e漢字使用


白髮武廣國押稚日本根子天皇 清寧天皇

元年春正月戊戌朔壬子(480.01.15)  》》
二年の春二月(481.02)  》》
三年春正月丙辰朔(482.01.01) 
 》》
四年春正月庚戌朔丙辰(483.01.07) 
 》》
五年春正月甲戌朔己丑(484.01.16) 
 》》

弘計天皇 顯宗天皇   》》

元年春正月己巳の朔(485.01.01)  》》
二年春三月上巳(486.03.03)  》》
三年春二月丁巳朔(487.02.01)  》》

億計天皇  仁賢天皇   》》

元年春正月辛巳朔乙酉(488.01.05)  》》
二年秋九月(489.09)  》》
三年春二月己巳朔(490.02.01)  》》
四年夏五月(491.05)  》》
五年春二月丁亥朔辛卯(492.02.05)  》》
六年秋九月己酉朔壬子(493.09.04)  》》
七年春正月丁未朔己酉(494.01.03)  》》
八年冬十月(495.10) 
 》》
十一年秋八月庚戌朔丁巳(498.08.08) 
 》》

(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)

本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

白髮武廣國押稚日本根子天皇(しらかのたけひろくにおしわかやまとねこのすめらみこと) 清寧天皇(せいねいてんわう)
弘計天皇
(をけのすめらみこと)    顯宗天皇(けんそうてんわう)
億計天皇
(おけのすめらみこと)    仁賢天皇(けんにんてんわう)


日本書紀 卷第十五

白髮武廣國押稚日本根子天皇 清寧天皇

白髮武廣國押稚日本根子天皇 大泊幼武天皇第三子也(みはしらにあたりたまふみこ) 母(いろは)(まうす)葛城(かづらき)韓媛(からひめ) 天皇生(あれる)而白髮(みぐししろし) 長(ひととなりて)而愛(めぐむ)(おほみたから) 大泊天皇 於諸(もろもろの)(みこたち)中 特(ことに)所靈異(くしびにあやし) 
廿二年立爲皇太子
(ひつぎのみこ) 
廿三年八月
(はづき) 大泊天皇崩(かむあがる) 吉備稚媛(きびのわかひめ) 陰(ひそかに)(かたる)幼子(わかご)星川皇子(ほしかはのみこ)(のたまふ) 欲登(しる)天下之位(たかみくら) 先取大藏(おほくら)之官(つかさ) 長子(このかみ)磐城皇子(いはきのみこ) 聽母夫人(いろはのみめ)(をしふる)其幼子之語(こと)曰 皇太子雖是我弟 安(いづく)可欺乎 不可爲也(しかはすべからず) 星川皇子(ほしかはのみこ) 不聽 輙(たやすく)隨母夫人之意(みこころ) 取大藏官 鏁(さす)(かためる)外門(ほかと) 式(もて)備于難(わざはひ) 權勢(いきほい)自由(つひやす) 費用(つひやす)官物(おほやけもの) 於是 大伴室屋大(おほとものむろやのおほむらじ) 言於東漢掬直(やまとのあやのつかのあたひ)曰 大泊天皇(おほはつせのすめらみこと)(のちのみことのり) 今將至矣 宜從詔 奉(つかへまつる)皇太子 乃發(おこす)軍士(いくさ)圍繞(かくむ)大藏 自外拒(ふせく)(かたむ) 縱(つく)火燔殺(やきころす) 是時 吉備稚媛・磐城皇子異父兄(ことのかぞのあに)兄君(えきみ)・城丘前來目(きのをかさきのくめ)【闕(もらす)名】 隨星川皇子 而被燔殺焉 惟河内三野縣主小根(かふちのみののあがたぬしをね) 慓然(おぢ)振怖(をののく) 出 (うだく)草香部吉士漢(くさかべのきしあやひこ)脚 因使(のみまうす)生於大伴室屋大(まうす) 奴(やつこ)縣主小根 事星川皇子者信(まこと) 而無有背於皇太子 乞 降(くだす)洪恩(おほきなるめぐみ) 救賜他命(ひとのいのち) 漢(あやひこ)乃具(つぶさに)(ために)(まうす)於大伴大 不入刑類(ころすつみのつら) 小根仍使漢啓於大曰 大伴大 我君 降大慈愍(めぐみ) 促短之命(せまれるいのち)續延長(つぎのばへる) 獲觀日色(ひのひかり) 輙(すなはち)以難波來目邑大井戸(おほゐへ)田十町(たとところ) 於大 又以田地(たどころ) 與于漢 以報其恩 
是月 吉備上臣等
(きびのかみつみちのおみら) 聞朝作亂(みだれ) 思救其腹所生(うまれる)星川皇子 率(ゐる)船師(ふないくさ)卌艘(よそふな) 來浮(きうかぶ)於海 而聞被燔殺 自海而歸 天皇(すめらみこと)即遣(つかはす)使(つかひ) 嘖讓(せめる)於上臣等(かみつみちのおみら) 而奪其所領(をさむ)山部 
冬十月
(かむなづき)己巳(つちのとのみ)(ついたち)壬申(みづのえさるのひ) 大伴室屋大 率臣等 奉璽(しるし)於皇太子(ひつぎのみこ)

白髮武廣國押稚日本根子天皇は、大泊瀬幼武天皇の第三子なり。母をば葛城韓媛と曰す。天皇、生れましながら白髮。長りて民を愛みたまふ。大泊瀬天皇、諸の子の中に、特に靈異びたまふ所なり。
廿二年に、立ちて皇太子と爲りたまふ。
廿三年の八月に、大泊瀬天皇、崩りましぬ。吉備稚媛、陰に幼子星川皇子に謂りて曰はく、「天下之位登らむとならば、先づ大藏之官を取れ。」 長子、磐城皇子、母夫人の其の幼子にヘふる語を聽きて曰はく、「皇太子、是我が弟なりと雖も、安にぞ欺くべけむ。不可爲」 星川皇子、聽かずして、輙く母夫人の意に隨ふ。遂に大藏の官を取れり。外門を鏁し閉めて、式て難に備ふ。權勢の自由にして、官物を費用す。是に、大伴室屋大連、東漢掬直に言ひて曰く、「大泊瀬天皇の遺詔し、今至りなむとす。遺詔に從ひて、皇太子に奉るべし。」 乃ち軍士を發し大藏を圍繞む。外より拒き閉めて、火を縱けて燔殺す。是の時に、吉備稚媛、磐城皇子の異父兄兄君、城丘前來目【名を闕せり】 星川皇子に隨ひて、燔殺されぬ。惟に河内三野縣主小根、慓然ぢ振怖きて、火を避りて逃れ出ず。草香部吉士漢彦が脚を抱きて、因りて生きむことを大伴室屋大連に祈さしめて曰す、「奴、縣主小根、星川皇子に事へまつりしことは、信なり。而れども皇太子に背きたてまつること有ること無し。乞ふ。洪恩を降して、他の命を救ひ賜へ。」 漢彦、乃ち具に爲に大伴大連に啓して、刑類に入れず。小根、仍りて漢彦をして大連に啓さしめて曰す、「大伴大連、我が君、大きなる慈愍を降して、促短れる命、既に續ぎ延長へて、日色を觀ることを獲たり。」 輙ち難波の來目邑の大井戸の田十町を以て、大連に送る。又田地を以て、漢彦に與へて、其の恩を報ゆ。
是の月に、吉備上道臣等、朝に亂を作すと聞きて、其の腹に生れませる星川皇子を救はむと思ひて、船師卌艘を率て、海に來浮ぶ。既にして被燔殺されぬと聞きて、海より歸る。天皇、即ち使を遣はして、上道臣等を嘖讓めて、其の領むる山部を奪ひたまふ。
冬十月の己巳の朔壬申に、大伴室屋大連、臣連等を率て、璽を皇太子に奉る。

大泊瀬幼武天皇と韓媛の間の子は、白髪武廣國押稚日本根子天皇と稚足姫皇女の二人であり、古事記も同様であり、それも第一子、何故第三子となるのかいきなり面食らふ。大泊瀬幼武天皇と吉備稚媛の間に、磐城皇子、星川皇子があり、この三人が対象かとも思ふが、
「母をば葛城韓媛と曰す。」とは合致しない。しかし、磐城皇子が「皇太子、是我が弟なりと雖も、安にぞ欺くべけむ。不可爲」と皇太子を弟としており、この三人の中では皇太子が一番若かった、とも解せる。生来の白髪は、中国では老聃がそうで老子と言はれたと注される(集解、天中記、帝王世紀)。父とは異なり、非常に温厚な性格であった、とするが、星川皇子、吉備稚媛、磐城皇子の異父兄兄君、城丘前來目を燔殺している。
廿三年
(479年)八月条に、大泊瀬幼武天皇が崩御されると、征新羅將軍吉備臣尾代が率る五百の蝦夷等が吉備で反乱を起こしたとあった。七月に病の床につき、「詔して、賞罰支度、事巨細と無く、並に皇太子に付にたまふ。」とあるが、自分と性格が似ている星川皇子が黙ってはいまいと懸念し、遺言にて、大伴室屋大連、東漢掬直に皇太子を守ること、後事を託していたことは、既に見た。吉備については、海運上の重要拠点であり、大泊瀬幼武天皇が稚媛の夫を任那国司に任じ、その隙に稚媛を妃にする挙に出るなり、物部氏に従はぬ者を討たせたり、その掌握に腐心をした地である。また、紀小弓宿禰に吉備上道の采女大海を賜はり、紀氏に吉備上道に進出させようとされたが、、紀小弓宿禰の葬儀を契機に、大伴氏がそれにとって代ったこともすでに見た。このような天皇側の動向に対して不満を持つものが吉備には結構いた。一艘当りの兵士の数が分からないので、四十艘の船師がどれほどの軍勢となるのか不明であるが、難波や奈良、各地の不満勢力と合流すれば、やっかいなこととなる。大伴室屋大連、東漢掬直は、そうなる前に一気に星川皇子、吉備稚媛、磐城皇子の異父兄兄君、城丘前來目を囲んで討伐してしまい、上道臣等の有する山部を奪った。「大伴室屋大連、臣連等を率て、璽を皇太子に奉る」であり、大伴室屋大連が大きく力をつけている。書紀の年代に従へば、雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)十一年(422年)に連として登場して以来57年となり、相当の高齢となろう
(しるし)であるが、古語拾遺によれば、「天璽(あまつしるし)の鏡・劍」を言ふ。崇~天皇の時、「磯城(しき)の瑞垣(みづかき)の朝(みかど)に至りて、漸(やくやく)に~の威(みいきほひ)を畏りて、殿(おほとの)を同くしたまふに安からず。故、更に齋部をして石凝姥~(いしこりどめのかみ)が裔・天目一箇~(あめのまひとつのかみ)が裔の二氏を率て、更に鏡を鑄(い)、劍を造らしめて、護(まもり)の御璽(みしるし)と為す。是、今、踐祚(あまつひつぎしろしめ)す日に、獻る~璽(みしるし)の鏡・劍なり。仍りて、倭(やまと)の笠縫邑(かさぬひのむら)に就きて、殊に磯城の~籬を立てて、天照大~及草薙劍を遷し奉りて、皇女(ひめみこ)豐鍬入姫命(とよすきいりびめのみこと)をして齋ひ奉らしむ。其の遷し祭れる夕(よ)、宮人(みやひと)皆參りて、終夜(よもすがら)宴樂(とよのあかり)す。」とある。これを大伴室屋大連が皇太子に奉るといふは何を意味するのか?まるでキンギメーカーのように映る。
 
元年(はじめのとし)春正月(むつき)戊戌(つちのえいぬ)朔壬子(みづのえねのひ) 命(みことおほす)有司(つかさ) 設(まうく)壇場(たかみくら)於磐余(いはれ)甕栗(みかくり) 陟天皇位(あまつひつぎしろしめす) 定宮焉 (たふとぶ)葛城韓媛(かづらきからひめ) 爲皇太夫人(おほきさき) 以大伴室屋大 爲大 平群眞鳥(へぐりのまとり)大臣爲大臣(おほおみ) 並如故 臣伴造等(とものみやつこたち) 各(おのおの)(まま)職位(つかさくらゐ)
冬十月
(かむなづき)癸巳(みづのとのみ)(ついたちの)辛丑(かのとのうしのひ) 葬大泊瀬天皇于丹比高鷲原陵(たぢひのたかわしのはらのみささぎ) 于時 隼人(はやひと)晝夜(ひるよる)哀號(おらぶ)陵側(みささぎにほとり) 與(たまふ)(くらひもの)不喫(くらふ) 七日而死 有司造墓陵北(きたのかた) 以禮(ことわり)(かくす)之 ◎是年也太歳庚申

元年の春正月の戊戌の朔壬子
(480.01.15)に、有司に命せて、壇場を磐余の甕栗に設けて、陟天皇位す。遂に宮を定む。葛城韓媛を尊びて、皇太夫人とす。大伴室屋大連を以て大連とし、平群眞鳥大臣をもて大臣とすること、並に故の如し。臣連伴造等、各職位の依につかへまつる。
冬十月の癸巳の朔辛丑
(480.10.09)に、大泊瀬天皇を丹比高鷲原陵に葬りまつる。時に、隼人、晝夜陵の側に哀號ぶ。食を與へども喫はず。七日にして死ぬ。有司、墓を陵の北に造りて、禮を以て葬す。◎是年、太歳庚申。

