e漢字使用


去來穗別天皇 履中天皇
瑞齒別天皇  反正天皇

去來穗別天皇 履中天皇
元年春二月壬午朔(AD400.02.01)  》
二年春正月丙午朔己酉(AD401.01.04)   》》
三年冬十一月丙寅朔辛未(AD402.11.06)   》》
四年秋八月辛卯朔戊戌(AD403.08.08)  
 》》
.


五年春三月戊午の朔(AD404.03.01)   》》
六年春正月癸未朔戊子(AD405.01.06)  
 》》

瑞齒別天皇 反正天皇 
  》》
元年春正月丁丑朔戊寅(AD406.01.02)
 》》
五年春正月甲申朔丙午(AD410.01.23)
 》》

広開土王碑(後半)
 》》 
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

  去來穗別天皇(いざほわけのすめらみこと) 履中天皇(りちうてんわう)
  瑞齒別天皇
(みつはわけのすめらみこと)  反正天皇(はんぜいてんわう)

 去來穗別天皇 履中天皇

去來穗別天皇 大鷦鷯天皇(おほさざきのすめらみこと)太子(みこ)也 【去來 此云伊弉(いざ)】 母(いろは)(まう)磐之媛命(いはのひめのみこと) 葛城襲津(かづらきのそつびこ)(むすめ)也 大鷦鷯天皇卅一年春正月(むつき) 立爲皇太子(ひつぎのみこ) 【時年(みとし)十五(とをあまりいつつ)】 
八十七年春正月 大鷦鷯天皇崩
(かむあがる) 太子(ひつぎのみこ)(より)諒闇(みものおもひ)出之 未(つく)(たかみくら)之間 以羽田矢代宿禰(はたのやしろのすくね)之女(むすめ)K媛(くろひめ)(おもほす)爲妃 納(あとふること)(をはる) (つかはす)住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)而告吉日(よきひ) 時仲皇子(なかつみこ) 冒(たがへる)太子名(みな) 以女女干(をかす)K媛 是夜 仲皇子忘手鈴於K媛之家(いへ)而歸(かへる)焉 明日(くるつひ)之夜 太子(ひつぎのみこ)不知(しろす)仲皇子自女女干而到之 乃入室(よどの)開帳(とばり) 居於玉床(みゆか) 時床(みゆか)(はし)有鈴音 太子異(あやしぶ)之 問K媛曰(のたまふ) 何鈴也 對曰(まうす) 昨夜(きず)之非太子所齎(もつ)鈴乎 何更問妾(やつこ) 太子自知仲皇子冒名以女女干K媛 則默(もだ)也 爰仲皇子畏有事 將殺(しす)太子

去來穗別天皇は、大鷦鷯天皇の太子なり。【去來、此を伊弉と云ふ】 母を磐之媛命と曰す。葛城襲津彦の女なり。大鷦鷯天皇の卅一年の春正月(AD343.01)に、立ちて皇太子と爲りたまふ。【時に年十五】 
八十七の年春正月
(AD399.01)に、大鷦鷯天皇崩りましぬ。太子、諒闇より出でまして、未だ尊位に即きたまはざる間に 羽田矢代宿禰が女、K媛を以て妃とせむと欲す。納采の既に訖りて、住吉仲皇子を遣して、吉日を告げしめたまふ。時に、仲皇子、太子の名を冒へて、K媛を女女干しつ。是の夜、仲皇子手の鈴をK媛が家に忘れて歸りぬ。明日の夜、太子、仲皇子の自ら女女干せることを知しめさずして到ります。乃ち室に入り帳を開けて、玉床に居します。時に床の頭に鈴の音有り。太子、異びたまひて、K媛に問ひて曰はく、「何ぞの鈴ぞ。」對へて曰さく、「昨夜、太子の齎ちたまへりし鈴に非ずや。何ぞ更に妾に問ひたまふ。」 太子、自づから仲皇子の名を冒へてK媛を女女干ししことを知しめして、則ち默ありて避りたまひぬ。爰に、仲皇子、事有らむことを畏りて、太子を殺せまつらむとす。

三十一年、去來穗別天皇が太子となられた時十五歳といふことは、生まれが十六年となる。それは大鷦鷯天皇が宮人桑田玖賀媛を愛したが皇后磐之媛命が妬んで思い通りにはならなかったとされる年であり、それは年代を計算をしてみれば、結婚して十四年にしてやっと御子が生まれたといふに、夫は愛人を求めるという場面、それを皇后が妬むなどと、しらっと記してあるのが書紀の書きっぷりであった。天皇は苦し紛れに後始末をしてくれる家臣を求め、名乗り出た家臣に玖賀媛を賜るも、玖賀媛はそれを苦にして帰郷の旅に病み、亡くなるといふ始末であった
書紀巻11
大鷦鷯天皇がお亡りになられた時、去來穗別尊は71歳くらいとなるが、大鷦鷯天皇七年の秋八月
(AD319.08)条に、「大兄去來穗別皇子の爲に、壬生部を定む。」とあり、これからすれば80歳を越へておられることになる。後に70歳で亡くなるとも記されており、古事記では64歳とあり、さまざまな伝承が混在しているものと思はれる。
古事記は、
(みこ)、伊弉本和氣(いざほわけ)の命)、伊波禮(いはれ)の若櫻の宮に坐しまして、天の下治しめしき。この天皇、葛城の曾都毘古(そつびこ)の子、葦田(あしだ)の宿禰の女、名はK比賣の命を娶して生みませる御子、市邊(いちのべ)の忍齒(おしは)の王、次に御馬(みま)の王、次に妹青海(あをみ)の郎女、亦の名は飯豐(いひとよ)の郎女【三柱】。と記しているのみである。書紀も基本的にはそうなのであるが、同じK媛という名であるが、母の磐之媛命の弟、葦田宿禰の女(むすめ)のK媛でなく、武内宿禰の長子、羽田矢代宿禰(葛城襲津彦の兄)の女(むすめ)のK媛との間にトラブルがあったと書紀は訂正している。このややっこしい事件は、古事記にはない。
諒闇
(りょうあん)とは、天子が父母の喪に服す室、あるいはその期間をいふ、”みものおもひ:み喪の想ひ”と訓じている。即位まで身を潔めておくべきところを、父の血を受け継いだか、K媛を妃にしたいとじっとしておれなかった。このK媛は母の磐之媛と同世代にあたり、超絶老人同士の年代となるが、そんなそぶりすら感じさせないのが書紀の筆法であった。納采は結納、礼物を納めて婚をととのえること、”あとふ:聘ふ、結婚を申し込む)と訓じている。住吉仲皇子は去來穗別尊の弟、婚儀の日取りを告げるといふに、夜に出掛けるといふのは如何なものか。兄に対して含むところがあったとみへ、自らを太子、去來穗別尊と名乗った。冒は冒涜の冒、頭に甲衣をつけて進軍する、前が見えないで進む、無頓着に行動すること、名を隠したことから、”たがへる”と訓じている。女女干は姦であるが祭器を盗むことが原義、”をかす”と訓じている。汚して自分のものにしてしまわれた。翌日の夜に去來穗別尊が夜這いされると、帳はカーテン、玉床は玉で装飾された寝台であろう、大陸風のファッションであろう、その寝台の頭の方で鈴の音がした。鈴は金と令からなり、令は跪いて~意を聴く意、~を迎え~を送る音、あるいは邪霊を祓うものであり、およそ場違いなことであり、太子が何の為にこんなところに鈴があるのかと問はれた。太子がお齎(も)ちになられたのでしょうといふ言葉に、去來穗別尊は事態を覚られ、黙りこくりお帰りになられた。それを仲皇子は知り、太子を殺そうとしたといふのが書紀の伝へるところである。古事記は、(もと)、難波の宮に坐しましき時に、大嘗(おほにへ)に坐して豐明(とよのあかり)をしたまひし時、大御酒にうらげて大御寢(おほみね)したまひき。ここにその弟、墨江中(すみのえのなかつ)王、天皇を取らんと欲(おも)ひて、火を大殿に著けき(岩波文庫)と、いきなり、天皇を殺そうと思ひ火をつけたとしている。

密興兵(いくさ) 圍(かくむ)太子宮 時平群木莵宿禰(へぐりのつくのすくね) 物部大前宿禰(もののべのおほまへのすくね) 漢直(あやのあたひ)(おや)阿知使主(あちのおみ) 三人(みたり) 啓(まうす)於太子 太子不信(うく) 【一(ある)云 太子醉(ゑふ)以不】 故三人扶(たすく)太子令乘馬(みうま)之 【一云 大前宿禰抱太子而乘馬】 仲皇子不知太子不在 而焚(やく)太子宮 (よもすがら)火不滅(きえる) 太子到河内國(かふちのくに)埴生坂(はにふのさか)而醒(さめる)之 顧望(かへりみおせる)難波 見(みそなはす)火光(ひかり)而大(おほきに)驚 則急(すみやか)馳之 自大坂(おほさか)向倭(やまと) 至于飛鳥山(あすかのやま) 少女(をとめ)於山口(やまぐち) 問之曰(のたまふ) 此山有人乎 對曰(まうす) 執兵(つはもの)者多(さは)滿(いはむ)山中(やまなか) 宜廻自當摩經(たぎまのみち)(こえる)之 太子(ひつぎのみこ) 於是 以爲(おもほす) 聆(きく)少女(をとめ)(こと) 而得(まぬかる)(わざはひ) 則歌(みうたよみす)之曰(のたまふ) 於朋佐箇珥(おほさかに) 阿布夜烏等謎烏(あふやをとめを) 瀰知度沛麼(みちとへば) 口多駄珥破能邏孺(ただにはのらず) 口多摩知烏能流(たぎまちをのる) 則更之 發(おこす)當縣(そのあがた)(いくさ) 令從身(みともにつかへる) 自(より)龍田山(たつたのやま)踰之 時有數十人(とをあまりのひと)執兵(つはもの)來 太子(はるかに)(みそなはす)之曰(のたまふ) 其彼來者誰人也(たぞ) 何(なにぞ)歩行(おひきたる)(とし)之 若(けだし)賊人(あた)乎 因隱山中而待之 (ちかつく)(つかはす)一人(ひとりのひと) 問曰(のたまふ) 曷人(なにびと) 且(また)何處(いづち)(ゆく)矣 對(こたへる)(まうす) 淡路(あはぢ)野嶋(のしま)之海人(あま)也 阿曇濱子(あづみのむらじはまこ) 【一(ある)云 阿曇K友(あづみのむらじくろとも)】 爲仲皇子(なかつみこ) 令太子 於是 出伏兵(かくしいくさ)(かくむ)之 悉(ふつくに)得捕 當是時 倭直(やまとのあたひ)吾子籠(あごこ) 素(もと)(うるはし)仲皇子 預(あらかじめ)知其謀(はかりごと) 密(しのびに)(つどへる)精兵(ときいくさ)數百(ももあまり)於攪食(かきはみ)栗林(くるす) 爲仲皇子將拒(ふせく)太子 時太子不知(しろす)(いくさ)(ふさく) 而出山行數里(あまたさと) 兵衆(いくさ)(さは)塞 不得行 乃使者(つかひ) 問曰(のたまふ) 誰人也(なにびとぞ) 對曰(まうす) 倭直吾子籠也 便還問使者曰(まうす) 誰使焉(たがつかひぞ) 曰 皇太子(ひつぎのみこ)之使(みつかひ) 時吾子籠 憚(はばかる)其軍衆(いくさ)多在 乃謂(かたる)使者曰(まうす) 傳(つてに)聞 皇太子有(ます)非常之事(おもほえぬこと) 將助以備兵(つはもの)待之 然太子(ひつぎのみこ)疑其心欲殺 則吾子籠愕(おぢる)之 獻(たてまつる)己妹(いもと)日之媛(ひのひめ) 仍(まうす)(ゆるす)死罪(しぬるつみ) 乃免(ゆるす)之 其倭直等(やまとのあたひら)(たてまつる)釆女(うねめ) 蓋(けだし)始于此時歟 太子便居於石上(いそのかみ)振~宮(ふるのかみのみや) 

