e漢字使用


大泊瀬幼武天皇 雄略天皇

元年春三月庚戌朔壬子(457.03..03)  》》
二年秋七月(458.07)  》》
三年夏四月(459.04) 
 》》


四年春二月(460.02)  》》
五年春二月(461.02) 
 》》
六年春二月壬子朔乙卯(462.02.04) 
 》》
七年秋七月甲戌朔丙子(463.07.03) 
 》》
.
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

大泊瀬幼武天皇
(おほはつせのわかたけのすめらみこと) 雄略天皇(いうりやくてんわう)

日本書紀 卷第十四

大泊瀬幼武天皇 雄朝嬬稚子宿禰天皇
(をあさづまわくごのすくねのすめらみこと)第五子(いつはしらにあたりたまふみこ)也 天皇(すめらみこと)(あれる)而 ~光(あやしきひかり)滿(いはむ)殿(おほとの) 長(ひととなる)而伉健(たくましきこと)人 
三年八月
(はつき) 穴穗天皇(あなほのすめらみこと) 意(おもほす)將沐浴(みゆあみす) 幸(いでる)于山宮(やまのみや) 登樓(たかどの)(あそぶ) 因命(めす)(おほみき)兮肆宴(とよのあかりきこしめす) 爾(しかうす)盤樂極(みこころとげたのしびきはまる) 間(まじふる)以言談(みものがたり) 顧(ひそかに)(かたらふ)皇后 【去來穗別天皇(いざほわけのすめらみこと)(みむすめ)(まうす)中蒂皇女(なかしひめのひめみこ) 更名(またのな)長田大娘皇女(なかたのおほいらつめのひめみこ)也 大鷦鷯天皇(おほさざきのすめらみこと)(みこ)大草香皇子(おほくさかのみこ) 娶(まく)長田皇女(ながたのひめみこ) 生(うむ)眉輪王(まよわのおほきみ)也 於後 穴穗天皇用(もちゐる)根臣(ねのおみ)(よこしまうすこと) 殺(ころす)大草香皇子 而立中蒂姫皇女爲皇后 語(こと)在穴穗天皇紀(みまき)也】 曰(のたまふ) 吾妹(わぎもこ) 【稱(いふ)妻爲妹(いも) 蓋古(いにしへ)之俗(ひとこと)乎】 汝(いまし)雖親(むつまし)(むつまし) 朕(われ)畏眉輪王(まよわのおほきみ) 眉輪王幼年(わかくして)(たはぶれあそぶ)(たかどの)下 悉(ふつくに)聞所談(ものがたりごと) 而穴穗天皇 枕(まくらす)皇后膝 晝醉(ゑふ)眠臥(みねぶり) 於是 眉輪王伺其熟睡(とけてみねる) 而刺殺之 

大泊瀬幼武天皇は、雄朝嬬稚子宿禰天皇の第五子なり。天皇、産れまして、~しき光、殿に滿めり。長りて伉健しきこと人に過ぎたまへり。
三年の八月に、穴穗天皇、沐浴まむと意して、山宮に幸す。遂に樓に登りまして遊目びたまふ。因りて酒を命して、肆宴す。爾して乃ち情盤樂極りて、間ふるに言談を以てして、顧に皇后 【去來穗別天皇の女、中蒂姫皇女と曰す。更の名は、長田大娘皇女。大鷦鷯天皇の子、大草香皇子、長田皇女を娶きて、眉輪王を生めり。後に、穴穗天皇、根臣の讒を用ゐて、大草香皇子を殺して、中蒂姫皇女を立てて皇后としたまふ。語は穴穗天皇紀に在り。】に謂ひて曰はく、「吾妹【妻を稱ひて妹とすることは、蓋し、古の俗か】、汝、親しく昵しと雖も、朕、眉輪王を畏る。」眉輪王、幼年くして樓の下に遊戲びて、悉に所談を聞きつ。既にして穴穗天皇、皇后の膝に枕したまひて、晝醉ひて眠臥したまへり。是に、眉輪王、其の熟睡ませるを伺ひて、刺し殺せまつりつ。


後漢書、安帝紀に、「~光照室」伉健は強健と同じとあると注される。肆飲はほしいままに酒を飲む、山の宮はどうやら気楽に宴会のできる場であるようで、肆宴とした。盤樂極は、文選、西京賦に、「盤樂極」、東京賦に、「樂不極盤」とあり、李善注に「盤は樂と同じ」とある、と注される。気楽で情(こころ)は、うきうきと高ぶり、言ってはならぬこともついつい口にして自慢する。間は”ひそかに”とも訓じるが、その間に言葉をかわした意とある。ここで書紀は安康天皇(穴穗天皇)紀とは異なり、中蒂姫皇女の別名は、長田大娘皇女であるとした。この古事記の見解をめぐって、書紀の編者達も意見がわかれたのであろうか、安康天皇紀では控えるが、雄略天皇紀では明記する、しかし、中蒂姫の名を優先させることで妥協が図られたと思はれる。穴穗皇子は心を寄せていた姉の長田大娘皇女が老齢の大草香皇子の妻となったことを快く思はずに、通(たは)け己のものにせむとして、根臣を用ゐて陥れた、という疑惑を抱かせる。山宮での酒の上での自慢話をことごとく眉輪王が聞いていたことに、穴穗天皇は危惧を抱いていた。書紀は古事記とは異なり、穴穗天皇は[酔って皇后の膝枕で眠り」を加へ、眠臥し熟睡しているときに殺(し)いされたとした。皇后、穴穗天皇の姉は承知されていたことが暗示されている。先夫との間の子の敵討ちを容認された、しかし、皇后の情には一言たりとも触れられていない。昵は狎れしたしむこと、”親しく昵し”には言葉にならない、おぞましいばかりの葛藤が秘められていた。木梨輕皇子と輕大娘皇女の近親相姦に比するに、押し殺された救い無きあまりに悲惨な地獄絵図ではあるまいか。行き場のない憤りが、大泊瀬幼武皇子を媒介として、噴き荒れることとなった。
まずは、古事記の云ふところから見てみたい

ここに大長谷の王子、當時(そのかみ)童男(をぐな)なり。すなはちこの事を聞きたまひて、慷愾(うれた)み忿怒(いか)りて、すなはちその兄(いろせ)K日子の王の許(もと)に到りて曰(まを)したまひけらく、「人、天皇を取りつ。那何(いかに)かせまし。」とまをしたまひき。然るにそのK日子の王、驚かずて怠緩(おほろか)の心ありき。ここに大長谷の王、その兄を詈(の)りて言ひけらく、「一つには天皇にまし、一つには兄弟(はらから)にますを、何(なに)か恃(たの)む心も無くて、その兄(いろせ)を殺せしこと聞きて、驚かずて怠(おほろか)なる。」といひて、すなはちその衿(ころものくび)を握(と)りて控(ひ)き出して、刀(たち)を拔きて打ち殺したまひき。 またその兄、白日子の王に到りて、状(ありさま)を告ぐること(さき)の如くなりしに、緩(おほろか)なることもまた、K日子の王の如くなりき。すなはちその衿を握(と)りて引き率(ゐ)て來て、小治田(おはりだ)に到りて、穴を堀りて立てる隨(まにま)に埋みしかば、腰を埋む時に至りて、兩(ふた)つの目走り拔けて死にき。
また軍
(いくさ)を興して都夫良意美(つぶらおみ)の家を圍(かく)みたまひき。ここに軍を興して待ち戰ひて、射(い)出づる矢、葦(あし)の如く來たり散りき。ここに大長谷の王、矛を杖にして、その内を臨みて詔りたまひしく、「我が相言へる孃子(をとめ)は、もしこの家に有りや。」とのりたまひき。ここに都夫良意美、この詔命(おほみこと)を聞きて、自(みづか)ら參出(まゐで)て、佩(は)ける兵(つはもの)を解きて、八度拜(やたびをろが)みて白ししく、「先(さき)の日に問いたまひし女子(をみな)、訶良比賣(からひめ)は侍(さもら)はむ。また五(い)つ處の屯宅(みやけ)を副へて獻らむ。【所謂はゆる五村の屯宅は今の葛城の五村の苑人なり】。然るにその正身(ただみ)、參向(まゐむか)はざる所以(ゆゑ)は、往古(いにしへ)より今時(いま)に至るまで、臣連(おみむらじ)の王(みこ)の宮に隱(かく)ることは聞けど、未だ王子(みこ)の臣(やつこ)の家に隱りまししを聞かず。ここをもちて思ふに、賎(いや)しき奴(やつこ)、意富美(おほみ)は、力を竭(つく)して戰ふも、更に勝つべきこと無けむ。然れども己を恃(たの)みて隨(やつこ)の家に入りましし王子(みこ)は、死にても棄(う)てじ。」とまをしき。かく白して、またその兵(つはもの)を取りて、還り入りて戰ひき。ここに力窮(きは)まり矢盡きぬれば、その王子に白しけらく、「僕(あ)は手悉に傷(お)ひぬ。矢また盡きぬ。今は得(え)戰はじ。如何(いかに)か。」とまをしき。その王子、答へて詔りたまひしく、「然らば更に爲(せ)むすべ無し。今は吾を殺(し)せよ。」とのりたまひき。故、刀(たち)をもちてその王子を刺し殺して、すなはち己が頚を切りて死にき。(岩波文庫)

大長谷王子大泊瀬幼武皇子)は、この事を聞くと、うれたみ(いまいましく)、いかり、兄のK日子王の所へ駆けつけ、天皇が殺されたことをどうするかと問ふた。兄は驚くことなく反応が鈍い、天皇であり兄であるに、この反応は一体どういうことか、これは怪しいと、襟を掴んで引き出し、打ち殺したといふからただ事ではない。今度は小治田(明日香村)の兄の白日子王の所へ駆けつけたが、反応は同じであり、こやつもかと襟を掴んで引き出し、穴を掘ってて腰まで埋めると両目が飛び出して死んだといふから、異様な死である。
今度は兵を整えて、目弱王が逃げ込んだ都夫良意美
圓大臣の宅を囲んだ。都夫良意美は葛城之曾都毘古の孫、書紀では葛城襲津彦の子の玉田宿禰の子、玉田宿禰は雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)により殺されていた書紀巻13。大長谷王子は、矢戦の後お互い云い交わしている訶良比賣(韓が居るかと問ふた。都夫良意美は、訶良比賣と、葛城の五村を差し出すという交換条件を持ち出した。自身が投降しないのは、家臣が王の宮に逃げ込むことはあるが、王子が家臣の家に逃げ込むなど聞いたことが無い。卑しき家臣がいかに力を尽くしても、王に勝てることはないが、頼られた以上は死んでも、見捨てることはできない、と述べるも、大長谷王子はそれでは応じられぬといふことであろう、都夫良意美は仕方なく再度戦うが力尽き、目弱王も自らを殺(し)せとし、都夫良意美は王子を殺し、自害した、としている。穴穗天皇が同母姉の長田大郎女を皇后とするために、大日下王を陥れたのではないかといふ疑念があり、目弱王が穴穗天皇を殺したことに同情するむきもあった。ところが、大長谷王子は、王権を立て直すべく、そのあいまいさを一掃するべく、怪しきを切り捨てた。

是日 大舍人
(おほとねり) 【闕(もらす)姓字(かばねな)也】 驟(はしる)(まうす)於天皇曰(まうす) 穴穗天皇 爲眉輪王見殺(しす) 天皇大驚 (うたがふ)兄等(いろねたち) 被(かうぶる)(よろひ)(はく)(たち) 率(ゐる)(いくさ)自將(いくさのきみ) 逼問(せめとふ)八釣白皇子(やつりのしろひこのみこ) 皇子(みこ)見其欲(やぶる) 口K(もだます)不語(ものものたまはず) 天皇乃拔刀而斬 更(また)逼問坂合K彦皇子(さかあひのくろひこのみこ) 皇子亦知將 口K坐不語 天皇忿怒(みいかり)彌盛(いやさか) 乃復(あはす)爲欲(おもほす)殺眉輪王 案劾(かぶがへとふ)所由(ことのよし) 眉輪王曰(まうす) 臣(やつかれ)元不求(まぐ)天位(たかみくら) 唯報(むくゆ)父仇(かぞのあだ)而已 坂合K皇子 深恐所疑 竊(ひそかに)(かたる)眉輪王 共得間(ひとま) 而出入圓大臣(つぶらのおほおみ)(いへ) 天皇使(つかはす)使(つかひ)乞之 大臣(おほおみ)(まだす)使報(かへりごとまうす)(まうす) 蓋聞 人臣(きみのやつこ)有事入王室(きみのみや) 未見君王(きみ)隱匿(かくる)(やつこ)(や) 方(まさに)今坂合K彦皇子與眉輪王 深恃臣心 來臣之舍(いへ) 言巨(いかにか)(しのびて)送歟 由是 天皇復(ますます)興兵 圍大臣宅 大臣出立(たたす)於庭 索(こふ)脚帶(あゆび) 時大臣妻 持來脚帶 愴(かなしぶ)矣傷懷(こころやぶる)而歌(うたよみす)(いふ) 飫瀰能古簸(おこは) 多倍能波伽摩鳴(たへのはかまを) 那那陛鳴糸施(ななをし) 爾播爾陀陀始諦(にはにたたして) 阿遙比那陀須暮(あよなだすも) 大臣裝束(よそほひ)已畢(をはる) (まうすすむ)軍門(みかど)跪拜(をがむ)(まうす) 臣(やつかれ)雖被戮(つみ) 莫(なし)敢聽(うけたまはる)(おほみこと) 古人(いにしへのひと)有云 匹夫(いやしきひと)之志(こころざし) 難(かたし)可奪 方(まさに)(あたる)乎臣(やつこ) 伏願 大王(きみ)奉獻(たてまつる)臣女(やつこがむすめ)韓媛(からひめ)與葛城(かづらき)(いへ)七區(ななところ) 請(うけたまはる)以贖(あかはゆ)(しぬるつみ) 天皇不許 縱(つける)火燔(やく)宅 於是 大臣與K皇子 眉輪王 倶被燔死 時坂合部(さかあひべのむらじ)贄宿禰(にへのすくね) 抱皇子屍(かばね)而見燔死 其舍人等 【闕(もらす)名】收取(とりをさむ)所燒 難擇(える)(かばね) 盛(いれる)之一棺(ひとつひつぎ) 合葬(あはせはぶる)新漢(いまきのあや)擬本(つきもと)南丘(をか) 【擬字(よみ)未詳(つまびらかならず) 蓋是槻(つき)乎】 

是の日に、大舍人 【姓字を闕せり。】 驟りて天皇に言して曰す、「穴穗天皇は、眉輪王の爲に殺せられたまひぬ。」天皇、大きに驚きたまひて、即ち兄等を猜ひたまひて、甲を被り刀を帶きて、兵を率て自ら將となり、八釣白彦皇子を逼め問ひたまふ。皇子、其の害らむとすることを見て、口K坐しまして語はず。天皇、乃ち刀を拔きて斬りたまひつ。更、坂合K彦皇子を逼め問ひたまふ。皇子、亦、害はむととすること知りて、口K坐しまして語はず。天皇、忿怒彌盛なり。乃ち復并せて眉輪王を殺さむと欲すが爲に、所由を案へ劾ひたまふ。眉輪王の曰す、「臣、元より、天位を求ぐにあらず。唯、父の仇を報ゆらくのみ。」 坂合K彦皇子、深く疑はるることを恐りて、竊に眉輪王に語る。遂に共に間を得て、出でて圓大臣の宅に逃げ入る。天皇、使を使して乞ふ。大臣、使を以して報して曰す、「蓋し聞く、人臣、事有るときに、逃げて王室に入ると。未だ君王、臣の舍に隱匿るるをば見ず。方に今、坂合K彦皇子と眉輪王と、深く臣が心を恃みて、臣の舍に來れり。言巨か忍びて送りまつらむや。」 是に由りて、天皇、復益兵を興して、大臣の宅を圍む。大臣、庭に出で立して、脚帶を索ふ。時に大臣の妻、脚帶を持ち來りて、愴び傷懷して歌して曰く、
 
飫瀰能古簸 多倍能波伽摩鳴 那那陛鳴糸施 爾播爾陀陀始諦 阿遙比那陀須暮 
 臣(おみ)の子(こ)は (たへ)の袴(はかま)を 七重(ななへ)をし 庭(には)に立(ただ)して 脚帶(あよひ)(な)だすも

大臣、裝束すること已に畢りて、軍門に進みて跪拜みて曰す、「臣、戮せらるとも、敢へて命を聽ること莫けむ。古の人、云へること有り。匹夫の志も、奪ふべきこと難しといへるは、方に臣に屬れり。伏して願はくは、大王、臣が女、韓媛と葛城の宅七區とを奉獻りて、罪を贖はむことを請らむ。」天皇、許したまはずして、火を縱けて宅を燔きたまふ。是に、大臣と、K彦皇子と眉輪王と、倶に燔き死されぬ。時に坂合部連贄宿禰、皇子の屍を抱きて燔き死されぬ。其の舍人等 【名を闕せり】燒けたるを收取めて、遂に骨を擇ること難し。一棺に盛れて、新漢の擬本の南の丘 【擬の字未だ詳ならず。蓋し是、槻か】に合せ葬る。