大泊瀬幼武天皇と同じく、後漢書、光武帝紀の、
「命有司設壇場於」を引用しており、中国の儀式を想像させるが、”たかみくら”と訓じており磐余といふ土地柄からすれば、中国の儀式を取り入れたわけではあるまい。帝王編年に曰く、「磐余甕栗の宮は、十市郡白香谷これなり。白香谷は城上郡にあり。」、大和志に、「池内御厨子邑」とあるが不明、と注される。氣長足姫尊(~功皇后)三年、去來穗別天皇(履中天皇)元年の磐余若櫻宮の地である。磐余邑は、磐余彦尊(~武天皇)が攻略するに大変苦心をした兄磯城の守る要害の地であり(~日本磐余彦天皇戊午年秋九月、元来は、”しき”磯城、周囲に岩をめぐらした~を祭る地、古来の聖所である。遂は成し遂げること、その結果としての義、即位をし、その結果として、宮を定めた。人心を一新する必要があった。宮は朝倉から磐余に替わったが、人事はそのままであった。母を皇太夫人と称した。公式令義解に、「謂ふ、天子の母にして后の位に登る者、皇太后と為す。妃の位に居る者、皇太妃と為す。夫人の位に居る者、皇太夫人と為す。」とある。大泊瀬幼武天皇の皇后は、草香幡梭姫皇女であり、韓媛を夫人と称していたことになる。この場合の夫人(きさき)は、韓媛が大臣の女(むすめ)であってのことであろう。中国古代では、夫人は国君の妻を謂ふ。対中外交においては、韓媛を夫人としていたと想像するのも一興であろう。
丹比は瑞齒別天皇
(反正天皇)が柴籬宮を置かれた地。高鷲原は大字島泉字高鷲原と大字南島原字丸山にまたがる地と注される。この時代の巨大な陵を築くには、船舶によって資材を搬入可能な河内でなくてはならなかった。~代紀に、隼人は火酢芹命の苗裔、「諸の隼人等、今に至りて天皇の宮墻の傍を離ず。代に吠ゆる狗にして奉事る者なり。世人、失たる針を債らぬはこれその縁なり。」とあった。隼人等とはなっておらず、一人ともなっていない。隼人等の集団殉死ではあるまい。禮を”ことわり”と訓じるも、如何なる”ことわり”があったのか、儒家の葬禮であろうが、漢文にどう現実をあわせるか、無いものは合はせようもない。隼人が晝夜哀號(おら)ぶという俗があったとも思はれない。日本人には異様な光景になる。

二年春二月(きさらぎ) 天皇(すめらみこと)恨無子(みこ) 乃大伴室屋大連於諸國(くにぐに) 置白髮部舎人(しらかべのとねり)・白髮部膳夫(しらかべのかしはで)・白髮部靭負(しらかべのゆけひ) 冀(ねがふ)(たれる)(のこりのあと) 令觀於後(のちのよ) 
冬十一月
(しもつき) 依大嘗(おほにへ)供奉(たてまつる)之料(しろ) (つかはす)於播磨國(はりまのくに)(みこともち) 山部連先(とほつおや)伊豫來目部小楯(いよのくめべのをだて) 於赤石郡(あかしのこほり)縮見屯倉首忍海部造細目(しじみのみやけのおびとおしぬみべのみやつこほそめ)新室(にひむろ) 見市邊押磐皇子(いちのへのおしはのみこ)(こ)億計(おけ)・弘計(をけのみこ) 畏敬兼抱(うやまひたてまつる) 思奉爲(あがめまつる)君 奉養(ひだしまつる)甚謹 以私(わたくしもの)供給(たてまつる) 便(すなはち)起柴宮 權(かりに)奉安置(ませまつる) 乘驛(はいます)(はせる)(まうす) 天皇愕然(おどろく)驚歎(なげく) 良(ややひさしく)以愴懷(いたみおもほす)(のたまふ) 懿哉(よきかな) 悦哉(よろこばしかな) 天垂溥(おほきい)(めぐみ) 賜以兩(ふたり)兒 
是月 使小楯持
(しるし) 將(ゐ)左右(もとこ)舎人 至赤石奉迎 語(こと)在弘計天皇紀


二年の春二月
(481.02)に、天皇、子無きことを恨みたまひて、乃ち大伴室屋大連を諸國に遣して、白髮部舎人・白髮部膳夫・白髮部靭負を置く。冀はくは、遺の跡を垂れて、後に觀しめむとなり。
冬十一月に、大嘗供奉る料に依りて、播磨國に遣せる司、山部連の先祖伊豫來目部小楯、赤石郡の縮見屯倉首忍海部造細目が新室にして、市邊押磐皇子の子億計・弘計を見でつ。畏敬兼抱りて、君と奉爲らむと思ふ。奉養ること甚だ謹みて、私を以て供給る。便ち柴の宮を起てて、權に安置せ奉る。乘驛して馳せて奏す。天皇、愕然き驚歎きたまひて、良しく愴懷して曰はく、「懿きかな、悦しきかな。天、溥きなる愛 を垂れて、賜ふに兩の兒を以てせり」とのたまふ。 
是の月に、小楯をして節を持ちて、左右の舎人を將て、赤石に至りて迎へ奉らしむ。語は弘計天皇紀に在り。

古事記は、
御子(みこ)、白髮(しらか)の大倭根子(おほやまとねこ)の命、伊波禮(いはれ)の甕栗(みかくり)の宮に坐しまして、天の下治しめしき。この天皇、皇后無く、また御子も無かりき。故、御名代として白髮部を定めたまひき。故、天皇崩りましし後、天の下治らしめすべき王(みこ)無かりき。ここに日繼(ひつぎ)知らしめす王(みこ)を問ふに、市邊(いちのべ)の忍齒別(おしはわけ)の王の妹(いろも)、忍海(おしぬみ)の郎女、亦の名は飯豐(いひとよ)の王、葛城の忍海(おしぬみ)の高木の角刺(つのさし)の宮に坐しましき。

ここに山部
(やまべ)の連(むらじ)小楯(をだて)、針間(はりま)の國の宰(みこともち)に任(ま)けし時に、其の國の人民(たみ)、名は志自牟(しじむ)が新室(にひむろ)に到りて樂(うたげ)しき。ここに盛りに樂(うた)げて、酒(さけ)(たけなは)にして次第(つぎてつぎて)に皆儛ひき。 故、火を燒(た)きの少子(わらは)二口(ふたり)、竃(かま)の傍(かたへ)に居(ゐ)たる、その少子等(わらはども)に儛はしめき。ここにその一(ひと)りの少子(わらは)の曰ひけらく、「汝兄(なせ)、先(さき)に儛へ。」といへば、その兄もまた曰ひけらく、「汝弟(なおと)、先(ま)に儛へ。」といひき。かく相讓りし時、其の會(つど)へる人等(ども)、その相讓る状(さま)を咲(わら)ひき。ここに遂に兄儛ひ訖(を)へて、次に弟儛はむとする時に、詠(ながめごと)して曰ひしく、

 物部
(もののふ)の 我(わ)が夫子(せこ)の 取り佩(は)ける 大刀(たち)の手上(たがみ)に 丹(に)(か)き著(つ)け その緒(を)は 赤幡(あかはた)を載(かざ)り 立てし赤幡 見ればい隱(かく)る 山の三尾(みを)の 竹をかき苅(か)り 末(すゑ)(お)し縻(なび)かすなす 八絃(やつを)の琴を調(ととの)ふる如(ごと) 天(あめ)の下治(をさ)めたまひし 伊邪本和氣(いざほわけ) 天皇(すめらみこと)の御子(みこ)、市邊(いちのべ)の 押齒王(おしはのみこ)の 奴末(やつこすゑ)

といひき。ここにすなはち小楯の連聞き驚きて、床
(とこ)より墮(お)ち轉(まろ)びて、その室(むろ)の人等(ども)を追ひ出(いだ)して、その二柱の王子(みこ)を左右(ひだりみぎ)の膝の上に坐(ま)せて、泣き悲しみて、人民(たみ)を集(つど)へて假宮を作り、その假宮に坐せまつり置きて、驛使(はゆまづかひ)貢上(たてまつ)りき。 ここにその姨(をば)、飯豐の王、聞き歡(よろこ)ばして、宮に上(のぼ)らしめたまひき。(岩波文庫)とする。

皇后も御子も無い。白髮が原因したものか、後継者に困った。白髮を残すために、白髮部を定めた。天皇が崩御され、
市邊忍齒別王の妹、忍海郎女がその候補に挙がり、亦の名は飯豐王とあり、王に即位された。その時、山部連小楯が針間國の宰に任ぜられ、志自牟の新室で市邊忍齒別王の二柱の王子を見出し、飯豐王が宮に上らせた、と伝へている。
書紀は
大泊瀬幼武天皇紀で、大泊瀬幼武天皇白髮部を定めたとしたが、ここでは、大伴室屋大連を諸國に遣して自ら白髮部を定めたとした。白髮天皇に仕へる舎人、主として東国国造の子弟からとり、その費用は白髮部の民が負担したと考えられる。白髮部は、山城、摂津、和泉、遠江、駿河、武蔵、常陸、美濃、上野、下野、美作、備中、岩見、周防、肥後の諸国に分布している、と注される。膳夫は料理関係、靭負は靫を負うて宮廷諸門を警護する集団である。大伴氏が抜刀人(武官)の長としての勢力を養ふにおおいに資することとなったであろう。
伊豫の來目部の小楯(山部連の先祖が播磨國に派遣されたのは、大嘗(即位の後に行はれる新嘗)に供奉(ぐぶ)される料(しろ:新米他)を調達するためであった。弘計天皇(顯宗天皇)紀に、一に云く、郡縣を巡り行きて、田租(たちから)を收歛(をさ)む。ともある。赤石郡の縮見屯倉首、兵庫県三木市志染町付近、和名抄の美嚢郡(みなぎ)志染郷、播磨国風土記の美嚢郡志深里にある屯倉を管理する首の忍海部造細目といふは、新羅の蹈鞴津(たたらのつ)より忍海(大和國忍海郡)に連れて来られた漢人の製鉄技術者(氣長足姫尊、~功皇后五年条の子孫であり、そこに市邊押磐皇子の子億計・弘計が身を寄せていた。小楯が細目の新築の室の祝いに出掛けた。そこで億計・弘計をみつけて驚いた。古事記によれば、竈の火を焚いていた二人の子が舞を披露し、詠んだ歌で素性が知れたとする。古事記はそれは白髮武廣國押稚日本根子天皇が崩御され、飯豐王の時のこととするが、書紀は存命中のことであったとする。奉養甚謹 以私供給は、漢書、宣帝紀によると注される。小楯は二人を丁重に扱ひ仮宮(柴宮)を作る一方で、天皇のもとに早馬にて報告をした。天皇は「おどろき、なげき、いたみ」の気持ちに襲はれたものの、懿はみちておおきいこと、きわめてよいこと、溥は大きいこと、天が二人の児を賜ったと悦ばれた。後漢書、光武帝紀の、「使守光禄大夫劉儵持節将左右羽林至河間奉迎」により、節は君の使者であることを証する符節、小楯に節を持たせ、左右に天皇の舎人を連れ立たせ、赤石(明石)に派遣し、二人を迎へせしめた。小楯はこの功により、山部連の先祖となった。

三年春正月(むつき)丙辰(ひのえたつ)(ついたちのひ) 小楯等(をだてら)(あがめゐてまつる)億計・弘計 到攝津國(つのくに) 使臣(おみ)(むらじ)持節(しるし) 以王(みこ)盖車(みくるま)入宮中(みやのうち) 
夏四月
(うづき)乙酉(きのとのとり)(ついたち)辛卯(かのとのうのひ) 以億計王(おけのみこ)爲皇太子(ひつぎのみこ) 以弘計王(をけのみこ)爲皇子(みこ) 
秋七月
(ふみづき) 飯豐皇女(いひとよのひめみこ)於角刺宮(つのさしのみや) 與夫初交(まぐはひしたまふ) 謂(かたる)人曰(のたまふ) 一知女(ひとはしをみなにみちしりぬ) 又安(いづく)可異(けなる) 終(つひに)不願(ほりす)(あふ)於男 【此曰(いふ)有夫(をうと)未詳(つばひらか)也】 
九月
(ながづき)壬子(みづのえね)朔癸丑(みづのとのうしのひ) 臣連 巡省(めぐりみる)風俗(おほみたからのありかた) 
冬十月
(かむなづき)壬午(みづのえうま)朔乙酉(きのとのとりのひ) 詔(みことのりす) 犬馬器翫(もてあそびもの) 不得獻上 
十一月
(しもづき)辛亥(かのとのゐ)朔戊辰(つちのえたつのひ) 宴(とよのあかりす)於大庭(おほば) 賜綿(わた)(きぬ) 皆任(ままに)其自取 盡力(ちからのかぎり)而出(まかりいづ) 
是月 海表
(わたのほか)諸蕃(くにぐに)(まだす)使(つかひ)(たてまつる)調(みつぎ)

