e漢字使用


大泊瀬幼武天皇 雄略天皇

八年春二月(464.02)  》》
九年春二月甲子朔(465.02.01)  》》
    
三月 >>   五月 >>   七月 >>
十年秋九月乙酉朔戊子(466.09.04)  》》
十一年夏五月辛亥朔(467.05.01) 
 》》
十二年夏四月丙子朔己卯(468.04.04) 
 》》


十三年春三月(469.03)  》》
十四年春正月丙寅朔戊寅(470.01.13) 
 》》
十五年(471) 
 》》
十六年秋七月(472.07) 
 》》
十七年春三月丁丑朔戊寅(473.03.02) 
 》》
十八年秋八月己亥朔戊申(474.08.10) 
 》》
十九年春三月丙寅朔戊寅(475.03.13) 
 》》
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

大泊瀬幼武天皇
(おほはつせのわかたけのすめらみこと) 雄略天皇(いうりやくてんわう)

日本書紀 卷第十四

八年春二月
(きさらぎ) (つかはす)身狹村主(むさのすぐり)(あを)・桧隈民使(ひのくまのたみのつかひ)博コ(はかとこ)使(つかはす)於呉國(くれのくに) 自(から)天皇(つく)(みくらゐ) 至于是歳 新羅國(しらきのくに)背誕(いつはる) 苞苴不入(みつきたてまつらず) 於今八年(やとせ) 而大懼中國(みかど)之心 脩(をさむ)(よしみ)於高麗(こま) 由是 高麗王(こきし)(やる)(ときいくさ)一百人(ももたり)守新羅 有頃(しばらく) 高麗軍士(いくさびと)一人(ひとり) 取假(あからさま)歸國 時以新羅人爲典馬(うまかひ) 【典馬 此云(いふ)于麻柯比(うまかひ)】 而顧(ひそかに)(かたる)之曰 汝(いまし)國爲吾國所破非久(ひさ)矣 【一本(あるふみ)(いふ) 汝國果成吾土(くに)非久矣】 其典馬(うまかひ)聞之 陽(いつはる)患其腹 退(まかる)而在後(おくれる) 遂逃入國 其所語(かたらふ) 於是 新羅王(こきし)乃知高麗僞(いつはり)守 使馳告國人(くにひと)曰 人(ひと)殺家内(いへのうち)所養鷄之雄者(をとり) 國人知意(こころ) 盡(ことごとくに)殺國内所有高麗人(こまひと) (ここに)(のこる)高麗(こまひと)一人(ひとり) 乘(のる)(ひま)(まぬかる) 入其國 皆具(つぶさに)(いふ)之 高麗王(おこす)軍兵(いくさ) 屯聚(いはむ)筑足流城(つくそくろのさし) 【或本(あるふみ)云 都久斯岐城(つくしきのさし)】 人舞(うたまひ)(おこす)(こゑ) 於是 新羅王(こきし) 夜聞高麗軍(いくさ)四面(よも)人舞 知賊(あた)(ことごとく)入新羅地(くに) 乃使(やる)(ひと)於任那王(こきし)(いふ) 高麗王征伐(うつ)我國 當此之時 若(ごとく)綴旒(かがれるはたあし)然 國之危殆(あやふきこと) 於累(かさぬ)(かひご) 命之脩短(ながさみじかさ) 太(はなはだ)所不計(はかる) 伏(こふ)救於日本府(やまとのみこともち)行軍元帥等(いくさのきみたち) 由是 任那王勸膳臣(かしはでのおみ)斑鳩(いかるが)【斑鳩 此云伊柯(いかるが)】・吉備臣(きびのおみ)小梨(をなし)・難波吉士(なにはのきし)赤目子(あかめこ) 徃(ゆく)救新羅 膳臣等 未至營(いほりす)止 高麗(こま)(もろもろ)(いくさのきみ) 未與(と)膳臣等相戰皆怖 膳臣等乃自力(つとめる)(ねぎらふ)(いくさ) 令(のりごとす)軍中 促(すみやかに)爲攻具(せむるそなへ) 急(にはか)(うつ)之 與(と)高麗相守十餘日(とをかあまり) 乃夜(よる)(うがつ)(さがしきところ) 爲(つくる)(したつみち) 悉(ことごとくに)(やる)輜車(にくるまにもち) 設(まうく)奇兵(かくれたるつはもの) 會明(あけぼの) 高麗謂(おもふ)膳臣等爲遁(のがる)也 悉(つくす)(いくさ)來追 乃縱(はなちいだす)奇兵 歩(かちいくさ)(うまいくさ)夾攻(はさめせむ) 大破之 二國之怨 自(より)此而生 【言(いふ)(ふたつ)國者 高麗新羅也】 膳臣等謂(かたる)新羅曰(いふ) 汝(いまし)以至 當至 官軍(みいくさ)不救 必爲所乘(もまる) 將成人地 殆(ほとほど)於此役(えだち) 自今以後 豈背天朝(みかど)

八年の春二月
(464.02)に、身狹村主・桧隈民使博コをして呉國に使しむ。天皇の位に即かせたまひしより、是歳に至るまでに、新羅國、背き誕りて、苞苴不入らざること、今までに八年なり。而るを大きに中國の心を懼りたてまつりて、好を高麗に脩む。是に由りて、高麗の王、精兵一百人を遣りて新羅を守らしむ。頃有りて、高麗軍士一人、取假に國に歸る。時に新羅人を以て典馬 【典馬 此云于麻柯比】とす。而して顧に謂りて曰く、「汝の國は、吾が國の爲に破られむこと久に非じ。」 【一本に云く、汝が國、果して吾が土と成ること久に非じ。】 其の典馬、聞きて、陽りて其の腹患まむまねをして、退りて在後れぬ。遂に國に逃げ入りて、其の語ひし所を説く。是に、新羅の王、乃ち高麗の僞りて守ることを知りて、使を遣して馳せて國人に告けて曰く、「人、家内に養ふ鷄の雄者を殺せ。」 國人、意を知りて、盡に國内に有る高麗人を殺す。惟に遣れる高麗一人有りて、間に乘りて脱るること得て、其の國へ逃げ入りて、皆具に爲説ふ。高麗の王、即ち軍兵を發して、筑足流城 【或本云 都久斯岐城】に屯聚む。遂に歌人舞して樂を興す。是に、新羅の王、夜、高麗の軍の四面に歌ひて人舞ふを聞きて、賊の盡に新羅の地に入りぬることを知りぬ。乃ち人を任那の王のもとに使りて曰く、「高麗の王、我が國を征伐つ。此の時に當りて、綴れる旒の若く然なり。國の危殆きこと、於卵を累ぬるに過ぎたり。命の脩さ短さ、太だ計らざる所なり。伏して救を日本府の行軍元帥等に請ひまつる。是に由りて、任那の王、膳臣斑鳩【斑鳩 此云伊柯餓】、吉備臣小梨、難波吉士赤目子を勸めて、徃きて新羅を救はしむ。膳臣等、未だ至らずして營し止りぬ。高麗の諸の將、未だ膳臣等と相戰はずして皆怖る。膳臣等、乃ち自力めて軍を勞ふ。軍の中に令して、促に攻むる具を爲して、急に進みて攻たしむ。高麗と相守ること十餘日。乃ち夜險しきところを鑿ちて、地道を爲り、悉に輜車を過りて、奇兵を設けたり。會明に、高麗、膳臣等遁れたりと謂ふ。軍を悉して來り追ふ。乃ち奇兵を縱して、歩騎夾み攻めて、大きに破りつ。二の國の怨、此れより生る。【二の國と言ふは、高麗、新羅なり。】 膳臣等、新羅に曰く、「汝、至りて弱きを以て、至りて強きに當れり。官軍救はざらましかば、必ず乘れなまし、人の地に成らむこと、此の役に殆なり。今より以後、豈天朝に背きたてまつらむや。」

呉への二人の使節は以降、十年、十四年にもみえる。ポツンとあらわれるのみであるが、宋書によれば、世祖孝武皇帝諱駿、大明四年
(460)十二月条に、「倭國、使を遣し方物を獻ず。」、同六年(462)三月条に、「倭國王の世子、興を以て安東將軍と為す。」とあった。興の弟の武はこれを不服として、「自らを使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、七國諸軍事、安東大將軍、倭國王と稱し」、順皇、升明元年(476)冬十一月己酉に、「倭國、使を遣し方物を獻ず。」、同二年(478)五月戊午に、「倭國、使を遣し方物を獻ず。武を以て安東大將軍と為す。」とあり、「使持節、都督、倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、六國諸軍事、安東大將軍、倭國王」といふ興の父の濟の叙任を回復している。宋は依然として、百濟に関しては、日本(やまと)の要求を認めなかったが、これが歴史的には、宋への使節派遣の目的である。書紀は一貫して、このあたりの経緯を削除しているが、武、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)が行った上表の内容をみておきたい。

「倭國、高驪の東南の大海の中に在り、世(々)貢職を修む。高祖永初二年(421年)、詔して曰はく、"倭の贊、万里、貢を修む、遠く誠に宜しきこと甄(あきら)かにして、除授を賜ふ可し。"太祖、元嘉二年(425年)、贊、又、司馬曹達を遣はし表を奉り方物を獻(たてまつ)る。贊、死す。弟の珍、立つ。使を遣はして貢獻す。自ら使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王を稱す。表して除正を求む。詔して安東將軍、倭國王に除す。珍、又、倭隋等十三人を平西、征虜、冠軍、輔國將軍に號(なづ)くことの除正を求む。詔して并せて听(ゆる)す。二十年(443年)、倭國王、濟、使を遣はし(表)を奉り(方物を)獻りて、復(また)、以て安東將軍、倭國王を為す。二十八年(451年)、使持節、都督、倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事を加へ、安東將軍は故(もと)の如くす。并せて上(たてまつ)る所の二十三人を軍、郡に除す。濟、死す。世子の興、使を遣はし貢獻す。世祖、大明六年(462年)、詔して曰はく、"倭王の世子、興、奕世(えきせい:代々)(すなは)ち忠にして、藩を外海に作(な)し、(王)化を稟(う)け境を寧(やすん)じ、貢職を恭しみて修め、新たに邊(辺境)にて業を嗣ぐ。宜しく爵號を授く。安東將軍、倭國王とす可し。"興、死す。弟の武、立ちて、自ら使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓七國諸軍事、安東大將軍、倭國王を稱す。
順帝升明二年
(478年)、使を遣はし表を上りて曰く、"封國(我國)は偏ること遠く、藩を外に作(な)し、昔より祖禰(でい:死んだ父)、躬(みづか)ら甲胄を環(手偏:つらぬ)き、山川を跋渉(ばつしょう:山を越え、川を渡る)し、寧処(ねいしょ:ゆっくりする)に遑(いとま)あらず。東に毛人を征すること五十五國、西に衆夷を服すること六十六國、渡りて海北を平ぐこと九十五國、王道融泰(ゆうたい:融合して安泰)にして、土(くに)を廓(ひら)き畿(き:都域)を遐(はるか:拡大)す。累葉(代々)朝宗(春夏に拝謁)し、歳に愆(たが)はず。臣、下愚と雖も、忝(つつし)みて先緒(先人の始めたこと)を胤(つ)ぎ、統ぶる所を驅率し、天極に歸崇(従い尊ぶ)し、遙か百濟を道(ふ)み、船舫を裝ひ治む。而るに句驪、無道にして、圖(はか)りて見呑を欲し(見下し)、邊隸(周辺國)を掠抄(略奪)し、虔劉(けんりゅう:殺す)して已まず。毎(つね)に稽滯を致し、以て良風を失ふ。曰く路を進むと雖も、或は通じ或は(通ぜ)(ず)。臣が亡考(父)、濟、實(まこと)に寇仇、天路を壅塞するを忿り、控弦(こうげん:弓を引く兵士)百万、義聲に感激し、方(まさ)に大舉せむと欲し、奄(にはか)に父兄を喪(うしな)ひ、垂成(すいせい)の功をして、一簣に獲ざらしむ。居諒暗に在り、兵甲を動かさざる。是を以て偃息(えんそく)して未だ捷(か)たざりき。今に至りて、甲を練り兵を治め、父兄の志を申すを欲す。義士虎賁(こほん:勇士)、文武功を效(つく)し、白刃前に交はるは、亦、顧ざる所(宋書、袁伝に、白刃前に交はれば流矢を顧りみず:大難を前にしては小難を顧みない、とある。)若し帝コの覆載(ふくさい:恵み)を以て、此の彊敵を摧(くじ)き、克く方難を靖(やす)んぜば、前功を替へること無し。竊(ひそか)に自ら開府儀同三司を假し、其の余は咸(み)な各(おのおの)假授して、以て忠節を勸む。"詔して武を使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王に除す。宋書、列伝の第五十七、夷蛮、倭國
(わが国は、遠く離れて、外に藩をなし、先祖代々、自ら甲冑を纏い、山川を越え休む間もなかった。東の毛人を征すこと五十五国、西に多くの夷を服すこと六十六国、海を渡り半島を平らぐこと九十五国、王道を通じて安泰をはかり、畿内を広げてきた。代々春秋に拝謁することを欠かさず、臣は下愚といえども、先緒を引き継ぎ、統治する所のものを率ゐて、宋朝に帰崇し、遥か百濟を通り、船を仕立ててきた。しかるに、高句麗は無道にして、周辺國を見下し、略奪し、殺戮することを止めようとしない。常に、路を留め滞らせ、良風を損ね、或る時は通じ或る時は通じさせない。臣の亡き父、濟はまことに仇敵が宋朝への路を閉塞させることを憤激し、弓を引く兵百万、義声に感激し、まさに大舉せむとした。しかし、にわかに父と兄を失ひ、目前の功をひとかけらも得ることがなかった。喪に服しており、兵を動かすこともなかった。このため休息をしていまだ勝つことがない。今を迎へ、甲(鎧)を練り兵を治め、父兄の志を申し上げたい。義士、勇士が文武の功を尽くし、大難の前の小難を顧みることなく、もし、帝徳の恵みを得て、この強敵を挫き、よく国難を靖んずれば、これまでの功を替へることなし。秘かに自らを開府儀同三司に比し、皆の者もそれぞれを位を仮に与へ、忠節に勤めむ。順帝は詔を発して、武を使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王に叙した。)

