足仲彦天皇 仲哀天皇

元年春正月庚寅朔庚子(AD192.01.11) ≫≫
二年春正月甲寅朔甲子(AD193.01.11) ≫≫

 


八年春正月己卯朔壬午(AD199.01.04) ≫≫
九年春二月癸卯朔丁未(AD200.02.05) ≫≫
.
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

足仲彦天皇(たらしなかつひこのすめらみこと) 仲哀天皇(ちうあいてんわう)

足仲彦天皇 日本武尊(やまとたけるのみこと)第二子(ふたはしらにあたりたまふみこ)也 母(いろは)皇后(きさき)(まうす)兩道入姫命(ふたぢのいりびめのみこと) 活目入彦五十狹茅天皇(いくめいりびこいさちのすめらみこと)之女(ひめみこ)也 天皇(すめらみこと)容姿端正(みかほきらぎらし) 身長(みたけ)十尺(ひとつゑ) 稚足彦天皇(わかたらしひこのすめらみこと卅十十八年 立爲太子(ひつぎのみこ) 【時年(みとし)卅一(みそぢあまりひとつ)】 稚足彦天皇無男(ひこみこましまさず) 故立爲嗣
六十年 天皇崩
(かむあがる) 明年(くるつとし)秋九月(ながづき)壬辰(みづのえたつ)(ついたち)丁酉(ひのとのとりのひ) 葬于倭國(やまとのくに)狹城盾列陵(さきのたたなみのみささぎ) 【盾列 此云多多那美(たたなみ)

足仲彦天皇は、日本武尊の第二子なり。母の皇后を兩道入姫命と曰す。活目入彦五十狹茅天皇の女なり。天皇、容姿端正し。身長十尺。稚足彦天皇の四十八年に、立ちて太子と爲る。【時に年、卅一】 稚足彦天皇、男無。故、立てて嗣と爲す。
六十年
(AD190年)に、天皇崩る。明年の秋九月の壬辰の朔丁酉(AD191.09.06)に、倭國の狹城盾列陵に葬る。【盾列 此を多多那美と云ふ】

稚足彦天皇
(成務天皇)の最後にみたように、書紀は古事記とは異なり、「稚足彦天皇、男無」により日本武尊の第二子を太子としたとある。ところで日本武尊は大足彦忍代別天皇(景行天皇)四十三年(AD113年)に亡くなっている。稚足彦天皇の四十八年とはAD178年、その31年前とはAD147年、足仲彦天皇は、日本武尊の死後34年後に生まれたことになる。書紀の編者も困ったことであろう。つじつまを合わせるには70歳くらいで皇太子となったとせねばならない。しかし、その歳で「立氣長足姫尊爲皇后」ではさまにならない。足彦と称されるのは、大足彦忍代別天皇の他には、日本足彦國押人天皇(孝安天皇)、稚足彦天皇(成務天皇)、足仲彦天皇(仲哀天皇)がある。”たらしひこ”とは、(天の)垂し日子、”ひつぎのひこ”の義であった書紀巻7。足姫として、氣長足姫尊(神功皇后)がある”なかつ”とは稚足彦天皇(成務天皇)と氣長足姫尊(神功皇后)の間の義ではなかろうか。これは、後に付与した名であり、日本武尊の第二子として生まれた時にその名がつけられているとしたなら、その子がその時点で天皇となるということであり、これまたつじつまが合わない。稚足彦、足仲彦、氣長足姫尊の時代には正統性が問われるような混乱があり、宮も近江、豐浦、訶志比と纏向の関係がどうなのかも揺れている。足仲彦天皇は非常に微妙な立場の立皇太子であり、相当の高齢であられたとみるべきであろう。
六十年
(AD190年)に、天皇の崩御された場所が記されていない。「大足彦天皇を倭國の山邊道上陵に葬る。」「稚足彦天皇を倭國の狹城盾列陵に葬る。」と共に倭國と付すのは、宮が倭國になかったと暗示するものであろう。しかし、六十年に亘り、高穴穗宮で政治を行われたというのも、無理がある。狹城盾列陵地図は、造営するのに1年3ヶ月以上を要しており、佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群に位置する。日葉酢媛命書紀巻6の陵の隣でもあり、「中でも、全長200メートル以上の巨大な前方後円墳7基は、天理市内の柳本古墳群、大阪府下の古市古墳群や百舌古墳群と並び、4〜5世紀の王権を研究する上で極めて重要とされる。すなわち、いずれも陵墓または陵墓参考地で発掘調査は許されていないが、かつて盗掘された折の記録(出土品)や墳丘の形状などから、西群の3基は、五社神古墳⇒佐紀陵山古墳⇒佐紀石塚山古墳の順に、古墳時代前期後半に築造されたと見られ、大和から河内へ移る過渡期の大王墓として、歴史的に重要な位置を占めるという。一方、平城宮の造営時に前方部が破壊された市庭古墳をはさんで中期に下る東群は、コナベ古墳⇒ウワナベ古墳⇒ヒシアゲ古墳の順に、古市古墳群に眠る大王を支えた后、またはその実家の有力者たちの奥津城と推測することができよう。佐紀盾列周辺の古墳古墳めぐり大和路の二百選とあるごとく、大和から河内王朝へ移る過渡期ということが背景にある。大和の北方、山背、近江、河内、淀川水系の持つ意味がおおきくなっていたと思われる。

元年
(はじめのとし)春正月(むつき)庚寅(かのえとら)朔庚子(かのえねのひ) 太子(ひつぎのみこ)即天皇位(あまつひつぎしろしめす) 
秋九月
(ながづき)丙戌(ひのえいぬ)(ついたちのひ) 尊母(いろは)皇后(きさき)曰皇太后(おほきさき)
冬十一月(しもつき)乙酉(きのとのとり)(ついたちのひ) 詔(みことのりす)群臣(まへつきみたち)曰 朕(われ)未逮(およぶ)于弱冠(かうぶり) 而父(かぞ)(きみ)既崩(かむさる)之 乃~靈(みたましひ)(なる)白鳥(しらとり)而上(のぼる)(あめ) 仰望(しのぶ)之情(こころ) 一日(ひとひ)(なし)(やすむ) 是以 冀(ねがふ)獲白鳥 養(かふ)之於陵域(みささぎにめぐり)之池 因以 覩(みる)其鳥欲慰(なぐさむ)顧情(しのびたてまつるこころ) 則令(のりごとす)諸國(くにぐに) 俾貢(たてまつらしむ)白鳥 
閏十一月
(のちのしもつき)乙卯(きのとのう)(ついたち)戊午(つちのえうまのひ) 越國(こしのくに)貢白鳥四隻(よつ) 於是 送(たてまつる)鳥使人(つかひ) 宿(やどる)菟道河(うぢがは)(ほとり) 時蘆髮蒲見別王(あしかみのかみのわけのみこ) 視其白鳥 而問之曰 何處(いづち)(もて)(ゆく)白鳥也 越人(こしのひと)答曰(まうす) 天皇(すめらみこと)戀父(かぞ)(きみ) 而將養(かふ)(なつける) 故貢(たてまつる)之 則蒲見別王(かまみわけのみこ) 謂越人曰 雖白鳥而燒之則爲K鳥(くろとり) 仍強(あながちに)之奪白鳥而將去 爰越人參赴(まうく)之請(まうす)焉 天皇 於是 惡(にくむ)蒲見別王无(なし)(ゐや)於先王(さきのきみ) 乃遣(つかはす)兵卒(いくさ)而誅(ころす)矣 蒲見別王 則天皇之異母弟(はらことのおとと)也 時人曰 父是天(あめ)也 兄(このかみ)亦君也 其慢(あなづる)天違(たがふ)君 何得兔(まかる)(つみ)耶 ◎是年也大歳壬申(みずのえさる)

