大きな峰には幡を張り立て、小さな峰には幡を張り立てる。「大峡にし なかさだめる」は不明とされる。大小の峰が並びたつように仲良くするという風にみられている。応神天皇が誕生した時の奇瑞として、天より八流の幡が降下したという。幡は神を招来するもの、山の神を祭っている。「なか」は夜中でもあり、「さだめる」は心を決めるとも解せる。泊瀬の大峰の幡に降りられた神の加護を願ひ、伊予に向かうと心をきめた妻、「あはれ」は感動して発する声、いとしく、恋しい。「こやる」は横になる、「たつ」は立てかける、「後も取りみる」は、以後も世話をする。伏せておこうが立てかけておこうが、槻弓や梓弓を大事にするように、貴方を後々も大切にする、とされる。槻弓はケヤキの木で造られた剛直な弓、梓弓は神事や魔よけに使われた鳴弓。伏せたまま、立てかけたままは、用済みとなった太子のこと、もうこれからはずっと一緒にいよう後のことはなんとかするから、心に思ふ妻のいとしく、恋しいことよ。)

とうたひたまひき。また歌ひたまひしく、

 隠り國
(く)の 泊瀬の河の 上(かみ)つ瀬に 斎杙(いくひ)を打ち 下(しも)つ瀬に 眞杙(まくひ)を打ち 斎杙には 鏡を懸(か)け 眞杙には 眞玉(またま)を懸け 眞玉如(な)す 吾(あ)が思(も)ふ妹(いも) 鏡なす 吾が思う妻 有りと 言はばこそに 家にも行かめ 國をも偲(しの)はめ
 (泊瀬の河、水神を祭る。上の瀬に斎杙を打ち鏡を懸け、下の瀬に眞杙を打ち眞玉を懸ける。その眞玉のごとき私の思ふ妹、鏡のごとき私の妻、泊瀬に居ると言ふからこそ、家にゆきたい、國をも偲ぶといふに。「こそ〜め」は反語、あなたがここに居るのだから、もう泊瀬に帰ることはない、とされる。これは、「隠口(こもりく)の 泊瀬の河の 上(かみ)つ瀬に 斎杙を打ち 下(しも)つ瀬に 真杙を打ち 斎杙には 鏡を懸け 真杙には 真玉を懸け 真玉なす 我(わ)が念(も)ふ妹(いも)も 鏡なす 我が念ふ妹も 有りと謂(い)はばこそ 国にも 家にも行(ゆ)かめ 誰(た)がゆゑか行かむ )」の変形。神事の鏡と玉に妻、妹を比すといふ心は如何なるものか?鏡はその恋心を映す、やましさの曇りなき恋心、いとおしいと思ふ情(こころ)以外を映すものはない。玉は霊、先祖から子孫へとつながる霊、その流れを護持し、豊かな愛をはぐくむ。そのような玉そのものと化した妻。不遜と言えば不遜、家もなければ國もない、兄も妹もない。あるのはいつくしみあう互いの情(こころ)のみ。その二人が生きてゆくことができる処はなかったようだ。木梨の輕の太子と輕大郎女はそのような二人であった、と古事記は伝へんとした。この時代にそのような歌謡があったことがそれを可能にしたのであろうか。愛媛県松山市姫原に、軽之神社とふたりを祀った「比翼塚」がある(記紀の旅)。

とうたひたまひき。かく歌ひてすなはち共に自
(みづから)ら死にたまひき。故、此の二(ふた)歌は讀(よみ)歌なり。(岩波文庫)

廿三年春三月
(やよひ)甲午(きのえうま)(ついたち)庚子(かのえねのひ) 立木梨輕皇子(きなしのかるのみこ)爲太子(ひつぎのみこ) 容姿(かほ)佳麗(きらぎらす) 見者(ひと)自感(めでる) 同母妹(いろも)輕大娘皇女(かるのおほいらつめのひめみこ) 亦艶妙(かほよし)也 太子恆(つねに)(おもほす)(みあはしす)大娘皇女(おほいらつめのひめみこ) 畏(おそる)有罪(つみ)而黙(もだある)之 然感(めでる)(みこころ)(さかりにす) 殆(ほとほど)將至死(みうす) 爰以爲(おもほす) 徒(いたづら)(むなしくす)(しぬ)者 雖有刑(つみ) 何得忍(しのぶ)乎 (ひそかに)(たはく) 乃(すなはち)(いきどほり)(おもひ)少息(やむ) 仍歌(みうたよみす)之曰(のたまふ) 阿資臂紀能(あしきの 椰摩娜烏菟勾利(やまだをつくり) 椰摩娜箇彌(やまだか 斯口多媚烏和之勢(したびをわしせ) 志口多那企貳(したなに) 和餓儺勾菟摩(わがなくつま) 箇口多儺企貳(かたなに) 和餓儺勾兎摩(わがなくつま) 去金尊去曾こそ 椰主區水半娜布例(やすくはだふれ)

廿三年の春三月の甲午の朔庚子(AD434.03.07)に、木梨輕皇子を立てて太子とす。容姿佳麗し、見る者、自づから感でぬ。同母妹、輕大娘皇女、亦艶妙し。太子、恆に大娘皇女と合せむと念す。罪有らむをことを畏りて黙あり。然るに感でたまふ情、既に盛にして、殆に死するに至りまさむとす。爰に以爲さく、徒に空しく死なむよりは、刑有りと雖も、何ぞ忍ぶること得むとおもほす。遂に竊に通けぬ。乃ち悒懷少しく息みぬ。仍りて歌して曰はく
 
阿資臂紀能 椰摩娜烏菟勾利 椰摩娜箇彌 斯口多媚烏和之勢 志口多那企貳 和餓儺勾菟摩 箇口多儺企貳 和餓儺勾兎摩 去金尊去曾 椰主區水半娜布例
 
あしひきの 山田(やまだ)を作(つく)り 山高(やまだか)み 下桶(したび)を走(わし)せ 下泣(したな)きに 我(わが)が泣(な)く妻(つま) 片泣(かたな)きに 我(わが)が泣(な)く妻(つま) 今夜(こぞ)こそ  安(やす)く膚(はだ)(ふ)