書紀はこれをとばして、新羅問題をとりあげた。苞苴(おほにへ)は贈り物のこと。「中國(みかど)の心」とここでも中國と記している。御門、天皇の義になるが、何故こういふ表記を選んだのか?中国人や韓国人が読んだ場合に意味が通じるのであろうか?新羅が貢物を献じることなく八年、天皇を恐れて、高句麗に修好を求め、高句麗が精兵百人を派遣していたといふ。高句麗は騎兵戦を得意とし、騎兵を派遣していたとみえる。その馬飼いをしていた新羅人が、危急で本国から帰還命令を受けた高句麗兵に同行し、「高句麗によって新羅が破れるのは先のことではない」と聞かされ、病と称して逃げ帰り、これを新羅の王に伝へた。これを聞いた新羅の王が秘かに雄鶏を殺せといふ命令を出し、暗に國人に高句麗の守備兵を殺させた。新羅語で鶏はtark、高句麗語の軍隊、軍人をtar, takといふと注される。新羅王がこの馬飼いの言を信じて、流言で非公式に事を起こしたといふも尋常ではない。新羅は疑ひつつ高句麗兵を受け入れていたのであろう。すでにみたように、三国史記によれば、百濟は日本(やまと)と結んで高句麗の南下政策に対抗していたが、450年代に日本が百濟に対する軍事権を掌握する外交を宋との間に始めたことを警戒して、距離を置き、新羅と関係を改善して対抗していた。454年高句麗が新羅の北辺を侵しており、455年に高句麗が百濟を侵した時、新羅はこれを救援している。葢鹵王もこの路線を継いでおり、新羅は対高句麗、対百濟、対任那、加羅、対日本と周辺すべての侵攻に備えておらねばならなかった。急遽の帰還が新羅攻撃の情報収集とみて、先手をうって守備兵殺害に及んだことになろう。高句麗も準備は出来たいたとみえ、たちどころに兵を差し向けてきた。筑足流城、筑は都久tuk, takの音訳で達句、足流は斯岐su-kurの音訳で村落、達句城、今の慶尚北道大邱地図、卓淳古地図とされ、北辺どころじゃなく、相当奥深く南下し、すぐ西側に陣を敷いていた。まさに漢書、高帝紀の、「羽(項羽)、夜に漢軍の四面にして皆楚歌を聞く、尽(ことごと)く楚地を得るを知る。」のごとく、高句麗軍が夜に歌舞を樂し、四面を包囲したと知らしめた。新羅王は任那王に使者を送り、日本府の行軍元帥等の救援を求めた。若綴旒然とは文選や三国志、魏志、武帝紀にみられ、旒は縦長の軍用旗のこと、新羅が吊り下げられた旗のように、高句麗の思いのままに振り回されている始末、と注される。過於累卵は卵を積み重ねたに過ぎない、ぐしゃっとつぶれる。
書紀にあっては任那は、
「筑紫國を去ること二千餘里。北、海を阻て以て鷄林の西南に在り。という、鷄林は新羅のこと。御間城入彦五十瓊殖天皇(崇~天皇)の六十五年条書紀巻5に言及され、”みまな”は”みまき”に由来すると関連づけられる。鉄を産することで、倭人の関心が高かった。まず、任那の蘇那曷叱智(そなかちち)の到来があり、次に、意富加羅國(おほからのくに)(こきし)の子、都怒我阿羅斯等(つぬがあらひと)となり、任那と加羅とは別としている。それは「倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、七國諸軍事」からも知られる。新羅は任那王を通じて救援を求めたとあり、任那国を代表するのは国王であった。そこに日本府(やまとのみこともち)とあり、”みこともち”とは天皇の御言(みこと)を以て政を行ふことであり、七年条に吉備上道臣田狹を任那國司(みまなのくにのみこともち)にしたとあったごとく、國司が派遣されそれに連なる文官がいたことになる。日本といふ呼称は聖徳太子以降であり、それ以前は倭、倭(わ)を倭(やまと)と読ませ、日本を日本(やまと)と読ませ倭に代へ定着させるのが書紀の方針であり、日本府は書紀編纂時の呼称であり、当時にそう呼ばれていたものではない。また、行軍元帥(いくさのきみ)と頂点とする軍事部隊が駐留していた。新羅救援は國司ではなく、任那の王から、膳臣斑鳩、吉備臣小梨、難波吉士赤目子に発せられた。膳臣は天皇の食膳をまかなうことから起こった臣であり、ここでは天皇直属の系列の元帥となろうか。吉備上道臣田狹はどうなったのであろうか、吉備と難波の元帥が動員された。「二十八年(451年)、使持節、都督、倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事を加へ、安東將軍は故(もと)の如くす。并せて上(たてまつ)る所の二十三人を軍、郡に除す。」とあるごとく、半島の倭の武官と文官の叙任を宋に認知させ、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓にそれを認めさせることが、宋に朝貢した倭王の狙いであった。日本府といふ呼称には問題があるが、その存在を否定し、二十三人の軍、郡も倭国内の叙任とするのは滑稽である。倭國内の叙任を宋に求めるほど愚かな行動をするはずもない。むしろ、これらの活動を支える拠点が半島にないとするほうが理解し難い。書紀は中国に朝貢したことを削除し、中国とはもっぱら経済的な関係しかなかったかのごとく振る舞ふ。身狹村主・桧隈民使博コは遣隋使ならぬ遣宋使であり、斑鳩、小梨、赤目子を含め後世これ以上名が知られていないが、国を開くにおおきな役割を果たしたとみるべきであろう。
膳臣中心の軍と高句麗の戦いは、三国志、魏志、武帝紀による。
「未だ至らずして營し止む。諸將、未だ太祖と相見へずして皆怖る。太祖、乃ち自ら力めて軍を勞ふ。軍の中に令して、促に攻むる具を爲して、進みて復た之を攻たしむ。布を与へ相守ること百餘日。」「乃ち夜險しきところを鑿ちて、地道を爲り、悉に輜重を過りて、奇兵を設けたり。會明に、賊、公遁れたりと謂ふ。軍を悉して來り追ふ。乃ち奇兵を縱し、歩騎夾み攻め、大いに之を破る。」実戦の模様は分からない。武帝紀によれば、輜重とは荷車のこと、夜中に要害に坑道を掘り荷車を隠し、伏兵を置いて退却し、敵が逃げたと思ひうち出してきたところ騎兵を戻し、伏兵の歩兵が背後から挟み撃ちにして大勝した。これにより新羅と高句麗は怨みを抱くようになった、といふのが書紀の解釈である。半島諸国が、北は高句麗、南は日本(やまと)にはさまれ、国防に窮する構図は変わらないが、契丹の南下に対抗するために、高句麗が宋よりは北魏との関係改善を進め、契丹を牽制するもの、半島への南下を余儀なくされ、百濟、新羅を併合する政策に転じたことが大きな脅威となっていた。新羅と高句麗の二国間のみでは解決しない深刻な状況である。

九年春二月(きさらぎ)甲子(きのえね)(ついたちのひ) (つかはす)凡河内直(おほしかふちのあたひ)香賜(かたぶ)與采女(うねめ) 祠(まつる)胸方~(むなかたのかみ) 香賜既至壇所(かむには) 【香賜 此云舸手它(かたぶ)】 及(いたる)將行事 (おかす)其采女 天皇聞之曰 祠(まつる)~祈福(さいはひ) 可不愼歟 乃難波日鷹吉士(なにはのひたかきし)將誅(ころす)之 時香賜退(まかる)(にげうせる)不在(はべらず) 天皇(すめらみこと)弓削(ゆげのむらじ)豐穗(とよほ) 普(あまねく)求國郡縣(くにあがたのうち) 於三嶋郡(みしまのこほり)藍原(あゐのはら) 執而斬焉 

九年の春二月の甲子朔(465.02.01)に、凡河内直香賜と采女を遣して、胸方~を祠らしめたまふ。香賜、既に壇所に至りて 【香賜 此云舸手它夫】 將に事行はむとするに及りて、其の采女を奸す。天皇、聞しめして曰はく、「~をりて福を祈ることは、愼まざるべけむや。」 乃ち難波日鷹吉士を遣して誅さしめたまふ。時に香賜退り逃げ亡せて在らず。天皇、復弓削連豐穗を遣して、普く國郡縣に求めて、遂に三嶋郡の藍原にして、執へて斬りつ。

素戔嗚尊と天照大~の誓
(うけひ)から、素戔嗚尊が生んだ五男~(ひこかみ)のうちの、天津彦根命(あまつひこねのみこと)が是凡川内直(おほしかふちのあたひ)・山代直(やましろのあたひ)等祖也とあった書紀巻1。河内、摂津、山代方面の豪族。天照大~が生まれた三女~(ひめかみ)は、素戔嗚尊に授けられ、筑紫(つくし)胸肩君(むなかたのきみ)等が祭(いつきまつる)所となった、ともある。香賜と采女を派遣したのは、航海における福、新羅を攻める~託と成功祈願を求めてのことであろう。ところが、それを祈る壇所で香賜が采女を奸した。これは冒涜行為であり、それと知った天皇が難波日鷹吉士を派遣して誅そうとしたが逃れて見当たらず、弓削連豐穗に全国を捜索させ捕へて切り殺したとあるが、新羅遠征に関する誠に不吉な兆候と暗示している。三嶋郡の藍原は攝津国島下郡安威郷(大阪府茨木市太田付近:地図とされ安威川の流域、地元に戻っていたことになる。


三月
(やよひ) 天皇欲(おもほす)(みづから)(うつ)新羅(しらき) ~戒天皇曰(のたまふ) 無往(います)也 天皇由是 不果行(います) 乃勅(みことのりす)紀小弓宿禰(きのをゆみのすくね)・蘇我韓子宿禰(そがのからこのすくね)・大伴談(おほとものかたりのむらじ)【談 此云箇陀利(かたり)】・小鹿火宿禰等(をかひのすくねら)曰 新羅自(もとより)(をる)西土(にしのくに) 累(かさねる)(よ)稱臣(したがへる) 朝聘(まうでき) 貢職(みつき)(まことに)(なる) (およぶ)乎朕(われ)之王(きみす)天下(あめのした) 投(おく)身對馬之外(ほか) 竄(かくす)(あと)匝羅(さふら)之表(ほか) 阻(ふせく)高麗(こま)之貢(みつく) 呑百濟之城(さし) 况(いはむや)復朝聘(まうでき)(かける) 貢職莫脩 狼(おほかみ)子野心(あらきこころ) 飽(あく)(さる) 飢附 以汝(いまし)(よたり)(まへつきみ) 拜(ことよさす)爲大將(おほきいくさのかみ) 宜以王師(みいくさ)薄伐(せめうつ) 天罰(あまつつみ)襲行(つつしみおこなふ) 於是 紀小弓宿禰 使大伴室屋大(おほとものむろやのおほむらじ) 憂陳(まうす)於天皇曰(まうす) 臣(やつこ)雖拙弱(おぢなし) 敬(つつしむ)(うけたまはる)勅矣 但今 臣(やつこ)(め)(みまかる)之際(きは) 莫能(とりみる)臣者(ひと) 公冀(ねがはくば)(もて)此事具(つぶさに)(まうす)天皇 於是 大伴室屋大連 具爲陳之 天皇聞悲頽歎(なげく) 以吉備上采女大海(きびのかみつみちのうねめのおほしあま) 賜於紀小弓宿禰(きのをゆみのすくね) 爲隨身(とりみる) 推轂(あひたすく)焉 紀小弓宿禰等 入新羅 行(ゆくゆく)(ほふりとる)傍郡(かたはらのこほり) 【行屠 並行並撃】 新羅王(こきし) 夜聞官軍(みいくさ)四面(よも)鼓聲(つづみうつおと) 知盡(ことごとくに)得喙地(とくのところ) 與數百(ももあまり)(うまいくさ)軍亂走(にぐ) 是以 大敗 小弓宿禰 斬敵將(いくさのきみ)(いくさ)中 喙地悉定 (のこりのともがら)不下(したがはず) 紀小弓宿禰亦收(をさむ)(つはもの) 與大伴談連等會 兵復大振(ととのふ) 與衆戰 是夕(ゆふべ) 大伴談及紀岡前來目(きのをかざきのくめのむらじ)皆力鬪(きはめたたかふ)而死 談從人(ともびと)同姓(おなじかばね)津麻呂(つまろ) 後入軍(いくさ)中 尋覓(まぐ)其主(あろじ) 從軍不見出問曰 吾主(あろじ)大伴公 何處在也 人告之曰 汝主(あろじ)等果爲敵(あた)手所殺 指示屍處 津麻呂聞之 踏叱(たけぶ)曰 主已陷(しぬ) 何用(もて)獨全(いける) 因復赴(ゆく)敵 同時(もろとも)殞命(しぬ) 有頃(しばらく) (のころのともがら)退(まかる) 官軍(みいくさ)亦随而却(しりぞく) 大將軍(おほきいくさのきみ)紀小弓宿禰 値病(やまひす)而薨(みうす) 

三月に、天皇、親ら新羅を伐たむと欲す。~、天皇に戒めて曰はく、「な往しそ。」天皇、是に由りて、果して行せたまはず。乃ち紀小弓宿禰・蘇我韓子宿禰・大伴談連【談 此れを箇陀利と云ふ】・小鹿火宿禰等に勅して曰はく、「新羅、自より西土に居り、葉を累ねて稱臣へり。朝聘違ふこと無し。貢職允に濟れり。朕が天下に王たるに逮びて、身を對馬の外に投きて、跡を匝羅の表に竄し、高麗の貢を阻きて、百濟の城を呑む。况むや復朝聘既に闕けて、貢職脩むること莫し。狼の子の野き心ありて、飽きては飛り、飢ゑては附く。汝、四の卿を以て、拜して大將とす。王師を以て薄め伐ちて、天罰をも襲み行へ。」 是に、紀小弓宿禰、大伴室屋大連をして、天皇に憂へ陳さしめて曰す、「臣、拙弱と雖も、敬みて勅を奉る。但し今、臣が婦、命過りたる際なり。能く臣を視養る者莫し。公、冀はくは此の事を將て具に天皇に陳せ。」 是に、大伴室屋大連、具に陳す。天皇、聞しめし悲び頽歎きたまひて、吉備上道采女大海を以て、紀小弓宿禰に賜ひて、身に隨へて視養ることをせしめたまふ。遂に推轂けて遣す。紀小弓宿禰等、即ち新羅に入る。行傍の郡を屠る。 【行屠は、並び行きて並に撃つぞ】 新羅の王、夜、官軍の四面に鼓聲を聞きて、盡に喙の地を得たることを知りて、數百の騎と亂ひ走ぐ。是を以て、大きに敗る。小弓宿禰、追ひて敵の將を陣の中に斬る。喙の地悉に定りて、遣衆下はず。紀小弓宿禰、亦兵を收めて、大伴談連等と會ふ。兵復大きに振ひて、遣衆と戰ふ。是の夕に、大伴談連及び紀岡前來目連、皆力め鬪ひて死ぬ。談連の從人、同姓津麻呂、後に軍の中に入りて、其の主を尋ね覓ぐ。軍より見出でずして問ひて曰く、「吾が主大伴公、何處に在します。」人、告げて曰く、「汝が主等は、果して敵の手の爲に殺されき。」 屍の處を指し示す。津麻呂聞きて、踏み叱びて曰く、「主、既已に陷にたり、何をか用てか獨全けらむ。」 因りて復敵に赴きて、同時に殞命ぬ。頃有りて、遣衆自づからに退る。官軍、亦随ひて却く。大將軍紀小弓宿禰は、値病して薨せぬ。 

