e漢字使用


大泊瀬幼武天皇 雄略天皇

廿年(476)冬  》》

廿一年春三月(477.03)  》》
廿二年春正月己酉朔(478.01.01)  》》
廿三年夏四月
(479.04)  》》
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

大泊瀬幼武天皇
(おほはつせのわかたけのすめらみこと) 雄略天皇(いうりやくてんわう)

日本書紀 卷第十四

廿年
(ふゆのとき) 高麗(こま)(こきし)大發(おこす)軍兵(いくさ) 伐(うつ)(ほろぼす)百濟 爰有少許(すこしばかり)(のこりのともがら) 聚居(いはみをり)倉下(へすおと) 兵粮(かて)(つきる) 憂泣(いさつる)(ここに)深 於是 高麗(こま)(もろもろ)(いくさのきみ) 言(まうす)於王(こにきし)(まうす) 百濟(くだら)心許(こころばへ)非常(おもひのほかにあやし) 臣(やつこ)(ごとに)見之 不覺(おもほえず)自失(おのづからまどふ) 恐更(また)蔓生(うまはる) 請(こひねがふ)(おひはらふ)之 王(こにきし)(いふ) 不可矣 寡人(おのれ)聞 百濟國(くだらのくに)者爲日本國(やまとのくに)之官家(みやけ) 所由來(ありくること)(ひさし)矣 又其王(こきし)(まゐいる)(つかへる)天皇 四隣(よも)之所共識(しる)也 止之 【百濟記云(いふ) 蓋鹵王(かふろわう)乙卯年(きのとのうのとし) 狛(こま)大軍(いくさ)來 攻大城(こにさし)七日七夜(なぬかななよ) 王城(こきしのさし)降陷(やぶれる) 失尉禮(ゐれ) 國王(こきし)及大后(こにおるく) 王子(せしむ)等 皆沒(しぬ)(あた)手】

廿年(476)の冬に、高麗の王、大きに軍兵を發して、百濟を伐ちて盡す。爰に少許の遺衆有りて、倉下に聚み居り。兵粮既に盡きて、憂泣つること茲に深し。是に、高麗の諸の將、王に言して曰す、「百濟の心許、非常し。臣、見る毎に、覺えず自づから失ふ。恐るらくは更蔓生りなむか。請はくは遂ひ除はむ。」 王の曰く、「可くもあらず。寡人聞く、百濟國は日本國の官家として、由來遠久し。又其の王、入りて天皇に仕す。四隣の共に識る所なり。」 遂に止む。【百濟記に云く、蓋鹵王の乙卯年の冬に、狛の大軍、來りて、大城を攻むること七日七夜。王城降陷れて、遂に尉禮を失ふ。國王及び大后 王子等 皆敵の手に沒ぬ。】

高麗の王は長寿王、倉下は不詳、ヘスオトは百濟語かと注される。倉下といふ字を充てたことからすれば、倉の有ったところであろうか。しかし、兵糧も尽きたといふ。以下は。随書、高祖紀に、
「斎王、王に憲言し、普く六茹、堅く相貌に常非らず、臣之を見る毎に、覚えへずして自ら失ふ、人の下に非ざるを恐る。早く除くを請ふ。」による。非常は一定しないこと、高句麗に従うかと思えば日本(やまと)に従う。それを”あやし”と訓じている。蔓生は蔓草のように延びる、”うまはる”は次々に生まれ出る、また勢いを盛り返すことと注される。高句麗の諸将は滅び尽くすことを願った。長寿王がこう云ったとされるが、ありえない。寡人は、中国で、君主が自分を謙遜して云う言葉。日本國の官家は氣長足姫尊(~功皇后)の前紀書紀巻9に用ゐられた表現。日本國の官家といふなら、すぐさま救援せねばならぬところ、狛は高麗(高句麗)のこと、大軍に攻められ、漢城(尉禮城)を落とされ、國王及び大后 王子等が殺されたのを黙ってみていたとなれば、話が合わない。
実に百濟はこの時、外交政策で孤立をしていた。百濟は、太宗泰始七年
(471)以降宋への入貢をやめ、北魏に入貢し北魏の力で高句麗を牽制しようと政策の大転換を行っていた。冠軍將軍、駙馬都尉の弗斯侯、長史の餘禮、龍驤將軍、帶方太守、司馬の張茂等を北魏に派遣し、高句麗の非道を訴え、追討軍の派遣を要請した。百濟王、餘慶(蓋鹵王)の上表書には、こう記されていた。「『臣、東極(東の果て)に建國し、豺(山犬)と狼(獰猛な獣:高句麗)が路を隔て、世(々)靈化(王化)を承くと雖も、藩を奉る由(よし)莫く、雲闕(雲の向こうの宮殿:北魏)を瞻望(せんぼう:慕い尊ぶ)し、情馳せること極り罔(な)し。涼風に微(かすか)に應じ、惟れ皇帝陛下に伏して、天(子)の休(安らかなさま)に協和す。係る仰(あがめ)る情に勝(た)へず、謹みて私署する冠軍將軍、馬都尉(そばとい)の弗斯(ふつし)侯、長史の餘禮(よれい)、龍驤將軍、帶方太守、司馬の張茂(ちょうも)等を遣はし、波の阻(はば)むに舫(ふね)を投じ、玄津(北魏の港)に徑(みち)を搜し、自然の運に命を託し、(帝の)萬一の誠に進(士)を遣はす。神祇の感を垂れ、皇靈の洪覆(こうふく:溢れ覆う)を冀(ねが)ひ、克(よ)く天庭(北魏の朝廷)に達し、臣の志を宣暢(せんちょう:広く知らしめて述べる)すれば、旦(早朝)に聞き夕べに沒すと雖も、永く恨みを餘すこと無し。』又云く、『臣と高句麗、夫餘に源を出し、先世の時、篤く舊款(かん:よしみ)を崇(たっと)ぶ。其の祖、サ(故國原王)、鄰好を輕廢し、親(みづか)ら士衆を率ゐ、臣境を陵踐(りょうせん:犯し踏みにじる)す。臣の祖、須(近肖古王の子、近仇首王)、旅を整へ、電邁(まい:勇みて行く)し、機に應じて馳せ撃ち、矢石を暫(しば)し交へ、サ(故國原王)の首を梟(さら)し斬る(通常流れ矢に当たって死んだとされる)。爾(それ)より已(以)來、敢へて南を顧ること莫し。馮氏(北燕)の數終(命運が尽きる)より、餘燼(遺民)奔竄(ほんざん:逃げ去り)、醜類(しゅうるい:悪党:高句麗)漸盛(ざんせい:次第に盛んとなり)、遂に(百濟を)陵逼(犯しせま)るを見る。怨を構へ禍を連ねること、三十餘載(年)、財は殫(つ)き力も竭(つ)き、自ら轉じて孱(てきしゅく:おとろえつつしむ)。若(も)し天(子)、慈(いつく)しみて曲げて矜(あは)れみ、遠く無外(最果て)に及び、速(すみ)やかに一將を遣はし、來りて臣が國を救ふならば、當(まさ)に奉りて鄙女を送り、後宮を掃すを執(はか)らひ、并(あは)せて子弟を遣はして、牧(場)、外廏(厩舎)の圉(馬飼)とせむ。尺の壤(土地)も匹夫、敢へて自ら有さず。』又云く、『今、lには罪有り、國自ら魚肉にして、大臣、族を強ひて、戮殺して已無く、罪は盈(み)ち惡は積まれ、民庶は崩れ離る。是れ滅亡の期、假手(手を貸す)の秋なり。且つ馮族の士馬、鳥畜の戀有り(故郷を思ふ)。樂浪の諸郡、首丘(故郷の丘)の心を懷く。天(子)の威一に舉げ、征する有らば戰(いくさ)無し。臣、不敏と雖も、志を效(つく)し力を畢(つく)し、當(まさ)に統べる所を率ゐ、風を承(う)け響に應ず(命に従ふ)。且つ高麗は不義にして、逆(さから)ひ詐(さ)ぐこと一に非らず。外に隗囂(かいごう:後漢初期の武将)の藩卑の辭を慕ひ、内に兇禍に豕突(ちょとつ)の行を懷(おも)ふ。或は南に劉氏(宋)に通じ、或は北に蠕蠕(柔然)と約し、共に相ひ脣齒(緊密な関係)とし、謀りて陵王を略す。昔し唐堯、聖に至り、丹水に致り罰す。孟(甞君)、常に仁を稱し、詈(悪口)で塗(けが)すを捨(さしお)かず。涓流(けんりゅう:細流)の水、宜しく早く壅塞(ようそく:ふさぐ)べし、今、若し取らずば、將(まさ)に後悔を貽(のこ)さむ。去る庚辰年(440年)の後、臣は西界の小石山の北の國の海中に屍十餘を見、并せて衣器鞍勒(馬用の鞍と轡)を得、之を視るに高麗の物に非ず。後に聞くに乃ち是れ王(北魏)の人、臣の國に來降し、長蛇(高句麗)路を隔て、以て海に水冗(沈)む。未だ委るに當らずと雖も、深く憤恚(怒)を懷ふ。昔し宋は申舟を戮(ころ)し、楚の莊(王)は徒跣(とせん:裸足で歩く:開戦の口実に申舟を殺させ急いで攻撃に出た)し、鷂(はい鷹)は放した鳩を撮り、信陵(君)は食はず。敵に克ち名を建つ、美隆已に無し。夫れ區區(取るに足らない)偏鄙(辺鄙:百濟)を以て、猶、萬代の信を慕ひ、況や陛下、天地を合氣し、勢(いきほひ)山海を傾ける。豈に小豎(小僧:高句麗)をして、天逵(てんき:天下の大道)を跨ぎ塞(ふさ)がしむるや。今、得る所の鞍一つ上(たまつ)りて、以て實驗(実際に試す)為さむ。』魏書 百濟傳」
高句麗が北魏への朝貢ルートを閉ざしていることを非難する北燕が滅びてから高句麗は強大となり、臣(百濟)の国境を侵すようになった。この三十年間で財は尽き、軍事力も尽き、疲弊の極みにある。一将を派遣して、救援していただきたい。高句麗の不義であること、南は宋に通じ、北は柔然に通じており、この害悪を今取り除くことをしなければ、将来の禍根となりましょう。ともちかけたのであるが、高句麗はすでに(462年以降)、北魏に入貢し関係改善を行っており、百濟の思惑通りには事は運ばなかった。朝貢ルートを閉ざしているという訴えは、一定の効果を挙げ、もし、それが事実であるなら由々しきこと、軍を起こして高句麗を討つべき筋合いのことと言わしめたが、それ以上の進展はなく、三国史記、百濟本紀によれば、餘慶は北魏が出兵しないのを怨んで朝貢をやめたとある。これは、一貫性を欠き、危険な選択となった。
一方、高句麗王、lは百濟へ僧の道琳
(どうりん)を間諜として送り、道琳は、碁を以て博奕好きの餘慶に取り入り、信を得たところで、国防のために城郭を整備させ、次いで、宮殿の修理、楼閣、高殿造営に至らしめ、人民を困窮、財政を破綻せしめ、人心が離れたところで、高句麗へと逃げ帰った。475年九月に、lは百濟に侵入し、都城の漢城を陥落させ、餘慶を殺したとする。日本(やまと)は対宋外交中心で、使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、七國諸軍事、安東大將軍、倭國王の叙任を宋に求めており、百濟が北魏に活路を求めたのは成り行きではあったが、高句麗王、lは役者が違った。百濟は骨抜きにされ、孤立し、崩壊せしめられた。