元年の春正月の庚寅の朔庚子(AD192.01.11)に 太子即天皇位す。
秋九月の丙戌の朔
(AD192.09.01)に、母の皇后を尊びて皇太后と曰す。
冬十一月の乙酉の朔
(AD192.11.01)に、群臣に詔して曰はく、「朕、未だ弱冠に逮ばずして、父の王、既に崩りましぬ。乃ち~靈、白鳥と化りて天に上ります。仰望の情、一日も息むこと勿し。是を以て、冀はくば白鳥を獲て、陵域の池に養はむ。因りて、以て其の鳥を覩つつ、顧情を慰めむと欲ふ。」則ち諸國に令して、白鳥を貢ら俾む。
閏十一月の乙卯の朔戊午
(AD192.12.04)に、越國、白鳥四隻を貢る。是に、鳥を送る使人、菟道河の邊に宿る。時に、蘆髮蒲見別王、其の白鳥を視て、問ひて曰はく「、何處將て去く白鳥ぞ」 越人答へて曰さく、「天皇、父の王を戀ひたまはして將に養ひ狎けむとしたまふ。故、これを貢る。」 則ち蒲見別王、越人に謂りて曰はく、「白鳥なりと雖も、これを燒かばK鳥と爲るべし。」 仍りて強に白鳥を奪ひて、將て去ぬ。爰に越人、參赴て請す。天皇、是に、蒲見別王の先王に禮无きことを惡みて、乃ち兵卒を遣して誅す。蒲見別王は、天皇の異母弟なり。時人の曰く、「父は是天なり。兄亦君なり。其れ天を慢り君に違ひなば、何ぞ誅を兔るることを得むや。」 ◎是年、大歳壬申。

古事記は、
帶中日子(たらしなかつひこ)の天皇は穴門(あなど)の豐浦(とよら)の宮、また、筑紫(つくし)の訶志比(かしひ)の宮に坐しまして、天の下治らしめしき。(岩波文庫)と伝へる。書紀は纏向を想定していよう。即位の歳は四十五であるが、日本武尊の第二子であるなら80歳以上でなくてはならない。ところで、ここでは、父の日本武尊が亡くなった時、「弱冠逮ばずして」とあり、大人でない少年であったというから更に十数歳を加えねばならず、大変な老人であるが、若々しいイメージを演出するのが書紀の編者達である。弱冠を”かうぶり”と訓じている。冠をつけるのは大人になることの儀式である。この即位の日まで、一日として父を想はぬ日はなかったといふ。異様な話である。最初の仕事が諸國に令して、白鳥を貢らしむこと、人々に日本武尊を思い出させることとなった。ところが、これが異様な結果となる。越國から白鳥四隻が送られてくるのであるが、宇治川のほとりで、蘆髮蒲見別王に奪われる、それが異母弟といふ。白鳥なりと雖も、これを燒かばK鳥と爲るべし。日本武尊はもはや今となっては、K鳥、カラス、父のことなど忘れてしまえ、とでもなろうか。古事記にいふ足鏡別王、鎌倉別、小津、石代別、漁田別の祖、母は山代之玖玖麻毛理比賣(やましろのくくまもりひめ)である。足仲彦天皇は、禮无きことを惡みて、乃ち兵卒を遣して誅したとある。禮を”ゐや”と訓じている。敬うことである。禮という概念を挿入したことになる。注に、儀礼、喪服伝に、「父者子之天也夫者妻之天也」とある。父を貶めることは天を貶めること、兄(足仲彦天皇)に背くは君(天皇)に背くこと、それはたとえ弟であれ、誅せらるべきこと世人が言った、とあたかもそのような考え方が流布していたかのごとく記している。

二年春正月(むつき)甲寅(きのえとら)(ついたち)甲子(きのえねのひ) 立氣長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)爲皇后(きさき) 先是 娶叔父(おとをぢ)彦人大兄(ひこひとのおほえ)之女(むすめ)大中姫(おほなかつひめ)爲妃(みめ) 生鹿弭坂皇子(かごさかのみこ)・忍熊皇子(おしくまのみこ) 次娶來熊田造(くくまたのみやつこ)(おや)大酒主(おほさかぬし)之女(むすめ)弟媛(おとひめ) 生譽屋別皇子(ほむやわけのみこ) 
二月
(きさらぎ)癸未(みづのとのひつじ)朔戊子(つちのえねのひ) 幸(いでます)角鹿(つぬが) 即興(たて)行宮(かりみや)而居(ます)之 是謂笥飯宮(けひのみや) ◎即月 定淡路屯倉(あはぢのみやけ) 
三月
(やよひ)癸丑(みづのとのうし)朔丁卯(ひのとのうのひ) 天皇(すめらみこと)巡狩(めぐりみそなはす)南國(みなみのくに) 於是 留皇后(きさき)及百寮(つかさつかさ) 而從駕(みとも)二三(ふたりみたり)卿大夫(まへつきみたち)及官人(つかさつかさのひと)數百(ももあまり) 而輕(とく)(いでます)之 至紀伊國(きのくに) 而居于コ勒津宮(ところつのみや) 當是時 熊襲(くまそ)(そむく)之不朝貢(みつぎたてまつらず) 天皇 於是 將討熊襲國(くまそがくに) 則自コ勒津(ところつ)發之 浮海(みふね)而幸穴門(あなと) 即日(そのひ) 使(つかひ)(つかはす)角鹿 勅(みことのりす)皇后曰 便(すなはち)從其津發之 逢(あふ)於穴門 
夏六月
(みなづき)辛巳(かのとのみ)朔庚寅(かのえとらのひ) 天皇(すめらみこと)(とまる)于豐浦津(とゆらのつ) 且(また)皇后(きさき)從角鹿(つぬが)發而行之 到渟田門(ぬたのみなと) 食(みをしす)於船上(みふね) 時海魚即(たひ) 多(さはに)(あつまる)(みふね)(そば) 皇后以酒(おほみき)(そそぐ)魚即魚 々々即醉(ゑふ)而浮之 時海人(あま)(さはに)(える)其魚(いを)而歡曰 聖王(ひじりのきみ)所賞(たまふ)之魚焉 故其處之魚 至于六月(みなづき) 常傾浮(あぎとふ)如醉 其是之縁(ことのもと)也 
秋七月
(ふみづき)辛亥(かのとのゐ)朔乙卯(きのとのうのひ) 皇后泊豐浦津 是日 皇后得如意珠(にょいのたま)於海中(わたなか) 
九月
(ながづき) 興宮室于穴門而居之 是謂(まうす)穴門豐浦宮(あなとのとゆらのみや)

二年の春正月の甲寅の朔甲子(AD193.01.11)に、氣長足姫尊を立てて皇后と爲す。是より先に、叔父、彦人大兄の女、大中姫を娶りて妃と爲たまふ。鹿弭坂皇子・忍熊皇子を生む。次に來熊田造が祖、大酒主の女、弟媛を娶りて、譽屋別皇子を生む。
二月の癸未の朔戊子
(AD193.02.08)に、角鹿に幸す。即ち行宮を興てて居します。是を笥飯宮と謂す。◎即月に、淡路屯倉を定む。
三月の癸丑の朔丁卯
(AD193.03.15)に、天皇、南國を巡狩す。是に、皇后及び百寮を留めて、駕に從へる二三の卿大夫及官人數百して輕く行す。紀伊國に至りてコ勒津宮に居します。是の時に當りて、熊襲、叛きて朝貢らず。天皇、是に、將に熊襲國を討たむとす。則ちコ勒津より發ちて、浮海よりして穴門に幸ます。即日に、使を角鹿に遣はして、皇后に勅して曰はく、「便ち其の津より發ちて、穴門に逢ひたまへ。」
夏六月の辛巳の朔庚寅
(AD193.06.10)に、天皇、豐浦津に泊ります。且、皇后、角鹿より發ちて行して、渟田門に到りて、船上に食す。時に、海魚即魚、多に船の傍に聚れり。皇后、酒を以て魚即魚に灑きたまふ。々々即ち醉ひて浮びぬ。時に、海人、多に其の魚を獲て歡ぎて曰く、「聖王の所賞の魚ならむ。」故、其の處の魚、六月に至れば、常に傾浮ふこと醉へるが如し。其れ是の縁なり。
秋七月の辛亥の朔乙卯
(AD193.07.05)に、皇后、豐浦津に泊りたまふ。是の日に、皇后、如意珠を海中に得たまふ。
九月に、宮室穴門に興てて居します。是を穴門豐浦宮と謂す。