書紀区分論古代史獺祭というものがあり、巻14〜21は、それ以前とは文体、音、用語が異なり、倭人の風習に通じていなく、呉音でなく正しい漢音で表記され、漢語の文法に通じており、渡来漢人によって書かれ、まず巻14から執筆がはじまり、並行して巻1からも執筆した可能性が高いそうである。雄略紀は、ここまで非常に漢籍の引用が多く、用語の訓じ方に意訳が多い。往はゆくことだが、”います”、不果行は実行しないことだが、”はたしていかせたまはず”、累葉は代々、ずっとの義だが、”よをかさねて”、稱臣は臣と称してだが、”したがへり”、朝聘は禮記に、「比年一小聘、三年一大聘、五年一朝」とあり、「小聘は大夫を使し、大聘は卿を使、朝には君自ら行く」とされる、”まうでき”とする。貢職の職はみつぎもののこと、貢職で”みつき”、濟は多く揃って盛んなこと、”なれり”、投を”おく”、外、表を”ほか”、竄を”かくす”としている。投身對馬之外とは対馬の外あたりにまで船で出没したのであろうか。竄跡匝羅之表、匝羅は歃良、草羅、慶尚南道梁山のこと、氣長足姫尊五年春三月条書紀巻9で、葛城襲津彦が蹈鞴津(慶尚南道釜山の多大浦の古名)に上陸して草羅城を落とし、鉄関連技術者を連れ帰っている。新羅へ向かう要衝である。草羅城の表あたりにこっそり潜伏したのであろうか。飽飛飢附は、腹が一杯になれば散り、飢ゑれば群れなし獲物を狙ふこと。薄伐は、毛詩、小雅の「西戎に薄(せま)り伐(う)つ。」、襲行は文選、東都賦に、「襲(つつし)みて天罰を行ふ。」からの引用。陳は陳述の陳、”まうす”としている。
大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)は、親ら新羅を伐つことの~託を求めて、凡河内直香賜と采女を遣したのであるが、散々な結果となり、再び使者を派遣されたのであろう。~託は否であった。足仲彦天皇(仲哀天皇)の八年秋九月書紀巻8に新羅に目を向けるように~託を下された~書紀巻9がおられた。これを無視され、足仲彦天皇は命を落とされた。書紀は、大泊瀬幼武天皇が親征する意図をお持ちであったと伝へている。宋書の倭王の武の上表では、武の父の濟が高句麗を攻める軍を挙げようとしたとしている。書紀は、~託により、大泊瀬幼武天皇は代わって、紀小弓宿禰・蘇我韓子宿禰・大伴談連・小鹿火宿禰等を派遣された、とした。「新羅は、元来西の国であるが、代々臣と称して朝聘を怠るこがなかった。貢物は実に豪勢であった。ところが朕が天下に王となると、對馬の外に出没し、匝羅の表に潜伏し、高麗(高句麗)の貢を阻止し、百濟の城を併合している。朝聘はすでに参らず、貢物を納めることもない。狼の子の荒い心ありて、満腹すれば散り、飢ゑては群れる。汝、四卿を以て、大將を任せる。王師を以て攻め伐ち、天罰を慎みて行へ。」 天罰を行へ、としており、天罰は中国人の考え方であり、天皇が中国風表現をしているが、新羅は元来~託により、~が服することを約束された国とする意識が根底にある。命過(命過ぐ:みまかる)、視養(面倒をみる:とりみる)、頽歎(崩れるようになげく:なげく)、推轂(天子が自ら将軍の轂<車>を推す:あひたすく)、婦(め:妻)も耳慣れない語。譽田天皇(應~天皇)の三年(272)書紀巻10で、紀角宿禰・羽田矢代宿禰・石川宿禰・木菟宿禰が百濟に派遣されたが、紀小弓宿禰は紀角宿禰の孫、蘇我韓子宿禰は石川宿禰の子孫、大伴談連は大伴室屋連の子。小鹿火宿禰は紀小弓宿禰の子と注され、中枢の勢力から派遣された。紀小弓宿禰は妻を失ひ、自分の面倒をみてくれるものがいないことを、大伴室屋大連を通じて天皇に申し上げた。天皇が悲び頽歎きたまふ、といふは大仰な表現である。吉備上道采女大海を賜り、半島へ同行させた。戦のためのみではなく、大将軍の妻としての役割があったのであろう。喙の地古名地図は慶尚北道慶山、新羅の西に攻め込まれ、新羅の王は逃げ出したが、残った衆が戦い、大伴談連及び紀岡前來目連が戦死したといふ。戦いの記述は、漢書、高祖紀、「並び行きて城父を屠す。」「羽(項羽)夜に漢軍の四面に皆楚の歌を聞き、盡く楚の地を得たるを知る。羽、數百騎と走る、是、以て兵に大敗す。灌嬰、追ひて羽を東城に斬る。楚の地悉に定まるも、獨り魯は下らず。」による。新羅の王が負け戦で逃げ出したようになるのは、高祖紀によるためであるが、收兵は残兵を収容することで、実際は日本(やまと)が負け戦をしている。大伴談連は大伴室屋大連の子であり、家来の津麻呂も主人が何処で倒されたか分からぬほどの混乱にあり、主人が死んだ以上生きていることならずと、敵に突っ込み死んでいる。室屋にとっても大きな痛手である。紀岡前來目連は二説あり、紀伊國海草郡岡崎村(和歌山市岡崎:地図)、大和國平群郡岡崎(大和志、集解:未詳)と注されるが、大和志、集解は紀小弓宿禰と同じ族とみてのことであろう。紀小弓宿禰は病に値(あた)りて死ぬ。さんざんの敗北である。天皇親征であれば、如何なる結果を招いたか、~託の通りであった。新羅の記述では、三国史記、新羅本紀、慈悲麻立干二年(459)春二月に、「倭人、兵船百餘艘を以て東邊を襲ひ、進みて月城を圍む、四面、矢や石は雨の如し。王、城を守り、賊、將に退く、兵を出してこれを撃ち敗る。追ひて北海口に至り、賊、溺死者は過半。」五年(462)夏五月に、「倭人、活開城を襲ひ破り、虜人一千にして去る。 」六年(463)春二月に、「倭人、歃良城を侵す、克ずして去る。王、伐智・徳智に命じ、領兵を路に伏せ侯(うかが)ひ、要撃(待ち伏せ)して大きにこれを敗る。王、倭人屡(しばしば)疆場(くにざかい:大境を疆、小境を場)を侵すを以て、縁邊に二城を築く。」とある。

夏五月(さつき) 紀大磐宿禰(きのおひはのすくね) 聞父(かぞ)(みまかる) 乃向(ゆく)新羅 執小鹿火宿禰(をかひのすくね)所掌兵馬(つはもの)・船官(ふねのつかさ)及諸(もろもろの)小官(をづかさ) 用威命(ころたつ) 於是 小鹿火宿禰 深怨(にくむ)乎大磐宿禰 乃詐(かざる)告於韓子宿禰(からこのすくね)曰 大磐宿禰 謂僕(やつかれ)(いふ) 我當復執韓子宿禰所掌之官(つかさ)不久(ひさにあらじ)也 願固守之 由是 韓子宿禰與大磐宿禰有隙(ひま) 於是 百濟王(こにきし) 聞日本(やまと)諸將(もろもろのいくさのきみども) 縁(より)小事(いささけしこと)有隙(ひま) 乃使人於韓子宿禰等曰 欲觀國堺 請 垂降臨(いでまさへ) 是以 韓子宿禰等(たち) 並轡(うまのくち)而往(ゆく) 及至於河(かは) 大磐宿禰 飮(みづかふ)馬於河 是時 韓子宿禰 從後而射大磐宿禰鞍几(くらぼね)後橋(しりつくらぼね) 大磐宿禰愕然反(もとかへりてみる) 射堕(いおとす)韓子宿禰 於中流(かはなか)而死 是三臣(みたりのまへつきみ)由前(もとより)相競(さきだつ) 行(せる)亂於 不及(いたる)百濟王(こにきし)宮而却(かへる)矣 

夏五月(465.05)に、紀大磐宿禰、父既に薨りぬることを聞きて、乃ち新羅に向きて、小鹿火宿禰の掌れる兵馬・船官及び諸の小官を執りて、専用威命ちぬ。是に、小鹿火宿禰、深く大磐宿禰を怨む。乃ち詐りて韓子宿禰に告げて曰く、「大磐宿禰、僕に謂りて曰ふ、『我、當に復韓子宿禰の掌れる官を執らむとこと久にあらじ。』 願はくは固く守れ。」 是に由り、韓子宿禰と大磐宿禰と隙有り。是に、百濟の王、日本の諸の將、小けき事に縁りて隙有りと聞く。乃ち人を韓子宿禰等のもとに使して曰く、「國の堺を觀せまつらむと欲ふ。請ふ。垂降臨さへ。」是を以て、韓子宿禰等、轡を並びて往く。河に至るに及びて、大磐宿禰、馬に河に飮ふ。是の時に、韓子宿禰、後より大磐宿禰の鞍几の後橋を射る。大磐宿禰、愕然きて反りて視て、韓子宿禰を射堕しつ。中流にして死ぬ。是の三の臣、由前相競ちて、亂を道に行るにありて、百濟の王の宮に及らずして却還りぬ。

紀小弓宿禰が死んだことを聞いて、息子の紀大磐宿禰が新羅に向
(ゆ)く。天皇の命を受けてのことであろうが、まるで勝手に行ったがごとき印象を与へる。小鹿火宿禰は先に紀小弓宿禰の子(記伝による)と注されていたが、紀大磐宿禰には逆らえぬ立場であり、弟になろうか、一族の者であれば下の者となるが、不明である。紀小弓宿禰に代わって軍を率ゐていた小鹿火宿禰の用兵について問題ありといふことで、紀大磐宿禰は、専用威命(威命を専(ほしいまま)に用ふ:コロタツは、自らをコロニと訓じ、タツは立つ、自分独りで勝手に振舞ったの意と注される。)小鹿火宿禰はこれを怨み、韓子宿禰に紀大磐宿禰が不久(ひさにあらじ:近いうち)に、韓子宿禰の官の指揮権も手中にすると言っていたので、固く守ったほうがいいと偽り、両者の間に隙(ひま:仲たがひ)ができた。百濟の王がこれを案じ、国境を是非見に来てもらいたい、丁重に、垂降臨(垂れ降りて臨む:いでまさへ)と申し出られた。国境の緊張をみて小事の隙を忘れてもらいたいといふことであろう二人のみでなく諸将の連携にも問題が起こっていた。そのなかで、百濟の宮に、今新羅との国境に戦う韓子宿禰等を招くとなれば、見てもらいたい国境とは高句麗との国境になり、戦線における主力将軍の離脱となり、軍事的には敗北をした軍の再編成を妨げるものであり、まことに妙な展開である。結局、途中の川で、馬に水を飲ませようとした紀大磐宿禰を韓子宿禰が射かけ、鞍几の後橋(くらぼねは鞍の前後の高くなったところ、その後ろの方)に当たった。驚いた紀大磐宿禰が振り返りざまに韓子宿禰を射落とし、川の中流で死んだ。百濟の王の宮に至らず引き返したとある。日本(やまと)軍にとっては、再編をするどころか、有力将軍を一人失ひ、勢力の著しい低下を招き、ある意味では、百濟の王の謀略にひっかかったとも言へよう。田狭の背後の新羅ともども、すでにみたごとく、半島における日本(やまと)の軍事に対する警戒があった。~意を承け、軍事目標をしっかり定め、諸将の心を一つにするといふことからすれば、氣長足姫尊(~功皇后)の親征と比せば、すべてにおいて欠落している。海から来た大国主~の幸魂、奇魂である大物主~との不和もあった。それが、底流にあり、チグハグな事態の展開となっていた。

於是 采女大海
(おほしあま) 從(より)小弓宿禰(をゆみのすくね)喪 來到(まうく)日本(やまと) (うれへる)(まうす)於大伴室屋大(おほとものむろやのおほむらじ)(まうす) 妾(やつこ)不知葬所(をさむるところ) 願占良地 大連即(ために)(まうす)之 天皇(すめらみこと)(みことのりす)(のたまふ) 大將軍(おほきいくさのきみ)紀小弓宿禰(きのをゆみのすくね) 龍(たつ)(あがる) 旁(あまねく)眺八維(やも) 掩討(おほひうつ)逆節(そむくもの) 折衝(ことむく)四海(よものくに) 然(そかうして)則身勞(いたづく)萬里(とほきくに) 命(いのち)(しぬ)三韓(からくに) 宜致(いたす)哀矜(めぐむこと) 充(あてる)葬者(はぶりのつかさ) 又汝(いまし)大伴卿(おほとものまへつきみ)(と)紀卿等(きのまへつきみたち) 同國近隣之人 由來(ありくる)(ひさし)矣 於是 大(うけたまはる)(おほみことのり) 使土師(はじのむらじ)小鳥(をとり) 作冢墓(はか)於田身輪邑(たむわのむら) 而葬(かくす)之也 由是 大海(おほしあま)欣悦(よろこぶ) 不能自(みづから)(もだ) 以韓奴室(からのやつこむろ)・兄(えまろ)・弟(おとまろ)・御倉(みくら)・小倉(をくら)・針(はり) 六口(むゆたり) 吉備上(きびのかみつみち)蚊嶋田邑(かしまたのむら)家人部(やけひとら)是也 別小鹿火宿禰(をかひのすくね) 從紀小弓宿禰喪來 時獨留角國(つののくに) 使倭子(やまとごのむらじ) 【連 未詳(つばひらか)何姓(うぢ)人】 奉(たてまつる)八咫鏡(やたのかがみ)於大伴大 而祈請(のみまうす)曰 僕(やつこ)不堪共紀卿(きのまへつきみ)奉事(つかへまつる)天朝(みかど) 故 留住(はべる)角國(つののくに) 是以 大(ために)(まうす)於天皇 使留(はべる)(すむ)于角國 是角臣等(つののおみら) 初居(をる)角國 而名角臣 自此始也 

是に、采女大海、小弓宿禰の喪に從りて、日本に到來り。遂に大伴室屋大連に憂へ諮して曰す、「妾、葬むる所を知らず。願はくは良き地を占めたまへ。」 大連、即ち爲に奏したまふ。天皇、大連に勅して曰はく、「大將軍紀小弓宿禰、龍のごとく驤り虎のごとく視て、旁く八維を眺る。逆節を掩ひ討ちて、四海を折衝く。然して則ち身萬里に勞きて、命三韓に墜ぬ。哀矜を致して、視葬者を充てむ。又汝大伴卿、紀卿等と、同じ國近き隣の人にして、由來ること尚し。」 是に、大連、勅を奉りて、土師連小鳥をして、冢墓を田身輪邑に作りて、葬さしむ。是に由りて、大海、欣悦びて、自ら黙あること能はずして、韓奴室・兄麻呂・弟麻呂・御倉・小倉・針、六口を以て大連に送る。吉備上道の蚊嶋田邑の家人部は是なり。別に小鹿火宿禰、紀小弓宿禰の喪に從りて來つ。時に獨角國に留る。倭子連【連 未だ何の姓の人なるかを詳にせず】をして、八咫鏡を大伴大連に奉りて、祈み請さしめて曰す、「僕、紀卿と共に天朝に奉事るに堪へじ。故請ふ、角國に留住らむ。是を以て、大連、爲に天皇に奏して、角國に留り居ましむ。是の角臣等、初め角國に居り。角臣と名けらるること、此より始れり。