密に兵を興して、太子の宮を圍む。時に平群木莵宿禰・物部大前宿禰・漢直の祖、阿知使主、三人、太子に啓す。太子、信けたまはず。【一に云はく、太子醉ひて起きたまはず。】故、三人、太子を扶けまつりて、馬に乘せまつりて逃げぬ。【一に云はく、大前宿禰、太子を抱きまつりて馬に乘せまつれり。】 仲皇子、太子の在すところを知らずして、太子の宮を焚く。通夜、火滅えず。太子、河内國の埴生坂に到りまして醒めたまひぬ。難波を顧み望る。火の光を見して大きに驚く。則ち急に馳せて、大坂より倭に向ひたまふ。飛鳥山に至りまして、少女に山口に遇へり。問ひて曰はく、「此の山に人有りや。」對へて曰す。「兵を執れる者、多に山中に滿めり。廻りて當摩經より踰へたまへ。」太子、是に、以爲さく、少女の言を聆きて、難に免かるること得つと、則ち歌して曰はく、
 於朋佐箇珥 阿布夜烏等謎烏 瀰知度沛麼 口多駄珥破能邏孺 口多摩知烏能流
 大阪
(おほさか)に 遇(あ)ふや少女(をとめ)を 道(みち)(と)へば 直(ただ)には告(の)らず 當摩經(たぎまち)を告(の)

則ち更に還りたまひて、當縣の兵を發して、從身へまつらしめて、龍田山より踰えたまふ。時に數十人の兵を執りて追ひ來る有り。太子、遠に望して曰はく、「其れ彼の來るは、誰人ぞ。何ぞ歩行ること急き。若し賊人か。」因りて山中に隱れて待ちたまふ。近きぬるときに、則ち一人を遣して、問はしめて曰はく、「曷人ぞ。且何處にか往く。」對へて曰す、「淡路の野嶋の海人なり。阿曇連濱子 【一に云く、阿曇連K友】 仲皇子の爲に、太子を追はしむ。是に、伏兵を出して圍む。悉に捕ふることを得つ。是の時に當りて、倭直吾子籠、素より仲皇子に好し。預め其の謀を知りて、密に精兵數百を攪食の栗林に聚へて、仲皇子の爲に、太子を拒きまつらむとす。時に太子、兵の塞れることを知しめさずして、山を出でて行でますこと數里。兵衆、多に塞かり、進み行でますこと得ず。乃ち使者を遣して、問はしめて曰はく、「誰人ぞ。」對へて曰す、「倭直吾子籠なり。」便ち還へりて使者に問ひて曰す、「誰が使ひぞ。」 曰く、「皇太子の使なり。」時に吾子籠、其の軍衆の多に在るに憚りて、乃ち使者に謂りて曰す、「傳に聞く、皇太子、非常之事有しますと。助けまつらむとして兵を備へて待ちててまつる。」然るに太子、其の心を疑ひて殺したまはむとす。則ち吾子籠愕ぢて、己が妹日之媛を獻る。仍りて死罪赦されむと請す。乃ち免したまふ。其れ倭直等、釆女を貢ること、蓋し此の時に始まるか。太子、便に石上の振~宮に居します。

太子の宮は難波高津宮書紀巻11と注される。木莵宿禰は、大鷦鷯天皇(仁徳天皇)元年条書紀巻11によれば、大鷦鷯尊と同じ日に生まれ、お互いの産殿に入った鳥の名を交換したとする縁のある武内宿禰の子であり、大鷦鷯天皇は127歳を数えており、阿知使主は譽田天皇(應~天皇)の二十年(AD289)に渡来しており、もはや110年を経ている。年齢的には無理な役割であるが、それを感じさせないのが書紀の筆法であった。物部大前宿禰は以降に役割を果たす人物、その始まりがここにある。『旧事紀』天孫本紀には、饒速日命11世孫とあるが年齢は分からない。経緯については、古事記の先の記述に説得力がある。即位の年の大嘗(おほにえ:新嘗と同じく、収穫祭、神人共食の祭儀)の豐明(とよのあかり:焚き火をたいての宴会)で大酒を飲み気分よく居眠りをしていたところを狙われたといふ。河内國の埴生坂(羽曳野市野々上:地図は、竹内街道に通じる坂道、丹比坂(たぢひのさか)とも称され、古事記は多遲比野としている。倭は奈良盆地のこと、飛鳥山は駒ヶ谷から飛鳥川を遡った辺りの山地地図、ここから穴虫峠を越え、二上山から奈良盆地へ向かおうとされ山の麓で少女に会った。この少女はそのルートには武器を携える者が沢山居るので、當摩經より越えた方がいいと言ふ。當摩經は竹内街道を越へ葛城市當麻地図に至るみち。聆は跪いて~意を聴くこと、聴に従う意味があり、この少女は巫女のごとき役割を果たしている。これは妙な話で、逃げた太子よりも先に連絡が伝はるはずはなく、すでに監視の兵が動員されているということなら、あらかじめ計画されたものでなくてはならない。
この時代は〜
問うを〜問うとしたと注される。少女に道を問うこと。”のる”は~の託宣や、人に秘すべきことを告げること。”ただ”は真直ぐなこと、太子が思っておられることが”ただ”、それではなく迂回した方がよいこと。いづれにしても小人数では危険とみて、その縣で兵士を集めて、北方へ迂回大和川沿いから龍田山を越える。これは平群木莵宿禰の兵を頼っての方向転換であろう。龍田山は龍田大社地図の西、信貴山の南の山地。その時、後方より数十人の兵士が猛スピードで接近してくるのを遠望して、兵士を隠して待ち伏せをされた。太子が逃げたことを知り、最初に発せられた追手となろう。淡路の野嶋の海人は、倭の屯田及び屯倉について額田大中彦皇子が悶着を起こしたとき、大鷦鷯尊(仁徳天皇)が倭直の祖(おや)麻呂に韓国へ行かせ吾子籠を連れ戻すことを命じたとき、水手として手配をした淡路の御原の海人書紀巻11を連想させる。阿曇連濱子、阿曇(安曇)氏は海人族、氣長足姫尊(~功皇后)の水先案内をしたのが志賀島の海人、阿曇磯良であり、淡路島も阿曇氏の本拠地の一つ。仲皇子は住吉であり、海人の協力を得ていた。この一団は伏兵で囲み捕らえることができた。倭直吾子籠は先にもみた有力者であり、仲皇子と通じていたといふ。攪食は所在未詳、和名抄には大和国忍海郡来栖郷(奈良県御所市北部)と注される(葛城市忍海:地図。倭直吾子籠が密かに兵数百を攪食の栗林に集めていたとなれば、事前に話が出来ていたことになる。舞台は龍田山周辺であり、吾子籠は龍田山近くまで兵を進めていた。書紀にはこういふどんでん返しがよくある。羽田矢代宿禰の女(むすめ)のK媛を巡る一件も妙にややこしいところがあった。どうやら皇位継承については、兄弟間で一触即発の対立があり、仲皇子が仕掛けた事件と思はれる。
「便ち還へりて」は「すなわち更に」と注される。太子が倭直吾子籠の兵に行く手を阻まれたとき、太子の兵数は少ないという印象を持つのが普通であろう。太子が使者を出して聞くと倭直吾子籠の兵とあり、お前は誰の使者かと聞かれ太子と答へている。このときにどうして間髪いれずに吾子籠が戦いを仕掛けなかったのか。精兵数百をそろえていた吾子籠が太子の「軍衆の多に在るに憚りて」となれば、数百をはるかに上回る兵力を有していたことになり、いつの間にどこで調達したものか、平群木莵宿禰・物部大前宿禰・漢直の祖、阿知使主が動いたといふことであろう。倭直吾子籠は形成不利とみて、逆に太子に非常の事があり、兵を備えて待っていたと申し開きをした。相等の大軍となっていたことになる。吾子籠は妹日之媛を獻り、死罪を免れ、これが釆女を貢る始まりとなったとする。石上の振~宮は石上~宮、物部氏が祭祀する武器庫でもあった。物部大前宿禰の働きである。


於是 瑞齒別皇子
(みつはわけのみこ) 知(しろす)太子不在(ます) 尋之(まうく) 然太子疑弟王(いろどのみこ)之心而不喚(めす) 時瑞齒別皇子令謁(まうす)曰 僕(やつこ)無K心(きたなきこころ) 唯愁(うれふ)太子不在 而參赴(まうきつる)(のみ) 爰太子傳告(まうす)弟王(いろどのみこ)(のたまふ) 我畏仲皇子(なかつみこ)(さかふる) 獨至於此 何且(また)非疑汝(いまし)耶 其仲皇子在之 獨爲我病 (おもふ)(はらふ) 故汝寔(まことに)勿異心(けなるこころ) 更(また)難波 而殺仲皇子 然後 乃見焉 瑞齒別皇子(みつはわけのみこ)(まうす)太子(ひつぎのみこ)(まうす) 大人(うし)何憂之甚也 今仲皇子無(あづきなし) 群臣(まへつきみたち)及百姓(おほみたから) 共惡(にくむ)(うらむ)之 復其門下(いへ)人 皆叛(そむく)爲賊(あた) 獨居之無與誰議 臣(やつかれ)雖知其 未受太子命(おほみこと)之 故獨慷慨(ねたむ)之耳(のみ) 今(うけたまはる)命 豈難(はばかる)於殺仲皇子乎 唯獨懼之 殺仲皇子 且疑臣歟 冀(ねがふ)(うつつに)得忠直者(ただしきひと) 欲明臣之不欺(さだか) 太子則副(たぐへる)木莵宿禰(つくのすくね)焉 爰瑞齒別皇子歎之曰 今太子與仲皇子並兄(このかみ)也 誰從矣 誰乖(そむく)矣 然亡(ほろぼす) 就有 其誰疑我 則詣(いたる)于難波 伺仲皇子之消息(あるかたち) 仲皇子思太子已(にげる) 而無備(そなへ) 時有近習(つかへる)隼人(はやひと) 曰刺領巾(さしひれ) 瑞齒別皇子 陰(ひそかに)(めす)刺領巾 而誂(あちらへる)之曰(のたまふ) 爲我殺皇子(みこ) 吾必敦(あつく)(むくいす)(いまし) 乃脱錦衣褌(にしきのきぬはかま)與之 刺領巾恃(たのむ)其誂言(みこと) 獨執矛 以伺仲皇子入厠(かはや)而刺殺 (つく)于瑞齒別皇子 於是 木莵宿禰 啓於瑞齒別皇子曰 刺領巾爲人殺(しす)己君 其爲我雖有大功(いさをしさ) 於己君無慈(うつくしび)之甚矣 豈得生乎 乃殺(ころす)刺領巾 (そのひ) 向倭(やまと)也 夜半(よなか) 臻()於石上(いそのかみ)而復命(かへりごとまうす) 於是 喚弟王(いろどのみこ)以敦寵 仍賜村合屯倉(むらはせのみやけ) 是日 捉(とらふ)阿曇濱子

是に、瑞齒別皇子、太子の在しまさぬことを知しめして、尋ねて追ひ詣きたまへり。然るに太子、弟王の心を疑ひて喚さず。時に瑞齒別皇子、謁さしめて曰したまはく、「僕、K心無し。唯太子の在しまさぬことを愁へて、參赴つらくのみ。」爰に太子、傳へて弟王に告さしめて曰はく、「我、仲皇子の逆ふるに畏りて、獨避りて此に至れり。何ぞ且汝を疑はざらむ。其れ仲皇子在るは、獨猶我が病たり。遂に除はむと欲ふ。故、汝、寔に異心勿くは、更難波に返りて、仲皇子を殺せ。然して後、乃ち見む。」瑞齒別皇子、太子に啓して曰したまはく、「大人、何ぞ憂へますこと甚しき。今仲皇子、無道く、群臣及び百姓、共に惡み怨む。復其の門下の人も、皆叛きて賊と爲る。獨居て誰と與に議ること無し。臣、其の逆ふることを知ると雖も、未だ太子の命を受けず。故、獨慷慨みつらくのみ。今既に命を被りぬ。豈仲皇子を殺すに難らむや。唯獨懼るらくは、既に仲皇子を殺すとも、猶且臣を疑ひたまはむか。冀はくは、見に忠直しき者を得て、臣が不欺なることを明さむと欲ふ。」 太子、則ち木莵宿禰を副へて遣す。爰に、瑞齒別皇子、歎きて曰はく、「今太子と仲皇子と、並びて兄なり。誰にか從ひ、誰にか乖かむ。然れども道無きを亡し、道有るに就かば、其れ誰か我を疑はむ。」 則ち難波に詣りまして、仲皇子の消息を伺ひたまふ。仲皇子、太子已に逃亡げたまひたりと思ひて、備無し。時に近くに習へまつる隼人有り。刺領巾と曰ふ。瑞齒別皇子、陰に刺領巾を喚して、誂へて曰はく、「我爲に皇子を殺しまつれ。吾必ず敦く汝に報せむ。」乃ち錦の衣の褌を脱ぎて與へたまふ。刺領巾、其の誂へたまふ言を恃みて、獨矛を執りて、仲皇子の厠に入るを伺ひて刺し殺しつ。即ち瑞齒別皇子に隸きぬ。是に、木莵宿禰、瑞齒別皇子に啓して曰す、「刺領巾、人の爲に己が君を殺せまつる。其れ我が爲に大きなる功有りと雖も、己が君にして慈の無きこと甚し。豈に生くることを得むや。乃ち刺領巾を殺しつ。即日、倭に向ふ。夜半に、石上に臻りて復命す。是に、弟王を喚して敦く寵みたまふ。仍りて村合屯倉を賜ふ。是の日、阿曇連濱子を捉ふ。