三年の春正月の丙辰朔
(482.01.01)に、小楯等、億計・弘計を奉りて、攝津國に到る。臣連をして節を持ちて、王の盖車を以て、宮中に迎へ入れまつらしむ。
夏四月の乙酉の朔辛卯
(04.07)に、億計王を以て皇太子とし、弘計王を以て皇子とす。
秋七月に、飯豐皇女、角刺宮にして、與夫初交したまふ。人に謂りて曰はく、「一女の道を知りぬ。又、安にぞ異なるべけむ。終に男に交はむことを願せじ。」 【此に夫有りと曰へること、未だ詳ならず。】 
九月の壬子の朔癸丑
(09.02)に、臣連を遣して、風俗を巡り省しむ。
冬十月の壬午朔乙酉
(10.04)に、詔したまはく、「犬、馬、器翫、獻上ることを得じ。」
十一月の辛亥朔戊辰
(11.18)に、臣、連に大庭に宴す。綿、帛を賜ふ。皆其の自ら取るが任に、盡力にして出づ。
是の月、海表の諸蕃、並びに使を遣して調進る。

(あがめゐてまつる)は古訓、上にあるものをあがめ、率て奉る、一緒にお連れするの義。攝津國(つのくに)は、津国、難波とあるべきところ。「節を持ちて、王の盖車を以て、宮中に迎へ入れまつらしむ。」後漢書、霊帝紀、「使竇武持節以王盖車迎入殿中」による、盖車は青色のおおいのある車、中国で皇子の乗る車と注される。
億計王を皇太子とし、白髮武廣國押稚日本根子天皇
(清寧天皇)としては後継者をお定めになられた。
飯豐皇女於角刺宮與夫初交とはどう解するべきか。飯豐皇女は、市邊忍齒別王市邊押磐皇子の妹とされる。角刺宮とは、角刺~社の地(奈良県葛城市忍海)、渡来した漢人の地、そこを宮と称するのは、飯豐皇女が「みかどまつりごと」を行はれたからのことで、この時点では宮ではなかった。そこで夫と初めて交はられた。書紀においては、飯豐皇女が磐坂市邊押羽皇子の妹であれば、去來穗別天皇(履中天皇)元年(400年)条に登場され、相当のご高齢であり、その歳で初めて夫を持ち交はるとは年齢的に意味をなさない。このために、弘計天皇(顕宗天皇)紀には、市邊押磐皇子の子弘計王の姉と記された。弘計天皇五年条に、「皇太子(ひつぎのみこ)億計王(おけのみこ)と天皇と位(みくらゐ)を讓りたまふ。久(ひさ)にして處(ゐ)たまはず。是れに由り、天皇の姉(いろね)飯豐皇女(いひどよのあをのひめみこ)、忍海角刺宮(おしぬみのつのさしのみや)に、臨朝秉政(みかどまつりごと)したまふ。自ら忍海飯豐尊(おしぬみのいひどよのあをのみこと)と稱(なの)りたまふ」とある。書紀は古事記を訂正し、飯豐皇女が「みかどまつりごと」を行ったのは、白髮武廣國押稚日本根子天皇が崩御された後に、億計王と弘計王が帝位を譲り合ったためであるとし、それは、弘計王の姉であったがためとしている。市邊押磐皇子が殺されたのは穴穂天皇(安康天皇)三年(456年)であり、26年前となる。この時の御子達の年齢は不明であるが、仮に10歳としても、36歳となる(古事記によれば、弘計王は38歳で亡くなっている。書紀では487年のこと)。となれば、飯豐皇女は30〜40歳くらいと思はれ、その歳になって初めて夫を持ち、交はられたことになる。飯豐皇女二人説の由縁である。若いときに男と交はることを禁じられた環境におかれていた女性となれば、~に仕へる立場におられたと考へるのがいいのかもしれない。その環境を脱することになり、夫を持たれたが、その夫と交はられたのはただの一度のみであり、夫が有ったと云ふべきかはっきりしないといふ。つまりは、この夫とはお別れになられたと解するようである。夫が誰であったかも触れられていない。天皇ではない夫のある皇女が「みかどまつりごと」を行ふといふは不都合があり、一人身であり、将来の天皇となる皇子達の姉の立場に戻られたとしたのであろう。
この後の記述は、隋書、高祖紀、
八使巡省風俗」「詔犬馬器翫不得獻上」「宴百寮於観徳殿賜銭帛皆任其自取盡力而出」によると注される。
海表の諸蕃とは、海外の諸国のこと。

四年春正月(むつき)庚戌(かのえいぬ)(ついたち)丙辰(ひのえたつのひ) 宴(とよのあかりす)海表(わたのほか)諸蕃(くにぐに)使者(つかひ)於朝堂(みかど) 賜(たまふ)物各(おのおの)有差(しな) 
夏閏五月
(なつのちのさつき) 大餔(さけのみする)五日 
秋八月
(はつき)丁未(ひのとのひつじ)朔癸丑(みづのとのうしのひ) 天皇(すめらみこと)(みみづから)(とふ)囚徒(とらへびと) 是日 蝦夷(えみし)・隼人(はやひと)(ならぶ)内附(まうしたがふ) 
九月
(ながづき)丙子(ひのえね)(ついたちのひ) 天皇御(いでます)射殿(ゆみばどの) 詔百寮(つかさつかさ)及海表(わたのほか)使者(つかひ)射 賜物各有差(しな)

四年の春正月の庚戌の朔丙辰
(483.01.07)に、海表の諸蕃の使者に朝堂に宴す。物賜ふこと、各差有り。
夏閏五月に、大きに餔すること、五日。
秋八月の丁未の朔癸丑
(08.07)に、天皇、親ら囚徒を録ひたまふ。是の日に、蝦夷・隼人、並に内附ふ。
九月の丙子の朔
(09.01)に、天皇、射殿に御す。百寮及び海表の使者に詔して射しめたまふ。物賜ふこと、各差有り。

隋書、高祖紀、
「宴百寮班賜各有差」、後漢書、明帝紀、「令天下大餔五日」、隋書、高祖紀、「上親録囚徒」、「御射殿詔百寮射賜・・・」、により同書による作文と注される。白髮武廣國押稚日本根子天皇の事跡がないためにこれらの書により潤色されたとする。すでに見た如く、倭王武は宋の順皇二(478)年五月に百濟を除く六國諸軍事、安東大將軍、倭國王に叙され、本来ならそれを叙授する使者が武のもとへ派遣されていたはずである。しかし、宋自体が479年齊王、蕭道成(南齊の祖)に政権を禅譲せざるを得なくなり、叙授をする主体が滅亡するといふまことに不都合な事態が起こっていた。また、叙任された武とされる大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)も廿三(479)年の八月に崩御されており、双方の当事者が居なくなるといふ異様な事態を迎へていた。叙任したことが意味を為さないといふ現実は、日本(やまと)にとっては大きな教訓になったはずである。高句麗本紀では、長壽王は六十八(480)年夏四月に南齊に入貢し、百濟本紀によれば、東城王六(484)年春二月には、長壽王は驃騎大將軍を叙任していた。百濟も南齊に入貢しようとしたが、高句麗に阻まれ西海(黄海)を渡る事ができなかったとする。このことからすれば、日本(やまと)も南齊に入貢しようとして不思議はない。大泊瀬幼武天皇廿三(479)年の四月に「筑紫の安致臣・馬飼臣等、船師を率ゐて高麗を撃つ。」としたのは、その入貢ルートを確保するためのものであったかもしれない。これが確保できたかどうかは不明であるが、高句麗が阻止したとあれば、難しいとみるべきであろう。
一方倭王武もその上表書が残される外交を展開し、使持節、都督、倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、六國諸軍事、安東大將軍、倭國王を叙任しており、その崩御、また、新たな王の即位となれば、弔問や祝賀の使者が往来したと考へるべきである。ところが、書紀に於いては倭王をめぐるそのような記事は一切伏せらるべきものであり、隋書を引用し、天皇はかような対応をしたのだとしゃれこんだのかもしれない。白髮武廣國押稚日本根子天皇の即位の三年、後継の皇太子も決まった頃に、海外の諸国からも祝賀の使者が来訪し、中国風にもてなしたといふことであろう。それくらいの儀礼にはすでに習熟していたと言いたかったのかもしれない。大泊瀬幼武天皇の崩御の際に吉備で反乱を起こした蝦夷も隼人と一緒にやってきて従ひ、国内も安定してきた。
蕭道成の孫で沈約に目をかけられ、吏部尚書を務め呉興太守ともなった梁の蕭子顕
(しょう しけん:487 - 537)の編纂した「南斉書」においては、「建元元年(479) 、進めて新たに使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓(慕韓)六國諸軍事、安東大將軍に除し、倭王武、號して鎮東大將軍と為す」とあり、梁が改めて倭王武を叙したと解釈できる。そうであれば、梁は倭に叙授の使者を派遣したことになるが、これも確認ができない。梁書、武帝紀に「天監元年(502年)、鎭東大将軍倭王武を、進めて征東大将軍と号す」とある。梁書は、陳の吏部尚書の姚察の子、姚思廉(ようしれん:557-637)により、唐の太宗、貞観三(629)年に編纂されたものである。天監元年は梁の武帝蕭衍の即位元年であり、武帝は祝賀の入貢を促し、高句麗王は車騎将軍を進めて車騎大将軍、百濟王は鎮東大将軍を進めて征東大将軍、宕昌王は安西将軍を進めて鎮西将軍、倭王武は鎮東大将軍を進めて征東大将軍、河南王は鎮西将軍を進めて征西将軍と号すべく進爵を行なった。この倭王武は、書紀の年代からすれば、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)ではなく、小泊瀬稚鷦鷯尊(武烈天皇)にあたる。 ならば、倭も梁に入貢していたことになる。梁書の場合、周辺諸国25カ国の使者を描き写したとされる職貢図があり、梁の武帝蕭衍(しょうえん)の第七子・蕭繹(しょうえき:508〜554)の作が元とされ、倭国の使者も描かれているのであるが、生まれる6年前のことで、実際の光景を見たものではなく伝聞により描かれたものであることに注意が必要とされる。この入貢については、疑問が付されており、小泊瀬稚鷦鷯尊(武烈天皇)のところでみてみることにしたい。

五年春正月甲戌(きのえいぬ)朔己丑(つちのとのうしのひ) 天皇崩(かむあがる)于宮(とつみや) 時年若干(みとしそくばく) 
冬十一月
(しもつき)庚午(かのえうま)朔戊寅(つちのえとらのひ) 葬(はぶる)于河内坂門原陵(かふちのさかとのはらのみささぎ)

五年の春正月の甲戌の朔己丑
(484.01.16)に、天皇、宮に崩りましぬ。時に年若干。
冬十一月の庚午の朔戊寅
(11.09)に、河内坂門原陵に葬りまつる。

年若干は、~皇正統記に三十九歳、水鏡等に四十一歳、皇代記等に四十二歳と注されるが、何が根拠となっているのか。これに従ひ、白髮武廣國押稚日本根子天皇の誕生を雄朝津間稚子宿禰天皇
(允恭天皇)三十三(444)年?とするが、無理がある。母の韓媛が妃となられたのは大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)の元年(457)であり、484−457=27であり、これでは、妃となられる12〜15年前に生んでおられることになる。そのような記述はない。更に、白髮武廣國押稚日本根子天皇は、大泊瀬幼武天皇の第三子ともしており、吉備稚媛との間の、磐城皇子、星川皇子よりも若いと解される。白髮ではあるが、億計王と弘計王、飯豐皇女と比較すれば、かなり若い。億計王と弘計王、飯豐皇女と同等あるいは年上でなくてはならないとして、かさ上げをしたのであろうか、如何なる事情でそのような年齢が設定されたのか理解に苦しむ。病を抱へておられたのか、大変若くして崩御された天皇であられた。
河内坂門原陵は和名抄の古市郡尺度郷の地
(大阪府羽曳野市西浦六丁目:地図である。