古事記は、
「この天皇、大江の王の女、大中津比賣の命を娶して、生みませる御子、香坂(かごさか)の王、忍熊(おしくま)の王【二柱】。 また息長帶比賣(おきながたらしひめ)の命て【こは大后なり】を娶して生みませる御子、品夜和氣(ほむやわけ)の命。次に大鞆和氣(おほともわけ)の命、亦の名は品陀和氣(ほむだわけ)の命【二柱】。この太子(ひつぎのみこ)の御名、大鞆和氣の命と負はせる所以(ゆゑ)は、初めて生(あ)れましし時、鞆(とも)の如き宍(しし)、御腕(みただむき)に生(あ)りき。故、其の御名に著けき。ここをもちて腹に坐して國に中(あた)りたまひしを知りぬ。この御世に、淡道(あはぢ)の屯家(みやけ)を定めたまひき(岩波文庫)と伝へる。
書紀では、氣長足姫尊を立てて皇后と爲す、「立てて」と皇太子のごとき扱いをしている。また、その行動も敬語をもって訓じられている。日本武尊を慕っていた足仲彦天皇は、大足彦忍代別天皇
(景行天皇)の51年書紀巻7でみたごとく、父と入水した弟橘媛の血を引き、同時に、大足彦忍代別天皇(景行天皇)の血をひく大江王の女(むすめ)をすでに妃としていたといふ。異様な血のつながり方である。

倭建命                                           大帶日子淤斯呂和氣天皇(景行天皇) 
   |――――
―若建王                                   |
  
弟橘比賣命    |―――――――――――須賣伊呂大中日子王        |――――――大江王
            飯野の眞K比賣          |―――――――――――迦具漏比賣命
                               柴野比賣、淡海の柴野入杵の女

また、日本武尊の第二子が、大江王の女を娶るとは、年代的にどうみても成立しない。後に、その間の子、
鹿弭坂皇子・忍熊皇子が、足仲彦天皇及び氣長足姫尊に背くことになる。譽屋別皇子は古事記は氣長足姫尊との間の子とするが、書紀はそれを訂正し、來熊田造が祖、大酒主の女、弟媛とするが、その素性は未詳とされる。足仲彦天皇には複雑な人間関係があり、倭に居る事に欝たるものがあったのかもしれない。大足彦忍代別天皇(景行天皇)、稚足彦皇天皇(成武天皇)の路線を引継ぐのか、日本武尊を復活させるのか?足元がグラついており、熊襲、叛きて朝貢らず、との事態をも招くことになる。このもやもやした状態を打開するものが、氣長足姫尊を皇后に迎えたことであったろう。
書紀は、、氣長足姫尊
(~功皇后)の六十九年の条に、この名は死後に贈られたものとしている。稚日本根子彦大日日天皇(開化天皇)と和珥臣の遠祖、姥津命の妹(妻)、姥津媛の子孫書紀巻4、近江國坂田郡に勢力を築いた氣長宿禰王が父、母は新羅の王の子、天日槍を祖とする田道間守書紀巻6の血をひく葛城高桑頁媛であり倭、近江、北陸、半島を視野に置く一族の女(むすめ)であった。こういう経緯となることは、すでに活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)の三年書紀巻6でみた。
角鹿であるが、御間城入彦五十瓊殖天皇
(崇~天皇)六十五年の条に任那國、蘇那曷叱知(そなかしち)の朝貢の記事があり、活目入彦五十狹茅天皇二年の条書紀巻6に、「一に云はく、御間城天皇の世に、額に角有ひたる人、一の船に乘りて越の國の笥飯浦に泊れり。故、其の處を號けて角鹿と曰ふ。」とあり、朝貢ではなく、「意富加羅國の王の子、名は都怒我阿羅斯等(つぬがあらひと)。亦の名は、于斯岐阿利叱智干岐(うしきありしちかんき)と曰ふ。傳に日本國に聖皇有すと聞りて、以てこれに歸化く。」と意富加羅國(新羅、金官加羅)の王の子が帰化したという一書をとりあげていた。金官加羅の最高官位号「角干」をツヌカ(シ)と訓じ、額に角があるのみならず、角鹿は新羅、金官加羅と関連づけられる命名であった。また、越の國の笥飯浦は敦賀の港地図、気比神社神奈備の地とされる。足仲彦天皇(仲哀天皇)が角鹿の笥飯宮に行宮を興てられたことは、これらの経緯を踏まえてのことであろう。同月、次節の記述からすれば、この行宮において、「淡路屯倉を定む」とある。活目入彦五十狹茅天皇三年の条に、「天日槍、艇に乘りて播磨國に泊りて、宍粟邑に在り。時に」「天日槍に詔して曰はく、"播磨國の宍粟邑と淡路島の出淺邑と、是の二つの邑は、汝、任意に居れ。"」と述べたごとく、淡路は古くからの直轄地であったと思はれる。伊奘諾尊、伊奘冉尊が最初に生まれた洲(國生み)が淡路(島)(書紀巻1、伊奘諾尊が幽宮を構え書紀巻1、しづかに長く隠れておられたのが淡路の洲(淡路国津名郡多賀村、伊佐奈伎~社:神奈備でもあった。この北の地で淡路に屯倉を定めなくてはならなかったのか、三月には皇后及び百寮を置いたまま、二三の卿大夫及官人數百で、紀伊國に至りコ勒津に宮を設けている。不可解な行動というか、焦点の定まらぬあわただしい行動である。コ勒津は、注に、紀伊続風土記の名草郡新在家村(和歌山市新在家:地図田地の字の得津、国造家建徳ニ年旧記、艸解(ところつ)郷とある。名草邑は、日前国懸神宮書紀巻3の地でもあり、5世紀から7世紀前半にかけて築造された岩橋(いわせ)千塚古墳群紀伊風土記の丘地図の地でもある。紀氏の勢力範囲であり、「紀の国は古来より高句麗や加羅とつながりが深く、また紀ノ川の治水等も古くから行われており、農産物倉庫・馬具の出土と岩橋千塚の中心とするおびただしい古墳群は、その農業力、海運力、また良馬を入手できた神奈備。」とされる。この地は伝統的に倭と対立してきたが、御間城入彦五十瓊殖天皇(崇~天皇)の時、荒河戸畔の女、遠津年魚眼眼妙媛を娶り、関係改善が図られ、大足彦忍代別天皇(景行天皇)の時代書紀巻7に、屋主忍男武雄心命を派遣し、「阿備の柏原に居て、~祇を祭祀し」「紀直が遠祖、菟道彦の女、影媛を娶りて、武内宿禰を生」んだこと、稚足彦尊(成務天皇)が皇太子に立たれたとき、武内宿禰が棟梁之臣(大臣)に任命されたことにより、この巡狩が可能となる情勢変化が生まれていた。その時に、熊襲が叛いたといふ。政権の足並みの乱れを突いたものであろうか?
驚いたことに、足仲彦天皇
(仲哀天皇)は、そのまま熊襲を討つため、コ勒津より船で穴門(山口県長門)に向かい、角鹿に居る皇后にそこから穴門に向かうよう指示、別航路で「幸(いで)ます」であり、行啓されたとなる。六月に豐浦津に泊るとあり、ニ〜三ヶ月をも要しており、出陣というものものしさ、あわただしさは感じられない。兵は現地調達といわぬばかりのありさまに思はれる。
古事記にはこの角鹿、紀伊國への巡狩の記述はない。書紀はこの記述により、天皇は武内宿禰をはじめとする紀伊國の勢力を率ひ、皇后は氣長氏の勢力を率ひて、それぞれ別途に豐浦に向かったとした。皇后の行動に独自性を持たせた。穴門豐浦宮跡は忌宮神社境内
記紀の故地地図にある。「数方庭祭」が八月に行はれ、「熊襲を煽動して豊浦宮に攻め寄せた新羅の塵輪(じんりん)を仲哀天皇が射倒した。天皇軍は歓喜のあまり矛をかざし、旗を振って塵輪の屍の周りを踊り狂ったという。記紀の故地というのは気になる伝承である。また、「境内には「蚕種渡来之地」という碑がある。「1800余年前、中国より秦の始皇十一世の子孫功満王がここ豊浦宮に滞在の仲哀天皇に蚕種(カイコの卵)献上し、我国養蚕の始まり」と伝える。記紀の故地ともある。豐浦(とゆら)(港)は瀬戸内海航路への出入り口、潮待ちの最初の港となろう。大陸、半島の情報の集まる地であり、熊襲の背後に新羅の影があったとすれば、解釈も随分と変わってこよう。皇后のもつ意味合いも重要度が増す。渟田(ぬた)(みなと:潮の通りみち)からみてゆこう。注によれば、若狭三方郡(福井県若狭上中郡若狭町常神)常神岬地図と敦賀半島の先端、立石岬地図の間の海の波の太く起てうねるのを”ぬた””のた”と称することからくるとされる。チヌ、マダイ、イシダイ、クロダイ、グレ、イカ、アワビ、ウニ等の漁場である。、海魚即魚は、和名抄では、知沼(ちぬ)、和漢三才図会では、黒鯛と注されている。敦賀湾を出て立石岬を回り、洋上にて食事をすると、鯛が数多く集まってきた。吉祥である、皇后が酒を灌ぐと鯛が酔っ払って浮かびあがり、海人が容易に採る事ができた。賞は説文に、「賜与」とあり、所賞を”たまふ”と訓じている。皇后を「聖王」と称せしめ、海と結びつけることを狙ったものである。豐浦津に泊った日に、皇后は海中から如意珠如意宝珠を得たともいふ。仏舎利から出た宝玉で、これをもてばすべての願いがかなう、と注されている。仏教伝来あっての如意珠であり、編纂時の概念が持ち込まれていることになる。皇后は海~の加護を得ていると暗示したかったのであろう。