書紀は史書であり、年月が記される。この一件は三つの時期に分けて記されている。古事記とは異なり、天皇がご存命で、木梨輕皇子を太子にされた時に始まる。太子は容姿が佳麗、佳麗とは女性のような美しを秘めた貴公子。その妹、輕大娘皇女は艶妙、つややかなること妙なる乙女。古事記では輕大娘皇女が兄に思ひを寄せるのであるが、書紀では、木梨輕皇子が妹と合すことをひたすら念ふ。罪を恐れるも、それを抑へることはかなわぬほど心が募る。狂ひ死なむばかりにもだへ、このまま狂ひ自らを失ふくらいなら、刑を受けようが思ひをとげたほうがいかほどいいか・・・ついに秘かに妹と通じてしまった。ふつふつとして出口のない物狂いの気持ちから我に返り、その気持ちを歌にして妹に明かされたものであろう。
この歌はすでにみたように、当時の歌謡からとられたもので、字義どおりに解釈すると状況とは合はなくなる。情を借りている。下泣くのも、片泣きするのも、文面とは異なり木梨輕皇子である。「こぞ」も昨夜でなく、今夜としており、今夜こそ安く肌に触れたいとなるのが書紀の展開である。木梨輕皇子が太子でなくば、違った展開もあり得た。太子は皇位をつぐ立場にある、その太子が人の道に背く行いを繰り返す。淮南子、天文訓に曰く、
「人主の情は、上(かみ)天に通づ。故に誅すこと暴なれば則ち飄風(へうふう、暴風)多し。法令を枉(ま)ぐれば則ち蟲螟(ちゅうめい、虫害)多し。不辜(ふこ、無実)を殺さば則ち國赤地(枯れ野)となり、令して收(おさ)めざれば(収穫、狩猟の時を守らずば)則ち淫雨(いんう。長雨)多し。四時(四季)は、天の吏なり。日月は、天の使なり。星辰(の運行)は、天の期(一年を定める)なり。虹霓(こうげい)、彗星(すゐせい)は、天の忌(凶兆)なり。」 太子(ひつぎのみこ)の行為は天の運行にも異変をもたらし、天は警告を発する。書紀は政治といふ観点からこの一件を記述する。

廿四年夏六月(みなづき) 御膳(おもの)羹汁(しる) 凝以作氷(こほる) 天皇(すめらみこと)(あやしぶ)之卜(うらなふ)其所由(よし) 卜者(ひと)曰 有内亂(みだれ) 蓋(けだし)親々(はらからども)女女千(たはける)乎 時有人曰 木梨輕太子(きなしのかるのひつぎのみこ) 女女千同母妹(いろも)輕大娘皇女(かるのおほいらつめのひめみこ) 因以 推(かむがふ)問焉 辭(こと)(まこと)也 太子(ひつぎのみこ)是爲儲君(まうけのきみ) 不得加刑(つみ) 則移大娘皇女(おほいらつめのひめみこ)於伊豫 于時太子歌(みうたよみす)之曰(のたまふ) 於臼衣企彌烏(おほきみを) 志摩珥波夫利(しまにはぶり) 布儺阿摩利(ふなあまり) 異餓幣利去牟鋤(いが 和餓口多々瀰由梅(わがたた 去等烏許曾ことこそ 口多多瀰等異絆梅(たたいは 和餓菟摩烏由梅(わがつまをゆ 又歌之曰 阿摩人嚢(あまだむ) 箇留心宛等賣(かるを 異口多儺介縻(いたなかば) 臂等資利奴陪瀰しりぬに) 幡舎能夜摩能(はさやま 波刀能(は 資口多儺企邇奈勾(したなになく)

廿四年の夏六月(AD435.06)に、御膳の羹汁、凝以作氷れり。天皇、異びたまひて、其の所由を卜はしむ。卜へる者の曰す、「内の亂有り、蓋し親々相女女千けたるか。」時に人有りて曰す、「木梨輕太子、同母妹輕大娘皇女女女千けたまへり。」 因りて、推へ問ふ。辭既に實なり。太子は是儲君たり。加刑すること得ず。則ち大娘皇女を伊豫に移す。時に、太子、歌して曰はく、
 
臼衣企彌烏 志摩珥波夫利 布儺阿摩利 異餓幣利去牟鋤 和餓口多々瀰由梅 去等烏許曾 口多多瀰等異絆梅 和餓菟摩烏由梅 
 
大君(おほきみ)を 嶋(しま)に放(はぶ)り 船余(ふなあま)り い還(がへ)り来(こ)むぞ 我(わ)が畳(たたみ)(ゆ)め 言(こと)をこそ 畳(たたみ)と言(い)はめ 我(わ)が妻(つま)を斎(ゆ) (古事記歌謡参照

又歌して曰はく、
 
阿摩人嚢霧 箇留心宛等賣 異口多儺介縻 臂等資利奴陪瀰 幡舎能夜摩能 波刀能 資口多儺企邇奈勾
 
天飛(あまだ)ぶ 輕嬢子(かるをとめ) 甚(いた)(な)かば 人知(ひとし)りぬべみ 幡舎(はさ)の山(やま)の 鳩(はと)の 下泣(したな)きに泣(な)く  (古事記歌謡参照