2011.01.07

弘計天皇 顯宗天皇

弘計天皇【更(また)名來目稚子(くめのわくご)】大兄去來穗別天皇(おほえのいざほわけのすめらみこと)(みまご)也 市邊押磐皇子(いちのへのおしはのみこ)(みこ)也 母(いろは)(まうす)荑媛(はえひめ)【荑 此云波曳(はえ) 譜第(かばねついでのふみ)曰 市邊押磐皇子 娶(めす)蟻臣(ありのおみ)(むすめ)荑媛 生三男(みたりのひこみこ)二女(ふたりのひめみこ) 其一曰居夏(ゐなつひめ) 其二曰億計王(おけのみこ) 更名嶋稚子(しまのわくご) 更名大石尊(おほしのみこ) 其三曰弘計王(をけのみこ) 更名來目稚子(くめのわくご) 其四曰飯豐女王(いひどよのひめみこ) 亦名忍海部女王(おしぬみべのひめみこ) 其五曰橘王(たちばなのみこ) 一本(あるふみ)以飯豐女王 列敘(ついでる)於億計王之上 蟻臣(ありのおみ)者葦田宿禰(あしだのすくね)(こ)也】 天皇(すめらみこと)久居邊裔(ほとり) 悉(ことごとく)(しろす)百姓(おほみたから)憂苦 恆見枉屈(まげくじく) 若納(なげいる)四體(みみ)溝隍(みぞ) 布(しく)(いきほひ)施惠 政令(まつりごと)流行(しきおこなふ) 卹(めぐむ)(まどしき)(ひだす)(やもめ) 天下(あめのした)親附(むつびつく) 穴穗天皇(あなほのすめらみこと)三年十月(かむなづき) 天皇父(かぞのみこと)市邊押磐皇子(いちへのおしはのみこ)及帳内(とねり)佐伯部仲子(さへきべのなかちこ) 於蚊屋野(かやの) 爲大泊瀬天皇(おほはつせのすめらみこと)見殺 因埋同穴 於是 天皇與億計王 聞(きこす)(かぞのみこと)見射 恐懼(おそれおぢる)(にげる)自匿(かくる) 帳内(とねり)日下部(くさかべのむらじ)使主(おみ) 【使主日下部之名也 使主 此云於瀰(おみ)】 與吾田(あたひこ) 【吾田 使主之子也】 竊(ひそかに)(ゐてまつる)天皇與億計王 (さる)(わざはひ)於丹波國(たにはのくに)(よざのこほり) 使主改名字(な) 曰田疾來(たとく) 尚恐見誅(ころさる) 從茲(ここ)(のがれる)入播磨國縮見山(しじみのやま)石室(いはや) 而自經(わなき)(みうす) 天皇尚不識(しろす)使主所之(いく) 勸兄(いろね)億計王 向(いでます)播磨國赤石郡(あかしのこほり) 倶(ともに)改字(みな)(のたまふ)丹波小子(たにはのわらは) 就(ゆく)仕於縮見屯倉首(しじみのみやけのおびと) 【縮見屯倉首 忍海部造(おしぬみべのみやつこ)細目(ほそめ)也】 吾田 至此不離 固(またく)執臣禮(したがひつかへまつる)

弘計天皇【更の名は來目稚子】は、大兄去來穗別天皇の孫なり。市邊押磐皇子の子なり。母をば荑媛と曰す。【荑、此をば波曳と云ふ。譜第に曰く、市邊押磐皇子、蟻臣の女荑媛を娶す。遂に三の男、二の女を生めり。其の一を居夏姫と曰す。其の二を億計王と曰す。更の名は嶋稚子。更の名は大石尊。其の三を弘計王と曰す。更の名は、來目稚子。其の四を飯豐女王と曰す。亦の名は、忍海部女王、其の五を橘王と曰す。一本に、飯豐女王を以て、億計王の上に列敘でたり。蟻臣は、葦田宿禰の子なり。】天皇、久しく邊裔に居しまして、悉に百姓の憂へ苦ぶることを知しめせり。恆に枉げ屈かれたるを見ては、四體を溝隍に納るるが若くおもほす。コを布き惠を施して、政令流き行はる。貧を卹み孀を養して、天下親び附く。穴穗天皇の三年の十月に、天皇の父、市邊押磐皇子及び帳内佐伯部仲子、蚊屋野にして、大泊瀬天皇の爲に殺されぬ。因りて同じ穴に埋む。是に、天皇と億計王と、父射られぬと聞しめして、恐れ懼ぢて、皆逃亡げて自ら匿れます。帳内日下部連使主【使主は、日下部連の名なり。使主、此をば於瀰と云ふ。】と吾田彦【吾田彦は、使主の子なり。】竊に天皇と億計王とを奉りて、難を丹波國の余社郡に避る。使主、遂に名字を改めて、田疾來と曰ふ。尚誅さるることを恐りて、茲より播磨國の縮見山の石室に遁れ入りて、自ら經き死せぬ。天皇、尚使主の之にけむ所を識しめさず。兄億計王を勸めまして、播磨國の赤石郡に向して、倶に字を改めて丹波小子と曰ふ。就きて縮見屯倉首に仕ふ。【縮見屯倉首は、忍海部造細目なり。】吾田彦、此に至るまで、離れまつらずして、固く執臣禮る。

來目稚子は伊豫來目部小楯に因むと注される。去來穗別天皇(履中天皇)紀には、「葦田宿禰が女、K媛を立てて皇妃とす。妃、磐坂市邊押羽皇子、御馬皇子、海皇女【一に曰く、飯豐皇女】を生めり」とあった。市邊押磐皇子の妻は、葦田宿禰の子、蟻臣の女(むすめ)、荑媛となれば、非常に由緒のある系譜である。譜第(かばねついでのふみ)、これは、帝王日継、帝紀の類、またはその異本、欽明二年(541)三月条分注に帝王本紀が見えると注されるが、そこにはその御子は、居夏姫、億計王弘計王、飯豐女王、橘王の順と記されていた。どうやらこれが古伝であったようだ。ある書は、飯豐女王を億計王と弘計王の姉としたとあり、弘計天皇紀ではこの見解をとった。古事記はこの見解をとらず、飯豐王は市邊忍齒別王の妹であり、王であったときに、二柱の王子を見い出したとした。來目稚子(くめのわくご)、稚子といふと児童のイメージがあり、それからすれば、飯豐女王が童女のイメージとなり天皇の役割を果たすに懸念があったのであろうが、白髮武廣國押稚日本根子天皇(清寧天皇)三年条でみたごとく、書紀の年代によれば、30〜40歳であった。
大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)前紀によれば、穴穗天皇(安康天皇)は後継を市邊押磐皇子に託しており、大泊瀬幼武天皇はこれを恨んでおり、狩りに誘い出して殺したとしている。雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)の御子達には近親相姦のスキャンダルがあり、後継者について懸念が有り、葛城の勢力はもとより、衆望は市邊押磐皇子に向いていたのかもしれない。帳内とは律令制下において親王に与へられた舎人を云ふ言葉であり、市邊押磐皇子が有力な次期天皇候補であることを暗示している。日下部連使主は、連(むらじ)で帳内(とねり)といふことであるが、大日下王(大草香皇子)、若日下部王(草香幡梭姫皇女)の日下部から派遣された者かは不詳である。日下部氏は山代、若狭、丹波や但馬にもおり、大泊瀬幼武天皇廿二年条書紀巻15にみた。丹波國の餘社郡は日下部首等が先祖、浦嶋子の地ともされる。日下部連使主は丹波の日下部氏を頼って逃げた。大泊瀬幼武天皇は穴穂天皇(安康天皇)が眉輪王に殺されたことに鑑み、二人の兄弟を厳しく追ったようである。使主は名を変えて、播磨國の縮見山の石室に逃げ込んだが、追手に気付かれたのであろう。二人を赤石郡に名を変へて向かはせ、自らは二人には知らせず首をくくり痕跡を消した。一行は丹波の子供として、縮見屯倉首に仕へたのであるが、その首は、忍海部造細目、葛城の漢人の製鉄技術者の地、忍海に因む人間であった。吾田は天皇を守護する役割書紀巻2を担った吾田の長屋の笠狹の隼人(火闌降命)を連想させ、吾田彦をそれに擬(なぞら)へた。

白髮天皇(しらかのすめらみこと)二年冬十一月(しもつき) 播磨國司(はりまのくにのみこともち)山部(やまべのむらじ)先祖(とほつおや)伊豫來目部小楯(いよのくめべのをだて) 於赤石郡 親(みづから)(そなふ)新甞(にひなへ)供物(たてまつりもの) 【一(ある)云 (めぐりありく)郡縣(こほりあがた)收歛(をさむ)田租(たちから)也】 (たまたま)會縮見屯倉首 縦賞(あそぶ)新室(にひむろ) 以夜繼晝 爾(しかうして)乃 天皇(すめらみこと)謂兄(いろね)億計王(おけのみこ)(のたまふ) (さる)(わざはひ)於斯 年踰數紀(あまたのとしかさなる) 顯(あらはす)名著(あらはす)(たふときこと) 方(まさに)(あたる)今宵 億計王惻然(いたむ)歎曰(のたまふ) 其自噵揚(いひあぐ)(ころさる) 孰與全(またくす)(たしなみ)也歟 天皇曰 吾是去來穗別天皇(いざほわけのすめらみこと)之孫(みまご) 而困事(たしなみつかへる)於人(かふ)牛馬(うしうま) 豈若(しく)顯名被害也歟 與億計王 相抱涕泣(なく) 不能自禁(おさふる) 億計王曰(のたまふ) 然則非弟(いろど) 誰能激揚(あぐ)(ことわり) 可以顯著(あらはす) 天皇固辭(いなぶ)曰 僕(やつかれ)不才(みつなし) 豈敢宣揚(あぐ)コ業(おほきなるむね) 億計王(おけのみこ)(のたまふ) 弟(いろど)英才(かしこく)賢コ(さかしい) 爰(ここ)無以 如是(かく)相讓再三(ふたたびみたび) 而果使天皇 自許稱(のべあぐ) 倶(ともに)(ゆく)(むろ)外 居(ます)于下風(くらしり) 屯倉首(みやけのおびと)(ことおほす)居竃傍(わき) 左右(こなたかなた)(ともす)(ひ) 夜深(ふける)酒酣(さけたけなは) 次第(ついでついで)儛訖(をはる) 屯倉首語(かたる)小楯(をだて)曰 僕(やつかれ)見此秉燭者 貴人而賎己 先人而後(のちにす)己 恭(つつしむ)(ゐやまふ)(おもぶく)(こと) 退讓以明禮(ゐやまひ) 【撙者猶趍(はしる)也 相從也 止(とどまる)也】 可謂君子(うまひとのこ) 

白髮天皇の二年の冬十一月に、播磨國司山部連の先祖伊豫來目部小楯、赤石郡にして、親ら新甞の供物を辨ふ。【一に云く、郡縣を巡り行きて、田租を收歛む。】適、縮見屯倉首、新室に縦賞して、夜を以て晝に繼げるに會ひぬ。爾して乃ち、天皇、兄億計王に謂りて曰はく、「亂を斯に避りて、年數紀踰りぬ。名を顯し貴を著さむこと、方に今宵に屬れり。」億計王、惻然み歎きて曰はく、「其れ自ら噵ひ揚げて害されむと、身を全くして厄を兔れむと孰か。」 天皇の曰はく、「吾は、是去來穗別天皇の孫なり。而るを人に困み事へ、牛馬を飼牧ふ、豈に名を顯して害されむに若かむや。」 遂に億計王と、相抱きて涕泣く。自ら禁ふること能はず。億計王の曰はく、「然らば弟に非ずして、誰か能く大節を激揚げて、顯著すべけむ。」 天皇、固く辭びて曰はく、「僕、不才し。豈敢へてコ業を宣揚げむ。」 億計王の曰はく、「弟、英才く賢コしくまします。爰に過ぐるひと無し。」 如是相讓りたまへること、再三。而して果して天皇をして、自ら稱述げむと許さしめて、倶に室の外に就きて、下風に居します。屯倉首、命せて竃傍に居ゑて、左右に燭秉さしむ。夜深け酒酣にして、次第儛ひ訖る。屯倉首、小楯に語りて曰く、「僕、此の燭秉せる者を見れば、人を貴びて己を賎しくし、人を先にして己を後にせり。恭み敬ひて節に撙く。退き讓りて禮を明にす。【撙は、猶趍なり。相從なり。止なり。】 君子と謂ふべし。」

中国では、封建制は周の弱体化により維持できなくなり、春秋戦国の王は直轄地を縣、辺境を郡とし、中央から王の任命する官吏を派遣して治める形態をとった。秦の始皇帝に至り、法家思想を容れて、全国を、36郡(後48郡)に分割し、郡の下に県を置き、皇帝の任命する官吏が治める中央集権制がとられた。日本で中央集権制が成立するのは大化の改新以降とされ、ここは、史記、秦始皇帝本紀の「先帝、郡県を巡行し以て彊(さかい)を示す。」によるか、と注される。縦賞は「ほしいままにめでる。」オールナイトの祝宴、縦飲(ほしいままにのむ)の酒宴であった。ここの天皇は弘計王(をけのみこ)のこと。既に見た如く、難を逃れてこの時まで書紀の年代では26年になる。弘計王は今宵こそ身分を明かそうとした。白髮天皇には皇子がおられない、自分たちには皇位継承権がある。大嘗の料を奉供する司が祝賀に臨席している。噵は言ふ、噵揚は発言する。身分を明かして殺される。身を全しは、身を無事にする、保全すること。黙ったままでも災厄を免れるだけのこと。いづれにせよ、惻然、胸が痛む、と億計王は歎いた。弘計王は、去來穗別天皇の孫、皇位継承者の立場にありながら、苦労して人に仕へ、牛馬を飼う方が、身分を明かして殺されるよりはいいとは、なんとなさけないことかと、抱き合って泣いた。梁書、武帝紀に、「策を帷帳(いちょう;将軍の陣営)に定め激しく大節を揚(あ)ぐ」とあると注される。大節とは兄弟が皇位継承者であること。弟よ、お前以外に誰がそのことを明らかにすることができよう、と兄が言ふと、弟は、私は不才にして、どうして私が徳業を宣揚(広く天下に表は)せようか、と言ふ。兄は、弟は英才、賢コ、これに勝るものはない、と譲り合った。結局、弟が述べると決め、室の外に出て下座についた。竃のそばで、秉燭(へいしょく)は灯火を手に持つこと、燭はろうそくであるが、ここではかがり火のようなものであろう。酒がすすみ、その中で次々と祝いの舞が披露され終へた。
禮記に、
「君子は恭み敬ひて節に撙く、退き讓りて禮を明にす。」「又曰く、君子人を貴びて己を賎しくし、人を先にして己を後にす。」とあり、節に撙くとは法度(のり、規則)に趍(おもむ)き従ふこと、と注される。書紀はここで二人を礼に通じる君子と演出した。