八年春正月(むつき)己卯(つちにとのう)朔壬午(みづのえうまのひ) 幸(いでます)筑紫(つくし) 時岡縣主(をかのあがたぬし)(おや)熊鰐(わに) 聞(うけたまはる)天皇之車駕(みゆき) 豫(あらかじめ)拔取(こじとる)五百枝(いほえ)賢木(さかき) 以立九尋(ここのひろ)船之舳(ふねのへ) 而上枝(かみつえ)掛白銅鏡(ますみのかがみ) 中枝(なかつえ)(とりかける)十握釼(とつかのつるぎ) 下枝(しみつえ)掛八尺瓊(やさかに) 參迎(まうむかふ)于周芳(すは)沙麼(さば)之浦(うら) 而獻魚鹽(なしほ)(ところ) 因以奏(まうす)(まうす) 自穴門至向津野大濟(むかつののおほわたり)爲東門(ひむがしのみと) 以名籠屋大濟(なごやのおほわたり)爲西門(にしのみと) 限(かぎる)沒利嶋(もとりしま)・阿閉嶋(あへのしま)爲御筥(みほこ) 割(かぎる)柴嶋(しばしま)爲御扁瓦(みなへ) 【御扁瓦 此云彌那陪】 以逆見海(さかみのうみ)爲鹽地(しほどころ) 既而導海路(うみつぢ) 自山鹿岬(やまかのさき) 廻之入(いる)岡浦(をかのうら) 到水門(みなと)御船不得進 則問熊鰐(わに)(のたまはく) 朕聞 汝能鰐者 有明心(きよきこころ)以參來(まうける) 何船不進(ゆかざる) 熊鰐奏之曰(まうす) 御船所以不得進者 非臣(やつかれ)罪 是浦口(ほとり)(います)男女(ひこかみひめかみ)二~(ふたはしらのかみ) 男~(ひこかみ)(まうす)大倉主(おほくらぬし) 女~(ひめかみ)(まうす)菟夫羅媛(つぶらひめ) 必(ふつくに)是~之心(みこころ)歟 天皇(すめらみこと)示壽(のみのむ)之 以挾杪者(かぢとり)倭國(やまとのくに)菟田人(うだのひと)伊賀彦爲(いがひこ)(はふり)令祭 則船得進 

八年の春正月の己卯の朔壬午(AD199.01.04)に、筑紫に幸す。時に、岡縣主の祖、熊鰐、天皇の車駕を聞りて、豫め五百枝の賢木を拔じ取りて、以て九尋の船の舳に立てて、上枝には白銅鏡を掛け、中枝には十握釼を掛け、下枝には八尺瓊を掛けて、周芳の沙麼の浦に參迎ふ。魚鹽の地を獻る。因りて奏して言さく、「穴門より向津野大濟に至るまでを以て東門と爲し、名籠屋大濟を以て西門と爲す。沒利嶋・阿閉嶋を限りて御筥と爲し、柴嶋を割りて御扁瓦と爲す。【御扁瓦 此云彌那陪】 逆見海を以て鹽地と爲す。」既にして海路を導きて、山鹿岬より廻りて岡浦に入る。水門に到るに、御船、進くことを得ず。則ち熊鰐に問ひて曰はく、「朕聞く、汝能鰐は、明き心有りて以て參來り。何ぞ船の進かざる。」 熊鰐奏して曰さく、「御船進くこと得ざる所以は、臣が罪に非ず。是の浦の口に、男女の二~有す。男~をば大倉主と曰す。女~をば菟夫羅媛と曰す。必に是の~の心か。」天皇、則ち示壽祈みたまひ、挾杪者倭國の菟田の人、伊賀彦を以て祝として祭らしめたまふ。則ち船進くことを得つ。