書紀はこの時点で、即位もせぬ大泊瀬幼武皇子を天皇としている。舎人の中でも天皇に仕へるのが大舍人、穴穂天皇の大舍人でなく、大泊瀬幼武天皇の大舍人となった舎人、と連想させるための筆法かもしれない。大泊瀬幼武皇子は自らの舎人に状況を見張らせていた。その舎人が駆け込んで来た時には、子どもの仕業であることに驚いたたとはいへ、心の準備も兵の手配も既に出来ていた。背後で兄や弟が手をひいていると、まずは兄の八釣白彦皇子を討ち、その断固たる決意を示し、眉輪王が居る坂合K彦皇子のところで、大義名分を得るために、坂合K彦皇子を問ひただすと、眉輪王が皇位を求めてのことでない、父の仇を討ったに過ぎない、母に憚られてそこまで言へないが、実の姉に通じた罪を正した、とした。しかし、八釣白彦皇子が殺された以上、坂合K彦皇子に皇位を狙った嫌疑がかかっていることは明白で、とことん追求されることを恐れた坂合K彦皇子は、眉輪王にそれでは逃れられぬと、隙を見て圓大臣の宅へと逃げ込んだ。武内宿禰、
葛城襲津彦玉田宿禰と続く葛城の名門の家柄である。天皇も使者をたて、圓大臣も使者を通じて心情を伝へた。臣が事あれば王室に逃げ込むことはあったが、君王が臣の舍に隠れるといふは見たことがない。しかし、今、まさに、坂合K彦皇子と眉輪王が深く私の心をたよってこられた。どうしてひそかに送り届けることなどできましょう。天皇は兵力を増強して圓大臣の宅を囲んだ。脚帶は脚結と同じく、袴を膝下で結ぶ帯紐。庭で脚帶をするのは、戦いの準備。妻が悲愴、やぶれんばかりのこころを懐きて歌った。臣の子は臣下である男子、は”カジ”の木の繊維で織った丈夫な白布、”をし”は召す、撫(な)だすは撫ずの敬語、と注される。夫は白い袴を七重に召し、(戦の)庭に立ち(兵を整えの両義) 脚帶を撫でておられる 戦へば負けると知って脚帶を渡した妻の願ひは、戦はずして事がおさまることである。妻の情(こころ)を知る圓大臣は、己自ら跪拜して真情を述べた。殺されようと命に従ふことが出来ぬことは、と論語、子罕篇、「三軍、帥を奪ふ可し。匹夫、志を奪ふ可らざるなり(天子の三軍の元帥を変えることはできるが、匹夫といえど、その志を奪うことはできない)。」を引いて、それはまさに私にあたる。志をお入れ願ひたい。我が命と、望んでおられた我が女(むすめ)、韓媛と葛城の宅七區をもって、(二人の)罪をお赦したまわらんことを。これを見る限りでは、圓大臣が裏で糸を引いたとは思はれない。玉田宿禰といひ、圓大臣といひ、うまく状況を利用され滅ぼされたとなろう。天皇は、この時にこの旧勢力を叩けとばかりに、宅に火を放った。圓大臣の妻の「愴傷懷」どおり、誰ひとり脱出させない陣が敷かれ、すべてを焼き尽くす徹底したものであった。驚愕した坂合K彦皇子を抱きかかえて殉死した坂合部連贄宿禰、この名はこの故事から付されたものであろうか。いづれがいづれの骨かわからぬ状態といふから、死んでも離さずその心を安んじようとされた。大和志、吉野郡に、「新漢南墓 俗呼天狗森」、今木村(奈良県吉野郡大淀町今木:地図、とあるが、地名辞典は曽我川の今木より下流の旧今木(高市郡)と注される。新漢といふは、新たなる漢人、今木は今来に通じ最近にやってきた、韓媛とは韓風の媛であり、最新の異国風情緒を感じさせるものがある。

冬十月
(かむなづき)癸未(みづのとひつじ)(ついたち) 天皇 恨穴穗天皇曾(いむさき)欲以市邊押磐皇子(いちべのおしはのみこ) 傅國而遙付(ゆだ)(つける)後事 乃使(やる)(つかひ)於市邊押磐皇子 陽(いつはる)(ちぎる)校獵(かり) 勸郊野(のあそびす)(のたまふ) (あふみ)狹々城山(ささきのやま)君韓代巾(きみからふくろ)(まうす) 今於江來田綿(くたわた)蚊屋野 (かやの)(ゐのしし)鹿(かのしし)(さは)有 其戴(ささぐ)角類(にる)枯樹(かれき)(えだ) 其聚(つどへる)脚如木株(しもとはら) 呼吸(いぶく)氣息(いき) 似於朝霧 願與皇子 孟(かむなづき)作陰(すずしい)之月 寒風(さむかぜ)肅殺(かすかなる)之晨(とき) 將逍遙(あそぶ)於郊野(の) 聊(いささかに)(たのしぶ)以騁(はせ)射 市邊押磐皇子 乃隨馳獵(かりす) 於是 大泊瀬天皇(おほはつせのすめらみこと) 彎(ひきまかなふ)弓驟(はせる)馬 而陽(いつはる)(よばひす) 曰(のたまふ)猪有 射殺市邊押磐皇子 皇子帳内(とねり)佐伯部賣輪(さへきべのうるわ) 【更名仲手子(なかちこ)】 抱屍(みかばね)(いわく)心宛(あわて) 不解(しる)所由(せむすべ) 反側(こいまろぶ)(よばふ)(おらぶ) 往還(かよふ)頭脚(あとまくら) 天皇尚誅(みなころす)之 
是月 御馬皇子
(みまのみこ) 以曾善(うるはし)三輪君(みわのきみ)身狹(むさ)故 思欲(おもほす)(やる)(みこころ)而往(いでる) 不意(おもひのほか) 逢邀軍(たふるいくさ) 於三輪磐井(いわゐ)(ほとり)逆戰(あひたたかふ) 不久被捉(とらふ) 臨刑(つみ)指井(ゐ)而詛(とごふ)(いはく) 此水者百姓(おほみたから)唯得飮焉 王者(ひとのきみたるひと)獨不能飮矣 
十一月
(しもつき)壬子(みづのえね)(ついたち)甲子(きのえねにひ) 天皇(すめらみこと)(みことおほす)有司(つかさ) 設(まうく)(たかみくら)於泊瀬(はつせ)朝倉(あさくら) 即天皇位(あまつひつぎしろしめす) 定宮焉 以平群臣(へぐりのおみ)眞鳥(まとり)爲大臣(おほおみ) 以大伴連(おほとものむらじ)室屋(むろや) 物部連(もののべのむらじ)(め)爲大連(おほむらじ)

冬十月の癸未の朔(10.01)に、天皇、穴穗天皇の、曾、市邊押磐皇子を以て、國を傅へて遙に後事を付に囑けむと欲ししを恨みて、乃ち人を市邊押磐皇子のもとに使りて、陽りて校獵せむと期りて、遊郊野せむと勸めて曰はく、「近江の狹々城山君韓代巾、言す、『今於近江の來田綿の蚊屋野に、猪鹿、多に有り。其の戴げたる角、枯樹の末に類たり。其の聚へたる脚、弱木株の如し。呼吸く氣息、朝霧に似たり。』 願はくは、皇子と、孟冬の作陰しき月、寒風の肅殺なる晨に、將に郊野に逍遙びて、聊に情を娯びしめて騁せ射む。」 市邊押磐皇子、乃ち隨ひて馳獵す。是に、大泊瀬天皇、弓を彎ひ馬を驟せて、陽り呼して、「猪有り}と曰ひて、即ち市邊押磐皇子を射殺したまふ。皇子の帳内、佐伯部賣輪 【更名仲手子】 屍を抱きて駭け心宛てて所由を解らず。反側び呼ひ號びて、頭脚に往還ふ。天皇、尚誅したまひつ。
是の月に、御馬皇子、曾より三輪君身狹に善しかりしを以ての故に、慮遣らむと思欲して往でます。不意に、道に邀軍に逢ひて、三輪の磐井の側にして逆戰ふ。久にあらずして捉はる。刑せらるるに臨みて井を指して詛ひて曰く、「此の水は、百姓のみ唯飮むこと得む。王者は、獨飮むこと能はじ。」
十一月の壬子の朔甲子
(11.13)に、天皇、有司に命せて、壇を泊瀬の朝倉に設けて、即天皇位す。遂に宮を定む。平群臣眞鳥を以て大臣とす。大伴連室屋、物部連目を以て大連とす。

古事記は、これより以後(のち)に、淡海(あふみ)の佐佐紀(ささき)山の君の祖、名は韓代巾(からぶくろ)、白ししく、「淡海の久多綿(くたわた)の蚊屋野(かやの)は、多(さは)に猪鹿(しし)在り。その立てる足は荻原(すすきはら)の如く、指擧(ささ)げたる角(つの)は枯樹(かれき)の如し」とまをしき。この時に市邊(いちのべ)の忍齒(おしは)の王を相率(あひゐ)て淡海に幸行(い)でまして、その野に到りませば、各異(こと)に假宮(かりみや)を作りて宿りましき。ここに明くる旦(あした)に、未だ日も出でざりし時、忍齒の王、平(なぐ)しき心もちて、御馬に乘りし隨(まにま)に、大長谷の王の假宮の傍(かたへ)に到り立たして、その大長谷の王子の御伴人(みともびと)に詔りたまひしく、「未だ寤めまさざるか。早く白すべし。夜、既に曙(あ)けぬ。獵庭(かりには)に幸(い)でますべし」。すなはち馬を進めて出で行きたまひき。ここにその大長谷の王の御所(みもと)に侍(さもら)ふ人等(ひとども)白ししく、「うたて物云ふ王子(みこ)ぞ。故、愼しみたまふべし。また御身を堅めたまふべし」。すなはち衣(みそ)の中に甲(よろひ)を服(け)し、弓矢を取り佩(は)かして、馬に乘りて出で行きたまひて、攸火(たちまち)の間に、馬より往き雙(なら)びて、矢を拔きてその忍齒の王を射落して、すなはちまたその身を切りて、馬木宿(うまぶね)に入れて土(つち)と等しく埋みたまひき。
ここに市の邊の王の王子等
(みこたち)、意祁(おけ)の王、袁祁(をけ)の王【二柱】、この亂を聞きて逃げ去りたまひき。故、山代の苅羽井(かりばゐ)に到りて、御粮(みかれひ)を食(を)す時、面黥(まさ)ける老人(おきな)來て、その粮を奪ひき。ここにその二(ふた)はしらの王(みこ)(の)りたまひしく、「粮は惜(を)しまず。然れども汝(な)は誰人(たれ)ぞ」とのりたまへば、答へて曰ひしく、「我は山代の猪甘(ゐかひ)ぞ」といひき。故、玖須婆(くすば)の河を逃げ渡りて、針間(はりま)の國に至り、その國人(くにびと)、名は志自牟(しじむ)の家に入りて、身を隱したまひて、馬甘(うまかひ)・牛甘(うしかひ)に役(つか)はえたまひき。(岩波文庫)とする。

淡海は近江、佐佐紀山は雀部+山部で大雀天皇(仁徳天皇)のゆかりの山部。久多綿蚊屋野は書紀では、來田綿蚊屋野、滋賀県蒲生郡蒲生町・日野町地図付近の野、一説に、滋賀県愛知郡秦荘町地図上蚊野・北蚊野付近と注される。日野川流域あるいは愛知川流域のいづれかで山麓にあたる狩場で多くの猪や鹿が生息していた。代巾の進言で大長谷王子(後の雄略天皇)が狩りにでられた。古事記では、このときはまだ王子である。そのとき、市邊忍齒王も同じく狩りに来ておられ、別々に仮宮を設営しておられた。つまり、両者のいづれも皇位継承者の立場であられ、雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)の御子達の兄弟間の皇位継承をめぐる争いと殺戮に関して、おそらくはこれを忌む気持ちがあり、伊弉本和氣天皇(履中天皇)の第一子であられた年配の市邊忍齒王を推す動きがつよかったのであろう。あくる日の朝、市邊忍齒王は平常心で、大長谷王子の従者に、夜がすでに明けており早く狩りに出られませ、と年長者として言葉をかけられた。”うたて”はいやな、うんざりとする。これを従者達は風下に立たされたような押しつけ、それ以上に、いつ襲われても身を守る用意をして、からいっそこの際に討ち取るべきとエスカレートした。衣の下に鎧をつけ、後を追ひ、並んだところで、市邊忍齒王を射落とし、切り殺し、馬のかいば桶に入れ、目立たないように土と同じ高さに埋めた。まさに非道、皇位継承者の立場にある王に対するなんたる仕打ちであろうか。その王子、意祁(後の仁賢天皇)と袁祁(後の顕宗天皇)は、逃げて山代の苅羽井(山代国相楽郡蟹幡郷:京都府相楽郡山城町綺田)に至る。宇治川を下り、蟹機(かにはた)技術をもつ渡来人の地で、面黥老人、山代の猪甘といふから、豚を飼う渡来人系、からつてを頼り、樟葉の渡し場から淀川を下り、播磨に至った。近江と播磨の間には、交易のルートがあった。志自牟は人名であるが、地名(播磨国美嚢郡志深郷:兵庫県三木市志染町:地図、志染川流域であろうか。馬飼、牛飼として身を隠した。韓代巾韓袋で、この一件の後に付与された名であろう。顕宗天皇紀で詳しくは記述されるが、袁祁王が後に顕宗天皇となられた時に、この惨事を招いた代巾を殺そうとされたが、許して墓守としたとあり、韓風の袋を用ひたのかもしれない。
曾を”いむさき”と訓じている。いまさきの転じたものか、これまで、かつての義。書紀は、穴穗天皇
(安康天皇)が、かつて、市邊押磐皇子に、付囑後事、皇位継承者として後事を付託せむとされたことを恨んだ、と記している。大泊瀬幼武皇子は兄弟のなかでは最年少であり、去來穗別天皇(履中天皇)の御子、市邊押羽皇子と御馬皇子(瑞齒別天皇(反正天皇)の場合は御子が女性、夫人の妹との間の財皇女(女)と高部皇子(男)が古事記では財王(男)と多訶弁郎女(女)と男女が明確でなく対象外)がおられ、皇位継承の順位からすれば、非常に低く、普通の状況では皇位継承はむつかしい立場にあられた。陽とは、表面ではそれらしくみせて偽ること。使者を送り、一緒に狩りをしようと期、約束する。校獵は柵で囲った所に禽獣を追い込んでする獵。遊郊野とあり、郊外の野で遊ぶこと、近江の狹々城山君韓代巾は、來田綿の蚊屋野に、猪や鹿が沢山いるが、角が枯れ木のようにもろく、脚も弱木株のように強くなく、呼吸も朝霧のようにたちこめているだけで荒くない、危険性はないと言ふ。文選、西京賦に、「孟冬作陰、寒風肅殺」とある。孟冬は冬のはじめ、十月のこと。作陰は陰の氣が生じること、”すずしい”と訓じている。肅殺は草木を枯らすきびしさ、”かすか”はひっそりとして勢いのないこと。晨は夜明け。逍遙は気ままにさまようこと。聊は、”いささか”と訓じており、かりそめに、すこしばかりの義。騁射は思うがままに射ること。厳しい秋風のふく夜明けに、広い野をかりそめにも、心のままに馬を駆って弓矢を射て楽しみましょうぞ、と市邊押磐皇子を誘われた。皇子もこれに従って狩りをなされた。彎は弓を大きく引くこと、”まかなふ”は狙いをつけること、驟は馬を素早く走らせること。猪だ!と弓を引き獲物を狙い、馬を駆り走り抜け、負けじと追ってきた市邊押磐皇子をおびきだして射殺した。帳内は内親王に仕へる舎人。佐伯部は宮廷警衛任務に使役されている。駭を”いわく”と訓じている、驚きあわてること。心宛を”あわて”と訓じているが、もだえなげくこと。反側”こいまろぶ”は転げ回ること。賣輪(仲手子)は、あまりのことに動顛し、屍を抱き転び回って、生き還れと呼びかけ殺されたとわめき、頭と足で皇子をかばったが、賣輪も殺されてしまった。尚は、古訓で”みな”とあり、皆殺しにされたと注される。尚誅之、の之は賣輪であり、従者のすべてを誅すといふも意味が通らなく、賣輪に限定すべきであろう。
市邊は大和國山辺郡
(奈良県天理石上町:地図の石上市神社付近の地である。御馬皇子は狩りに同行してはおられなかった。三輪は市邊の南、三輪君身狹とは昔からよしみを通じており、遣慮の遣は思ひを晴らすこと、慮は思ひはかること、どうすればいいのか相談に出られたところ、不意に邀軍、邀を”たふ”、支えとめる、さえぎる、と訓じている、軍に遮られた。兄を殺された弟が警戒をせぬはずがない。相応の兵を伴っての行動であろう。この近距離で往く手を遮られるとなれば、情報が漏れていると云はねばなるまい。三輪の磐井は大和志に、「城上郡岩坂村、有岩坂井。一村唯一井、群飲不竭、蓋此」とあると注される。城上郡(しきのかみのこほり)とは磯城の上郡、岩坂は三輪山の南(桜井市大字岩村:地図。帝王編年記によれば、「泊瀬朝倉宮 大和国城上郡磐坂谷也」、大和志に、「在黒埼・岩坂二村之間」とありと注されるごとく、初瀬、岩坂、黒崎は大泊瀬幼武皇子の地元である、市邊から三輪に向かったものが何故こんなところで、逆戦、”あひたたかふ”ことになったのか?すでに大泊瀬幼武皇子方の手が回っていた、余程周到な準備がなされていたとせねばなるまい。詛を、”とごふ”、のろうと訓じている。御馬皇子は、怨みを呪いにすることしか残されていなかった。水を治めるものが土地を治める。水の~よ、大泊瀬幼武皇子だけには、この水を飲ませたまふな。大泊瀬幼武皇子の祭祀をうけたまふな。
大泊瀬幼武皇子は呪いをかけれらた水の地、泊瀬の朝倉に、中国風に壇を設けて即位され、宮を定められた。これではじめて天皇、これまでは皇子であるが、書紀は天皇と記してきた。皇位継承者を弑する者という印象を消し去るためであり、天皇として、皇位継承者や
葛城の豪族をことごとく滅ぼすといふすざまじい粛清を行ったと誤魔化した。それを政治的、軍事的に支えたのが親の代替はりとなる眞鳥、室屋、目であり、この修羅場をくぐりぬけることでのし上がってきたのであろう。平群臣の眞鳥を以て臣(おみ)の中の大臣(おほおみ)とし、大伴連の室屋と物部連の目を以て連(むらじ)大連(おほむらじ)とした。中国的な即位形式をとったごとく、政治的には大臣、軍事的には大連を立て、中央集権的なあり方を求めた。これは、半島における政策や軍事行動にも変化をもたらすことになる