廿一年春三月 天皇聞百濟爲高麗
(こま)所破 以久那利(こむなり)洲王(もんすわう) 救興其國 時人皆云 百濟國(くだらのくに) 雖屬(やから)亡 聚憂倉下 實頼(みたまのふゆ)於天皇(すめらみこと) 更(また)(なす)其國 【洲王蓋鹵王(かふろわう)母弟(はらから)也 日本舊記(にほんくき)云 以久那利 賜末多王(またわう) 蓋是誤也 久那利者 任那國(みまなのくに)下哆呼唎縣(あろしたこりのこほり)之別邑(わかれのむら)也】

廿一年春三月(477.03)に、天皇、百濟、高麗の爲に破れぬと聞きて、久麻那利を以て洲王に賜ひて、其の國を救ひ興す。時人、皆云く、「百濟國、屬既に亡びて、倉下に聚み憂ふと雖も、實に天皇の頼に、更其の國に造せり。」 【洲王は蓋鹵王の母の弟なり。日本舊記に云く、「久麻那利を以て、末多王に賜ふ。蓋し是れ誤ならむ。久麻那利は、任那國の下哆呼唎縣の別邑なり】

使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、七國諸軍事、安東大將軍、倭國王を求めていた日本
(やまと)にとって、百濟が滅ぼされたという事態は深刻な打撃となった。百濟は日本國の官家と主張する以上、高句麗を討たねばならない。広開土王碑によれば、「十四年甲辰(404年)にして倭、軌ならずして帯方界に侵入す書紀巻12ともあり、かつては危急の際には軍を派遣していた。先にみた478年の倭王、武の上表においても「句驪、無道にして、圖(はか)りて見呑を欲し(見下し)、邊隸(周辺國)を掠抄(略奪)し、虔劉(けんりゅう:殺す)して已まず。毎(つね)に稽滯を致し、以て良風を失ふ。曰く路を進むと雖も、或は通じ或は(通ぜ)不(ず)。臣が亡考(父)、濟、實(まこと)に寇仇、天路を壅塞するを忿り、控弦(こうげん:弓を引く兵士)百万、義聲に感激し、方(まさ)に大舉せむと欲し、奄(にはか)に父兄を喪(うしな)ひ、垂成(すいせい)の功をして、一簣に獲ざらしむ。居諒暗に在り、兵甲を動かさざる。是を以て偃息(えんそく)して未だ捷(か)たざりき。今に至りて、甲を練り兵を治め、父兄の志を申すを欲す。」とあり、宋に対してこの時に出兵できなった原因を父、濟の崩御の喪期にあたったと弁明するような口調となっていた。宋もこの時、武に叙任したのが、使持節、都督、倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、六國諸軍事、安東大將軍、倭國王であり、百濟への実効的軍事権は無いと見なしていた。国内的にも半島への軍事的貢献の中核にあった葛城の勢力が力を失っていたことが、影響していよう。物部氏や大伴氏がこれに替わって勢力を伸ばしているが、半島での実戦力には欠け、半島における弱体化は大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)自体が招いた政権交代の負の側面であった。「天皇、百濟、高麗の爲に破れぬと聞きて」とは、分かっているが何もできず傍観していた、に等しい弱々しい記述となっている。
三國史記 、百済本紀第四、文周王には、
「文周王 或は汶洲と作す。蓋鹵王の子なり。初め毗有王、薨じて、蓋鹵位を嗣ぎ、文周之を輔け、位は上佐平(宰相の位)に至る。 蓋鹵の在位二十一年(475年)、高句麗來侵し漢城を圍む。蓋鹵嬰城し自らを固め、文周をして新羅に救を求めしむ。兵一萬を得て廻り、麗兵退くと雖も、城破れ王は死す。遂に即位す。性柔不斷にして亦民を愛し、百姓之を愛す。冬十月に、都を熊津(忠清南道公州市)に移す。
二年の春二月に、大豆山城
(忠清北道清州市)を修葺(修復)し、漢(漢江)の北の民戸を移す。三月に、使を朝宋に遣すも、高句麗、路を塞ぎて達せずして還る。夏四月に、耽羅國(済州島の国)方物を獻じ、王喜びて、使者を拜して恩率(3等官の位)と爲す。秋八月に、解仇(実力者の貴族)を拜して兵官佐平と爲す。
三年の春二月に、宮室を重修す。夏四月に、王の弟の昆支を拜し内臣佐平と爲す。長子、三斤を封じて太子と爲す。五月に、K龍、熊津に見ゆ。秋七月に内臣佐平の昆支卒す。
四年の秋八月に、兵官佐平の解仇、擅權亂法し、君の心有りや無しや、王制すること能はず。九月に、王、獵に出で、外に宿す。解仇、これを盜害せしむ。遂に薨ず。
」とある。蓋鹵王の二十一年条には、蓋鹵王が国を存続させるために文周に木滿致を付けて南に行かせたとしている。木滿致は書紀においては、譽田天皇(應~天皇)二十五年(294年)に現われる木滿致書紀巻10、木羅斤資の子である。木滿致が南に向かふとなれば、倭國へ救援を求めてしかるべきであるが、結局のところ、動いたのは新羅であった。一万の援軍を得たが、すでに城が落ちており、文周王は、南の熊津(忠清南道公州市:古名地図に新たな根拠を移すことになった。
書紀は百濟記に基づき、「國王及び大后 王子等 皆敵の手に沒ぬ。」「
洲王は蓋鹵王の母の弟なり。」、また、百濟新撰により、崑支を蓋鹵王の弟(大泊瀬幼武天皇:雄略天皇五年夏四月条「書紀巻14」)としている。更に書紀は、日本舊記では「久麻那利を以て、末多王に賜ふ」とするのは誤りであり、久麻那利は、任那國の下哆呼唎縣の別邑なり、ともする。つまり、蓋鹵王夫妻、王子はすべて殺され、百濟は蓋鹵王の母の弟、叔父の洲(文周)を王とした。これに対して、日本(やまと)は、蓋鹵王の弟であり飛鳥戸郡を与へられていた軍君(崑支)が血を継ぐ者であり、二十三年条によれば、崑支の第二子(末多王)に、筑紫國の軍士、五百人を与へ、東城王としたとあり、崑支を軸として、百濟再興を図ろうとした。
