大足彦忍代別天皇 景行天皇

廿年春ニ月辛巳朔甲申(AD90.02.04) ≫≫
廿五年秋七月庚辰朔壬午(AD95.07.03) ≫≫


廿七年春二月辛丑朔壬子(AD97.02.12) ≫≫
廿八年春二月乙丑朔(AD98.02.01)
 ≫≫
四十年夏六月(AD110.06) ≫≫
  
冬十月壬子〔出発〕   是歳初至駿河
  
爰則從上總轉      更還於尾張
.
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

廿年春二月(きさらぎ)辛巳(かのとのみ)(ついたち)甲申(きのえさるのひ) (まだす)五百野皇女(いほののひめみこ) 令祭(いはひまつる)天照大~(あまてらすおほみかみ)

廿年の春二月の辛巳朔甲申(AD90.02.04)に、五百野皇女を遣し、天照大~を祭らしむ。

倭姫命世記に、
「倭姫命、”歳既に老いぬ、仕ふること能はず、吾足りぬ”と宣ひて、斎内親王に仕奉るべき物部八十氏の人々を定め給ひて、十二司寮官等をば五百野皇女久須姫命(いほののひめみこくすひめのみこと)に移し奉る。即ち春二月の辛巳の朔甲申、五百野皇女を遣して、御杖代とて、多気宮を造り奉りて、斎ひ慎しみ侍らしめ給ひき。伊勢斎宮群行の始、是なり。」とある。また、書紀に「三尾氏磐城別の妹、水齒郎媛、五百野皇女を生む。」とあった。三尾君は、近江国高島郡三尾郷、古事記では羽咋の君。磐城別は活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)と山背大國綺戸邊の間の子であった。皇女を伊勢に派遣された。これは古事記にはない話である。大足彦忍代別天皇(景行天皇)の事跡を強化し、伊勢の天照大~への崇敬の篤きを強調するものとなっている。

廿五年秋七月(ふみづき)庚辰(かのえたつ)朔壬午(みづのえうまのひ) (つかはす)武内宿(たけしうちのすくね) 令察(みる)北陸(くぬがのみち)及東方(あづま)諸國(くにぐに)之地形(くにかた) 且百姓(おほみたから)之消息(あるかたち)

廿五年の秋七月の庚辰の朔壬午
(AD95.07.03)に、武内宿禰を遣はし、北陸及東方の諸國の地形、且た百姓の消息を察しむ。

大足彦忍代別天皇
(景行天皇)の三年(AD73年)に屋主忍男武雄心命を紀伊に派遣し、「住むこと九年。則ち、紀直が遠祖、菟道彦の女、影媛を娶りて、武内宿禰を生む。」とあった。十二年以降の生まれであり、廿五年となれば、十三歳以下の少年である。武内宿禰のデビューであるが、この1年半以上に及ぶ偵察という大役を任すには、実績もなく、若すぎる(日本武尊が十六歳で派遣されるとしても)。時に、命じる大足彦忍代別天皇(景行天皇)御歳81歳、ギャップがありすぎる。これも、古事記にはない記述。百姓の消息とは北陸及東方の諸國の姓のある有力な族の消息の義である。

廿七年春二月(きさらぎ)辛丑(かのとのうし)朔壬子(みづのえねのひ) 武内宿自東國還(かへるもうく)之奏(まうす)(まうす) 東(あづま)(ひな)之中 有日高見國(ひだかみのくに) 其國人 男女(をのこめのこ)並椎結(かみをわけ)(もどろく)身 爲人勇(いさみ)(こはし) 是總曰蝦夷(えみし) 亦土地(くに)沃壞(こへる)而曠之 撃可取也 

廿七年の春二月の辛丑の朔壬子
(AD97.02.12)に、武内宿禰、東國より還て奏して言す、「東の夷の中に、日高見國有り、其の國の人、男女並に椎結け、身を文けて、爲人勇み悍し。是を總べて蝦夷と曰ふ。亦、土地沃壞えて曠し。撃ちて取りつべし。」 

東夷を東
(あづま)の夷(ひな)と訓じさせている。「筑紫國を巡狩す。始めて夷守(ひなもり)に到る」の夷である。魏志倭人伝では卑奴母離、卑狗(ヒコ:彦:国の大官)に次ぐ国の副官であった。書紀では辺境の防人を表す言葉に転じられる。日高見國は文面からすれば、東夷の國であるが、延喜祝詞式、大祓詞にっぽん文明研究所、遷却崇神祭詞によれば、皇親神漏岐(すめらがむつかむろぎ) 神漏美(かむろみ)の命で皇孫(天津彦彦火瓊瓊杵尊)を四方(よも)の國中に降ろした、大倭日高見國、つまり倭であるが、それは当時の國の中心が倭(大和)であったことを反映しているもので、原義は、皇孫の降りられた國の尊称である。したがって、ここでは、東國には東國でそれらの祖先神が降りられた立派な國があると奏上されたことになろうか。椎結文身は髪を結び入れ墨をすること、漢書、西南夷伝に、「南夷君長・・・此皆椎結」また、礼記、王制に、「東方曰夷 被髪文身」とあり、これを引用したもので事実を示すものとは思われないと注されている。魏志倭人伝では、「男子無大小皆黥面文身」と述べそれは中国会稽の断髪文身と同じく、航海や漁労において、龍神や鮫(鰐)の加護を求めるもの、また長髪が作業上不便であることとみなされており魏志倭人伝-1そうともいえまい。土地は肥沃で広いとあり、”えみし”は尊称とみるべきであろう。だから、撃ちて取るべしと進言した。蘇我蝦夷以降、蝦(がま、えび)(い)をあてることで蔑称とされたのであろうか。
書紀において、熊襲征伐はもとより、ここに武内宿禰を登場させることで、日本武尊の東夷征伐をも古事記とはおよそ異なるものと訂正することになった。

秋八月
(はつき) 熊襲(くまそ)亦反(そむく)之 侵(おかす)邊境(めぐりほとり)不止 
冬十月
(かむなづき)丁酉(ひのとのとり)朔己酉(つちのとのとりのひ) (つかはす)日本武尊(やまとたけるのみこと) 令撃熊襲 時年(みとし)十六(とをあまりむつ) 於是 日本武尊曰(のたまはく) 吾得(たまはる)善射(ゆみいる)(ひと)(おもふ)(ともに)(まかる) 其何處有善射者焉 或者啓(まうす)之曰(まうす) 美濃國(みののくに)有善射者 曰(いふ)(おとひこのきみ) 於是 日本武尊 (つかはdす)葛城(かつらぎ)人宮戸(みやとひこ) 喚(めす)公 故弟公 便(たより)率石占横立(いしうらのよこたち)及尾張(をはり)田子之稻置(たごのいなき)・乳之稻置(ちぢかのいなき)而來(まうく) 則從日本武尊而行之 
十二月
(しはす) 到於熊襲國(くまそがくに) 因以 伺(みる)其消息(あるかたち)及地形(くにかた)之嶮易(ありかた) 時熊襲有魁帥者(たけるといふもの) 名取石鹿文(とろしかや) 亦曰川上梟帥(かはかみのたける) 悉(ふつくに)(つどふ)親族(うがらやから)而欲宴(にひむろうたげ) 於是 日本武尊 解髪作(なる)童女(をとめ)姿 以密伺(うかがふ)川上梟帥之宴(うたげ)時 仍(よる)(はく)衣因(みそ)(うら) 入於川上梟帥之宴室(や) 居(ます)女人(をみなども)之中 川上梟帥 感(めでる)其童女之容姿(かほよき) 則携手同(ともにす)(しきゐ) 擧坏(さかづき)令飮(さけのむ)而戲(たはぶれる)(まさぐる) 于時也更深(よふけ)人闌(うすらぐ) 川上梟帥且(また)被酒(さけにゑふ) 於是 日本武尊抽(ぬきいだす)衣因中之劔 刺川上梟帥之胸 未及之死 川上梟帥叩頭(のむ)曰 且(しばし)待之 吾(やつかれ)有所言(ものまうす) 時日本武尊 留(おしとどめる)劔待之 川上梟帥啓(まうす)之曰(まうす) 汝(いまし)(みこと)誰人(たれ)也 對曰(のたまふ) 吾(われ)是大足天皇(おほたらしすめらみこと)之子(みこ)也 名曰(いふ)日本童男(やまとをぐな)也 川上梟帥 亦啓之曰 吾是國中(くにのなか)之強力者(ちからひと)也 是以 當時(とき)(もろもろ)人 不勝(たふ)(やつかれ)之威力(ちから) 而無不從者 吾多(さは)(あふ)武力(ちからひと)矣 未有若皇子(みこ)(ひと) 是以 賤(いやし)(やつこ)(いやし)口以奉尊號(みな) 若(けだし)(ゆるす)乎 曰 聽(ゆるす)之 啓曰 自今以後(にち) 號(なづく)皇子(みこ)應稱(まうす)日本武皇子(やまとたけるのみこ) 言(まうすことば)(をはる)乃通(とおす)胸而殺之 故至于今 稱曰日本武尊 是其(ことのもと)也 然後 等 悉斬其黨類(ともがら) 無餘ロ焦(のこるもの) 而從海路(うみつぢ)還倭(やまと) 到吉備以渡穴海(あなのうみ) 其處有惡~(あらぶるかみ) 則殺之 亦比(ころ)(かへりいたる)難波(なには) 殺柏濟(かしはのわたり)之惡~ 【濟 此云和多利(わたり)

秋八月に、熊襲、亦た反きて、邊境を侵すこと止まず。 
冬十月の丁酉の朔己酉
(AD97.10.13)に、日本武尊を遣して、熊襲を撃たしむ。時に、年十六。是に、日本武尊の曰はく、「吾は善く射む者を與に行らむと欲ふ。其れ何處にか善く射る者有らむ。」或者、啓して曰す、「美濃國に善く射る者有り。弟彦公と曰ふ。是に、日本武尊、葛城の人、宮戸彦を遣して、弟彦公を喚す。故、弟彦公、便に石占の横立及び尾張の田子の稻置・乳近の稻置を率ゐて來れり。則ち日本武尊に從ひて行く。 
十二月に、熊襲國に到る。因りて以て、其の消息及び地形の嶮易を伺る。時に、熊襲に魁帥者有り。名は、取石鹿文。亦は、川上梟帥と曰ふ。悉に親族を集へて宴せむとす。是に、日本武尊、髪を解きて童女の姿と作りて、以て密に川上梟帥が宴の時を伺ふ。仍りて劔を
衣因の裏に佩き、川上梟帥が宴の室に入りて、女人の中に居す。川上梟帥、其の童女の容姿に感でて、則ち手を携へて席を同にして、坏を擧げて飮ましめて戲れ弄る。時に、更深け人闌ぎぬ。川上梟帥、且た被酒ひぬ。是に、日本武尊、衣因の中の劔を抽して、川上梟帥が胸を刺す。未だ及之死なぬに、川上梟帥、叩頭みて曰す、「且、待て。吾、有所言す。」時に日本武尊、劔を留めて待つ。川上梟帥、啓して曰す、「汝尊は誰人ぞ。」對へて曰はく、「吾は是、大足彦天皇の子なり。名は日本童男と曰ふ。」川上梟帥、亦た啓して曰す、「吾は是、國中の強力者なり。是を以て、當時の諸の人、我が威力に勝へずして、從はぬ者なし。吾多に武力に遇ひしかども、未だ皇子の若き者有らず。是を以て、賤しき賊が陋しき口を以て尊號を奉らむ。若し、聽さむか。」曰はく、「聽さむ。」即ち啓して曰す、「今より以後、皇子を號け日本武皇子と稱すべし。」言訖りて乃ち胸を通して殺す。故、今に至るまでに、日本武尊と稱め曰す。是其の縁なり。然して後に、弟彦等を遣はして、悉に其の黨類を斬る。餘ロ焦無し。既にして海路より倭に還りて、吉備に到りて穴海を渡る。其の處に惡ぶる~有り。則ちこれを殺す。亦た、難波に至る比に、柏濟の惡ぶる~を殺す。【濟、此を和多利と云ふ。】