瑞齒別皇子が難波より太子のところへ詣でて来られたが、太子には疑念があり、すぐには、会おうとされなかった。瑞齒別皇子は拝謁をとりつがしめて、K心なし、太子がおられなくなったことを愁へて参りましたと申し上げたが、太子は直接こたへることをせず、人を介して、あの仲皇子が叛いたことに畏れを抱いた、瑞齒別皇子に対してもその疑念を禁じえない、仲皇子が生きている限り安心ができない。もし、異心が無いというなら、難波に返り、仲皇子を殺して欲しい。そうすれば会うことができると意向を伝えられた。大人を”うし”と訓じている。”うしはく”は領すること、貴人と同じく尊称。瑞齒別皇子は太子の畏れる様にとまどいを感じていた。仲皇子と行動を共にする者はおらず、共に謀る者もいない。慷慨はいきどおりなげくこと、魏晋の文学は慷慨の文学と云はれる。瑞齒別皇子としては太子が会おうとせず、間接的に命令を伝えることに慷慨があった。このままでは自分が仲皇子を殺したとしても、どんな疑いをかけられるかしれたものではない。誰か証人となってくれるものを連れてゆかねばならないと、その旨を申し上げると、木莵宿禰が同道することとなった。瑞齒別皇子は用心深かった、仲皇子を殺して太子についたとしても、自分の手で兄の仲皇子を殺してしまえば、誰かが自分を疑う、誰かとは誰か分からないが、案外太子のことかもしれない。論語、
顔淵篇19)に「如殺無道以就有道何如」とあり、と注される。魯の季康子が孔子に無道のものを捕えて殺し、有道のものを役に就任させることはどうかと問うと、孔子が政治においては殺すことは良くない、善政をしけば人は自ずとなびいてくるものと応へるくだりである。仲皇子を殺さぬと安心できないという心理に瑞齒別皇子は父、仁徳天皇ならこんなことはすまいにといふ気がしたのであろうか。石上から難波に瑞齒別皇子が戻ってくるとなれば、仲皇子は警戒して瑞齒別皇子を捕らへるべきものであるが、何等反応はなく、仲皇子は太子が逃げたからと備えを解いていたというのも妙なことである。これでは、吾子籠が寝返ったことも理解できよう。刺領巾は古事記では隼人の曾婆加理(そばかり)、隼人は護衛の立場にある。誂は挑む、誘う、からかうこと、”あとらへる”と訓じており、人に頼むこと。隸はつくこと、従うこと。刺領巾が君を殺(し)す、としている、弑のこと。儒教では臣下が君主を殺すを弑すとしてその非を咎めた。木莵宿禰がそれを咎めて刺領巾を殺した。村合屯倉は未詳とあり、~代第七段の三の一書に日~の三つの田の一つに天邑并田(あまのむらあはせた)といふのがある書記巻1。長雨、干でりに遭っても損なわれることがない良田のことであり、結構いい田を賜れたことになろう。淡路へも兵を送ったのであろうか、この日に、阿曇連濱子も捕らへられた。
古事記の伝へるところはいささか異なる。
ここに倭(やまと)の漢直(あやのあたへ)が祖(おや)、阿知直(あちのあたへ)、盜み出して御馬(みま)に乘せ倭に幸(い)でまさしめき。 故、多遲比野(たぢひの)に到りて寤(さ)めまして、「此間(ここ)は何處(いづく)ぞ。」と詔りたまひき。 ここに阿知の直、白しけらく、「墨江中王(すみのえのなかつみこ)、火を大殿に著けましき。 故、率(ゐ)て倭に逃(に)ぐるなり。」 ここにて、天皇、歌ひたまひしく、
 多遲比野
(たぢひの)に 寝むと知りせば 立薦(たつごも:防壁)も 持ちて(こ)来ましも 寝むと知りせば

とうたひたまひき。波邇賦
(はにふ)坂に到りて、難波の宮を望み見たまへば、其の火、猶ほ炳(しる)くありき。 ここに、天皇、また歌ひたまひしく、
 波邇賦坂
(はにふざか) 我(わ)が立ち見れば かぎろひの 燃ゆる家群(いへむら) 妻(つま)が家のあたり

とうたひたまひき。故、大坂の山の口に到り幸
(い)でましし時に、一(ひと)りの女人(をみな)に遇ひたまひき。 その女人の白えらく、「兵(つはもの)を持てる人等(ひとども)、多(さは)にこの山を塞(さ)へたり。當岐麻道(たぎまち)より迴りて越え幸(い)でますべし。」とまをしき。 ここに、天皇、歌ひたまひしく、
 大坂
(おほさか)に 遇うや嬢子(をとめ)を 道問へば 直(ただ)には告(の)らず 當岐麻道(たぎまち)を告(の)

とうたひたまひき。故、上
(のぼ)り幸(い)でまして石上(いそのかみ)の~の宮に坐しましき。(岩波文庫)
平群木莵宿禰・物部大前宿禰、阿曇連濱子、倭直吾子籠、龍田に迂回するといふことについては、言及されない。更に、ここにその同母弟(いろと)、水齒別の命、參赴(まゐおもむ)きて謁(まを)さしめたまひき。ここに天皇詔らしめたまひけらく、「吾(あ)は汝命(いましみこと)のもし墨江中(すみのえのなかつ)王と同じ心ならんかと疑ひつ。 故、相言はじ」とのらしめたまへば、答へて白しけらく、「僕(あ)は穢邪(きたな)き心無し。 また墨江中王と同じくあらず。」とまをしたまひき。 また詔らしめたまひけらく、「然らば今還り下(くだ)りて墨江中王を殺して上(のぼ)り來ませ。その時に吾(あれ)必ず相言はむ。」とのらしめたまひき。故、すなはち難波に還り下りて墨江中王に近く習(つか)ふる隼人(はやびと)、名は曾婆加理(そばかり)を欺きて云(の)りたまひしく、「もし汝(なれ)、吾(あ)が言(こと)に從はば、吾(あれ)天皇となり、汝(な)を大臣(おほおみ)に作(な)して、天の下治らしめさむは那何(いかに)ぞ。」とのりたまひき。曾婆訶理(そばかり)、「命(みこと)の隨(まにま)に。」と答へ白しき。ここに多(さは)に祿(もの)をその隼人に給ひて曰りたまひしく、「然らば汝(な)が王を殺せ。」とのりたまひき。ここに曾婆訶理、己(おの)が王(みこ)の厠(かはや)に入るを竊(ひそ)かに伺ひて、矛を以ちて刺して殺しき。(岩波文庫)経過は同じであるが、大臣にするとして、隼人の曾婆訶理を操ったとしている。そのまま。曾婆訶理をを同道し石上に向かひ、仮宮を造り、曾婆訶理を大臣に任命し、酒席で、明日上幸しようとたらふく飲ませ、その上で君を弑したとして首を刎ねた。そこを難波から近くにある明日(近飛鳥)、その祓いを行ひ明日参出すとしたところを遠飛鳥としたといふ。「故、曾婆訶理を率(ゐ)て倭に上り幸(い)でます時に、大坂の山の口に到りて以爲(おも)ほしけらく、曾婆訶理、吾(あ)が爲(ため)には大(おほ)き功(いさを)あれども、既に己が君を殺せし、これ義(みち)ならず。然れどもその功に賽(むく)いぬは信(まこと)無しと謂ひつべし。既にその信(まこと)を行なはば、還りて其の情(こころ)にそ惶(かそこ)けれ。故、その功に報(むく)ゆれども、その正身(ただみ)を滅してむとおもほしき。ここをもちて曾婆訶理に詔りたまひしく、「今日は此間(ここ)に留まりて、先ず大臣の位を給ひて、明日(あす)上り幸(い)でまさん。」とのりたまひて、その山の口に留まりて、すなはち假宮(かりみや)を造りて、忽(には)かに豐樂(とよのあかり)したまひて、すなはちその隼人に大臣の位を賜ひ、百官(もものつかさ)をして拜(おろが)ましめたまふに、隼人、歡喜(よろこ)びて、志を遂げぬと以爲(おも)ひき。ここにその隼人に詔らたまひしく、「今日大臣と同じ盞(つき)の酒を飮まむ。」とのりたまひて、共に飮みたまふ時に、面(おも)を隱(かく)す大鋺(おほまり)にその進むる酒を盛(も)りき。ここに王子(みこ)、先(さき)に飮みたまひて、隼人、後に飮みき。故、その隼人の飮む時に、大鋺(おほまり)(おもて)を覆(おほ)ひき。ここに席(むしろ)の下に置きし劍を取り出して、その隼人の頚(くび)を斬りたまひて、すなはち明日(あす)上り幸(い)でましき。故、其地(そこ)を號(なづ)けて近飛鳥(ちかつあすか)と謂ふ。上りて倭に到りて詔りたまひしく、「今日は此間(ここ)に留りて祓禊(はらへ)をして、明日(あす)參出(まゐで)て~の宮を拜(をろが)まむとす。」とのりたまひき。故、其地を號けて遠飛鳥(とほつあすか)と謂ふ。故、石上(いそのかみ)の~の宮に參出て、天皇に奏(まを)さしめたまひしく、「政(まつりごと)既に平(ことむ)け訖(を)へて參上(まゐのぼ)りて侍(さぶら)ふ。」とまをさしめたまひき。ここに、召し入れて相語らひたまひき。天皇、ここに阿知の直を始めて藏官(くらのつかさ)に任(ま)け、また粮地(たどころ)を給ひき(岩波文庫)ともっぱら阿知直の功績としている。古事記の方がすっきり読めるが、この後継者争いが深刻な広がりをみせていたことは、書紀の方がよく伝へていよう。住吉に拠点を持つ仲皇子が海人と倭直の支持を得て太子の宮に火をかけたというのは危機一髪、太子が命を落としていて不思議はないほど切迫した事態であったといふべきであろう。これを挽回するには、平群に拠を持つ木莵宿禰、石上の拠を持つ物部大前宿禰の関与は欠かせまい

元年(はじめのとし)春二月(きさらぎ)壬午(みづのえうま)(ついたちのひ) 皇太子(ひつぎのみこ)(あまつひつぎしろしめす)於磐余稚櫻宮(いはれのわかさくらのみや) 
夏四月
(うづき)辛巳(かのとのみ)(ついたち)丁酉(ひのとのとりのひ) 召(めす)阿雲濱子 詔(みことのりす)之曰(のたまふ) 汝(いまし)與仲皇子共謀(さかふる) 將傾(かたぶける)國家(くに) 罪當于死(しぬる) 然垂大恩(めぐみ) 而兔(ゆるす)(ころすつみ)(おほす)(ひたひきざむつみ) (そのひ)(めさききざむ)之 因此 時人(ときのひと)曰阿曇目(あづみめ) 亦從濱子野嶋海人等(あまら)之罪 役(つかふ)於倭蒋代屯倉(こもしろのみやけ)
秋七月(ふみづき)己酉(つちのとのとり)朔壬子(みづのえねのひ) 立葦田宿禰(あしたのすくね)之女(むすめ)K媛(くろひめ)爲皇妃(みめ) 妃(みめ)(うむ)磐坂市邊押羽皇子(いはさかいちのへのおしはのみこ) 御馬皇子(みまのみこ) 海皇女(あをみのひめみこ) 【一(ある)曰 飯豐皇女(いひどよのひめみこ)】 次妃(つぎのみめ)幡梭皇女(はたびのひめみこ) 生(あれる)中磯皇女(なかしのひめみこ) ◎是年也太歳庚子(かのえね)