元年(はじめのとし)春三月(やよひ)庚戌(かのえいぬ)(ついたち)壬子(みづのえねのひ) 立草香幡梭皇女(くさかのはたびのひめみこ)爲皇后(きさき) 【更(また)名橘皇女(たちばなひめのひめみこ)】 
是月 立三
(みたり)(みめ) 元妃(はじめのみめ)葛城圓大臣(かづらきのつぶらのおほおみ)(むすめ)曰韓媛(からひめ) 生(うむ)白髪武廣國押稚日本根子天皇(しらかのたけひろくにおしわかやまとねこのすめらみこと)與稚足皇女(わかたらしひめのひめみこ) 【更名皇女(たくはたひめのひめみこ)】 是皇女侍(はべる)伊勢大~(いせのおほみかみ)(やしろ) 次有(はべる)吉備上(きびのかみつみちのおみ)(むすめ)(わかひめ) 【一本(あるふみ)(いふ) 吉備窪屋臣(きびのくぼのおみ)女】 生二(ふたはしら)(ひこみこ) 長(このかみ)曰磐城皇子(いはきのみこ) 少(おとと)(まうす)星川稚宮皇子(ほしかはのわかみやのみこ) 【見下(しも)(くだり)】 次有(はべる)春日和珥臣深目(かすがのわにのおみふかめ)女 曰(いふ)童女君(をみなぎみ) 生春日大娘皇女(かすがのおほいらつめのひおめみこ) 【更名高橋皇女(たかはしのひめみこ)】 童女君者本是(うねめ) 天皇與(あたはす)一夜(ひとよ)月辰(はらむ) 生女子(をみなご) 天皇疑不養(ひだす) 及(いたる)女子行歩(ありき) 天皇御(おはす)大殿 物部目大(もののべのめのおほむらじ)(さぶらふ)焉 女子(わたる)(には) 目大(かへりみる)(かたる)群臣(まへつきみたち)(いふ) 麗(かほよき)哉 女子(をみなご) 古(いにしへ)人有云 娜毘騰耶白番麼珥(なひとやはばに) 【此古語(ふること)未詳(つばひらか)也】 徐(しめやかに)(ありく)(いさぎよし)庭者 言誰女子 天皇曰 何故問耶 目大對曰(まうす) 臣(やつこ)觀女子行歩(ありく) 容儀(すがた)(よく)(たうばれる)天皇 天皇曰(のたまふ) 見此者咸(みな)言 如卿(いまし)道口(いふ) 然(われ)與一宵(ひとよ)月辰 (をみなご)(こと)常 由是生(なす)(うたがひ) 大(まうす) 然則一宵喚幾廻(いくたび)乎 天皇曰 七廻(ななたび)喚之 大曰 此娘子(いらつめ) 以(いさぎよし)身意(みこころ) 奉(つかへまつる)與一宵 安(いづくにぞ)(たやすく)生疑 (いとふ)(ひと)有潔(きよい) 臣(やつこ)(うけたまはる) 易腹者(はらみやすきひと) 以褌(はかま)(かからふ)(み) 便(すなはち)月辰(はらむ) 况與(よもすがら)而 妄(みだり)生疑也 天皇命(みことのりす) 以女子爲皇女 以母(いろは)爲妃 ◎是年也 太歳丁酉(ひのとのとり)

元年の春三月の庚戌の朔壬子(457.03..03)に、草香幡梭姫皇女を立てて皇后とす。【更の名は橘姫皇女】
是の月に、三の妃を立つ。元妃、葛城圓大臣の女を韓媛と曰ふ。白髪武廣國押稚日本根子天皇と稚足姫皇女 【更の名は、幡姫皇女】とを生めり。是の皇女は伊勢大~の祠に侍り。次に、吉備上道臣の女稚姫 【一本に云く、吉備窪屋臣の女】有り。二の男を生めり。長を磐城皇子と曰す。少を星川稚宮皇子 【下の文に見ゆ】と曰す。次に春日和珥臣深目が女有り。童女君と曰ふ。春日大娘皇女 【更の名は、高橋皇女】を生めり。童女君は、本是采女なり。天皇、一夜與はして
月辰めり遂に女子を生めり。天皇、疑ひたまひて養したまはず。女子の行歩するに及りて、天皇、大殿に御します。物部目大連侍ふ。女子、庭を過る。目大連、顧みて群臣の謂りて曰く、「麗きかな、女子。古の人、云へること有り。 娜毘騰耶白番麼珥 【此の古語、未だ詳ならず。】 清き庭に徐に歩く者は、誰が女子とか言ふ。」 天皇の曰はく、「何の故に問ふや。」 目大連對へて曰す、「臣、女子の行歩くを觀るに、容儀、能く天皇に似れり。」 天皇の曰はく、「此を見る者、咸言ふこと。卿が道口ふ所の如し。 然れども朕、一宵與はして月辰めり女を産むこと常に殊なり。是に由りて疑を生せり。」 大連、曰す、「然らば一宵に幾廻喚ししや。」 天皇の曰はく、「七廻喚しき。」 大連の曰す、「此の娘子、清き身意を以て、一宵與はしたまふに奉れり。安ぞ輙く疑を生したまひて、他の潔く有るみを嫌ひたまふ。臣、聞る、産腹み易き者は、褌を以て體に觸ふに、即便ち懷月辰みぬと。况むや終宵與はして、妄に疑を生したまふ。」 天皇、大連に命して、女子を以て皇女として、母を以て妃とす。是年、太歳丁酉。

「大長谷(おほはつせ)の若建(わかたけ)の命、長谷(はつせ)の朝倉の宮に坐しまして、天の下治らしめしき。天皇、大日下の王の妹(いろも)、若日下部の王を娶したまひき。【子無かりき】。都夫良意富美の女、韓(から)比賣を娶して、生みませる御子、白髮(しらが)の命。 次に妹(いも)若帶比賣(わかたらしひめ)の命【二柱】。故、白髮の太子(ひつぎのみこ)の御名代(みなしろ)として、白髮部(しらがべ)を定め、また長谷部(はつせべ)の舎人(とねり)を定め、また河瀬の舎人を定めたまひき。此の時、呉人(くれびと)參渡(まゐわた)り來つ。その呉人を呉原(くれはら)に安置(お)きたまひき。故、その地を號けて呉原と謂ふ。

初め大后、日下
(くさか)に坐しし時、日下の直越(ただごえ)の道より、河内(かふち)に幸行でましき。ここに山の上に登りて國の内を望(みさ)けたまへば、堅魚(かつを)を上げて舎屋(や)を作れる家有りき。天皇その家を問はしめて云(の)りたまひしく、「その堅魚を上げて舎(や)を作れるは誰(た)が家ぞ。」とのりたまへば、答へて白ししく、「志幾(しき)の大縣主(おほあがたぬし)の家ぞ。」とまをしき。ここに天皇詔りたまひしく、「奴(やつこ)や、己が家を天皇の御舎(みあらか)に似せて造れり。」とのりたまひて、すなはち人を遣はしてその家を燒かしめたまふ時に、その大縣主、懼(お)ぢ畏みて、稽首(のみ)白ししく、「奴(やつこ)にあれば、奴(やつこ)(なが)らに覺(さと)らずて、過(あやま)ち作りしは甚(いと)畏し。故、稽首(のみ)の御幣(みまひ)の物を獻らむ。」とまをして、布(ぬの)を白き犬に執糸(か)け、鈴を著けて、己が族(うがら)、名は腰佩(こしはき)と謂ふ人に、犬の繩(なは)を取らしめて以ちて獻上(たてまつ)りき。故、その火を著くるを止(や)めしめたまひき。すなはちその若日下部の王の許(もと)に幸行(い)でまして、その犬を賜ひ入れて詔らしめたまひしく、「この物は、今日に道に得つる奇(めづら)しき物ぞ。故、妻問(つまど)ひの物。」と云ひて賜ひ入れたまひき。ここに若日下部の王、天皇に奏(まを)さしめたまひしく、「日に背(そむ)きて幸行(い)でましし事、甚(いと)(かしこ)し。故、己れ直(ただ)に參(まゐ)(のぼ)りて仕え奉らむ。」とまをさしめたまひき。ここをもちて宮に還り上ります時に、その山の坂の上に行き立たして歌ひたまひして、
  日下部
(くさかべ)の 此方(こち)の山と 畳薦(たたみこも) 平群(へぐり)の山の 此方此方(こちごち)の 山の峡(かひ)に 立ち栄(ざか)ゆる 葉広熊白檮(はびろくまかし) 本(もと)には いくみ竹生(だけお)ひ 末方(すゑへ)には たしみ竹(だけ)(お)ひ いくみ竹 いくみは寝ず たしみ竹 たしには率寝(ゐね)ず 後もくみ寝む その思ひ妻(つま) あはれ
とうたひたまひき。すなはちこの歌を持たしめて、使を返したまひき。
(岩波文庫)古事記には、書紀が省いたものがあり、まず、それをみておきたい。

大長谷若建天皇は大日下王の妹、若日下部王を后にされたが御子が無かったと云ふ。最初、大后は日下に居られたとあり、日下とは河内国河内郡日下(大阪府東大阪市日下町付近:地図)、~日本磐余彦天皇(~武天皇)が孔舎衞坂より生駒山を越えるルートで攻め入ろうとして大敗を喫された地である書紀巻3。草香の津の地でもあり、難波にでる航路の港でもあった。大日下王は、すでに見たように、新羅や高句麗との関係を有するところがり、百濟を含めて半島や大陸情勢に明るかったと思はれる。大長谷若建命が若日下部王を后とされたことは、この方面の豪族との連携を眼中においてのことであろう。生駒山から下り、河内の方面をながめると、屋根上に堅魚木を置いた立派な舎屋が見え、天皇の御舎、”あらか”とは御殿のこと、に似せて造る不届き者、と焼きすてようとされた。それは河内の志幾(河内国志紀郡)の大縣主の家とある。随分と南方を眺めておられた。大阪府藤井寺市惣社地図に、志紀県主神社(河内国惣社)があり、大和川沿いに河内にでたところの拠点であった。河内にでるこれらのルートをがっちりと押さえようとされた。志幾の大縣主は、大長谷若建天皇に恭順し、御幣、”まひ”とは贈り物、を献上した。執糸はつなぐことであるが、”かく”掛けるとしており、白い犬に布を掛けたものを贈答した。それが、奇なるもので妻問ひの物、妻を訪問する品としたといふから、結構貴重なものであったと思はれる。このとき、大后は天皇が東から西へ太陽を背にして行幸されるは恐れ多いことで、自らが朝倉の宮に参上して仕へるとされ、日下を去り、この坂の上に立たれたときに歌を詠まれ、それを使いの者に持たせて返された。
日下部のこちらの山と 重なり合った平群の山の あちこちの山の間に 立ち栄える 葉の広い熊樫の木 日下と平群は生駒山系の西側と東側、河内と奈良、また山々の間にはしっかりと葉を広げた熊のような樫がある。双方が隔たっていることをいふのであろう。本と末はこの二つを流れる大和川の本と末、奈良の側には「い組む竹」が生まれ育ち、河内には「嗜む竹」が生まれ育つ。い組む竹はい組むが寝ず 嗜む竹は嗜むが率寝ず。い組む竹は大長谷若建命の奈良、嗜む竹は若日下部王の河内ではないか。去來穗別天皇
(履中天皇)の時、弟の住吉仲皇子が難波で反乱をおこし、それを救ったのが平群木莵宿禰、物部大前宿禰、漢直祖阿知使主の三人であった。住吉仲皇子についたのは、阿曇連濱子、倭直吾子籠であった。奈良の旧勢力と難波の開国勢力の間の主導権争いは止むことはなかった。”おもひつま”を思ひ妻としている。これは若日下部王から大長谷若建天皇に対しての”つま”であり、夫(つま)とすべきではないか。これから後も、朝倉の宮でくみ寝ましょう、愛しい夫よ。両者間の激しかった皇位継承の争いに終止符をうとうとされた。
都夫良意富美の女(むすめ)、韓比賣との間の子を太子とし、葛城の勢力と和解し、白髮部を定めた。河瀬は近江国犬上郡(滋賀県犬上郡)、市邊押磐皇子を射殺した近江の來田綿の北、彦根方面の勢力も組みこんでおられる。呉人を呉原(奈良県高市郡明日香村栗原)に置いたともある。書紀は一貫して呉とするが、呉とは宋のことである、朝貢したことに一切触れないため、呉としている。

大草香皇子の妹、幡梭皇女、
草香幡梭姫皇女を皇后にされ、大草香皇子の勢力を取り込み、滅ぼした葛城圓大臣の女(むすめ)を妃とされたのは、かねてから求めておられたことではあるが、葛城の勢力との関係改善を果たすことになった。吉備の上道臣あるいは吉備窪屋臣の女、と和珥臣の女を妃としたしたことは、半島に対する増強になろう。和珥臣の女、童女君は、采女であり、一夜にして月辰めりとする月辰は、おおはまぐりの肉、社(土地の~を祭るために用いる生肉のことで娠(はら)むとしている。天皇に供されたおおはまぐりの肉のごときイメージとなる。一夜にして女の子を産んだが、天皇は疑ひ養はれなかった。和珥臣としては、気性の激しい天皇のこと、気が気でなかった。これに助け舟を出したのが、物部目大連であり、この説得が功を奏したことが政治的にも安定をもたらした。物部目大連は月辰に目をつけていた。天皇が一夜に七廻喚(め)されたことを聞き出してのことであろう、余程気に入られてのことである。身意、からだもこころも”いさぎよし”は汚れていないこと。七廻も喚されて奉(つかへまつ)られたまで、潔(きよ)い女(むすめ)であるにどうしてお避けになられます。「産腹(はら)み易き者(ひと)は、褌(はかま)を以て體(み)に觸(かから)ふに、即便ち懷月辰(はら)みぬと。况むや終宵(よもすがら)(あた)はして」それでお疑ひなされるとは、本当は忘れがたいのではありますまいか。天皇は物部目大連に命して、その子を皇女とし、母を妃とされた。和珥臣は安堵したことであろう。