豐浦宮を開いて六年後、つまり熊襲征伐に繰り出して六年を経ており、間延びしており熊襲征伐の現実感がない。ましてや、筑紫に幸行とある、熊襲征伐ではない。岡は岡水門
(福岡県遠賀郡蘆屋遠賀川河口附近:書紀巻3の地地図、この河口は現在江川で洞海湾と繋がっているのであるが古くは若松区が島の状態航空写真で、直接洞海湾に航行可能であり遠賀川の移り変わり遠賀川河川事務所、磐余彦尊(~武天皇)が東征の際に立ち寄った地であった。大足彦忍代別天皇(景行天皇)が熊襲征伐に出た折には、周芳の娑麼から豊前、菟狹(宇佐)を目指すと、「~夏磯媛と曰ふ。其の徒衆、甚多なり。一國の魁帥なり。天皇の使者の至るを聆きて、則ち磯津山の賢木を拔りて、以て、上枝に八握劒を挂け、中枝に八咫鏡を挂け、下枝に八尺瓊を挂け、亦、素幡を船の舳に樹てて、參向て啓して曰す書紀巻7、と~夏磯媛という魁帥(一國を統べる女王)が娑麼にやってきたとあった。ここでは縣主の祖となる熊鰐、この地の豪族とされるが、魏志倭人伝的には一国の王と云ふべき者が周芳の沙麼の浦地図に參上してきていたといふ。天皇は豐浦から出発されたのでなく、沙麼の浦から出られたことになろうか。~夏磯媛の故事に習っているが、五百枝の賢木、白銅鏡、十握釼と格が一段と高い。そして、魚と塩のとれる地を献上している。向津野は和名抄の豊前国宇佐郡向野地図、大濟は港であり向野川下流の拠点港であったのだろう。穴門よりここまでを東門というから、かつての~夏磯媛の地を含む広大な海域が熊鰐の勢力範囲であったことになる。そうであるから沙麼の浦まで来て出迎えた。名籠屋大濟は埋め立てられ新日本製鐵八幡製鐵所戸畑地区地図となっているが、洞海湾への導入部となる港を西門としたのであろう。北は沒利嶋(もとりしま)、つまり六連島(むつれじま)、阿閉嶋(あへのしま)、つまり藍島(あいのしま)。 を限りとは、そこまでとするの義であろう、御筥は、注に未詳、通釈に「御筥に盛べき料物なり。即穀物を作り出す所を云古言なり」という、とあり、六連島下関市しま情報は稲作はされていないが畑作にはよい土壌があり作物は期待でき、藍島北九州市まちかど探検は古墳跡から漁労が盛んであったこと、半島との交易に従事していたことが知られており、料物を念頭に置いたものといえよう。柴嶋は注に、「万葉集注釈五所引筑前風土記逸文に、洞海湾の海中に河白斗島・資波島の二島ありという。今、湾内の中島・葛島か」、とあり、葛島は八幡東区枝光地区北九州まちかど探検の葛島地図航空写真とされるが中島は航空写真でみれば、海面上昇で松ケ島、裸島、中臣島に分かれる前の総称とでもみるべきか。割(かぎ)りてとは、二島を割って資波島(葛島)をの義か、葛島では古墳時代の須恵器出土する。御扁瓦と爲すは、注に、「鍋、ナは「魚菜」、ヘはツルベなどのベで、器の意。通釈は”是は供御の魚を漁る地を云”という」、とあるが”なへ”は並べることでもあり(古語辞典)、漁猟は藍島とみなし、ここは器とみたほうがよいだろう。逆見海は遠見ノ鼻(岩屋崎)の東の逆水池地図の海域の浜であろうか、鹽地として献上している。
何故、これほどの海域を献上したのか?明き心有りて以て參來りという言葉からすれば、緊張関係があり、背く意思
(熊襲に味方する)なしと恭順したことになる。これだけの海域を献上されても、それを実効支配出来ねば意味はなく、結局は能鰐がその任に当たるしかあるまい。倭政権に付いても実質は変わらぬとみたのであろうか。さて、海路ということは外海を回ったこと、山鹿岬は先にみた遠見ノ鼻、遠賀川河口のなだらかな浦から岡水門にさしかかると、船が進まなくなった。明き心有りて以て參來ていながら、どうして~意に叶わぬかと能鰐に問うと、能鰐は、是の浦の口に居られる男女二~、大倉主、菟夫羅媛の意向に沿わないと答えが返った。倉”くら”は洞”くき”の転じたもので水~あるいは海~とされる。能鰐がそれだけのものを献上したことを、土地の水~あるいは海~は承知していなかった。菟夫羅媛の伝承はほぼない。伊勢の津布良(つぶら)神社には、大水神の御子、土地の守護神、また田野の水の神として津布良比古命、津布良比賣命が祭られており、該当する~はこれしかなかろう。元来は倉あるいは洞~のみであったものに、津布良比賣命が菟夫羅媛として付加されたのかもしれない。想像をたくましくすれば、女~を添わして了解を求めたとでも考えてみたくなる。示壽祈とあり、~に災いを祓っていただくように祈りを捧げた。挾杪者は船頭のこと、菟田の人、伊賀彦であるが、注に「他にみえず」とあり、この役割のみで終わる。菟田と伊賀は山中を想像させるが、船頭をするくらいであり、航海術を心得た人間であるはずだ。倭からそのような人間がここに船頭として現れていることに注目しておきたい。祝(はふり)とは、後の神職のことであるが、ここでは災いを祓う役割であろう。伊賀彦はその役割を果たし、岡垣の高倉神社岡垣・遠賀・水巻町北九州あれこれの下社として作られた岡湊神社芦屋北九州あれこれにおいて両~とともに祭られることとなる。菟田の人、伊賀彦は海人族であった。

皇后(きさき)別船(ことみふね) 自洞海(くきのうみ) 【洞 此云久岐(く】 入之 潮涸(しほひ)不得進(ゆく) 時熊鰐更(また)還之 自洞(くき)(たてまつる)迎皇后 則見御船不進 惶(おぢる)(かしこまる)之 忽(たちまち)作魚沼(うをいけ)・鳥池(とりいけ) 悉(ふつく)聚魚鳥(うをとり) 皇后看(みそなはす)是魚鳥之遊 而忿心(いかりのみこころ)(やうやく)解 及潮滿即泊于岡津(をかのつ) 又筑紫(つくし)伊覩縣主(いとのあがたぬし)(おや)五十迹手(いとて) 聞(うけたまはる)天皇之行(いでます) 拔取(こじとる)五百枝(いほえ)賢木(さかき) 立于船之舳艫(ともへ) 上枝(かみつえ)(とりかけ)八尺瓊(やさかに) 中枝(なかつえ)掛白銅鏡(ますみのかがみ) 下枝(しもつえ)(とりかける)十握釼(とつかのつるぎ) 參迎(まうむかえる)于穴門(あなと)引嶋(ひこしま)而獻(たてまつる)之 因以奏言 臣(やつかれ)敢所以獻是物者 天皇(すめらみこと)如八尺瓊之勾(まがる) 以曲妙(たへに)御宇(あめのしたしろしめ) 且(また)如白銅鏡(ますみのかがみ) 以分明(あきらかに)看行(みそなはす)山川海原(やまかはうなはら) 乃(すなはち)(ひきさげる)是十握釼(とつかのつるぎ) 平(むく)天下(あめのした)矣 天皇即美(ほめ)五十迹手(いとて) 曰(のたまふ)伊蘇志(いそし) 故(かれ)時人(ときのひと)(なづく)五十迹手之本土(もとのくに) 曰伊蘇國(いそのくに) 今謂伊覩(いと)者訛(よこなばれる)也 ○己亥(つちのとのゐのひ) 到儺縣(ながあがた) 因以居橿日宮(かしひのみや)

皇后、別船にて洞海【洞、此をば久岐と云ふ】より入る。潮涸て進くを得ず。時に熊鰐、更た還りて、洞より皇后を迎へ奉る。則ち御船の進かざるを見て、惶じ懼りて、忽に魚沼・鳥池を作りて、悉に魚鳥を聚む。皇后、是の魚鳥の遊を看して、忿の心、稍に解けぬ。潮の滿つるに及びて、即ち岡津に泊りたまふ。又、筑紫の伊覩縣主の祖、五十迹手、天皇の行すを聞りて、五百枝の賢木を拔じ取りて、船の舳艫に立てて、上枝には八尺瓊を掛け、中枝には白銅鏡を掛け、下枝には十握釼を掛けて、穴門の引嶋に參迎へて獻る。因りて以奏して言す、「臣、敢へて是の物を獻る所以は、天皇、八尺瓊の勾れるが如くにして、以て曲妙に御宇せ、且た、白銅鏡の如くにして、以て分明に山川海原を看行せ、乃ち是の十握釼を提げて、天下を平けたまへ。」 天皇、即ち五十迹手を美めたまひて、伊蘇志と曰ふ。故、時人、五十迹手の本土を號けて、伊蘇國と曰ふ。今、伊覩と謂ふは訛れるなり。○己亥(AD199.01.21)に、儺縣に到、因りて以て橿日宮に居します。