小弓宿禰の喪を日本
(やまと)で行うに、その子の紀大磐宿禰でなく、采女大海が行っている。後の記述からすれば、紀大磐宿禰はこの事件があってか、半島に留め置かれたようである。大海が頼ることができたのは、自分たちを結びつける仲立ちとなった大伴室屋大連であり、どこに葬るべきかを相談した。室屋はこのときも天皇に奏上した。天皇のことばは、三国志、魏志、武帝紀の、「龍驤虎視、旁眺八維、掩討逆節、折衝四海:六臣注に、驤、挙なり。八維、天下四方四角なり・・・竜挙るが如く高きを謂ふ、虎視は威を謂ふなり。掩討は掩襲征討と注される。龍のごとく高く虎の威のごとく八方を睨み、忠節の反が逆節、逆節を討ちつくし、四海は四方の国、折衝は敵のほこ先をくじく、ことむくと訓じ、征服すること。による。勞(いたづく)は、骨を折ること、視葬者(はぶりのつかさ)は凶事儀式及び喪葬の具を掌ると注される。大伴氏の奈良の本拠は磯城、十市、紀氏の奈良の本拠は平群、大伴氏は摂津、和泉にも展開しており、大伴の「御津の浜松」、「三津の泊り」とも万葉集に歌はれ、この場合は難波の津の近辺、「高師浜」ともあり、この場合は、河内国大鳥郡高脚海(大阪府高石市高師浜:地図、紀氏は日前国懸神宮地図を祭祀する氏族。大伴氏と紀氏は名草郡、那賀郡で分布が重複すると注され、大伴氏は元来磐余彦尊(~武天皇)を熊野から宇陀へと道案内をし、道臣を賜った子孫であり、紀氏の水軍と手を結んで勢力を難波津、住吉津、男水門、紀水門へと拡大したのであろう。同じ國近き隣の人と両者を評している。土師氏は大鷦鷯天皇(仁コ天皇)の時に、白鳥陵守の目杵(めき)の逃げた後に陵守として連を授かっており書紀巻11、名が小鳥、大鷦鷯、白鳥にあやかっていようか、宮中の陵守のプロが選ばれた。大海はあまりの嬉しさに黙っておれなかったといふ。田身輪邑は和泉國日根郡淡輪(大阪府泉南郡岬町淡輪)。淡輪駅(地図)東に五十瓊敷命(いにしきのみこと)の墓があり、明治以前は紀小弓宿禰の墓とみなされていたとされる。五十瓊敷命は高石池、茅渟池を開発し書紀巻6、この地に墓が造営されたとなれば、難波から泉南の南まで業績が及んでいたことになろうか。船守神社神奈備には、紀小弓宿禰と五十瓊敷命が祭られており、田身輪邑は、紀伊と難波と南淡路を視野に入れた港として発展したのであろう。室屋の意向も働いていたのかもしれない。大海は、韓の地ですでに奴であった六人、日本人名はその役割を表すのか、を室屋に送った。吉備上道は大海の出身地、蚊嶋田邑は未詳とされ、家人部は賎民、氏ではなく家の私有民であり、主家の名が冠さるべきで、地名が冠されるのは部曲に近いとする説もあると注される。この家人部は大伴氏のものであり、大伴氏がこれを機に吉備上道の蚊嶋田邑に進出したことになろう。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)が吉備上道臣田狹から稚媛を奪い、任那に赴任させ、結局失脚せしめ、その子弟君は半島で命を落とした。紀小弓宿禰に吉備上道の采女大海を賜はり、紀氏に吉備上道に進出させようとされたが、結局のところ大伴氏がそれにとって代ったことになる。
紀小弓宿禰の喪に返った小鹿火宿禰が角國に留った。角國は和名抄に、周防国都濃郡とあり、地名辞典に、「按に、都濃、佐波、吉敷の三郡、旧角国」とあり越前の角鹿ではない、と注される。都濃は周南市、佐波は防府市、吉敷は山口市あたり。倭子連【連 未だ何の姓の人なるかを詳にせず】、連は職名でなく名前であり、この姓は”かばね”でなく、”うじ”と訓じている。姓を氏と同義に用いているのは中国的な用法と注される。書き手が渡来漢人とする傍証となるのであろう。三代実録によれば、
「室屋大連公之第一男 御物宿禰之胤 倭胡連公 允恭天皇御世 始任讃岐国造 倭胡連公 是豊雄等之別祖也(貞観三<861>年十一月条の判宿禰善男の奏言に引く佐伯直豊雄の款)」とあると注される。大伴室屋連は雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)十一(422)年条に、衣通郎姫の爲に、藤原部を定むとあった書紀巻13。この時代に、室屋の長男の子が倭胡連であり、讃岐の国造になったとなるが、この時(465)に国造であったとすれば、祖父たる室屋は相当の高齢とせねばなるまい。倭子連の氏が詳らかにされないとあるが、妙な具合である。本当は分かっていたけれど大伴系といふことを伏せた。要は倭子連は大伴氏系で讃岐の国造であり、小鹿火宿禰は倭子連を通じて、紀大磐宿禰と袂を分かち、室屋に与した。八咫鏡、咫は中婦人の手の長さ八寸、わが国では”あた”といい、手の指を大きく開いた形で男は尺、婦人が八寸。12cmくらい。八咫で1m近くなる。巨大な鏡、鏡の奏呈は、統治権の委譲ないし、誠意の披歴と注される。室屋が倭子連を通じて小鹿火宿禰に働きかけたのかもしれない。室屋は大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)の時に大連となり、これらの一連の事件を通じて、紀氏の軒先を借りて、淡輪、吉備上道、周防、讃岐へ影響力を高めていった。実に老獪な人物に思へる。

秋七月
(ふみづき)壬辰(みづのえたつ)(ついたちのひ) 河内國(かふちのくに)(まうす) 飛鳥戸郡(あすかべのこほり)人田邊史伯孫(たなべのふびとはくそん)(むすめ)者 古市郡(ふるいちのこほり)人書首加龍(ふみのおびとかりよう)之妻(め)也 伯孫聞女産兒(をのこごうまはりす) 往賀(よろこぶ)(むこ)(いへ) 而月夜(つくよ)(かへる) 於蓬艸累(いちびこのをか)譽田陵(ほむたのみささぎ)(もと) 【蓬艸累 此云伊致寐姑(いちびこ)】 逢騎(のる)赤駿(あかうま)(ひと) 其馬時(もこよか) 而龍(とぶ) (あかしま)(たかい)(ぬけいでる) 而鴻(かり)驚 異體(あやしきかたち)山逢(かとくなる) 殊相(ことなるかたち)(すぐれてたつ) 伯孫就(ちかつきみる)而心欲(こころにほりす)之 乃鞭(むちうつ)所乘馬公心(みだらをのうま) 齊(ひとしくする)(かしら)並轡(くち) 爾(しかうして)乃 赤駿(あかうま)(こえのぶ)手慮(ぬけでる)於埃塵(くものみちちりのみち) 驅(はしる)鶩馬(さきだつ)(ときかたち)於滅(ほるもかにす)(うせる) 於是 馬公心(みだらをのうま)(おくれる)而怠足(おそくして) 不可復(また)(おふ) 其乘駿(ときうま)(ひと) 知伯孫所欲(ねがひ) 仍(よる)(とどむ)換馬 相辭(あひさり)取別(わかりはてる) 伯孫得駿(ときうま)甚歡 驟(をどらす)而入廐(うまや) 解(おろす)鞍秣(まぐさかふ)馬眠(ねる)之 其明旦(くるつあした) 赤駿變(かはる)(なる)土馬(はにま) 伯孫心異(あやしぶ)之 (もとむ)譽田陵 乃見馬公心(みだらをのうま) 在於土馬(はにま)之間(なか) 取代而置所換(かはり)土馬也

秋七月の壬辰の朔
(465.07.01)に 河内國、言す、「飛鳥戸郡の人、田邊史伯孫が女は、古市郡の人、書首加龍が妻なり。伯孫、女、兒産せりと聞きて、往きて聟の家を賀びて、月夜に還りぬ。蓬艸累丘の譽田陵の下に、【蓬艸累 此をば伊致寐姑と云ふ。】 赤駿に騎れる者に逢ふ。其の馬、時に濩略にして、龍のごとくに翥ぶ。欻に聳く擢でて、鴻のごとくに驚く。異しき體山逢く生りて、殊なる相逸れて發てり。伯孫、就き視て、心に欲す。乃ち乘れる馬公心馬に鞭ちて、頭を齊しくし轡を並ぶ。爾して乃ち、赤駿、超びて手慮で絶えたること埃塵にみえ、驅り鶩馬つ迅滅にして沒せぬ。是に、馬公心馬、後れて怠足くして、復追ふべからず。其の駿に乘れる者、伯孫の所欲を知りて、仍りて停めて馬を換へて、相辭りて取別てぬ。伯孫、駿を得て甚だ歡び、驟して廐に入る。鞍を解して馬に秣ひて眠ぬ。其の明旦に、赤駿、變りて土馬に爲れり。伯孫、心に異びて、還りて譽田陵を覓むるに、乃ち馬公心馬の土馬の間に在るを見る。取りて代へて、換りし土馬を置く。」

河内國、言す、去來穗別天皇
(履中天皇)の四年(403)に、「諸國に國史を置く書紀巻12とあったごとく、河内國で評判となった話が報告されたとするのが書紀の立場。飛鳥戸郡は、和名抄、安宿郡(羽曳野市飛鳥:地図から柏原市国分:地図、古市郡は和名抄でも古市郡(羽曳野市古市:地図、田邊史は文書の官、伯孫は百尊でもあり百濟系帰化人。その娘が書首、王仁の子孫書紀巻10、いわゆる西漢(かふちのあや)、加龍(龍のごとく元気な男だったのだろう)の妻で男児が生まれ、竹内街道を下り、いちびこ(苺の種類)のはびこる丘の譽田陵(應~天皇陵)を通り、古市の婿の家に祝いにゆき、いささかも酔って馬で月夜の譽田陵にさしかかると赤毛の駿馬に乗る者に出会った。その馬は、龍や蛇あるいは尺取り虫のごとくうねるように跳びはね、突然足を高くあげ聳(そび)え立つさまは、大きな鳥が驚いたようで、そのあやしきさまは霊妙なものから生まれたようで、見たことのないような相でひとかたならぬものを発していた。文選、赭白馬賦、「異体にて峰生、殊相にて逸発」「欻に聳へ以て鴻驚く、時に濩略して竜翥ぶ。(濩略は蠖略と同じで、蠖は尺取り虫)による。伯孫はその馬が欲しくなって、自分の乗る葦毛(あしげ、ミダラはマダラと同じ、白い毛に黒色、濃褐色などのさし毛がある)の馬に鞭をいれ、追いつき頭と轡を並べると、赤駿は、「おどりあがり、カゲロウのようにさっとあがっては消え、駆けりまわる速さは、滅沒するよりももっと速かったの意であろう。文選、赭白馬賦、『超手慮は其れ塵轍を絶へ、驅鶩馬は滅沒に迅し』である。埃塵は、荘子の『野馬なり埃塵なり』、カゲロウのことか、文選、六臣注に、『夫れ塵轍を絶は、塵(馬が蹴り上げる土煙り)馬に及ばず、輪轍(わだち)を蹠(ふ)まざるを滅没と謂ふ。皆疾を言うなり』とある」、と注される。つまり、もうもうと土煙りをあげて彼方に飛び去るよう消えた。とても、追いつくことがかなわない。しかし、赤駿の騎手は、伯孫が欲しがっていることを知り、とどまって馬を取り替えてくれた。まるで譽田天皇(應~天皇)から授かったがごとき印象を与へる。伯孫は歓喜し、踊るごとく疾走して厩に戻り、鞍をはずし、まぐさを与え、馬を眠らせた。翌朝、赤駿を見に行くと埴輪であった。おかしいと思ひ、譽田陵に戻ると、自分の馬が埴輪の中にあり、取り替えお返ししたといふ。酔夢、幻覚のごとくであるが、埴輪はあり、単なる夢ではない、赤駿といふ駿馬に対する憧れ、譽田陵の埴輪、なによりも田邊史を印象付け、神仙のごとき話で朝廷に仕へる運命にあったと暗示した。この話は姓氏録、左京皇別、上毛野朝臣条にもあり、田邊史が皇別の上毛野公と同祖と称して、天武朝で外交・軍事で活躍したとも注される。

十年秋九月(ながづき)乙酉(きのとのとり)(ついたち)戊子(つちのえねのひ) 身狹村主(むさのすぐり)(あを)等 將(もて)(くれ)所獻二鵝(が) 到於筑紫 是鵝爲水間君(みぬまのきみ)犬所囓(くう)死 【別本(あたしふみ)(いふ) 是鵝爲筑紫嶺縣主(みねのあがたぬし)泥麻呂(ぬまろ)犬所囓死】 由是 水間君恐怖(おそり)憂愁(うれふ) 不能自(みづから)(もだある) 獻鴻十隻(かりとを)與養鳥人(とりかひ) (まうす)以贖(あかふ)罪 天皇許焉
冬十月
(かむなづき)乙卯(きのとのう)朔辛酉(かのとのとりのひ) 以水間君所獻養鳥人等 安置(はべらしむ)於輕村(かるのふれ)・磐余村(いはれのふれ) 二所

十年の秋九月の乙酉の朔戊子(466.09.04)に、身狹村主等、呉の獻れる二の鵝を將て、筑紫に到る。是の鵝、水間君の犬の爲に囓はれて死ぬ。【別本に云く、是の鵝、筑紫の嶺縣主泥麻呂の犬の爲に囓はれて死ぬ】 是に由りて、水間君、恐怖り憂愁へて 自ら默あること能ずして、鴻十隻と養鳥人とを獻りて、罪を贖ふことを請す。天皇、許したまふ。
冬十月の乙卯の朔辛酉
(466.10.07)に、水間君が獻れる養鳥人等を以て、於輕村・磐余村、二所に安置む。