二年秋七月(ふみづき) 百濟池津媛(いけつひめ) 天皇將幸(めす) 婬(たはける)於石川楯 【舊本(ふるふみ)云 石河股合首(いしかはのこむらのおびと)(おや)(たて)】 天皇大怒 詔大伴室屋大(おほとものむろやのおほむらじ) 使來目部(くめべ)張夫婦(をうとめ)四支(よつのえだ)於木 置假广技(さずき)上 以火燒死(ころす) 【百濟新撰(くだらしんせん)云 己巳年(つちのとのみのとし) 葢鹵王(かふろわう)立 天皇阿禮奴跪(あれなこ) 來索(こふ)女郎(えはしと) 百濟荘飾(かざる)慕尼夫人(むにはしかし)(むすめ) 曰(ちゃくけい)女郎(えはしと) 貢於天皇】 
十月
(かむなづき)辛未(かのとのひつじ)(ついたち)癸酉(みづのとのとりにひ) 幸于吉野宮(よしののみや) ○丙子(ひのえねのひ) 幸御馬瀬(みませ) 命虞人(やまのつかさ)(ほしきまま)(かりす) 凌(のぼる)山獻(みね)(ゆく)長莽(ひろきはら) 未及移影(いまだひもかたぶかざる) 犬爾(とる)(とを)七八(ななつやつ) 毎獵大獲(う) 鳥獸(とりしし)將盡 (めぐる)憩乎林泉(しま) 相羊(もとほりあそぶ)乎薮澤 息(やすむ)行夫(かりびと)(かぞふ)車馬 問群臣曰 獵場(には)之樂(たのしび) 使膳夫(かしはで)(つくる)(なます) 何與(いかに)(みづから)(つくる) 群臣忽(たちまちに)莫能對 於是 天皇大怒 拔刀斬御者(おほうまそひのひと)大津馬飼(おほつのうまかひ) 是日車駕(すめらみこと)(かへりいたる)(より)吉野宮 國内(くにうち)居民(おほみたから) 咸(ことごとく)皆振(ふるふ)(おづ) 由是 皇太后(おほきさき)與皇后(きさき) 聞之大懼(かしこむ) 使倭(やまと)采女(うねめ)日媛(ひのひめ)(ささぐ)(おほみき)迎進(むかへたてまつる) 天皇見(みそなはす)采女面貌(かほ)端麗(きらぎらし) 形容(すがた)温雅(みやびかし) 乃和顏悦色(うれしぶ)(のたまふ) 朕(われ)豈不欲(ほりす)(みる)(いまし)妍咲(よきゑまひ) 乃相携(うつからぶ)手 入於後宮 語皇太后曰 今日遊獵(かり) 大獲禽獸(とりしし) 欲與群臣割鮮野饗(のあへ) 歴(となむ)問群臣 莫能有對 故朕嗔(いかる)焉 皇太后知斯詔情 奉(まつる)(やすむ)天皇曰(まうす) 群臣不悟(しる)陛下(きみ)因遊獵場(かりにはのあそび) 置宍人部(ししひとべ) 降問(とふ)群臣 群臣黙然(もだ) 理(ことわり) 且難對 今貢未晩 以我爲初 膳臣(かしはでのおみ)長野(ながの) 能作宍膾(なます) 願以此貢 天皇跪禮(ゐやぶ)而受曰(のたまふ) 善哉 鄙(いやし)人所云 貴(たふときひと)相知心 此之謂也 皇太后觀(みそなはす)天皇悦 歡喜盈懷(ゑらぐ) 更(また)欲貢(たてまつる)人曰 我之厨人(くりやびと)菟田御戸部(うだのみとべ)眞鋒田高天(まさきたたかめ) 以此二人 請將加貢(くはふ) 爲宍人部 自玄玄(これ)以後(のち) 大倭國造(おほやまとのくにのみやつこ)吾子籠宿禰(あごのすくね) 貢狹穂子鳥別(さほのことりわけ) 爲宍人部 臣(おみ)(むらじ)伴造(とものみやつこ)國造(くにのみやつこ)又隨續(つぐ)
是月 置史戸
(ふみひとべ) 河上舍人部(かはかみのとねりべ) 天皇以心(みこころ)爲師(さかし) 誤殺人衆 天下(あめのした)誹謗(そしる)(まうす) 大(はなはだ)(あし)天皇也 唯所愛寵(めぐむ) 史部(ふみひと)身狹村主(むさのすぐり)(あを) 桧隈民使(ひのくまのたみのつかひ)博コ等(はかとこら)

二年の秋七月(458.07)に、百濟の池津媛、天皇の將に幸さむとするに違ひて、石川楯に婬けぬ。【舊本に云く、石河股合首祖楯】 天皇、大きに怒りたまひて、大伴室屋大連に詔して、來目部をして夫婦の四支を木に張りて、假广技の上に置かしめて、火を以て燒き死しつ。 【百濟新撰に云く、己巳年に、葢鹵王立つ。天皇、阿禮奴跪を遣して、來りて女郎を索はしむ。百濟、慕尼夫人の女を荘飾らしめて、適稽女郎と曰ふ。天皇に貢進る。】 
冬十月の辛未の朔癸酉
(458.10.03)に、于吉野宮に幸す。丙子(458.10.06)に、御馬瀬に幸す。虞人に命せて縱に獵す。重れる山獻に凌り長き莽に赴く。未だ及移影かざるに、什が七八を犬爾る。獵する毎に大きに獲。鳥獸、盡きむとす。遂に旋りて林泉に憩ふ。薮澤に相羊び、行夫を息めて車馬を展ふ。群臣に問ひて曰はく、「獵場の樂は、膳夫をして鮮を割らしむ。自ら割らむに何與に。」群臣、忽に對へまうすこと能はず。是に、天皇、大きに怒りたまひて、刀を拔きて、御者大津馬飼を斬りたまふ。是の日に、車駕、吉野宮より至りたまふ。國内に居る民、咸に皆振ひ怖づ。是に由り、皇太后と皇后と、これを聞しめして大きに懼みたまふ。倭の采女、日媛をして酒を擧げて迎へ進らしむ。天皇、采女の面貌端麗しく、形容温雅なるを見して、乃ち和顏悦色びたまひて曰はく、「朕、豈汝が妍咲を覩まく欲せじや。」 乃ち手を相携びて、後宮に入りましぬ。皇太后に語りて曰はく、「今日の遊獵に、大きに禽獸を獲たり。群臣と鮮割りて野饗せむとして、群臣に歴め問ふに、能く對へまうすひと有ること莫し。故、朕、嗔りつ。」 皇太后、斯の詔の情を知りて、天皇を慰め奉らむとして曰したまはく、「群臣、陛下の遊獵場に因りて、宍人部を置きたまはむとして、群臣に降問ひたまふこと悟らじ。群臣黙然はべりたることは、理なり。且對へまうすこと難みなり。今貢るとも晩からじ。我を以て初とせよ。膳臣長野、能く宍膾を作る。願はくは此を以て貢らむ。」 天皇、跪禮びて受けたまひて曰はく。「善きかな。鄙しき人の云ふ所の、『貴、心を相ひ知る』といふは、此を謂ふか。」 皇太后、天皇の悦びたまふを觀して、歡喜盈懷ぎます。更人を貢りたまはむとして曰はく、「我が厨人菟田御戸部、眞鋒田高天、此の二人を以て、將加貢へて、宍人部とせむと請ひたまふ。」 玄玄より以後、大倭國造吾子籠宿禰、狹穂子鳥別を貢りて、宍人部とす。臣連伴造國造、又隨ひて續ぎて貢る。
是の月に、史戸、河上舍人部を置く。天皇、心を以て師としたまふ。誤りて人を殺したまふこと衆し。天下、誹謗りて言す、「大だ惡しくまします天皇なり。」 唯愛寵みたまふ所は、史部身狹村主、桧隈民使博コ等のみなり。

石川楯については、注によれば、「
和州五郡神社神名帳大略注解(文安3年「1446」に牟佐神社「橿原」の禰宜であった宮道君述之が著したもの)に楯が安康天皇の世に甘樫丘を開墾し、田地を営んで耕種せしめたが、その農人が田中で牛を殺して肉を食べたところ、蝗が苗を損じた云々という説話が見え、古語拾遺に見える大地主神(おほとこぬし)の営田の説話と類似している。これはおそらく古語拾遺の説話から作られたものと思われ、楯を武内宿禰の曾孫とするのも信じがたい。また注解の説話は雄略天皇の時のこととして、楯が事に坐して遠国に退去後、その家地田戸を蘇我韓子に賜ったと伝える。地域的に見て、石川氏が蘇我氏と同族という伝承の生まれる可能性は強いにしても、実際は、石河股合首は仁徳四十一年条の石川錦織首と同様に河内の石川郡を本拠とする百済系の氏ではないか。」とある。石川楯を蘇我石川宿禰の系統でなく、河内の石川氏の系統としている。石川錦織首は、住吉大社の広大な神領の山を管理しており百濟の王族、酒君を預かっていた書紀巻11。それと同様の石川氏で百濟系とみている。百濟の池津媛が見知らぬ国で石川氏を頼ったというのはうなづけよう。しかし、池津媛から石川楯に婬けたといふは、尋常ではない、夫婦ともしており、この二人の関係は不可解である。二人を磔にして焼き殺したといふも異様である。これには多くの人々が眉をひそめるのも当然であろう。百濟新撰は、逸史であり、葢鹵王から武寧王まで五代(455-523)にわたる史書とされる。己巳年は429年であり、葢鹵王の父、、田比有王の時代、その二年(428)には「倭國の使、至る、從者五十人」とある。葢鹵王立つは、455年乙未年であり、合はない。しかし、五年条と合はせれば、葢鹵王の時代のこととすべきである。阿禮奴跪は未詳とされる。渡来系の人物であろう。女郎(えはしと)は、身分ある女子のことをいう古代朝鮮語と注される。索すは、采女を差し出すことを要求したとされる。慕尼夫人(むにはしかし)の女(むすめ)、適稽を”ちゃくけい”と訓じているが、”いけ”とも読め、池津媛(いけつひめ=いけひめ)と通じる。論語、季氏篇に、「邦君の妻、君はこれを稱して夫人と曰ふ」とあり、夫人は国君の妻を謂ふ。五年条では君の婦(みめ)とあるが、夫人は皇后、婦は妃に相当しよう。葢鹵王の夫人名が記されておらず、確認がとれないが、用語としては、慕尼夫人は葢鹵王の夫人、適稽はその娘となる。その娘を磔にして焼き殺すというのは、非常に考え難ひ話である。
すでにみたように、実は、対宋外交において、日本
(やまと)の政権は、「使持節、都督倭、百濟、新羅、任那、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王」を求め、百濟はこれに反発をしていた。元嘉二十八(451)年に、宋は倭王、濟を安東將軍、倭國王に叙し、使持節、都督倭、百濟を除く、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事を加へ、併せて、二十三人を軍(軍司令官)、郡(郡の長官)に叙している。葢鹵王は父が得ていた、使持節、都督百濟諸軍事、鎮東大將軍、百濟王を457年に改めて叙任されている。高句麗の南下政策に対して、父親の敷いた新羅との関係改善による対抗策をとり、日本(やまと)に助力を求めつつも、その干渉を避けようとしていた。北魏に使節を派遣して(472年)、高句麗を牽制する外交を計るが失敗し、高句麗の間者の巧みな工作に乗せられ大規模工事により国力を疲弊させられ、漢城を落され命を失う(475年)。宋に朝貢した事実を伏せたため、このあたりの事情は書紀には記されないが、日本(やまと)の政権に百濟や新羅に対するイライラが募っていた。先に、采女をめぐって新羅の使節とも悶着を起こし、百濟にもおおきなプレッシャーとなり、更なる不穏な空気を醸成したことであろう。
御馬瀬は大和志に吉野郡痲志口村とするが未詳と注される。吉野川流域、国栖や井光など川上のあたりであろうか?文選、西京賦の、
虞人掌焉…縱獵徒赴長莽…白日未及移其日咎已獵其什七八 陵重山獻・・・ 鳥獣殫 目観窮・・・息行夫 展車馬・・・相羊乎五柞之館 旋憩乎昆明之池」による。虞人は山沢を掌る官、李善の注では「掌禽獣之官」。莽は草が生い茂っている広大な原。影は陽光。移影で、陽が傾く。犬爾は獲物を補殺すること。相羊は逍遥と同じく畳韻の語で廻遊する。さまようこと。行人は狩人、士卒の意。展は整えること(李善注)、休ませること(六臣注)、と注される。中国の帝のごとく、気の向くまま広い原、峰々で狩猟を行い、日暮れまでに十七八の獲物を得て、水場で憩い、藪沢を散歩し一行を休息させた、とする。時間が余ったとみえ、天皇が狩場の楽しみは獲物を料理して食すこと、(狩場用の料理人がいなかったので)自分で料理してはどうかと群臣に申された。どう反応してよいか群臣が黙りこくっていると、天皇は怒って御者の大津馬飼を斬ってしまわれた。大津は河内の和泉大津あるいは摂津の難波大津、港の周辺にあった馬飼と注される。この噂は、その日のうちに人々の知るところとなった。皇太后は母の忍坂大中姫命、皇后は草香幡梭姫皇女は、殺伐たる空気をやわらげるために、采女の面貌(かほ)端麗(きらぎらし) 形容(すがた)温雅(みやびかし)なる日媛に酒をもたせて天皇を迎へられた。日媛とは倭直吾子籠の妹、日之媛のことで、50年以上前(去來穗別天皇:履中天皇前紀)に采女に差し出して死罪を免れたとされる書紀巻12。実に若々しく描かれているが奇怪な配役である。皇太后、皇后も相当のご高齢であった。日媛の妍咲、妖艶な笑みをどうしてみたくないなどと云へようかと手をとり後宮に入ってゆかれた。昂ぶっていた気持ちを癒されたことであろう。天皇は母の皇太后に狩りでの一部始終を話された。皇太后は母であり、女性であるだけにその意味をすぐに悟られた。宍人部(ししひとべ)とは、生鮮魚貝・食肉の調理担当の部、この場合は禽獣の肉の調理を想定している。天皇は宍人部を置こうとされたのでしょう、とりあえず膳臣の長野をお使いください。膳臣とは天皇の食事を用意する官、長野は肉料理に通じていますから、と場をおさめられた。鄙しき人が「貴きものは互いに心を知る」といふがそれはこのことであると、お前達にはわかるまいが、とその申し出を恭しく受けられた。皇太后は、歡喜(かんき)(こころ)に盈(み)つ、”ゑらぐ:満悦”され、更に、厨人(くりやびと:厨房の料理人)の菟田御戸部、眞鋒田高天を加えることを申し出られ、大倭國造吾子籠宿禰が狹穂子鳥別を献上され、宍人部となった。菟田御戸部は、菟田(宇柁郡)の神田(みとしろ)の部、眞鋒田・高天(私記:甲本)あるいは眞鋒・田高天(釈記・秘訓)の二名とすると注される。狹穂(添上郡の左保)の子鳥別、別(わけ)は地名が冠される豪族の場合は天皇から分かれ出た伝承をもつ。臣、連、伴造、國造が次々に人をだしたともいふ。禽獣の肉料理を担当する新たな部署が確立されたといふことであろう。
去來穗別天皇(履中天皇)四年
書紀巻12に、「始めて之諸國に國史を置く。言事を記して、四方の志を達す。」とあった。これは史官のことであろう。史戸は史官の居る史部を資養する部民と注される。史部には漢人などの渡来人が登用されることが多く、その経済的基盤を与へた。河上舍人部は河上舍人を資養する部民と注される。河上は地名とされ、集解は吉野郡河上とし、三代実録、貞観四年七月条の川上舎人名雄は近江国犬上郡の人。近江国高嶋郡にも川上郷があり、川瀬舎人も近江、と注され吉野、近江の二説があるようだ。ここに置かれたのは狩場との関連と思はれ、虞人のみでは狩猟に対応ができかね、吉野の河上の狩場に出仕する舎人が組織され、それを養う部民が定められたといふことか。天皇以心爲師」は、荘子、人間世の、「夫れ胡(なん)ぞ以て化に及ぶ可けん。猶ほ心を師とする者なり、(顔回が衛公を説得しようとするが、孔子はお前が衛公を感化しようとして何ができよう。お前はまだ自分の心に囚われている、とした。から来、自分の分別にしがみつく、と注される。師とすべき人物が居なかったことになる。実に、木梨輕皇子のスキャンダル、穴穂天皇(安康天皇)のスキャンダルと皇位継承と女性問題で揺れに揺れた一族を、誰に相談することなく、最年少の大泊瀬幼武皇子がすべての関係者を粛正するという恐るべき蛮勇、独断によって成立した政権である。「誤って人を殺すことが多かった。」、「大だ惡しくまします天皇なり。」と大書される天皇は空前絶後であろう。史部身狹村主、桧隈民使博コ等のみ愛寵されたといふ。この二人は後に、呉(実際は宋)に派遣されることになる。史部に登用されていた帰化漢人は、あるいは史官あるいは博士となり姓(かばね)を得た。身狹(むさ)、桧隈(ひのくま)は高市郡(明日香村周辺)の地名。村主(すぐり)、民使(たみのつかひ)は姓(かばね)でこれらの朝鮮系帰化漢人に付された。対宋外交においては独断ではなく、この二人の意見を尊重されたといふことであろう。

三年夏四月
(うづき) 阿閉臣(あへのおみ)國見(くにみ) 【更(また)名磯特牛(しことひ)】 譖(しこぢる)幡皇女(たくはたのひめみこ)與湯人(ゆゑ)廬城部(いほきべのむらじ)(たけひこ)(いふ) 武 女女干(けがす)皇女而使任身(はらむ) 【湯人 此云臾衞(ゆゑ)】 武之父(ちち)艸呂(きこゆ) 聞此流言(つてこと) 恐(わざはひ)及身 誘(あとふ)(たしみて)於廬城河(いほきのかは) 僞(あざむく)使盧鳥沒水捕魚(うかはするまねす) 因其不意(ゆくりもなくす)而打殺之 天皇聞使者(つかひ) 案(かむがふ)問皇女 皇女對言(まうす) 妾(やつこ)不識也 俄(にはか)而皇女齎(とる)持~鏡(あやしきかがみ) 詣(いでる)於五十鈴河(いすずのかは)(ほとり) 伺人不行(ありく) 埋(うづむ)鏡經(わなく)死 天皇疑皇女不在(なし) 恆使闇夜(やみのよ)東西(とさまかうさま)求覓(もとむ) 乃於河上(かはのほとり)虹見如蛇(をろち) 四五丈(よつゑいつつゑ)者 掘虹起處而獲(う)~鏡 移行未(たちどころ) 得皇女屍(かばね) 割而觀之 腹中有物如水 水中有石 枳艸呂(きこゆ) 由斯 得雪(きよむ)子罪 悔殺子 報(たむかふ)殺國見 匿石上~宮(いそのかみのかみのみや)