三國史記を編纂した金富軾達は 、書紀のこの記述を憂慮し、百濟本紀において、文周(
洲)王は蓋鹵王の子、崑支を文周の弟とし、百濟に居りあくまで蓋鹵王の系譜が絶へていないと記した。このため、蓋鹵王の叔父が蓋鹵王の子、蓋鹵王の弟が文周王の弟となり、百濟記、百濟新撰の系譜とは様相がすっかり異なり、更に、百濟本紀は文周の子、三斤が早逝し、崑支の子(牟大:末多)が東城王となり、その子の斯摩が武寧王となったと記し、書紀における、軍君(崑支)が蓋鹵王の子を孕んだ婦を妻とし、その婦が筑紫の各羅嶋で、嶋君(斯摩:武寧王)を産んだという記述も否定した。
百濟本紀においては、文周(
洲)王は熊津に根拠を移し耽羅國(済州島の国)との好(よしみ)を深め、南を安定させ、日本(やまと)の影響力を拝して、再び、宋との関係改善を図ろうとしていた。上に、見たように、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)が葛城の勢力を粛正した結果、半島での軍事力行使に支障を来し、日本(やまと)は、以前のごとく迅速な行動がとれなかった。日本舊記の記述からすると、百濟の熊津に対して何ら影響力を及ぼすことはできなかったことになる。
日本舊記、この書他に見えず、と注される。古事記や日本書紀は帝紀
(帝量日継、先紀、帝王本紀、日本帝紀:皇室の系譜)と旧辞(本辞、先代旧辞:神話、伝説、歌物語など)を用いたが日本舊記といふ記録もあった。日本が冠されており、高句麗の僧、道顕が著した「日本世紀」が天武朝末のものとされるごとく、書紀の編者にとってはそう昔でない時期に編纂されたものであった。天武十年(681年)の飛鳥浄御原令制定の詔が発布された頃、大化元年(645年)に高句麗と百濟の使節に下した詔書に、明神御宇日本天皇(あきつみかみとあめのしたしらすやまとのすめらみこと)とあり(大化の詔書は、書紀の編纂時に潤色されたという説もあるが)、遣隋使の派遣(600〜612年)を機に国号を、朝貢を前提とする「倭」から対等であろうとするヤマト、日本(やまと)に変えようとする努力の結果であり、600年代中葉から末あたりに命名された記録と考えられる。
日本舊記によれば、「久麻那利を以て、末多王に賜ふ。」であり、日本
(やまと)が動けたのは末多王の時になってのことであった。蓋鹵王一族が亡くなった時、その血を継ぐ者は日本に居た弟の軍君(崑支)、蓋鹵王の子を身籠って軍君の妻となった婦の産んだ嶋君(後の武寧王)であった。後手に回っていた日本は、崑支を百濟に向はせたのであろうが、百濟では蓋鹵王の母の弟、文周が王位を継ぎ、熊津に都を移していた。緊急事態とは言へ、文周は正統性がなく、非常に不安定政権であり、百濟本紀によれば、実力者解仇に暗殺され、崑支もその前年に亡くなったと記している。解仇を討った眞男や眞老、眞氏は、文周の子、若年の三斤を王位につけたが、三斤は即位三年で没してしまった。この時、天皇は、崑支の第二子の牟大(末多)に久麻那利を与へて百濟に介入したとなろうか。百濟本紀によれば、牟大に関して、「膽力は人に過ぎ、善く射て百發(はな)てば百中(あた)る」とあり、眞氏もこれを支持している。どうやら百濟貴族の権力闘争のバランスのなかで王位が決まっていたとみえる。書紀の編者はこの遅れをきらって、文周の時にすでに手を打っていたと訂正したことになる。
クマナリは熊川、慶尚南道昌原郡
地図熊川面の地、任那の一部とする説と熊津とする二説があり、下哆呼唎縣は、錦江の上流、全羅北道東北部から忠清南道の東南部にわたる地方(鮎貝説)、全羅南道の西南部、栄山江の東岸一帯(末松説)があると注される。書紀の展開からすれば、文周王に賜ひて救うたとする以上、久麻那利は熊津でなくば通らない。「使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、七國諸軍事、安東大將軍、倭國王」の叙任を求めていた武を考慮すれば、そう主張する根拠が全くないとは言へまい。任那國の下哆呼唎縣の別邑となれば、熊津とすることは不可である。日本(やまと)は、任那、加羅、慕韓は別とみており、日本舊記のクマナリは熊川となろう。天皇は末多に任那に上陸させクマナリを足懸かりに、慕韓(全羅南道の栄山江流域)を経由し、熊津へ送り込んだ、と見ていたのかもしれない。

廿二年春正月(むつき)己酉(つちのとのとり)(ついたちのひ) 以白髮皇子(しらかのみこ)爲皇太子(ひつぎのみこ) 
秋七月
(ふみづき) 丹波國(たにはのくに)(よぎのこほり)管川(つつかは)人瑞江浦嶋子(みづのえのうらしまのこ) 乘舟而釣 (つひ)得大龜(かめ) 便(たちまちに)(なる)(をとめ) 於是 浦嶋子(うらしまのこ)(たける)以爲婦(め) 相(あひ)(したがふ)入海 到蓬萊山(とこよのくに) (めぐる)(みる)仙衆(ひじり) 語(こと)在別卷(ことまき)

廿二年の春正月の己酉の朔(478.01.01)に、白髮皇子を以て皇太子とす。
秋七月に、丹波國の餘社郡の管川の人、瑞江浦嶋子、舟に乘りて釣す。遂に大龜を得たり。便に女に化爲る。是に、浦嶋子、感りて婦にす。相逐ひて海に入る。蓬萊山に到りて、仙衆を歴り覩る。語は、別卷に在り。