古事記では、
「天皇、小碓(をうす)の命に詔りたまひしく、「何(なに)しかも汝(いまし)の兄(いろせ)は朝夕(あさゆふ)の大御食(おほみけ)に參出(まゐで)(こ)ざる。專(もは)ら汝ねぎ(慰撫して)ヘへ覺(さと)せ。」とのりたまひき。かく詔りたまひて以後(よりのち)、五日(いつか)に至りて、なほ參出(まゐで)ざりき。ここに天皇、小碓の命に問ひたまひしく、「何(なに)しかも汝の兄は、久しく參出ざる。もし未だ誨(をし)へずありや。」ととひたまへば、「既にねぎつ」と答へ白しき。また、「如何(いか)にかねぎつる」と詔りたまへば、答へて白しけらく、「朝曙(あさけ)に厠(かはや)に入りし時、待ち捕へて手u(つか)み批(ひし:つぶす)ぎて、その枝(えだ:手足)を引き闕(か)きて、薦(こも)に裹(つつ)みて投げ棄(う)てつ」とまをしき。(岩波文庫)と、小碓尊が天皇の命に復命せず、出仕せぬ兄、大碓皇子を掴んで潰し、手足を引き裂き、投げ棄てるという話を記している。その気性の激しさを見立てて、従わぬ熊襲を討たしめたとしている。
更に、
「ここに天皇、その御子の建(たけ)く荒き情(こころ)を惶(かしこ)みて詔りたまひしく、「西の方に熊曾建(くまそたける)二人有り。これ伏(まつろ)はず禮(ゐや)無き人等(ひとども)なり。故、その人等を取れ」とのりたまひて遣はしき。この時に當りて、その御髮を額(ぬか)に結(ゆ)ひたまひき(ヒサゴバナ:少年の髪形)。ここに小碓の命、その姨(おば)倭比賣の命の御衣(みそ)・御裳(みも)を給はり(天照大神の加護を賜る)、劍(つるぎ)を御懷(みふところ)にて納(い)れて幸行(い)でましき。故、熊曾建の家に到りて見たまへば、その家の邊(ほとり)に軍(いくさ)三重に圍(かく)み、室を作りて居(を)りき。こにに御室樂(みむろうたげ:新築落成の酒宴)せむと言ひ動(とよ)みて、食物(をしもの)を設(ま)け備へき。 故、その傍(かたはら)を遊び行(ある)きて、その樂(うたげ)の日を待ちたまひき。ここにその樂の日に臨(な)りて、童女(をとめ)の髮の如(ごと)その結はせる御髮を梳(けづ)り垂れ、その姨(をば)の御衣御裳を服(け)して、既に童女の姿になりて、女人(をみな)の中に交(まじ)り立ちて、その室(むろ)の内(うち)に入りましき。ここに熊曾建兄弟(あにおと)二人、その孃子(をとめ)を見感(みめ)でて、己(おの)が中(二人の間)に坐(ま)せて盛(さか)りに樂(うたげ)しつ。 故、その酣(たけなは)なる時に臨(な)りて、懷(ふところ)より劍を出(いだ)し、熊曾の衣(ころも)の衿(くび)を取りて、劍もちてその胸より刺(さ)し通(とほ)したまひし時、その弟建(おとたける)、見畏みて逃げ出でき。すなはち追ひてその室の椅(はし)の本(もと:階段の下)に至りて、その背皮(そびら:背中)を取りて、劍を尻(しり)より刺し通したまひき。ここにその熊曾建白言(まを)しつらく、「その刀(たち)をな動かしたまひそ。僕(われ)白言(まを)すことあり」とまをしき。ここに暫(しま)し許(ゆる)して押し伏せたまひき。ここに「汝(いまし)(みこと)は誰ぞ」と白言(まを)しき。ここに詔りたまひつらく、「吾は纏向(まきむく)の日代(ひしろ)の宮に坐しまして、大八島國知らしめす、大帶日子淤斯呂和氣の天皇(景行く天皇)の御子、名は倭男具那(やまとをぐな:大和の少年)の王ぞ。おれ(お前)熊曾建二人、伏(まつろ)はず禮(ゐや)無しと聞こしめして、おれを取殺(と)れと詔りたまひて遣はせり」とのりたまひき。ここにその熊曾建白しつらく、「信(まこと)に然(しか)ならむ。西の方に吾二人を除(お)きて、建(たけ)く強き人無し。然るに、大倭(おほやまと)の國に、吾二人に益(まさ)りて建き男(を)は坐しけり。ここをもちて吾(われ)御名を獻らむ。今より後は、倭建(やまとたける)の御子(みこ)と稱(たた)ふべし」とまをしき。この事白し訖へつれば、すなはち熟瓜(ほそぢ:熟した瓜)の如(ごと)振り析(た)ちて殺したまひき。故、その時より御名を稱(たた)へて倭建の命と謂ふ。然(しか)して還り上(のぼ)ります時、山の~、河の~、また穴戸(あなど:海峡)の~を、皆言向け和(やは)して參上(まゐのぼ)りたまひき。
すなはち出雲の國に入りまして、その出雲建(いずもたける)を殺さむと欲
(おも)ひて到りまして、すなはち友と結(な)りたまひき。故、竊(ひそ)かに赤梼(いちひ:イチヒガシ)もちて、詐刀(こだち)を作り、御佩(みはかし)として、共に肥(ひ)の河に沐(かはあみ)したまひき。ここに倭建の命、河より先(さき)に上(あが)りまして、出雲建が解き置ける横刀(たち)を取り佩(は)きて、「刀(たち)を易(か)へむ。」と詔りたまひき。故、後(にち)に出雲建河より上りて倭建の命の詐刀(こだち)を佩(は)きき。是に倭建の命、「いざ刀(たち)合はさむ」と誂(あとら)へて云(の)りたまひき。ここに各その刀を拔きし時、出雲建詐刀(こだち)を得(え)拔かざりき。すなはち倭建の命、その刀を拔きて、出雲建を打ち殺したまひき。ここに御歌よみしたまひしく、
 やつめさす 出雲建が 佩
(は)ける刀(たち) 黒葛多纏(つづらさはま)き さ身無しあはれ
とうたひたまひき、故、かく撥
(はら)ひ治(をさ)めて參上(まゐのぼ)りて覆(かえりごと)(まを)したまひしき。(岩波文庫)と記している

書紀は熊襲が、また、叛いたとする。古事記は小碓尊
(日本童男)が大碓皇子を成敗したことを受けて熊襲を撃たしめたとするが、書紀は唐突に16歳の日本武尊(日本童男)を派遣したとする。古事記においても、少年の髪形としており、青年ではなかった。16歳から逆算すると、播磨稻日大郎姫と結婚後9年目の御子となり、大足彦忍代別天皇の二年書紀巻7の記述とはそぐわず、以降の多彩な結婚と出産の経緯が収拾つかなくなる。また、壯に及びて身長一丈、約3mの巨漢であり、16歳でも相当の体躯であったとせねばならない。四年書紀巻7に美濃に幸したとき、八坂入彦皇子の女(むすめ)に弟媛があった。美濃の弟彦なら関連があろう。石占は伊勢のこと、横立は不詳、尾張の田子は、尾張国愛智郡、名古屋市瑞穂区地図。乳近は未詳とある。稻置は、その地の長であるが、ここでは田子稻置・乳近稻置と名称のごとく用いられている。美濃、伊勢、尾張の射手の一団を率いたとあり、これらの地が武の地であることを挿話として印象づけることになっている。古事記では、小碓尊は伊勢の倭姫命を訪ねて、御衣・御裳・劍を給はり、天照大神の加護を賜ったとあるが、書紀は削除した。
川上梟帥は取石鹿文
(とろしかや:男)、先に征伐された熊襲梟帥、厚鹿文(あつかや:女)?乍鹿文(さかや:女)と如何なる関係があるのか何も記されていない。12年11月から27年12月、15年の間に「吾は是、國中の強力者なり。是を以て、當時の諸の人、我が威力に勝へずして、從はぬ者なし。」とは妙な云い様である。古事記では、これが最初であり何等問題ないが、書紀では、先の成敗の効力なく、それに勝る梟帥の出現をゆるしたことになる。古事記では、熊曾建は二人、家の周囲を三重に兵士が守り、その中に室を新築し、その祝の酒宴をしていると飲酒の動機が明瞭で、緊張感があるが、書紀は、親族を集めて宴をす、と飲酒の動機があいまいで鈍い。宴を(にひむろうたげ)と訓じせしめている。また、巨漢の小碓尊がどうして童女となれたかは疑問である。古事記では、身長一丈という記述はなく、倭姫命の御衣・御裳、天照大~の加護で目をくらませた、といへるが、書紀では、「手を携へて席を同にして、・・・戲(たはぶれる)れ弄(まさぐ)る」と川上梟帥が容姿をめでつも、(巨漢であることを怪しみ))身体をさぐり求めながら、気がつかぬというは、解せない。人がまばらになって胸を刺したというも、臨場感に欠ける、古事記は宴たけなわに兄の胸を刺し、逃げた弟を階段に追い詰め、背中を押さえ尻から剣を突き立てた、これならすぐに死ぬことはなく、しゃべることもできたかもしれない。西方一の”たける”が”をぐな”に”たける”の名を与えるというのは故事として成り立つが、二度目の反乱者が”たける”の名を与えるというのは、いかにもさびしい。そして、書紀では、弟彦等を遣はして残る者を皆殺しにしたという。書紀の場合、古事記を訂正して日本武尊の記述を粗略にしていると言はざるを得ない。そういう位置づけをしなくてはならない理由があったのであろう。
吉備の穴海とは、吉備穴国、後の備後国安那郡・深津郡、福山市、芦田川の河口、箕島を控えた海が袋のように入りこんだ地
地図で、古来瀬戸内海航路の要衝と注されている。しかし、縄文時代には中海の状態であった岡山岡山の地盤株式会社フジタ地質が地形的には納得できよう。。柏濟は難波の淀川河口付近の船着場、濟は渡りの義と注されている。河堀稲生神社天王寺歴史散歩田中建設株式会社の地地図とされる。大阪平野もかつては河内湖大阪平野の地形の変遷であり、上町台場へ回り込んで大和川を奈良へと遡った。惡ぶる~を殺したということは、背く勢力があったことになる。吉備や難波という重要な港湾における反乱は由々しき問題である。古事記にあっては出雲に向かったとされる。この場合穴戸は、書紀を勘案して吉備穴海という説もあるが、長門の穴門(下関)とみるのがつながりがいい。出雲建を騙まし討ちにする話は、書紀においては削除され、御間城入彦五十瓊殖天皇(崇~天皇)六十年(135年前)、神宝をめぐる出雲振根(兄)飯入根(弟)の確執に訂正されている書紀巻5。出雲を征伐したのは倭建命(日本武尊)ではないというのが書紀の立場である。

廿八年春二月(きさらぎ)乙丑(きのとのうし)(ついたち) 日本武尊 奏平(むく)熊襲之状(かたち)曰 臣(やつかれ)頼天皇(すめらみこと)之~靈(みたまのふゆ) 以兵(いくさ)一擧 頓(ひたぶるに)(ころす)熊襲之魁帥者(ひとごのかみ) 悉平其國 是以 西洲(にしのくに)(しづまる) 百姓(おほみたから)無事 唯吉備穴濟(あなのわたり)~ 及難波柏濟(かしはのわたり)~ 皆有害(やぶる)心 以放(はなつ)(あし)(いき) 令苦路人(みちゆきひと) 並爲(まが)之藪(もと) 故悉殺其惡~ 並開水陸(みづくが)之徑(みち) 天皇 於是 美(ほむ)日本武之功(いさみ)而異(ことに)(めぐむ)

廿八年の春二月の乙丑朔
(AD98.02.01)に、日本武尊、熊襲を平けたる状を奏して曰す。「臣、天皇の~靈に頼りて、兵を以て一たび擧げて、頓に熊襲の魁帥者を誅して、悉に其の國を平けつ。是を以て、西洲既に謐りぬ。百姓、事無し。唯、吉備穴濟の~、及び難波の柏濟の~、皆害る心有りて、毒しき氣を放ち、路人を苦びしむ。並に禍害の藪と爲れり。故、悉に其の惡しき~を殺して、並に水陸の徑を開く。」 天皇、是に、日本武の功を美め異に愛む。

この部分は古事記にはない。「天皇の~靈」に頼よりて平定ができたという。古事記では倭姫命を通した天照大~の加護であった。魁帥者を誅すというのは磐余彦尊
(~武天皇)の時代と同じ表現であり、760年の時間の経過が逆戻りする。「毒しき氣を放ち」となれば、熊野の荒坂津で、「丹敷戸畔者を誅す。時に~、毒氣を吐き、人と物、咸く瘁る。」と同じである。「天皇の~靈」という概念、また「水陸の徑」というところが新しい。書紀は、そこを強調したかった。徑は半徑や直徑に用いられ二点間の最短距離の義でもある。「水陸の徑(最短コース)」を押さえずして、大足彦忍代別天皇(景行天皇)の筑紫への巡行が行われたということが妙な事態となる。「漢委奴国王」の金印を倭人に授与したのがAD57年、倭国王、帥升らが後漢に朝貢し、安帝に生口160人を献上してたのがAD107年、この頃は九州や出雲の方がはるかに発展しており、これらの勢力が近畿への安定的航路を確保しえたという方が理解しやすい。

廾廾年夏(なつ)六月(みなづき) 東(ひむがし)(ひな)(さは)(そむく) 邊境(ほとり)(さわぐ)(とよむ) 

四十年の夏六月(AD110.06)に、東の夷多に叛きて、邊境騒ぎ動む。 

古事記の伝えるところは、
「ここに天皇、また頻(し)きて(重ねて)倭建の命に詔りたまひしく、「東の方十二道(とをまりふたみち)の荒(あら)ぶる~、また伏(まつろ)はぬ人等(ひとども)を言向け和平(やは)せ」とのりたまひて、吉備の臣等の祖、名は御金且友耳建日子(みすきともみみたけひこ)を副へて遣はしし時、杠谷樹(ひひらぎ)の八尋矛(やひろほこ:悪霊邪気を祓う力を持つ)を給ひき。故、命(みこと)を受けて罷(まか)り行(い)でましし時、伊勢の大御~の宮に參(まゐい)入りて、~の朝廷(みかど)を拜みて、すなはち其の姨(をば)の倭比賣の命に白したまひけらくは、「天皇既に吾(あれ)死ねと思ほす所以(ゆゑ)か、何(なに)しかも西の方の惡(あ)しき人等(ひとども)を撃ちに遣はして、返り參上り來(こ)し間、未だ幾時(いくだ)も經(あ)えあねば、軍衆(いくさびとども)を賜はずて、今更に東の方十二道の惡しき人等を平(ことむ)けに遣はすらむ。これによりて思惟(おも)へば、なほ吾(あれ)既に死ねと思ほしめすなり」とまをしたまひて、患(うれ)ひ泣きて罷ります時に、倭比賣の命、草薙劍(くさなぎのたち)を賜ひ、また御嚢(みふくろ)を賜ひて、「もし急(とみ)の事あらば、この嚢の口を解きたまへ」と詔りたまひき。(岩波文庫)とある。倭建命は倭比賣に苦しい胸の内の疑惑を語っている。天皇が自分を熊襲征伐に送ったのは、自分が死ぬ事を願っての事、今又軍衆(兵卒)を与えず東方に派遣するは、自分の死を願ってのことであろう。倭比賣はそれを否定するでなく、憂い泣く倭建命に、その命を守るための剣と袋を授けた。書紀の編者達はこの記述に困ったことであろう。書紀はそうじゃないと云う。