三年の夏四月(459.04)に、阿閉臣國見 【更の名は、磯特牛】 幡皇女と湯人の廬城部連武彦とを譖ぢて曰く、「武彦、皇女を女女干しまつりて任身ましたり。」 【湯人、此をば臾衞と云ふ。】 武彦の父、枳艸呂喩、此の流言を聞きて、禍の身に及ばむことを恐る。武彦を廬城河に誘へ率みて、僞きて使盧鳥沒水捕魚して、因りて其不意して打ち殺しつ。天皇、聞しめして使者を遣して、皇女を案へ問はしめたまふ。皇女、對へて言す、「妾は識らず。」 俄にして皇女、~鏡を齎り持ちて、五十鈴河の上に詣でまして、人の行かぬところを伺ひて、鏡を埋みて經き死ぬ。天皇、皇女の不在きことを疑ひたまひて、恆に闇夜に東西に求覓めしめたまふ。乃ち河上に虹の見ゆること蛇の如くして、四五丈ばかりなり。虹の起てる處を掘りて、~鏡を獲。移行未遠にして、皇女の屍を得たり。割きて觀れば、腹の中に物有りて水の如し。水の中に石有り。枳艸呂喩、斯に由りて、子の罪を雪むること得たり。還りて子を殺せることを悔いて、報ひに國見を殺さむとす。石上~宮に逃げて匿れぬ。

幡皇女は長女で伊勢大~の斎宮に居られた。阿閉臣は大彦命の子孫で
書紀巻4この場合、伊賀国阿閉郡、上野市あたりの氏とされる。國見といふ名からすれば、本来は伊賀や伊勢方面の国情を報告する立場にあったのかもしれない。特牛は、和名抄の引く弁色立成に、「特牛、<俗語云古度比>頭大牛也」。特に重い荷を負う牛。磯は、通釈に、「借字にて醜特牛(しこことひ)なるべし」とある。醜は力強い意。しかしここではシコった者、即ち譖言者の意か、と注される。”しこづ”は告げ口する、讒言すること。廬城は五百木と同じ、廬城部は各地にあるとされるが、廬城河(三重県一志郡家城町:隼別皇子と雌鳥皇女が殺された地)周辺の部とみられる。湯人”ゆゑ”は湯坐、産湯をつかわせた婦人のことであるが、そこに奉仕する役人をもさす。この場合武彦は皇女の養育係であり、お側に仕へており、おそらく非常に親密な関係となられたのであろう。國見は斎宮に関する情報にも通じていた、あるいは斎宮に出仕したおりに、それをみて疑ひを抱き、磯特牛と称されるくらいであり、武彦が皇女を奸して孕ませたといふ噂をたてたことになる。武彦の父の名が”きこゆ:枳艸呂喩”、流言が聞こへたことが名となっており、それを聞いて禍が身に及ぶことをおそれた。”あとふ”は誘うこと、”たしみて”は語義未詳と注される、嗜むであり、使盧鳥沒水捕魚、”うかは”は鵜を使って川魚、特にアユをとることであり、鵜飼いに誘い、不意を襲って打ち殺してしまった。息子に真偽を確認をすることなく殺しており、疑っていたのであろう。流言と武彦の死となり、天皇は使者をだして皇女に”かむがふ”、ことの真偽をたしかめるために問はしめた。皇女は知らない、身に覚えはないとこたへられた。ところが、皇女は~鏡を持ち出し、人の行かぬ五十鈴河の上に鏡を埋め、”わなく”は首をくくること、命を絶たれた。~鏡は斎宮の~鏡であろう、何故そのようなものを持ち出し埋められたのか?天皇は皇女のいなくなったことを疑ひ、また何故闇夜に捜さしめられたのか?武彦の死と皇女の失踪、~鏡の遺失、天皇も流言を認めざるを得なくなった。~鏡は闇にも光るのか、回収には闇夜が発見しやすいとみたのであろう、しかし、闇夜にはみつからず、五十鈴河の上にでた蛇のごとき四五丈(7〜9mくらい)の虹から、その起てる處を掘り~鏡は回収できた。錦蛇であろうか、虹は”ぬじ””なぎ””のーぎ”で蛇”なが””なぎ”、共に”なぶさ”とされると注される。凶兆であろう、~意により、その場が示されたと暗示していようか、~鏡があやしき光を発した。素戔嗚尊が草薙劒(くさなぎのつるぎ、別名、天叢雲劒:(あまのむらくものつるぎ)を得たのは八岐大蛇(やまたのをろち)の尾であった。移行未遠、そこの近くに皇女の屍も発見された。その場所は皇女の森(伊勢市楠部町)とされ、倭姫命が天照大~を祀る地を探して訪れた際、猿田彦命が大~を祀るのに良い場所があると申し上げた場所であるとも伝へられている(伊勢名勝志)。腹を割いてみると水のごときものがあり、水の中に石があった。何のことであろう?蛇が生き物を食ったと思ひ、大きな腹を割いてみると石であった、の例へのごときものかもしれない。恐らく皇女の腹も少しく大きかったものと思はれる。先に、褌に触れただけで妊娠するとの挿話があったごとく、疑似妊娠であったかもしれない。斎王は純潔を求められるため、恋することすら禁じられた。二人が恋しあっておられた可能性はある。割かれた腹に胎児の形跡はなく、孕んでいたといふのは事実ではなかった。罪が雪とは白といふことであろう。枳艸呂喩が讒言した國見を殺そうとしたが、石上~宮に逃げ込んで果たせなかった。本当に無実であれば、長女を失った天皇がこれを黙認されたといふのも、しっくりこない。その行状からすれば、激怒して、國見を召して殺さなかったことの方が不思議である。皇女が越えてはならぬ一線を越へていた、伊勢大~に仕へる斎王としてふさわしからぬ所業と天皇自身が判断されてのことであろう。皇女も自ら命を絶っておられ、自覚しておられた。懐妊に至らずとも、斎王の恋といふ難しい問題があった。

四年春二月(きさらぎ) 天皇(すめらみこと)射獵(かりす)於葛城山(かづらきやま) 忽(たちまち)見長人(たきたかきひと) 來望(あひのぞむ)丹谷(たにかひ) 面貌容儀(かほすがた) 相似(たうばる)天皇 天皇知(しろす)是~(かみ) 猶故(ことたへ)問曰 何處公(きみ)也 長人對曰(のたまふ) 現人之~(あらひとがみ) 先稱(なのれ)(きみ)(みな) 然後應道口(いふ) 天皇答曰(のはまふ) 朕(おのれ)是幼武(わかたけのみこと)也 長人次稱(なのる)曰 僕(やつかれ)是一事主~(ひとことぬしのかみ)也 (ともに)(たのしぶ)(かり) 駈(おふ)一鹿(ひとつのしし) 相辭(こもごもゆづる)發箭(やはなつ) 竝轡(うまのくち)馳騁(はす) 言(こと)(ことば)(ゐやゐやし)(つつしむ) 有(ます)若逢仙(ひじり) 於是 日晩(ひくれる)田罷(かりやむ) ~侍(おくる)天皇 至(まういたる)來目水(くめのかは) 是時 百姓(おほみたから)(ことごとく)(まうす) 有(ます)(おむおむし)天皇也 

四年の春二月(460.02)に、天皇、葛城山に射獵したまふ。忽に長き人を見る。來りて丹谷に望めり。面貌容儀、天皇に相似れり。天皇、是~なりと知しめせれども、猶故に問ひて曰はく、「何處の公ぞ。」 長き人、對へて曰はく、「現人之~ぞ。先づ王の諱を稱れ。然して後に道口はむ。」 天皇、答へて曰はく、「朕は、是れ幼武尊なり。」 長き人、次に稱りて曰はく、「僕は是、一事主~なり。」 遂に與に遊田を盤びて、一の鹿を駈逐ひて、箭發つことを相辭りて、轡を竝べて馳騁す。言詞恭しく恪みて、仙に逢ふ若きこと有します。是に、日晩れて田罷みぬ。~、天皇を侍送りたてまつりたまひて、來目水までに至る。是の時に、百姓、咸に言す、「コしく有します天皇なり。」

古事記は、
また一時、天皇、葛城山に登り幸(い)でましし時に、百官(もものつかさ)の人等(ひとたち)、悉に紅(あか)き紐著けし青摺(あをずり)の衣服(きもの)を給はりき。 その時その向へる山の尾より、山の上に登る人ありき。 既に天皇の鹵簿(みゆきのつら:行列)に等しく、またその裝束(よそひ)の状(さま)、また人衆(ひとかず)、相似て傾(かたよ)らざりき(どちらもおなじ)。 ここに天皇、望(みさ)けまして、問はしめて曰りたまひしく、「この倭の國に、吾(われ)を除(お)きてまた王(きみ)無きを、今誰れしの人ぞかくて行く。」とのりたまへば、すなはち答へて曰す状(さま)もまた天皇の命(みこと)の如くなりき。 ここに天皇、大(いた)く忿(いか)りて矢刺(やぎ:弓に矢をつがえる)したまひ、百の官の人等(たち)悉に矢刺しき。 ここにその人等(ども)もまた皆矢刺しき。 故、天皇また問ひて曰(の)りたまひしく、「然らばその名を告(の)れ。 ここに各名を告りて矢彈(はな)たむ」とのりたまひき。 ここに答えて曰(まを)しけらく、「吾(あれ)(さき)に問はえき。故、吾先(あれさき)に名告りをせむ。 吾(あ)は惡事(まがごと)も一言(ひとこと)、善事(よごと)も一言、言ひ離つ~、葛城の一言主(ひとことぬし)の大~ぞ」とまをしき。 天皇ここに惶畏(かしこ)みて白したまひしく、「恐(かしこ)し、我が大~、現(うつ)しおみあらむとは覺(さと)らざりき。」と白して、大御刀(たち)また弓矢を始めて、百の官の人等の服(け)せる衣服(きもの)を脱がしめて、拜(おろが)みて獻りたまひき。 ここにその一言主の大~、手打ちてその捧げ物を受けたまひき。 故、天皇の還り幸(い)でます時、その大~、満(み)山の末より長谷(はつせ)の山の口に送り奉りき。 この一言主の大~は彼の時に顯(あらは)れたたまひしなり。(岩波文庫)とする。

葛城は、妃、韓媛の里である。その父、葛城圓大臣は天皇に滅ぼされ、その長女、稚足姫皇女【幡姫皇女】を失はれ、韓媛にとっては辛い日々であり、葛城の里人にとっても、不安材料となったことであろう。その葛城山に射獵”かりす”、何が起こるのか、悪いことが起こらねばいいが・・・長人
(丈の高い人)に出会った。文選、七命に、「登翠嶺臨丹谷」とあり、丹谷の古訓は”たにかひ”、谷の交わるところの意。丹丘、丹台、丹薬など神仙に関して用ゐられ、奥深い谷、仙境と注される。神仙風に長人を登場させ、その容貌が天皇にそっくりであったといふ。天皇は神と直観されたが、何れの公(きみ)かと問はれた。古事記には神仙風の趣はない。葛城山に百官を連れて登ったときに、全く同じ行列とでくわし、倭国には我以外に王はないといふに、誰かと問はすと、同じ調子で聞き返してくる。天皇が怒って矢をつがえ、百官もそうすると、相手も全く同じ行動に出た。天皇はならば互いに名を名乗ろうと、もちかけると、相手が先に答へた。悪事も善事も一言で言う~、葛城の一言主大~なり。天皇は驚きかしこみて、わが大~がお現われになるとは覚ることができなかった、と太刀、弓矢、装束をはずして、拝して献上された。一言主大~は手を打って喜びそれらを納め、天皇が還られるときに、長谷の山の口(ふもと)まで見送られた。一言主大~が天皇の一行の姿をかりてお現れになった、葛城の大~と天皇の和解とでもいふべきであろう。書紀は、古事記とは異なり、天皇は、「是~なりと知しめす」とした。現人之~、人として人間界に現れられた~、通常、人として現はれることはなく、~託者の口を借りるとか、自然現象や物を通じて意を示される。諱、中国では本名を明らかにすることを忌み、字(あざな)を用いた、孔子の本名は丘であるが、通常は仲尼と呼ばれた。本名は本体を表し、これに呪詛をかけられるような危険を避ける意味でも字が用ゐられた。お互いの仮の姿ではなく、本体の名を明らかにしようと、長人は、「現人之~ぞ、まず王から諱(本名)を稱れ。」と申された。天皇は幼武尊、現人之~は一事主~と申され、「與(とも)に遊田(かり)を盤(たのし)」まれたといふ。文選、西京賦に、「盤于遊畋」「百馬同轡騁足並馳」と注される。盤は巡ること、楽しむこと。田、畋は鳥獣を狩りすること。騁、馳はともに”はせる”こと、馳は目的地までいっさんに駆けること、騁も同じだがほしいままにの意が加わる、奔放さもある。書紀は中国の神仙を意識し、~と人が轡を並べ、相互が敬意を表して狩猟するさまが仙のごとき、仙を”ひじり”と訓じており、神仙と聖人をひっかけて記した。來目水は高取川のこと。このことで有徳の天皇とされた、これは悪しき天皇の評判の対極として、また、葛城を安堵させるものとして、挿話されたことになろう。

秋八月
(はづき)辛卯(かのとのう)(ついたち)戊申(つちのえさるのひ) 行幸(いでます)吉野宮(よしののみや) ○庚戌(かのえいぬのひ) 幸于河上(かはかみ)小野(をの) 命虞人(やまのつかさ)(かる)(しし) 欲躬(みづから)射而待(おふ) 虻(あぶ)(とし)飛來 口旡旡日(くふ)天皇臂(みただむき) 於是 蜻蛉(あきづ)忽然(たちまちに)飛來 囓(くふ)虻將去(もていぬ) 天皇嘉(よみす)厥有心 詔群臣(まへつきみたち)(のたまふ) 爲朕(われ)(ほむ)蜻蛉歌賦(うたよみする)之 群臣莫能敢賦(よむ)(ひと) 天皇乃口號(くちつうたす)(のたまふ) 野麼等能(やまとの 嗚武羅能陀該人爾(をむらたけに) 之々符須登(ししふす 手它例柯(たれか) 擧能居登(こ 飫亠臼衣磨陛人爾麻嗚須(おほまにまをす) 【一本(あるふみ) 以(もて)亠臼衣磨陛人爾麻鳴須(おほまにまをす) 易(かへる)亠臼衣枳彌人爾麻嗚須(おほきみにまをす)】 飫亠臼衣枳瀰簸(おほきみは) 賊據嗚枳舸斯題(そかして) 柁磨々枳能(たまま 阿娯羅人爾陀々伺(あらにたたし) 【一本 以(もて)陀々伺(たたし) 易(かへる)(いまし)也】 施都魔枳能(しつま 阿娯羅人爾陀々伺(あらにたたし) 斯々磨都登(ししまつと) 倭我伊西麼(わがいませば) 佐謂都登(さゐまつ 倭我陀々西麼(わがたたせば) 陀倶符羅爾(たくふらに) 阿武柯枳都枳(あむか 曾能阿武嗚そのあむを) 婀枳豆波野倶譬(あさづはやく 波賦武志謀(はふむしも) 飫亠臼衣枳瀰人爾麼都羅符(おほきみにまつらふ) 儺我柯陀播(ながかたは) 於柯武(おかむ) 婀岐豆斯(あづしまやま 【一本 以(もて)婆賦武志謀(はむむしも)以下 易(かへる)舸矩能御等(かくのごと 難人爾於婆武登(なにおはむ 蘇羅瀰豆つ) 野等能矩人爾(やまとのくにを) 婀岐豆斯登以符(あづしまいふ)】 因讚(ほむ)蜻蛉 名(なづく)此地(ところ)爲蜻蛉野(あきづのをの)

秋八月の辛卯の朔戊申(460.08.18)に、吉野宮に行幸す。庚戌(20日)に、河上の小野に幸す。虞人に命して獸駈らしめたまふ。欲躬ら射むとしたまひて待ひたまふ。虻、疾く飛び來て、天皇の臂を口旡旡日ふ。是に、蜻蛉、忽然に飛び來て、虻を囓ひて將て去ぬ。天皇、厥の心有ることを嘉したまひ、群臣に詔して曰はく、「朕が爲に蜻蛉を讚めて歌賦せよ。」 群臣、能く敢へて賦む者莫し。天皇、乃ち口號して曰はく、「倭(やまと)の 峰群(をむら)の嶺(たけ)に 猪(し)鹿(し)(ふ)すと 誰(たれ)か この事(こと) 大前(おほまへ)に奏(まを)す 【一本(あるふみ)、大前に奏すといふを以て、大君に奏すといふに易へたり。】 大君(おほきみ)は そこを聞(き)かして 玉纏(たままき)の 胡床(あごら)に立(た)たし 【一本 立たしといふを以て、坐(いま)しといふに易へたり。】 倭文纏(しつまき)の 胡床(あごら)に立(た)たし 猪鹿(しし)(ま)つと 我(わ)がいませば さ猪(ゐ)(ま)つと  我(わ)が立(た)たせば 手腓(たくふら)に 虻(あむ)かきつき その虻(あむ)を 蜻蛉(あさづ)はや囓(く)ひ 昆(は)ふ虫(むし)も 大君(おほきみ)にまつらふ 汝(な)が形(かた)は 置(お)かむ 蜻蛉嶋倭(あきづしまやまと) 【一本 昆(は)ふ虫(むし)もといふより以下(しも)を以て、かくのごと 名(な)に負(お)はむと そらみつ 倭(やまと)の国(くに)を 蜻蛉嶋(あきづしま)といふ、といふに易へたり。」因りて蜻蛉を讚めて、此の地を名けて、蜻蛉野とす。