白髮皇子は葛城圓大臣の女、韓媛との間の子、白髪武廣國押稚日本根子天皇
(しらのたけひろくにおしわかやまとねこのすめらみこと)(元年条。白髮皇子を皇太子にすることで、葛城の勢力との関係改善が図られたことになろう。半島での活動を行うには、この勢力の協力は欠かせなかったと思はれる。
万葉1740の長歌によれば、住吉の水江の浦島児(子)が釣りに出、~の女
(むすめ)と出会ひ、契りを交はし、常代(とこよ)に至り~の宮で永世(とこしへ)の生を得た。しかし、三年を経て、残してきた妻、父母のことが忘れられず、決して開けてはいけないといふ玉手箱を持参して住吉に戻る。すっかり様相の変わっていた故郷の光景に不安になり、箱を開ければ元に戻るのではないかと、開けたところ顔は皺だらけ、髪は白まだらとなり、息絶えて寿命を終えた。この男、永遠の生を手にしながら、なまくら刀のごとく、なんと鈍臭いことをしたものか。
「水江浦嶋子の一首 并(あは)せて短歌を詠む。
春の日の 霞める時に 墨吉(すみよし)の 岸に出で居て 釣船の とをらふ見れば 古の事ぞ念(おもほ)ゆる。水江の 浦嶋兒が 堅魚(かつお)釣り 鯛釣り矜(ほこ)り 七日に及び 家にも來ずて 海界(うなさか)を 過ぎて榜(こ)ぎ行くに 海若(わたつみ)の 神の女(むすめ)に 邂(あふ)に い漕ぎはしり 相ひ誂(かた)らひ 言(こと)成りしかば かき結び 常代に至り 海若の 神の宮の 内の隔(へ)の 細有る殿に 携(たづさ)へて 二人入り居て 耆(おい)もせず 死にもせずして 永世(とこしへ)に 有りけるものを 世間の 愚人の 吾妹兒に 告(の)りて語らく 暫らく は 家に歸りて 父母に 事も告(かた)らひ 明日の如に 吾は來りなむと 言ひければ 妹が答へらく 常世邊に 復(ま)た變り來て 今の如 相(あ)はむとならば 此の篋(はこ)を開くなゆめと そこらくに 堅めし事を 墨吉に 還り來りて 家見れど 宅も見かねて 里見れど 里も見かねて 恠(あやし)みと そこに念(おも)はく 家より出て 三歳(みとせ)の間(ほど)に 垣も無く 家滅(うせ)めやと 此の筥(はこ)を 開きて見ては 本の如 家は有らむと 玉の篋 小(すこ)し披(ひらく)に 白雲の 箱より出て 常世邊に 棚引(たなびき)去れば 立ち走(わし)り 叫び袖振り 反側 足づりしつつ 頓(たちまち)に 情(こころ)消(け)失(う)せぬ 若かりし 皮(はだ)も皺(しわ)みぬ。黒かりし 髪も白斑ぬ。 ゆなゆなは 氣(いき)さへ絶(たへ)て 後ち遂に 壽(いのち)死にける 水江の 浦嶋の子が 家ところ見ゆ。 
反謌 常世邊に 住むべきものを 釼刀(つるぎは) 己(な)が行(こころ)から 鈍(おそ)や是の君」
とある。
釈紀、述義所引丹後風土記逸文によれば、与謝郡・日置里
筒川村の日下部首おびと)等が先祖の筒川島子(水江浦島子)といふ大変風流な男が釣りに出て、五色の亀を得る。うたた寝から覚めると、亀は女(むすめ)と化していた。それは亀比売といふ~女であり、この風流の士を海中の蓬莱山の仙都に誘った。比売の7人子供は昴宿、8人子供は畢宿、~の仙都で歓迎を受け、比売と契る生活が三年が過ぎた。あとの展開は万葉集と似ているが、その筆法ははるかに精緻である。
「丹後國風土記に曰く。与謝郡。日置里。此の里に、筒川村有り。此の人夫、日下部首等先祖、名を筒川嶼(嶋)子と云ふ。人となり、姿容秀美、風流無類。斯れ、所謂水江浦嶼子といふ者なり。是は、旧の宰(丹後が分離される前の丹波國の宰)、伊預部馬養連(いよべのうまかいのむらじ)が、記せるに相ひ乖(そむ)くことなし。故、陳(の)ぶ所の由の旨を略す。
長谷の朝倉宮の御宇天皇
(あめのしたしらしめすすめらみこと)の御世に、嶼子独り小船に乘りて、海中に汎(う)かべ出で、三日三夜を経るも、一魚をも得ざるに、乃ち五色龜を得たり。心、奇異(くし)び思ひ、船中に置きて即ち寐ねる。忽(たちまち)にして婦人となりぬ。其の容、美麗にして更に比ぶべからざる。嶼子問ひて曰(まう)す、「人宅は遥か遠く、海庭に人乏し、詎(なん)ぞ人忽に來たるか」。女娘(をみな)、微咲(ほほえ)みて對(こた)へて曰す、「風流の士、獨り蒼海に汎(う)かぶ。勝(あ)げて近く談(かた)らざるか、風雲に就(つ)きて來る」。嶼子復た問ひて曰す、「風雲何處んぞ來る」。女娘答へて曰す、「天上の仙家の人なり。請ふ君、な疑ひそ。相ひ談(かた)らふの愛を垂れめ」。爰(ここ)に嶼子神女と知り、懼疑の心鎭めり。女娘語(かた)りて曰す、「賤妾の意(私の気持ち)は、天地と共に畢(お)へ、日月と倶(とも)に極めんと(貴方と永久に一緒になりたい)。但(ただ)君奈何にぞ、先に許不の意を早くせん(お返事は如何ですか)」。嶼子答へて曰す、「更(すなは)ち言ふところ無し。何ぞ觸(ふれ)んか(心が動きました、Yesです)」。女娘曰す、「君、棹を廻すが≠オ、蓬山に赴かむ」。嶼子従ひて往(ゆ)く。女娘、教へて目を眠(つむ)らしむ。
即ち不意の間にして、海中の博大なる嶋に至る。其の地、玉を敷くが如し。闕臺
(高殿)は晻映(えんおう:重なり引きたち)し、樓堂は玲瓏(れいろう:光り輝く)す。目に見ざる所、耳に聞かざる所。手を携へ徐(ゆるり)と行くに、一つの太宅の門に到る。女娘曰(まう)す、「君且(ま)た此處(ここ)に立ちませ。」、門を開きて内に入りき。 即ち七人の竪子(童子)來りて、相ひ語りて曰す、「是は龜比売の夫なり」。亦(また)八人の竪子來りて、相ひ語りて曰す、「是は龜比売の夫なり」。茲(ここ)に女を知る。娘は龜比売と名(よ)ぶ。女娘出て來るに及びて、嶼子、竪子等の事を語る。女娘曰す、「其の七竪子は、昴星なり。其の八竪子は、畢星なり(昴宿の7星と畢宿の8星)。君、な恠(あや)しみそ」。即ち前に立ちて引導し、内に進み入りき。女娘父母共に相ひ迎へ、揖(手を合わせる挨拶)して坐を定む。斯に、人間と仙都の別を説き称(たた)へ、人と神の偶曾の嘉を議し談(かた)る。乃ち百品の尊味を薦め、兄弟姉妹等、坏を擧げ酥酬(そしゅう:酪酒)を獻じ、隣里の幼女等、紅顔にして戯接(ぎせつ)す。仙哥は寥亮(りょうりょう:透き通って遠く響く)とし、神儛は逶迤(いい:曲がり連なる)す。其の歡宴を爲すは、人間に万倍す。茲に日暮るることを知らず。但、黄昏の時に、群仙侶等、漸々退散す。即ち女娘獨り留り、肩を雙(なら)べ袖を接(あは)せ、夫婦の理を成しき。時に、嶼子、舊俗を遺(わす)れて仙都に遊ぶこと、既に三歳を経りぬ。
忽に懐土の心起こり、独り二親を恋ふ。故、吟哀繁
(しげ)く發(おこ)り、嗟歎日に益しき。女娘問ひて曰(まう)す、「比來(このごろ)、君夫が貌を観るに、常時に異りき。願はくば其の志を聞かむ」。嶼子對へて曰す、「古人言(まう)す。小人は土を懐(おも)ひ、死せる狐は岳に首す(自分の巣のある丘に向かひて死ぬ:故郷を恋ふ)。僕、虚談を以て(空言と思っていたが)、今、斯れ信(まこと)に然り」。女娘問ひて曰す、「君、帰へらむと欲(おもほ)すか」。嶼子答へて曰す、「僕、近く親故の俗を離れ、遠く神仙の堺に入りぬ。恋眷(れんけん:恋ひ慕ふ)に忍へず。輙(すなは)ち軽慮を申(まう)す。望(ねが)ふ所は、暫し本俗に還り、二親に拝し奉らむ」。女娘、涙を拭き歎きて曰(まう)す、「意は金石に等しく、共に萬歳を期(ちぎ)るに、何ぞ郷里を眷(した)ひて、棄て遺(わす)ること一時か(一時では済みませぬ、取り返しがつかなくなりますよ)」。即ち相ひ携へて徘徊し、相ひ談(かた)りて慟哀(どうあい)す。遂に、袂を接(あは)せ退去し、岐路に就きき。是に、女娘父母親族、但、別れを悲しみ送りき。
女娘、玉匣
(ぎょくこう:玉手箱)を取りて、嶼子に授け謂(かた)りて曰(まう)す、「君、終に賎妾を遺(わす)れずして、眷(かへり)み尋ね有らむとすれば、堅く匣を握りて、慎しみて、な開き見たまひそ」。即ち相ひ分れて船に乗り、仍ち教へて目を眠らしめき。
(たちまち)にして本土筒川郷に到りき。即ち村邑を瞻(み)(なが)むるに、人と物遷り易はり、更ち由る所無し。爰に郷人に問ひて曰す、「水江浦嶼子の家人、今、何処にか在る」。郷人答へて曰す、「君は何處の人ならむ、舊遠の人を問ふか。吾、古老等が曰ふを聞くに、先の世に水江浦嶼子有りて、独り蒼海に遊び、復た還へり來たらず。今、三百餘歳を経るは、何ぞ忽に此を問ふか」。即ち棄心を銜(いだ)き、郷里を廻ると雖も、一(ひと)りの親に会はずして、既に旬月(10日)を逕たり。乃ち玉匣を撫(な)でて、神女を感思(おも)ひき。是に、嶼子、前(さき)の日の期(ちぎ)りを忘れて、忽ち玉匣を開きければ、即ち未だ瞻ざるの間、芳蘭の体(神女の精)、風雲に率(ゐ)られて、蒼天に翩り飛びき。
嶼子、即ち期要を乖
(そむ)違へ、還りみて、復た会ひ難きを知り、首を廻らし踟蹰(ちちゅう:行くに悩む)し、涙に咽(むせ)びて徘徊し、斯に、涙を拭(ぬぐ)ひて歌よみして曰(まう)す。
  常世辺に 雲立ちわたる 水の江の 浦島の子が 言持ち渡る
 神女、遥かに、芳しき音を飛ばして歌よみして曰す。
  大和辺に、風吹き上げて 雲離れ 退(そ)き居(お)りともよ われ忘らすな
 