(あき)七月(ふみづき)癸未(みづのとのひつじ)朔戊戌(つちのえいぬのひ) 天皇詔(みことのりす)群卿(まへつきみたち)(のたまはく) 今東國(あづまのくに)不安 暴(あらぶる)~多(さは)(おこる) 亦蝦夷(えみし)(ふつくに)(そむく) (しばし)(かすむ)人民(おほみたから) (つかはす)誰人(たれ)(むく)其亂 群臣(まへつきみ)皆不知誰也 日本武(やまとたけるのみこと)(まうす)(まうす) 臣(やつかれ)則先勞(いたはる)西(にしのかた)(うつ) 是役(えだち)必大碓皇子(おほうすのみこ)之事(わざ)矣 時大碓皇子愕然(おぢる)之 逃隱(かくる)草中 則(つかはす)使者(つかひ)(めす)(まうく) 爰(ここに)天皇(すめらみこと)(せむ)曰 汝(いまし)不欲(ほりす)矣 豈(あに)(あながち)耶 何(いかに)未對(むかふ)(あた) 以豫(まだきに)(おそる)(はなはだし)焉 因此 (ことよさす)美濃 仍如(まかる)封地(ことよさすくに) 是身毛津君(むげつきみ)・守君(もりのきみ) 凡二族(やから)之始(はじめのおや)也 於是 日本武 雄誥(おたけぶ)之曰(まうす) 熊襲(くまそ)既平(たひらぐ) 未經幾(いくばく)年 今更(また)(ひむがし)(ひな)叛之 何(いづれの)(いたる)于大(たひらぐ)矣 臣(やつかれ)(いふとも)(いたはす)之 頓(ひたぶる)其亂 則天皇持(とる)斧鉞(をのまさかり) 以授(さづく)日本武曰 朕(われ)聞 其(かの)(ひむがし)(ひな)也 識性(たましひ)(あらぶ)(こはし) 凌(しのぐ)(をかす)爲宗(むね) 村(ふれ)之無長(ひとごのかみ) 邑(むら)之勿(なし)(おびと) 各(おのおの)(むさぼる)封堺(さかひ) 並相盜略(かすむ) 亦山有邪(あしき)~ 郊(のら)有姦(かだまし)鬼 (さいぎる)(ちまた)(ふさぐ)(みち) 多(さは)令苦人 其東夷之中(うち) 蝦夷(えみし)是尤(はなはだ)(こはし)焉 男女(をのこめのこ)(まじる)(をる) 父子(かぞこ)無別(わきだめ) 冬則宿(ねる)穴 夏則住樔(す) 衣(しく)毛飮血 昆(このかみ)(おとと)(あひ)疑 登山如飛禽(とり) 行(はしる)草如走(にぐる)(けもの) 承(うく)(めぐみ)則忘 見怨(あた)必報(むくゆ) 是以 箭(や)(かくす)頭髻(たきふさ) 刀(たち)(はく)(ころも)中 或聚(あつむ)黨類(ともがら) 而犯(をかす)邊界(ほとり) 或伺(うかがふ)農桑(なりはひのとき) 以略(かすむ)人民(おほみたから) 撃則隱草 追則入山 故往古(いにしへ)以來(このかた) 未染(したがふ)王化(みをもぶけ) 今朕(われ)(みる)(いまし)爲人(ひととなり)也 身體(むくろ)(たかく)(おほき) 容姿(かほ)端正(きらぎらし) 力能扛(あぐ)(かなへ) 猛(たけき)如雷電(いなつるび) 所向無前(かたき) 所攻必勝 知之 形則我子 實(むざね)則~人(かみ) 寔(まことに)是天(あめ)(かなしぶ)(わが)不叡(をさなし) 且國不(みだれ) 令經綸(ととのへる)天業(あまつひつぎ) 不宗廟(くにいへ)乎 亦是天下(あめのした)則汝(いまし)天下也 是位(くらゐ)則汝位也 願深謀(はかる)(はかる) 探(さぐる)(かだまし)(うかがふ)(そむく) 示之以威(いきほひ) 懷(なつく)之以コ(うつくしび) 不煩(わづらはす)兵甲(つはもの) 自令臣隷(まうしたがふ) (たくむ)(こと)而調(ととのへる)暴~ 振(ふるふ)(たけきこと)以攘(はらふ)(かだまし)(おに) 於是 日本武 乃受(うけたまはる)斧鉞(をのまさかり) 以再拜(をがむ)(まうす)之曰 嘗(むかし)西(にしのかた)征之年 (よる)皇靈之威(みたまのふゆ) 堤(ひきさぐ)三尺(みじかき)(つるぎ) 撃熊襲國(くまそがくに) 未經(へる)浹辰(いくばくのとき) 賊首(ひとごのかみ)(したがふ)(つみ) 今亦~祗(あまつかみくにつかみ)之靈(みたまのふゆ) 借天皇之威(みいきほひ) 往(ゆく)臨其境 示以コヘ(うつくしび) 有不服(まつろふ) 擧兵(つはもの)撃 仍重再拜(をがむ)之 天皇則命(みことおほす)吉備武(きびのたけひこ)與大伴武日(おほとものたけひのむらじ) 令從日本武 亦以七掬脛(ななつかはぎ)爲膳夫(かしはで)

秋、七月の癸未の朔戊戌に、天皇、群卿に詔して曰はく、「今東國、安からずして、暴ぶる~多に起る。亦蝦夷悉に叛きて、人民を略む。誰人を遣してか以て其の亂を平けむ。」群臣皆誰を遣さむと知らざる。日本武尊奏して言す、「臣は則ち先に西を征ち勞りき。是の役は、必ず大碓皇子の事ならむ。」時に大碓皇子、愕然ぢて、草の中に逃隱れぬ。則ち使者を遣して召し來しむ。爰に天皇責めて曰はく、「汝が欲せざらむを、豈強に遣さむや。何ぞ未だ賊に對はずして、以て豫に懼るること甚しき。」 此に因りて、遂に美濃に封さす。仍りて封地に如る。是、身毛津君・守君、凡て二の族の始祖なり。是に、日本武尊、雄誥て曰す、「熊襲、既に平ぎて、未だ幾の年も經ずして、今更、東の夷叛けり。何の日にか大平ぐるに逮らむ。臣、勞しと雖も、頓に其の亂を平げむ。」則ち天皇斧鉞を持りて、以て日本武尊に授けて曰はく、「朕聞く、其の東の夷は、識性暴び強し。凌犯を宗とす。村の長無く、邑に首勿し。各、封堺を貪り、並に相盜略す。亦、山に邪しき~有り。郊に姦しき鬼有り。衢に遮り徑を塞ぐ。多に人を苦しびしむ。其の東の夷の中に、蝦夷、是尤だ強し。男女交り居りて、父子、別無し。冬は則ち穴に宿、夏は則ち樔に住む。毛を衣き血を飮みて、昆弟、相疑ふ。山に登ること飛ぶ禽の如く、草を行ること走ぐる獸の如し。恩を承けては則ち忘る。怨を見ては必ず報ゆ。是を以て、箭を頭髻に藏し、刀を衣の中に佩く。或いは黨類を聚めて、邊界を犯す。或いは農桑を伺ひて以て人民を略む。撃てば則ち草に隱れ、追へば則ち山に入る。故、往古より以來、未だ王化に染はず。今朕、汝を察るに、爲人、身體長く大にして、容姿端正し。力能く鼎を扛ぐ。猛きこと雷電の如し。向ふ所に前無く、攻むる所必ず勝つ。即ちこれを知りぬ。形は則ち我が子、實は則ち~人にます。寔に是、天の、朕が不叡くして、且國の不平れたるを愍びて、天業を經綸へしめ、宗廟を絶へざらしめたまふか。亦、是の天下は則ち汝の天下なり。是の位は則ち汝が位なり。願はくば深く謀り遠く慮りて、姦しきを探り變くを伺ひて、示すに威を以てし、懷くるにコを以てし、兵甲を煩はさずして、自づからに臣隷はしめよ。即ち言を巧みて暴ぶる~を調へ、武を振ひて以て姦しき鬼を攘へ。」 是に、日本武尊、乃ち斧鉞を受りて、以て再拜みて奏して曰す、「嘗、西を征ちし年に、皇靈之威に頼りて、三尺劔を堤げて、熊襲國を撃つ。未だ浹辰も經ずして、賊首罪に伏ひぬ。今亦、~祗之靈に頼り、天皇之威を借りて、往きて其の境に臨みて、示すにコヘを以てせむに、猶服はざること有らば、即ち兵を擧げて撃たむ。」仍りて、重ねて再拜みまつる。天皇、則ち吉備武彦と大伴武日連に命せたまひて、日本武尊に從はしむ。亦、七掬脛を以て膳夫とす。

東征に誰を向かわすべきか、群臣は当惑していた。日本武尊は今度は、大碓皇子の役目だと奏上する。大碓皇子は、古事記では、大根の女
(むすめ)と密通し子をなしたことで、殺されていた。天皇が大碓皇子の東征を命じると、御子は畏れて逃げ隠れた。賊に対する前から極度に怯えており、仕方なく、美濃に封さした。封地というのは中国の周の概念(諸侯に任じること)の拝借であり、この時代にこのようなことが行われる事はない。大碓皇子が四年十一月美濃に派遣された時、古事記によれば「三野(みの)の國造の祖、大根(おほね)の王の女、弟比賣を娶して生める子、押Kの弟日子の王【こは牟宜都の君等の祖】」とある牟宜都(むげつ)が身毛津(むげつ)である。守君は後の河内の皇族であり、書紀は大碓皇子を身毛津君、守君の子孫、美濃や河内の子孫で壬申の乱で兵をだした族に配慮し、その始祖として生かした。極度に怯えたということは、蝦夷は非常に強いということが知れ渡っていたことによる。つまりは、武内宿禰の「爲人勇み悍し。是を總べて蝦夷と曰ふ」という偵察の報告が、実はもっと恐るべき強さの報告であったことになる。だから、日本武尊、雄誥(おたけび)て曰す破目となった。このままでは、何時平定できるか分からぬほど由々しき状態にあったところに、日本武尊が自ら東征を決断した、とその勇断を称えている。斧鉞を授くとは、元来王権を授ける儀式であり、中国では諸侯征伐の権を授与する、将軍を任命する概念でありそれをここに拝借している。古事記では、「杠谷樹(ひひらぎ)の八尋矛(やひろほこ:悪霊邪気を祓う力を持つ)を授けたとあり、まずは暴ぶる~を祓うことに力点があった。
東夷というは中国の概念、夷を”ひな”と訓じている。武内宿禰の報告は、勇み悍しという性格、村に長、邑に首なし、統率者がなく互いがせめぎあう状態、、加えて、邪~邪鬼が跋扈する。その最たるものが蝦夷。男女父子が雑居、恩は忘れ、怨みに報いる、作物や糸のみか人をさらい、禽獣のような生活をしている、というものであったことになる。注によれば出所は漢籍という。禮記、禮運に
「昔者先王、未有宮室、 冬則居営窟、夏則居木曾巣、未有火化、食草木之実、鳥獣之肉、飲其血、茹其毛、未有麻糸、衣其羽皮」とあり、実態とみるのは疑問と解説されている。そうともいえまい、結い上げた髪に箭(矢)、衣の中に刀を隠し(鉄製の武器を有す)、撃とうとすれば、獣のごとく草の中を走り去り、追えば、飛ぶ禽のごとく山に消える。邪しき~、姦しき鬼がついており、衢に遮り徑を塞ぐ、普通の人間では対処の方法がない。後にいうアラハバキの神謎の神 アラハバキ竜の柩につながる伝承であろうか。だから大碓皇子は怯え、逃げ、隠れた。
大足彦忍代別天皇
(景行天皇)は日本武尊をこう評した。「お前は人としては、背が高く強靭、男ぶりはすばらしく、力は強く、雷電のごとくすざまじく、ひとたび振り向けば敵は逃げ、攻めれば必ず勝つ。形としては我が子であるが、実は~人。私が至らず、国がおさまらざるをみて、”あまつひつぎ”が継承されるよう、お前を降ろしてくださった。この天下もお前の天下、この位もお前の位である。」そして、こう続けた、「深謀遠慮により、邪~邪鬼を調略し、威を示し、徳で従わしめ、兵を用いず、自ら帰服させよ。暴~には巧言、姦鬼には振武して攘へ。」これは、むつかしい注文である。中国風にいえば、蛮夷を教化せよということになる。注によれば、文選、賈諠、過秦論に、「深謀遠慮、行軍用兵之道」、文選、劉王昆、勧進表に、「深謀遠慮、出自胸懷」、漢書、文帝紀に、「以徳懷之、佗遂称臣」、同じく高帝紀に、「吾以布衣、提三尺取天下」とあり、三尺とは剣也とされる。”あらぶる”は”にき:和”に対するもの、荒御魂(あらみたま)は和御魂(にきみたま)と対比されるがこれは~の魂の現われ方(他に、奇御魂(くしみたま)、幸御魂(さきみたま)がある)であるために、この地の~には、暴(あら)ぶるがもちいられている。”かだまし”は”かたむ”からくるもので、人を欺ぎ偽ること、”かたまし”は、そのような悪心をもつ状態をいう(字訓)。古事記における倭建命の苦しい胸の内を書紀は、このように書き換えた。
”みたまのふゆ”とは~霊のあらわれること、”ふる”、小さくふり動かす、ゆり動かすことによって、その生命力がめざめ、発揮されること
(字訓)。熊襲を撃ったとき「天皇の~靈」といったものがここでは、皇靈之威となっている。皇靈となれば、歴代天皇の靈となり、威は”みいきほひ”とされる。~祗之靈となれば、”あまつかみくにつかみ”の”みたまのふゆ”となる。天皇之威によるコヘというのは、中国の天子による蛮夷の文明化のごときあり方を導入したものであろう。「東の夷の中の日高見國」に勝る「皇靈之威」を知ろしめすことであり、靈の威力に関する戦いでもあった。武力のみでは心服させることは不可能な時代であった。浹辰とは、浹がめぐること、辰は十二辰、十二支が一巡する12日のことと注され、”いくばくのとき”と訓じられる。
古事記では、吉備の臣等の祖、名は御
金且友耳建日子(みすきともみみたけひこ)とあるが、書紀では吉備武彦と大伴武日連を従はせたとある。吉備武彦は稚武彦命の子書紀巻4であり、稚武彦命は四道将軍の一人、大日本根子彦太瓊天皇(孝靈天皇)の子、吉備津彦命の腹違いの弟であり、人間的寿命を飛び越えねばこの時代に生きることは不可。大伴武日連も道臣命の七世孫とされ、道臣命は磐余彦尊(~武天皇)と同世代であり、12代大足彦忍代別天皇(景行天皇)の世では人間の寿命からすれば、生存はおぼつかない。吉備と大伴の子孫がここに二人を登場させたかった。