古事記では、
天皇、吉野の宮に幸行(い)でましし時、吉野の川の濱(ほとり)に童女(をとめ)ありき。 その形姿(かたち)、美麗(うるは)しくありき。 故、この童女に婚(まぐは)ひして、宮に還りましき。 後更にまた吉野に幸行(い)でましし時、その童女に遇ひし所に留まりまして、其處(そこ)大御呉床(おほみあぐら)を立てて、その御呉床に坐して、御琴を彈(ひ)きて、その孃子に人舞(ま)はしめたまひき。ここにその孃子の好く人舞へるによりて、御歌を作(よ)みたまひき。 その歌に曰ひしく、

 呉床座
(あぐらゐ)の ~の御手もち 弾(ひ)く琴に 舞する女(をみな) 常世(とこよ)にもがも

といひき。すなはち阿岐豆野
(あきづの)に幸(い)でまして、御犬葛(みかり)したまひし時、天皇、御呉床(みあぐら)に坐しましき。 ここに虫□文(あむ)御腕(みただむき)を咋(く)ふ即ち、蜻蛉(あきづ)來てその虫□文(あむ)を咋ひて飛びき。 ここに御歌を作(よ)みたまひき。 その歌に曰ひしく、

 み吉野
(よし)の 袁牟漏(をむろ)が嶽(たけ)に 猪鹿(しし)(ふ)すと 誰れぞ 大前(おほまへ)に奏(まを)す やすみしし 我(わ)が大君の 猪鹿(しし)待つと 呉床(あぐら)に坐(いま)し 白栲(しろたへ)の 衣手著(そてき)そなふ 手腓(たこむら)に 虫□文(あむ)かきつき その虫□文(あむ)を 蜻蛉(あきづ)(はや)(く)ひ かくの如(ごと) 名に負はむと そらみつ 倭(やまと)の國を 蜻蛉島(あきづしま)とふ

といひき。 故、その時よりその野を號けて阿岐豆野
(あきづの)と謂う。(岩波文庫)となっている。吉野宮は吉野の宮滝(奈良県吉野郡吉野町宮滝:地図あたりとされる。吉野川のほとりに美しき童女がおり、婚(まぐは)ひし、再び吉野宮にゆくときに、そこで大きな床几を作り、そこで坐して琴を弾き、その童女に舞はした。~の御手もち 弾(ひ)く琴とあり常世(とこよ:永久に)にもがもともあり、この童女も川~の童女のごとき趣がある。阿岐豆野(あきづの)は、吉野宮近くの原となる。呉床(あぐら)とあり、呉あるいは宋から伝来した床、床几が珍重されたものとみえる。狩りにでて呉床に坐していると、虻(あむ)に咬まれたが、蜻蛉(あきづ:トンボ)がその虻をって飛び去った。袁牟漏(をむろ)が嶽は、国栖(くず)荘小村(奈良県吉野郡東吉野村小村:地図あたりの山とされる。袖をきちんとそろえておられたが、腕のふっくらとしたところを虻に咬みつかれた。トンボは肉食性、蜻蛉がその虻を食った、倭とは奈良のこと。蜻蛉島のことは、~日本磐余彦天皇(~武天皇)の三十一年書紀巻3にみえる。虚空見日本國(そらみつやまとのくに:天磐船に乗って饒速日命が空から眺められた日本國)であった。

書紀は、吉野宮から河上の小野
(吉野郡川上村周辺:地図。狩りに出て、弓を引いているときに虻が飛来して、臂を咬んだ。そこに蜻蛉が突然現れ虻を食い去った。群臣に誰か蜻蛉を褒めて歌を詠めと命じられたが、誰もうまく詠むことができず、天皇自らが詠まれた。”をむら”を峰群とし、吉野の河上の小野あたりの山々に猪鹿が沢山いると申し出た者がいた。大前とあるが大君とする書もある。それを聞いて、大君は今こうして胡床に立っておられる。書紀は呉床でなく玉纏の胡床とする、胡は”えびす”であり玉飾りのついた外国風の床。立つではなくて坐すとする書(古事記のこと)もある。倭文纏は和風の織布をかけること。その胡床に坐して猪鹿を待っていると、出てきたので立ちあがると手腓に虻が食いつき、蜻蛉が素早くそれを食った。昆虫も大君に仕へる。お前の形を置いて蜻蛉嶋倭としよう。ある書(古事記)では名に負はむと そらみつ 倭(やまと)の國を 蜻蛉島(あきづしま)とふ。とする。呉床ではなく胡床であり、倭文纏したものである、蜻蛉(昆虫)ですら大君によく仕へる、よく仕へるならば蜻蛉といえど、その名を残して称ふ、この点をよくおさえておかねばならない、と書紀はした。
五年春二月(きさらぎ) 天皇校獵(かりす)于葛城山(かづらきやま) 靈(あやしき)鳥忽(たちまちに)來 其大如雀 尾長曳(ひく)地 而且(かつ)嗚曰 努力々々(ゆめゆめ) 俄(にはかに)而見(おふ)嗔猪(いかりゐ) 從(より)草中暴(あからさま)人 獵徒(かりびと)(のぼる)樹大懼 天皇(すめらみこと)詔舍人曰(のたまふ) 猛獸(たけきしし)逢人則止 宜逆射(まちいる)而且(また)(さしとどむ) 舍人性(ひととなり)懦弱(おぢなくよわし) 縁樹失色(おもへりあやまる) 五無主(こころおぞけり) 嗔猪(しし)(ただに)來 欲噬(くふ)天皇 天皇用弓(みたらし)刺止(つきとどむ) 擧脚(みあし)踏殺 於是 田罷(かりやむ) 欲斬舍人 舍人臨刑(ころさる) 而作歌(うたよみして)(まうす) 野須瀰斯志(やすしし) 倭我飫亠臼衣枳瀰能(わがおほきみ 阿蘇麼斯志(あばしし) 斯々能(しし 宇手它枳舸斯固瀰(うたかしこみ 倭我尼日寸亠臼衣利志(わがにげのぼりし) 阿理嗚能宇倍能(ありをへの 婆利我曳陀(はりがえだ) 阿西嗚(あせを) 皇后(きさき)聞悲 興(おこす)(みおもひ)(あさむ)之 詔曰 皇后不與(くみす)天皇 而顧舍人 對曰 國人(くにひと)皆謂陛下(きみ) 安野(かりす)而好獸 無乃(むしろ)不可(よからざる)乎 今陛下以嗔猪故 而斬舍人 陛下譬無異(けなる)於豺狼(おほかみ)也 天皇乃與皇后上(たてまつる)(みくるま)歸 呼(いふ)萬歳(よろづよ)曰 樂哉 人皆獵(かる)禽獸(とりしし) 朕(われ)獵得善言(よきこと)而歸

五年の春二月(461.02)に、天皇、葛城山に校獵したまふ。靈しき鳥、忽に來れり。其の大きさ雀の如し。尾長くして地に曳けり。且嗚きつつ曰く、「努力々々。」 俄にして逐はれたる嗔猪、草中より暴に出でて人を逐ふ。獵徒、樹に縁りて大きに懼る。天皇、舍人に詔して曰はく、「猛き獸も人に逢ひては止む。宜逆射て且刺しとどめしめよ。」 舍人、性懦く弱くして、樹に縁り失色りて、五情無主なり。嗔猪、直に來て、天皇を噬ひまつらむとす。天皇、弓を用て刺き止めて、脚を擧げて踏み殺したまひつ。是に、田罷みて、舍人を斬らむとしたまふ。舍人、刑さるるに臨みて、作歌して曰す、

 やすみしし 我
(わ)が大君(おほきみ)の 遊(あそ)ばしし 猪(しし)の 怒声(うたき)(かしこ)み 我(わ)が逃(に)げ縁(のぼ)りし 在丘(ありを)の上(うへ)の (はり)が枝(えだ) あせを。

皇后、聞しめして悲びたまひて、感を興して止めまつりたまふ。詔して曰はく、「皇后は天皇に與したまはずして、舍人を顧みたまふ。」 對へて曰す、「國人、皆陛下を謂して、安野したまひて獸を好みたまふとまうさむ。無乃可からざるか。今陛下、嗔猪の故を以て、舍人を斬りたまふ。陛下、譬へば、豺狼に異なること無し。」 天皇、乃ち皇后と車に上りて歸りたまふ。「萬歳」と呼ひつつ曰はく、「樂しきかな。人は皆禽獸を獵る。朕は獵りて善き言を得て歸る。」 

古事記は、
また一時(あるとき)、天皇、葛城(かづらき)の山の上に登り幸(い)でましき。 ここに大猪(おほゐ)出でつ。 すなはち、天皇、鳴鏑(なりかぶら)をもちてその猪を射たまひし時、その猪怒りて、唸(うた)き依(よ)り来つ。 故、天皇、その唸(うた)きを畏みて、榛(はり)の上に登りましき。 ここに歌ひたまひしく、

 やすみしし 我
(わ)が大君の 遊ばしし 猪(しし)の病猪(やみしし)の 唸(うた)き畏(かしこ)み 我が逃げ登りし 在丘(ありを)の 榛(はり)の木の枝(えだ)

とうたひたまひき。
(岩波文庫)とする。葛城山に登られたとき、大きな猪が現はれた。天皇が鏑矢で射ると、猪は唸って向かってきた。天皇は恐ろしくなり、木に登り逃れた。”やすみしし”は安く平らかに治める、大君にかかる枕詞。”やみしし”は手負いの猪。”うたく”は唸りほえること。は落葉高木で建築用資材になるハンノキ。大猪は山の~であろう、葛城山の~は葛城圓大臣を滅ぼした大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)には怒りを覚えておられた。古事記では、この直後に一言主~が続き、和解が図られるが、書紀では展開が異なる。

葛城山に校獵
(かり)に出られたとする。すぐさま靈鳥が飛来してきた。雀の大きさで尾が長く地面まで垂れるとは普通なら空を飛ぶことは出来まい。努力を”ゆめ”と訓じている。”ゆ”は斎、“め”は目、斎戒した目でみること、嗔猪(いかりゐ)の出現を警告するもの、と注される。何故、嗔猪が暴れ出てくるのか触れられない。獵徒(かりびと)が、縁はたよること、従うこと、”のぼる”と訓じている、樹にのぼり懼れていた。舎人に、猛獸も人と見れば止まる、迎へ射てとどめを刺せと命じられた。懦は勇気のないこと、怖気づくこと、失色は顔色が真っ青になること。五情(喜、怒、哀、楽、怨)の主が無い、我を失っている状態。晋書、元帝紀に、「聞き問ひて震へ惶(おそ)れ、精爽は飛び越へ、且つ驚き且つ心宛(うら)む、五情主無くし、哀を朔垂(北の辺境)に舉げて、上下泣血(血の涙を流)す。」とある。噬は咬む、食いつくこと。古事記とは異なり天皇は、弓で射て猪の突進を止め、踏み殺したといふ。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)は樹の上に逃れた臆病者ではない。それは舎人であり、舎人を斬り捨てようとしたとき、歌も舎人が詠んだものである、とした。天皇が自らの歌に、我が大君などといふわけがない。”あせを”は吾兄をで元来は、男性に対して呼びかける言葉、歌謡の囃子言葉とされる。舎人が天皇に、吾兄をと呼びかけるわけはなく、誰に向かってなげかけたのか分からないが、訴えかけるような響きがある。これまた、妙なことに、大変なご高齢の皇后(草香幡梭姫)が田(狩り)に同行されていた。その歌が皇后の心を動かせ、舎人を斬るのを止められた。皇后に何故天皇に同意せず、舎人のことを思うのかと、いぶかって聞かれた。草香幡梭姫は、兄の死を含め不条理な死を多(さは)にみてこられた。「野を安(たの)しみて獸を好む。無乃不可乎(どちらかといえばよろしくないのでは) 今陛下は嗔猪の故を以て、舍人を斬るは、陛下、譬ふに於豺狼に異ること無し。」陛下は狼が獲物を襲うように舎人を斬ろうとされている、國人もそう思ふでしょう、と言いにくいことを申された。天皇は皇后を尊重して、自分の車に上げて帰られた。禽獸を狩りするばかりじゃない、善き言を狩りするのも私の狩りである、昆虫を称すれば、女性の言葉も称する、と古事記とは全く異なる話となってしまった。恐るべき葛城の山の~と一言主~、これと大泊瀬幼武天皇がどう和解をするかがテーマであり、~と人間の和解において人間が~のご不満を如何につつしみてやすんじるかしかない。それは臆病なことではない。しかし、書紀は対宋外交を行った大泊瀬幼武天皇を臆病者と捉えられかねない古事記の表現を、いささか神仙風に一言主~と同格に扱ひ、大猪は獣として扱ひ、中国の帝にひけを取らない姿に描いた。国書としての立場上、過去のことはいへ、譲れない線があったのだろう。

夏四月
(うづき) 百濟加須利君(かすりのきし) 【蓋鹵王(かふろわう)也】 飛(つてことに)聞池津媛(いけつひめ)之所燔(やく)殺 【適稽(ちゃくけい)女郎(えはしと)也】 而籌議(はかる)(いふ) 昔貢女人(をみな)爲采女 而無禮(ゐやなし) 失我國名 自(より)今以後(のち) 不合貢女 乃其弟(いろど)軍君(こにきし) 【崑支(こにき)也】 曰(いふ) 汝(いまし)宜往(まうでる)日本(やまと)以事(つかふ)天皇 軍君對曰(まうす) 上君(きみ)之命(みこと)不可奉(まつる)(たがふ) 願賜君婦(みめ) 而(しかうす)後奉(たてまだす) 加須利君則以孕(はらむ)(め) 嫁(あはす)與軍君曰(いふ) 我之孕婦 月 若於路 冀(ねがふ)載一船 隨至何處(すみやかに)令送國 (ともに)辭訣(わかれる) 奉於朝(みかど) 
六月丙戌
(ひのえいぬ)(ついたちのひ) 孕婦果如加須利君言(こと) 於筑紫(つくし)各羅嶋(かからのしま)兒 仍名此兒曰嶋君(せまきし) 於是 軍君(こにきし)以一船 嶋君於國 是爲武寧王(むねいわう) 百濟人(くだらびと)呼此嶋曰主嶋(にりむせま)也 
秋七月
(ふみづき) 軍君入京(みやこ) 而有五(いつとり)子 【百濟新撰(くだらしんせん)云 辛丑年(かのとのうしのひ) 蓋鹵王(かふろわう)(まだす)(いろど)昆支君(こにききし) 向(まうでる)大倭(やまと) 侍(つかへまつる)天皇 以脩兄(いろね)(こきし)之好(よしみ)也】

夏四月(461.04)に、百濟の加須利君 【蓋鹵王なり】 飛に池津媛の燔き殺されたることを聞きて、【適稽女郎ぞ】 籌議りて曰く、「昔、女人を貢りて采女とせり。 而るを既に禮無くして、我が國の名を失へり。今より以後、女を貢るべからず。」乃ち其の弟、軍君 【崑支なり】に告げて曰く、「汝、日本に往でて天皇に事へまつれ。」 軍君、對へて曰す、「上君の命を違ひ奉るべからず。願はくは、君の婦賜ひて、而して後に奉遺したまへ。」 加須利君、則ち孕める婦を以て、軍君と嫁せて曰く、「我が孕める婦、既に産月に當れり。若し路にして産まば、冀はくは一の船に載せて、至らむに隨ひて何處にありとも、速に國に送らしめよ。」 遂に與に辭訣れて、朝に奉遣る。
六月の丙戌の朔
(461.06.01)に、孕める婦、果して加須利君の言の如く、筑紫の各羅嶋にして兒を産めり。仍りて此の兒を名けて嶋君と曰ふ。是に、軍君、即ち一の船を以て、嶋君を國に送る。是を武寧王とす。百濟人、此の嶋を呼びて主嶋と曰ふ。
秋七月
(461.07)に、軍君、京に入る。既にして五の子有り。 【百濟新撰に云はく、辛丑年に、蓋鹵王、弟昆支君を遣して、大倭に向でて、天皇に侍らしむ。以て兄王の好を脩むるなり。】