翌年の夏といふに、羹汁は肉や野菜を煮た熱いスープ、凝(かたま)り以て氷と作(な)す、”しる、こほれり”と訓じている。天皇はこれはおかしい、とその原因を占はせた。ト者は、身内に乱れがある、身内の中で相通じ合っている、と占った。ある人が、それは木梨輕太子と輕大娘皇女とのことだと告げた。”かむがふ”は両者をくらべて真偽をしらべること。問いただすとまことと分かった。太子とは儲君、儲とは主たる者の代わりとして設けること、皇太子であり、刑を加えることがはばかられた。大娘皇女を伊豫に移した、それが政治の現実であると、書紀は古事記を訂正した。しかし、歌謡は歌謡としてそのまま取り込んでおり、太子の歌としているが、太子が伊豫に流されてこそ成立する内容であり、現実と乖離する歌となっている。二番目の歌も、伊豫に流された大娘皇女に向けられたものとするなら、無神経の極みとなる。古事記は愛に生きる二人の姿を歌謡を借りて描きあげることができた。しかし、書紀は、政治を持ち出し、左様な生き方の無残な結末のみを、ちぐはぐを承知のうえで、記した。国政を揺るがす禁断の恋を、至上の愛などと記すことはできなかった。そして、更に、十八年後に結末が訪れると云ふ。

二年春正月(むつき)乙亥(きにえのゐ)(ついたち)戊子(つちのえねのひ) 天皇(すめらみこと)(かむあがる) 時年(みとし)若干(そこばく) 於是 新羅(しらき)(きみ)聞天皇崩 而驚愁(うれへる)之 貢上(たてまつる)調船(みつぎのふね)八十艘(やそふな) 及種々(くさぐさ)樂人(うたまひのひと)八十(やそ) 是泊對馬而大哭(みねたてまつる) 到筑紫亦大哭 泊于難波津(なにはのつ) 則皆素服(あさきぬきる)之 悉(ふつく)(ささぐ)御調(みつき) 且(また)(そなふ)種々(くさぐさ)樂器(うたまひのうつはもの) 自難波至(まうでいたる)于京(みやこ) 或哭(なく)(いさつ) 或人舞(まひうたふ) 參會(まゐつどふ)於殯宮(もがりのみや)也 
冬十一月
(しもつき) 新羅弔使等(とぶらひつかひら) 喪禮(みものこと)門発(やむ)(かへりまかる)之 爰新羅人(しらきひと)(つねに)(めづ)京城(みやこ)(ほとり)耳成山(みみなしやま) 畝傍山(うねびやま) 則到琴引坂(ことひきのさか) 顧之曰(いふ) 宇泥灯b椰(うねめはや) 彌々巴椰(みみはや) 是未習風俗(くにひと)之言語(ことば) 故訛(よこなばる)畝傍山 謂宇泥・(うねめ) 訛耳成山 謂瀰々(みみ)(のみ) 時倭(やまとのうまかひべ) 從新羅人 聞是辭而 疑之以爲(おもふ) 新羅人(たはく)釆女(うねめ)耳 乃之啓(まうす)于大泊瀬皇子(おほはつせのみこ) 皇子則悉(ふつく)禁固(からめとらふ)新羅使者 而推(かむがふ)問 時新羅使者啓之曰 無犯(をかす)釆女 唯愛(めづ)(みやこ)傍之兩(ふたつ)山而言耳(まうししくのみ) 則知(しろす)虚言(いつはりごと) 皆原(ゆるす)之 於是 新羅人大恨 更減(おとす)貢上(みつき)之物色(もののいろ)及船數
冬十月
(かむなづき)庚午(かのえうま)朔己卯(つちのとうのひ) 葬(はぶる)天皇於河内(かふち)長野原陵(ながののはらのみささぎ)

四十二年の春正月の乙亥の朔戊子
(AD453.01.14)に、天皇、崩りましぬ。時に年若干。是に、新羅の王、天皇既に崩りましぬと聞きて、驚き愁へて、調の船八十艘、及び種々の樂人八十を貢上る。是、對馬に泊りて、大きに哭る。筑紫に到りて、亦大きに哭る。難波津に泊りて、則ち皆、素服きる。悉に御調を捧げて、且種々の樂器を張へて、難波より京に至るまでに、或いは哭き泣ち、或いは人舞ひ歌ふ。遂に殯宮に參會ふ。
冬十一月に、新羅の弔使等、喪禮既に
門発みて還る。爰に新羅人、恆に京城の傍の耳成山、畝傍山を愛づ。則ち琴引坂に到りて、顧みて曰く、「宇泥灯b椰(うねめはや) 彌々巴椰(みみはや)」 是れ風俗の言語を習はず、故、畝傍山を訛りて、宇泥刀iうねめ)と謂ひ、耳成山を訛りて、瀰々(みみ)と謂へらくのみ。時に倭飼部、新羅人に從ひて、是の辭を聞きて、疑ひて以爲はく、新羅人釆女に通けたりとおもふ。乃ち返りて大泊瀬皇子に啓す。皇子、則ち悉に新羅の使者を禁固へたまひて、推へ問ふ。時に新羅の使者、啓して曰す、「釆女を犯すこと無し、唯京の傍の兩つの山を愛でて言ししくのみ。」則ち虚言を知しめして、皆原したまふ。是に、新羅人、大きに恨みて、更に貢上の物色及び船數を減す。
冬十月の庚午の朔己卯に、天皇を河内長野原陵に葬りまつる。