 (大和のあたりで、風が吹き上がり、雲が分かれ 別々となろうと 私を忘れないでください。)
 嶼子更ち、恋ひ望(おも)ふに勝(あ)げざるに、歌よみして曰す。、
  子等に恋ひ 朝戸を開き 吾が居(お)れば 常世の浜の 波の音聞こゆ。
  
(あなたを恋しくて、朝戸を開けると 私が居た常世の浜の 波の音が聞こへてきました。「子等」は女性を親しんで用いられる呼称。) 
 後の時の人、追ひ加へて歌よみして曰す。
  水の江の 浦島の子が 玉くしげ 開けずありせば またも会はましを 
 
 (水江浦島子が 玉くしげを開けねば またも会へたものを)
  常世辺に 雲立ちわたる たゆまくも はつかまと 我ぞ悲しき。
 
 (常世辺に 雲が向かうこと 絶えることがないが あるのかないのか 私は悲しくなる。「はつか」は有るか無いか分からない、やっとの義。心が弱って 思はず開けたこととかけているのであろう。)とあり、並みの文ではない。テキストや多様な字釈、解釈は浦島説話研究所主宰 村山芳昭氏に詳しい(上両文の訓読と釈は筆者)

丹後風土記のこの文は、伊預部馬養連(いよべのうまかいのむらじ)が丹波國宰(宰は後の国司、和銅六年(713年)丹後が分離する以前のこと)であった時に記したものによると云ふ。馬養は懐風藻の漢詩のなかで、「皇太子学士 従五位下 伊与部馬養一首 年四十五」と記しており、大宝二年(702年)に従五位下の官位で45歳で没したとみられている。689年6月に撰善信司に任命されている。宋の范秦が「古今善信」三十巻を著はしたごとく、撰善信司は書物編纂のための新たな官職で、馬養はこれに抜擢された。また、691年〜696年にかけて皇太子学士として軽皇太子の養育を任じられ、その後が不詳、後、大宝律令の撰定に加はっており、文武元年(697年)より文武三年の間、従五位下に相応しい丹波國宰に任じられたとみられるようである。その馬養を刺激するに足る絶好の説話が丹波、今の伊根町筒川にあった。馬養は神仙思想を巧みに取り込んで、常世という概念に彩りを与え、恋の歌を盛り込み、日本の感性を豊かにした。書紀~代下一書の海底の宮殿書紀巻2などに通じる。神仙のみならず、論語や楚辞のフレーズを取り込み、漁師であって風流の士でありながら、恋心にこころ乱れる、どこにも居そうな男が主人公。美麗にして比べることのできぬ女娘との永久(とわ)の生活に飽き足らず、すべてを失った男とその男を失った~女の嘆き。それを歌にしてそこはかとなき余韻を残す。素晴らしい歌物語の原形ではないか。別巻に在りとは、撰善信と関連し、日本舊記とも別なのであろう。
また、伊預部馬養連が、浦島子を日下部首等が先祖と記したことも目を引く。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)の時代では、日下は草香であり、穴穗天皇(安康天皇)の時、無実の罪で滅ぼされた大草香皇子が居られた。大鷦鷯天皇(仁コ天皇)と日向髮長媛との間の皇子で妹が幡梭皇女であった。大草香皇子は新羅製の押木珠縵という冠を有し、難波吉師、日香蛟父子といふ家来がおり、半島との海運に携わっており、~日本磐余彦天皇(~武天皇)が生駒攻めを行った草香津、孔舎衞坂の地、河内国河内郡日下を拠点としていた。この時代にあっては、日下氏の舞台は、万葉集にあるごとく住吉であって、丹波を連想することは難しい。ところが、この地の日下氏は大草香皇子が殺されたこと、大草香皇子と中蒂姫(=長田大娘皇女=名形大娘皇女、穴穗天皇の姉)の子、眉輪王も殺されたこと、大泊瀬幼武天皇の妃となった大草香皇子の妹、幡梭皇女には子が無かったことにより先行き不安であったが、御名代として日下部が設けられていたようである。わずかに残った大草香皇子の妻、眉輪王の母、穴穗天皇の皇后といふ運命を辿った中蒂姫に対しては、大泊瀬幼武天皇は十九年に穴穗部置き書紀巻14、保護をされていた。
穴穂部からは後に用明天皇の皇后となった、穴穂部間人皇女がでるが、蘇我氏と物部氏の争いの難を逃れて、丹後町間人、「大浜の里」と呼ばれた今の 「後ケ浜」に上陸されたといふ伝承がある。蘇我氏の領地であったとも穴穂部の領地であったもされるが、丹波は、従五位下の馬養が國宰を勤めており、当時は結構要所であった。難を避けるといふことでは、弘計天皇
(をけのすめらみこと:顯宗天皇、けんそうてんわう)紀に市邊押羽皇子が殺された時、「帳内(とねり)日下部連使主(くさかべのむらじおみ) 【使主(おみ)は日下部連の名なり。 使主、此をば於瀰(おみ)と云ふ】 吾田彦(あたひこ)と【吾田彦 使主の子なり】 竊(ひそ)かに天皇(顯宗天皇)と億計王とを奉りて、丹波國の余社郡に避(さ)る」とあり、よくあったことなのかもしれない。古事記によれば、日下部連の祖は、開化天皇の皇子、十一人の子を全国に配した日子坐王(彦座王)の子、沙本毘古(狹穗彦)である書紀巻4。日子坐王の子で、山代方面に展開した山代大筒城眞若王の後裔が氣長足姫尊(~功皇后)、室毘古の王は、若狹の耳別の祖、丹波比古多多須美知能宇斯(丹波道主命)は、丹波(たには)の河上の摩須郎女(ますのいらつめ)を娶して丹波方面に展開をしていた。日下氏の勢力が、すでに丹波にもあったことになる。かの伊預部馬養連が、浦島子を日下部首等が先祖とみたとなれば、浦島子は風流な一介の漁師ではなく、日子坐王の流れを汲む丹波の日下氏の風流の士、知識人であったのかもしれない。