池津媛の燔き殺されたのは二年
(458)のことであった。このことに懲りて采女を差し出すのやめ、弟の軍君、崑支を天皇に仕へさせることにした。適稽女郎は慕尼夫人の女(むすめ)、夫人は正妻であり、婦は妃とみた。崑支は何故、蓋鹵王の妃を求め、蓋鹵王が何故妊婦を選んだのか?崑支が京に入ったときに、既に五人の子がいたとあり、自分のために蓋鹵王の妃を求めたものではあるまい。采女とはならないが、天皇に仕へさせるという含みがあったのか。それにしては、妊婦の妃を一旦崑支に婚(あは:夫婦にする)せ、子が生まれれば、一緒に送り返すようにとは、どういふことか?流産すれば連れてゆけとなるのか?結局母子ともに送り返している。意味不明な対応である。日本側の武寧王誕生に関する認識である。筑紫の各羅嶋は唐津市の加唐島地図とされ、百濟新撰は辛丑年(461)のこととしており、書紀とは年代が一致している。また、昆支が蓋鹵王の弟とするのも一致している。昆支が兄王に従ひ、両者の好が保たれたとする。しかし、三國史記、百濟本紀では、「武寧王、諱は斯摩、或は云隆、牟大王の第二子也」「東城王、諱は牟大、或は摩牟と作す。文周王の弟、昆支の子」とあり、文周王は蓋鹵王の子、崑支は同じく蓋鹵王の子となる。嶋君の嶋と武寧王の諱(いみな)斯摩は通じる。主嶋の”にりむ”は古代朝鮮語の国王、と注される。崑支は、飛鳥戸郡(河内飛鳥:飛鳥戸神社の地:曳野市飛鳥)を与えられ、子孫が定着することになる。宋書、世祖孝武皇帝諱駿、大明四年(460)十二月条に、「倭國、使を遣し方物を獻ず。」、同六年(462)三月条に、「倭國王の世子、興を以て安東將軍と為す。」とある。宋はこの462年に興を安東將軍に任じており、460年はその前の済の時代とみている。武が現われるのは477年であり、武が大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)とみなされるため、書紀の年代とは合致しない。
宋は、この時期、急速に勢力を拡大し、450年には長江北岸までを荒された北魏に対抗することが第一義で、高句麗に北魏を牽制するよう要請していた。一方、その高句麗は北の契丹の南下に備へ、462年以降むしろ北魏との関係改善を目指し、半島南下政策に拍車をかけていた。この南下に対抗するために、日本の軍事力に頼っていたものの、百濟は、日本が主導権をとろうとすることに警戒を強め、敵対していた新羅と関係改善を行い、宋の助力には限界ありとして、北魏との外交関係を模索し、高句麗に対抗しようとしていた。その百濟と新羅の背後から加羅諸国と手を組んだ日本が、半島南における日本の軍事的現実を承認するよう宋に求める。済が半島におけるその動きを強め、451年に宋は済に「使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事」を加へ、併せて、二十三人を軍、郡に叙してた。宋は、日本の動きに注目していたがその死により、後退す。その世子の興にまさに政権交代するのがこの461年であった。

六年春二月
(きさらぎ)壬子(みづのえね)(ついたち)乙卯(きのとのうのひ) 天皇(すめらみこと)(あそぶ)乎泊瀬(はつせ)小野 觀(みそなはす)山野(やま)之體勢(なり) 慨然(はげみて)(おこす)(みおもひ)(みうたよみす)(のはまふ) 擧暮利矩能こもりく 播都制能野麼播(はつせやまは) 伊底手它智能(いでたち 與慮斯企野麼(よやま) 和斯里底能(わしりで 與盧斯企夜麼能(よやま 據暮利矩能こもりく 播都制能夜麼播(はつせやまは) 阿野人爾于羅虞波斯(あやにうらぐはし) 阿野人爾于羅虞波斯(あやにうらぐはし) 於是 名小野(をの) 曰道小野(みちのをの)
三月(やよひ)辛巳(かのとのみ)朔丁亥(ひのとのゐのひ)、天皇欲(おもほす)使后妃(みさきみめ)(みずから)(くはこかす) 以勸蠶(こかひ)事 爰(ここに)(ことおほす)(すがる) 【 人名也 此云須我(すがる)】 聚(あつむ)國内(くにのうち)(こ) 於是  聚嬰兒(わかご) 奉獻天皇 天皇大咲(みゑらぐ) 賜嬰兒於(のはまふ) 汝宜自養 (ひだす)嬰兒於宮墻(みやのみかき)(ほとり) 仍賜姓 爲少子部(ちひさこべのむらじ)
夏四月(うづき) 呉國(くれのくに)(まだす)使貢獻(ものたてまつる)

六年の春二月の壬子の朔乙卯(462.02.04)に、天皇、泊瀬の小野に遊びたまふ。山野の體勢を觀して、慨然みて感を興して歌して曰はく、

 隠国の 泊瀬の山は 出で立ちの よろしき山 走り出の よろしき山の 隠国の 泊瀬の山は あやにうら麗し あやにうら麗し 

是に、小野を名づけて、道小野と曰ふ。
三月の辛巳の朔丁亥
(462.03.07)に、天皇、后妃をして親ら桑こかしめて、蠶の事を勸めむと欲す。爰に 【は、人の名なり。此をば須我屡と云ふ。】に命せて、國内の蠶を聚めしめたまふ。是に、、誤りて嬰兒を聚めて、天皇に奉獻る。天皇、大きに咲ぎたまひて、嬰兒をひて曰はく、「汝、自ら養へ。」 即ち嬰兒を宮墻の下に養す。仍りて姓を賜ひて、少子部連とす。
夏四月
(462.04)に、呉國、使を遣して貢獻る。

泊瀬は大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)の故郷、その小野は、大和志に、「城上郡泊瀬小野、初瀬村西」とあるが、初瀬川沿いの平地と注される。初瀬は奈良県桜井市東部、初瀬川渓谷、長い渓谷で長谷でもある。「泊瀬の山は、家から出た所にすぐ見える見事な山である。家から走り出た所にすぐ見える美しい山で、泊瀬の山は何とも美しい。何とも言えず美しい」と注されている。慨然は憤り、悲しみ嘆くことが原義、”はげむ”と訓じており、心をふるいたたすことであるが、歌の情とのつながりが微妙である。万葉集に、「隠国(こもりく)の 泊瀬(はつせ)の山 青幡(あおはた)の 忍坂(をさか)の山は 走り出の よろしき山の いでたちの くはしき山ぞ 惜(あたら)しき山の 荒れまく惜(を)しも (作者不詳)」がある。これなら、悲しみ嘆くがあてはまる。”こもりく”は山に囲まれていること、”いでたち”は山がそばだっていること、”わしりで”は流れるような山並み、”よろし”は寄り添った、ではないか。”あやに”はたとえようもなく、”うら”は心、”くはし”は細やかで美しいこと。故郷の泊瀬の小野にたたずまれた大泊瀬幼武天皇の心に湧きおこった情(こころ)。少年時代の大泊瀬幼武皇子たち兄弟姉妹は泊瀬の山並みの下に育ち、この山並みのごとく、心もたとえようもなく細やかで美しかった。それが、皇位継承と恋のもつれから兄弟姉妹すべて失ひ、荒々しく蛮勇を奮って粛正をした自分一人が今ここにいる。故郷は変はらず”あやにうらぐはし”、慨然とでもならねば、どうして慨然なのかわからない。道小野の道にどういう意味があるのか?初瀬川は大和川となり難波に通じていた。初瀬街道は伊賀、伊勢へと通じる。難波からの船は三輪山南西の海柘榴市(つばきいち)に至り、その地は「八十の衢」と称され人々で賑わった。昔は小野であったところも、今では道となっているといふことか?
桑こく、桑の葉を摘むこと、漢書、元后伝に、
「皇后、列候夫人を率て桑す」、礼記、月令に、「季春の月、后妃は斎戒して、親ら東、桑に向ひて、以て蚕事を勧める。」と注される。は、”すがる”、腰の細いジガバチ、蜂の一種。人名といふ、万葉集に、「腰細の須軽娘子」とあると注される。七年条によれば、スガルは剛力の男。蠶は蚕、皇后も妃も総出で桑の葉を摘ましめ、天皇は、養蚕を勧めるために、スガルに蚕を集めさせた。ところが”こ”を子と勘違いをして嬰児(幼子)を集めてきた。天皇は大笑いをして、スガルに嬰児を賜り、自分で養はせた。宮墻の下であるから宮殿の垣より下がった所に少子部(ちひさこべ)を設け、スガルをそこの連(むらじ)とされた。
宋、孝武帝六年
(462)三月条に、「倭國王の世子、興を以て安東將軍と為す。」とあった。呉國が使を遣して貢獻してきた、といふのが書紀の見解であり、宋書の記述などはどこ吹く風、宋じゃなく呉、何の説明もなく、向こうから貢獻してきたと記した。

七年秋七月(ふみづき)甲戌(きのえいぬ)(ついたち)丙子(ひのえねのひ) 天皇(すめらみこと)詔少子部(ちひさこべのむらじ)(すがる)(のたまふ) 朕(われ)(おもふ)見三諸岳(みもろのおか)~(かみ)之形(かたち) 【或(あるいは)(いふ) 此山之~爲(いふ)大物主~(おほものぬしのかみ)也 或云 菟田(うだ)墨坂~(すみさかのかみ)也】 汝(いまし)膂力(ちから)人 自(みづから)行捉(とらへゐる)(まうこ) 答曰(まうす) 試(こころみに)(まかる)(とらふ)之 乃登三諸岳 捉取(とらふ)大蛇(をろち) 奉(たてまつる)(みせる)天皇 天皇不齋戒(ものいみ) 其雷(かみ)兀虫(ひかり)(ひろめく) 目(まなこ)赫々(かかやく) 天皇畏(かしこむ) 蔽(おほふ)(みめ)不見 却入(かくれる)殿中(おほとの) 使放(はなつ)於岳(をか) 仍改賜名爲雷(いかづち)

七年の秋七月の甲戌の朔丙子(463.07.03)に、天皇、少子部連に詔して曰はく、「朕、三諸岳の~の形を見むと欲ふ。 【或いは云く、此の山の~をば大物主~と爲ふといふ。或いは云く、菟田の墨坂~なりといふ。】 汝、膂力人に過ぎたり。自ら行きて捉て來。」 、答へて曰す、「試に往りて捉へむ。」 乃ち三諸岳に登り、大蛇を捉取へて、天皇に示せ奉る。 天皇、齋戒したまはず。 其の雷兀虫々きて、目精赫々く。天皇、畏みたまひて 目を蔽ひて見たまはずして、殿中に却入れたまひぬ。岳に放たしめたまふ。仍りて改めて名を賜ひて雷とす。

三諸岳は三輪山、大~~社は鳥居と拝殿のみで、~殿がない、三輪山をご~体とする。その~の形を見たいので、捉へて来るようにと天皇はスガルに命じられた。膂力は背骨の力、それが人より勝っていた。スガルが何故大蛇を~の形と分かり、捉へることができたのかは言及がない。毛詩、国風に、日壹日壹(えいえい:雲り暗い)其陰 兀虫兀虫(きき:雷鳴とどろく音)雷田田(雷の古字)と注される。漢文としては、大蛇が雷鳴をとどろかせ、眼(まなこ)が赤々と輝いたとなるが、書紀は、雷光が放たれ眼が赤々と輝いた、それは、天皇が齋戒していなかったからとする。天皇は見ることもできず、殿中に隠れ、大蛇を山に放ったといふ。後日、スガルに雷の名を与へた、姓氏録、山城諸蕃に、「少子部雷」がある、万葉別考には、岳に雷の名を賜ったとする、平安時代から二説があった、と注される。この山の~をば大物主~とする説も紹介しているがこれも言及はない。
大物主~は大己貴~
(大國主~)の亦の名ともされ、海より来る大己貴~の幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)として現はれたと自称し、「吾やまとのくにの三諸山に住まむとす。」とし、そこに宮を造り居られることになった書紀巻1。大國主~が国譲りをされたとき、自分に代はって天~(あまつかみ)に帰順する國~(くにつかみ)として後を託したのが大物主~及び事代主~であった。事代主~は大國主~の子であるが、葛城一言主~の~格の一部ともされる。天孫族としては、地上の統治にあたっては、このふたつの首渠(ひとごのかみ)の反乱をまねいてはならぬことであり、協力をとりつけることが申し送り事項であった。御間城入彦五十瓊殖天皇(崇~天皇)の五年条に、疫病で多くの民が死に、六年条では百姓が離散、反乱するという事態が起こった書紀巻5。百姓はこの場合農民ではなく、姓のある臣下のこと、多くの臣下が背き、「大彦命を以て北陸に遣す。武渟川別は東海に遣す。吉備津彦は西道に遣す。丹波道主命は丹波に遣す書紀巻5。」といふ大がかりな反乱が背後にあった。國~の子孫の反乱であり、大物主~及び事代主~を怒らすことは依然として危険であった。天皇が、大田田根子をして大物主~を祭祀させ、高橋邑の人の味酒を自ら大~に奉ることで、この難が治まったといふ。また、倭迹迹日百襲姫命を大物主~の妻としたところ、大~は夜にしかあらわれない、顔みたいとふ姫の願い聞き、その姿をみせると小蛇であった。驚いた姫に、大~は人の姿となって、私を羞しめたように姫を羞しめる、と言い残して御諸山に帰られた。姫は、「箸(はし)、陰(ほと)に撞(つ)きて薨(かむさ)書紀巻5といふ結末をむかえ、その姫の墓、箸墓の由来とされる。この故事によって、スガルは蛇を~の形として持ち帰ったことになる。小蛇でなく、大蛇であり、雷のごとくふるまったといふは、大泊瀬幼武天皇の性格に合はせてのこととなろう。葛城で一言主~と轡を並べて共に狩りを楽しむというようなことは夢のまた夢、大物主~は一筋縄ではゆかなかった。
古事記によれば、この疫病は墨坂~
(墨坂神社)と大坂~(大阪山口神社)を祭ることでやんだとしている。墨坂~は天御中主~、高皇産霊~、神皇産霊~、伊邪那岐~、伊邪那美~、大物主~の六柱の~とされる。書紀は天皇の夢に~人があらはれ、「赤盾八枚、赤矛八竿を以て、墨坂~を祠り、亦黒盾八枚、黒矛八竿を以て、大坂~を祠れ書紀巻5。」とされた。箸墓の石は大阪山から昼は人、夜には~によって運ばれたともある。大物主~に対する扱いは粗略であり、ただ事では済まないと暗示している。

八月(はつき) 官者(とねり)吉備弓削部(きびのゆげべ)虚空(おほぞら) 取急(あからさまに)(まかりかへる)家 吉備下(きびのしもつみちのおみ)前津屋(さきつや) 【或本(あるふみ)云 國(くにのみやつこ)吉備臣山(きびのおみやま)】 留使虚空 經(ふる)月不肯(かへにす)(ゆるす)(まうのぼる)京都(みやこ) 天皇身毛君(むけつきみ)大夫(ますらを)召焉 虚空被召來言 前津屋 以小女(をとめ)爲天皇人(みひと) 以大女(おほめのこ)爲己人(おのがひと) 競(きほふ)令相(あひたかかふ) 見幼女(をとめ)勝 拔刀(たち)而殺 復以小(すこしきなる)雄鷄(みにはとり) 呼爲天皇鷄(みにはとり) 拔毛剪翼 以大雄鷄(にはとり) 呼爲己鷄(とり) 著鈴(すず)・金(かね)(あこえ) 競令之 見禿(つぶれ)鷄勝 亦拔刀而殺 天皇聞是語 物部(もののべ)兵士(いくさびと)卅人(みそたり) 誅殺前津屋(あはす)(やから)七十人(ななそたり) 

八月(463.08)に、官者、吉備弓削部虚空、取急に家に歸る。吉備下道臣前津屋 【或本に云く、國造吉備臣山】 虚空を留め使ふ。月を經るまで京都に聽し上らせ肯へにす。天皇、身毛君大夫を遣して召さしむ。虚空、召されて來て言す、「前津屋、小女を以ては天皇の人にし、大女を以ては己が人にして、競ひて相闘はしむ。幼女の勝つを見ては、即ち刀を拔きて殺す。復小なる雄鷄を以て、呼びて天皇の鷄として、毛を拔き翼を剪りて、大なる雄鷄を以て、呼びて己が鷄として、鈴・金の距を著けて、競ひて闘はしむ。禿なる鷄の勝つを見ては、亦刀を拔きて殺す。」天皇、是の語を聞こしめして、物部兵士卅人を遣はして、前津屋并せて族七十人を誅殺さしむ。 

和名抄、美作国久米郡に弓削郷(岡山県久米郡久米南町:地図がみえると注される。官者を”とねり”としており、”あからさま”は急なこと、天皇の近習にいた虚空が急に家に戻った、といふ。何が起ったのか?吉備下道郡は総社市西半、倉敷市北、吉備上道郡は、岡山市東半、備中国賀夜郡、総社市東半書紀巻10、吉備下道臣であり前津屋となれば、高梁川の津(渡し場)を連想させる、海運を担っており政権としては掌握しておく必要のある地である、國造の吉備臣の山とすれば、吉備全体にかかわる事件となる。前津屋は虚空を吉備に留めて都に帰らせなかった。不肯(かへにす)の”に”は、否定の”ず”、承認しないこと。不審に思った天皇は、美濃国武義郡(岐阜県武義郡:美濃市)の豪族、身毛君の大夫、”ますらを”と人名のごとく訓じられているが、漢文では家老、家宰相当の者、を派遣して、虚空を呼び戻された。虚空によれば、前津屋は小女を天皇とし、大女を自分とし、競ひ戦はして小女が勝てば、これを殺し、闘鶏も行っており、小さくて毛を抜き翼を切った雄鷄を天皇とし、鈴と金のけづめを付けた雄鷄を自分として、競ひ戦はして、(手が抜かれた)禿(無髪)なる鷄が勝てば、これを殺すといふ。天皇はこれを聞いて、物部兵士30人を派遣して、前津屋とその族70人を殺させた。吉備には不穏な動きがあった。