冬十月(かむなづき)壬子(みづのえね)朔癸丑(みづのとのうしのひ) 日本武發路(みちだちす)之 戊午(つちのえうまのひ) 抂(よぎる)道拜(をがむ)伊勢~宮(いせのかみのみや) 仍(よりて)(まかりまうす)于倭(やまとひめのみこと)曰 今被(うけたまはる)天皇(すめら)之命(おほみこと) 而東征(ゆく)將誅(つみなふ)(もろもろの)叛者 故辭(いとままうす)之 於是 倭命取草薙劔(くさなぎのつるぎ) 授(さづく)日本武曰 愼之 莫怠也 

冬十月の壬子の朔癸丑(AD110.10.02)に、日本武尊、發路す。戊午(10.07)に 道を抂り、伊勢~宮を拜む。仍りて、倭姫命に辭して曰はく、「今、天皇が命を被りて、東に征きて、將に諸の叛く者を誅へむとす。故、辭す。」 是に、倭姫命、草薙劔を取りて、日本武尊に授けて、曰はく、「愼め。な怠りそ。」

纒向を出て5日、伊勢~宮というのはゆっくりとしている。活目入彦五十狹茅天皇
(垂仁天皇)の25年(BC5年)「天照大~を豐耜入姫命より離ちて、倭姫命に託けたまふ。」とあり、大足彦忍代別天皇(景行天皇)の20年(AD90年)に五百野皇女に任を譲っており、その20年後であり120歳は越えている超絶老人となる。日本武尊は29歳ということになる。草薙劔は、時に素戔嗚尊は所帯する十握劒を抜き、その蛇をつだつだに斬る。尾に至り、刃が少し欠けた。その尾を裂きこれを視ると、中に一劒があり、これはいわゆる草薙劒なり。(一書に本名は天叢雲劒という。けだし、大蛇の居る上に常に雲気あるゆえに名づけ、日本武皇子に至り改名して草薙劒と申すという。)素戔嗚尊は申された。『これ~剣なり、吾いかにぞあえて私し安じるや、すなはち、天~に献りあぐなり。』」(書紀巻1)とあった。高天原が所蔵するより素晴しい剣が出雲、あるいは安芸の大蛇の腹にあった。良き剣を製作する鉄は半島から輸入されたものであり、素戔嗚尊がこれを高天原に奉納した。草薙劔は皇孫、天津彦彦火瓊瓊杵尊とともに地上に再び降ろされる。以降の経緯は分からず、天照大~が天皇の殿から分離され笠縫邑に祭られた時、豐鍬入姫命に託され、倭姫命から日本武尊に渡される。天照大~を祭祀する所にあったと推察する他あるまい。饒速日命が降りたときに、十種の瑞宝を授かり、その一つが八握剣、これ等が蔵されたのが中洲、布留の石上~社であった。「草薙劒は今、尾張國吾湯市村、熱田の祝部が所掌する~である。蛇を斬った剣は蛇の麁正と名づけられ石上(注に石上は、備前の石上布都之魂~社で大和の石上~社とは別とある。)にます。(書紀巻1)」ともあった。 出雲、安芸、備前には輸入鉄で鋤や刀を作る技術があった。大國主~が黄泉で妻から授かった生太刀があった。新羅の王の子、天日槍が来訪したおり刀を持ち込んだ。出雲や出石の~宝を召し上げる試みがあった。草薙劔は、どうやら、出雲あるいは安芸で、韓の鉄により製作された逸品と見るべきものであろう。
天津彦彦火瓊瓊杵尊を高天原の正統な地上の継承者とする三宝の一つ草薙劔が天皇から分離されていたものを、倭姫命の一存で小碓尊
(日本童男:日本武尊)に授けるということができたのであろうか?大足彦忍代別天皇(景行天皇)「是の天下は則ち汝の天下なり。是の位は則ち汝が位なり。」と述べた事を受けてのことであろう。日本武尊が死ななかったとすれば、後継天皇の帰趨は大変むつかしいものとなったであろう。草薙劔の意味合いも変化し、熱田神宮に祭られることになる。大変な問題を見過ごしているのかもしれない。

是歳(ことし) 日本武 初至駿河(するが) 其處賊(あた)(いつはる)從之 欺(あざむく)曰 是野也 糜鹿(おほじか)甚多 氣(いき)如朝霧 足如茂林(しもとはら) 臨(いでます)而應狩 日本武(うく)其言 入野中而覓獸(かりす) 賊有殺王(みこ)之情(こころ) 【王謂日本武也】 放火燒(ひつく)其野 王知(しろす)被欺(あざむかる) 則以燧(ひうち)(うちいだす)火之 向燒(むかへびつく)而得免 【一(ある)云 王(みこ)所佩(はかせる)艸聚(むらくも)自抽(ぬく)之 薙攘(なぎはらふ)王之傍(かたはら)草 因是得免 故號其劔曰草薙也 艸聚叢雲 此云茂羅玖毛(むらくも)】 王(みこ)曰 殆(ほとほど)被欺 則悉(ふつく)焚其賊衆(あたども)而滅之 故號其處曰燒津(やきつ) 亦(いでます)相模(さがむ)欲往(みたす)上總(かみつふさ) 望(おせる)海高言(ことあげす)曰 是小(ちひさき)(うみ)(のみ) 可立跳(たちをどる)渡 乃至于海中(わたなか)暴風(あらきかぜ)(たちまち)起 王船(みふね)漂蕩(ただよふ) 而不可渡(えわたらず) 時有從王(みこ)之妾(をみな) 曰弟橘媛(おとたちばなひめ) 穗積氏(ほづみのうぢ)忍山宿禰(おしやまのすくね)之女(むすめ)也 啓(まうす)(みこ)曰 今風起(ふく)浪泌(はやし) 王船欲沒 是必(ふつく)海~(わたつみ)(しわざ)也 願賤妾(やつこ)之身 贖(かへる)王之命(おほみいのち)而入海 言訖(まうすことをはる) 乃披(おしわく)(なみ)入之 暴風止 船(みふね)得著(つく)岸 故時人號其海曰馳水(はしるみず)也 

是歳、日本武尊、初めて駿河に至る。其の處の賊、陽り從ひて、欺きて曰す、「是れ野なり。糜鹿、甚だ多し。氣、朝霧の如く、足、茂林の如し。臨して狩に應じむ。」日本武尊、其の言を信け、野の中に入りて覓獸す。賊、王を殺さむといふ情有り【王、日本武尊を謂ふなり】 其の野に放火燒。王、欺かれぬと知しめし、則ち燧を以て火を出して、向燒けて免るを得る【一に云はく、王、所佩せる劔、艸聚雲、自ら抽けて、王の傍の草を薙ぎ攘ふ。是に因りて免るを得る。故、其の劔を號けて草薙と曰ふなり。艸聚雲、此を茂羅玖毛と云ふ。】 王の曰はく、「殆に欺かれぬ。」則ち悉に其の賊衆を焚きて滅す。故、其の處を號けて燒津と曰ふ。亦、相模に進して上總に往せむとす。海を望りて高言して曰はく、「是れ小さき海のみ。立ち跳りて渡るべし。」乃ち海中に至りて暴風忽に起りて、王船、漂蕩ひてえ渡らず。時に王に從ふ妾有りて、弟橘媛と曰ふ。穗積氏忍山宿禰の女なり。王に啓して曰す、「今、風起き浪泌くして、王船沒まむとす。是れ必に海~の心なり。願はくは賤しき妾が身、王の命に贖へて海に入らむ。」言訖りて、乃ち瀾を披けて入りぬ。暴風即ち止みぬ。船、岸に著くを得る。故、時の人、其の海を號けて馳水と曰ふなり。

古事記によれば、
「故ここに相武(さがむ)の國に到りましし時、その國の造、詐(いつは)りて白ししく、「この野の中に大沼あり。この沼の中に住める~、甚道速振(いとちはしゃぶる:ひどく荒れすさぶ)~なり。」とまをしき。ここにその~を看行(みそな)はしに、その野に入りましき。ここにその國の造、火をその野に著けき。故、欺かえぬと知らして、その姨倭比賣の命の給ひし嚢(ふくろ)の口を解き開(あ)けて見たまへれば、火打(ひうち:火打ち石と火打ち金)その裏(うち)にありき。ここにまづその御刀(みはかし)もちて草を苅り撥(はら)(安全地帯を作り)、その火打もちて火を打ち出でて、向火(むかひび)を著けて燒き退(そ)けて(ホソケ:火退け)、還り出でて皆その國の造等(ども)を切り滅して、すなはち火を著けて燒きたまひき。故、今に燒遣(やきづ:静岡県焼津、相模の国はおかしい)と謂ふ。

それより入り幸
(い)でまして走水(はしりみづ:浦賀水道)の海を渡りたまひし時に、其の渡(わたり)の~浪を興して、船を廻(めぐ)らして得(え)進み渡りたまはざりき。ここにその后(きさき)、名は弟橘比賣(おとたちばなひめ)の命白したまひしく、「妾(あれ)、御子に易(かは)りて海の中に入らむ。御子は遣はさえし政(まつりごと)を遂げて覆奏したまふべし。」とまをして、海に入りたまはむとする時に、菅疊八重(すがだたみやへ)・皮疊八重・糸丿一也(きぬ)疊八重を波の上に敷きて、その上に下(お)りましき。ここにその暴浪(あらなみ)(おのづか)ら伏(な)ぎて、御船得(え)進みき。ここにその后歌ひたまひしく、

 さねさし
(枕詞) 相模(さがむ)の小野(をの)に 燃ゆる火の 火中(ほなか)に立ちて 問(と)ひし君はも

とうたひたまひき。故、七日
(なのか)の後(のち)、その后の御櫛海邊(みくしうみべ)に依りき。すなはちその櫛を取りて、御陵を作りて治(をさ)め置きき。(岩波文庫)とある。

古事記は、相武
(相模)の國地図で國造が野の中の大沼に荒れる~が居すと騙して誘(おび)き出し火を放ったとする。國造の行為となれば、相模の國として叛いていたことになる。書紀は駿河地図のことで、其の處の賊が糜鹿が野の中に沢山いると騙して誘き出し火を放ったとする。賊は正面からの敵対者の義、似たようなものであるが、書紀は國造ではないと訂正した。糜鹿は中国では河の糜(ほとり)に居るとされ、その骨付きままの肉は儀礼に用いられる(字統)、”おほじか”と訓じている。気を”いき”と訓じている、呼吸は朝霧のごとくしめやか、足は木の若枝のごとくしなやか。覓は手をかざして見る、索求すること(字統)、覓獸を”かりす”と訓じている。信言を”ことうく”と訓じ、言葉をまにうけたとする。王であるが”みこ”と訓じ、それは日本武尊のことであるとする。書紀らしい、微妙なとりあつかいである。艸聚雲の剣が草薙の剣と称される故事である。燒遣とは遣はされた者等を焼き殺した所となり、焼津は焼いた所の渡し場、焼津神社のあたり地図とされ、瀬戸川河口から船で発ったことになろう。
相模から上總に往
(ゆ)く。”みたつ”、”み”は尊称、”たつ”は立ち上がること(字訓)。望”おせる”は上のほうから遥かに見る、気力をこめてみやること(字訓)。高言”ことあげ”してとは、威令を試さむとばかり、大言してみたのであろう。浦賀水道地図は狭い、跳びはねれば渉れると言い放った。だが、効き目があるどころか、聞いた海~が怒った。古事記ではさような大言には触れられていないが、渡りの~、地の~が敵対していたとある。その代償は高くついた。乗っていた船が漂流をはじめ、風が起こり、泌は細く早い流れ、沈みそうになる。さて、弟橘媛であるが、書紀では「王に從ふ妾(をみな)」、古事記では后(きさき)と称している。古事記は、倭建命を天皇並みに扱っている。橘は活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)崩御の次の年(AD71年)田道間守が常世國より持ち返った”非時の香菓”書紀巻6であり、特別に賜った名とみねばなるまい。書紀は「瀾を披けて入りぬ」とするが、古事記は菅疊八重(すがだたみやへ)・皮疊八重・糸丿一也(きぬ)疊八重を波の上に敷きて、その上に下(お)りましきとある。これは、火火出見尊が豐玉姫を娶るときのこと、ここに海の~、自ら出で見て、「この人は天津日高(あまつひこ)の御子、虚空津日高(そらつひこ)ぞ」と云ひて、うなはち内に率(ゐ)て入りて、海驢(みら)の皮の疊八重を敷き、亦糸丿一也(きのたたみ)八重をその上に敷き、其の上に坐(ま)せて、百取(ももとり)の机代(つくゑしろ)の物を具(そな)へ、御饗(みあへ)して、すなはち其の女(むすめ)豐玉毘賣を婚(まぐはひ)せしめき。」を想起せしめ、弟橘媛が海~に嫁いだと暗示している。相模の小野で火に囲まれたときに(私を)問うたあなたのために、と入水する。その后の櫛を陵を作っておさめたという。最愛の女性を失うという結果となった。倭建命の嘆きはいかばかりであったろうか。書紀はそこをさらりと通り過ぎ、馳水の故事にすりかえた。
活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)廿五年(BC05年)に、倭大~が、穗積臣の遠祖、大水口宿禰の口をかりて渟名城稚姫命に自らを祭らせたとあった。弟橘媛の父、穗積氏忍山宿禰はその子となるが、大足彦忍代別天皇(景行天皇)四十年(AD110年)となれば、これまた結構な老人となろう。 