於是 小楯撫(ひく)(こと) 命(ことおほす)(ともす)(ひ)者曰 起(たつ)儛 於是 兄(あに)(おとと)相讓 久(ひさに)而不 小楯嘖(せむ)之曰 何爲太遲 速起儛之 億計王(をはる) 天皇次 自整(ひきつくろふ)(みそみ)(おび) 爲室壽(むろほき)(のたまふ) 築(つく)立稚室葛根(わかむろかづね) 築立柱者 此家長(いへのきみ)御心之鎭(しづまり)也 取擧棟梁(むねうつはり)者 此家長御心之林也 取置椽橑(はへき)者 此家長御心之齊(ととのほり)也 取置蘆萑(えつり)者 此家長御心之平也 【蘆萑 此云哀都利(えつり) 萑音之潤反】 取結繩葛(つなかづら)者 此家長御壽(みいのち)之堅(かたまり)也 取葺(ふく)草葉(かや)者 此家長御富(みとみ)之餘(あまり)也 出雲者新墾(にひはり) 新墾之十握稻(とつかしね) 於淺甕(あさらけ)釀酒(かめるおほみき) 美(うまらにを)飮喫哉(やらふるかわ) 【美飲喫哉 此云于魔羅儞烏野羅甫屢柯倭(うまらにをやらふるかわ)】 吾子等(こども) 【子者 男子(をのこ)之通稱(かよへるな)也】 脚日木(あしひき)此傍山(かたやま) 牡鹿(さをしか)之角 【牡鹿 此云左烏子加(さをしか)】 擧(ささぐ)而吾儛者 旨酒(うまさけ)餌香市(ゑかのいち)不以直(あたひ)買 手掌(たなそこ)摎亮(やらら) 【手掌摎亮 此云陀那則擧謀耶羅羅儞(たなそこやららに)】 拍上(うちあぐ)賜 吾常世等(とこよたち) 壽(ほく)(をはる)乃赴(あはす)(ことのをり)(みうたよみす)(のたまふ) 伊儺武斯廬(いなむしろ) 呵簸泝比野儺擬(かはそひやなぎ) 寐逗喩凱麼(みづゆけば) 儺弭企於己陀智(なびきおきたち) 曾能泥播宇世儒(そのねはうせず) 小楯(をだて)謂之曰 可怜(おもしろし) 願復聞之 天皇作殊儛(たつづのまひ) 【殊儛 古(いにしへ)謂之立出儛(たつづのまひ) 立出 此云陀豆豆(たつづ) 儛状(かたち)者乍(あるい)起乍居(ゐる)而儛之】 誥(たけぶ)之曰(のたまふ) 倭者(やまとは)彼彼茅原(そそちはら) 淺茅原(あさちはら) 弟日(おとひ) 僕是也(やつこらま) 小楯(をだて)由是 深奇異(あやしぶ)焉 更使唱(いふ)之 天皇誥(たけぶ)之曰(のたまふ) 石上(いそのかみ)振之~榲(ふるのかむすき) 【榲 此云須擬(すぎ)】 伐本(もときり)截末(すゑおしはらひ) 【伐本截末 此云謨登岐利須衞於茲婆羅比(もときりすゑおしはらひ)】 於市邊宮(いちにへのみや)(しらす)天下 天萬國萬押磐尊御裔(あめよろづくによろづおしはのみことのみあなすゑ) 僕是也(やつこらま) 

是に、小楯、絃撫きて、燭秉せる者に命せて曰はく、「起ちて儛へ。」 是に、兄弟相讓りて、久に起たず。小楯、嘖めて曰く、「何爲れぞ太だ遲き。速に起ちて儛へ。」 億計王、起ちて儛ひたまふこと既に了りぬ。天皇、次に起ちて、自ら衣帶を整ひて、室壽して曰はく、
 「築
(つ)き立つる 稚室葛根(わかむろかづね) 築き立つる 柱は、此の家長の 御心の鎭(しづまり)なり。取り擧ぐる 棟梁(むねうつはり)は、此の家長の 御心の林なり。取り置ける椽橑(はへき)は、此の家長の御心の齊(ととのほり)なり。取り置ける 蘆萑(えつり)は、此の家長の 御心の平なるなり。【蘆萑 此をば哀都利と云ふ。萑は音、之潤の反】 取り結へる 繩葛(つなかづら)は、此の家長の 御壽(みいのち)の堅(かたまり)なり。取り葺(ふ)ける 草葉(かや)は、此の家長の 御富(みとみ)の餘なり。出雲は 新墾(にひはり) 新墾の 十握稻(とつかしね)を 淺甕(あさらけ)に 釀(か)める酒(おほみき) 美(うまら)にを 飮喫(やら)ふるかわ 【美飲喫哉、此をば于魔羅儞烏野羅甫屢柯倭うまらにをやらふるかわ)と云ふ】 吾が子等 【子は、男子の通稱なり】 脚日木(あしひき)の 此の傍山(かたやま)に 牡鹿(さをしか)の角 【牡鹿 此をば左烏子加(さをしか)と云ふ】 擧(ささ)げて 吾が儛すれば 旨酒(うまさけ) 餌香(ゑか)の市に 直(あたひ)以て買はぬ。手掌(たなそこ)も摎亮(やらら)に 【手掌摎亮、此をば陀那則擧謀耶羅羅儞(たなそこやららに)と云ふ】 拍(う)ち上げ賜(たま)ひ 吾が常世等(とこよたち)。」 
壽き畢りて、乃ち節に赴せて歌して曰はく、
 
伊儺武斯廬 呵簸泝比野儺擬 寐逗喩凱麼 儺弭企於己陀智 曾能泥播宇世儒
 稲蓆(いなむしろ) 川副揚(かはそひやなぎ) 水行(みづゆ)けば 靡(なび)き起(お)き立(た)ち その根(ね)は失(う)せず
小楯、謂りて曰く、「可怜し。願はくば復た聞かむ。」 天皇、遂に殊儛 【殊儛を、古立出儛と謂ふ。立出、此をば陀豆豆
(たつづ)と云ふ。儛ふ状は、乍いは起ち乍いは居て儛ふ。】作たまふ。誥びて曰はく、
 
倭者彼彼茅原 淺茅原弟日 僕是也
 倭はそそ茅原(ちはら) 淺茅原(あさちはら) 弟日(おとひ) 僕(やつこ)らま
小楯、是に由りて、深く奇異ぶ。更に唱はしむ。天皇、誥びて曰はく、
 石の上 振の~榲 【榲 此をば須擬
(すぎ)と云ふ】 本伐り 末截ひ 【伐本截末、此をば謨登岐利須衞於茲婆羅比(もときりすゑおしはらひ)と云ふ。】 市邊宮に 天下治しし、天萬國萬押磐尊(あめよろづくによろづおしはのみこと)の御裔(みあなすゑ)、僕らま

絃を”こと”と訓じている。”いと”のこと、中国伝来の五絃の琴を想定しているのか。琵琶のようなものも考へられる。すべての舞は終わっていたが、屯倉首が兄弟を君子と評したことで、小楯が興味を示し、舞を披露せよと言ふ。弟が身分を明かすとしていたが、まずは兄からと、譲り合った。早くせよと叱責を受け、まず兄が舞った。弟は期すところがあり、衣と帯を整えた、とはそれようの衣裳を纏ったのであろう。新築を祝う歌もマスターしていた。~に扮した貴人の舞であり、ここで秉燭者が舞ふは、いささか場違いであるが、弘計王を天皇とみてのことであろうか。
家と主人の心を関連付けて祝賀する。稚室は新室のこと、葛根は梁と柱を縛り付ける蔓、屋上から垂らした長い蔓を仰ぎ見て、祝辞が始まる
(折口信夫:日本文学の発生。この葛根と柱は、心を鎭、どっしりしたこと、棟と梁は、心を林、広く豊かなこと、椽橑は垂木のこと、心を齊、きちんとしていること、蘆萑は、萱や藁を葺くための屋根の下地、心の平、安定していること繩葛は、草葉を縛り付けるもの、堅く寿命をたもつもの、草葉を葺くことは、豊かさの象徴、それを祝ふ通常の室壽の詞であろうか。以下は解釈が難しい。折口氏は、吾子たちを新室の作業に、共に働いた同族の人たち、常世たちを長寿者の賓客とみておられる。筆者は別の観点からみてみたい。出雲は出雲田、播磨国飾磨郡にあり、大雀天皇(仁徳天皇)の御世に開墾されたと注される。十握は穂が十握の長さ、茎がしっかり育った稲。乙女が噛んだ稲を淺い甕で発酵させる。”うまら”はおいしいこと、”を”は意味を強める助詞。”やらふ”は喫、”かわ”は後世の”かな”にあたると注される。吾が子等 【子は、男子の通稱なり】 とあり全般的であり、吾が常世等といふのは、常世の~々のごとく、王か~主のごとき口調に聞こへる。牡鹿(さをしか)は小牡鹿、その角は再生のシンボル、鹿は~の使ひでもある。その角に酒を充たし~に捧げて舞へば、その酒は、餌香市で金では買へないもの。餌香市は大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)十三年条書紀巻14に言及され、河内国志紀郡道明寺村国府、大和川と石川(衛我川)の合流点辺りであり、河内の豊かな市場をも引き合いに出した。”やらら”はさわやかなこと。清めの柏手をパーンパーンと晴朗に響かせた。この部分は、弘計王ならではの表現であろう。そして節に合はせて歌を詠んだ。絃に合はせて~託のごとく詠んだのであろう。
稲蓆は敷く、伏すに通じ、川にかかる枕詞とされる。川に沿って生えている柳は、増水すれば水に靡くが、引けば起き上がる。その根は失せていないから。小楯はわけ有りに思ひ、その先を聞かせてみよと促した。弘計王は殊儛、古へ立出儛とあり、古式の舞、立位置、座位置が交互するとは、七転び八起きのごとく、水に靡くが起き上がる歌とも通じる。
倭は”やまと”とされ、倭はそよそよと茅原の音を立てる国である。その淺茅原の(大和の国の)弟王である。私は、と注されるが、倭者僕也の構文であり、倭国=僕では飛躍がある。前に
「萑huánは音、之zhī rùnの反zhùnとあり、現代音と合はないが、音について中国式に表現をしている。音でみれば、倭=我、彼彼bĭbĭはあの、かの、淺jiānは、水の流れの速い義。茅原は奈良県御所市大字茅原、葛城の茅原。弟日は、「これ兄弟の稱にはあらで、弟《オト》ぶりするをいふ詞にて、弟《オト》ぶりすとは、謙遜なるかたちをいふなるべし(富士谷御杖、萬葉集燈)。」とある。私は、あのかの茅原、水の流れの速い茅原の、(押磐尊の二人の皇子、その)弟のこと、これが私だ、ではないか。
小楯はいぶかしく思ひ、更に促した。弘計王は自らを奮い立たせて言った。

石の上の、布留の~杉を、本を伐り、枝の末を押し切り払うように、四周をなびかせて、市辺宮で天下をお治めになった、押磐尊の御子であるぞ、我は。天萬國萬は称辞と注される。古事記においては、物部(もののふ)の 我(わ)が夫子(せこ)の 取り佩(は)ける 大刀(たち)の手上(たがみ)に 丹(に)(か)き著(つ)け その緒(を)は 赤幡(あかはた)を載(かざ)り 立てし赤幡 見ればい隱(かく)る 山の三尾(みを)の 竹をかき苅(か)り 末(すゑ)(お)し縻(なび)かすなす 八絃(やつを)の琴を調(ととの)ふる如(ごと) 天(あめ)の下治(をさ)めたまひし 伊邪本和氣(いざほわけ) 天皇(すめらみこと)の御子(みこ)、市邊(いちのべ)の 押齒王(おしはのみこ)の 奴末(やつこすゑ)とあり、書紀は、「天の下治めたまひし伊邪本和氣天皇」を、「市邊宮に 天下治しし、天萬國萬押磐尊」とした。石上~社の~木を根本から伐り倒し、その末を掃ふ、〜宮で天下を治す、とは一体どういふことか。石上~社の~木を倒すとなれば、尋常なことではない、当時石上石上~宮の地:天理市布留町)に都を置いていたのは穴穂天皇(安康天皇)と物部大前宿禰であった。市邊宮(石上市~社の地:天理市石上町)で、天下を治めた、となれば穴穂天皇から大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)の間に、天萬國萬押磐尊が天下を治めた、天皇であったと宣言したことになる。書紀は、時として、こういふどんでん返しを行ふ。
大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)前紀書紀巻14でみたごとく、木梨輕皇子と輕大娘皇女は近親相姦の問題を起こしていたのであるが、穴穂天皇が皇后とした大草香皇子の妻、中蒂姫皇女は実は、その姉、名形大娘皇女とする記述があり、封印されたスキャンダルの可能性について言及した。穴穂天皇は、大草香皇子と中蒂姫皇女の七歳の御子、眉輪王に殺されたとされるが、七歳の目の弱い御子が単独で天皇を討つといふ飛躍があった。穴穂天皇が押磐尊に後事を託していた事を大泊瀬幼武天皇が怨み、眉輪王を殺した後に、押磐尊を狩りにかこつけて殺したと記されてきたが、ここの記述からすれば、雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)の御子達の度重なる近親相姦のスキャンダルに終止符を討って、天下を治めたのは押磐尊であったという可能性を示している。葛城の葦田宿禰の子、蟻臣の女(むすめ)、荑媛との間に二人の息子がおり、葛城勢力の支持があり、後継者も備はっている。これを憂へた大泊瀬幼武皇子は、蛮勇をもって一切を粛清し、政権を奪取し、すべてを封印した、といふ構図が浮かんでくる。いづれにせよ、問題の多い激白である。誥(たけ)びて曰く、万感の思ひが堰を切って吐き出された。