是歳 吉備上
(きびのかみつみちのおみ)田狹(たさ) 侍(はべる)於殿(おほとの)(ほとり) 盛(さかりに)(ほめかたる)稚媛(わかひめ)於朋友曰(いふ) 天下麗人(かほよきひと) 莫若(しく)吾婦 茂(こまやかに)矣綽(きはやか)矣 諸(もろもろ)(かほ)(そなはる)矣 曄(あからかに)(にこやかに)矣 種(くさぐさ)(かたち)足矣 鉛花(いろ)弗御(つくろふ) 蘭澤(か)無加(そふ) 曠(ひさし)世罕(まれ)(たぐひ) 當時(いまのとき)獨秀者也 天皇 傾耳遙聽 而心悦焉 便欲自求(まぐ)稚媛爲女御(みめ) 拜(ことよさす)田狹 爲任那國司(みまなのくにのみこともち) 俄(しばらく)而 天皇幸(めす)稚媛 田狹臣(たさのおみ)娶稚媛 而生兄君(えきみ)・弟君也(おときみ) 【別本(ことふみ)云 田狹臣婦(め)名毛媛(けひめ)者 葛城襲津(かづらきのそつびこ) 玉田宿禰(たまたのすくね)之女(むすめ)也 天皇聞體貌(みなり)閑麗(きらぎら) 殺夫(をうと)(みづから)(つかはし)焉】 田狹(ゆく)任所(よさしどころ) 聞天皇之幸(つかはし)其婦 思欲求(もとむ)(たすけ)而入新羅 于時 新羅不事中國(みかど) 天皇詔田狹臣子弟君(おときみ)與吉備海部直(きびのあまのあたひ)赤尾(あかを)(のたまふ) 汝(いまし)宜往(ゆく)(うつ)新羅(しらき) 於是 西漢(かふちのあや)才伎歡因知利(てひとくわんいんちり)(はべる)(おもと) 乃而奏(まうす)(まうす) 巧(たくみ)於奴(やつかれ)(ひと) 多(さはに)(はべる)韓國(からのくに) 可召而使(つかはす) 天皇(すめらみこと)詔群臣(まへつきみたち)曰 然則宜以歡因知利(くわんいんちり) 副(そへる)弟君等 取於百濟 (あはせる)(たまふ)勅書(みことのりのふみ) 令獻巧者 於是 弟君銜(うけたまはる)(おほみことのり) 率(ゐる)(もろもろ) 行到百濟 而入其國 國~(くにつかみ)(なる)老女(をみな) 忽然(たちまちに)逢路(みち) 弟君就訪國之遠近 老女報言 復(また)行一日(ひとひ) 而(しかうして)後可到 弟君自(おのづから)思路 不伐而 集聚(つどへる)百濟所貢今來(いまき)才伎(てひと)於大嶋(おほしま)(うち) 託(つく)(いふ)(さもらふ)風 淹(ひさしく)留數(へる)月 任那國司田狹臣(みまなのくにのみこともちたさのおみ) 乃喜弟君不伐而還 密(しのびに)使(やる)人於百濟 戒弟君曰 汝(いまし)之領項(くび) 有何穴牛(かたきこと)而伐人乎 傳聞 天皇幸(めす)吾婦 有兒息(こども) 【兒息已見上(かみ)(くだり)】 今恐 及於身 可足喬(たてる)足待 吾兒汝者 跨(こえる)(よる)百濟 勿使(かよう)於日本(やまと) 吾者據有(たもつ)任那 亦勿於日本 弟君之婦(め)樟媛(くすひめ) 國家(おほやけ)(こころ)深 君臣義(きみやつこのことわり)(たしかなる) 忠(まめなること)(こえる)白日(てるひ) (またきこと)(すぎる)(とこまつ) 惡(にくむ)斯謀叛(みかどかたぶけむとすること) 盜(ひそかに)殺其夫 隱埋室内(ねやのうち) 乃與(ともに)海部直赤尾(あまのあたひあかを)(ひきゐる)百濟所獻手末(たなすゑ)才伎(てひと) 在(さぶらふ)於大嶋 天皇聞弟君不在 日鷹吉士(ひたかのきし)堅磐(かたしは)固安錢(こあんぜん)【堅磐 此云柯陀之波(かたしは)】 使共復命(かへりごとまうす) 遂即安置(はべらす)於倭國(やまとのくに)吾礪(あと)廣津(ひろきのつ)【廣津 此云比盧岐頭(ひろきのつ)】邑 而病死(みまかる)者衆  由是 天皇詔大伴大(おほとものおほむらじ)室屋(むろや) 命東漢直(やまとのあやのあたひ)(つか) 以新漢陶部(いまきのあやのすゑつくり)高貴(かうくゐ)・鞍部(くらつくり)堅貴(けんくゐ)・畫部(ゑかき)因斯羅我(いんしらが)・錦部(にしごり)定安那錦(ぢやうあんなこむ)・譯語(をさ)卯安那(めうあんな)等 遷居于上桃原(かみつももはら)・下桃原(しもつももはら)・眞~原(まかみのはら)三所(みところ) 【或本云 吉備臣弟君 自百濟 獻(たてまつる)漢手人部(あやのてひとべ)・衣縫部(きぬぬひべ)・宍人部(ししひとべ)

是歳、吉備上道臣田狹、殿の側に侍り、盛に稚媛を朋友に稱りて曰く、「天の下の麗人は、吾が婦に若くは莫し。茂に綽にして、諸の好備れり。曄に温に、種の相足れり。鉛花も御はず、蘭澤も加ふること無し。曠しき世にも儔罕ならむ。時に當りては獨り秀れたる者なり。」 天皇、耳を傾けて遙に聽しめして、心に悦びたまふ。便ち自ら稚媛を求ぎて女御としたまはむと欲す。田狹を拜して、任那國司にしたまふ。俄ありて、天皇、稚媛を幸しつ。田狹臣、稚媛を娶りて、兄君、弟君を生めり。【別本に云く、田狹臣が婦の名は毛媛といふ。葛城襲津彦の子、玉田宿禰の女なり。天皇、體貌閑麗しと聞しめして、夫を殺して自ら幸しつといふ。】 田狹、既に任所に之きて、天皇、其の婦を幸しつることを聞きて、援を求めて新羅に入らむと思欲ふ。時に、新羅、中國に事へず。天皇、田狹臣の子、弟君と吉備海部直赤尾に詔して曰はく、「汝、往きて新羅を罰て。」 是に、西漢才伎歡因知利、側に在り。乃ち進みて奏して曰す、「奴より巧なる者、多に韓國に在り。召して使すべし。」 天皇、群臣に詔して曰はく、「然らば、歡因知利を以て、弟君等に副へて、道を百濟に取り、并せて勅書を下ひて、巧の者を獻らしめよ。」 是に、弟君、命を銜りて、衆を率て、行きて百濟に到りて、其の國に入る。國~、老女に化爲りて、忽然に路に逢へり。弟君、就きて國の遠さ近さを訪ぬ。老女、報へて言す、「復一日行きて、而して後に到るべし。」 弟君、自づから路遠きことを思ひて、伐たずして還りぬ。百濟の貢れる今來の才伎を大嶋の中に集聚へて、風候ふと稱ふに託けて、淹しく留れること月を數ぬ。 任那國司田狹臣、乃ち弟君が伐たずして還ることを喜びて、密に人を百濟に使りて、弟君に戒めて曰く、「汝が領項、何の穴牛錮有りてか人を伐つや。傳に聞く、天皇、吾が婦を幸して、遂に兒息 【兒息は、已に上の文に見ゆ。】 を見つと。今恐るらくは、禍の身に及ばむこと、足を足喬てて待つべし。 吾が兒、汝は、百濟に跨え據りて、日本にな通ひそ。吾は、任那に據りて有ちて、亦日本に通はじ。」 弟君の婦、樟媛、國家の情深く、君臣の義切まり。忠なること白日に踰え、節松に冠ぎたり。斯の謀叛を惡みて、盜に其の夫を殺して、室の内に隱し埋みて、乃ち海部直赤尾と與に百濟の獻れる手末の才伎を將ゐて、大嶋に在ふ。天皇、弟君の不在きことを聞しめして、日鷹吉士堅磐固安錢 【堅磐 此を柯陀之波と云ふ】を遣して、共に復命さしめたまふ。遂に即ち倭國の吾礪の廣津【廣津 此をば比盧岐頭と云ふ】邑に安置む。病みて死る者、衆し。是に由よりて、天皇、大伴大連室屋に詔して、東漢直掬に命せて、新漢陶部高貴・鞍部堅貴・畫部因斯羅我・錦部定安那錦・譯語卯安那等を、上桃原・下桃原・眞~原の三所に遷し居らしむ。【或本に云く、吉備臣弟君、百濟より還りて、漢手人部・衣縫部・宍人部を獻る。】

文選、好色賦に、
「天下の佳人、楚国に若くは莫し」、文選、神女賦に、「茂や美や、諸の好備ふ・・・曄(あかるく輝くこと)や華の如し、温や瑩(玉の美しい輝き)の如し」、文選、洛神賦に、「芳沢加ふ無し、鉛花も御(つくろ)はず(香水も化粧も不要)。説文に、「茂は草木盛皃(さかんなさま)。綽(きはやか)は際立つこと。鉛花は白粉。蘭澤は文選、神女賦に、「蘭澤に沐す」とあり李善注に、「沐は洗ふなり、蘭を以て油澤に浸し、以て頭に塗る」とある化粧。周礼、天官に、「女御は、王の燕寝(天子の休息する御殿)に御(はべ)り叙すを掌る」、と注される。吉備上道臣田狹は自分の妻、稚媛を、活き活きとして明るくにこやかで、化粧やクリームもいらない、これほどのものはまれであると自慢をした。天皇は、稚媛を女御、寝所に召しいれようとして、田狹を任那國司にした。しばらくして、稚媛を召して兄君、弟君を生んだとする。しかし、この話はつじつまの合わないことが色々あり頭が混乱する。元年条に「吉備上道臣の女(むすめ)稚姫 【一本に云く、吉備窪屋臣の女】有り。二の男を生めり。長を磐城皇子と曰す。少を星川稚宮皇子 【下の文に見ゆ】」とあり、この吉備上道臣の女(むすめ)である稚媛と吉備上道臣田狹の妻の稚媛が別人で、吉備上道臣も二人となり、片やの稚媛は妃で、磐城皇子と星川稚宮皇子を生み、片やの稚媛は女御で、兄君、弟君を生んでいるとなる。続いて別本に田狹の妻は、毛媛で、葛城襲津彦の子、玉田宿禰の女(むすめ)とし、夫を殺しとあり、田狹を殺したという話も紹介している。玉田宿禰は47年前(416年:書紀巻13に雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)に殺されており、毛媛は相当のご高齢となる。新羅、中國に事へないとあり、中国を”みかど”と訓じ、これは、日本と注されている。新羅の外交対象は百濟、加羅諸国、高句麗、日本(やまと)であり、宋や北魏など中国とは朝貢関係はなく、文脈からすれば、中国=日本となるが、何故中国と記したのか理解に苦しむ。更にややこしいのは、新羅を討つに田狹臣の子、弟君と吉備海部直赤尾を派遣しているが、この弟君は兄君、弟君の弟君とは別で、田狹臣と稚媛の間の子、すでに成人であり、樟媛といふ妻を持っており、稚媛(わかひめ)はもう若くない。女御との間の兄君、弟君がこの時点で生まれていたとすれば、双子としても、十月十日以前に女御の稚媛と天皇が関係をもっておらねばならず、時間的にもつじつまが合はない。この話は他にはみられないと注されている、稚媛に関しては、錯綜した伝承があり、弟君を天皇と女御の稚媛との間の子と誤解せしめるかのごとくである。半島における不穏な動きの発端は稚媛をめぐって起こったとするが、女性問題が発端ではあるまい。
話の本筋は、吉備の勢力が、任那と深い関係を有しており、それらの勢力が半島で新羅や百濟と通じて、妙な動きをしていたことであろう。吉備海部直は、古事記によれば、大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)がその女(むすめ)、K日賣を求めた豪族であり、その時代から半島との海運に携わっていたことになる。敏達天皇に時代には、高句麗や百濟への使者を勤めることになる族で、ここでは、その族の赤尾が田狹の子の弟君と一緒に派遣され、つまり、天皇は同じ吉備の勢力に情勢を探らせようとされた。そのとき、西漢才伎歡因知利が韓国に居る自分と同じような人間を使うことを進言した。西漢は河内を本拠とする渡来系文官、才伎はここでは訳語(通訳)であるが陶部、鞍部、画部、錦部もあると注され、工人集団でもあった。歡因知利は同じ吉備の勢力ではうまくゆくまいとみていた。新羅を討つといふのは名分で、天皇は歡因知利も同行させ、百濟の才伎を献上せしめ、軍勢を率ゐ、まず百濟に入らせた。新羅を討つには、田狹が國司をしている任那、加羅から軍を動かすか、氣長足姫尊(~功皇后)のごとく、海から川を遡って攻め入るしかない。そのルートでなく軍勢を率ゐまず百濟に入るとなれば、船団で海路をとったことになり、新羅に対する軍事行動を起こしているとは思はれない。百濟から其の国、新羅領に入ると新羅の國~(くにつかみ)が老女と化して現われた。弟君が道程を問うと、もう一日ゆけば至る(そう遠くない)と応へが返ってきたが、弟君は自ずから遠いと思ひ、引き揚げた。これも奇妙で、通証は一日でなく一月に当たるとした、と注される。こちらは断念し、百濟の貢れる今來の才伎を大嶋の中に集聚へた。大嶋は慶尚南道の南海島か、と注される。風候(さもらふ)は、様子見をすること、風待ちと称して数か月留まった。これをみた田狹は、任那から百濟に秘かに使いを送り、我が子よ、お前も妻を取られた私と同じ運命をたどるはず、決して安泰ではない、お前は日本に帰らず、百濟に留まれ、私も日本には帰らない。歴史的には、この時期、百濟は新羅と協力関係を築き、高句麗に対抗し、軍事権を掌握しようとする日本とは距離を置こうとしていた。弟君と田狹の行動は、それに資するものとなり、百濟と新羅が取り込みを謀っていたとしても不思議はない。弟君の妻、樟媛は公、君臣の義に篤く、忠にして、これを(国家に対する)謀叛として悪(にく)み、弟君を殺して室(ねや)に埋め隠したといふからすざまじい。女性にして中国風の倫理観に通じておられたことになる。これを聞いて、天皇は日鷹吉士堅磐固安錢を派遣し、大嶋から才伎を含めて、一行を引き揚げさせた。日鷹吉士堅磐固安錢は未詳、堅磐と固安錢の二人説、日鷹を九年条の難波の日鷹吉士と堅磐固安錢の二人説、堅磐を筑前国穂波郡堅磐郷とする。日鷹を地名とすると、紀伊国の日高郡となり、ここの吉士が後に難波の吉士に包括されたとする、などの説があると注される。日高は氣長足姫尊(~功皇后)が忍熊王等との戦いに備えて幼い太子を避難させた所縁の地書紀巻9、紀伊の水軍の半島との係りも深い。いづれにせよ、膝下の難波、紀伊の水軍の援護を得て、赤尾、樟媛など吉備勢力と百濟の才伎、歡因知利などの一行が帰還を果たした。
書紀は通例日本を”やまと”と訓じ、倭は奈良をさす。吾礪
(あと)は河内国渋川郡跡部郷(大阪府八尾市植松町付近:地図、また広津は難波の津の古称かとも注され、いづれも奈良ではない。城下郡阿刀村(磯城郡田原本町)説があり、また、大和川水運に通じる寺川の潮航点・浜となり、阿斗の館が発見された、古く阿土と呼ばれた安堵町窪田地図説であれば奈良となる。阿斗の館は大和川水運の奈良から大阪に向かう湿地の川港の物資の集積所、宿舎のあった所大和・いかるが考、辻 保治)である。吾礪の広津邑に才伎(工人)等を安置したが病死するものが多かった。湿地帯の風土と合はなかったと思はれる。大伴大連室屋と東漢直掬に命じて、新漢陶部高貴・鞍部堅貴・畫部因斯羅我・錦部定安那錦・譯語卯安那等を、上桃原・下桃原・眞~原の三所に遷している。集解は桃原を河内国石川郡とするが大和国高市郡、未詳と注されるが、これまでの漢人の里に合流させられたのであろう。新漢とは、古く帰化した阿知使主、都加(掬)使主系の漢人に対するものであり、百濟の才伎といふが漢人系であった。今来郡を本拠として東漢氏に管理されたと注される。大和志、吉野郡に、「新漢南墓 俗呼天狗森」、今木村(奈良県吉野郡大淀町今木:地図、とあるが、地名辞典は曽我川の今木より下流の旧今木(高市郡)とあった。眞~原は後に法興寺を造った所を飛鳥眞~原と名づけたとあり、高市郡明日香村飛鳥と注される。陶器、馬具、絵画、絹織物、通訳の専門集団、その頭領が高貴、堅貴、因斯羅我、定安那錦、卯安那なのであろうが未詳とある。漢手人部は漢人の工人部の総称、衣縫部は裁縫、衣服製作、宍人部は肉料理人であった、吉備臣弟君が実は、死んでおらずこれらを献上したといふのも頷ける。田狹のその後にも言及がなく、次の八年条とも関連がとれず、すっきりしない。相当多くの才伎が渡来していたことになり、新羅を討つといふより、結果からみれば、工人の確保が目的であったとすべきかもしれない。百濟、新羅、任那加羅、高句麗、中国(宋、北魏)、日本との相互関係が流動的になっていたことが根底にあろう。

2010.05.19

岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 14-1 上田 啓之
.