古事記は、
天皇の御年、七十八歳(ななそぢまりやとせ)【甲午の年の正月十五日に崩りましき】。御陵は河内の惠賀(えが)の長枝(ながえ)に在り。」と珍しく干支を記している。甲牛は454年であり、書紀は癸巳(453年)と訂正したことになる。古事記は年齢を78歳としているが、書紀は若干(そこばく)、この場合は多少ではなく沢山の義となるが、ぼかした。書紀的には、記すにはばかられる年代設定となるからである。大兄去來穗別天皇、住吉仲皇子、瑞齒別天皇、雄朝津間稚子宿禰天皇の誕生は、大鷦鷯天皇(仁コ天皇)二年(314年)条に記されている。磐之媛命の間御子達であるが、これは454年からみれば、140年前のことである。磐之媛命が薨ぜられたのが347年であった。去來穗別天皇が崩御(405年)されてから49年、瑞齒別天皇が崩御(410年)されてから44年後であり、超絶老人としかいいようがない。弟姫(衣通郎姫)を所望された時が418年、如何に若くしても(418-347)71歳を下ることはない。全く破綻している。それでも、すべてが若々しく展開するのが書紀の世界であった。古事記と書紀の両方の年代設定が似通っていることもあるが、半島や大陸との年代とも符合してくるのが、この頃からである。宋書によれば、元嘉二十八(451)年に、宋は倭王、濟を安東將軍、倭國王に叙し、使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事を加へ、併せて、二十三人を軍(軍司令官)、郡(郡の長官)に叙している。
天皇が崩御されたとして、新羅から弔問使節が派遣された。これまでの経緯からすれば、百濟からの使節が派遣されてしかるべきである。三年に新羅の醫
(くすし)に病を癒された一件もあるごとく、新羅の存在感が増していた。実は、対宋外交において、日本(やまと)の政権は、「使持節、都督倭、百濟、新羅、任那、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王」を求め、百濟はこれに反発をしていた。新羅は高句麗からの圧力があり、これまで敵対していた百濟とも関係改善を行っており、日本(やまと)とも関係改善を狙っていたのであろう。八十艘の調船、八十人の楽人を送りこんで来た。中国では、天子の禮で、宗廟の祭に、一列八人を八列、六十四人の舞人を奉納し、これを八人八月(いつ)といった。これを構成するにふさわしい楽人と舞人の規模であり、これに八十艘の貢物の船が伴うとあり、人々の注目を集めた。津(港)毎に、素服で喪樂を奏し舞い歌う、哭泣の禮を行った。喪禮とはいへ、大方の日本人にとっては、寒い季節での見たこともない壮麗なパフォーマンスであり、一気に新羅が印象付けられたに相違あるまい。ただ、新羅にそのような中国の喪禮が伝はるのは、中央集權的な貴族國家としての統治體制が整備され、中国王朝との関係を深める眞興王(在位540〜576年)以降、おそらくは唐代のことであり、かなり後の現実が混入していよう。
門発は仕事が終わって門を閉じることから、”やむ”と訓じている。正月から十一月までの喪禮となればいかにも長く感じるが、中国の三年の喪禮からすれば短い。使節の帰途、河内へと入る琴引坂に到り、京(みやこ)を去りがたく振りかえり、「うねめはや みみはや」と嘆息する声が聞こえた。”はや”は詠嘆の意を表すことば、「ああ〜よ」。ある倭飼部の者は「采女、身身(身が二つになる、子が生まれる)」と聞こえ、采女を孕ませたのではないかと疑ひ、返って大泊瀬皇子に報告した。一行は禁固、閉じ込められ、吟味を受けることとなった。使者は采女を犯すに非ず、畝傍(うねび)山と耳成(みみなり)山を愛でたに、言葉が足らざるのみ、と釈明した。いつの世にも知恵の立つ者はいる。原は罪あるものの実情に鑑みゆるすことであり、大使節の長期滞在でもあり、一行に惹かれた采女もあって不思議でなく、そういう噂が立っていたのかもしれない。ことなきを得たように見えたが、弔問の禮を尽くしたことに対する結末としては、禍根を残し、新羅は貢を減らすことになったといふ。
河内長野原陵は市野山古墳
探訪地探索とされ、藤井寺市国府地図に比定される。

穴穂天皇 安康天皇

穴穗天皇 雄朝津間稚子宿禰天皇
(をあさづまわくごのすくねのすめらみこと)第二子(ふたはしらにあたりたまふみこ)也 【一(ある)云 第三子(みはしらにあたりたまふみこ)也】 母(いろは)(まうす)忍坂大中(おしさかのおほなかつひめのみこと) 稚渟毛二岐皇子(わかぬけふたまたのみこ)之女(むすめ)也 ○卅十二年春正月(むつき) 天皇崩(かむあがる) ○冬十月(かむなづき) 葬禮畢(みはぶりのことをはる)之 是時 太子(ひつぎのみこ)(する)暴虐(あらくさかしまなるわざ) 淫(たはく)于婦女(をみな) 國人(ひと)(そしる)之 群臣(まへつきみたち)不從(つかへず) 悉(ふつくに)(つく)穴穗皇子(あなほのみこ) 爰太子欲襲穴穗皇子 而密(しにびに)(まうける)(いくさ) 穴穗皇子 復興兵將戰 故穴穗括箭(あなほや) 輕括箭(かるや) 始于此時也 時太子知(しる)群臣不從(つかへず) 百姓(おほみたから)(そむく)(たがふ) 乃出之 匿物部大前宿禰(もののべおほまへのすくね)之家 穴穗皇子 聞(きこす)則圍(かくむ)之 大前宿禰 出門(かど)之 穴穗皇子歌(みうたよみす)之曰(のたまふ) 於朋摩弊(おほまへ) 烏摩弊輸區泥餓(をまへすくねが) 訶那杜加礙(かなとかげ) 訶區多智豫羅泥(かくたちよらね) 阿梅多知夜梅牟(あめたちやめむ) 大前宿禰(おほまえのすくね)答歌(かへしうたす)之曰 瀰椰比等能(みやひとの) 阿由臂能古輸孺(あゆひのこすず) 於智珥岐等(おちにきと) 瀰椰比等々豫牟(みやひととよむ) 佐杜弭等茂由梅(さとびともゆめ) 乃啓(まうす)皇子曰(まうす) 願勿害(ころす)太子 臣(やつかれ)將議(はかる) 由是 太子自死于大前宿禰之家 【一云 流伊豫國】
十二月
(しはす)己巳(つちのとのみ)(ついたち)壬午(みづのえうまのひ) 穴穗皇子 天皇位(あまつひつぎしろしめす) 尊(たふとぶ)皇后(きさき)曰皇太后(おほきさき) 則都于石上(いそのかみ) 是謂(まうす)穴穗宮(あなほのみや) 當是時 大泊瀬皇子(おほはつせのみこ) 欲聘(あとふ)瑞齒別天皇(みつはわけのすめらみこと)之女(みむすめ)等 【女(ひめみこ)(みな)不見諸(もろもろの)(ふみ)】 於是 皇女等(ひめみこたち)皆對曰 君王(きみ)(つねに)(あらし)(こはし)也 攸K(たちまちに)忿(いかりおこる) 則朝(あした)(まみゆ)者夕(ゆふべ)被殺 夕見者朝被殺 今妾等(やつこら)顏色不秀(かほすぐれず) 加以(また) 情性(ひととなり)(つたなし)之 若(もし)威儀言語(ふるまひことば) 如毫毛(けにすゑ)不似(かなはず)王意(きみのみこころ) 豈爲親(つくしぶ)乎 是以 不能奉命 遁以不聽(うける)