(ここ)日本武 則從上總(かみつふさ)(うつる) 入陸奥國(みちのくのくに) 時大鏡縣(かける)於王船(みふね) 從海路(うみつぢ)(めぐる)於葦浦(あしのうら) 横(よこしまに)渡玉浦(たまのうら) 至蝦夷(えみし)(さかひ) 蝦夷賊首(ひとごのかみ)嶋津~(しまつかみ)・國津~(くにつかみ)(たち) 屯(いはむ)於竹水門(たかのみなと)而欲距(ふせく) 然遥(おせる)王船 豫(あらかじめ)(おぢる)其威勢(いきほひ) 而心裏(うち)知之不可勝 悉捨弓矢 望拜(をがむ)之曰 仰(あふぐ)(みる)(きみ)(みかほ) 秀(すぐれる)於人倫(ひと) 若(けだし)~之乎 欲知(うけたまはる)姓名(みな) 王(みこ)對之曰 吾是現人~(あらひとかみ)之子(みこ)也 於是 蝦夷等(えみしども)(ふつくに)(かしこまる) 則宀一共衣(かかげる)(きもの)(わける)浪 自扶(たすく)王船而著(つく)岸 仍面縛(みづからゆはふ)服罪(したがふ) 故免(ゆるす)其罪 因以 俘(とりこにす)其首帥(ひとごのかみ) 而令從身(みともにつかへる)也 蝦夷既平(むく) 自日高見國(ひたかみのくに)之 西南(ひつじさるのかた)(へる)常陸(ひたち) 至甲斐國(かひのくに) 居于酒折宮(さかおりのみや) 時擧燭(ひともす)(みをしす) 是夜 以歌之問侍者(とぶらひひと)
 珥比麼利
(にばり) 菟玖波土烏須擬(つくばをすて) 異玖用伽菟流(いくよかねつる) 
(もろもろの)侍者(さぶらひひと)不能答言(まうす) 時有秉燭者(ひともせるもの) 續王(みこ)歌之末 而歌(うたよみす)
 伽餓奈倍
(かがなて) 用珥波虚虚能用にはここの 比珥波苔土烏土烏にはとをかを) 
(ほめ)秉燭人(ひともし)之聰(さとり)而敦(あつく)(たまひものす) 則居是宮 以靫部(ゆけひのとものを)賜大伴遠祖(とほつおや)武日(たけひ)也 

爰に日本武尊、則ち上總より轉りて、陸奥國に入りたまふ。時に大きなる鏡を王船に縣けて、海路より葦浦に廻る。横に玉浦を渡りて、蝦夷の境に至る。蝦夷の賊首、嶋津~・國津~等、竹水門に屯みて距かむとす。然るに、遥に王船を視りて、豫め其の威勢に怖ぢて心の裏に、え勝ちまじきことを知りて、悉に弓矢を捨てて、望み拜みて曰す、「仰ぎて君が容を視れば、人倫に秀れ、若し~か。姓名を知らむとす。」王、對へて曰はく、「吾は是れ現人~の子なり。」是に、蝦夷等、悉に慄りて、則ち裳を
宀一共衣げ浪を披けて、自ら王船を扶けて岸に著く。仍りて、面縛ひて服罪ふ。故、其の罪を免す。因りて以て其の首帥を俘にして、從身へしむ。蝦夷既に平く。日高見國より還り、西南、常陸を歴て、甲斐國に至り、酒折宮に居す。時に、擧燭して進食す。是の夜、歌を以て侍者に問ひて曰はく、
 
珥比麼利 菟玖波土烏須擬 異玖用伽禰菟流
 新治
(にひばり) 筑波(つくば)を過(す)ぎて 幾夜(いくよ)か寝(ね)つる 
諸の侍者、え答へ言さず。時に秉燭者有り。王の歌の末に續けて歌して曰す。
 
伽餓奈倍 用珥波虚虚能用 比珥波苔土烏土烏
 日日並
(かがな)べて 夜(よ)には九夜(ここのよ) 日(ひ)には十日(とをか)
即ち秉燭人の聰を美めて敦く賞す。則ち是の宮に居し、靫部を以て大伴連の遠祖、武日に賜ふ。

古事記は、
「それより入り幸(い)でまして、悉くに荒(あら)ぶる蝦夷等(えみしども)を言向(ことむ)け、また山河の荒ぶる~等(ども)を平和(やは)して還り上(のぼ)り幸(い)でます時に、足柄(あしがら)の坂本(さかもと)に到りて御粮(みかれひ)(を)す處に、その坂の~、白き鹿と化(な)りて來立等ちき。 ここにすなはちその咋(く)ひ遺したまひし蒜(ひる:百合科の食用植物)の片端(かたはし)をもちて、待ち打ちたまへば、その目に中(あた)りてすなはち打ち殺したまひき。故、その坂に登り立ちて、三たび歎(なげ)かして、「吾妻(あづま)はや」と詔りたまひき。故、其の國を號けて阿豆麻(あづま)と謂ふ。すなはちその國より越えて、甲斐に出でまして、酒折(さかをり)の宮に坐しし時、歌ひたまひしく、

 新治
(にひばり) 筑波(つくば)を過ぎて 幾夜(いくよ)か寝(ね)つる

とうたひたまひき。ここにその御火燒
(みひたき)の老人(おきな)、御歌に續(つ)ぎて歌ひしく、

 かがなべて 夜
(よ)には九夜(ここのよ) 日(ひ)には十日(とをか)

とうたひき。ここをもちてその老人を誉
(ほ)めて、すなはち東(あづま)の國の造を給ひき。」と伝へている。

古事記はあっさり蝦夷等をことむけたとある。”ことむく”とはそむいているものを自分に従はせること。書紀は、上總より陸奥國
地図へ向かうとあり、海路より葦浦に廻った。葦浦は所在未詳、地名辞典は千葉県安房郡江見町の吉浦と注され、今の鴨川市吉浦地図となる。つまり房総半島を回ってきたことになる、馳水の海に懲り、この太平洋の海~をなだめ、無事に航行するために、大きなる鏡を王船に縣けた。天照大~の加護を願った。玉浦は、九十九里浜地図とされる。
さて、蝦夷の境であるが、蝦夷の賊首、嶋津~、國津~等、竹水門に結集して叛こうとしたとある。
「村の長無く、邑に首勿し。各、封堺を貪り、並に相盜略す。亦、山に邪しき~有り。郊に姦しき鬼有り。」の記述と矛盾する。いないはずの賊首とは何か?嶋津~は、通釈に、そのあたりの島國に住て荒ぶる~とされると注されている。いかな島國か?日本は島国、蝦夷が嶋と思はれていたのではあるまいか?國津~は、武内宿禰の報告にあった日高見國の國津~となるのであろうが、ここの記述は、賊首がいる頃の蝦夷であり、時代的にかなり後世の認識が入り込んでいるものと思はれる。あれほど大仰に蝦夷を恐れたのは何だったのか、意味不明の展開である。竹水門の特定も困難となっている。注によれば、律令時代の多賀城(宮崎県宮城郡多賀町:宮城県多賀城市:地図、常陸国の多珂郡(茨城県多賀郡:日立市、高萩市、北茨城市:地図、和名抄の陸奥國行方郡多珂郷(福島県原町市付近:南相馬市原町区:地図、原町区高城ノ内の多珂神社の地の三説がある。蝦夷との境が多賀城となれば、後の世、前であれば多珂郡、折衷して多珂神社の地とされるが、次にくる新治からすれば、常陸国の多珂郡とみるべきであろう。
鏡を縣けた王船を視て、王
(みこ)を~と思い、蝦夷の賊首、嶋津~、國津~等は怖気づき、ことごとく、弓矢を捨て、拝したとする。日本武尊は自らを「現人~の子」と称した。 高天原より降ろされた皇孫、天津彦彦火瓊瓊杵尊を引き継ぐ者が現人~、これこそが日高見國の~に勝る天を継ぐ地上の王の王というあり方、戦わずして服せしめた、といいたい。日本の歴史上自らを現人~としての天皇と称したのは天武天皇とされる。唐の皇帝、高宗がAD674年に自らを「天皇」と号したことに影響を受けたともされる。この概念をここに持ち込んでいる。蝦夷は着物の裾をまくり、海に入り王船を岸に迎へ入れた。面縛(みづからゆは)ひてとは、両手を後ろにしばり、面(顔)を前に向けると注される。罪に自ら服したので罪を免れた、を従ったので罪をゆるしたと訓じている。罪とは何か?名前も定かでない首帥、その他を俘(とりこ)にして連れて帰り、後に伊勢~宮に献じられることになる。天照大~に仕へることになったとする筋書きであろう。しかし、五十一年には~宮には仕へせしめることができず、五ヶ所に移し佐伯部の祖となる。蝦夷は既に平定された、とあるが、熊襲の場合の具体性がなく、観念的な展開である。
どうやら常陸、下總、武蔵を歴て、甲斐國に至った酒折宮
(甲府市酒折3-1-13 :地図での出来事の方に具体性がある。燭は「ろうそく」であるが、仏教伝来以降中国より輸入されるもので、この時期にはない。擧燭を”ひともし”と訓じている。新治は茨城県真壁郡(桜川市真壁町:地図とされ、南下して筑波(筑波郡:つくば市:地図に至り、そこから酒折宮まで、何日かかったであろうと歌にして問はれた。侍従した者は応へられなかったのに、火をつけた者が、その歌に続いて歌った。”かが”は二日(ふつか)、五日(いつか)の日日(かが)、屈(かが)むの”かが”とする説もある、”ならべ”は並べ、日数並べて、夜は九夜、昼は十日ですの意、と注される。屈むとみれば、新治、筑波から酒折宮までを九夜十日をかけて平定したとなろう。殷では十日を旬という。旬の行動を占い、36旬と閏日(占はれない数日)で1年となる。上旬、中旬、下旬で一月となる。日数を計算する一つの単位が十日であった。九は多いこと。実際何日であったかは侍従したものですら分からない状態であったところを、かがよう(輝く)かがり火のなか、幾夜も幾夜も、そうだな一旬はかかったかな、と平定されましたな、をかけたのであろうか、その聰(さとり:知)を美(ほ)めて賞したとある。そこに「靫部を以て大伴連の遠祖、武日に賜ふ」をこそっと挿入した。靫(ゆけひ:矢を入れる道具を背負う者)部は5世紀後半ごろまでに設置されたもので、地方国造の子弟によって編成される朝廷の軍事力で、宮廷諸門の警衛にあたり、大伴連がこれを統率した、と注される。大伴武日をここに登場させることが眼目であった。

於是 日本武曰 蝦夷凶(あしき)(ひとども) 咸(ことごとくに)(したがふ)其辜(つみ) 唯信濃國(しなののくに)・越國(こしのくに) 頗(すこぶる)(いまだ)從化(みおもぶけ) 則自甲斐(かひ)(きたのかた) 轉歴(めぐる)武藏(むさし)・上野(かみつけの) 西(にしのかた)逮于碓日坂(うすひのさか) 時日本武 毎(つねに)(ます)(しのぶ)弟橘媛之(こころ) 故登碓日嶺(うすひのみね) 而東南(たつみのかた)(おせる)之三(みたび)歎曰 吾嬬(あづま)者耶(はや) 【嬬 此云菟摩(つま)】 故因號(なづく)山東(ひむがし)諸國(もろもろのくに) 曰吾嬬國(あづまのくに)也 於是 分(くばる) (つかはす)吉備武於越國 令監察(みる)其地形(くにかた)嶮易(ありかた)及人民(おほみたから)順不(まつろひまつろはぬ) 則日本武 (いでます)信濃(しなの) 是國也 山高谷幽(ふかし) 翠(あをき)(たけ)萬重(とほくかさなる) 人倚(つかふ)(つゑ)難升(のぼる) 巖(いはほ)(さがし)(かけはし)(めぐる) 長(たかし)(たけ)數千(ちぢあまり) 馬頓轡(なづむ)而不(ゆく) 然日本武 披(わく)(けぶり)(しのぐ)霧遥人一巛工(わたる)大山(みたけ) 既逮(いたる)于峯 而飢(つかれる)之 食(みをしす)於山中 山~令苦(くるしぶ)(みこ) 以化(なる)白鹿(かせき)立於王前 王異(あやしぶ)之 以一箇蒜(ひとつのひる)(はじきかく)白鹿 則中(あたる)(まなこ)而殺之 爰王忽(たちまちに)(まどふ) 不知所出 時白狗(いぬ)(おのづから)(まうく) 有(ある)(みちびく)(みこ)(かたち) 隨(したがふ)狗而行(いでる)之 得出美濃(みの) 吉備武 自越出而遇(まうあふ)之 先是 度(わたる)信濃坂(しなののさか)(ひと) 多(さはに)得~氣(いき)广冫莫(をえふす) 但(ただ)從殺白鹿(かせき)之後 踰(こゆ)是山者(ひと) 嚼(かむ)(ひる)塗人及牛馬(うしうま) 自不中(あたる)~氣也 