元年の春二月の壬午の朔(AD400.02.01)に、皇太子、磐余稚櫻宮に即位す。
夏四月の辛巳の朔丁酉
(AD400.04.17)に、阿雲連濱子を召して、詔して曰はく、「汝と仲皇子、共に逆ふることを謀りて、國家を傾けむとす。罪、死るに當れり。然るに大きなる恩を垂れたまひて、死を兔して墨に科す。」即日に黥む。此に 因りて、時人、阿曇目と曰ふ。亦、濱子に從へる野嶋海人等の罪を免して、倭蒋代屯倉に役ふ。
秋七月の己酉の朔壬子
(AD400.07.04)に、葦田宿禰が女、K媛を立てて皇妃とす。妃、磐坂市邊押羽皇子、御馬皇子、海皇女【一に曰く、飯豐皇女】を生めり、次妃、幡梭皇女、中磯皇女を生れませり。 ◎是年也太歳庚子

磐余稚櫻宮は、氣長足姫尊
(~功皇后)三年書紀巻9にみたごとく氣長足姫尊が、二歳の御子(後の譽田天皇)を皇太子とするために、磐余彦尊(~武天皇)が磯城の八十梟帥を討ち、その本拠地、舊の名、片居を改めた原点の地、磐余(十市郡池内村、桜井市池ノ内:地図に造られた宮であった。大鷦鷯尊(仁徳天皇)が拓かれた難波の宮から、磐余に戻ることになったのは、書紀においては、難波の宮が仲皇子により焼き討ちにあったことによると理解されよう。しかし、先にみたように、歴史的には朝鮮半島では百濟が高句麗に攻められ大敗を喫し、王子直支を日本(やまと)へ送るといふ危機状態にあった(譽田天皇八年の春三月277年+120年=397年:書紀巻11)。この半島情勢が住吉を拠点とする仲皇子に何等かの影響を与えていたとみるべきであろう。これに対応すべき海人族であるが故に、阿雲連濱子を「死を兔して墨に科す。」ことで済ませた、とも考へられる。移された倭(やまと)の蒋代(ころしも)の屯倉の場所は知られていない。魏志倭人伝における黥面文身の風俗についてはすでにみた魏志倭人伝黥面文身。漁労において、身の安全を確保するものが起源であり、飾りあるいは尊卑を表すものとして用いられていたことが記述されているが、刑罰として用いたものとしては始めてである。目に入墨を施すことに関しては、また先でみることにする。
さて、即位前期にあったK媛は、武内宿禰の子、羽田矢代宿禰が女
(むすめ)であった。今度は葦田宿禰が女(むすめ)、葦田宿禰は武内宿禰の子、葛城襲津彦の子であり、大鷦鷯天皇(仁徳天皇)の皇后となった磐之媛の兄にあたる。しかし、K媛は皇后ではなく、皇妃(みめ)とされたとある。磐坂市邊押羽皇子は安康天皇の没後しばらく皇位をふんだとする説があると注されるが、皇太子とはなられることがなかった。

 應~天皇─ 仁徳天皇 ┬履中天皇17──磐坂市邊押羽皇子─┬仁賢天皇24─┬武烈天皇25
               ├反正天皇
18                 └顕宗天皇23  │
               └允恭天皇
19─┬安康天皇20   ┌────────┘
                           └雄略天皇
21──┴清寧天皇22    

御馬皇子、海皇女また次妃、幡梭皇女については後に見ることにしよう。是年、太歳庚子と記したのは、干支を確認しているのであるが、西暦でいふと紀元400年である。
去來穗別天皇
(履中天皇)が即位された400年あたりの歴史をここで振り返ってみよう。書紀において半島政策を担当したのは武内宿禰とされ、その子、葛城襲津彦が将軍として半島に派遣され対新羅政策を荷った~功皇后五年。百濟(肖古王)との関係は卓淳國(加羅七国の一つ地図、新羅の西側に接する交通の要衝)を通じて図られ、斯摩宿禰が派遣されたとする~功皇后四十六年、ところが斯摩宿禰は不詳の人物、外交関係を築く意味では必ずしも武人である必要はなかったかもしれない。百濟とは良好な関係にあったが、新羅とはうまくゆかず、朝貢を迫るために派遣されたのが千熊長彦、武藏國の人ともされるが、額田部槻本首等が始祖彦~功皇后四十七年とある。実戦には東国の兵が動員されたとみえ、毛野国の荒田別(兄)、鹿我別(弟)の兄弟が派遣され、新羅を撃ち、比自火本、南加羅、喙國、安羅、多羅、卓淳、加羅七國を平定し、更に、古奚津に至り、南蠻の忱彌多禮を討ち、百濟に与えた~功皇后四十九年とするのが、干支二運(120年)すすめた369年のことと記している。百濟の肖古王とは近肖古王であり、372年に高句麗に反撃し、遼東から晋平までを平定し、倭との更なる親交を求めてきた。千熊長彦が使節を伴い、七枝刀一口・七子鏡一面、及び種種の重寶が百濟王から献上されている~功皇后五十二年。この近肖古王が亡くなると、百濟が混迷しはじめ、情勢は流動化し、新羅を討つため葛城襲津彦を派遣したのであるが、そこに妙な挿話が記されていた。百濟記の引用であるが、沙至比跪(襲津彦)が新羅の美女二人を受けて加羅を撃った、新羅に買収されたことになろう、天皇が百濟の将軍、木羅斤資を派遣してこれを鎮圧したといふものである~功皇后六十二年。沙至比跪は死んだと記されているが、襲津彦は死んではおらず同一人物とは断定できないのであるが、襲津彦の将来を損なうものとなった、382年のことである。近肖古王の子、貴須王(近仇首王)は十年で亡くなり、その子、枕流王も即位二年(385年)にして亡くなり、その子、阿花が年少であったため、叔父、辰斯が王位を奪ったと書紀は記している~功皇后六十五年
広開土王碑古代史獺祭によれば、倭は辛卯年(391年)に百濟と新羅を破り臣民としていたとする。広開土王、談コはこれに対して反撃を加えるため、翌392年、漢江(ハンガン)と臨津江(イムジンガン)が合流する地点、百濟の關彌城(カンミジョウ)を20日間包囲して落とし、百濟が高句麗の影響下に入った可能性がある。書紀によれば、紀角宿禰・羽田矢代宿禰・石川宿禰・木菟宿禰を派遣し百濟の辰斯王の責任を問い、百濟は辰斯王を殺し謝り、紀角宿禰らは阿花(阿艸辛王)を王に立てたとある應~天皇三年。百濟は倭のテコ入れで高句麗と対峙するが、396年水軍を率ゐて南下した広開土王、談コに五十八城、村七百を落とされ、残王弟並びに大臣十人が捕虜となる大敗を喫した。百濟本紀では、死者八千人の敗戦、捕虜のことは記されておらず、395年のこととされるが大筋は合致する。翌年(397年)、阿艸辛古代史獺祭は雪辱を期して自ら七千人を率ゐ漢江を渡るが、雪で木嶺で凍え失敗に終わる。今度は太子の腆支(直支)を倭に人質として差し出した應~天皇八年。これで倭から援助を受けたのであろうか、399年には再度高句麗に侵攻しようと、兵と馬を大徴収したものの、民は役に苦しみ、多くが新羅に逃げ、民戸が衰減した、とある。一方広開土王碑によれば、倭の兵が新羅に満ち、談コは、これを救うために400年に五万の騎兵を派遣し、新羅から倭兵を追い払い、任那加羅の城をも抜き、壊滅状態に追い込んだ古代史獺祭といふ。書紀ではこれを~功皇后、應~天皇の時代の出来事としてここでは一切無視をしているものであるが、本来ならばこの大敗に安閑としておられる時期ではない。仲皇子の反乱も、磐余への撤退も、この激動と無関係ではありえない。倭は任那加羅から百濟へとシフトしており、その関係で高句麗とは対立、天日槍以来伝統的には交流の深かった新羅(辰韓)とも対立し、複雑化した朝鮮半島、その先の中国、とりわけ、南方の東晋との関係改善、外交の構築などが焦眉の急となっていた。

二年春正月(むつき)丙午(ひのえうま)(ついたち)己酉(つちのとちりのひ) 立瑞齒別皇子(みつはわけのみこ)爲儲君(ひつぎのみこ)
冬十月(かむなづき) 都於磐余(いはれ) 當是時 平群木莵宿禰(へぐりのつくのすくね) 蘇賀滿智宿禰(そがのまちのすくね) 物部伊艸呂弗大(もののべのいこふのおほむらじ) 圓 【圓 此云豆夫羅(つぶら)】 大使主(つぶらのおほみ) 共執國事(くにのこと)
十一月(しもつき) 作磐余池(いはれのいけ)

二年の春正月の丙午の朔己酉(AD401.01.04)に、瑞齒別皇子を立てて儲君と爲す。
冬十月に、磐余に都をつくる。是の時に當りて、平群木莵宿禰、蘇賀滿智宿禰、物部伊
艸呂弗大連、圓 【圓 此を豆夫羅と云ふ。】 大使主、共に國事を執れり。
十一月に、磐余池を作る。

瑞齒の名の由来は瑞齒別天皇のところで見る。儲は、あらかじめ備えて用意すること、太子を儲君、儲位と称する
(字統)。磐余稚櫻宮に都をつくる、となれば、難波から都を移すとなる。半島政策に関して一歩引き下がることになったのか?政権の中枢人事も変化している。平群木莵宿禰は大鷦鷯皇子(仁徳天皇)と同年の生まれであり仁徳元年、超絶老人であり、本来は成立しないが、去來穗別天皇を救出するに功を挙げたことによる。その時に物部大前宿禰(饒速日命11世孫)が一緒であり、『旧事紀』天孫本紀によれば、物部伊艸呂弗大連は饒速日命10世孫とされ、神宮に斎仕えた、とある。圓大使主は玉田宿禰の子、玉田宿禰は葛城襲津彦の子であり、若手。蘇賀滿智宿禰は、武内宿禰の子、蘇我石川宿禰の子とされる。百濟の将軍、木羅斤資と新羅の婦人の間に生まれた子を木満致と云ひ、父の功で任那に居り、日本(やまと)とを往来し日本で政治を学び、百濟の直支王が亡くなり、久爾辛が王となるも年少であり、木満致が国政をとり、王の母と相婬けたとあり、天皇が呼びつけられた應~天皇二十五年とある。この満致と滿智の関連性をみるむきもある。蘇我氏が半島と深くかかわる由縁を説明するものとされたのであろう。
葛城襲津彦は武内宿禰の子とされるが、葛城垂水宿禰の地盤を継承すると見られている。稚日本根子彦大日日天皇
(開化天皇)は古事記によれば葛城垂水宿禰の女(むすめ)、亶鳥比賣(わしひめ)を娶り、建豊波豆羅和気(たけとよはづらのわけ)王を生み、道守臣・忍海部造・御名部造・稲羽の忍海部・丹波の竹野別・依網の阿毘古等の祖なり、とある開化天皇六年。葛城のみならず、河内、そこから稲羽(因幡:鳥取県東部)あるいは竹野(丹後)へとルートが延びている。これは天日槍が播磨から出石、宇治川から琵琶湖を経由して敦賀から出石に入ったルートを想起させる。それは和珥氏のルートでもあった。葛城襲津彦は紀國に根を持つ武内宿禰と日本海ルートを固める和珥氏双方に関連をもつ系統を受け継いでいるものと思はれる。大鷦鷯皇子(仁徳天皇)が磐之媛を娶られたのは、そこをがっちり押さえておきたかったに相違あるまい。
磐余に都をつくるためには、その構造を変え、人事も磐余寄りに固める必要があった。

古事記

書紀

建内宿禰

波多八代宿禰

波多・林・波美・星川・淡海臣・長谷部君祖

武内宿禰

羽田矢代宿禰

許勢小柄宿禰

許勢・雀部・輕部臣祖

巨勢小柄宿禰

蘇賀石河宿禰

蘇賀・川邉・田中・高向・小治田櫻井・岸田臣祖

蘇我石川宿禰

平群都久宿禰

平群・佐和良臣・馬御機連祖

平群木菟宿禰

木角宿禰

木(紀)・都奴・坂本臣祖

紀角宿禰

久米摩伊刀比売

.

.

怒能伊呂比売

.

.