穴穗天皇は、雄朝津間稚子宿禰天皇の第二子なり。【一に云はく、第三子なり。】 母をば忍坂大中姫命と曰す。稚渟毛二岐皇子の女なり。○
卅十二年の春正月に、天皇崩りましぬ。○冬十月に、葬禮畢りぬ。是の時、太子、暴虐行て、婦女を淫けたまふ。國人謗りまつる。群臣從へまつらず。悉に穴穗皇子に隷きぬ。爰に太子、穴穗皇子を襲はむととして、密に兵を設けたまふ。穴穗皇子、復兵を興して戰はむとする。故、穴穗括箭、輕括箭、始めて此の時に起れり。時に太子、群臣從へまつらず、百姓乖き違へることを知りて、乃ち出でて、物部大前宿禰の家に匿れたまふ。穴穗皇子、聞しめして則ち圍む。大前宿禰、門に出でて迎へたてまつる。穴穗皇子歌して曰はく、
 
於朋摩弊 烏摩弊輸區泥餓 訶那杜加礙 訶區多智豫羅泥 阿梅多知夜梅牟
 大前(おほまへ) 小前(をまへ)宿禰(すくね)が 金門蔭(かなとかげ) かく立(た)ち寄(よ)らね 雨(あめ)(た)ち止(や)めむ  (古事記歌謡参照

大前宿禰答歌して曰す。
 
瀰椰比等能 阿由臂能古輸孺 於智珥岐等 瀰椰比等々豫牟 佐杜弭等茂由梅
 宮人(みやひと)の 足結(あしひ)の小鈴(こすず) 落(お)ちにきと 宮人(みやひと)とよむ 里人(さとびと)もゆめ  (古事記歌謡参照

乃ち皇子に啓して曰す、「願はくば太子をな害したまひしそ。臣、議らむ。」 是に由りて、太子、自ら大前宿禰の家に死す。 【一に云はく、伊豫國に流しまつる。】
十二月の己巳の朔壬午
(AD453.12.14)に、穴穗皇子、即天皇位す。皇后を尊びて皇太后と曰す。則ち都を石上に遷す。是れ穴穗宮と謂す。是の時に當りて、大泊瀬皇子、瑞齒別天皇の女等を聘へたまはむとす。【女の名、諸の記に見えず。】 是に、皇女等、皆對へて曰す、「君王、恆に暴く強くましましき。攸K忽に忿起りたまふときには、朝に見ゆる者は夕には殺されぬ。夕に見る者は朝には殺されぬ。今妾等、顏色秀れず。加以、情性拙し。若し威儀言語、毫毛ばかりも王の意に似はずは、豈に親びたまはむや。是を以て、命を奉ることを能はず。」 遂に遁れて聽けたまはず。