小楯大驚 離席(しきゐ)悵然(いたむ)再拜(をがむ) 承事(つかへまつる)供給(をさめたてまつる) 率屬(やから)欽伏(つつしみつかへる) 於是 悉(ことごとくに)(おこす)(こほり)(おほみたから)宮 不日(ひもへずして)(かりに)奉安置(ませたてまつる) 乃詣(まうでる)京都(みやこ) 求(ふたり)(みこ) 白髮天皇(しらかのすめらみこと) 聞憙咨歎(なげく)(のたまふ) 朕(われ)無子也 可以爲嗣(みつぎ) 與大臣(おほおみ)(おほむらじ) 定策(はかりこと)禁中(みやのうち) 仍使播磨國司(はりまのくにのみこともち)來目部小楯(くめべのをだて) 持(しるし) 將(ゐる)左右(もとこ)舎人 至赤石奉 
白髮天皇三年正月
(むつき) 天皇隨億計王(おけのみこ) 到攝津國(つのくに) 使臣 持 以王蓋車(みくるま)入宮中(みやのうち) 
夏四月
(うづき) 立億計王爲皇太子(ひつぎのみこ) 立天皇爲皇子(みこ)
五年春正月(むつき) 白髮天皇崩(かむあがる)
是月 皇太子億計王與天皇讓位(みくらゐ) 久而不處(ゐる) 由是 天皇姉(いろね)飯豐皇女(いひどよのあをのひめみこ) 於忍海角刺宮(おしぬみのつのさしのみや) 臨朝秉政(みかどまつりごとす) 自稱(なのる)忍海飯豐尊(おしぬみのいひどよのあをのみこと) 當世(ときの)詞人(うたつくるひと)(うたよみす)(いふ) 野登陛儞(やまとへに) 瀰我保指母能婆(みがほしものは) 於尸農瀰能(おしぬみの) 莒能陀萩I儺屢(このたかきなる) 都奴娑之能瀰野(つのさしのみや) 
冬十一月
(しもつき) 飯豐尊(いひどよのあをのみこと)(かむあがる) 葬葛城埴口丘陵(かづらきのはにくちのをかのみさざき) 
十二月
(しはす) 百官(もものつかさ)大會(つどふ) 皇太子億計 取天子(みかど)之璽(みしるし) 置之天皇之坐(みまし) 再拜(をがむ)(つく)諸臣(まへつきみ)之位(くらゐ)(のたまふ) 此天子之位 有功者(いさをしひと)可以處(をる)之 著(あらはす)(たふとい) 皆弟(いろど)之謀(はかりごと)也 以天下(あめのした)讓天皇 天皇顧讓以弟(いろど) 莫敢位 又奉白髮天皇(しらかのすめらみこと) 先欲(おもほす)傅兄(このかみ) 立皇太子 前後固辭(いなぶ)(のたまふ) 日月出矣 而爝火(ともしび)不息(やまず) 其於光也 不亦難(はばかり)乎 時雨(ときのあめ)降矣 而猶浸潅(そそく) 不亦勞(いたはし)乎 所貴(たふとぶ)爲人弟(おとと)者 奉(つかへまつる)(このかみ) 謀(のがる)(わざはひ) 照コ(いきほひ)解紛(みだれ) 而無處也 有處者 非弟(おとと)(ゐやまひ)之義(ことわり) 弘計不忍處也 兄(このかみ)(うつくしぶ)(おとと)(ゐやまふ) 不易之典(つねののり) 聞諸古老(ふるおきな) 安(いづくにぞ)自獨輕(かろみす) 皇太子億計曰(のたまふ) 白髮天皇 以吾(われ)(このかみ)之故 奉(あぐ)天下之事 而先屬(つく)我 我其羞(はず)之 惟(おもひみる)大王(みこ) 首(はじめて)(さだむ)(たくみ)(のがる) 聞之者(ひと)歎息(なげく) 彰顯(あらはす)帝孫(きみのみこはな) 見之者(ひと)殞涕(かなしぶ) 憫憫搢紳(うれへたるうまひとのこ) 忻(よろこぶ)(になふ)(いただく)天之慶(よろこび) 哀哀黔首(かなしびたるおほみたから) 悦逢履(ふむ)(つち)之恩(めぐみ) 是以 克固四維(よも) 永隆(さかりにす)萬葉(よろづよ) 功(いさをし)(ちかくす)(おのづからなる) 清猷(きよきみち)映世 超(とほき)哉 邈(はるかなる)矣 粤(ここに)無得而稱(なづく) 雖是曰兄 豈先處乎 非功(いさをし)而據 咎(とが)(くい)必至 吾聞 天皇(すめらみこと)不可以久(ひさに)(むなし) 天命(あめのみことのり)不可以謙拒(さりふせく) 大王(きみ)以社稷(くにいへ)爲計(はからひ) 百姓(おほみたから)爲心 發(おこす)(こと)慷慨(はげむ) 至干流涕(かなしぶる) 天皇於是 知終(つひ)不處(をる) 不(さからはじ)(このかみ)(みこころ) 乃聽(ゆるす) 而不御坐(みまし) 世嘉(よみす)其能以實(まこと)讓曰(まうす) 宜(よろし)哉 兄(このかみ)(おとと)怡怡(よろこびやはらぐ) 天下歸(よる)(いきほひ) 篤(むつぶる)於親族(うがらやから) 則民(おほみたから)(おこる)(うつくしびのこころ)

小楯、大きに驚きて、席を離れて、悵然みて再拜みまつる。承事り。供給りて、屬を率ゐて欽伏る。是に、悉に郡の民を發して宮を造る。不日して權に安置せ奉る。乃ち京都に詣でて、二王を迎へむことを求む。白髮天皇、聞しめし憙び咨歎きて曰はく、「朕、子無し。以て嗣とせむ。」 大臣、大連と、策を禁中に定む。仍りて播磨國司、來目部小楯をして、節を持ちて、左右の舎人を將て、赤石に至りて迎へ奉らしむ。
白髮天皇の三年の正月に、天皇、億計王に隨ひて、攝津國に到ります。臣、連をして、節を持ちて、王の蓋車を以て、宮中に迎へ入れまつらしむ。
夏四月に、億計王を立てて皇太子とし、天皇を立てて皇子とす。
五年の春正月に、白髮天皇崩りましぬ。
是の月に、皇太子億計王と天皇と、位を讓りたまふ。久にして處たまはず。是に由りて、天皇の姉飯豐皇女、忍海角刺宮に、臨朝秉政したまふ。自ら忍海飯豐尊と稱りたまふ。當世の詞人、歌して曰く、
 
野麻登陛儞 瀰我保指母能婆 於尸農瀰能 莒能陀萩I儺屢 都奴娑之能瀰野
 倭辺
(やまとべ)に 見(み)が欲(ほ)しものは 忍海(おしぬみ)の この高城(たかき)なる 角刺(つのさし)の宮(みや)

冬十一月に、飯豐尊、崩りましぬ。葛城埴口丘陵に葬りまつる。
十二月に、百官、大きに會へり。皇太子億計、天子の璽を取りて、天皇の坐に置きたまふ。再拜みて諸臣の位に從きたまひて曰はく、「此の天子の位は、有功者、以て處るべし。貴きことを著して迎へられたまひしは、皆弟の謀なり。」 天下を以て天皇に讓りたまふ。天皇、顧み讓るに弟なりといふを以てして、敢へて位に即きたまはず。又白髮天皇の、先づ兄に傅へむと欲して、皇太子に立てたまへるを奉けて、前に後に固く辭びて曰はく、「日月出づれども、爝火息まず。其の光に於きて、亦難あらずや。時雨降りて、猶浸潅ぐ。亦勞しからずや。人の弟たることを貴ぶる所は、兄に奉りて、難を逃脱れむことを謀り、コを照らし紛を解きて、處ること無きものなり。即ち處ること有らば、弟恭の義に 非ず。弘計、處るに忍びず。兄友び、弟恭ふは、不易の典なり。諸を古老に聞けり。安にぞ自ら獨輕せむ。」 皇太子億計の曰はく、「白髮天皇は、吾兄の故を以て、天下の事を奉げて、先づ我に屬けたまひき。我、其れ羞づ。惟るに大王は、首めて利に遁るることを建む。聞く者歎息く。帝孫なることを彰顯すとき、見る者殞涕ぶ。憫憫搢紳、忻びて天を戴く慶を荷ふ。哀哀黔首、悦びて地を履む恩に逢ふ。是を以て、克く四維を固めて、永く萬葉に隆にしたまふ。功、造物に隣くして、清猷、世に映れり。超きかな。邈なるかな、粤に得て稱くること無し。是、兄と曰ふと雖も、豈に先に處らむや。功に非ずして據るときは、咎悔必ず至りなむ。吾聞く、天皇は以て久に曠しかるべからず。天命は以て謙り拒くべからず。大王、社稷を以て計とし、百姓をもて心としたまへ。」 言を發して慷慨みて、流涕ぶるに至ります。天皇、是に、終に處らじと知しめせども、兄の意に逆はじと、乃ち聽したまふ。而れども御坐に即きたまはず。世其の能く實を以て讓りたまふを嘉して曰す、「宜しきかな。兄弟怡怡ぎて、天下コに歸る。親族ぶるときは、民仁に興らむ。」