八年に出発した身狹村主と桧隈民使博コの目的は鵝を持ち帰ることであったのか?八年条
書紀巻14)でみたごとく、宋に「自らを使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、七國諸軍事、安東大將軍、倭國王と稱し」の叙任を求めることであった。鵝は”がちょう”、雁鴨科の家禽、卵や肉は食用、羽は防寒着に用いられるが、日本ではあまり食されることはない。五島列島から有明海に入り、筑後川から北九州へとゆくのであるが、支流の広川の下流が水間君、上流が筑紫君の地、当時は海岸線が上昇しており、まさに水の間にある状態であった。筑紫の嶺縣主については、不詳とされるが、肥前風土記に三根郡、~埼郡の三根郷がみえると注され、これなら筑後川の佐賀側となる。どちらの犬が噛み殺したのか、責任を感じたのが水間君であった。水間は水沼であり、水沼縣は筑後國水瀦(みずま)(大川市)、和名抄では美無万(みむま)と訓じている。海人族安曇氏の系統で、宇佐と同じく宗像三女~を祭る豪族で、黙っておれば大変なことになると、鴻十隻と養鳥人とを獻り、許しを請ふた。鴻は大きな鳥、鵝より大型の雁鴨科の鳥、白鳥と注される。天皇はこれを受け入れ、白鳥とその養育係が輕村(高市郡:畝傍山南)・磐余村(十市郡:天香久山北)に置かれた。何故、呉で、鵝が噛み殺された話しか記されないのか?肝心なことを書かない、いや書けない、鬱々たる悔しさがある。

十一年夏五月(さつき)辛亥(かのとのゐ)(ついたちのひ) 近江國栗太郡(あふみのくにのくるもとのこほり)(まうす) 白盧鳥茲鳥(う)居于谷上濱(たなかみのはま) 因詔(みことのりす)置川瀬舍人(かはせのとねり) 
秋七月
(ふみづき) 有從(より)百濟國化來(にげまうける)(ひと) 自(みづから)稱名(なのる)曰貴信(くゐしん) 又稱(いふ)貴信呉國人(くれのくにのひと)也 磐余(いはれ)呉琴彈(ことひき)疆(土辺)手屋形呂等(さかてのやかたまろら) 是其後也
冬十月
(かむなづき) 鳥官(とりのつかさ)之禽(とり) 爲菟田人(うだのひと)(いぬ)所囓(くふ)死 天皇瞋(いかる) 黥(きざむ)(おもて)而爲鳥養部(とりかひべ) 於是 信濃國(しなののくに)直丁(つかへのよほろ)與武藏國(むさしのくに)直丁侍宿(とのゐす) 相謂(あひかたる)(いふ) 嗟乎(あ) 我國積(うちつみおく)鳥之高 同於小墓(おつか) 旦暮(あしたゆふべ)而食(くらふ) 尚有其餘 今天皇由一鳥之故 而黥(きざむ)人面(ひとのおもて) 太(はなはだ)(ことわり) 惡行之主(あしきましますきみ)也 天皇聞(きこしめす)而使聚積之(つましめたまふ) 直丁等 不能忽(たちまちに)(そなふ) 仍詔爲鳥養部

十一年の夏五月の辛亥朔
(467.05.01)に、近江國栗太郡、言す、「白き盧鳥茲鳥、、谷上濱に居り。」 因りて詔して、川瀬舍人を置かしむ。 
秋七月
(467.07)に、百濟國より逃げ化來る者有り。自ら稱名りて貴信と曰ふ。又稱はく貴信は呉國の人なり。磐余の呉の琴彈疆(土辺)手屋形麻呂等は、是れ其の後なり。
冬十月
(467.10)に、鳥官の禽、菟田の人の狗の爲に囓はれて死ぬ。天皇、瞋りて、面を黥みて鳥養部としたまふ。是に、信濃國の直丁と武藏國の直丁と、侍宿せり。相謂りて曰く、「嗟乎、我が國に積ける鳥の高さ、小墓に同じ。旦暮にして食へども、尚其の餘有り。今天皇、一の鳥の故に由りて、人の面を黥む。太だ道理無し。惡行しくまします主なり。」天皇、聞しめして聚積ましめたまふ。直丁等、忽に備ふること能はず。仍りて詔して鳥養部とす。

近江國栗太郡からの報告があった。栗太郡は滋賀県南西部だが消滅し、栗東市、草津市、大津市に編入されている。谷上濱は田上川
(大戸川)と瀬田川の合流点付近地図。田上山周辺は、後、平城京造営のための木材が大量に伐り出され、以降放置されたため禿山となり、山系が砂地であったことから砂防が問題であり、大戸川は「水七合に砂三合」と例えられ、水害に悩むことになった地でもある。盧鳥茲鳥は鵜のこと、瀬田川では鵜飼いが行はれることになる。川瀬は川背でもあり、正倉院文書では、川背舎人は近江國犬上郡とされ、ならば、北近江、湖東、彦根方面であり、話が合はない、と注される。
百濟國より貴信
(くゐしん)といふ樂官が逃れてきた、貴信は呉國の人といふ。貴信の中国音はguixinであり、一致する。大陸系の琴は高句麗系の玄琴(6絃)と伽人耶琴(新羅琴12弦)があり、そのいづれか、あるいは、呉琴は和名抄に、クダラゴトと訓じる箜篌(ごく)かとも注される。玄琴、伽人耶琴については、韓国国楽研究家、志村哲男氏に詳しいコリアキネマ倶楽部。箜篌はハープの如き楽器である中国百科:箜篌)。琴が何に用ゐられたたかは、伏見无家氏の日本琴學思想史『記紀』の琴に詳しい。書紀では~託との関連で琴が登場するが、この琴は、雅樂に組み込まれてゆく楽器として継承されることになる。疆(土辺)手は大足彦忍代別天皇(景行天皇)五十七年条書紀巻7の坂手池の地、十市郡の阪手であり、屋形麻呂は不詳と注される。中国では古来、樂官が逃れるのは亡国を暗示する。ここでは百濟の先行き不安を暗示している。論語、微子篇9)に、「大師摯(し)齊に適(ゆ)く、亞飯(あはん)干(かん)楚に適く、三飯繚(りょう)蔡に適く、四飯缺(けつ)秦に適く。鼓(こ)方叔(ほうしゅく)河(か)に入り、播兆鼓(はとう)武漢に入り、少師陽、撃磬(げっけい)襄(じょう)海に入る。」とある。周が衰へ、その樂官が各国に逃れてゆく様であろう。
禽は家禽で鶏
(にわとり)、狗は犬、窮鼠囓猫の囓、”かむ”であるが”食う”ことでもある。瞋は目を見張って怒ること、黥は罪人の顔に墨をほどこす刑、黥面は顔に入れ墨をすること、漢人風の表現であろう。菟田は宇陀地図のこと。鳥官は朝廷の役人、鳥養部と為すは部民とする。直丁は仕丁のなかで宿直する丁。東国の信濃、武藏の豪族の子弟が警護に従事していたのであろう。埼玉稲荷山古墳の鉄剣の「世々為杖刀人首奉事:世々杖刀人の首(おびと)として奉事を為すの杖刀人、武人の官である。東国では、朝夕に食って余りありと云うくらいであれば、鶏を沢山飼っていたとみえる。鶏や犬を飼うのが、一種のブームで、犬に鳥が食われるということがよく起こったのかもしれない。一羽の鳥のために黥面に処すは道理がない。こういう言い方を直丁がしたものか?道とか理(ことはり)といふはそうたやすく理解できるものではあるまい。”あづきなし””むたい”くらい。惡行之主も”あしきましますきみ”、主を”きみ”と訓じ、聚積之も”つましめたまふ”と訓じている、鶏肉が積まれているイメージがある。これも漢人風なのであろう。日本人なら鶏が群れている姿をイメージする。天皇は、では聚積、鶏(肉)を集めて積み上げてみろ、と命じたが、突然のことで準備ができず、鳥養部にされてしまった。

十二年夏四月丙子
(ひのえね)(ついたち)己卯(つちのとのうのひ) 身狹村主(むさのすぐりあを)與檜隈民使博コ(ひのくまのたみのつかひはかとこ) 出使(つかはす)于呉 
冬十月
(かむなづき)癸酉(みづのとのとり)朔壬午(みづのえうまのひ) 天皇(すめらみこと)(みことおほす)木工(こだくみ)鬪鷄御田(つけのみた) 【一本(あるふみ)(いふ) 猪名部御田(ゐなべのみた) 蓋(けだし)(あやまり)也】 始起(つくる)樓閣(たかどの) 於是 御田登樓(たかどの) 疾走(はしる)四面 有若飛行 時有伊勢采女 仰觀樓上 怪彼疾行(とくゆく) (たふれる)於庭 覆(こぼす)所フ(ささぐ)(みけつもの) 【饌者 御膳之物(みけつもの)也】 天皇便(たちまち)疑御田(をかす)其采女 自念(おもほす)將刑(ころす) 而付(たまふ)物部 時秦酒公(はだのさけのきみ)(おもと)(はべる) 欲(おもふ)以琴聲(こえ) 使悟(さとらしむ)於天皇 横(よこたへる)琴彈曰(いふ) 柯武柯筮能(かむかぜの) 伊制能(いせ 伊制能奴能(いせ 娑柯曳鳴(さかえを) 伊亠臼衣甫流柯枳底(いほふるかて) 志我都矩麻泥爾(しがつくるまでに) 飫亠臼衣枳濔爾(おほきみに) 柯手它(かたく) 都柯陪都羅武騰(つかまつらむ 倭我伊能致謀(わがいのちも) 那我倶母鵝騰(ながくもが 伊比志手它倶彌白番(いしたくはや) 阿手它羅陀倶彌白番(あたらたくやは) 於是 天皇悟琴聲(こゑ) 而赦其罪

十二年の夏四月の丙子の朔己卯
(468.04.04)に、身狹村主と檜隈民使博コとを、呉に出使す。
冬十月の癸酉の朔壬午
(468.10.?)に、天皇、木工鬪鷄御田 【一本に、猪名部御田と云ふは、蓋し誤なり。】に命せて、始めて樓閣を起りたまふ。是に、御田、樓に登りて四面に疾走ること、飛び行くが若き有り。時に伊勢の采女有りて、樓の上を仰ぎて觀て、彼の疾く行くことを怪びて、庭に顛仆れて、フぐる所の饌 【饌は、御膳之物なり】を覆しつ。天皇、便に御田を其の采女を奸せりと疑ひて、刑さむと自念して、物部に付ふ。時に秦酒公、侍に坐り。琴の聲を以て、天皇に悟らしめむと欲ふ。琴を横へて彈きて曰く、
 
柯武柯筮能 伊制能 伊制能奴能 娑柯曳鳴 伊亠臼衣甫流柯枳底 志我都矩屡麻泥爾 飫亠臼衣枳濔爾 柯手它倶 都柯陪麻都羅武騰 倭我伊能致謀 那我倶母鵝騰 伊比志手它倶彌白番夜 阿手它羅陀倶彌白番 

 
~風(かむかぜ)の 伊勢(いせ)の 伊勢(いせ)の野(の)の 栄枝(さかえ)を 五百経(いほふ)る析(か)きて 其(し)が尽(つ)くるまでに 大君(おほきみ)に 堅(かた)く 仕(つか)へ奉(まつ)らむと 我(わ)が命(いのち)も 長(なが)くもがと 言(い)ひし工匠(たくみ)はや あたら工匠(たくみ)はや

是に、天皇、琴の聲を悟りたまひて、其の罪を赦したまふ。

身狹村主と檜隈民使博コとがどういう使命を帯びて、呉(宋)に派遣されたか不明である。十四年の帰国の際の記述でみることにしよう。
鬪鷄は大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)六十二年書紀巻11にあったごとく、伊賀へと向かう要地であり、闘鶏が行われ、氷室がおかれていた地でもあった。そこの木工の御田に樓閣を造らせた。樓閣を”たかどの”と訓じている。営繕令義解に、「樓は屋を重ね、閣は亦樓なり」と注される。重層の建物を人の集まる場所に建て、完成した樓閣の点検をしていたのであろう。論語、ク黨篇4)に、「趨(はし)り進むに翼如(やくじょ)たり。」とある。主君の前で臣は飛ぶように小走りで移動すること。樓閣のお披露目に伊勢の采女を呼んで手伝はせていたとみえる。御田のその様が余程奇異に映り、御膳の物を運びながら樓上に気を取られ、足をとられ転倒してしまった。天皇は御田が采女を犯そうとしたものと疑ひ、刑吏の物部氏の者に預け、処刑させようと思い込んでしまはれた。秦酒公は十五年条にみえる。秦酒公は饌を準備することを任されていたのであろう、天皇の誤解であることも判っていた。しかし、下手にかばうならば、逆鱗に触れ命を失ったとしても不思議はない。言葉では逆効果となるため、琴の聲に託した。書紀においては、琴は~託を得る場合に用ゐられたごとく、その内容を慎重に聴く効果をもたらすものであった。あくまでも、琴が主役であり、さりげなく言葉を添へた。~風は伊勢の枕詞。伊勢の野、~域に栄える古木、あるいは沢山の木、それを伐り出す、あるいは樓閣に懸け(用ゐ)、命の限り大君にお仕えするために、命の長からむことを祈っていた工匠、(その命が絶たれるとは)惜しいことだ。
さほどまでに命のかぎりに仕へていた工匠であれば、采女を犯すようなことはない、と天皇は気付かれた。琴の聲は、御田のみならず秦酒公をも救った。

十三年春三月
(やよひ) 狹穗(さほひこ)玄孫(やしはこ)齒田根命(はたねのみこと) 竊(ひそかに)(をかす)采女(うねめ)山邊小嶋子(やまのべのこしま) 天皇聞 以齒田根命 收付(さずく)於物部目大 而使責讓(ころはす) 齒田根命 以馬八匹・大刀八口 祓除(はらふ)(つみ) 而歌(うたよみす)(いふ) 耶麼能謎能(やまのべの) 故思麼古喩衞爾(こしまこゆゑに) 比登涅羅賦(ひとねらふ) 宇麼能耶都擬播(うまのやつぎは) 鳴思稽矩謀那斯(おしけくもなし) 目大(めのおほむらじ)聞而奏(まうす)之 天皇使鹵田根命 資財(たからもの)(あらはに)置於餌香市邊(ゑかのいちべ)(たちばな)(もと)之土(ところ) (つひに)以餌香(ゑか)長野邑(ながののむら) 賜(たまふ)物部目大
秋八月
(はつき) 播磨國御井隈(みゐくま)(ひと)文石小(あやしのをまろ) 有力(こはし)心 肆(ほしきままにす)(おこなふこと)暴虐(あしくさかさまなるわざす) 路中(みちなか)抄刧(ちゐす) 不使(かよふ)(みちゆきひと) 又斷(たへる)商客(あきびと)舟差舟付(ふね) 悉(ふつくに)以奪取 (かねる)(たがふ)國法(くにののり) 不輸(たてまつらず)租賦(たちからみつき) 於是 天皇春日小野臣(かすがのをののおみ)大樹(おほき) 領(ゐる)敢死士(たけきひと)一百(ももたり) 並(ならびに)持火炬(ともしび) 圍(かこむ)(いへ)而燒(やく) 時自火炎(ほのほ)中 白狗(いぬ)(あからしまに)(いでる) (おふ)大樹臣(おほきのおみ) 其大如馬 大樹臣~色(たましひおもへりほの)不變 拔刀(たち)斬之 化爲文石小