書紀では、雄朝津間稚子宿禰天皇と忍坂大中姫命の間の御子は、二年条に、
「木梨輕皇子、名形大娘皇女、境K彦皇子、穴穂天皇、輕大娘皇女、八釣白彦皇子、大泊瀬稚武天皇、但馬橘大娘皇女、酒見皇女」。古事記においても、「木梨輕王。次に長田大郎女。次に境K日子王。次に穴穗命。次に輕大郎女、亦の名は衣通郎女。次に八瓜白日子王。次に大長谷命。次に橘大郎女。次に酒見郎女【九柱】。」とあるに何故第二子とするのか?更に奇怪なことは、卅十二年冬十月、葬禮の後に、「太子が、暴虐行て、婦女を淫けたまふ。」といふ。この太子は木梨輕皇子といふなら、二十三年、二十四年の一件に懲りず、十八年後に今度は、名も記されぬ婦女を暴行、淫行し、國人の非難を受け、群臣は従わず、百姓は背き、衆望の集まる穴穗皇子を亡きものにしようと秘かに兵を配したが、逆に孤立化し、物部大前宿禰の家に隠れ、挙句逃げ込んだ先で自ら命を落した、たわけた無頼の徒になり下がっている。古事記を読んでおれば、書紀が大幅に古事記を改竄し、古事記のイメージをぶちこわしにしていることが分かる。古事記を読まず書紀のみを読む人は、この太子が木梨輕皇とは別人かもしれないと思いたくなるであろう。太子になり得るのは二人目の境K彦皇子だが、その名は記されておらず、これも唐突すぎる。十二月の中旬という押し迫った時期に、都を物部大前宿禰の本拠地である石上に移したというのも妙なものである。太子が物部大前宿禰の処に逃げ込むのも、そこで命を奪うことも、そして、石上に遷都することも、一つのセットになっていたのではないかといふ疑ひを抱かせるくだりである。
書紀としては、雄朝津間稚子宿禰天皇の崩御されたとき、木梨輕皇子は依然として皇位継承者であり、それが、穴穗皇子に移った経緯を明らかせねばならなかった。これは、古事記には必要のないプロセスである。それで、18年後のその時に、まことにタイムリーに木梨輕皇子が婦女を暴行、淫行する事件をを起こしており、逃げ込んだ先で、これまた、殺されたのではなく、自ら命を絶っていたといふ。もし、殺しておれば、皇位継承者を弑した犯人を捕へ処罰せねばならない。穴穗皇子にとって、これほど都合よく自滅してくれるといふは、作り話としては稚拙、事実ならまこと見事にハニートラップに嵌められたことになろう。これでは、突飛な話であるばかりか、穴穗皇子に嫌疑がかかり、古事記のまま、近親相姦の件で木梨輕皇子が皇位継承者でなくなったとする方が、自然と思へる。
また、瑞齒別天皇
(反正天皇)の女(むすめ)は香火姫皇女、圓皇女、財皇女と高部皇子と元年条書紀巻12に記されているに、「女の名、諸の記に見えず。」といふのも意味が不明である。聘(あと)ふは妻に迎へる、誘ふこと。大泊瀬皇子は後の大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)である。瑞齒別天皇は河内の丹比、柴籬宮を拓いておられ、皇女はそこで育てられたと思はれ、石上のことはあまりご存知ではなかったことであろう。木梨輕皇子の亡くなられた地であり、陰鬱なものがあったやもしれない。大泊瀬皇子におかれては、暴(あら)く強(こは)く、急に怒りだし、気に食わぬと朝元気であった者が夕べに命を落とし、夕べに元気であったものが朝に殺されていたといふから、ますます陰鬱な場所と映って不思議はない。容色も才気にも恵まれておらずば、振る舞いや言葉に意にそぐはぬところがあれば、見放されてどうなるやもしれぬ、と逃げて申し出をお聞きになろうとなされなかった。
元年(はじめのとし)春二月(きさらぎ)戊辰(つちのえたつ)(ついたちのひ) 天皇爲大泊瀬皇子(おほはつせのみこ) 欲(おもほす)(あとふ)大草香皇子(おほくさかのみこ)(いもと)幡梭皇女(はたひのひめみこ) 則(つかはす)坂本臣(さかもとのおみ)(おや)根使主(ねのおみ) 於大草香皇子曰(のたまふ) 願得幡梭皇女 以欲配(あはす)大泊瀬皇子 爰大草香皇子對(こたふ)(まうす) 僕(やつかれ)(このごろ)患重病(おもきやまひす) 不得愈(いゆ) 譬如物積船以待潮者 然死(みうす)之命(いのちのかぎり)也 何足惜(をしむ)乎 但(ただ)以妹(いもと)幡梭皇女之孤(みなしご) 而不能易(やすからに)死耳 今陛下(きみ)不嫌其醜 將滿(つかふ)艸行(をみなめ)之數 是甚(にへさ)之大恩(おほきなるめぐみ)也 何辭(いなぶ)(おほみこと)(かたじけなき) 故欲呈(あらはす)丹心(まことのこころ) 捧私(わたくし)寶名押木珠縵(おしきのたまかづら) 【一(ある)(いふ) 立縵(たちかづら) 又云 磐木縵(いはきのかづら)】 附所使(つかはす)(まへつきみ)根使主 而敢奉獻(たてまつる) 願物雖輕(かろし)(いやし) 納(をさむ)爲信契(しるし) 於是 根使主見押木珠縵 感(かまく)其麗美(うるはしき) 以爲(おもふ)(いつはる)爲己寶 則詐之奏天皇曰(いふ) 大草香皇子者不奉(うけたまふ)(おほみこと) 乃謂(かたる)(やつかれ)(いふ) 其雖(いふとも)同族(おやじやから) 豈以吾妹 得爲妻耶 而留(とどむ)(かづら) 入己(おのがみ)而不獻(たてまつる) 於是 天皇(すめらみこと)(うける)根使主之讒言(よこしこと) 則大怒之 (いくさ)(かくむ)大草香皇子之家(いへ) 而殺之 是時 難波吉師(なにはのきし)日香蛟(ひかか)父子(かぞこ) 並仕于大草香皇子 共傷(いたむ)其君无罪而死之 則父抱王頸(みくび) 二(ふたり)子各(おのおの)(とらふ)(みこ)(みあし) 而唱(となふ)(いふ) 吾君无(なし)罪以死之 悲乎 我(やつかれ)父子(かぞこ)三人(みたり) 生事之 死不殉(したがふ) 是不臣(やつこ)矣 自刎(くびはねる)之 死(みまかる)於皇尸(みかばね)(かたはら) 軍衆(いくさ)(ふつく)流涕(かなしぶ) 爰取大草香皇子之妻(みめ)中蒂(なかしひめ) 納(めしいれる)于宮中(みやのうち) 因爲妃(みめ) 復喚幡梭皇女 配大泊瀬皇子 ◎是年也太歳甲午(きのえうま)

元年の春二月の戊辰の朔(AD454.02.01)に、天皇、大泊瀬皇子の爲に、大草香皇子の妹、幡梭皇女を聘へむと欲す。則ち坂本臣祖根使主を遣して、大草香皇子に請はしめて曰はく、「願はくば幡梭皇女を得て、大泊瀬皇子に配せむ。」 爰に大草香皇子、對へて言したまはく、「僕頃重病して、愈ゆること得ず。譬へば物を船に積みて潮を待つ者の如し。然れども死せなむは命なり。何ぞ惜むに足らむ。但、妹、幡梭皇女の孤なるを以て、え易に死なざらくのみ。今、陛下、其の醜きことを嫌ひたまはずして、艸行菜の數に滿ひたまはむとす。是、甚に大恩なり。何ぞ命の辱きを辭びまうさむ。故、丹心を呈さむとして、私の寶、名は押木珠縵 【一に云はく、立縵 又云はく 磐木縵】を捧げて、使はされし臣、根使主に附けて、敢へて奉獻る。願はくば、物輕く賎しと雖も、納めたまひて信契としたまへ。」 是に、根使主、押木珠縵を見て、其の麗美に感けて、以爲はく、盜りて己が寶とせむとおもふ。則ち詐りて天皇に奏して曰す、「大草香皇子は命を奉らずして、乃ち臣に謂りて曰へり、『其れ同族と雖も、豈に吾が妹を以て、爲妻とすることを得むや』」 既にして縵を留めて、己に入れて獻らず。是に、天皇、根使主の讒言を信けたまふ。則ち大きに怒りて、兵を起して大草香皇子の家を圍みて、殺しつ。是の時に、難波吉師、日香蛟父子、並に大草香皇子に仕へまつる。共に其の君の罪无くして死にたまひぬることを傷みて、則ち父は王の頸を抱き、二の子は各王の足を執へて、唱へて曰く、「吾が君、罪无くして死にたまふこと、悲しきかな。我父子三人、生きてまししときにに事へまつり、死にますときに殉ひまつらずは、是れ臣だにもあらず。」 即ち自ら刎ねて、皇尸の側に死りぬ。軍衆、悉に流涕ぶ。爰に大草香皇子の妻、中蒂姫を取りて、宮中に納れたまふ。因りて妃としたまふ。復遂に幡梭皇女を喚して、大泊瀬皇子に配せたまふ。◎是年、太歳甲午。