悵然は怨み嘆くさま。承事は仕へること。供給之人とはともまわりの人。小楯は、下座に回り、なんと労(いたは)しいことかと再拝し、ともまわりも仕へせしめ、族のものどもを率いて平伏した。かくて、郡の民に号令し、その日のうちに仮宮を造り、京都(磐余の甕栗)に詣でて白髮天皇にことを奏上した。白髮天皇の二年条には、「私(わたくしもの)を以て供給(たてまつ)る。便ち柴の宮を起てて、權(かり)に安置せ奉る。乘驛(はいま)して馳せて奏す。」とあった。その言葉は、「懿(よき)きかな、悦(よろこば)しきかな。天、溥(おほき)きなる愛を垂れて、賜ふに兩の兒を以てせり。」ともあった。天皇、億計王に隨ひての天皇は弘計王のこと。以下も同じ。白髮天皇が崩御されたとき、兄弟が位を譲り合って、久しく天皇が居られない期間が続いた。譽田天皇(應~天皇)から大鷦鷯天皇(仁コ天皇)即位までは約三年空位、瑞齒別天皇(反正天皇)から雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)即位までも約三年空位があった。この場合は非常に短く、久しくとは言へない。どうしようもなく飯豐皇女が割って入る状況ではない。葛城の忍海の角刺宮で朝廷に臨み政(まつりごと)を秉(と)リ行った、”みかどまつりごとす”と訓じている。飯豐皇女は並々ならぬ決断力をおみせになられた。白髮天皇の宮は磐余の甕栗であり、これを葛城の忍海に移しており、葛城の勢力にとっては感慨深いものがあったろう。自ら忍海飯豐尊と称したとあり、尊といふは、執政者の地位についたと注される。詞人は漢詩文をつくる人、ここでは万葉の歌人。誰であるかは不明。倭辺で見たいものとは忍海の高城のような角刺宮。
大鷦鷯天皇が詠まれた歌に、
「御諸(みもろ)の その高城(たかき)なる 大猪子(おほゐこ)が原 大猪子が 腹にある 肝向(きもむか)ふ 心をだにか 相思はずあらむ(古事記)とあり大猪子原は皇后磐之媛の故郷、葛城。磐之媛が詠まれた歌に、「つぎねふ 山背河(やましろがは)を 宮(みや)(のぼ)り 我(わ)が泝(のぼ)れば 青丹(あをに)よし 那羅(なら)を過(す)ぎ 小楯(をだて) 倭(やまと)を過(す)ぎ 我(わ)が見(み)が欲(ほ)し国(くに)は 葛城高宮(かづらきたかみや) 我家(わぎへ)のあたり書紀巻11とあった。高城、高宮とは葛城の地形の敬称であろう。陵も葛城埴口丘陵(葛城市北花内:地図と葛城にこだわった。飯豐尊は、氣長足姫尊(~功皇后)以来の女帝であり、一目見てみたいと大変な評判となったようである。しかし、その年の11月に崩御されたとは、どうもすっきりしない。白髮天皇のごとく病弱ではなさそうであり、高齢でもない。この展開はどうも不自然であり、古事記が白髮天皇が崩御され、市邊忍齒別王の妹を日繼王にし、その時に忍齒別王の御子二人が発見されたとする方が理解しやすい
十二月に、百官を集め皇太子億計は、天子の璽を弘計王の席に置き、臣下の位置に就いた。今回の功は弘計王にあるとした。荘子、逍遥遊篇に、
「堯、天下を許由に讓りて曰はく、“日月出ず。而して爝火(しゃくか)(や)まず。其の光において、亦難(かた)からずや。時雨(じう)降る。而して猶、浸灌(しんかん:そそぐこと)す。其の澤(たく潤すこと)や、亦勞(ろう)せずや。夫子(ふうし:許由)立ちて天下治る。而して我猶、尸(許由のかたしろとしてつかさど)る。吾、自ら視るに缺然(欠ける)たり。請ふ(許由が)天下を致すを。”許由の曰く、“子(堯)、天下を治め、天下既已(すでに)治れり。而して我猶、子に代らば吾將(まさ)に名を為すか。名は、實の賓(ひん)なり。吾、將に賓と為すか。鷦鷯(みそさざえ)、深林に巣すは、一枝に過ぎず。偃鼠(もぐら)、河を飲むは、腹を滿すに過ぎず。歸休せよ君。予、天下を用ゐ為す所無し。庖人(ほうじん)庖を治めずと雖(料理人が料理をしない)も、尸祝(ししゅく;「かたしろ」や「はふり」)、樽俎(そんそ;酒樽と肉台)を越へて之に代らじ。”」とあるによる。兄が実、弟は賓、「兄(このかみ)(うつくしぶ)(おとと)(ゐやまふ) 不易之典(つねののり)これを、「古老に聞けり」とする。親には孝、兄には悌とは論語の教。弘計王は荘子、論語に通じていたと言はんばかりの記述となった。
しかし、弘計王は辞退をする。以下は、梁書、武帝紀の、
「之を聞く者歎息す、司隸の舊章(旧制遺法)、之を見る者隕涕(いんてい;涙落とす)す。請ふ我が民の命、之に還り斗极(ときょく;たちまち極まる)す。憫憫(びんびん:あわれむ)たる搢紳(しんしん;高貴の人)、重ねて天を戴す慶を荷ふ。哀哀たる黔首(けんしゅ;人民)、复(また)地を履む恩を蒙(う)く。コは嵩(山)、岱(山)を逾へ、功は造物(主)に鄰(ちか)し。超哉(とほきかな)(はるかなる)矣。越へて得て言ふこと無し。朕、又之を聞く、疇(昔)命コを庸ひ、侯を建て屏を作し、咸用ひ克く四維を固めて、永く万葉に隆る。」、後漢書、光武帝紀の、「臣聞く、帝王以て久に曠かるべからず、天命以て謙拒くべからず。惟れ大王、社稷を以て計と為し、万姓心と為す。」芸文類聚の呉志、厳o伝の、「功に非ずして據(を)る、咎悔必ず至る。」「言を發して慷慨(こうがい:いきどおりなげく)し、流涕に至る。」「乃ち聽きて御坐に即かず。世其の能く實を以て讓るを嘉す。」「兄弟怡怡にして、天下コに歸す。」によると注される。これを状況に合うように組み合はせ変形した。白髮天皇は億計が兄であるから皇太子にされただけで、恥ずかしい。大王(弟)はまず逃げる決断をし、聞いた者は嘆息した。身分を明かしたときは、見る者が涙した。憐れんだ高貴な人が天を戴(いただ)く慶(よろこび)を荷った。哀れんだ民は地を履(ふ)む恩に逢ふを悦んだ。かくて四方を固め、末永く隆盛することであろう。その功は~に近いものであり、清い道が世に映えよう。どう言ふべきか分からないが、兄だからということで帝位に就くことは出来ない。功なくしては咎悔を招く。弘計王よ、天皇たることは空しかるべからず(実が必要)、天命を避けることも出来ない。王として、社稷を計り民を以て心とされたし。億計王は気持ちが高ぶり、涙が止まらなくなった。弘計王は兄の意に逆ふまいとして、承諾されたが、譲り合ふ心故に、上座には就かれなかった。そして、最後は、論語に基づく漢書、平帝紀、「親族に篤くして、則ち民仁に興る。」でしめたと注される。二人の心をみた民の心に仁が芽生えた。世が、中国における先王の道、論語の道が行はれていると嘉(よみ)した、といふは、日本(やまと)向けには中国文化の導入を推奨するもの、外交的には、すでに文化を共有していると宣言したことになる。これは、大鷦鷯天皇(仁コ天皇)紀の記述とも合致する。

元年(はじめのとし)春正月(むつき)己巳(つちのとのみ)(ついたちのひ) 大臣(おほおみ)(おほむらじたち)(まうす)(まうす) 皇太子(ひつぎのみこ)億計(おけ) 聖コ(ひじりのいきほひ)明茂(さかり) 奉讓天下 陛下(きみ)正統(まさしきついで) 當奉(うく)鴻緒(あまつひつぎ) 爲郊廟(あめのした)(あるじ) 承續(うけつぐ)(みおや)無窮之烈(いきほひ) 上當(むかふ)天心 下厭(ふせく)(おほみたから)望 而不肯(かへにす)踐祚(あまつひつぎしろしめす) 令金銀(こがねしろかね)蕃國(となりのくに)群僚(まへつきみ) 遠近莫不失望 天命(あめのよさし)有屬(つく) 皇太子推讓 聖コ(ひじりのいきほひ)彌盛 (みさいはひ)(はなはだ)(あきらか) 在孺(いときなきとき)而勤 謙恭(ゐやまふ)(うつくしぶ)(したがふ) 宜奉(うく)(いろね)(みことのり) 承統(うけつぐ)大業(おほきついで) 制(みことのりす)(のたまふ) 可(ゆるす) 乃召公卿(まへつきみたち)百僚(つかさつかさ)於近飛鳥八釣宮(ちかつあすかのやつりのみや) 天皇位(あまつひつぎしろしめす) 百官(もものつかさ)陪位者(はべるひとども) 皆忻忻(よろこぶ)焉 【或本(あるふみ)云 弘計天皇(をけのすめらみこと)之宮 有二所(ふたところ)焉 一(ひとつ)宮於小郊(をの) 二宮於池野(いけの) 又或本云 宮(みやつくる)於甕栗(みかくり)
是月 立皇后
(きさき)難波小野王(なにはのをののみこ) 赦(つみゆるす)天下(あめのした) 【難波小野王 雄朝津間稚子宿禰天皇(をあさづまわくごのすくねのすめらみこと)曾孫(ひひこ) 磐城王(いはきのみこ)(みまご) 丘稚子王(いはきのみこ)之女(むすめ)也】

元年の春正月の己巳の朔(485.01.01)に、大臣、大連等、奏して言す、「皇太子億計、聖コ明に茂にして、天下を讓り奉りたまふ。陛下、正統にまします。鴻緒を奉けて、郊廟の主と爲りて、祖の窮無き烈を承け續ぎて、上は天の心に當ひ、下は民の望を厭きたまへ。而るを踐祚し肯へにしたまふ。遂に金銀の蕃國の群僚をして、遠きも近きも望を失はずといふこと莫からしめむ。天命屬くこと有り。皇太子、推し讓る。聖コ、彌盛にして、福祚、孔だ章なり。在孺にして勤めたまひて、謙り恭ひ慈び順ふ。兄の命を奉けて、大業に承統ぎたまへ。」 制して曰はく、「可。」 乃ち公卿百僚を近飛鳥八釣宮に召して、即天皇位す。百官の陪位者、皆忻忻ぶ。【或本に云く、弘計天皇の宮、二所有り。一の宮は小郊に、二の宮は池野にありといふ。又或本に云く、甕栗に宮る。】
是の月に、皇后難波小野王を立つ。天下に赦したまふ。【難波小野王は、雄朝津間稚子宿禰天皇の曾孫、磐城王の孫、丘稚子王の女なり。】


後漢書、順帝紀、「尚書令劉光等奏言す。孝安皇帝、聖コ明茂にして、早く天下を棄つも、陛下は正統にして、當に宗廟を奉るべし。而して姦臣交構(互いに讒言する)、遂に陛下をして蕃國に龍潛せしむ、群僚遠きも近きも失望せざる莫し。天命常有り、北郷永からず、漢コ盛明にして、福祚(ふくそ;さいわい)孔章(こうしょう:はなはだ明らか)たり。近臣建策し、左右扶翼(ふよく;たすける)し、内外同心す。~明に稽合(けいごう:合致する)し、陛下踐祚(せんそ:天子の位につく)し、鴻緒(こうしょ:国家統治の大業)を奉遵(じゅん;従って行ふ)し、郊廟(皇帝の祖先を祭る宗廟で行われるものと、都の郊外で行われる郊祀)の主と為し、祖宗無窮之烈を承け續き、上は天心に當り、下は民望に猒(えん;犬の肩肉を供えて祀り、~が満足するから、かなふ)ひ、而して即位す・・」「制して曰く、可、乃ち公卿百僚を召す」「則ち皇帝位す」 安帝紀、「朕は惟侯孝章帝、世嫡の皇孫、謙恭慈順にして、孺(じゅ:ちのみご)に在(ま)し而して勤め、宜しく郊廟を奉り、大業を承け統ぶ。」の変形。非常に苦労して訓じることになっている。厭を”ふせく”とするのは古訓で名義抄では”かなふ”とする。不肯は”かへにす”、承諾しないこと、と注される。
大臣(平群眞鳥)、大連(大伴室屋)は、皇太子億計がお譲りになられた以上、弘計王が正統となる。もし、承諾されねば、金銀の蕃國(半島の諸国)の群僚も失望します。幼き頃より兄によく仕へてこられたのですから、その命を奉おけて即位してくださいと奏上した。やっとのことで、可となり、公卿百僚を近飛鳥八釣宮に召して即位した。
古事記は近飛鳥宮としたが、書紀は、近飛鳥八釣宮とした。近飛鳥は河内安宿
(あすかべ)郡飛鳥であるがややこしい。柿本人麻呂の歌に、「矢釣山(やつりやま) 木立も見えず 降りまがひ 雪の騒ける 朝(あした)楽しも」とあり、奈良県高市郡明日香村八釣の東北にある山とされ、この八釣では遠飛鳥宮となるが、その地形が宮にふさわしくないので、河内に求むべきと注される。億計王が皇太子、弘計王が皇子とされたのは、白髮天皇(清寧天皇)の磐余の甕栗宮であり、飯豐皇女の時に、忍海角刺宮に移られたのかもしれないが、いづれにせよ奈良の地、しかし、弘計王は即位にあたっては河内を選択された。播磨、金銀の蕃國が視野にあり、皇后は難波小野王、難波であった。播磨の風土記によれば、二天皇に関して、高野宮、少野宮、川村宮、池野宮が記されている。二人が隠れていた窟屋、志染の石室窟屋の金水(金水の洞窟)と志染の石室の写真のあたりとされるが、不明、いづれにせよ、逃避された地にも宮を置かれた。甕栗に宮をつくるともあり、伝承がはっきりしていない。
皇后難波小野王は奇妙である。雄朝津間稚子宿禰天皇
(允恭天皇)の三代目が曾孫、その孫は五代目、その女(むすめ)は六代目。弘計王は雄朝津間稚子宿禰天皇の兄、去來穗別天皇(履中天皇)の孫(二代目)であり、時代が合はない。また、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)と吉備稚姫の子、磐城皇子は雄朝津間稚子宿禰天皇の孫であり、曾孫ではない。理解に苦しむ。古事記は、石木(いわき)の王の女(むすめ)、難波の王を娶りて、子无(な)し。とあり、石木王についてはそれ以上の言及はない。石木王を磐城皇子とするなら、難波の王とは年代的には合ってくる。星川皇子が討たれた時、吉備稚媛、磐城皇子の異父の兄の兄君、城丘前來目も共に焼き殺された。磐城皇子の異父とは稚媛の前夫、田狭であり、兄君と弟君の二人の子があり、兄とは兄君であり、通常、磐城皇子も殺されたと解されているが、断定はできない。この時、河内三野縣主小根が命乞いをし、難波の來目邑の大井戸の田十町を大伴室屋に、田地を草香部吉士漢彦に差し出していた。吉備上道臣等が救援に向かったがすでに鎮圧されており、引き返し、逆に山部を取り上げられたともあった。石木王を磐城皇子とするなら、難波王は白髮天皇が滅ぼした吉備稚媛の一族であり、弘計王が磐城皇子の女(むすめ)が難波にいたのを捜し出して、皇后にするといふのは、尋常ではない。あの世の白髮天皇が目を疑はんばかりの仕打ちであり、兄弟で政権を禅譲し合う謙虚恭順とは裏腹の行動である。なりふり構わず、吉備の勢力を取り込んだことになる。これでは、書紀の描くストーリーはぶち壊しとなる。書紀は、大泊瀬幼武天皇の子の磐城皇子ではない、その次世代の磐城王、それは、雄朝津間稚子宿禰天皇の曾孫にあたり、その孫の丘稚子王の女(むすめ)と雄朝津間稚子宿禰天皇の遠縁に当たるが、白髮天皇とは敵対しない磐城王を導入したことになろう。更に、書紀が古事記を訂正したのが平群臣(へぐりのおみ)の祖、志毘(しび)の臣との一件である。