葛城長江曾都毘古

玉手・的・生江・阿藝那臣祖

葛城襲津彦

若子宿禰

江野財臣祖

若子宿禰

 味師内宿禰

山代内臣祖

甘美内宿禰


葛城襲津彦

玉田宿禰

圓大使主

韓媛 − 雄略天皇

毛媛

磐之媛  仁徳天皇

去來穗別天皇(履中)

住吉仲皇子

瑞齒別天皇(反正)

雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭)

葦田宿禰

蟻臣

黒媛 − 履中天皇

磐坂市邊押羽皇子

御馬皇子

海皇女(飯豐皇女)

腰裾宿禰

下神氏

的戸田宿禰

的氏

熊道足禰

忍海原氏・朝野氏


磐余の地に池を造った。桜井市池之内、天香具山の東北と注される。御厨子神社
神奈備の東側に池があったと謂はれる。

三年冬十一月(しもつき)丙寅(ひのえとら)朔辛未(かのとのひつじのひ) 天皇(すめらみこと)(うかべる)兩枝船(ふたまたぶね)于磐余市磯池(いはれのいちしのいけ) 與皇妃(みめ)(おのおの)分乘而(あそぶ) 膳臣(かしはでのおみ)余磯(あれし)獻酒(おほみきたてまつる) 時櫻花落(おちいる)于御盞(おほみさかづき) 天皇異(あやしぶ)之 則召物部長眞膽(もののべのながまいのむらじ) 詔(みことのりす)之曰 是花也 非時(ときじく)而來 其何處(いどこ)之花矣 汝(いまし)(みづから)可求 於是 長眞膽(ながまいのむらじ) 獨尋花 獲于掖上室山(わきのかみのむろやま) 而獻之 天皇歡其希有(めづらしきこと) 爲宮名 故謂(まうす)磐余稚櫻宮(いはれのわかさくらのみや) 其此之縁(ことのもと)也 是日 改長眞膽之本姓(もとのかばね) 曰(いふ)稚櫻部(わかさくらべのみやつこ) 又號膳臣余磯 曰稚櫻部臣(わかさくらべのおみ)

三年の冬十一月の丙寅の朔辛未(AD402.11.06)に、天皇、磐余市磯池に兩枝船を泛べたまふ。皇妃と各分れて乘りて遊宴びたまふ。膳臣余磯、獻酒る。時に櫻の花、御盞に落ちいれり。天皇、異びたまひて、則ち物部長眞膽連を召して、詔して曰はく、「是の花、 非時にして來れり。其れ何處の花ならむ。汝、自ら求むべし。」 是に、長眞膽連、獨り花を尋ねて、掖上室山に獲て、獻る。天皇、其の希有しきことを歡びて、即ち宮の名にしたまふ。故、磐余稚櫻宮と謂す。其れ此の縁なり。是の日、長眞膽連の本姓を改めて、稚櫻部造と曰ふ。又、膳臣余磯を號けて、稚櫻部臣と曰ふ。

百濟本紀によれば、この年
(402年)「夏、大旱、禾苗焦げ枯れる。王親(みづから)岳を祭りて、乃ち雨ふる。五月、使を倭國に遣はして大珠を求む古代史獺祭。」とあり、新羅本紀には、実聖 尼師今元年三月条で、「倭国と好を通じ、奈勿王の子、未斯欣を質と為す。」とある。新羅も高句麗の脅威に対して、倭との連携を求めたものであろう。書紀はこれを、~功皇后五年(205年)の条に記している。書紀はその時、磐余の地に池を造り、冬に兩枝船を浮かべて、優雅に過ごしていたとした。
兩枝船は大井河の二股流木を倭直、吾子籠が船にして難波にまで航海してきたといふ話が記されていた
仁徳天皇六十二年。一種のはやりであったかもしれない。十一月に桜の花びらが盞に落ちた、非時とは季節はずれのこと。ジュウガツザクラといふ品種があり、十月から少し咲き、四月にも咲くといふ。秋から冬に咲く桜を冬桜と総称する花の写真館とある。膳臣余磯は、旧事紀、国造本紀の若狭国造の項に、「遠飛鳥朝(允恭天皇)御代、膳臣祖佐白米命児荒礪命定賜国造」と同一人物かと注される。余磯が稚櫻部臣に任じられ、日本海の海産物を扱い、その地が稚櫻、若狭となったとするのであろう。そのきっかけを作ったのが、この桜を見出してきた物部長眞膽連、姓氏録、右京神別、若桜部造の項に、神饒速日命三世の孫、出雲色男命の後、四世の孫と注され、若狭の部の造となった。若狭は越の国への要路にあたり、抜擢されたことになろう。和泉神別、若桜部造の項には、饒速日命の七世孫、 止智尼大連 ( とをちねのおほむらじ ) の後とも注され、和泉にも展開されることにもなったようだ。

四年秋八月
(はつき)辛卯(かのとのう)朔戊戌(つちのえいぬのひ) 始之於諸國(くにぐに)置國史(ふみひと) 記(しるす)言事(ことわざ)(いたす)四方(よも)(ふみ) 
冬十月
(かむなづき) 堀石上溝(いそかみのなで)

四年の秋八月の辛卯の朔戊戌(AD403.08.08)に、始めて之諸國に國史を置く。言事を記して、四方の志を達す。
冬十月に、石上溝を堀る。

春秋左氏伝序に、「周礼に史官有り。邦国四方の事を掌り、四方の志に達す。諸侯亦各(おのおの)国史有り。」等を引用したもの、國史は諸国置かれた記録を扱う者、すなわち書記官の意。国という地方行政区画が画一的に定められた大化の改新以後(津田左右吉氏)、と注される。歴史的には、この時期は、百濟、新羅、高句麗との交渉が行われ、半島ではすでに国史の記述が行われており、倭にも文を扱う渡来人が招かれており、稲荷山古墳の鉄剣銘(辛亥年(471年))、江田船山古墳の太刀銘にあきらかなごとく、地方の豪族が典曹人
(てんそうじん:文筆をもって仕える)を置いており、國史が置かれる前から、それぞれが文字の使用を試みていたと考えられる。國史が置かれ、国情を報告させるという行政組織については、中央集権行政組織が整わねば、実施は困難であろう。
石上溝は布留川から引水する用水路とされる。奈良県立橿原考古学研究所友史会 11月例会 「
杣之内から布留の遺跡」に、「布留川南岸に広がる古墳時代中期から後期の遺跡である。掘立柱建物跡十数棟、竪穴住居跡、土坑、大溝、外郭をめぐる護岸施設のほか、これにともなう倉庫跡などが検出されている。掘立住建物が建造された中心時期は5世紀中頃から後半である。土坑からは滑石製や緑泥片岩製の石製品が出土し、祭祀に関わる遺構とみられる。検出された溝の中でも5世紀終末頃に掘削され、平安時代前期に埋没した幅15m、深さ2mの最も大きい規模の溝は、布留川から引水するもので『日本書紀』履中紀の「石上溝」ではないかとする見方がある。」とある。幅15m、深さ2m、護岸施設と倉庫跡となれば、運河であり、祭祀に関する遺構となれば、この辺りで布留川の水に関する祭祀が行われていた地、聖地でもあった。書紀では、住吉仲皇子に追われた去來穗別尊を物部大前宿禰が避難させた所が石上の振~宮、石上~宮、物部氏が祭祀し、ここには武器庫もあった。磐余稚櫻宮には池を掘り、石上には溝を整備したことになる。物部氏の力が増大してきたのであろう。

五年春三月
(やよひ)戊午(つちのえうま)(ついたちのひ) 於筑紫所居(ます)(みはしら)~ 見于宮中(おほみやのうち)(のたまふ) 何奪我民矣 吾今慚(はぢみせる)(いまし) 於是 (いのる)而不祠(まつる) 
秋九月
(ながづき)乙酉(きのとのとり)朔壬寅(みづのえとらのひ) 天皇(すめらみこと)狩于淡路嶋(あはじのしま) 是日 河内部(かふちのうまかひべ)等 從駕(おほみともにつかへる)執轡(おほみまのくちにつける) 先是 部(うまかひべ)之黥(めさきのきず)皆未差(いえる) 時居嶋伊奘諾~(いざなきのかみ) 託(かかる)(はふり)(のたまふ) 不堪血臭矣 因以 卜(うらなふ)之 兆(うらはひ)云 惡(にくむ)部等黥之氣(か) 故自是以後 頓(ひたぶる)以不黥(めさきす)部而止之 癸卯(みづのとのうのひ) 有如風之聲 呼(よばふ)於大虚(おほぞら)曰 劔刀太子王(つるぎたちひつぎのみこ)也 亦呼之曰 鳥往來(とりかよふ)羽田(はた)之汝妹(なにも)者 羽狹(はさ)(に)葬立往(はぶりたつ) 【汝妹 此云儺邇毛(なにも)】 亦曰 狹名來田蒋津之命(さなくたこもつのみこと) 羽狹丹葬立往也 俄(にはか)而使者(つかひ)(たちまち)來曰(まうす) 皇妃(みめ)(かむさる) 天皇大驚之 便駕(おほみま)(たてまつる)而歸焉 丙午(ひにえうまのひ) 自淡路至(いたる) 
冬十月
(かむなづき)甲寅(きのえとら)(ついたち)甲子(きにえねのひ) 葬皇妃 而天皇 悔之不治~崇(たたり) 而亡(ほろぼす)皇妃 更求其咎 或者(あるひと)(まうす) 車持君(くるまもちのきみ)(まかる)於筑紫國 而悉(ふつくに)(かとる)車持部 取充~者(かむべちのたみ) 必是罪矣 天皇則喚車持君 以推(かむがへる)問之 事得實(まこと)焉 因以 數(せめる)之曰 爾(いまし)雖車持君 縱(ほしきまま)檢校(かとる)天子(みかど)之百姓(おほみたから) 罪一也 (くばる)寄于~車持部 奪取之 罪二也 則負(おほせる)惡解除(あしはらへ) 善解除(よしはらへ) 而出於長渚崎(ながすのさき) 令秡(はらへ)(みそぐ) 而詔之曰(のたまふ) 自今以後 不得掌筑紫之車持部 乃悉收以更分之 奉於三~

五年の春三月の戊午の朔(AD404.03.01)に、筑紫に居します三の~、宮中に見えて言はく、「何ぞ我が民を奪ひたまふ。吾、今、汝に慚みせむ。」是に、祷りて祠らず。
秋九月の乙酉の朔壬寅
(09.18)に、天皇淡路嶋に狩したまふ。是の日に、河内部等、從駕へまつりて轡に執けり。是より先に、部の黥、皆差えず。時に嶋に居します伊奘諾~、祝に託りて曰はく、「血の臭きに堪へず。」 因りて、卜ふ。兆に云はく、「部等の黥の氣を惡む。」故、是より以後、頓に絶えて部を黥せずして止む。癸卯(09.19)に、風の聲の如くに、大虚に呼ふこと有りて曰く、「劔刀太子王。」亦た呼ひて曰く、「鳥往來ふ羽田の汝妹は、羽狹に葬り立往ちぬ 【汝妹 此を儺邇毛と云ふ】」 亦曰く、 狹名來田蒋津之命、羽狹に葬り立往ぬ。」 俄にして使者、忽に來りて曰さく、「皇妃、薨りましぬ。」 天皇、大きに驚きて、便ち駕命りて歸りたまふ。丙午(09.22)に、淡路より至ります。
冬十月の甲寅の朔甲子
(10.11)に 皇妃を葬りまつる。既にして天皇。~の崇を治めたまはずして、皇妃を亡ぼせることを悔いたまひて、更に其の咎を求めたまふ。或者の曰さく、「車持君、筑紫國に行りて、悉に車持部を校り、兼ねて充~者を取れり。必ず是の罪ならむ。」 天皇、則ち車持君を喚して、推へ問ひたまふ。事既に實なり。因りて、數めて曰はく、「爾、車持君と雖も、縱に天子の百姓を檢校れり。罪一つなり。既に~に分り寄せまつる車持部を、兼ねて奪ひ取りぬ。罪二つなり。」 則ち惡解除、善解除を負せて、長渚崎に出だして、秡へ禊がしむ。既にして詔して曰はく、「今より以後、筑紫の車持部を掌ること得ざれ。」 乃ち悉に收めて更に分りて、三の~に奉りたまふ。