先に、十二月の己巳の朔壬午
(AD453.12.14)に、穴穗皇子、即天皇位す。皇后を尊びて皇太后と曰す、とは父雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)の皇后、忍坂大中姫命(おしさかのおほなかつひめのみこと)のことである。皇后が誰であるか記されていない。穴穗皇子は、即位元年(454)に宮中に納れた、大草香皇子の妻、中蒂姫を、二年(455)に皇后に立ている。穴穗天皇(安康天皇)は、実際は、自らの皇后も、次弟の八釣白彦皇子のことも差し置いて、次次弟の大泊瀬皇子の配偶者を決めようとした。
古事記は、
「御子(みこ)、穴穗の御子、石上(いそのかみ)の穴穗の宮に坐しまして、天の下治らしめしき。天皇、伊呂弟(いろと)大長谷王子(おほはつせのみこ)の爲(ため)に、坂本の臣等の祖、根臣(ねのおみ)を大日下(おほくさか)の王の許(もと)に遣はして詔らしめたまひしく、「汝(いまし)(みこと)の妹(いろも)、若日下(わかくさか)の王を大長谷の王子に婚(あ)はせむと欲(おも)ふ。 故、貢るべし」とのらしめたまひき。ここに大日下の王、四たび拜(をろが)みて白しけらく、「もしかくの大命(おほみこと)有らむと疑ひつ。故、外に出ださずて置けつ。是れ恐(かしこ)し。大命(おほみこと)の隨(まにま)に奉進(たてまつ)らん」とまをしき。然れども言(こと)もちて白す事、それ禮(ゐや)(な)しと思ひて、すなはちその妹の禮物(ゐやじろ)として押木(おしき)の玉縵(たまかづら)を持たしめて貢獻(たてまつ)りき。 根の臣、すなはち其の禮物(ひやじろ)の玉縵を盜み取りて、大日下の王を讒(よこ)して曰ひしく、「大日下の王は勅命(おほみこと)を受けずて曰りたまひつらく、『己が妹や、等(ひと)し族(うがら)の下席(したむしろ)にならむ』とのりたまひて、横刀(たち)の手上(たがみ)を取りて怒りましつ」。故、天皇、大(いた)く怒りまして、大日下の王を殺して、其の王(みこ)の嫡妻(むかひめ)長田の大郎女を取り持ち來て、皇后(おほきさき)としたまひき。(岩波文庫)としている。

書紀も、古事記も大枠では同様の物語である。大草香皇子と雄朝津間稚子宿禰天皇は同世代であり、大草香皇子の妹、幡梭皇女と雄朝津間稚子宿禰天皇の御子、大泊瀬皇子とでは、幡梭皇女は大泊瀬皇子の叔母になり、大鷦鷯天皇(仁徳天皇)二年(314)に登場している女性であり、書紀の年代に従へば、140年前のことである。何故、そのような女性を配偶者とできるのかこれも理解に苦しむ。大草香皇子の母、日向髪長媛は、諸縣君牛諸井の女(むすめ)、譽田天皇(應~天皇)の十三年(282)に大鷦鷯尊が横恋慕して、武内宿禰を通じて天皇から賜はられた方で、雄朝津間稚子宿禰天皇の母、葛城襲津彦の女、磐之媛が皇后となられた(314)よりも32年も前のことである。皇位を継承された磐之媛の御子達より年長であっておかしくなくいが、大草香皇子は傍流であられた。「重病して、愈ゆること得ず。」といふのはもっともなことである。艸行菜とは、詩、風の周南、「關雎(かんしょ)」の、「關々たる雎鳩は 河の洲に在り 窈窕たる淑女は 君子の好逑 參差たる艸行菜は 左右にこれを流る」で水草の蓴菜(じゅんさい)であるが、君子の配偶者をたとえる言葉。幡梭皇女「其の醜きことを嫌ひたまはずして、艸行菜の數に滿(つか)ひ」、相当の年増でありますがどうぞ嫌はれずに、配偶者の一人にしていただければと謙られた。これだけでは不安であり、秘蔵の「押木珠縵」を捧げようとされた。「押木珠縵」は後にみることになるが、縵は蔓草や小枝、花で作った髪飾り、珠縵とあり、それに玉が施されている。新羅の古墳の遺物に多くみられる、金銅を縵のごとく加工し、珠を埋め込んだ冠とみられている。自らを「物を船に積みて潮を待つ者」とたとえておられる大草香皇子は、母方の海人の牛諸井の流れを汲み、押木珠縵を秘蔵しておられるといふは、新羅との関はりを持ち、秘かに輸入しておられた可能性がある。難波吉師が家来でもあり、姓氏録、右京諸蕃下に、「難波連、高麗国好太王より出ず」と注されており、高麗との関係もお持ちであった。この婚儀話の使者であった根使主がその押木珠縵の美しさをみて、我がものにしようとして、大草香皇子を陥れたたといふから、並々ならぬ見事なものであった。「物輕く賎しと雖も、納めたまひて信契(しるし)としたまへ。」は、たいへんな謙りようである。根使主は、秘かに押木珠縵を自分のものとしてしまい、天皇には、大草香皇子は、「(母は異なる)同族であるといっても、どうして妹を、妻とできようか」と申されたと報告をした。これだけでは意味がとれないが、片やからみれば叔母、片やからみれば甥、叔母が甥の妻といふのも妙な取り合はせであり、それは出来かねるといふのは平成の世に生きる我々にはもっともな言い分でである。それを承知ですすめた話を断られた、天皇が激怒され、兵を起こして大草香皇子を殺してしまはれたとは、これまた驚かされる。古事記は、同族内での妹の格が下がると立腹しておられたと記しており、前天皇の娘が甥の妻となるのは降格となったようである。しかし、それも実態にはそぐはない。中蒂姫(なかしひめ)は去來穗別天皇(履中天皇)と次妃、幡梭皇女(はたびのひめみこ)の間の中磯皇女(なかしのひめみこ)である。この幡梭皇女は古事記の幡日之若郎女(はたひのわかのいらつめ)にあたり、譽田天皇(應~天皇)と日向泉長媛の間の子であった。去來穗別天皇も父の異母兄弟、叔母を妃に迎へておられた。大草香皇子は百数十歳を生きた去來穗別天皇とは同世代、ないしは年上で去來穗別天皇の女(むすめ)、中蒂姫を妻としておられたのであり、自分の娘の世代にあたり、大草香皇子の歳からすれば、それもとびっきり若い妻であったことになる。穴穗皇子はからすれば、弟には叔母をあてがい、自分は従姉を妃にしたことになる。大草香皇子が老齢の妹、幡梭皇女の行く末を案じていることは周知のことであり、確かめもせずに事を起こした穴穗皇子の行動は、皇位継承に係る一連の経過からしても、疑惑を招いていた。難波吉師、日香蛟父子がこれを無実と訴へて、殉死したと記している。軍衆がことごとく涙したといふは、軍衆にはどうもおかしなことが起こったと分かっていたことになろう。
古事記は
大日下王大草香皇子の嫡妻(むかひめ)を長田大郎女名形大娘皇女としている。長田大郎女は木梨輕王の妹、輕大郎女の姉になり、これでは穴穗天皇は実の姉を后(きさき)にしたことになり、木梨輕王と輕大郎女と同じ近親相姦となる。書紀とは全く展開が異なる。これが許されようはずはなく、その身に災いがふりかかると暗示されたも同様である。