廿三年夏四月(うづき) 百濟文斤王(もんこんわう)(みうす) 天王(すめらみこと)以昆支王(こんきわう)(いつとり)子中 第二(ふたり)末多王(またわう) 幼年(わかくして)聰明(さとし) 勅(みことのりす)(めす)内裹(おほうち) 親(みづから)撫頭面(かうべ) 誡勅(いましむるみこと)慇懃(ねんごろ) 使王(こきし)其國 仍賜兵器(つはもの) 并遣(つかはす)筑紫國軍士(いくさ)五百人(いほたり) 衞(まもる)於國 是爲東城王(とうせいわう) 
是歳 百濟調賦
(みつぎもの) (まさる)於常例(あと) 筑紫(つくし)安致臣(あちのおみ)・馬(うまかひのおみ)(ら) 率(ひきゐる)船師(ふないくさ)以撃高麗(こま) 

廿三年の夏四月(479.04)に、百濟の文斤王、薨せぬ。天王、昆支王の五の子の中に、第二にあたる末多王の、幼年くして聰明きを以て、勅して内裹に喚す。親ら頭面を撫でて、誡勅慇懃にして、其の國に王とならしむ。仍りて兵器を賜ひ、并せて筑紫國の軍士五百人を遣はして、國に衞り送らしむ。是を東城王とす。
是歳、百濟の調賦、常の例より益れり。筑紫の安致臣・馬飼臣等、船師を率ゐて高麗を撃つ。

宋の順皇二年
(478)五月戊午に、「倭國、使を遣し方物を獻ず。武を以て安東大將軍と為す。」とあった。書紀の記述と考へ合せれば、武は百濟を含めての安東大將軍を要求したのであるが、宋は百濟を除く六國諸軍事、安東大將軍、倭國王を叙授したことになる。しかし、宋自体が479年齊王、蕭道成(南齊の祖)に政権を禅譲せざるを得なくなり、その齊も502年に蕭衍(道成の弟の子:梁の祖)に禅譲を余儀なくされており、安定したものではなかった。
さて、文斤王は三斤王、佐平の解仇に弑された文周王の長子であるが、三年にして薨じている。三國史記 、百済本紀第四、三斤王には、
「三斤王、或は壬乞と云ふ。文周王の長子。王薨りて、位を繼ぐ。年十三歳。軍國政事一切を佐平の解仇に委ぬ。三國遺事、王暦篇に、三斤王、一(ある)は三乞に作る。
二年、春に、佐平
(軍事担当の1等官)の解仇と恩率(3等官)の燕信、衆を聚(あつ)め、豆城を據大し叛く。王、佐平の眞男に命じ、兵二千を以て之を討たしむも克たず。更にコ率(4等官)の眞老に命じて、精兵五百を帥(ひき)ゐて、解仇を撃ち殺さしむ。燕信、高句麗に奔る。其の妻子を收め、熊津の市で斬る。論に曰く、春秋の法、君弑して賊討たざれば、則ち深く之を責むべし。以て臣子無きと爲るなり。解仇、文周を賊害し、其の子三斤を繼立すは、徒に之を能く誅せざるに非ずして、又、之に國政を委を以て、一城に據するに至りて以て叛き、然後に再び大兵を興して之に克つ。所謂、霜を履みて戒ず、馴れて堅き氷に致る。(易に、初六、霜を履みて堅き氷に至る。〔爻傳〕初六、霜を履む、陰の始めて凝るなり。その道を馴致して堅き氷に至るなり、とある。) 熒熒(けいけい;光リ輝く様)滅びず炎炎に至る。其の由來する所漸(ゆっくりとしていること)なり。唐の憲宗の弑、三世にして後、僅かに能く其の賊を殺さしむ。況んや海隅の荒僻(百済)、三斤の童蒙をや。又、烏足を道(いふ)かな。三月己酉朔、日有りて之を食す(日食)
三年、春夏、大旱、秋九月、大豆城を斗谷に移す。冬十一月、王薨ず。」
とする。天王は百濟側の表現であり、ここは、百濟記録から引用されたものとみられるが、百済本紀では、百濟の政治を動かしていたのは解仇眞男眞老燕信、といふ貴族達であり、日本(やまと)については一切ふれられていない。東城王に関しても、牟大(末多王)は昆支の子とするが、日本(やまと)との関連は見られない。南齊に朝貢しようとするが、高句麗に西海(黄海)で海路を阻まれたとある。「東城王、諱は牟大、或は摩牟に作る。文周王の弟の昆支の子。膽力人に過ぎ、善く射て百發(はな)ちて百中(あた)る。三斤王、薨ず。即位す。
四年、春正月、眞老を拜して兵官の佐平と爲す。兼ねて内外の兵馬の事を知る。秋九月、靺鞨
(まっかつ)漢山城を襲ひ破る。三百餘戸を虜し以て歸る。冬十月、大雪丈に餘る。
五年、春、王、以て獵出し、漢山城に至る。軍民を撫問し、浹旬
(十日)にして乃ち還る。夏四月、熊津北に獵し、神鹿を獲る。
六年、春二月、王、南齊の祖、道成 高句麗の巨lを冊し、驃騎大將軍と爲すを聞きて、使を遣し上表して内屬を請ふ、これを許す。秋七月、内法佐平
(礼儀、儀式の担当)の沙若思(沙氏の若思)を遣し、南齊朝貢に如(ゆ)くも、若思、西海中に至りて、高句麗兵に遇ひて、進まず。
七年、夏五月、使を遣はし新羅を聘す。
八年、春二月、拜加し衛士佐平
(王の禁軍、近衛兵の担当)と爲す。三月、使を南齊朝貢に遣はす。秋七月、重ねて宮室を修し、牛頭城を築く。冬十月、宮南に大閲す。」とする。
高句麗が制海権を有しており、百濟は孤立の状態にあり、新羅との協力関係に頼っていた。一方、書紀によれば、478年に高句麗に派兵をしている。宋への朝貢ルートを確保するうえでも、高句麗を牽制する必要があったと思はれるが、筑紫の安致臣・馬飼臣等と非常に地方的な派兵に過ぎなかった。旧事記、天孫本紀に
、「饒速日命九世孫、物部竺志連公(もののべのつくしのむらじきみ)、奄智、蘊連等祖」とあるが、安致、奄智の地名は筑紫には見えない、馬飼臣等は未詳と注されており、よく知られたものではなかった。物部氏、大伴氏が力をつけてきていたとはいへ、すでに見たごとく、中央からの本格的な将軍と船団と軍勢を送る体制にはなかった。
また、百済本紀では、文周王は蓋鹵王の子、崑支を文周の弟としたため 、年代的にズレが生じており、南齊の太祖道成が巨l(長壽王)を驃騎大將軍に冊すのが東城王六年
(484年)春二月となるが、高句麗本紀では長壽王六十八年(480年)夏四月である。このズレは武寧王の所で再考する。

秋七月
(ふみづき)辛丑(かのとのうし)(ついたちのひ) 天皇(すめらみこと)寢疾不預(みやまひす) 詔 賞罰支度(まつりごとおきて) 事(こと)無巨細(おほきなるちひさき) 並(ならびに)(ゆだぬ)皇太子(ひつぎのみこ) 

秋七月の辛丑の朔(479.07.01)に、天皇、寢疾不預したまふ。詔して、賞罰支度、事巨細と無く、並に皇太子に付にたまふ。

寢疾不預は病で政務に就けないこと。賞罰支度、賞罰は任官を行うこと、支度は出納を掌ること、政治の掟を詔して、葛城圓大臣の女
(むすめ)、韓媛との間の子、白髮皇子に政務を委ねた。宋書によれば、武は五月に安東大將軍を叙任しているが、呉との往来に関する記述はなく、その知らせを聞くことが出来なかったのかもしれない。