十三年の春三月(469.03)に、狹穗彦が玄孫齒田根命、竊に采女山邊小嶋子を奸せり。天皇、聞しめして、齒田根命を以て、物部目大連に收付けて、責讓はしめたまふ。齒田根命、馬八匹・大刀八口を以て、罪過を祓除ふ。既にして歌して曰く、
 耶麼能謎能 故思麼古喩衞爾 比登涅羅賦 宇麼能耶都擬播 鳴思稽矩謀那斯 
 
山辺(やまのべ)の 小嶋子(こしまこ)ゆゑに 人(ひと)ねらふ 馬(うま)の八匹(やつぎ)は 惜(を)しけくもなし

目大連、聞きて奏す。天皇、鹵田根命をして、資財を露に餌香市邊の橘の本の土に置かしむ。遂に餌香の長野邑を以て、物部目大連に賜ふ。
秋八月に、播磨國の御井隈の人、文石小麻呂、力有り心強しといふ。行ふこと肆にして暴虐す。路中の抄刧しつつ、行を通はしめず。又商客の
舟差舟付を斷へて、悉に以て奪ひ取る。兼ねて國の法に違ひて、租賦を輸らず。是に、天皇、春日小野臣大樹を遣して、敢死士一百を領て、並に火炬を持ちて、宅を圍みて燒かしむ。時に火炎の中より、白き狗、暴に出でて、大樹臣を逐ふ。其の大きさ、馬の如し。大樹臣、~色變らずして、刀を拔きて斬りつ。即ち文石小麻呂に化爲りぬ。

狹穗彦は活目入彦五十狹茅天皇
(垂仁天皇)の四年(BC26年:書紀巻6条に妹である皇后と謀反したとされる人物である。玄孫は曽孫の子、四代後の五世であるが、約500年弱を経過しており、平均100歳の時の子の誕生であり成立しない。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)は活目入彦五十狹茅天皇からすれば十二世であるが、世代的にみれば、垂仁/景行/成務・仲哀・~功/應~/仁徳/履中・反正・允恭/安康・雄略の七世代であり、いづれにせよ、人間スケールとは合致しない。齒田根命が狹穗彦の気質を受け継いでいたといふことだろうが、年代的破綻を招いてしまったといふか、実は、物部目大連も活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)時代の十市根命の五世物部氏の系譜天璽瑞宝、春日小野臣大樹も「彦姥津命五世孫米餅搗大使主命之後也」とあり彦姥津命(和珥系)は祟~天皇の時代の人であり同世代、この間は実際百数十年程度だったのかもしれない。齒田根命も山邊小嶋子も他に見えず、山邊も各地にあって未詳と注され、追跡のしようがない。責讓(せきじょう)はせめとがめること、”ころはす”と訓じ、祓除(ふつじょ)はけがれを祓い除くこと、”はらふ”と訓じている。馬八匹・大刀八口を以て贖うならわかるが、祓除はピンとこない。先に狗が一羽の禽を囓って、面を黥された者の話があった。歌からみるに、齒田根命には汚れたという意識はない。山邊小嶋子は噂の采女であり、してやったり、馬八匹なんぞ惜しくもない、罪過の気持ちもない。物部目大連からその報告を聞いた天皇は、資財(牛馬、奴婢、稲)と領地を召し上げた。餌香市邊は河内国志紀郡道明寺村国府(地図辺り、大和川と石川(衛我川)の合流点辺り、古代の市は露店であり樹蔭を必要としたと注される。めでたき橘の木のある市で資財は売り払はれたのであろう。長野邑は志紀郡長野郷、古市の古墳群あたりであり、奈良から河内にむかう重要な位置を占めていた。古事記では、河内の志幾(河内国志紀郡)の大縣主の家、その屋根上に堅魚木を置いた立派な舎屋が見え、天皇の御舎に似せて造る不届き者、と焼きすてようとされ、白い布で巻いた犬を献上して難を逃れた話にあたる。鹵田根命は物部目大連に馬八匹・大刀八口で小嶋子がものにできる、その罪過を祓除できる、とその気にさせられ、挙句、この重要な地点を物部氏に奪はれたのかもしれない。大伴氏の河内、吉備への進出になんとか対抗せねばならなかった。
播磨國の御井隈の人、文石小麻呂は未詳とされる。陸路や海路の通行を遮って物を奪い、併せて税も支払わない暴虐の者といふ。海との関係から、御井隈は 廝御井
(景行天皇に食事を饗応した所、明石郡:不詳)、駒手御井(明石市太寺付近:地図、松原御井(加古川市尾上町:地図、針間井(たつの市揖保町萩原:地図)が候補と注される。氣長足姫尊(~功皇后)が韓国から帰ったとき、一夜で萩が生えた地が萩原、した時、~酒を造るために掘った井戸を針間井といふそうな、これらの井戸は交通の要所に設けられたものともされる風土記<播磨国>に見える井戸:帝京平成大学仲井研究室)舟差舟付は小さな船。これらの地は、かなり離れた場所であるが、海岸、川、道、井戸の存在が共通しており、そこの治安が維持されていなかったことになる。播磨でかような事態を放置しているいるようでは、半島での覇権を求めることはできない。この退治には和珥系の春日小野臣大樹を用ゐた。決死の百名を率(ゐ)てのこと、夜に急襲して火をかけたのであろう。文石小麻呂は白い狗となって、馬の如く飛び出し、大樹を襲った、文石(あやし)は、”あやし”、人間の力以上の力のあるに通じ、ただの小麻呂ではなかった。一方の大樹も顔色一つ変はらず、これを斬り捨てたといふから豪の者であった。この小野氏は小野妹子とは異なる系統の小野氏(大和国添上郡春日郷)と注される。

秋九月
(ながづき) 木工(こだくみ)韋名部眞根(ゐなべのまね) 以石爲質(あて) 揮(とる)(てをの)卯亜斤(けづる)(き) 終日(ひねもす)卯亜斤(けづる)之 不(やぶる)刃 天皇(すめらみこと)(いでます)其所(そこに) 而怪問(あやしびとふ)(のたまふ) 恆不(あてる)石耶 眞根(めね)答曰(まうす) 竟(つひに)矣 乃喚集(めしつどへる)采女 使脱衣裙(きぬも) 而著犢鼻(たふさぎ) 露所(あらはなるところ)相撲(すまひ) 於是 眞根暫停(しばしやむ) 仰視(あふぎみる)卯亜斤 不覺(おもほえずして)傷刃(は) 天皇因嘖讓(せむ)(のたまふ) 何處奴(やつこ) 不畏朕 用(もて)不貞(ただし)心 妄(みだりがはし)輙輕(ただちに)答 仍付(さづく)物部 使刑(ころす)於野 爰有同伴巧者(あひたくみ) 歎惜(あたらしぶ)眞根 而作歌(うたよみす)(いふ) 婀手它羅斯枳(あたらし 偉儺謎能陀倶彌(ゐなべたく 柯該志須彌儺白番(かけしすなは) 旨我那稽麼(しがなば) 手它例柯々該武預(たれかかむよ) 婀手它羅須彌儺白番(あたらすなは) 天皇聞是歌 反(かへる)(なす)悔惜(あたらしぶ) 喟然(なげく)頽歎(なげく)(のたまふ) 幾(ほとほどに)失人哉 乃以赦使(ゆるすつかひ) 乘於甲斐(かひ)黒駒(くろこま) 馳詣(いたる)刑所(ころすところ) 止而赦之 用(よりて)(とく)徽纒(ゆはひづな) 復作歌曰(のたまふ) 農播手它磨能(ぬばたま 柯彼能矩盧古磨(かひのくろこま) 矩羅枳制播(くらせば) 伊能致志儺磨志(いちすなまし) 柯彼能倶盧古磨(かひのくろこま) 【一本(あるふみ) 換伊能致志儺磨志(いちしなまし) 而云(いふ)伊志歌孺阿羅磨志(いしかずあらまし)也】

秋九月(469.09)に、木工韋名部眞根、石を以て質として、斧を揮りて材を卯亜斤る。終日に卯亜斤れども、誤りて刃を傷らず。天皇、其所に遊詣して、怪び問ひて曰はく、「恆に石に誤り中てじや?」 眞根答へて曰す、「竟に誤らじ。」 乃ち采女を喚し集へて、衣裙を脱ぎて、著犢鼻して、露なる所に相撲とらしむ。是に、眞根、暫停めて、仰ぎ視て卯亜斤る。覺えずして手の誤に刃傷く。天皇、因りて嘖讓めて曰はく、「何處にありし奴ぞ。朕を畏りずして、貞しからぬ心を用て、妄しく輙輕に答へつる。」 仍りて物部に付けて、野に刑さしむ。爰に同伴巧者有りて、眞根を歎き惜びて、作歌して曰ふ、
 
手它羅斯枳 偉儺謎能陀倶彌 柯該志須彌儺白番 旨我那稽麼 手它例柯々該武預 婀手它羅須彌儺白番
 あたらしき 韋那部(ゐなべ)の工匠(たくみ) 懸(か)けし墨縄(すみなは) 其(し)が無(な)けば 誰(たれ)か懸(か)けむよ あたら墨縄(すみなは)

天皇是の歌を聞かして、反りて悔惜びたまふことを生して、喟然きて頽歎きて曰はく、「幾に人を失ひつるかな。」 乃ち赦使を以て、甲斐の黒駒に乘りて、馳せて刑所に詣りて、止めて赦したまふ。用りて徽纒を解く。復作歌して曰はく、
 
農播手它磨能 柯彼能矩盧古磨 矩羅枳制播 伊能致志儺磨志 柯彼能倶盧古磨
 ぬば玉(たま)の 甲斐(かひ)の黒駒(くろこま) 鞍(くら)(き)せば 命(いのち)(し)なまし 甲斐(かひ)の黒駒(くろこま)
 【一本に 命死なましといふに換へて、い及(し)かずあらましと云へり

韋名部は、譽田天皇
(應~天皇)の三十一年書紀巻10の猪名部と注される。書紀では新羅から派遣された船大工とされるが、姓氏録では百濟系としている。木工を専業とする品部で摂津國河辺郡為奈郷(尼崎市東北部)、猪名川流域であろう。以石爲質揮斧卯亜斤材とは石を土台として斧で材木を削り加工すること。斧の刃が土台石に当たれば刃が毀れる。眞根にはそういう失敗はないとの評判で、怪しんだ天皇が問ふも、眞根は失敗は無いと答へた。衣は上着、裙は下着。著犢鼻(たふさぎ)は陰部をふさぐ布のみ、眞根の前で、いわば、超ビキニの采女に相撲をとらせた。眞根はしばらくして手を止め、仰ぎ視て木を削った。ドキッとする姿態に思わず手元が狂い、刃を傷つけてしまった。よくもぬけぬけと私をないがしろにして、軽率な答へをしたものだと、物部氏に預け、殺さしめようとした。巧者は工匠、同じ木工たちが嘆き惜しみ、歌を詠んだ。
”あたら”は惜しむべき、もったいないこと、”あたらし”は形容詞。”き”は過去形。惜しいことだった。眞根は工匠として墨縄においても名人級であったとみえる。彼がいなくなれば、誰が墨縄を懸けるのか、その工人たちの嘆きの声が天皇に届いた。楼閣造りを行う貴重な人材を失ってはならぬ、喟然はため息をつくこと、頽はくずれること、これはしまった、どえらい損失と慌てて赦使をたて、黒駒で馳せて刑の執行をかろうじて止めた。甲斐には皇室の御牧があった、と注される。徽は三本の寄り縄、纒は二本の寄り縄、徽纒は太い縄。首を吊るす刑であったようだ。ぬば玉はホオウギの実、黒い実で黒のかかる枕詞。赦使は鞍もつけず、慌てて走り出した、もし、鞍をつけておれば間に合わなかった。流石は甲斐の黒駒、といふことである。赤駿と並び駿馬、黒駒についてふれられており、元来駿馬といふものは日本にはなく、騎馬民族の高句麗経由であり、後の良馬の産地、甲斐、武蔵、信濃、上野のなかで甲斐が特筆されたことになる。馬は日本
(やまと)が高句麗に求めた産物である。大鷦鷯天皇(仁コ天皇)の十二年書紀巻11の高句麗よりの鐵の盾、鐵の的の話があった。馬、馬具、荷馬車、高句麗とは敵対していたばかりではない。

十四年春正月(むつき)丙寅(ひにえとら)(ついたち)戊寅(つちのえとらにひ) 身狹村主等(むさのすぐりあをら) 共(くれのくに)使(つかひ) 將(ゐる)(くれ)所獻(たてまつる)手末(たなすゑ)才伎(てひと) 漢織(あやはとり)(くれはとり)及衣縫(きぬぬひ)兄媛(えひめ)・弟媛(おとひめ)等 泊於住吉津(すみのえのつ) 
是月 爲
(まらうと) 磯齒津路(しはつのみち) 名(くれさか) 
三月
(やよひ) 命(みことおほす)(おみむらじ)(むかふ)使(つかひびと) 安置(くれひと)於檜隈野(ひのくまもの) 因名(くれはら) 以衣縫(きぬぬひ)兄媛(えひめ) 奉大三輪~(おほみわのかみ) 以弟媛(おとひめ)爲漢衣縫部(あやのきぬぬひべ)也 漢織(あやはとり)(くれはとり)衣縫(きぬぬひ) 是飛鳥衣縫部(あすかのきぬにひべ)・伊勢衣縫(いせにくぬぬひら)之先(おや)也 

十四年の春正月の丙寅の朔戊寅(470.01.13)に、身狹村主等、呉國の使と共に、呉の獻れる手末の才伎、漢織・呉織及び衣縫兄媛・弟媛等を將て、住吉津に泊る。 
是の月に、呉の客の道を爲りて、磯齒津路に通し、呉坂と名く。
三月
(470.03)に、臣連に命せて呉の使を迎ふ。即ち呉人を檜隈野に安置む。因りて呉原と名く。衣縫の兄媛を以て、大三輪~に奉る。弟媛を以て漢衣縫部とす。漢織・呉織の衣縫は、是、飛鳥衣縫部・伊勢衣縫の先なり。