「これより以後
(のち)、天皇、~牀(かむどこ)に坐して晝寢したまひき。ここにその后(きさき)に語りて曰(の)りたまひけらく、「汝(いまし)思はす所ありや」とのりたまへば、答へて曰(まを)したまひけらく、「天皇の敦(あつ)き澤(めぐみ)を被(かがふ)りて、何か思ふ所有らむ」とまをしたまひき。ここにその大后の先(さき)の子、目弱(まよわ)の王、これ年七歳(ななとせ)なりき。この王(みこ)、その時に當たりてその殿(との)の下に遊べり。 ここに、天皇、其の少(わか)き王の殿の下に遊べるを知らしめさずて、詔りたまひしく、「吾(あ)は恆に思ふ所有り。何ぞといへば、汝(いまし)の子、目弱の王、人と成りし時、吾がその父王(ちちみこ)を殺せしを知りなば、還りて邪(きたな)き心あらむとするか」とのりたまひき。ここにその殿の下に遊べる目弱の王、この言(こと)を聞き取りて、すなはち竊(ひそ)かに天皇の御寢(みね)しませるを伺ひて、その傍(かたへ)の大刀(たち)を取りて、すなはちその天皇の頚を打ち斬りて、都夫良意富美(つぶらおほみ)の家に逃げ入りき。天皇の御年、五十六歳(いそぢまりむとせ)。御陵は菅原(すがはら)の伏見(ふしみ)の岡にあり。(岩波文庫)

古事記は、大草香皇子と中蒂姫の間の御子、目弱王(眉輪王)が七歳のときに、事の成り行きを知り、穴穗天皇を殺(し)したとする。これは後に詳しくみることになる。

二年春正月
(むつき)癸巳(みづのとのみ)朔己酉(つちのとのとりのひ) 立中蒂姫命爲皇后 甚(にへさ)(めぐむ)也 初中蒂命 生(あれる)眉輪王(まよわのおほきみ)於大草香皇子 乃依母(いろは)以得免(まぬかる)罪 常養(ひだす)宮中

二年の春正月の癸巳の朔己酉(AD455.01.17)に、中蒂姫命を立てて皇后とす。甚に寵みたまふ。初の中蒂姫命、眉輪王を大草香皇子に生れませり。乃ち母に依りて罪を免るること得たり。常に宮中に養したまふ。

三年秋八月
(はつき)甲申(きのえさる)朔壬辰(みづのえたつのひ) 天皇爲眉輪王見殺(しす) 【辭(こと)(つぶさ)在大泊瀬天皇紀(みまき)】 三年(みとせ)後 乃(いまし)(はぶる)菅原伏見陵(すがはらのふしみにみささぎ)

三年の秋八月の甲申の朔壬辰(AD456.08.09)に、天皇、眉輪王の爲に殺せまつられたまひぬ。 【辭、具に大泊瀬天皇の紀に在り。】 三年の後 乃菅原伏見陵に葬りまつる。

一連の出来事は尋常なものではなく、七歳の目の弱い御子が、どうして単独で天皇の
頚を打ち斬りて、都夫良意富美(つぶらおほみ)の家に逃げ入るという冷静な行動をとれたのか、異常な結末に終はっている。古事記からすれば、母が御子に復讐を吹き込んだとは思はれず、誰がこれを導いたのか、内向きな陰鬱な皇位継承に政治が翻弄されていたとせねばなるまい。この時期は宋は北魏の圧力を受け、半島では高句麗の南下政策が脅威となっており、外交交渉や軍事増強が本来は課題であったはずである。これでは、一貫した政策の追及はおぼつかない。

2010.04.12


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 13-1 上田 啓之
.