筑紫に居します三の~とは、田心姫、湍津姫、市杵嶋姫、天照大~が素戔嗚尊の十握劒を三つに折り天の井戸ですすぎ、噛み砕き、狭霧のごとく吹き出して生まれた~、筑紫の胸肩
(宗像:)等が祭る~書紀巻1であった。三~が磐余稚櫻宮に現れ、何故我が民を奪うのか、恥を知れという不吉な憤りが天皇に告げられた。天皇はその意味が判らず、祈祷をされたが、祠りをしてその真意を確かめることをされなかった。
それから、半年が何もなく過ぎ、天皇が淡路に狩りに出られた。馬飼は譽田天皇
(應~天皇)の時代に百濟から渡来した阿直岐(伎)に始まり、「輕の坂上の廐に養はしむ書紀巻10」とあり、大和に馬飼が置かれたが、大鷦鷯天皇(仁コ天皇)の時代には河内でも飼われるようになった。駕は馬に車をつけること、轡は”くつわ”、馬に轡をつけ手綱を執る。漁労に就く者が入墨をして海中で大魚や龍に備えるというのがあったが、眼力で馬を制御するのであろうか。下賤の者と差別されて黥を施されたとするようである馬飼首列伝。黥をめさきのきず”と訓じており、眼のまわりに施した入墨とされる。差は差癒(いえる)のこと。淡路に祀られる伊奘諾~が、祝(はふり:~官)の口をかりて、その血生臭さには堪えられないと申された。天皇は即刻、真意を占われた。「部等の黥の氣を惡む。」明確に一致し、「頓に絶えて部を黥せずして止む。」と対策が講じられた。筑紫の三~に対しても同様の対応が執られていればよかったものを、と云はんばかりである。半年がたって、大虚(大空)に風のごとく叫ぶ声があった。劔刀太子王とは状況からすれば、去来穂別天皇(履中天皇)が該当し、天皇に向かって発せられた言葉であり、”つるぎたちひつぎのみこ”は太子の去來穗別尊となり、即位前の去来穂別尊に向かって呼びかけたことになる。劔刀は、切先が剣で、元の方が刀、草薙の剣、日本武尊が、「嬢子(をとめ:美夜受比賣)の 床(とこ)の邉(べ)に 我(わ)が置きし つるぎの大刀(たち) その大刀はや(古事記、岩波文庫)」と詠まれたもの。都流岐能多知、都流伎多知は万葉集に枕詞として用いられる。ここでは太子にかかる。太子よ!と呼びかけられたことになる。「鳥往來ふ羽田の汝妹」「狹名來田蒋津之命」は文脈からすれば、皇妃、K媛となる。書紀では皇妃のK媛は、母の磐之媛命の弟、葦田宿禰の女(むすめ)のK媛であるが、もう一人、住吉仲皇子が女女干した武内宿禰の長子、羽田矢代宿禰(葛城襲津彦の兄)の女(むすめ)のK媛があった。「鳥往來ふ」は羽田の枕詞、鳥とは去來穗別尊、尊が通う羽田の汝の妹(妻)、羽田は羽田矢代宿禰の羽田であり、このK媛は皇妃ではない。風のごとき声であり、どちらか分かりにくい響きであったのかもしれない。再び声がして、狹名來田蒋津之命であるとした。狹名田は、「~吾田鹿葦津姫、もって田を卜定へ、號けて狹名田と申す。その田の稻をもって、天甜酒(あめのたむさけ)を釀みこれを嘗(にひなえ)す。また、渟浪田(ぬなた)の稻を用ひて、飯(いひ)を爲(かし)きこれを嘗す書紀巻2とあった。卜定田とは、~に供える稲をつくる田の場所を卜って定めること、狹名田の”さ”は~穂、”な”は助詞で~穂の田とある。狹名來田もこれに類する田ではなかろうか。「説文解字に、蒋は菰なり、広雅、釈草に、「菰は蒋なり。其の米、之を彫胡と謂ふ。」彫胡は、「黍(モチキビ)や穫(ウルチアワ)などとともに九穀・六穀のひとつとしても数え上げられ、君主の宴席にもだされる古代常用の糧食」であり、中国の「特に南方における美饌とみなされていたことは明らかである。それは、多くの北方植物が詠まれる『詩経』中に「菰」が一字も見出せないことからも理解されよう。後代盛唐、王維の詩にあっても「員邑国稲苗秀で、楚人菰米肥ゆ」(.「友人の南帰するを送る」)と詠まれるごとく、菰の語には南国精緒を醸す響きがあったに違いない。魏の曹植は、枚乗以来の「七」体の常套にならって菰を「芳菰」(芳しき菰米)と表現し、「肴饌の妙」と称讃している菰の本草学:澁澤 尚(福島大学研究年報)とあり、蒋は美饌とみなされていたようである。我が国でもこれが~事に用いられたことが延喜式にみえ、伊勢~宮に引き継がれているという(前掲書)。狹名來田蒋津之命とは、~田と~饌に携わるイメージであろう。そのK媛を羽狹に葬ったとは、三~が祟って犠牲とされたことを意味する。羽狹は幡舎(はさ)の山、奈良県橿原市大軽町付近の山かと注される。使者の知らせで、それが風の声でなく、実際起こったことを知り、淡路を後にして奈良に急いで戻られた。
天皇は己の迂闊さを悔い、その原因を追及された。或者とは名を出せなかった事情によろう。車持君、姓氏録・左京皇別の車持公条に「上毛野朝臣同祖。豊城入彦命八世孫射狭君の後なり」とあり、天皇の乗る輿を作り、管理し、運搬に携わる職とされる。校を”かとる”と訓じている。檢校とも表現しており、人民を調査し、貢納物を徴発することと注される。筑紫の車持部とは三~を祭る宗像~社の車持部であり、この車持君がそこから独自に貢納物を徴発し、また、充~者とは~戸
(かんべ)に充てられている民、宗像~社の~戸の民を取り込んだ、と天皇に告げた。天皇が車持君を召して尋ねると事実であった。數、漢書、高帝紀に、「漢王數羽」の顔師古注に、「數責其罪也」とある、と注される。罪二つを数え責める。百姓とは姓のある臣下が原義であるが、ここでは筑紫の車持部をさす、車持君と雖も筑紫の車持部から貢納物を徴発することは天子の百姓に縱(ほしいまま)に徴発することで罪である。また、車持部のなかで三~に分かった~戸を兼ね、奪い取った。二つ目の罪である。惡解除、善解除は、~に対して犯した罪を購うため、犯罪者が供え物を出して行う祓い、と注される。祓は素戔嗚尊にはじまる。高天原で犯した罪を祓うに、邪悪なものを、~に祈って追いはらう。邪悪なもの、汚れたものをおしのけて、その罪や穢れを除き去ること。そのために”はらへつもの”を提供する。罪科を祓うために贖罪として棄てるもので、素戔嗚尊の場合は手足の爪であった書紀巻1。惡解除は過去の罪を清めること、善解除は吉端将来を目的とし、禊に関連する。自分自身の穢れを払うことが禊であるが、伊奘諾~が禊を行うと、そこから諸~が出現したごとく、罪を清めた結果としての善き展開を求めるものでもある。長渚崎は摂津国河辺郡(兵庫県尼崎市長洲付近)の海岸とされる。車持君は筑紫の車持部を兼ねることをやめ、車持部の~戸を三~(宗像~社)に返還した。これは、この時代半島から馬の導入が行われ、部、車持部が急速に肥大化したものと思はれる。馬のみならず、馬具をはじめ馬車、輿などは輸入にはじまり、筑紫がその窓口となったのであろう。車持君はいち早く、筑紫の車持部を押さえ、この流通の主導権を握った。しかるに去来穂別天皇(履中天皇)は、住吉仲皇子との対立から難波から磐余(稚櫻宮)あるいは石上へと撤退をしていた。むしろ、阿曇連濱子と連携していた住吉仲皇子の方が半島との関連を重視している節があり、車持君はその空白をついて筑紫に乗り出していたことになる。
歴史的には、譽田天皇
(應~天皇)十四年(AD283年:書紀巻10に見たごとく、半島では、三國史記、卷第二十五、百済本紀第三、阿艸辛王の十一年(AD402)に、「夏、大旱、禾苗焦げ枯れる。王親(みづから)岳を祭りて、乃ち雨ふる。五月、使を倭國に遣はして大珠を求む古代史獺祭。」十二年(AD403)の春二月に、「倭國の使者、至れり。王、迎へて勞すこと特に厚し古代史獺祭。」とある。新羅本紀第三・第十八代 実聖 尼師今(在位 AD402-417)の元年(AD402)の三月に、「倭国と好を通じ、奈勿王の子、未斯欣を質と為す。」とある。半島側の資料では、この時期、百済と新羅との間との往来が頻繁に行われていたことになるが、書紀は120年前のこととしている。読む限り、この政権では、国内的に求心力に欠け、半島情勢に対応する気迫、派遣する将軍人事にも事欠くと思はれ、譽田天皇(應~天皇)あるいは大鷦鷯天皇(仁コ天皇)の政権時とするのはもっともである。年代を圧縮してづらす必要があろう。

六年春正月
(むつき)癸未(みづのとのひつじ)朔戊子(つちにえねのひ) 立草香幡梭皇女(くさかのはたびのひめみこ)爲皇后(きさき) 辛亥(かのとのゐのひ) 始建藏職(くらのつかさ) 因定藏部(くらひとべ) 
二月
(きさらぎ)癸丑(みづのとのうし)(ついたちのひ) 喚魚即魚磯別王(ふなしわけのおほきみ)之女(むすめ)(ふとひめのいらつめ) 高鶴郎(たかつるのいらつめ) 納(めしいれる)於後宮(きさきのみや) 並爲嬪(みめ) 於是 二(ふたはしら)嬪恆(つねに)(なげく)之曰 悲哉 吾兄王(わがいろせのおほきみ)何處(いどこ)去耶 天(すめらみこと)皇聞其歎 而問之曰(のたまふ) 汝(いまし)何歎息(なげく)也 對曰(まうす) 妾(やつこ)兄鷲住王(いろせわしすみのおほきみ) 爲人(ひととなり)(ちからこわし)(かるい)(とし) 由是 獨馳越八尋屋(やひろや)(いく) 經多日 不得面言(あひかたらふ) 故歎耳 天皇力以喚之 不參來 亦重使而召 猶不參來 恆居於住吉邑(すみのえのむら) 自是以後 廢(やむ)以不求 是讚岐國造(さぬきのくにのみやつこ) 阿波國(あはのくに)脚咋別(あしくひわけ) 凡二族(ふたやから)之始(はじめのおや)也 
三月
(やよい)壬午(みづのえうま)(ついたち)丙申(ひのえさるのひ) 天皇玉體不余心(おほみやまひ) 水土弗調(やくさむ) 崩(かむあがる)于稚櫻宮(わかさくらのみや) 【時年(みとし)七十(ななそぢ)】 
冬十月
(かむなづき)己酉(つちのとのとり)朔壬子(みづのえねのひ) 葬(はぶる)百舌鳥耳原陵(もずのみみのはらのみさざき)

六年の春正月の癸未朔の戊子(AD405.01.06)草香幡梭皇女を立てて皇后とす。辛亥(01.29)に、始めて藏職を建つ。因りて藏部を定む。
二月の癸丑の朔
(02.01)に、魚即魚磯別王の女太姫郎姫、高鶴郎姫を喚して、後宮に納れて、並びに嬪としたまふ。是に、二の嬪、恆に歎きて曰く、「悲しきかな。吾が兄王、何處にか去りましけむ。」 天皇其の歎くことを聞しめして、問ひて曰はく、「汝、何ぞ歎息く。」 對へて曰す、「妾が兄鷲住王、爲人力強はくして輕く捷し。是れに由りて、獨り八尋屋を馳せ越えて遊行にき。既に多くの日を經て、面言ふことを得ず。故、歎かくのみ。」 天皇、其の強力あることを悦びて喚す。參來ず。亦使を重ねて召す。猶し參來ず。恆に住吉邑に居り、是より以後、廢めて求めたまはず。是、讚岐國造、阿波國の脚咋別、凡て二族の始祖なり。
三月の壬午の朔丙申
(03.15)に、天皇玉體不余心したまひて、水土弗調みたまふ。稚櫻宮に崩りましぬ。【時に年七十】
冬十月の己酉の朔壬子
(10.04)に、百舌鳥耳原陵に葬りまつる。