手末の才伎とは手先を要する陶部、鞍部、画部、織部の技術。譽田天皇
(應~天皇)三十七年書紀巻10「阿知使主・都加使主を呉に遣して、縫工女を求めしむ。爰に、阿知使主等、高麗國に渡りて、呉に逹らむと欲ふ。則ち高麗に至れども、更に道路を知らず。道を知る者を高麗に乞ふ。高麗の王、乃ち久禮波・久禮志、二人を副へて、導者とす。是に由りて、呉に通るを得たり。呉の王、是に、工女兄媛・弟媛、呉織、穴織、四の婦女を與ふ。」とあり、兄媛・弟媛、呉織、穴織は婦人名とされる。穴織宮伊居太神社の由緒には、「今の世に呉をくれと読むのは道案内の久礼波、久礼志の名をかたどったのである二人の功績を忘れないためである。・・・応神天皇の時代の前から衣服裁縫の技が明かでなかった。・・・これより先麻をつむぎ蚕を飼い桑の皮をつむぎ麻の皮から織物を作っていたのであるが二媛の教へにより呉織蜀錦等綾羅錦の衣服が出未るようになったのである。今呉服尺、呉竹、呉藍、生姜等此時に持帰へれるもので呉橘、冴床等もこの頃に呉国から我国に入り呉国の文化が広まった。二媛は一室にこのり、その身に光明がありひたすらに機織と裁縫に従事され百余歳の高令まで我国の文化の興隆に貢献されこの地に絹掛の松、染殿井、絹館の里、唐船潭等の地名が残るのも当然のことと思はれる此の二媛が他界されたので仁徳天皇は76年9月8日に衣服裁縫の功績を称えるため祭上の社、祭下の社を建立し両媛の功績をたたへ降世までその功を忘れない様に残され世の人々は文化発祥の神として代々お祀りを続けたのであります。(伊居太神社:延喜式神社の調査)」とある。この地(大阪府池田市綾羽町:地図は猪名川東側の流域、猪名川流域は木工韋名部の地でもあり、渡来人が住みついた地である。今回は、漢織・呉織は織物の技術者、兄媛・弟媛は衣縫、裁縫技術者とみており、人名ではない。住吉津は住吉大社の地地図、当時はその辺りで海に面し、細井川が海に注ぎ込み、細江と称されていた古代の住吉地区の地形図。磯齒津は磯果、四極ともされ、呉坂は久礼が訛り喜連(平野区喜連:地図とされ、住吉津から東に向かい、奈良へと向かう街道へと接続させる道を通したのであろう。呉の客を迎えるために、難波を経由せずに奈良へと向かう道を整備したことになる。
また摂津ではなく、技術者集団を檜隈野
(高市郡檜隈郷:明日香村付近)の野に置いた。呉原は明日香村栗原地図と注される。譽田天皇(應~天皇)三十七年書紀巻10「阿知使主等、呉より筑紫に至る。時に胸形大~、工女等を乞はすこと有り。故、兄媛を以て、胸形大~に奉る。是則ち、今筑紫國に在る。御使君の祖なり。既にして其の三の婦女を率て、津國に至り、武庫に及りて、天皇崩りましぬ。及はず。即ち大鷦鷯尊に獻る。是の女人等の後は、今の呉衣縫・蚊屋衣縫、是なり。」とあり、胸形大~に兄媛を奉ったのであるが、~服を織る錦織の技術、その布を裁縫する技術が求められた。摂津国から武庫に入ったところで、譽田天皇が崩御され、猪名川流域に留まることになった。今回は奈良に入った。兄媛を大三輪~に奉り、天皇の漢衣縫部に弟媛を充てた。皇室として飛鳥衣縫部、伊勢の大~達の用達として伊勢衣縫が設けられた。書紀は、漢織・呉織及び衣縫兄媛・弟媛等にスポットを充てているが、このために、磯齒津路を通したものではない。呉(宋)からの使者は、「武を使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王に除す」ことが目的であり、それに相応しい対応が求められたはずである。このことは、以下の話にとって代へられた。

夏四月
(うづき)甲午(きにえうま)(ついたちのひ) 天皇(すめらみこと)欲設(あへる)人 歴(となめ)問群臣(まへつきみたち)曰 其共食者(あひたげひと)誰好(よし)乎 群臣僉(ことごとく)(まうす) 根使主(ねのおみ)(よし) 天皇(みことおほす)根使主 爲共食者 於石上(いそのかみ)高拔原(たかぬきのはら) 饗(あへる)人 時密(しのび)舍人 (みる)裝飾(よそひ) 舍人復命(かへりことまうす)曰 根使主所著(せる)玉縵(たまかずら) 太(はなはだ)(けやか)最好(いとうるはし) 又衆人(もろひと)云 前使時 又亦著(せる)之 於是 天皇欲自見 命臣 裝如饗之時 引見(めしみる)殿(おほとの)前 皇后仰(あふぐ)(おほぞら)歔欷(なげく) 啼泣(いさち)傷哀(かなしぶ) 天皇問曰(のたまふ) 何由(ゆゑ)(いさつ)耶 皇后(みゆか)而對曰(まうす) 此玉縵(たまかづら)者 昔妾(やつこ)(いろせ)大草香皇子(おほくさかのみこ) 奉(うけたまはる)穴穗天皇(あなほのすめらみこと)(おほみこと) (たてまつる)(われ)於陛下(きみ)時 爲妾所獻之物也 故致疑於根使主 不覺(おろか)涕垂(なみだたる)哀泣(いさつ)矣 天皇聞驚大(はなはだ)怒 深責根使主 根使主對言 死罪々々(うべなり) 實(まこと)(やつこ)之愆(あやまち) 詔曰(のたまふ) 根使主 自今以後 子々孫々八十聯綿(うみのこのやそつづき) 莫預群臣之例(つら) 乃將(まさに)欲斬之 根使主逃匿 至於日根 造稻城而待戰 爲官軍(みいくさ)見殺 天皇命(みことおほす)有司(つかさつかさ) 二(ふたつ)分子孫(うみのこ) 一分(なかば)爲大草香部民 以封(よさす)皇后 一分(なかば)賜茅渟縣主(ちぬのあがたぬし) 爲負嚢者(ふくろかつぎびと) 求難波吉士日香々(なにはのきしひかか)子孫(うみのこ) 賜姓爲大草香部吉士 其日香々等語(こと) 在穴穗天皇紀(みまき) 事平(ことたひらぐ)之後 小根使主(をねのおみ)【小根使主 根使主子】 夜臥(ふす)謂人曰(いふ) 天皇城不堅 我父(かぞ)城堅 天皇傳(つてに)聞是語 使人見根使主宅(いへ) 實(まこと)如其言 故收(とらへる)殺之 根使主之後爲坂本臣(さかもとのおみ) 自是始焉

夏四月甲午朔(470.04.01)に、天皇、呉人に設たまはむと欲して、群臣に歴め問ひて曰はく、「其れ共食者に誰か好けむ。」 群臣が、僉に曰す、「根使主、可けむ。」 天皇、即ち根使主に命せて、共食者としたまふ。遂に石上の高拔原にして、呉人に饗へたまふ。時に密に舍人を遣して、裝飾を視察しむ。舍人、復命して曰す、「根使主の著る玉縵、太だ貴にして最好し。又、衆人の云はく、『前に使を迎ふる時、又亦著りき』」 是に、天皇、自ら見たまはむとして、臣連に命せて、裝せしむること饗せし時の如くして、殿の前に引見たまふ。皇后、天に仰ぎて歔欷き、啼泣ち傷哀びたまふ。天皇、問ひて曰はく、「何の由ありて泣ちたまふ。皇后、床を避りて對へて曰す。此の玉縵は、昔妾が兄、大草香皇子の穴穗天皇の勅を奉りて、妾を陛下に進りし時に、妾が爲に獻れる物なり。故、疑を根使主に致して、不覺に涕垂りて哀泣ちらる。」 天皇、聞しめし驚きて大だ怒りたまふ。深く根使主を責めたまふ。根使主、對へて言す、「死罪々々、實に臣が愆なり。」 詔して曰はく、「根使主は、今より以後、子々孫々八十聯綿に、群臣の例にな預らしめそ。」 乃ち將に斬らむとす。 根使主、逃げ匿れて、日根に至りて、稻城を造りて待ち戰ふ。遂に官軍の爲に殺されぬ。天皇、有司に命せて、二に子孫を分ちて、一分をば大草香部民として、皇后に封したまふ。一分をば茅渟縣主に賜ひて、負嚢者とす。即ち難波吉士日香々の子孫を求めて、姓を賜ひて大草香部吉士としたまふ。其の日、香々等が語は、穴穗天皇紀に在り。事平らぎし後に、小根使主【小根使主は、根使主の子なり】 夜臥して人に謂りて曰く、「天皇の城は堅からず。我が父の城は堅し。」 天皇、傳に是の語を聞めして、人を使にして根使主の宅を見しむ。實に其の言の如し。故、收へて殺しつ。根使主の後の坂本臣と爲ること、是より始れり。

(となめ)は戸並べで次々にの意、共食(あひたげ)の”あひ”は一緒、”たげ”は食事を共にすることと注される。僉は皆のこと。根使主は穴穂天皇(安康天皇)元年条書紀巻13に大草香皇子の押木珠縵に目がくらみ、讒言をして大草香皇子を死に追いやった坂本臣祖根使主のことであった。紀氏、武内宿禰の後裔で和泉國の豪族であり、皆が推薦するといふのであるから、隠然たる力を有していたのであろう。呉の使者を饗応する場とされたのが、石上の高拔原とあるが、高拔原は不詳とされる。石上となれば、物部目大連にとっては大変名誉なことであった。魏志倭人伝の延長であれば、身狹村主等が呉(宋)で見聞したことや、宋の使節が、使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王に除したことの皇帝の詔勅や、その儀式の模様が大々的に報じられたことであろうが、一切が削除された。去來穗別天皇(履中天皇)の四年条書紀巻12「石上溝を堀る」とあった。鬪鷄の樓閣や磯齒津路整備(住吉津整備)などは宋の使節を迎え入れるに際しての、身狹村主等の進言によるところが大きかったと想像される。一行を迎へ入れるに港湾、道路、宮殿、衣食と同時に、制度の整備がなされねばならなかったことであろう。根使主が危険を犯してまで、玉縵を着用した。木の枝の形をした立飾のある金製または金銅製の冠、それに玉がとじつけられたものと注された冠。これを着用でもしなければ、格好がつかないと思ってのことであろう。まさか、天皇からの舎人が密に派遣されているとは!その装束で出仕するよう命じられた時、根使主は観念していたのかもしれない。
大草香皇子の妹、幡梭皇女、今は皇后であられるが、根使主の頭にある玉縵を見て、息をのみ天を仰いでお嘆きになられた。殺された兄の玉縵がそこにあった。本来は大草香皇子から穴穂天皇に献上されるはずのものであった。天皇は衆望ある根使主の行状に驚き、深く責めたとある。「死罪々々」は中国風、頓首死罪とまず申し上げるは臣下が皇帝に対して恐縮するときの決まり文句、宋からの使者の饗応役であり、使者が逗留中は殺すことがはばかられたのであろうか、その間に日根
(和泉國日根郡:大阪府泉佐野市日根野:地図、地元に逃げ帰った。稻城とは稲を積んで造る城、夏の四月といふ季節からすれば、昨年刈り取った稲であろう。結局殺され、一族は二分され、ひとつは皇后の大草香部民、もうひとつは茅渟縣主に与へられた。淡路と和泉の間の海が茅渟の海、かの衣通郎姫住まわせた地が河内の茅渟宮(泉佐野市上之郷付近:地図書紀巻13。負嚢者とは港湾の荷担ぎ労働者。難波吉士日香々は大草香皇子の臣下で殉死をした難波吉師日香蛟書紀巻13の子孫。穴穗天皇紀にこの話があると記されている。書紀区分論古代史獺祭では巻14から書きはじめられたとするが、この記述は巻13を前提としている。書紀の編修は、天武天皇十年にはじまり、養老四年(720年)に及ぶ三十九年の事業であり、編纂方針も一定であったとは思はれず、全体の推敲が何度も行はれていて不思議もない。
小根使主の話はどうもしっくりこない。根使主は殺され、その子孫が二分され、それぞれ所属が決まったといふに、子の小根使主は健在で、独自に居を構へている。どうやら父の邸宅を継いでいるようで、それは天皇の城より堅固と言ったことになり、一体どうなっているのか?とってつけたような不用意な発言を捉えて、小根使主をも滅ぼした。根使主、小根使主が滅ぼされたことにより、後に坂本臣がここを治めることになった、坂本臣にここで言及することが目的であったと思はれる。

十五年 秦(はだ)民分散(あかつ)等 各(おのおの)(まにまに)(ねがひ)駈使(つかまつる) 勿委(ゆだにしめず)(はだのみやつこ) 由是 秦(はだのみやつこさけ)(にへさに)以爲憂(うれへ) 而仕於天皇 天皇愛(うつくしぶ)(めぐむ)之 詔(みことのりす)(とる)秦民 賜於秦酒公(はだのさけのきみ) 公仍領率(ひきゐる)百八十種勝(ももあまりやそのすぐり) 奉獻(たてまつり)庸調(ちからつき)糸兼(きぬかとり) 充積(つむ)朝庭(みかど) 因賜姓(かばね)曰禹豆(うつまさ) 【一(ある)(いふ)禹豆母利(うつもりまさ) 皆盈(みつ)(つむ)之貌(かたち)也】

十五年(471)秦の民を臣連等に分散ちて、各欲の随に駈使らしむ。秦造に委にしめず。是に由りて、秦造酒、甚に以て憂として、天皇に仕へまつる。天皇、愛び寵みたまふ。詔して秦の民を聚りて、秦酒公に賜ふ。公、仍りて百八十種勝を領率ゐて、庸調の絹糸兼を奉獻りて、朝庭に充積む。因りて姓を賜ひて禹豆麻佐と曰ふ。【一に云はく、禹豆母利麻佐といへるは、皆盈て積める貌なり】