是に、日本武尊、曰はく、「蝦夷の凶しき首、咸に其の辜に伏ひぬ。唯、信濃國・越國のみ、頗未だ化に從はず。則ち甲斐より北、武藏・上野を轉歴りて、西、碓日坂に逮る。時に、日本武尊、毎に弟橘媛を顧ぶ情有す。故、碓日嶺に登りて、東南を望りて三たび歎きて曰はく、「吾嬬はや」 【嬬、此を菟摩と云ふ】 故、因りて山の東の諸國を號けて、吾嬬國と曰ふなり。是に、道を分りて、吉備武彦を越國に遣して、其の地形、嶮易及び人民の順不を監察しむ。則ち日本武尊、信濃に進入しぬ。是の國は、山高く谷幽し。翠き嶺萬重れり。人杖倚ひて升り難し。巖嶮しく磴紆りて、長き峯數千。馬頓轡みて進かず。然るに、日本武尊、烟を披け、霧を凌ぎて遥に人一巛工る。既に峯に逮りて、飢れたまふ。山の中に食す。山の~、王を苦びしめむとして、白き鹿と化りて王の前に立つ。王、異しびて、一箇蒜を以て白き鹿に彈けつ。則ち眼に中りて殺しつ。爰に王、忽に道を失ひて、出づる所を知らず。時に白き狗、自づから來て、王を導く状有り。狗に隨ひて行で、美濃に出るを得つ。吉備武彦、越より出でて遇ひぬ。是より先、信濃坂を度る者、多に~の氣を得て广冫莫え臥せり。但白き鹿を殺ししより後に、是の山を踰ゆる者、蒜を嚼みて人及牛馬に塗る。自づからに~の氣に中らず。 

”つみ”は~へのけがれを意味するような行為、「とが」は過失、「つみ」はその意図をもて為すこと、またその報復として加えられる処罰、
自辛が初文で鼻に入墨する罪、~に対して「つつむべきもの」を犯し、「つつみあるもの」とされることを「つみ」という、罪の字は始皇帝が自辛と帝と字形が近いことをにくんで、罪に改めたとされる。辜は入墨の罪にとどまらず、磔殺の意を含むもので、古声に歹古(残骨)の義があるとされる(字訓、字統)。高天原を継ぐ皇孫に従はぬことが”つみ”となろうか、凶首は殺したことを暗示していよう。化を”おもぶけ”と訓じている。”み”は尊称、面向(おもむ)くからきて他動詞は教化の意にもちいる(字訓)。信濃國(長野県:地図と越國(北陸地方の古称)は未だ従はなかった。甲斐(山梨県)より北、武藏(埼玉県、東京都、神奈川県一部)・上野(上毛野國、群馬県)を経て、碓日坂に至る。碓日坂は、上野から信濃国佐久郡に通じる碓氷峠地図と注される。「坂本より軽井沢へ二里三十町。坂本の人家百二三十軒許。是より坂を越て碓日嶺へ上る。」東路記に見る峠峠の世界とある顧を”しのぶ”と訓じている。東南を望みとあるが、ここから浦賀水道といえば、東南といえぬことはないが感覚的には南であろう。弟橘媛を吾嬬(あづま:我妻と三度嘆息し、碓日嶺の東を吾嬬國と称し、後に東國(あづま)となる。碓日嶺の東は上野、下野、常陸となり、相模、武蔵、上総、下総を対象とするなら、南、東南であり、東というなら、古事記の足柄の坂本の方が方向感覚が合う。信濃國・越國を視野にいれたために、かなり北方に軌道修正されざるを得なかった。ここで、吉備武彦が越、日本武尊が信濃と二手に別れることとなる。後の北陸の吉備の國造に、角鹿国造(越前国敦賀郡)、伊弥頭国造(越中国射水郡)があり、吉備武彦がここに登場せしめられたことは、その証となるものであった。
自らは信濃に入る。その描写は、虞世南、獅子賦の
巖磴深阻 盤紆絶嶮 翠嶺萬重 瓊崖千仞 馬頓轡而莫升 車摧輪而不進に類似と注される。幽は深くて暗いこと。翠は深いみどり。萬重を”とおくかさなる”と訓じている。嶺が幾重にも連なっているさま。倚はよりかかること、倚杖は杖によりかかること。巖嶮は崖が険しいこと。磴は石段、石橋、石の坂道、紆はまがる、めぐること。磴紆は中国にあっても、この時代の日本にはあるまい。長い峯(尾根)がづっと続いているので、馬では行けない。頓は止まること、轡はくつわ、馬立ち止まり、たずな引けど進まず、を”なづむ”、ものに妨げられてゆきなやむ(字訓)、と訓じている。だけども、日本武尊は大山(みたけ)人一巛工(わた)られた。烟はたちこめる気、後の「~の氣に中らず」からすれば、山の~の気もたちこめていた。披は獣皮を披(ひ)らくことが原義。凌(しのぐ)とは、ここでは、霧でぐっしょり濡た衣服に堪えて進むこと。飢を”つかれる”と訓じているが、腹が減ること。鹿を”かせき”と訓じている。鹿の角が木上下(かせき)に似ているとによると注されている。山の~が白鹿となってあらわれることが、何故、王(みこ)を苦しめることになるのか?蒜(ひる)はニンニク、肉類や虫毒の解毒に用いられたと注される。蒜を携帯されていたとみえる。蒜が眼に中(あた)り死ぬとは、また、妙な展開である。苦しめるとは、鹿は食へず、道には迷うということか?如何なる配慮か、自ら白狗があらわれ王を美濃へ導いたとある。中国では、走狗、孔子を”喪家の狗”と称したごとく、狗にはいい印象がない。句は、「小さく曲がったものを句と称す…せまく区切った小屋に入れられて、丸く体を曲げた子犬のこと…献、昔は獻と書いた。「虎の紋のある容器+犬」を組み合わせた字である。たりっぱな鍋で犬肉を煮たごちそうであったろう。(漢字の話:藤堂明保)とされる。中国では邪霊を防ぐために犬を埋める。縄文犬、弥生犬と犬の歴史は日本でも相当古いようであるが、この場合の狗は遣はされた犬となろう。蒜も白狗もある種の魔除け効果のあるものとして登場せしめられたものと思はれる。白鹿、白狗と白がめだつ。
信濃坂は信濃國伊那郡の阿知駅と美濃國恵那の坂本駅との間の御坂
(みさか)峠、斉明六年是歳条には巨坂(おほさか)ともある。和銅年間には吉蘇路(きそぢ)が開通するまで東山道中の嶮路であった、と注される。大場磐雄氏により、今の神坂峠(長野県下伊那郡阿智村、岐阜県中津川市との境:地図とされた。「神坂峠は大場氏を中心として昭和26(1951)年に調査された。その際に祭祀遺物が出土した事により奈良時代に「径道険隘、往還艱難」とされた美濃・信濃国境の位置が確定した。…「ミサカ」は神が鎮座する、神を祀るところを示す呼称として使われていた補論2:古代東山道と神坂國學院大學日本文化研究所フロンティア構想)」とある。广冫莫え臥せりは、病みて寝込むこと。この白鹿を殺して後は、蒜を噛んで人牛馬に塗れば大丈夫であったという。この街道の重要拠点を平定されたことになる。ここで吉備武彦と合流する。越を偵察した吉備武彦は更に険しい道中であったものと思はれるが記述はない。
さて、この東征は、船(海路)で蝦夷に向かい、帰還は陸路となっており、書紀では東山道を意識している。信濃坂、後の吉蘇路(きそぢ:木曾路)の由来がここにあると示しておきたかった。ところで、四十年(AD110)十月以降、四十三年までの時間的経過が定かでない。浦賀水道まではこの歳であろうが、弟橘媛の陵を作るとなれば、ここらで年が変わるとみるべきであろう。雪の記述がないということは蝦夷への境への到着は四十一年(AD111)春以降、四十三年(AD113)に、日本武尊が葬られるが、三十歳と記されるが二十九歳で出立しており、四十三年では三十二歳。三十歳で終えるには、四十一年の冬までに後の行動が終わっていなければならない。信濃の描写は夏であり、九夜日十日からすれば、四十一年冬までには尾張に到着していなければなるまい。宮簀媛のもとに二年滞在されたことになろうか。古事記によれば、先に”ちぎり”をしていたとあり、四十年に尾張を通過したときに約束ができていた事になる。されば、最愛の弟橘媛とのロマンスは、その約束の直後の一秋、電撃的一目ぼれの相思相愛(平成の世なら不倫、スキャンダル)。焼津の野でまさに燃え上がり、実ることなく、浦賀水道に消える定めの激しい恋であったことになろう。

日本武 更(また)還於尾張(をはり) 娶尾張氏(をはりのうぢ)之女(むすめ)宮簀媛(みやすひめ) 而淹(ひさしく)留踰(へる)月 於是 聞近江(あふみ)五十葺山(いぶきやま)有荒~ (ぬく)劔置於宮簀媛家 而徒(たむなで)(いず)之 至膽吹山(いぶきやま) 山~化(なる)大蛇(をろち)(あたる) 爰日本武 不知主~(かむざね)化蛇(をろち)之謂 是大蛇(をろち)(ふつくに)荒~之使(つかひ)也 得殺主~(かむざね) 其使者(つかひ)豈足求乎 因跨(またこへる)蛇猶行 時山~之興(おこす)雲零(ふる)(ひ) 峯霧谷日壹(くらし) 無復可行之路(ところ) 乃捷遑(さまよふ)不知(おぼふ)其所跋渉(ふむ) 然凌(しにぐ)(あながちに)行 方(まさに)僅得出 失意(こころまどはす)如醉(ゑふ) 因居山下之泉側(ほとり) 乃飲(をす)其水而醒之 故號其泉 曰(いふ)居醒泉(ゐさめがゐ)也 日本武 於是 始有痛身(なやみますこと) 然稍(やうやく)起之 於尾張 爰不入宮簀媛之家 便移伊勢 而到尾津(をつ) 昔(さきに)日本武 向(いでる)(あづま)之歳 停(とどまる)尾津濱(おつのはま)(みをしす) 是時 解一劔置於松下 忘而去 今至於此 是劔存 故歌曰 烏波利珥(をはりに) 多陀珥霧伽幣流(ただにむかる) 比苔菟菟阿波例とつまつあはれ) 比等菟つまつ) 比苔珥阿利勢麼にありせば) 岐農岐勢摩之土烏せましを) 多知波開摩之土烏(たちはましを) (いたる)于能褒野(のぼの) 而痛甚(なやみさは)之 則以所俘(とりこ)蝦夷等(えみしども) 獻(たてまつる)於~宮(かみのみや) 因(まだす)吉備武彦 奏(まうす)之於天皇曰(まうす) 臣(やつかれ)(うけたまはる)(みこと)天朝(みかど) (とほく)(うつ)(あづま)(ひな) 則被(かうぶる)~恩(めぐみ) (きみ)(みいきほひ) 而叛者伏(したがふ)罪 荒~自調(したがふ) 是以 卷甲(よろひ)口耳戈(をさめる)(ほこ) 心豈(いくさとく)之 冀(ねがふ)(いづれ)日曷時 復命(かへりごとまうす)天朝(みかど) 然天命(いのちのかぎり)(たちまち)至 隙駟(ひのあし)難停 是以 獨臥曠野(あらの) 無誰語之 豈惜身亡(ほろぶ) 唯愁(うれふ)不面(まのあたりつかふ) 而崩(かむさる)于能褒野 時年卅(みそぢ) 天皇(すめらみこと)聞之 寢(みねます)不安席(みましやすからず) 食(みものたてまつる)不甘味(あぢはひあまからず) 晝夜(ひるよる)喉咽(むせぶ) 泣(いさち)(かなしぶ)手票手辟(みむねうつ) 因以 大歎之曰 我子小碓王(をうすのみこ) 昔熊襲叛之日 未及(あらぬ)總角(あげまき) 久(ひさに)煩征伐(たたかひ) 而恆在左右(かたはら) 補朕(わが)不及(かけたる) 然東夷騒(さわぐ)(とよむ) 勿使討者 忍(しのぶ)(めぐみ)以入賊(あた)(さかひ) 一日(ひとひ)之無不顧(しのぶ) 是以 朝夕(あさよひ)進退(さまよふ) 佇(つまだつ)日 何(わざはひ)兮 何罪兮 不意之間(ゆくりもなく) 人h灸(あからめさす)我子 自今以後 與誰人之 經綸(をさむ)鴻業(あまつひつぎ)耶 (みことのりす)群卿(まへつきみたち)(みことおほす)百寮(つかさつかさ) 仍葬(はぶる)於伊勢國能褒野陵(のぼののみささぎ) 時日本武(なる)白鳥(しらとり) 從陵出之 指倭國而飛之 群臣等 因以開其棺木親(ひつぎ)之 明衣(みそ)空留而 屍骨(みかばね)無之 於是 (つかはす)使者(つかひ)(おいもとむ)白鳥 則停於倭琴彈原(ことひきのはら) 仍於其處陵焉 白鳥更飛至河内(かふち) 留舊市邑(ふるいちのむら) 亦其處作陵 故時人號是三陵 曰白鳥陵(しらとりのみささぎ) 然高翔上(のぼる)天 徒(ただに)(をさむ)衣冠(みそかがふり) 因欲録(つたふ)功名(みな) 定武部(たけるべ)也 ○是歳也 天皇(すめらみこと)踐祚(あまつひつぎしろしめす)廾廾三年焉