八月(はづき)庚午(かのえうま)朔丙子(ひのえねのひ) 天皇疾(おほみやまひ)(いよいよ)(おもし) 與百寮(つかさつかさ)辭訣(わかれる) 並握手歔欷(なげく) 崩(かむあがる)于大殿(おほとの) (のちのみことのり)於大伴室屋大(おほとものむろやのおほむらじ)與東漢掬直(やまとのあやのつかのあたひ)(のたまふ) 方(まさに)今區宇(あめのした)一家(ひとついへ) 烟火(けぶり)萬里(とほし) 百姓(おほみたから)(をさまる)安 四(よも)(ひな)賓服(まうきしたがふ) 此又天意(あまつみこころ) 欲(おもほす)(やすらか)區夏(くにのうち) 所以(このゆゑ)(せむ)心勵(はげます)己 日(ひにひに)愼一日(ひとひ) 蓋爲百姓故也 臣(おみ)(むらじ)・伴(とものみやつこ) 毎日(ひにひに)朝參(みかどまゐり) 國司(くにのみこともち)・郡司(こほりのみやつこ) 随時朝集(まうできうごなはふ) 何不煄竭(つくす)心府(こころぎも) 誡勅(いましむる)慇懃(ねむごろ) 義(ことわり)乃君臣(きみやつこ) (こころ)父子(かぞこ) 庶(ねがふ)(よる)智力(さとりちから) 内外(うちと)歡心 欲令普天(あめ)之下 永保安樂(やすらかにたのしきこと) 不謂 遘疾(やまひ)彌留(あつしれる) 至於大漸(とこつくにいたる) 此乃人生(ひとのよ)常分(つねのことわり) 何足言及(いふ) 但朝野(みやこひな)衣冠(みそつものかうぶり) 未得鮮麗(あざやか) ヘ化政刑(おもぶくることまつりごとのり) 猶未盡善 興(あぐ)(こと)(おもふ)此 唯以留恨 今年踰若干(そこら) 不復稱(いふ)(いのちみじかし) 筋力精~(すぢちからこころたましひ) 一時(もろとき)勞竭(つく) 如此之事 本非爲身 止(ただ)欲安養百姓(おほみたから) 所以致此 人生子孫(うみのこ) 誰不屬(つく)(おもふこころ) 爲天下 事須割情(こころをつくす) 今星川王(ほしかはのみこ) 心懷悖惡(さかしまにあしきこと) 行(わざ)闕友于(このかみおとひと) 古(いにしへ)人有言 知臣莫若(しく)君 知子莫若父(かぞ) 縱使(たとひ)星川得志(こころ) 共治(をさむ)國家(くにいへ) 必當(まさに)戮辱(はぢ) (あまねくす)於臣 酷毒(からきこと)(ほどこる)於民庶(おほみたから) 夫惡子孫(うみのこ) 已爲百姓所憚 好子孫 足(あく)堪負荷(たもつ)大業(おほきなるつぎ) 此雖家事 理(ことわり)不容隱 大等 民部(かきべ)廣大 充盈(みてり)於國 皇太子(ひつぎのみこ) 地(しな)(あたる)儲君上嗣(まうけのきみ) 仁孝(ひとをめぐみおやにしたがふみち)(あらはれる)聞 以(おもほす)其行業(しわざ) 堪成(わがこころ) 以此 共治天下(あめのした) 雖瞑目(しぬ) 何所復恨 【一本(あるふみ)云 星川王(ほしかはのみこ) 腹惡心麁(あらし) 天下著聞 不幸(みつなく)(しぬ)之後 當(まさに)(やぶる)皇太子 汝等(いましら)民部(かきべ)甚多(にへさ) 努力(ゆめ)相助(あひたすく) 勿令侮慢(なあなづらしめそ)也】 

八月の庚午の朔丙子(479.08.07)に、天皇、疾彌甚し、百寮と辭訣れたまひて、並に手を握りて歔欷きたまふ。大殿に崩りましぬ。大伴室屋大連と東漢掬直とに遺詔して曰はく、「方に今、區宇一家にして、烟火萬里し、百姓乂り安くして、四の夷賓服ふ。此又天意に、區夏を寧にせむと欲せり。所以に心を小め己を勵して、日に一日を愼むことは、蓋し百姓の爲の故なり。臣・連・伴造、毎日朝參し、國司・郡司、時に随ひて朝集れり。何ぞ心府を煄竭して、誡勅慇懃ならざらむ。義におきては乃ち君臣なり、情におきては父子を兼ねたり。庶はくば臣連の智力に藉りて、内外の心を歡びしめて、普天の下をして、永く安樂を保たしめむと欲ふ。謂はざりき、遘疾彌留れて、大漸に至るといふことを。此、乃ち人生の常分なり。何ぞ言及ふに足らむ。但し、朝野の衣冠のみ、未だ鮮麗にすること得ず。ヘ化政刑、猶ほ未だ善きことを盡さず。言を興げて此を念ふに、唯以て恨をのみ留む。今、年若干に踰えぬ。復、夭しと稱ふべからず。筋力精~、一時に勞竭きぬ。此の如き事、本より身の爲のみにはあらず。止、百姓を安め養はむとすらくのみ。所以に此を致せり。人生子孫に、誰か念を屬けざらむ。既に天下の爲には、事、情を割すべし。今星川王、心に悖惡を懷きて、行、友于に闕けり。古の人、言へること有り。臣を知るは君に若くは莫し。子を知るは、父に若くは莫しと。縱使星川、志を得て、共に國家を治めば、必ず當に戮辱、臣連に遍くして、酷毒、民庶に流りなむ。夫れ惡しき子孫は、已に百姓に憚らる。好き子孫は、足くまでに大業を負荷に堪へたり。此、朕が家の事なりと雖も、 理におきて隱すべからず。大連等、民部、廣く大きにして、國に充盈てり。皇太子、地、儲君上嗣に居りて、仁孝著れ聞えたり。其の行業を以すに、朕が志を成すに堪へたり。此を以て、共に天下を治めれば、朕、瞑目ぬと雖も、何ぞ復恨むる所あらむ。」 【一本に云く、星川王、腹惡しく心麁きこと、天下に著れ聞えたり。不幸して朕が崩なむの後に、當に皇太子を害らむ。汝等民部甚多なり。努力相助けよ。な侮慢らしめそ。】 

随書、高祖紀の、「仁壽の三年の秋七月の丁卯、詔して曰はく、・・・方(まさ)に今、區宇(くう、区内:天下)は一家にして、煙火(竈を焚く煙)は万里し、百姓は乂安(がいあん、治まって安らか)し、四夷は賓服(来朝)す。豈に是れ人の功か、實に乃ち天意なり。朕は惟だ夙夜(しゅくや、早朝から夜遅くまで、寝ても覚めても)に祗懼(しく、つつしみ恐れる)し、將に以て明靈を上嗣する所、是れ小心勵己を以て、日に一日慎しむ。・・・四年の春正月・・・賞罰支度を詔して、事に巨細無く、皇太子に并せて付す・・・夏四月の乙卯、上は豫(あづ)からず・・・秋七月・・・上は疾甚しを以て、仁壽宮に臥し、百僚と辭訣(じけつ、別れの言葉を述べる)す、并せて手を握りて歔欷(きょき、すすり泣く)す。丁未、大寶殿に崩ず。上天降鑒、爰命于朕、用登大位、豈關人力!故得撥亂反正、偃武修文、天下大同、聲教遠被、此れ又、是れ天意、區夏(くか、天下)に宁(たたず)むを欲。所以昧旦臨朝、不敢逸豫、一日万机、留心親覽、晦明寒暑、不憚劬勞、匪曰朕躬、蓋(けだ)し百姓の為の故なり。王公卿士は、毎日闕庭(けつてい、宮中の庭)に、刺史以下は、三時朝(朝廷)に集ひ、何ぞ嘗て心府(しんぷ、心のあるところ)を煄竭(けいけつ、尽くす)し、誡敕(かいちょく、戒める)すること殷勤(いんぎん、ていねい)にせざる。義は乃ち君臣、情は父子を兼ぬ。庶くば百僚の智力に藉(よ)り、万國、心歡び、率土(そつど、国のすみずみの)の人をして、永く安樂を得るを欲し、疾(やまひ)に遘(あ)ひ彌留(びりゅう、病気が重くなる)して、大漸(だいぜん、大いにすすむ、危篤)に至るを謂はざる。此れ乃ち人生の常分(とこわけ、定まった運命)、何ぞ言ひ及ぶに足らむ。但、四海の百姓、衣食丰(ふう、豊か)ならず、政刑を教化して、猶ほ未だ善を盡(つく)さざる。言を興(あ)げて此を念ふに、唯だ以て恨を留む。朕は今年六十を逾(こ)へ、(また)(よう、早逝)と稱(い)はざるも、但、筋力精神、一時勞竭(ろうかつ、老ひ尽きる)。此の如きの事、本より身の為に非ずして、止(ただ)、百姓を安養すを欲し、以て此に致る所。人生の子孫、誰か愛しび念はざる。既に天下為りて、事、須(す)べからく情を割(わか)つべし。勇(楊勇)及び秀(楊秀)等、并はせて悖惡(はいあく、道にはずれて悪い)を怀(いだ)くは、既に臣子の心無きを知りて、以て廢黜(はいちゅう、官職を取り上げ退ける)する所。古人言ふこと有り、“臣を知るは君に若(し)くは莫(な)し、子を知るは父に若くは莫し。”若し勇をして、秀、志を得せしめば、共に家國を治めむものを。必ず當に遍(あまね)く公卿に戮辱(りくじょく、辱しめる)し、酷毒は人庶に流る。今、惡子孫、已に百姓の為に黜屏(ちゅうへい、追い払い退けられる)さる、好子孫、大業を負ひ荷ふに堪へるに足る。此れ朕が家の事と雖も、理、隱す容(可に同じ)からず、前に文武侍衛に對して、具に已に論述す。皇太子、廣、地に居りて上嗣し、仁孝著れ聞へ、其の行業を以て、朕が志を堪へ成す。但、内外の群官をして、同心戮力(りくりょく、力を合わす)し、此を以て共に天下を治む。朕は瞑目(めいもく、目をつぶる、死ぬ)すと雖も、による。随書は本紀5巻、志30巻、列伝50巻からなり、唐の太宗の命により勅撰され、本紀5巻、列伝50巻は魏徴により、636年(貞観10年)に完成され、列伝50巻は656年(顕慶元年)に長孫無忌により完成されたもので、遣唐使が早々に持ち帰っていたのであろう。
書紀の編者達は大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)を随の高祖、楊堅になぞらえた。楊堅の長子、皇太子に立てられた勇は皇后らの画策で廃嫡され、廣(後の煬帝)が皇太子となった。秀は、これに反発したが、官爵を剥奪されて庶民に落とされた。いづれにせよ、高祖紀を借用した記述であり、このままでは、大泊瀬幼武天皇の遺言とならない。
白髮皇子が星川王と共に治めることは、星川王の性格からしてできないといふことを、大伴室屋大連と東漢掬直に遺言したという趣旨である。一本に云く以下、星川王が白髮皇子を害するであろう。二人に多くの民部を認めたのは、そのときのため。助け合って、油断せず備えておくように、が遺言。二人は、星川皇子の乱を鎮圧することになる。ただ、大伴室屋大連は雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)十一年(422年)に登場しており、56年目であり、相当の高齢となる。東漢掬直は譽田天皇(應~天皇)二十年(289年)の倭漢直の祖、阿知使主の子、都加使主(つかのおみ)といふから人間の寿命を越へている。