姓氏録、左京諸蕃、太秦公宿禰に、
「出自は秦始皇帝、三世孫、孝武王なり」「男功満王。帯仲彦天皇[謚仲哀]八年に来朝す。男融通王[一に弓月王と云ふ。]誉田天皇[謚応神]十四年に、廿七県の百姓を来率て帰化す。金銀玉帛等物を献る。大鷦鷯天皇[謚仁徳]御世に、百廿七県秦氏を以て、諸郡に分置す。即ち養蚕織絹して之を貢しむ。天皇詔して曰はく、秦王献ずる所の糸綿絹帛は、朕服用して柔軟にして、温煖なるは肌膚の如し。仍ち姓、波多を賜ふ。次登呂志公。秦公酒。大泊瀬幼武天皇[謚雄略。]御世に、糸綿絹帛委積すること岳の如し。天皇、之を嘉びたまふ。賜号して禹都万佐と曰ふ」、山城国諸蕃、秦忌寸に、「太秦公宿祢と同祖」「秦始皇帝の後なり」「功智王、弓月王、誉田天皇[謚応神]十四年来朝す。上表して更に帰国し、百廿七県伯姓を率て帰化す。并せて金銀玉帛種々宝物等を献る。天皇之を嘉びたまふ。大和朝津間腋上の地を賜ひて居す。男真徳王、次普洞王、古記に浦東君と云ふ。]大鷦鷯天皇[謚仁徳。]御世に、姓を賜て波陀と曰ふ。今、秦字の訓なり。次雲師王、次武良王、普洞王男秦公酒。大泊瀬稚武天皇[謚雄略。]御世に、奏を称す。普洞王の時、秦の民、惣じて劫略を被り、今に見在する者、十に一つも存らず。勅使を遣はし手僉(けんかつ:調べあげる)招集するを請ふ。天皇、使の小子部雷を遣はし、大隅阿多隼人等を率て、捜括鳩集し、秦の民、九十二部一万八千六百七十人を得る。遂に酒に賜ふ。爰に秦の民を率て、蚕を養ひ絹を織り、竹匪(竹かご)(宮門)に詣り貢ぎ進(たてまつ)ること、岳の如く山の如く、朝庭に積み蓄(たくは)ふ。天皇、之を嘉びたまふ。特に籠命を降し、号を賜ひて禹都万佐と曰ふ。是れ盈ち積むこと利益有るの義(ことわり)、諸の秦氏を役し、宮側に八丈大蔵を搆へ、其の貢物を納め、故、其の地を名けて長谷朝倉宮と曰ふ。是の時、始めて大蔵官員を置き、酒を以て長官とす。秦氏等は一祖の子孫、或は居住に就き、或は行事に依り、別れて数腹とす。天平廿年、京畿に在る者は、咸、改めて伊美吉の姓を賜ふなり。」とある。秦の民は出自を秦の始皇帝の孫とし、秦の滅亡後朝鮮半島に逃れ、更に比較的早くから日本(やまと)に逃れてきたものであり、養蚕と紡織、土木技術集団として、諸郡に分散させられ、各地で都合よく用ゐられていたとする。これを憂ひ、東漢氏や西漢氏が文書や外交関係で重用されていることに対して、朝廷に驚くべき量の技術の結果の絹糸兼を積み、存在感を示し、秦の民の再結集を果たした。そのことにより「禹豆麻佐」の姓を得て、秦酒公となり、太秦(京都市右京区太秦)に拠点を築いた。大酒神社の地である。社伝に、「当社は、延喜式神名帳葛野郡20座の中に大酒神社(元名)大辟神社とあり、大酒明神ともいう。<大辟>称するは秦始皇帝の神霊を仲哀天皇8年(356年:書紀では199年)皇帝十四世の孫、功満王が漢土の兵乱を避け、日本朝の淳朴なる国風を尊信し始めて来朝し此地に勧請す。これが故に「災難除け」「悪疫退散」の信仰が生れた。
 后の代に至り、功満王の子弓月王、応神天皇14年(372年:
書紀では283年)百済より127県の民衆18670余人統率して帰化し、金銀玉帛等の宝物を献上す。又、弓月王の孫酒公は、秦氏諸族を率て蚕を養い、呉服漢織に依って絹綾錦の類を夥しく織出し朝廷に奉る。絹布宮中に満積して山の如く丘の如し、天皇御悦の余り、埋益(うずまさ)と言う言葉で酒公に禹豆麻佐の姓を賜う。
数多の絹綾を織出したる呉服漢織の神霊を祀りし社を大酒神社の側にありしが明暦年中破壊に及びしを以て、当社に合祭す。
 機織のみでなく、大陸及半島の先進文明を我が国に輸入するに力め、農耕、造酒、土木、管絋、工匠等産業発達に大いに功績ありし故に、其二神霊を伴せ祀り三柱となれり。今大酒の字を用いるは酒公を祀るによって此の字に改む。(
延喜式神社の調査)」とある。秦氏の居住地域と天日槍(あめのひほこ)の説話を持つ地域は類似をもち、和珥(和邇)氏の経済力とも関連している。百八十種勝ともあり、多岐に渡る技術集団であり、殖産興業と国土開発に大きな貢献をした。

十六年秋七月(ふみづき) 詔 宜(よし)(くは)國縣(くにあがた)(うゑる)桑 又散(あかつ)(うつす)秦民 使獻庸調(ちからつき)
冬十月
(かむなづき) 詔 聚(つどふ)漢部(あやべ) 定其伴(とものみやつこのひと) 賜姓(かばね)曰直(あたひ) 【一云 賜 漢使主等(あやのおみら) 賜姓曰直也】

十六年の秋七月(472.07)に、詔して、桑に宜き國縣にして桑を殖ゑしむ。又秦の民を散ちて遷して、庸調を獻らしむ。
冬十月に、詔して、「漢部を聚へて、其の伴造の者を定めよ」とのたまへり。姓を賜ひて直と曰ふ。 【一に云く、賜ふとは、漢使主等に、姓を賜ひて直と曰ふぞ。】

養蚕と紡織を庸調とする秦酒公の手法を、桑に適した地に拡げる策が執られた。酒公の進言であろうし、それに習熟した秦の民を改めて各地に分散し、庸調を献上させるシステムを造ろうとした。
これは、漢部に対しても影響を与えた。帰化した渡来技術集団を組織化し、それぞれの長が宮司として組み込まれた。漢人登用の組織化は対宋外交を行ふうえでも、必要とされた政策と思はれる。


十七年春三月
(やよひ)丁丑(ひのとのうし)(ついたち)戊寅(つちのえとらのひ) 詔土師(はじのむらじ)等 使(たてまつる)應盛朝夕(あしたゆふべ)御膳(みけつもの)清器(きよきうつは)者 於是 土師連祖(おや)吾笥(あけ) 仍(たてまつる)攝津國(つのくに)來狹々村(くささのむら) 山背國(やましろのくに)内村(うちのむら)・俯見村(ふしみのむら) 伊勢國(いせのくに)藤形村(ふぢかたのむら)及丹波(たには)・但馬(たぢま)・因幡(いなば)(わたくし)民部(かきべ) 名(なづく)(いふ)贄土師部(にへのはじべ)

十七年の春三月の丁丑朔戊寅(473.03.02)に、土師連等に詔して、「朝夕の御膳盛るべき清器を進らしめよ」とのたまへり。是に、土師連の祖、吾笥、仍りて攝津國の來狹々村、山背國の内村・俯見村、伊勢國の藤形村及丹波・但馬・因幡の私の民部を進る。名けて贄土師部と曰ふ。

土師連は葬儀や土器製作を管理した伴造で、活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)の三十二年条書紀巻6に、殉死を避けるため、「出雲國の土部、壹佰人(一百人)を喚し上げて」、「土物を以て生人に更易へて、陵墓に樹てて、後葉の法則とせむ。」とし、これを進言した野見宿禰を土部臣としたとあった。土師氏は天皇の喪葬、つまり以降古墳造営に携わるため、祭祀、天文や測地測量、土木工事、石や木の棺椁製作等々の部との協力が必要であり、火力を用いることから土器製作はもとより鋳鍛技術にも通じていた。中国では、三国時代から西晋時代に越窯青磁中国古美術が発展した。釉薬と高温の窯の技術が必要であり、宋からの使者をもてなすうえでも必要であった。須恵器の技術は吉備で発達したが、釉薬と高温の窯ともなれば、レベルが違っていたのであろう。吾笥は吾(あ:わが)(け:食器)の義であり、造作された名かと注される。野見宿禰の五世孫日本の苗字7000傑 姓氏類別大観とされる。これは、十三年条の狹穗彦が玄孫齒田根命、物部目大連が活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)時代の十市根命の五世孫であることと符合しており、年代を考えるヒントになろう。
攝津國の來狹々村は久佐々神社
延喜式神社の調査の地(摂津國能勢軍郡:大阪府豊能郡能勢町)、韋名部(摂津國河辺郡為奈郷)の北方になり、丹波・但馬・因幡が視野に入り、活目入彦五十狹茅天皇時代に播磨から丹波・但馬に入った、治水や金属採取と精錬に秀でた天日槍の集団、「近江國の鏡村の谷の陶人は、則ち天日槍の從人なり書紀巻6。」ともあり、かなり古くから陶人もこれらの地に入り込んでいたのであろう。山背國の内村は内神社延喜式神社の調査の地(山城国綴喜郡有智郷:京都府八幡市内里)・俯見村は伏見(山城國紀伊郡伏見村:京都市伏見区)、伊勢國の藤形村は皇太神宮儀式帳の壱志藤方片樋宮、加良比之神社延喜式神社の調査の地(伊勢國安濃郡:三重県津市大字藤方)、その私の民部から人を集めて、贄土師部に献上したといふ。伴造の管理する公有の品部が、その伴造私有の部曲と区別し難くなっていた情況は、巻25、大化二年八月条参照と注されており、かなり後の世の現実が持ち込まれたことになろう。しかし、土師部の中から清器を焼くことができそうな腕の良い技術者を意図的に集め、宋経由で最新の釉薬と高温の窯を製作運用できる技術者を導入して、贄土師部を起ち上げる必要に迫られていたことは覗へる。

十八年秋八月(はつき)己亥(つちのとのゐ)朔戊申(つちのえさるのひ) (つかはす)物部菟代宿禰(もののべのうしろのすくね)・物部目 (もののべのめのむらじ)以伐伊勢朝日郎(あさけのいらつこ) 朝日郎聞官軍(みいくさ)至 即逆(まちたたかふ)於伊賀墓(あをはか) 自矜(ほこる)能射(ゆみいる) 謂(いふ)官軍曰(いふ) 朝日郎手 誰人(たれ)可中(あたる)也 其所發箭(いはなつや) 穿(とほす)二重(ふたへ)(よろひ) 官軍皆懼(おづ) 菟代宿禰(うしろのすくね) 不敢撃 相持(まもる)二日一夜(ふつかひとよ) 於是 物部目 自執太刀 使筑紫(つくし)聞物部(きくのもののべ)大斧(おほをの)(てにす) 執楯(たて)(たけぶ)於軍(いくさ)中 倶(ともに) 朝日郎乃遙(はるか)見 而射穿(いうがつ)大斧手楯二重甲(よろひ) 并入身肉(しし)一寸(ひとき) 大斧手以楯翳(さしかくす)物部目 目連即獲朝日郎斬之 由是 菟代宿禰 羞愧(はぢる)不克 七日(なぬか)不服命(かへりことまうさず) 天皇(すめらみこと)問侍臣(おほもとまへつきみ)(のたまふ) 菟代宿禰 何不服命 爰有(はべる)讚岐田蟲別(さぬきのたむしのわけ) 而奏(まうす)(まうす) 菟代宿禰怯(をぢなくす)也 二日一夜之間 不能擒執(とらふ)朝日郎 而物部目 率(ゐる)筑紫聞物部大斧手(おほをのて) 獲斬朝日郎矣 天皇聞之怒 輙(すなはち)奪菟代宿禰所有(たもつ)猪使部(ゐつかひべ) 賜物部目

十八年の秋八月の己亥朔戊申(474.08.10)に、物部菟代宿禰・物部目連を遣して、伊勢朝日郎を伐たしめたまふ。朝日郎、官軍至ると聞きて、即ち伊賀の墓に逆ち戰ふ。自ら能く射ることを矜りて、官軍に謂ひて曰く、「朝日郎が手に、誰人か中るべき。」 其の發つ箭は、二重の甲を穿す。官軍、皆懼づ。菟代宿禰、敢へて進み撃たず。相持ること二日一夜。是に、物部目連、自ら太刀を執りて、筑紫の聞物部大斧手をして、楯を執りて軍の中に叱びしめて、倶に進ましむ。朝日郎、乃ち遙に見て、大斧手が楯と二重の甲とを射穿つ。并せて身の肉に入ること一寸。大斧手、楯を以て物部目連を翳す。目連、即ち朝日郎を獲へて斬しつ。是に由りて、菟代宿禰、克たざりしこと羞愧ぢて、七日までに服命さず。天皇、侍臣に問ひて曰はく、「菟代宿禰、何とか服命さざる。」 爰に讚岐田蟲別といふひと有りて、進みて奏して曰す、「菟代宿禰は怯くして、二日一夜の間に、朝日郎を擒執ふること能はず。而るに物部目連、筑紫の聞物部大斧手を率て、朝日郎を獲へ斬りつ。」 天皇、これを聞しめして怒りたまふ。輙ち菟代宿禰が所有てる猪使部を奪ひて、物部目連に賜ふ。

伊勢朝日郎を討つ理由が不明である。三年条書紀巻14に阿閉臣國見が湯人の廬城部連武彦が皇女を奸したと讒言した事件があった。皇女は~鏡を持ち出し、五十鈴河の上で屍が発見されたが、腹の中から石が発見され、噂は嘘と判明し、我が子武彦を殺してしまった父が國見を殺そうとして、國見が石上~宮に逃げ匿れたといふ話があった。阿閉臣は伊賀国阿閉郡、上野市あたりの氏であり、國見といふ名から、伊賀や伊勢方面の国情を報告する立場にあったと思はれ、スキャンダルにつけこもうとしたのであろう。廬城は五百木、隼別皇子と雌鳥皇女が殺された書紀巻11(三重県一志郡:三重県津市白山町北家城:地図の近辺、奈良の天皇を快く思はない気持ちがあったのかもしれない。物部菟代宿禰は猪使部を所有しているとあり、猪使部は、多度神社延喜式神社の調査の地(伊勢國桑名郡:三重県桑名市多度町)の南方とされ、北伊勢の物部氏であったことになる。物部目連が國見を匿ったのは、どうやら北伊勢方面に関心を示し、進出の機会を窺っていたのかもしれない。朝日郎は未詳、伊勢國朝開郡かと注され、朝開郡は桑名郡と三重郡の間、つまり、北伊勢の勢力である。目連は筑紫の聞物部大斧手といふ、戦闘に長けた勇者を呼び寄せており、朝日郎を挑発し、軍事的争いを好まない物部菟代宿禰を引きづり込んだようにみえる。筑紫の聞は和名抄の豊前國企救郡(福岡県北九州市小倉区、門司区)と注される、半島から北九州を経由し、瀬戸内海へ向かう航路の要衝である。足仲彦天皇(仲哀天皇)の八年条に、熊鰐が魚鹽の地(宇佐から門司の海域)を獻り、恭順し、洞海湾に入ったが船が進まず、その地の男女~を倭國の菟田の人、伊賀彦祭らせ、航行を得たとあった書紀巻8。その地に物部氏が配されていたことになる。この戦には讚岐の田蟲別も動員されている。讚岐も瀬戸内海航路の要衝、大足彦忍代別天皇(景行天皇)の四年条に五十河媛との間の子、~櫛皇子が讃岐國造の始祖となったとあった書紀巻7。去來穗別天皇(履中天皇)がその力強さと敏捷性を聞いて召したが来なかった鷲住王書紀巻12の子が田蟲別である。伊勢朝日郎を討つために、筑紫、讚岐の豪の者が動員されていたとは、ことの他大がかりな戦であったとなろうか。物部目連の狙い通りの展開ともみへ、その勢力拡大は目を見張るものがある。

十九年春三月
(やよひ)丙寅(ひのえとら)朔戊寅(つちのえとらのひ) 詔置穴穗部(あなほべ)

十九年の春三月の丙寅朔戊寅(475.03.13)に、詔して穴穗部を置きたまふ。

不慮の死を遂げられた穴穂天皇の後となれば、悲劇の皇后中蒂姫である。別名、長田大娘皇女、これは名形大娘皇女、つまり穴穗皇子の姉であった書紀巻14。天皇は中蒂姫を保護された。言葉にし難い想ひが込められていよう。

2010.07.19

岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 14-2 上田 啓之
.