日本武尊、更、尾張に還り、即ち尾張氏の女、宮簀媛を娶りて、淹しく留りて月を踰ぬ。是に、近江の五十葺山に荒ぶる~有ることを聞き、即ち劔を解きて宮簀媛が家に置きて、徒に行ず。膽吹山に至るに、山の~、大蛇に化りて道に當れり。爰に日本武尊、主~の蛇と化れるを知ずして謂はく、「是の大蛇は、必に荒ぶる~の使ならむ。既に主~を殺すことを得てば、其の使者は豈に求むるに足らむや。」因りて、蛇を跨えて猶行でる。時に山の~、雲を興し氷を零らしむ。峯霧り谷日壹くして 復、行くべき路無し。乃ち捷遑ひて其の跋渉まむ所を知えず。然るに霧を凌ぎて強に行く。方に僅に出づることを得つ。猶、失意せること醉へるが如し。因りて、山の下の泉の側に居して、乃ち其の水を飲して醒めぬ。故、其の泉を號けて、居醒泉と曰ふ。日本武尊 、是に、始めて痛身有り。然して稍に起ちて、尾張に還る。爰に宮簀媛が家に入らずして、便に伊勢に移りて、尾津に到る。昔に日本武尊、東に向でし歳に、尾津濱に停りて進食す。是の時、一つの劔を解きて松の下に置きぬ。遂に忘れて去でます。今、此に至るに、是の劔猶存り。故、歌して曰はく、

 
烏波利珥 多陀珥霧伽幣流 比苔菟麻菟阿波例 比等菟麻菟 比苔珥阿利勢麼 岐農岐勢摩之土烏 多知波開摩之土烏 
 尾張
(をはり)に 直(ただ)に向(むか)へる 一(ひと)つ松(まつ) 人(ひと)にありせば 衣(きぬ)(き)せましを 太刀(たち)(は)けましを

能褒野に逮りて、痛甚なり。則ち俘にせる蝦夷等を以て、~宮に獻る。因りて吉備武彦を遣して、天皇に奏して曰す、「臣、命を天朝に受りて、遠く東の夷を征つ。則ち~の恩を被り、皇の威に頼りて、叛く者、罪に伏ひ、荒ぶる~、自づから調ひぬ。是を以て、甲を卷き戈を
口耳戈めて、心豈悌けて還れり。冀はくば、曷の日曷の時にか天朝に復命さむと。然るに天命忽に至りて、隙駟停り難し。是を以て、獨り曠野に臥す。誰にも語ること無し。豈に身の亡びむことを惜しまむ。唯愁ふるは、面へまつらざること。」既にして、能褒野に崩りましぬ。時に年卅。天皇、聞しめして、寢、席安からず。食、味甘からず。晝夜、喉咽びて、泣ち悲み手票手辟ちたまふ。因りて、大きに歎きて曰はく、「我が子、小碓王、昔、熊襲の叛きし日に、未だ總角にも及らぬに、久に征伐に煩ひ、既にして恆に左右に在りて、朕が不及を補ふ。然るに東の夷騒ぎ動みて、討たしむる者勿し。愛を忍びて賊の境に入らしむ。一日も顧びざること無し。是を以て、朝夕に進退ひて、佇ちて還へる日を待つ。何の禍ぞ、何の罪ぞ。不意之間、我が子を人h灸亡しぬ。今より以後、誰人と與に、鴻業を經綸めむや。」 即ち群卿に詔して百寮に命せて、仍りて伊勢國の能褒野陵に葬りぬ。時に、日本武尊白鳥に化りて、陵より出で、倭國を指して飛ぶ。群臣等、因りて以て其の棺木親を開きて視れば、明衣のみ空しく留りて、屍骨、これ無し。是に、使者を遺して白鳥を追ひ尋めぬ。則ち倭の琴彈原に停れり。仍りて其の處に陵を造らむ。白鳥更飛びて河内に至りて、舊市邑に留る。亦其の處に陵を作る。故、時の人是の三の陵を號けて。白鳥陵と曰ふ。然して遂に高く翔びて天に上りぬ。徒に衣冠を葬めて、因りて功名を録へむとして、即ち武部を定めり。是歳、天皇踐祚廾廾三年(AD113)ならむ。

古事記は「
その國より科野(しなの)の國に越えて、すなはち科野の坂の~を言向(ことむ)けて、尾張の國に還り來て、先(さき)の日に期(ちぎ)りたまひし美夜受(みやず)比賣の許(もと)に入りましき。ここに大御食(おほみけ)獻りし時、その美夜受比賣、大御酒盞(さかづき)を捧げて獻りき。ここに美夜受比賣、それ襲(おすひ)の襴(すそ)に、月經(つきのさはり)著きたりき。故、其の月經を見て御歌(みうた)よみしたまひしく、

 ひさかたの
(枕詞) 天(あめ)の香具山 利鎌(とかま)に さ渡る鵠(くび:白鳥) 弱細(ひはぼそ) 手弱腕(たわやがひな)を  枕(ま)かむとは 我(あれ)はすれど さ寝(ね)むとは 我(あれ)は思へど 汝(な)が着(け)せる 襲(おすひ)(すそ)に 月立ちにけり

とうたひたまひき。ここに美夜受比賣、御歌に答へて曰
(い)ひしく、

 高光
(たかひか)(枕詞) 日の御子 やすみしし(枕詞) 我(わ)が大君 あらたまの(枕詞) 年(とし)が來經(きふ)れば あらたまの 月は來經行(さへゆ)く 諾(うべ)な諾(うべ)な諾(うべ)な 君待ち難(がた)に 我(わ)が着(け)せる 襲(おすひ)(すそ)に 月立たなむよ

といひき。故、ここに御合
(みあひ)したまひて、その御刀(みはかし)の草薙の劍を、その美夜受比賣の許に置きて、息吹(いぶき)の山の~を取りに幸行(い)でましき。
ここに詔りたまひしく、「この山の~は、徒手
(むなで:素手で)に直(ただ)に取りてむ。」とぼりたまひて、その山に騰(のぼ)りましし時、白猪(しろゐ)山の邊に逢(あ)へり。その大きさ牛の如くなりき。ここに言擧(ことあげ:自己の意志を言いたてて、コトアゲはタブー)して詔りたまひしく、「この白猪に化(な)れるは、その~の使者(つかひ)ぞ。今殺さずとも、還らむ時に殺さむ」とのりたひて、騰(のぼ)りましき。ここに大氷雨(おほひさめ)を零(ふ)らして、倭建の命を打ち惑(まど)はしき。【この白猪に化れるは、その~の使者にあらずて、その~の正身に當りしを、言擧に因りて惑はさえつるなり。】故、還り下(くだ)りまして、玉倉部(たまくらべ:不詳、滋賀県醒が井が伝説の地)の清泉(しみづ)に到りて息(いこ)ひましし時、御心稍(やや)に寤(さ)めましき。故、その清泉(しみづ)を號けて居寤(ゐさめ)の清泉(しみづ)と謂ふ。 
其地
(そこ)より發(た)たして、當藝野(たぎの:岐阜県養老郡)の上に到りましし時、詔りたまひしく、「吾が心、恆(つね)に虚(そら)より翔(かけ)り行かむと念(おも)ひつ。然るに今吾が足得(え)(あゆ)まず。たぎたぎしくなりぬ。」とのりたまひき。故、其地を號(なづ)けて當藝(たぎ)と謂ふ。其地より差(やや)(すこ)し幸行(い)でますに、甚疲(いとつか)れませるによりて、御杖を衝(ゆ)きて稍(やや)に歩みたまひき。故、其地を號けて杖衝(つゑつき)(三重県三重郡)と謂ふ。尾津(をつ:三重県桑名郡)の前(さき)の一つ松の許(もと)に到りまししに、先(さき)に御食(みをし)したまひし時、其地に忘たまひし御刀(みはかし)、失(う)せずて猶(なほ)ありき。ここに御歌(みうた)よみしたまひしく、

 尾張
(おはり)に 直(ただ)に向かへる 尾津(をつ)の崎なる 一つ松 あせを 一つ松 人にありせば 大刀佩(たちは)けましを 衣着(きぬき)せましを 一つ松 あせを

とうたひたまひき。其地より幸
(で)まして、三重の村(三重県三重郡)に到りし時、また詔りたまひしく、「吾が足は三重(みへ)の勾(まがり)の如くして、甚(いと)疲れたり。」とのりたまひき。故、其地を號けて三重と謂ふ。それより幸行(い)でまして、能煩野(のぼの)に到りましし時、國を思(しの)ひて歌ひたまひしく、

 倭
(やまと)は  國のまほろば たたなづく 青垣(あをかき) 山隠(やまごも)れる 倭しうるはし

とうたひたまひき。また歌ひたまひしく、

 命
(いのち)の 全(また)けむ人は 畳薦(たたみこも) 平群(へぐり)の山の 熊樫(くまかし)が葉を 髻華(うず)に挿せその子

とうたひたまひき。この歌は國思
(くにしの)ひ歌なり。 また歌ひたまひしく、

 愛
(は)しけやし 吾家(わきへ)の方(かた)よ 雲居(くもゐ)(た)ち來(く)

とうたひたまひき。こは片歌
(かたうた)なり。この時御病(みやまひ)甚急(いとには)かになりぬ。ここに御歌よみしたまひしく、

 嬢子
(をとめ:美夜受比賣)の 床(とこ)の邉(べ)に 我(わ)が置きし つるぎの大刀(たち) その大刀はや

と歌ひ竟
(を)ふる即ち崩(かむあが)りましき。ここに驛使(はゆまづかひ)貢上(たてまつ)りき。

ここに倭に坐す后等
(きさきたち)また御子等(みこたち)、諸(もろもろ)(くだ)り到りて、御陵を作り、すなはち其地(そこ)のなづき田(だ)に匍匐(は)ひ廻(もとほ)りて、哭(な)きまして歌ひたまひしく、

 なづきの田の 稲幹
(いながら)に 稲幹に 匐(は)ひ廻(もとほ)ろふ 野老鬘(ところづら:ヤマイモの蔓)

とうたひたまひき。ここに八尋白智鳥
(やひろしろちどり)に化(な)りて、天(あめ)に翔(かげ)りて濱に向きて飛び行(い)でましき。ここにその后また御子等、その小竹(しの)の苅杙(かりくひ:切り株)に足足非(き)り破れども、その痛きを忘れ哭(な)きて追ひたまひき。この時に歌ひたまひしく、

 浅小竹原
(あさじにはら) 腰なづむ(篠竹が腰にまつわり難渋する) 空は行かず 足よ行くな(空を飛んでゆかず、トボトボ歩いてゆく)

とうたひたまひき。またその海鹽
(うしほ)に入りて、なづみ行きましし時に、歌ひたまひしく、

 海
(うみが)行けば 腰なづむ(海水が腰にまつわり難渋する) 大河原(おほがはら)の 植(う)ゑ草(ぐさ:水面に生えている草) 海處(うみが)はいさよふ

とうたひたまひき。また飛びてその磯
(いそ)に居(ゐ)たまひし時に、歌ひたまひしく、

 濱つ千鳥
(ちどり) 濱よは行かず 磯(いそづた)

とうたひたまひき。この四歌
(ようた)は、皆其の御葬(みはふり)に歌ひき。故、今に至るまでその歌は、天皇の大御葬(おほみはふり)に歌ふなり。故、その國より飛び翔り行きて、河内(かふち)の國の志幾(しき)に留りましき。故、其地に御陵を作りて鎭(しづ)まり坐さしめき。すなはちその御陵を號けて白鳥(しらとり)の御陵と謂ふ。然るにまた其地より更に天(あめ)に翔りて飛び行(い)でましき。凡そこの倭建の命、國を平(ことむ)けに廻(めぐ)り行(い)でましきし時、久米直(くめのあたへ)の祖、名は七拳脛(ななつかはぎ)、恆(つね)に膳夫(かしはで)として、從ひ仕へ奉りき。(岩波文庫)伝へる。

尾張は火明命の子孫書紀巻2とされる。宮簀媛は熱田大神宮縁起によれば、火明命11代の孫、尾張の國造、乎止与命の子の稲種公の妹と注されている。稲種公は熱田神宮の「五座の大~:天照大~、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛、建稲種命」の建稲種命、水軍を率いて副将軍格で参加したのは、妹を尊の后とすることと抱き合わせとなっていたのであろう。古事記では、美夜受比賣は尊に「我が大君」と呼びかけている。気懸かりであった弟橘媛はすでに亡くなり、ひたすら尊の還りを待ちわびておられた。(おすひ)着用されており、これは祭服であるが、(すそ)に、月經(つきのさはり)著きとあり、別小屋に篭っておられたところから駆け付けてこられたのであろう。まるで、利鎌のごとく、天香具山にまっしぐらに飛んでくる白鳥のように。そのしなやかに伸びる白い腕を枕に寝たいが月経では、と歌はれた。貴方は、日の御子、我が大君、いつおりかと一年が過ぎ、また一月一月が過ぎ、どうしようもなく待ち焦がれ、また月のものが来てしまった(もう待ちきれない)、利鎌のごとく、御合された。をまとう美夜受比賣は巫女でもあり「わが国の創成の時代においては、月経は決 して忌むべきものではありませんでした。それどころか、神の巫女としての資格と考えられていたのです。月経の兆しをみた女性は、家族と別れて特別に小屋にこもり、別火生活をしながら神を迎えます。それは月経がけがれているからではなく、神に召された者として神との交わりをもつためのものでした。女性がこもる小屋は、神聖な樹木のそばに建てられました。その木の多くは、槻の木であったので、そこから「槻屋」と呼ばれたといいます。古来、社寺の建造に多く使われたという槻の木は、今日では欅の木と呼ばれています。月経−聖から不浄へすてきな性ゆたかな生とあるが、尊を、人とはいへ、日の御子、~の子であり赦されるであろうとつきすすんだ。それが尊の判断を狂わせる結果となる。書紀はそこをさらりと通り過ぎる。は”ひたす、とどまる”こと、留は久しく留まること。月を踰(へ)ぬというから、二人の生活は、一月は越えたのであろうが、先の計算では、二冬を過ごしたとせねばなるまい(これでは話が間延びとなりすぎるが・・・)