是時 征新羅將軍
(しらきをうついくさのきみ)吉備臣尾代(きびのおみをしろ) 行至吉備國(よきる)家 後所率五百(いほ)蝦夷等(えみしら) 聞天皇(すめらみこと)(かむあがる) 乃相謂(かたる)之曰(いふ) 領(すべる)(をさむ)吾國天皇崩 時不可失也 乃相聚結(あひいはむ) 侵冦(あたなふ)(ほとり)(こほり) 於是 尾代(をしろ)從家來 會蝦夷於娑婆水門(さばのみなと) 合戰(たたかふ)而射 蝦夷等 或踊或伏 能(さる)(さる)箭 (つひに)不可射 是以 尾代空彈弓弦(ゆみづるうちす) 於海濱(うみへた)上 射死(いころす)踊伏者二隊(ふたたむら) 二(ふたやなぐひ)之箭(や)盡 (よぶ)船人索(こはす)箭 船人恐而自退 尾代乃立弓執末(ゆみはず)而歌(うたよみす)曰 濔致儛阿賦耶(みちにあふや) 鳴之慮能古(をしろのこ) 阿母儛擧曾(あもにこそ) 枳擧曳儒阿羅毎(きこえずあらめ) 矩儛々播(くにには) 枳擧曳底那(きこえてな) 唱訖(うたひをはる)自斬數(あまた)人 更至丹波國浦掛水門(うらかけのみなと) 盡逼殺之 【一本云 至浦掛 人盡殺之】

是の時に、征新羅將軍吉備臣尾代、行きて吉備國至りて家を過る。後に率ゐたる五百の蝦夷等、天皇、崩りましぬと聞きて、乃ち相謂りて曰く、「吾が國を領べ制めたまふ天皇、既に崩りましぬ。時失ふべからざる。」 乃ち相聚結みて、傍の郡を侵冦ふ。是に、尾代、家より來りて、蝦夷に娑婆水門に會ひて、合戰ひて射る。蝦夷等、或いは踊り、或いは伏す。能く箭を避り脱る。終に射るべからず。是を以て、尾代、空しく彈弓弦す。海濱の上にして、踊り伏しし者二隊を射死す。二の箭既に盡きぬ。即ち船人を喚びて箭を索はす。船人、恐りて自ら退きぬ。尾代、乃ち弓を立てて末を執へて歌して曰く、
 濔致儛阿賦耶 鳴之慮能古 阿母儛擧曾 枳擧曳儒阿羅毎 矩儛々播 枳擧曳底那
 道
(みち)に闘(あ)ふや 尾代(をしろ)の子 母(あも)にこそ 聞(きこ)こえずあらめ 国(くに)には 聞(きこ)こえてな

唱ひ訖りて自ら數の人を斬る。更追ひて丹波國の浦掛水門に至りて、盡に逼め殺しつ。【一本に云く、追ひて浦掛に至りて、人を遣りて盡に殺さしめつ。】


三國史記、新羅本紀第三、慈悲麻立干に、「十九年(476年)夏六月、倭人東邊を侵す。王、將軍コ智に命じて撃ち之を敗り、殺し虜すること二百餘人。二十年(477年)夏五月、倭人兵を擧げ、五道より來侵す。竟に功無くして還る。」とある。この年(478年)にも新羅に派兵しようとし、吉備臣尾代が五百人の蝦夷等を率ゐ家を過ぎたところで、天皇が崩御されたことを聞いた。尾代は家に帰っていたようで、それを聞いた蝦夷等が、天皇が崩御されたこの時にと、近辺の郡に侵冦したといふ。尾代は、他に見えず、と注され、ここに登場するだけで、前後に事はわからない。蝦夷等は佐伯部に編入された天皇の観衛軍を形成したらしい、とも注され、崩御を聞いた途端に反乱を起こすとなれば、相当に不穏な情勢にあったとなろうか。
娑婆水門は周防では遠すぎるので、備後国沼隈郡佐波村
(広島県尾道市山波町:地図の向島との間、尾道水道の東側と注される。尾代が弓を射たが全く当たらなかった。そこで尾代は弓弦をぶ〜んと鳴らして除霊すると、矢が当たり、二隊を射殺すことができたが、矢が尽きた。船人に矢を催促したが、恐れて逃げてしまったので、弓を立てて歌を詠んだ。そして、今度は刀で斬り、更に追って丹波の浦掛(京都府京丹後市久美浜町浦明:地図に至った。
道で戦う尾代の子とは自分の事。母には聞こえないとしても、国(故郷)の人には聞こえてほしい、とされるが、佐波村を娑婆水門とするなら、すぐ近くで故郷の人に聞こえないはずがない。阿母を阿毎
(あめ)とみて天皇には聞こえないがとする説もあると注される。征新羅の任を帯びた天皇の観衛軍500人が背いたとなれば、尾代とてそれ相応の兵を動員せねば対抗はできまい。当時の人からすれば、どちらが反乱者かは分からない。尾代にとって、天皇の観衛軍を討つ己に大義があると知らしめることは容易ではなかった。また、後継者として白髮皇子が皇太子とされたが、吉備の稚媛との間の子、星川皇子とて可能性がないわけではなかった。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)は吉備を押さえるために相当に手荒なことをしてきており、吉備には大泊瀬幼武天皇に対する反感がある。それは白髮皇子にも向けられよう。ましてや、観衛軍の動向自体が不穏である。観衛軍が近隣の郡に侵冦して何がしたかったのか分からないが、尾代の行動は中央の政権、白髮皇子に与しての行動であった。母にこそ、そこを分かってほしいが、分からないだろう。国は中央政府であろう、政府には私の功績を評価してもらいたい、といふことではないか。
また、観衛軍の残兵が丹波に逃げたとあり、丹波に難を逃れるというパターンがあったのかもしれない。


2010.9.20


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 14-3 上田 啓之
.