古事記に曰く、
天皇、ここに阿知の直を始めて藏官(くらのつかさ)に任(ま)け、また粮地(たどころ)を給ひき。またこの御世に若櫻部の臣等(ども)に若櫻部の名を賜ひ、また比賣陀(ひめだ)の君等(ども)に姓(かばね)を賜ひて比賣陀の君と謂ひき。また伊波禮部(いはれべ)を定めたまひき。天皇の御年、六十四歳(むとせあまりよとせ)【壬申の年の正月三日に崩りましき】。御陵は毛受(もず)にあり(岩波文庫)
草香幡梭皇女を皇后とした話は古事記にはない。草香幡梭皇女は、一説では、大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)と日向髮長媛の間に生まれた大草香皇子、幡梭皇女書紀巻11の幡梭皇女とする(古事記では、日向の諸縣(もろがた)の君牛諸(うしもろ)の女、髮長比賣を娶して生みませる御子、波多毘能大郎子(はたびのおほいらつこ)、亦の名は大日下(おほくさか)の王。次に波多毘能若郎女(わきいらつめ)、亦の名は長日(ながひ)比賣の命、亦の名は若日下部(わかくさかべ)の命)とされる。これは、大鷦鷯天皇二年(314年)条であり、去來穗別天皇より若干若いが、同父異母の関係、ここは六年(405年)で、91年後のことで相当のご高齢。天皇70歳(古事記は64歳)とするが、年代設定は合わない。一説では、古事記の伝へる品陀和氣天皇(応神天皇)と日向泉長(いづみのなが)比賣の間の女(むすめ)、幡日(はたひ)之若郎女とする。130年以上前のことであり、超絶老婆となる。書紀では日向泉長媛との間では、大葉枝皇子と小葉枝皇子のみ書紀巻10で、幡日之若郎女は記されていない。この草香幡梭皇女は約50年後の大泊瀬幼武尊(雄略天皇)の皇后となる。これまた超絶老婆。書紀の年代設定が破綻をしている。草香幡梭皇女が若々しくあるためには、大鷦鷯天皇(仁コ天皇)と大泊瀬幼武尊(雄略天皇)の間の時間を四分の一位に縮める必要があろう。干支二運(60x2=120年)を操作して半島関係の歴史を前倒したことにより生じた現象であろう。
藏職、藏部は、古事記との関連から「
阿知の直」、渡来系を任命したことが分かる。文書と計数に明るい人間を多数必要とするからには、渡来系を任用する他なかった。
大足彦忍代別天皇(景行天皇)と五十河媛の間の子、~櫛皇子が讃岐國造の始祖なり(書紀巻7とあった。その三世、須売保礼命の子が魚即魚磯別王とされる。しかし、讃岐からを迎えたとは記されていない。正妻は皇后、内親王が妃、はその下のクラス。兄の鷲住王が「恆に住吉邑に居り」とあり、魚即魚磯別王親子は本土側にいたと想定される。播磨の稻日大郎姫(いなびのおほいらつめ)は吉備系であった、太姫郎姫(ふとひめのいらつめ)もその系統を思はせる名前。天皇は鷲住王を召したが行方が分からず、召すのを諦めたとある。讚岐國造、阿波國の脚咋別とあり、二族の始祖となったとすれば、讃岐から来たことにはならない。また、天皇の意を受けて海を渡ったものでもないが、婚姻関係があり、天皇側としては、讚岐・阿波に新たな地歩を築いたことになる。脚咋別は、阿波國海部郡の肉咋(徳島県海部郡宍喰町:地図とされ、鷲住王は、宍喰川の流域を開拓し、農耕をはじめ、そこにはじめて邑をつくったとされる。この地の海人族は古くから吉野川、那賀川流域の湾岸に住み着いており、その南から入り込み、讚岐へと勢力を広げたことになろう。淡路、紀伊の中間にあたる阿波から讚岐を押さえる結果となっている。
余心は豫に通じ喜ぶ、不余心で病ある意、水土はその地方の気候風土、弗調は不調、身体に合わないこと、”やくさむ”と訓じているのは、いよいよ身体の臭みを増す意と注される。奈良の稚櫻宮の気候風土が身体に合わなかった。これは不吉な表現である、難波の水土は合っていたといふことか。百舌鳥耳原陵は和泉国大鳥郡(大阪府堺市西区石津ケ丘:地図の父、大鷦鷯天皇(仁コ天皇)の陵の南に位置する。大鷦鷯天皇31年(343年)に立太子、15歳であり、生まれは16年(328年)となり、77歳となるが、7年(319年)に「大兄去來穗別皇子の爲に、壬生部を定む」とあり、これに従えば86歳以上となる。人生のほとんどを難波で過ごし、老境で即位、住吉仲皇子の乱で奈良に逃れて稚櫻宮をひらかれたが、体調の崩れ如何ともしがたかった。

2009.09.20

瑞齒別天皇(みつはわけのすめらみこと) 反正天皇(はんぜいてんわう)


瑞齒別天皇 去來穗別天皇
(いざほわけのすめらみこと)同母弟(いろど)也 去來穗別天皇二年 立爲皇太子(ひつぎのみこ) 天皇初生(あれる)于淡路宮(あはぢのみや) 生而齒(みは)如一骨(ひとつほね) 容姿(みかたちみすがた)美麗(うるはし) 於是有井(ゐ) 曰(いふ)瑞井(みつのゐ) 則汲之洗(あむす)太子(ひつぎのみこ) 時多遲(たぢ)花 有于井中 因爲太子名(みな)也 多遲花者 今虎杖(いたどり)花也 故稱謂(たたへまうす)多遲比瑞齒別天皇(たぢひのみつはわけのすめらみこと)
六年春三月(やよひ) 去來穗別天皇崩(かむあがる)

瑞齒別天皇は、去來穗別天皇の同母弟なり。去來穗別天皇の二年に、立ちて皇太子と爲りたまふ。天皇、初め淡路宮に生れませり。生れましながら齒、一骨の如し。容姿美麗し。是に井有り。瑞井と曰ふ。則ち汲みて太子を洗しまつる。時に多遲の花、井の中に有り。因りて太子の名とす。多遲の花は、今の虎杖の花なり。故、多遲比瑞齒別天皇と稱へ謂す。
六年の春三月
(AD405.03)に、去來穗別天皇崩りましぬ。

古事記に、
(いろと)、水齒別の命、多治比(たぢひ)の柴垣(しばかき)の宮に坐しまして天の下治らしめしき。この天皇、御身(みみ)の長(たけ)、九尺二寸半(ここのさかあまりふたきいつきだ)。 御齒の長さ一寸(ひとき)、廣さ二分(ふたきだ)。 上下(かみしも)等しく齊(ととの)ひて既に珠(たま)を貫(ぬ)けるが如きなりき(岩波文庫)とある。

瑞齒別天皇の年齢は定かでない。古事記は60歳で崩御とするが、去來穗別天皇とそう年が離れているとは思はれず、すでに相当のご高齢となるが、御子を四人もうけておられ、現実と合致しないことは目をつぶるしかない。母はかの皇后、磐之媛であるが、難波ではなく淡路の宮で生まれたとある。皇后の里は葛城であり、淡路は天皇のお狩り場、保養地としてあらわれるが、皇后がその地で出産されるというのは、特別の事情があったのであろう。磐之媛は嫉妬深い女性と描かれるが、兄の去來穗別天皇の誕生の際には、大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)は桑田玖賀媛を愛(めぐ)まむ欲(おも)ふといふ始末、その後は八田皇女に執心しておられ、皇后、磐之媛は難波で産む気が失せておられたのかもしれない。御子の歯は、一つの骨の如し、隙間なくきれいに生え揃っていた、瑞齒(みつは:縁起の良い歯)とされた。古事記では、長さ一寸、前漢までは2.25cm、隋では2.95cm、一寸は十分、二分は0.45cm〜0.59cmとなる。巾はともかくえらく長い歯であった。尺は前漢までは22.5cm、隋では29.5cm、身長は208〜273cmという長人。古事記の仁徳記の枯野という巨船についての記述があり、「時にその船を號(なづ)けて枯野(からの)と謂ひき。故、この船をもちて旦夕(あさゆふ)に淡道島の寒泉(しみづ)を酌(く)みて、大御水(おほみもひ)を獻りき(岩波文庫)。」と伝へている。瑞井とはこの寒泉と注される。磐之媛はこの寒泉の井戸の水で御子の禊をされたのであろう。この井戸の中に多遲、虎杖の花があった。「杖は茎で、 虎は若い芽にある紅紫色の斑点が虎のまだら模様の皮季節の花300とされる。皮をむいてかじると、みずみずしくてしゃりしゃりし、酸味がある。瑞齒の御子がめしあがる姿が想い浮かばれよう。磐之媛はこころ静かに御子を育てようとされたのかもしれない。しかし、多遲といふことからすれば、次にあらわれる丹比と関連しており、ここで過ごされることが多かったと思はれる。

元年
(はじめのとし)春正月(むつき)丁丑(ひのとのうし)(ついたち)戊寅(つちのえとらのひ) 儲君(ひつぎのみこ)即天皇位(あまつひつぎしろしめす) 
秋八月
(はつき)甲辰(きのえたつ)朔己酉(つちのとのとりのひ) 立大宅臣(おほやけのおみ)(おや)木事(こごと)之女(むすめ)津野媛(つのひめ) 爲皇夫人(きさき) 生(うむ)香火姫(かひのひめ)皇女(みこ) 圓皇女(つぶらのひめみこ) 又 納(めしいれる)夫人(きさき)(いろど)々媛(おとひめ) 生(なす)財皇女(たからのひめみこ)與高部皇子(たかべのみこ) 
冬十月
(かむなづき) 都於河内(かふち)丹比(たぢひ) 是(まうす)柴籬宮(しばかきのみや) 當是時 風雨(かぜあめ)(したがふ)時五穀(いつのたなつもの)成熟(みのる) 人民(おほみたから)(とむ)(にぎはふ) 天下(あめのした)太平(たひらか) ◎是年也 太歳丙午(ひのえうま)

元年の春正月の丁丑の朔戊寅(AD406.01.02)に、儲君、即天皇位す。
秋八月の甲辰の朔己酉に、大宅臣が祖木事が女、津野媛を立てて、皇夫人とす。香火姫皇女、圓皇女を生めり。又、夫人の弟々媛を納れて、財皇女と高部皇子とを生しませり。
冬十月に、河内の丹比に都つくる。是を柴籬宮と謂す。是の時に當りて、風雨時に順ひて、五穀成熟れり。人民富み饒ひ、天下太平なり。◎是年、太歳丙午

古事記に曰く、
天皇、丸邇(わに)の許碁登(こごと)の臣の女、都怒(つの)の郎女を娶して、生みませる御子、甲斐(かひ)の郎女。 次に都夫良(つぶら)の郎女【二柱】。 また同じ臣の女、弟比賣を娶して生みませる御子、財(たから)の王。次に多訶辨(たかべ)の郎女。并せて四王(よはしら)なり。天皇の御年、六十歳(むそとせ)。【丁丑の年の七月崩りましき】。 御陵(みささぎ)は毛受野(もずの)にあり。と。大宅臣は河内国皇別に、「大春日(おほかすが)と同じき祖。天足彦国押人命(あまたらしひこくにおしひとのみこと)の後なり。」とあり、和珥氏。大宅臣は大和国添上郡大宅郷(奈良県奈良市古市町付近:地図とされる。皇夫人、夫人を”きさき”とする、皇妃とともに皇后よりは下位とされる。論語によれば、「邦君の妻、君がこれを夫人と称する(季氏篇)。」とある。
丹比は、大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)十四年書紀巻11にあったごとく、難波から奈良に向かう大道が竹内街道と交わるあたり、柴籬宮は河内の柴籬神社松原市:松原市松原市上田7丁目:地図のあたり。多遲は丹比から来ると灌漑用水や池が造られた地であり、気候に恵まれれば、豊かな収穫があった。

五年春正月
(むつき)甲申(きのえさる)(ついたち)丙午(ひのえうまのひ) 天皇崩(かむあがる)于正寢(おほとの)

五年の春正月の甲申の朔丙午
(AD410.01.23)に、天皇、正寢に崩りましぬ。

正寢とは、天皇の常にいる宮中の正殿と注される。古事記には毛受野に御陵があるとるが、書紀には記述がない。允恭紀に、「瑞歯別天皇を百舌鳥耳原陵に葬る」とあり、田出井山古墳古代歴史街道を歩く:堺市堺区北三国ケ丘2丁目:地図あるいは土師ニサンザイ古墳古代歴史街道を歩く:堺市北区百舌鳥西之町3丁目:地図が候補とされる。天下太平の五年であったとするが、半島情勢からすれば、様相は全く異なる。そのことがあって、河内に都を移動したのではなかったか?