五十葺山、膽吹山、息吹山、伊吹山地図、”い”は神聖なもの、また息の意、”ふき”は風を起すこと、この山は日本海の風を受けて、気象状況が悪く、古代人は、荒ぶる神の所業とみていたのであろう、と注されている。徒に行ず、は素手で行くこと。何故剣を置いて出たのか?古事記では、尊は、自らの~のごとき働きに、また、媛は、その尊へのあまりの恋しさから、一線を越えた行動を起していたと暗示している。油断があった、古事記では白猪、書紀では大蛇を~の「使」と見、その主たる~を退治すればすむことと無視し、侮った。主~”かむざね”は、”かむ”が~、”さね”は核、中心となるもの、古事記では正身、と注される。道に當るとは、漢書、高帝紀、「化為蛇当道」、道に横たわって進むのを妨げる、と注される。書紀が猪を大蛇に替えたのは、草薙剣が大蛇から取り出されたことを想起せしめるためであったろう。古事記では「猪に言擧」し、書紀では「蛇を(またこえる:またぐ、結果、相手の姿は見えず、雲(強風)と氷雨、霧に見舞われ、路に迷い、ひたすら体力を消耗させられ、酔ったようなふらふらの状態でやっと麓の泉に辿り着く。居醒泉”ゐさめがゐ”は、坐っていて気がついた泉と注され、滋賀県米原市醒ヶ井地図と岐阜県関ヶ原町玉部落地図の二説がある。字的には、居醒は醒ヶ井、玉倉部邑は玉部落に近い。「還り山を下る」、という記述からすれば、尾張の側、玉部落に分があろう。醒ヶ井から尾張では、山また山を越えねばならぬ。
痛身を”なやみますこと”と訓じている。”なやむ”は”萎ゆ”と同根で体力が衰えること(字訓)。古事記では、當藝野(たぎの:岐阜県養老郡)の上に到りましし時・・・吾が足得(え)(あゆ)まず。たぎたぎしくなりぬ。・・・甚疲(いとつか)れませるによりて、御杖を衝(ゆ)きて稍(やや)に歩みたまひき。故、其地を號けて杖衝(つゑつき)(三重県三重郡)と謂ふ。」ある。書紀は、宮簀媛が家に入らずして、便に伊勢に移りて、尾津に到る。」と、ここで月立ちた媛との交わりを反省し、伊勢の天照大~の加護を求めたと暗示している。尾津は三重県桑名市多度町御衣野の山麓の尾津神社の地地図とされる。「神社辺りは静かな田園風景が広がり、集落の向こうには雪を頂く鈴鹿山系の藤原岳を望む。古へはこの辺りまで海が入り込み、尾津の岬といった。その証があった。尾津神社から北東に1`ほどのところに「舟着社」という神社があり、境内には「舟置神社」という石碑もある。現在は田園の真中で、揖斐川下流まで3`、海岸線までというと10数`あまりはあるだろう。往古はこの辺りが海岸線であった日本武尊、能褒野に死す古事記・日本書紀。」とある。尾津”をつ”は”食:をす”した"津:つ”船着場の義、その濱から一直線に尾張は望め、古事記的には、もしこの松が、”あせ:我が夫”なら、太刀を着け衣をまとわせたものを、書紀的には、自らを松に例えて、自分が人間と自覚しておれば、衣を着て太刀を腰に付けていたものを、と嘆かれた。能褒野に逮りての逮は、至ると痛甚に逮はれるが、かけられている。書紀は、一歩も動けなくなり、伊勢~宮に蝦夷等を獻り、この窮地からの加護を得むとし、一方、吉備武彦を天朝に派遣し、目通り叶うとことなく果てるやもしれぬと報告させたとある。
古事記では、
「吾が足は三重(みへ)の勾(まがり)の如くして、甚(いと)疲れ・・・故、其地を號けて三重と謂ふ。それより幸行(い)でまして、能煩野(のぼの)に到りましし時、國を思(しの)ひて歌ひたまひしく」、とあるが、その歌は書紀では、丹裳小野における大足彦忍代別天皇(景行天皇)の歌書紀巻7とされた。能褒野は、三重県鈴鹿市北方から鈴鹿郡鈴峰村、亀山市東部にかけての野地図と注される。青々と木の繁った山々が折り重なり、垣のごとく取り巻く山の中に篭る倭が麗しく思ひだされる。自分はもはやここで果てようが、我に従った子等よ、命が無事ならば、帰還したおりには生命力溢れる平群の白橿の簪を差して祝ってくれ。この二首は國思歌、古事記では天皇が歌うかのごとき扱いとなっている。愛しき我が家の方から雲美夜受比賣の気)が漂い来る。これは片歌。次の歌は、比賣の床に置いた剣、その太刀があれば(こんなことにはならなかった)、書紀は尾津の歌の繰り返しとなるため、この歌を省いた。熱田祠官略記によれば、彼女は社をたて、一人で草薙剣を守った。その地の楓木が燃えたことから、その地が「熱田」と称されたという。草薙剣は、本来なら伊勢に返還さるべきものであるが、美夜受比賣の胸に抱かれたままこの地に残されることになった。尋常ならざる二人の思いを、人々が支持し、引き裂く事ができなくなったとでも云ふべきか。倭から駆けつけた后や御子達が陵つくりに参加し、哭して歌った歌が四首。田を這いずり回って泣きながら陵を作り、倭建命が八尋(大きな)白鳥と化して濱に向かって美夜受比賣の尾張を暗示していよう)飛び立つと、腰にまとわりつく竹の原、背丈ほどある草の海辺、荒磯を身体が傷つくのもいとわずそのあとを追った、と歌っている。それは、「天皇の大御葬(おほみはふり)に歌ふなり。」とまでになった。倭建命の死は人々の心を激しく動かした。

書紀は、そうではないという。吉備武彦の報告によれば
、「命(みこと)を天朝(みかど)に受(うけたまは)りて」、「~の恩(めぐみ)」、「皇(きみ)の威(みいきほひ)」によって、「叛者伏(したがふ)罪 荒~自調(したがふ)う。」、心豈悌は心楽しく安らぐさま、”いくさとく”と訓じている。禮記に、「三年之喪 二十五月而畢 若駟之過隙」とあり、駟は四頭立ての馬車、三年(二十五ヶ月)の喪は、それが隙間をあっというまに過ぎるようなものの義、。「天命(いのちのかぎり)忽(たちまち)至 隙駟(ひのあし)難停」は、(私に降りた)天命はあっという間に終わったの義。「不面(まのあたりつかふ)」は、顔を向けることができないこと。「獨臥曠野(あらの) 無誰語之」、独り荒野で臥し、誰にもしゃべることが出来ない、そういうことをやらかしてしまった。だが、その理由にはふれない。武彦がその報告をしている頃には、尊は既に亡くなっておられた。それが三十歳の時という。三十歳なら四十一年。四十三年なら三十二歳。物語上では一年という意識、実際には三年を要した東征となろう。大足彦忍代別天皇(景行天皇)の嘆きは深かった。呉志、薛綜伝に、「食不甘味 寢不安席」とあり、史記、漢書、文選での常套句と注される。毛詩、北邑風、柏舟に、「寤辟有手票とあり、手票は撃、手辟は心を拊つ、胸をうって悲しむこと、と注される。總角は、髪を左右に分け両耳の上に丸く結い上げる形、十七、八歳向き、「未及總角」だから十六歳と注される。「忍愛以入賊境 一日之無不顧」とは、愛しい我が子を賊境に送り出し、一日としてそれを気にかけぬことはなかった、の義。「不意之間」は思いがけずの古語、人h灸亡(あからめさす)」人h灸は、傍目、物を見失う、よって、愛する者を亡くすこと、と注される。過失であったのか?罪であったのか、思いがけずも愛する子を失った。ここでもその理由は疑問形で留置かれている。伊勢國の能褒野陵(三重県亀山市田村町:地図は、古事記を否定し、天皇が命じて造営したものであるとし、白鳥も浜に向かってではなく、倭國を指して飛んだ、と訂正した。陵も、宮内庁の管理下にない、三重県鈴鹿市加佐登町地図の白鳥陵とは別に造営されたのであろう。更に、木親木親は、最も内側の”ひつぎ”、明衣は通常、神官の斎服であるがここでは死出の装束となっている、明衣のみあって骨がなかった、と記している。つまり、生き返り、白鳥となり、倭の琴彈原(奈良県御所市冨田:地図、河内舊市邑(大阪府羽曳野市白鳥:地図を経て、天に返り、~となられた、という。
書紀は、倭に向かった先として、
倭が麗しく思ひだされる処、かつて磐余彦尊~武天皇)が国見をされた処書紀巻3)、腋上の国見山地図を選んだ。琴彈原の由来が分からないが、詩、關雎に「窈窕たる淑女は 君子の好逑・・・窈窕たる淑女は 琴瑟これを友とす。」とあり、この処で琴が奏されたと思はれる。この場合の淑女としては、最愛の弟橘媛が想起されよう。しかし、媛と腋上方面との関連は見いだせない。忍山宿禰を祭る忍山神社は伊勢国鈴鹿郡(亀山市野村町)、伊勢国河曲郡(鈴鹿市道伯町)にあり、弟橘媛もこの地で生まれたとされる。忍山宿禰は東征に従軍し、緒川、入海神社(愛知県知多郡東浦町緒川:地図の地に凱旋したとあり四方山話編二文献史学研究室、同社由緒によれば知多半島の文学碑データベース、弟橘媛も父に従ったとある。川匂神社神社延喜式神社の調査)由緒によれば、相模国造、忍山宿禰が神宝を奉納したともあり、東征の折に、穂積氏は、東に勢力を伸ばしたことになる。古事記的には、美夜受比売に会いたいという想いであり、後の世の人々が熱田に白鳥を降ろし、御陵(名古屋市熱田区白鳥:地図を設けることとなった。草薙剣となれば、根の国にいる母に会えないことから、母を慕って暴れた素戔嗚尊を想起させる。古事記によれば倭建命も乱暴者であった。「播磨風土記」によれば、母、播磨稻日大郎姫は天皇にみそめられ、加古川流域の高宮で数年を過ごし、その地で尊を生んだ、とされる。また、「播磨風土記によれば、播磨稲日大郎姫はのちに播磨の城宮の地で生涯を終えている。「年を経て」とあるので長生きはしたようだ。とすると熊襲征伐など出征続きの景行天皇のもとで養育されたとは考え難い。母である播磨稲日大郎姫のもとで青年期を迎えたと考えたほうがいいのではないだろうか?崇神朝の謎 第二章 「景行天皇の謎」きんたろうのホームページと推測しておられる。吉備の勢力を取り込むために腐心をする天皇の姿を想像しておられる。書紀では、尊は、即位二年に書紀巻7播磨稻日大郎姫と結婚して直後に纒向宮で生まれたかのごとき印象を与えるが、実のところは、結婚後9年目の御子となる。景行天皇の多彩な女性関係からして9年目となれば、もう収拾がつかない状態であり、尊が生まれ、育った場所、その母の所在、つまり、尊の最後の心のよりどころ、故郷、がわからない。ただ、書紀は、播磨風土記に連なる伝承を否定していることは確かである。白鳥を天に上げる前には、最後の別れを告げる場として、熱田にも、播磨にも降ろせなく、河内舊市邑に降ろした。葛城より竹内街道をへて難波へ通じる要衝、古市古墳群藤井寺市教育委員会文化財保護課歴史探訪の地である。古事記は河内の志幾八尾市/藤井寺市:志紀)としている。大和川と石川の合流する地域(古代の大和川の水路は難波に通じていた:大和川河川事務所、古市の北方。倭の師木との関連が深い地である。後に、「獲加多支鹵(ワカタケル)」ともくされる雄略天皇が河内に行った際、堅魚を上げている家を見つけて焼いた志幾の大県主の地である。
御間城入彦五十瓊殖天皇
(崇~天皇)の十年書紀巻5に箸墓の造営の挿話があった。ニ上山の石を列を作って手から手に渡して運んだとあった。同十七年、「船は天下の要用なり。今、海の邊の民、船無きに由りて以て甚に歩運に苦ぶ。其れ諸國に令して、船舶を造ら俾む。冬十月、船舶を造り始めよ書紀巻5。」と詔され、同六十二年には、灌漑用に造成された依網池、苅坂池・反折池に言及されていた(書紀巻5)。活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)の三十五年書紀巻6では「河内國に遣はして、高石池 茅渟池を作る。冬十月に、倭の狹城池及び迹見池を作る。是歳、諸國に令して、多に池溝を開らしむ。數八百。農を以て事と爲す。是に因りて、百姓富み寛ひて、天下大平なり。」とあった。鉄生産(鉄製農具)と治水事業は深い関連がある。出雲における土木技術は吉備にもたらされ、吉備の穴海干拓を可能にした。その技術が河内における治水事業に拍車をかけることになる。水上は船で、陸上は修羅で、巨石すら運ぶこと、土や岩を切り裂いて灌漑路を作る事、柵を組み土砂を埋める治水干拓、港の整備、それらの公共工事が可能となる。造船、造宮、造墓を可能とする道具と技術の開発は、いつの時代にも先端技術が導入される。人柱の代わりに埴輪を埋めるというアイデアを出した野見宿禰は出雲系であり、後の土師氏の祖である。埴輪の原型となる特殊器台は吉備起源が有力であった書紀巻6。後の世に、沼沢に出現した天に通じる巨大墳墓の地、吉備の影響を受けた河内舊市邑を、書紀の編者は、天に上った日本武尊と抱き合わせて歴史に留めようとした、とでもみてみたい。されば、「衣冠」を納めてその功名を記録せむ、といふ「武部」は、注されるような軍事的な職業部、に終わるものではあるまい。倭と吉備と尾張の結合、国の平定を象徴する響きが感ぜられよう。

2007.06.07


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 7-2 上田 啓之
.