皇后は天皇とは別船にて洞海、内海ルートを採られた。涸は涸渇すること、潮涸は引き潮で船が先に進まないこと。下記の五十迹手が引率しているにもかかわらず引き潮で湾内で立ち往生したこと、この潮涸は自然現象でないことを暗示している。大倉主は皇后が洞海を航行することを快く思ってはいない。皇后は皇后でそういう大倉主に腹を立てている。なにせ豐浦津に泊った日に、皇后は海中から如意珠を得ており、その海域の海~の加護を得ておられた。それ故、熊鰐は、惶じ懼まった。五十迹手の進言もあったのであろう、ここは、大倉主に分はない、皇后の忿心を解かねばならない。立ち往生した地というのは、払川の鵜の巣付近、「魚鳥池」「魚鳥池の碑」「魚鳥池神社」若松区払川地区北九州まちかど探検あたりとされる。敦賀湾を出た立石岬の洋上にて、鯛を数多く集めた皇后のことである、熊鰐は魚鳥を聚めて皇后と遊んでいただいた。皇后の心がなごむにつれて、大倉主も潮を満たした。かくて天皇と岡津で合流された。ところが実は、筑紫の伊覩縣主の祖、五十迹手が天皇を穴門の引嶋(彦島:地図に參迎へていた。文章上はそこで天皇に奏上したことになるが、それならば前章に挿入されるべきであろう。筆者は、五十迹手は洞海ルートで天皇を迎えに引嶋に着いた時には、天皇一行は外海ルートに出ておられ、皇后と合流し、岡津で天皇に奏上されたと考えてみた。
五十迹手も五百枝の賢木を舳艫に立てたが、熊鰐とは異なり、八尺瓊、白銅鏡、十握釼の順に掛けた。賢木
(榊)は~域との境界をなす樹である。天の磐戸の前では、八坂瓊、八咫鏡、和幣の順で掛けた。素戔嗚尊との誓(うけひ)で天照大~が素戔嗚尊の十握劒から三女を生み、素戔嗚尊は天照大~の八坂瓊之五百箇御統から五男を生んだ。伊奘諾尊が伊奘冉尊を死に導いた火~軻遇突智を斬るとき手にしていたのが十握劒であり、さまざまな境界の出入りを統御するものが八坂瓊之五百箇御統であった。その出所は、天浮橋で伊奘諾尊伊奘冉尊が手にしていた矛と天之瓊であろう。五十迹手はその意図を、「八尺瓊の勾れるが如くにして、以て曲妙に御宇せ、且た、白銅鏡の如くにして、以て分明に山川海原を看行せ、乃ち是の十握釼を提げて、天下を平けたまへ。」と説明した。宇とは元来屋根を表す語であるが義が拡大され領有、支配の及ぶことを意味する。勾玉のごとくしなやかに統治すること。白銅鏡にうつるがごとくはっきりとご覧になること。十握釼を提げて天下を平らげること。天皇はその志を”いそし:勤し、よく勤めること”と褒め、その本土を伊蘇國とされ、それが訛って伊覩國となったと言ふ。伊覩國は実は魏志倭人伝の伊都國から来る。「官を爾支といい、副を泄謨觚・柄渠觚という。千余戸あり。世々王あるも、皆女王國に統属す。郡使の往来常に駐(とど)まる所なり。末廬國から不彌國」「女王國より以北には、特に一大率(いちだいそつ)を置き、諸國を検察せしむ。諸國これを畏憚(いたん)す。常に伊都國に治(ち)す。國中において刺史の如きあり。王、使を遣わして京都・帯方郡・諸韓國に詣り、および郡の倭國に使するや、皆津に臨みて捜露し、文書・賜遣の物を伝送して女王に詣らしめ、差錯するを得ず。女王國より以北卑弥呼の時代にあって、かつての強国、奴國を牽制する立場で、一大率が置かれ、一方半島や大陸との貿易を統御していたのが伊都國の位置であった。五十迹手が一大率に因んでいると考えるむきもある。この時代の五十迹手がいかなる勢力であったかは定かではないが、熊鰐に次ぐ海運力を保持していたと想像される。いづれにしても、熊鰐と五十迹手が倭政権に恭順するということが筑紫巡幸を可能にしており、熊襲が半島と連携することを阻止する戦略の要でもあった。
儺縣とはかつての奴國である。
「建武中元二年【西暦57年】、倭の奴國、奉貢朝賀す。使人、自ら大夫と稱す。倭國の極南界也。光武、印綬を以って賜う。」また、「安帝【後漢の第六代皇帝】の永初元年【西暦107年】、倭國王帥升等、生口百六十人を獻じ、見 (まみ) ゆるを請願す。(後漢書:古代史獺祭。かつては、漢と外交関係を結んでいた先進國であり、衰えたりとはいえその感覚は残っており、熊襲というイメージの後進性にまどわされてはならない。北九州の旧勢力の海洋性、外向性を十分考慮する必要がある。奴國の遺跡は現在の海岸線より内陸部に分布しており、当時はそのあたりまで海面が上昇していたと思われる航空写真。橿日宮は香椎宮地図の地、橿日は橿原を連想させ、倭政権側が新たに名付けた地名とみるべきかもしれない。樫、橿、檮、檍、いづれも、常緑の大木。橿は「萬年木なり」、とあり、日向(ひむか)の橘の小門の阿波岐原(檍原:あはきはら)とともに聖地である。橿原が中洲(奈良盆地)に進出する足がかりの地であったように、倭政権が半島に進出する拠点となるべくして置かれた地に思える。それには、熊襲を牽制し、岡水門からの補給も確保される位置が必要であった。

秋九月(ながづき)乙亥(きのとのゐ)朔己卯(つちのとのうのひ) 詔群臣(まへつきみたち)以議(はかる)討熊襲(くまそ) 時有(ます)~ 託(かかる)皇后(きさき)而誨(をしへる)曰 天皇何憂熊襲之不服(まつろふ) 是膂宍(そしし)之空國(むなくに)也 豈(あに)足擧兵(いくさ)伐乎 愈(まさる)玄玄(この)國而有寶國 譬如處女(をとめ)目夕求(まよびき) 有向津國 【目夕求 此云麻用弭枳】 眼炎(まかかやく)之金(こがね)・銀(しろかね)・彩色(うるはしきいろ) 多(さはに)在其國 是謂栲衾(たくぶすま)新羅國(しらきのくに)焉 若能祭吾者 則曾(かつて)不血(ちぬる)(やきは) 其國必自服(まつろひしたがふ)矣 復熊襲爲服(まつろふ) 其祭之 以天皇之御船 及穴門直(あなとのあたひ)踐立(ほむたち)所獻之水田(こなた) 名大田(おほた) 是等物爲幣(まひなふ)也 天皇聞(きこしめす)~言(かみのみこと) 有(ます)疑之情(みこころ) 便登高岳 遥望(おせる)之大海(おほみ) 曠遠(ひろい)而不見國 於是 天皇對~曰 朕周望(みめぐらす)之 有海(わた)無國 豈於大虚(おほぞら)有國乎 誰(なにぞ)~徒(いたずらに)(あざむく)朕 復我皇祖諸天皇等(みおやすめらみことたち) 盡(ことごとくに)(いはひまつる)~祇(あまつかみくにつかみ) 豈有(ます)遺~耶 時~亦託(かかる)皇后曰 如天津水影(あまつみずかげ) 押伏而我所見國 何謂(のたまふ)無國 以誹謗(そしる)我言 其汝王(いましみこと)之 如此(かく)(のたまふ)而 遂不信(うける)者 汝(いまし)不得其國 唯今皇后始之有胎(はらむ) 其子(みこ)有獲焉 然天皇猶不信 以強(あながちに)撃熊襲 不得勝而還之