広開土王碑
(釈文:水谷悌次郎、訓は筆者)によれば、「九年己亥(399年)、百残(百済)は誓を違へ、倭と和通す。王、平穰に巡下し、新羅、使を遣はして王に白(まう)して云く、倭人其の國境に満ち、城池潰破し、奴客(高句麗に臣従した新羅)を以て民と爲す。王に歸し命を請ふ。太王■慈衿其忠誠■遣使還告以■■」高句麗の奴客として臣従することを誓った百済が誓いを反故にして倭と通じた。王、談コは平壌に兵を進めると、新羅から使者が来てこう述べた。倭人が国境に満ち、城を落とし、高句麗の臣民を倭の民としている。新羅は高句麗王に従いその命を請う。その後の部分は釈文により文字に異同があり、意味が定かでないが、談コが新羅を救援するという知らせを持ち帰りたいといふことであろう。碑には、「十年庚子(400年)歩騎五萬をヘ遣し、住(ゆ)きて新羅を救ふ。男居城より新羅城に至るに、倭其の中に満つ。官兵、方(まさ)に至り、倭賊退く。■■■■■■■■背に來りて急追して任那加羅に至る。城を抜くによりて、城即ち歸服す。安羅人戍兵、新羅城を■。■城倭満ち、倭城を潰す■■■■■■■■■■■■■■■■■■■盡更■安羅人戍兵来りて満つ■■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■辭■■■■■■■■■■■■■潰■以隋■安羅人戍兵、昔し、新羅寐錦未だ有身來■■■■■■■土境を開き、好太王■■■■寐錦■■僕句■■■■朝貢 」とあり、談コは、五万の歩兵と騎兵を派遣し、新羅から倭兵を追い払い、任那加羅の城をも抜き高句麗に帰服したが、空になった新羅を安羅が落していた。安羅と倭は通じており、再び倭が城に満ち、潰は敗、漏、逃散の意味があり、倭が侵入し城民が逃散したとなろう。以降は読めない文字が多くて意味が不明。高句麗本紀古代史獺祭においてはこれについての言及がなく、十一年(401年)宿軍を攻撃、燕平州刺史慕容歸は城を棄てて逃げた。」とあり、高句麗が新城(撫順)・遼東城(遼陽)を占領したとされる。新羅本紀古代史獺祭では實聖尼師今元年(402年)「新羅は倭国と好みを結び、奈勿王子、未斯欣を人質に入れた。」とあり、百済本紀古代史獺祭では、阿艸辛王十二年(403年)「春二月、倭國使者至る。王迎へて特に厚く勞(ねぎら)ふ。秋七月、兵を遣して新羅の邊境を侵す。」とある。これらからすれば、談コは一旦は倭を任那加羅まで追い落としたが、安羅に背後をつかれ、退却を余儀なくされたことになろう。といふより平州、遼東攻略が急務となり、さっさと兵を引いたのであろう。倭が百済との関係を基軸に、依然として、新羅をも影響下に置いていたことになる。碑には、「十四年甲辰(404年)にして倭、軌ならずして帯方界に侵入す■■■■■石城■連船■■■■■率■■■平穰■■■鋒相遇し、王幢して要截盪刺、倭寇潰敗し斬殺すること無數」とある高句麗本紀広開土王十四年(404年)に、「燕王熙が遼東城を攻撃し、陥落させた。」とあり、倭と百済がこの機を狙って、帯方郡から平壌に向かって兵を進めたのであろう。不軌にして侵入、事もあろうに高句麗の領内に無法にも侵入してきたと記している。六年(396年)に水軍で百済を討ったごとく、船を連ね、平壌に入った倭の後方に回り、倭を挟み撃ちにし、王幢(王の旗)を翻し倭兵を截(き)り刺すを要(もと)め、盪(ほしいままに)した。この戦いは、碑に記されているのみであり、他に記述がない。談コとしては、倭と百済の不軌に断固たる鉄槌を下したことを世に示したかったものと思はれる。実のところ、広開土王十五年(405年)冬十二月に、燕王の熙(慕容熙)が契丹を襲ひ、圧迫を受けた契丹は北に逃れたが、一部が高句麗を襲ったとあり、この対応のため、談徳は平壌、帯方方面から早々に引き揚げざるを得なかったのであろう。ところが、燕は冬に北に三千余里軍を動かし、多くの兵馬が疲労と凍傷のため死に、407年熙は部下に殺され後燕は滅亡するという事態が起こった。燕では、高句麗の支族の庶子の高和(自ら高陽氏の苗裔だと言って高を氏とする)を祖父とする雲が王となり、北燕王を称した。この機に、談コは、十七年(407年)春三月に、使者を北燕に遣わし、雲を宗族に叙し、この方面で優位に立つことができるようになった。
百済では阿
艸辛王十四年(405年)、阿艸辛王が亡くなり、倭に質となっていた太子、腆支を倭は兵士百人で衛送し、王となっていた阿艸辛王の弟を国人が殺し、腆支が即位した。書紀では、譽田天皇(應~天皇)十六年(285+120=405)に、「百濟の阿花王薨りぬ。天皇、直支王を召して謂りて曰はく、「汝、國に返りて位に嗣げ。」仍りて且、東韓の地を賜ひて遣す。【東韓は、甘羅城・高難城・爾林城是なり。】八月に、平群木菟宿禰、的戸田宿禰を加羅に遣す。仍りて精兵を授けて、詔して曰はく、「襲津彦、久に還こず。必ず新羅人の拒(ふせ)くに由りて滞れるならむ。汝等、急に往りて新羅を撃ちて、其の道路を披(ひら)け。」是に、木菟宿禰等、精兵を進めて、新羅の境に莅む。新羅王、愕じて其の罪に服しぬ。乃ち弓月の人夫を率て、襲津彦と共に來り。」とあり、倭が軍事力を行使していた。新羅本紀によれば、實聖尼師今四年(405年)に、「倭兵來りて明活城を攻むも、克たずして歸る。王騎兵を率ゐ、之を獨山の南に要(もと)む。再び戰ひて之を破る。殺して獲ること三百餘級。」、實聖尼師今六年(407年)には、「春三月に、倭人、東邊を侵す。夏六月に、又、南邊を侵し、一百人を奪掠す。」とあり、双方共、一方的勝利が得られる状態ではなかった。には、「十七年丁未(407年、歩騎五萬をヘ遣す。■■師■■■■■■城■■合戦し斬殺蕩盡し、獲る所の鎧ナは、一萬餘領。軍資器械は數を稱す可からず。還りて沙溝城、婁城■■城■■■■■■那■城を破る。」とあり、談徳は再び、倭と百済を撃ち破った。しかし、實聖尼師今七年(408年)に、「春二月に、王聞く。倭人、對馬島に營を置き、兵革資粮を以て貯へ、謀を以て我を襲ふ。我先ず其れ未だ發せざるを欲す。精兵を揀(えら)び兵儲を撃破せむ。舒弗邯の未斯品が曰く、臣聞く、兵は凶器なり、戰は危事なり。況(いわん)や巨浸(対馬海峡)を渉(わた)り以て人を伐(う)つは、萬一利失なはば、則ち悔追ふ可からず(悔やみきれない)。嶮に依り關を設くに若(し)かず。來れば則ち禦ぐ。侵猾(侵入して乱す)得せしめず、便すれば則ち出でて禽(とら)ふ。此れ所謂(いわゆる)、人に致りて人に致されず(孫子の兵法:人を制し、人に制されず)、策の上なり。王これに從ふ」とあり、倭が対馬に兵站基地を設けていたことを示しており、高句麗が決定的な勝利を得るには至っていない。碑によれば、「廿年庚戌(410年)東夫餘、舊(もと)是れ鄒牟王の属民、叛に中(あた)りて貢せず。王躬(みず)から率ゐて往き討つ。軍餘城(東夫餘)に到りて餘城國■■■■■■那■■王恩は晋虚(日の上るような大きさ)にして、是に旋還(旋帰)す。 又、其れ慕化して官に随ひ來る者 、味仇婁鴨盧(官名)、卑斯麻鴨盧、■立婁鴨盧、 粛斯舎■■■■■」と、東扶餘を臣従させ、談徳は平州、遼東、東餘を固めたようである。實聖尼師今十一年(412年)に、「奈勿王子、卜好を以て高句麗に質とす」とあり、新羅に軍を派遣し、倭と百済を牽制し、質をとった。この年(二十二年:412年)の冬十月に談徳はその生涯を終え、十八年(408年)に太子となったlが長壽王として即位する。高句麗本紀、長壽王元年(412年)に、「長史の高翼を遣し、晉に入り奉表して、赭白馬を獻じる。安帝、王を高句麗王、楽浪郡公に封ず。」とあり、南史、高句麗伝では、それを晋の安帝の義熙九年(413年)とし、晋は「lを使持節、都督営州諸軍事、征東将軍、高句麗王、楽浪公」と為したとしている。営州(平州)から楽浪郡までを高句麗王の実質支配地とみなしたことになる。一方、百済本紀によれば、腆支王十二年(416年)に、「東晉安帝、使を遣し、王に冊命し、使持節都督百濟諸軍事鎭東將軍百濟王と爲す。」とあり、百済はその地を支配していた。
歴史的には、瑞齒別天皇(反正天皇:在位406〜410年)が、この事態に対応していなくてはならない。しかし、その気配は全くなく、譽田天皇(應~天皇)の時代のこととしている。周辺の人材からみて、この動乱に対応し得るのは譽田天皇とみるべきであり、譽田天皇は本来はこの時代を生きたのであろう。干支を二運(60年x2=120年)前に倒して記述した理由は、母の氣長足姫尊(~功皇后)ともども、卑弥呼の歴史を覆い隠すための操作であったと考へざるを得ない。
書紀においては、若々しそうに描かれ、子を為す天皇や皇后が、年代計算をすると、超絶老人であることが続出する。古事記には干支による年代は示されないが、たまに示される年齢は長寿である。魏志倭人伝においても、
「人性酒を嗜(たしな)む。大人の敬する所を見れば、ただ手を搏(う)ち以て跪拝に当つ。その人の寿考、あるいは百年、あるいは八、九十年。その俗、國の大人は皆四、五婦、下戸もあるいは二、三婦。婦人淫せず、妬忌(とき)せず、盗竊(とうせつ)せず、諍訟(そうしょう)少なし。」とあり、長寿でおだやかな社会という評価が伝はっていた。人性嗜酒の注に「其俗不知正歳四節但計春耕秋収爲年紀」(魏略(逸文7)三國志 魏書 東夷伝 倭人 裴松之注)、正歳、四季を知らずとは天文観測を行い暦を作成することを知らないことを意味する。歳とは木星、木星は天球を十二年で一周する。木星の運行する道筋の星座(宿)を十二のci次(やどり)に分け、木星のある次によって歳(年)を定める。歳星運行方向の鏡像が太陰とされ、地上では年はchen辰、si巳、wu午、wei未、shen申、you酉、xu戌、hai亥、zi子、chou丑、yin寅、mao卯の順に運行する。正歳を知るとは、木星の位置観測が出来ることが条件となる。四季となれば、春分、夏至、秋分、冬至を観測し、郊外での祭り、郊祭を行うことが出来ねばならない。年は説文に「穀、熟すなり」とあり、年穀であり、春耕し秋に収穫する(回数)を計り年紀(年数)となしている。殷では10日を旬とし、旬毎にト占と祭祀を行い36旬(360日)とト占しない日、閏日を数日を以て一祀(一年)とした。中国では王朝がしっかりしておれば、天文観測により暦が示され、年月日がきちんと認識され、祭祀により民に月日が示される。倭においては、天文観測による暦はなく、統一政権ともなれば、暦を輸入して配布したのであろうが、それ以前ともなれば、どのようにして日月をお互いに取り決めて、約束事を履行していたのか、不確かなものである。祭祀というのは暦を認識するには非常に大事な行事であった。もういくつ寝るとお正月みたいなことで月日を相互認識していたのであろう。さもなくば、太陽の昇る位置、南端と北端、月の満ち欠け、日中の太陽の位置などで月日、時間を合わせねばならなかったのであろう。天皇の年齢についての伝承があり、古事記や書紀はそれを伝へたのであろうが、何を基準に数えたかは不明である。歳や祀ではなく年で数えた可能性は高い。この場合、春から秋を一年と数えるため、秋から春が一年の裏となり、生きている期間が二年となりかねず、年齢計算においては倍になる可能性もある。百数十歳ともなれば、人間の寿命を越えており、半分とみたほうが理にかなう。いづれにせよ、暦のない世界における伝聞年令である。それに、干支を振り付けた書紀の編者の想像力は、善くも悪しくも、すざまじい。

2009.10.12


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 12-1 上田 啓之
.