秋九月の乙亥の朔己卯(AD199.09.05)に、群臣に詔して以て熊襲を討たむを議りたまふ。時に、~有して、皇后に託りて誨へまつりて曰はく、「天皇、何ぞ熊襲の服はざるを憂へたまふ。是、膂宍の空國ぞ。豈、兵を擧げて伐つに足らむや。玄玄の國に愈りて寶有る國、譬へば處女の目夕求の如にして、津に向へる國有り。【目夕求 此云麻用弭枳】 眼炎の金・銀・彩色、多に其の國に在り。是を栲衾新羅國と謂ふ。若し能く吾を祭りたまはば、曾て刄に血らずして、其の國必ず自づから服ひなむ。復、熊襲も爲服ひなむ。其の祭りたまはむには、天皇の御船、及び穴門直、踐立の獻れる水田、名けて大田といふ、是等の物を以て幣ひたまへ。」天皇、~の言を聞しめして、疑の情有します。便ち高き岳に登りて、遥に大海を望るに、曠遠くして國も見へず。是に、天皇、~に對へまつりて曰はく、「朕、周望すに、海のみ有りて國無し。豈、大虚に國有らめや。誰ぞの~ぞ徒に朕を誘くや。復た、我が皇祖、諸天皇等、盡に~祇を祭りたまふ。豈、遺れる~有さむや。時に~、亦、皇后に託りて曰はく、、「天津水影の如く、押し伏せて我が見る所の國を、何ぞ國無しと謂ひて、我が言を誹謗りたまふ。其れ汝王、如此言ひて、遂に信けたまはず。汝、其の國を得たまはじ。唯し、今、皇后始めて胎みまして、其の子を獲たまひまします。」 然るに天皇、猶ほ信けたまはずして、強に熊襲を撃ちたまふ。得勝ちたまはずして還ります。

古事記に曰く
「その大后息長帶日賣の命は、時當~(そのかみ)を歸(よ)せたまひき。 故、天皇筑紫の訶志比(かしひ)の宮に坐しまして、熊曾(くまそ)の國を撃たむとしたまひき時、天皇御琴を控(ひ)かして、建内の宿禰の大臣沙庭(さには)に居(ゐ)て、~の命(みこと)を請ひき。ここに大后~を歸(よ)せたまひて、言(こと)ヘへ覺(さと)し詔りたまひしく、「西の方に國有り。金(くがね)(しろかね)を本(はじめ)として、目の炎耀(かがや)く種種(くさぐさ)の珍(めづら)しき寶、多(さは)にその國にあり。吾(われ)今その國を歸(よ)せたまはむ。」とのりたまひき。ここに天皇答へて白したまひしく、「高き地(ところ)に登りて西の方を見れば、國土(くに)は見えず。ただ大海のみあり。」とのりたまひて、詐(いつはり)をなす~と謂(い)ひて、御琴を押し退(そ)けて控(ひ)きたまはず、默(もだ)して坐しき。 ここにその~、大(いた)くに忿(いか)りて詔りたまひしく、「凡そこの天の下は、汝(いまし)の知らすべき國にあらず。汝は一道(ひとみち)に向ひたまへ。」とのりたまひき。ここに建内の宿禰の大臣白しけらく、「恐(かしこ)し、我が天皇(おほきみ)、なほその大御琴あそばせ。」とまをしき。ここに稍(やや)にその御琴を取り依(よ)せて、なまなまに控(ひ)きましき。故、幾久(いくだ)もあらずて、御琴の音(おと)を聞こえざりき。すなはち火を擧げて見れば、既に崩(かむあが)りたまひぬ。ここに驚き懼(お)ぢて、殯(あらき)の宮(みや)に坐(ま)せて、更に國の大幣(おほぬさ)を取りて、生剥(いきはぎ)・逆剥(さかはぎ)・阿離(あはなち)・溝埋(みぞうめ)・屎戸(くそへ)・上通下通婚(おやこたはけ)・馬婚(うまたはけ)・牛婚(うしたはけ)・鷄婚(とりたはけ)・犬婚(いぬたはけ)の罪の類(たぐひ)を種種(くさぐさ)(ま)ぎて、國の大祓(おほはらへ)をして、また建内の宿禰沙庭(さには)に居(ゐ)て、~の命(みこと)を請ひき。ここにヘえ覺したまふ状(さま)、(つぶ)さに先(さき)の日の如くにして、「凡そこの國は 汝命(いましみこと)の御腹に坐す御子の知らさむ國なり。」とさとしたまひき。ここに建内の宿禰、「恐(かしこ)し我が大~、その~の腹に坐す御子は、何(いづ)れの子ぞや。」と白せば、「男子(をのこご)ぞ。」と 答へて詔りたまひき。ここに具(つぶ)さに請ひけらく、「今かく言(こと)ヘへたまふ大~は、その御名を知らまく欲(ほ)し」とこへば、すなはち答へて詔りたまひしく、「こは天照大~の御心ぞ。また底筒男(そこつつのを)・中筒の男・上筒の男の三柱の大~ぞ。【この時にその三柱の大~の御名は顯はれき。】今寔(まこと)にその國を求めむと思ほさば、天~(あまつかみ)・地祇(くにつかみ)、また山の~また河海の諸(もろもろ)の~に、悉に幣帛(みてぐら)を奉り、我が御魂(みたま)を船の上に坐(ま)せて、眞木(まき)の灰を瓠(ひさご)に納(い)れ、また箸(はし)また葉盤(ひらで)を多(さわ)に作りて、皆皆大海に散らし浮かべて度(わた)りますべし。」とのりたまひき。(岩波文庫)と。

すでにみたように、二年の三月に紀伊國のコ勒津宮で熊襲叛くの報に接し、そのまま、海路で穴門に向かった緊急性と比べれば、それ以降の行動は如何にも緩慢であり、筑紫への巡幸とすら表現され、六年を経てやっと群臣に議ったといふ不可思議なものである。熊襲征伐に大功ある日本武尊の第二子、足仲彦天皇
(仲哀天皇)の威光というものはまるで感じられない。それどころか、~々の支持すら得られていない危うい状況となる。何故なのか?いざ会議を進めようとすると、皇后が~懸かりとなった。膂宍の空國とは皇孫、天津彦彦火瓊瓊杵尊が降りられた日向の襲書紀巻2、背の肉がない(瘠せた)土地(くに)のことであるが、天孫降臨の聖地ではないか?そこが熊襲の勢力下にあろうが、そんな痩せた土地を取り返すなど愚の骨頂、捨て置いて、その國にはるかに宝の勝る國、海の向こうの栲衾新羅國こそを得よという。栲とは楮の樹皮を蒸して幹からはがし、水にさらして作る白い繊維、木綿(ゆふ)のことで聖なるもの、衾は”ふとん”のごときもの、皇孫は眞床追衾(まとこおふふすま:玉座を覆う衾)にくるまって高千穗峯に降ろされたことから分かるように、栲衾は天を享けるといった表現といえよう。目夕求(まよびきとは眉を引くこと、乙女の眉の美しさ、蛾眉とは蛾の触覚の細長い曲線美を美女の眉に喩えたもので、三日月眉。海の向こうにそのような形の美しい國が見えるといふ。熊襲征伐などやめて、吾を祭れば、血を流さずとも、自ずと向こうから服してくる、熊襲もそれで服してくる、天皇の船と穴門の直、踐立からもらった水田を差し出して祭りを行いなさい、とまあ、何と向こう見ずな~であろうか?
古事記は~歸について、沙庭において天皇が琴を控くとしている。控とは弓を引くことが原義。中国では、弓のブーンという音は邪気を祓うものとされていた、弓の長さの異なるものを鳴らすというのが琴の原型であろう。空間を清め~を歸せる、~が歸る人を審~者
(さには)とも言ふ。この場合は、皇后が審~者となっている。皇后の口をかりて伝へられる~の言葉に天皇は疑いを抱かれた。立花山(367m地図)西山(645m)と近辺には高い岳が見当たらないが岳に登り海の彼方をご覧になったが國はみえず、空に國があるでなし、徒に誘うのみで何も無い、皇祖から私にいたる天皇がこれまでことごとくの~祇を祭ってきたが、祭り忘れた~があっただろうかと、問ひ直された。~は再び皇后の口をかりて、天津は”天の”、天の水にくっきりと影が映っており、従えるべく眼力で睨みつけているというに、それが見えないといふ。それではその國を得ることは出来ぬ。皇后がはじめて胎み、その子を獲ると吉祥を伝へたもうた。しかしながら、そのことも信じられず、熊襲討伐にかかったが、勝つことは出来なかった。
古事記は國としているが、書紀は新羅國としている。すでに、熊襲の背後の新羅の影についてみたごとく、足仲彦天皇
(仲哀天皇)はこのことに無頓着に描かれている。海に関係の深い皇后はこのことを理解していたことになる。

九年春二月(きさらぎ)癸卯(みづのとのう)(ついたち)丁未(ひのとのひつじのひ) 天皇忽(たちまちに)有痛身(なやむ) 而明日(くるつひ)(かむあがる) 時年(みとし)五十二(いそぢあまりふたつ) 即知 不用~言(みこと)而早崩 【一(あるに)(いはく) 天皇親(みづから)(うつ)熊襲中(あたる)(あた)矢而崩也】 於是 皇后(きさき)及大臣(おほおみ)武内宿禰(たけしうちのすくね) 匿(しなめる)天皇(すめらみこと)之喪(みものおもひ) 不令知天下(あめのした) 則皇后詔(みことのり)大臣及中臣烏賊津連(なかとみのいかつのむらじ)・大三輪大友主君(おほみわのおほともぬしのきみ)・物部膽咋連(もののべのいくひのむらじ)・大伴武以連(おほとものたけもつのむらじ)(のたまはく) 今天下(あめのした)未知天皇之崩 若百姓(おほみたから)知之 有懈怠(おこたり)者乎 則命(みことおほす)(よたり)大夫(まへつきみ) 領(ひきいる)百寮(つかさつかさ) 令守宮中(みやのうち) 竊(ひそかに)(をさめる)天皇之屍(みかばね) 付(さづく)武内宿禰 以從(より)海路(うみつみち)(うつる)穴門(あなと) 而殯(もがりす)于豐浦宮(とゆらのみや) 爲无火殯斂(ほなしあがり) 【无火殯斂 此謂褒那之阿餓利(ほなしあがり)】 ○甲子(きのえねのひ) 大臣武内宿禰 自穴門還(かへる)之 復奏(かへりことまうす)於皇后 
是年 由
(よる)新羅(しらき)(えだち) 以不得葬(はぶる)天皇也

日本書紀 卷第八

九年の春二月の癸卯の朔丁未(AD200.02.05)に 天皇、忽に痛身みたまふこと有りて、明日に崩りましぬ。時に、年五十二。即ち知りぬ、~の言を用ゐたまはずして、早く崩りましぬことを 【一に云く、天皇親ら熊襲を伐ち賊の矢に中りて崩りましぬ】 是に、皇后及大臣武内宿禰、天皇の喪を匿めて、天下に知らしめず。則ち、皇后、大臣及中臣烏賊津連・大三輪大友主君・物部膽咋連・大伴武以連に詔して曰はく、「今、天下、未だ天皇の崩りますことを知らず。若し百姓知らば、懈怠有らむか。」則ち四の大夫に命せて、百寮を領ゐて、宮中を守らしむ。竊に天皇の屍を收めて、武内宿禰に付けて、海路より穴門の遷る。而して豐浦宮に殯して、无火殯斂を爲す。 【无火殯斂 此謂褒那之阿餓利】 ○甲子(AD200.02.22)大臣武内宿禰、穴門より還りて、皇后に復奏す。
是年、新羅の役に由り、天皇を葬りまつること得ず。

日本書紀 卷第八

痛身は日本武尊が息吹山から居醒泉に辿り着いたときに覚えられたもの。”なやむ”は”萎ゆ”と同根で体力が衰えることであった
書紀巻7。足仲彦天皇(仲哀天皇)も同様の症状ということは、共に、~の加護を失ったことになろう。何故なのだろう?年五十二は曲者である。古事記に壬戌の年六月十一日に五十二歳で崩るを採用したものであろう。書紀ではこの年(AD200年)は庚辰にあたり、すでにみたように、日本武尊が亡くなったのはAD113年あたりだから、87歳以上でなくばならない。古事記において年月日が記されることは極めて稀である。それだけに、非常に印象的な出来事であったとみなければならない。~託の内容はともかく、それを疑ひ、信じなかったことにより死に至った、~罰と受けとられたことには相違あるまい。倭政権始まって以来の不祥事であり、日本武尊父子にまつわる不幸として、また、半島へ軍船を派遣することになった時代の記憶として際立ったものがあったのかもしれない。AD182年、AD242年、AD302年、AD362年が壬戌に中るが、倭から半島への出兵を考慮すれば、AD362年以前では無理であろう。
一書に熊襲との戦いで矢に当たり死んだとある。これまでの記述は、およそ熊襲との戦闘状態を想起させるものは無いが、その死に際しての緊迫感のある対応は、如何にも戦時中との印象を抱かせる。書紀特有のどんでん返し的記述である。匿を”しなむ”と訓じている、おし包んでものを隠すこと
(字訓)、天下に知らしめず、百寮を領ゐて、宮中を守らしめ、竊に天皇の屍を收めて、穴門の遷し、无火殯斂を爲す。无(ほなし)はかがり火を焚くことなく殯斂(あがり)は魂があがること。物々しい警戒ぶりであり、慎重さである。熊襲に対するばかりか、対外的な配慮とみるべきであろう。豐浦宮まで戻らねば安全が保てなかった。最前線での國君の崩御といふ緊張感があり、大事件であったことが伺われる。その大事を取り仕切る四大夫として、中臣烏賊津連・大三輪大友主君・物部膽咋連・大伴武以連が倭(中洲)ではなく筑紫の橿日宮に登場せしめられた。中臣氏、大三輪氏、物部氏、大伴氏の子孫が自分たちの祖先が半島への外交戦略を大きく転換させた契機をここに求めたのであろう。皇后及大臣武内宿禰の決断のみではなかった.。かつて、活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)二十五年に、五大夫に詔して、御間城入彦五十瓊殖天皇(崇~天皇)は粉骨砕身、身を慎み民は富み天下太平をもたらしたものの、~祇の祭祀が十分ではなく、災いが起こった。朕が世には、怠るところなきようにせよと、五大夫に申しわたされた(書紀巻6。阿倍臣の遠祖、武渟川別、和珥臣の遠祖、彦國葺、中臣連の遠祖、大鹿嶋、物部連の遠祖、十千根、大伴連の遠祖、武日の五大夫召集以来の記述であり、今度は北九州の地である。最前線に重臣すべてが集結し対策を練る、北九州の熊襲を討つためだけに中洲を空にしたとは思へない。

日本書紀 卷第八 了 2008.01.28


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 8 上田 啓之
.