「故、天の下治らしめさむとしせし間に、平群(へぐりの)臣の祖、名は志毘臣(しびのおみ)、歌垣(うたがき)に立ちて、その袁祁(をけ)の命の婚(よば)はむとしたまふ美人(をとめ)の手を取りき。 その孃子(をとめ)は、菟田首等(うだのおびとども)の女、名は大魚(おほうを)なり。 ここに袁祁の命もまた歌垣に立ちたまひき。 ここに志毘の臣、歌ひけらく、

 大宮
(おほみや)の 彼(をと)つ端手(はたで) 隅傾(すみかたぶ)けり
 
(大宮の あちらこちらの脇 隅が傾いている;訳は筆者)

とうたひき。かく歌ひて、その歌の末
(すゑ)を乞ひし時に、袁祁の命、歌ひたまひしく、

 大匠
(おほたくみ) 拙劣(をぢな)みこそ 隅傾けれ
 (大工の棟梁が 下手くそだから 隅が傾くのだろう)

とうたひたまひき。ここに志毘の臣、また歌ひけらく、

 王
(おほきみ)の 心を緩(ゆら)み 臣(おみ)の子の 八重(やへ)の柴垣(しばがき) 入り立たずあり
 
(王の 心がゆるんでおり 臣の子が 八重の柴垣に 入れないでいる)

とうたひたまひき。 ここに王子
(みこ)、また歌ひたまひしく、

 潮瀬
(しほせ)の 波折(なを)りを見れば 遊び来(く)る 鮪(しび)が端手(はたで)に 妻立てり見ゆ
 (潮の瀬 波の折り崩れるところをみれば 回遊するマグロの脇に 妻が立っているのが見える)

とうたひたまひき。 ここに志毘の臣、いよいよ怒
(いか)りて歌ひけらく、

 大君の 王子
(みこ)の柴垣(しばがき) 八節縛(やふじま)り 結(しま)り廻(もとほ)し 切れむ柴垣 焼けむ柴垣
 (大君の 王子の柴垣は 八段に縛り 結び目をめぐらしてあるが いづれは切れてしまう柴垣 燃えてしまう柴垣)

とうたひたまひき。 ここに王子
(みこ)、また歌ひたまひしく、

 大魚
(おふを)よし 鮪突(しびつ)く海人(あま)よ 其(し)があれば 心恋(うらこほ)しけむ 鮪突く鮪
 (大魚よし「枕詞」 マグロを突く海人よ それがあれば 心恋しいだろうよ マグロを突く志毘臣)

とうたひたまひき。 かく歌ひて、鬪
(かが)ひ明(あか)して各退(まか)りき。 明くる旦之時(あした)、意祁(おけ)の命・袁祁(をけ)の命、二柱議(はか)りて云(の)りたまひしく、「凡(おほよ)そ朝廷(みかど)の人等(ども)、旦(あした)は朝廷(みかど)に參赴(まゐおもむ)き、晝は志毘の門(かど)に集(つど)へり。 また、今は志毘必ず寢(いね)つらむ。 またその門(かど)に人無けむ。 故、今にあらされば謀(はか)るべきこと難(かた)けむ」とのりたまひて、すなはち軍(いくさ)を興して志毘の臣の家を圍(かく)みて、すなはち殺したまひき。(古事記:岩波文庫)

袁祁王と平群臣の祖、志毘臣の間の菟田首等の女
(むすめ)、大魚(おふを)をめぐる争い。志毘臣は、袁祁王が結婚しようとしていた大魚の手を取った。あばらの宮の袁祁など止めて私を選べ。心も緩んだ袁祁のところには、大魚も入れまいと、志毘。宮の悪いのは大工のせい、そう言う志毘よ、遊び回るお前の横には妻が見えるぞ、と揶揄する袁祁。立派な柴垣とていづれは朽ち焼け落ちよう、と言う志毘に、大魚のごとき鮪を突く海人を知ってるか、海人の前では鮪(大魚)は逃げる、恋しいことよな、志毘よ、お前は鮪突く鮪、所詮は魚、と更に揶揄した。志毘の門に朝廷の人々が参集することに危険を覚え、急襲して殺したといふ。また、袁祁王は結局、大魚ではなく、難波王を后としており、大魚は本命ではなく、この謀略にのみ関与したにすぎない。書紀はこれを武烈天皇(意祁の子)の即位前のこととした。
書紀にあっては、白髮天皇政権は、大伴室屋大連と平群眞鳥大臣が屋台骨であり、弘計天皇もそれによっている。古事記によれば、衆望は平群臣にあり、これを討つとなれば、屋台骨の片方を討つのであり、これまた尋常ならざる事態である。古事記的には、大臣が誅され、吉備、あるいは播磨勢力が取り込まれるといふ動きがあったことになる。しかし、これは書紀としては、到底受け入れることができなかった。

二月(きさらぎ)戊戌(つちのえいぬ)(ついたち)壬寅(みづのえとらのひ) 詔曰 先王(うしのきみ)(あふ)多難(わざはひ) 殞命(をはる)荒郊(あらのら) 朕(わら)在幼年(いとけなきとし) 亡(にげる)自匿(かくれる) 猥(まげる) 升纂(つげる)大業 廣求御骨(みかばね) 莫能知者 詔畢(みことのりをはる) 與皇太子億計 泣哭憤惍(いさちなきいたむ) 不能自勝(たふる)
是月 召聚(めしつどへる)耆宿(ふるきおきな) 天皇親(みづから)歴問(となめとふ) 有(はべる)(ひとり)老嫗(おみな)(まうす) 置目(おきめ)知御骨埋處 以奉示(みせる) 【置目老嫗名也 近江國(あふみのくに)狹狹城山君(ささきのやまのきみ)(おや)倭帒宿禰(やまとふくろのすくね)(いろも) 名曰置目 見下文(くだり)】 於是 天皇與皇太子億計 將(ゐる)老嫗婦 幸(いでる)江國來田絮(くたわた)蚊屋野(かやの)中 掘出而見 果如婦(おみな)(こと) 臨穴哀號(さけぶ) 言(こと)(ねむごろ)(また)(まどふ) 自古(いにしへ)以來(このかた) 莫如斯(かかる)(いたみ) 仲子(なかちこ)之尸(かばね) 交横(まじはる)御骨 莫能別者 爰有(はべる)磐坂皇子之乳母 奏(まうす)(まうす) 仲子者上齒堕落(おつ) 以斯可別 於是 雖由乳母 相別髑髏(みかしらのほね) 而竟(つひに)難別四支(むくろ)諸骨(みかばね) 由是 仍(なほ)於蚊屋野中 起雙陵(ふたつのみささぎ) 相似如一(ひとつ) 葬儀(はぶりのよそほひ)無異 詔老嫗置目 居(はべる)于宮傍處 優崇(あがむ)賜卹(めぐむ) 使無乏少(たらはぬこと) 
是月 詔曰
(のたまふ) 老嫗伶俜(さすらふ)羸弱(あつしれる) 不便(もやもやもあらず)行歩(ありく) 宜張繩引絚(わたす) 扶(それにかかる)而出入(まゐりまかる) 繩端懸鐸(ぬりて) 無勞(いたはる)謁者(ものまうしひと) 入(まゐる)則鳴之 朕知汝到 於是 老嫗奉(うけたまはる)詔 嗚鐸(ぬりて) 天皇遙聞鐸聲 歌曰 阿佐膩簸囉(あさぢはら) 嗚贈禰嗚須擬(をそねをすぎ) 謨謀逗拕甫(ももづたふ) 奴底喩羅倶慕與(ぬてゆらくもよ) 於岐毎倶羅之慕(おきめくらしも)

二月の戊戌の朔壬寅(485.02.05)に、詔して曰はく、「先王、多難に遭離ひて、荒郊に殞命りたまへり。朕、幼年に在りて、亡逃げて自ら匿れたり。猥げて求め迎へられて、大業に升纂げり。廣く御骨を求むれども、能く知りまつれる者莫し。」 詔畢りて、皇太子億計と、泣ち哭き憤惍みて、自ら勝ふること能はず。
是の月に、耆宿を召し聚へて、天皇、親ら歴め問ひたまふ。一の老嫗有りて、進みて曰す、「置目、御骨の埋める處知れり。請ふ、以て示せ奉らむ。」 【置目は、老嫗の名なり。近江國の、倭帒宿禰の妹、名を置目と曰ふ。下の文に見ゆ。】 是に、天皇と皇太子億計と、老嫗婦を將て、近江國の來田絮の蚊屋野の中に幸して、掘り出して見たまふに、果して婦の語の如し。穴に臨みて哀號びたまひ、言深に更慟ひます。古より以來、如斯る酷莫し。仲子の尸、御骨に交横りて、能く別く者莫し。爰に磐坂皇子の乳母有り。奏して曰す、「仲子は、上の齒堕落ちたりき。斯を以て別くべし。」 是に、乳母のまうすに由りて、髑髏を相ひ別くと雖も、竟に四支、諸骨を別くこと難し。是に由りて、仍蚊屋野の中に、雙陵を造り起てて、相似せて如一なり。葬儀異なること無し。老嫗置目に詔して、宮の傍の近き處に居らしむ。優崇め賜卹みたまひて、乏少無からしむ。
是の月に、詔して曰はく、「老嫗、伶俜へ羸弱れて、行歩くに不便ず。繩を張りてき引絚して、扶りて出入づべし。繩の端に鐸を懸けて、謁者に勞ること無かれ。入りては鳴せ。朕、汝が到るを知らむ。是に、老嫗、詔を奉りて、鐸を嗚して進む。天皇、遙に鐸の聲を聞しめして、歌して曰はく、
 阿佐膩簸囉 嗚贈禰嗚須擬 謨謀逗拕甫 奴底喩羅倶慕與 於岐毎倶羅之慕
 浅茅原(あさぢはら) 小确(をそね)を過(す)ぎ 百伝(ももつた)ふ 鐸(ぬで)ゆらくもよ 置目(おきめ)(く)らしも

先王は、市邊押磐皇子のこと。遭離は遭遇と同じ。荒郊は淡海の來田綿(絮)蚊屋野(大泊瀬幼武天皇:雄略天皇前紀冬十月条、巻14にみた。猥はこの場合謙遜して言う言葉。升は昇ること。纂は赤い組み紐のこと、受け継ぐこと。憤は憤ること、惍はがっかりすること。勝は耐えること。耆宿は古老のこと。歴問は一人一人に問ふこと。傴は背の曲がっていること、嫗は背の曲がった女。弘計天皇は父の遺骨を回収しようとしたが、行方が分からなかった。古老を集めて一人づつ聞くうちに、置目といふ老婆が知っていると申し出た。
大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)により、市邊押磐皇子を狩りに誘い出したのが近江の狹々城山君韓帒であった。韓帒、倭帒とあり、韓風の袋、倭風の袋を作っていた族であろうか。倭帒宿禰は同族、その妹が置目。韓帒から事件のことを聞かされていたのであろう、しかし、それだけに、名乗り出ることには危険があった。置目の謂ふ場所に遺骨があったが、市邊押磐皇子の屍を抱きて果てた佐伯部賣輪(仲手子)のものと判別がつかなかった。そこに磐坂皇子の乳母が仲子の上の歯が欠けていることを告げて、頭骸骨の判別はできたがその他は別けることができず、同じものを双陵にして造り、同様の葬儀を行った。置目にはお咎めはなく、逆に、厚く保護がなされたとする。このお陰で、倭帒宿禰が狹狹城山君の祖となったといふ。なお、乳母という言葉の初見と注される。鐸は鈴の大きなもので、軒などに吊るし、命令を発する時などに鳴らした。これは、この老嫗に限らず、そういう風な伝令の仕方が採用されていたと思はれ、木鐸などの原型となるものであろう。
浅茅原は春日大社の近辺にあるが、ここでは茅萱
(ちがや;イネ科チガヤ属の多年草)の生える原。「浅茅原(あさつばら)、つばらつばらに、もの思(も)へば、古(ふ)りにし里し、思ほゆるかも」とあり、つばらつばら(しみじみと)にかかる枕詞、古里を忍ばせる響きがある。小确は、小石の多いやせた土地。百伝ふは鐸にかかる。ゆらくは揺れるでなく、鐸の音がゆらく、じゃんじゃんと鳴ること。老嫗、置目は、伶俜へ(落ちぶれており)羸弱れて(疲れ弱る)、行歩くに不便とあり、住んでいるところも痩せこけた土地であったとみへる。市邊押磐皇子殺害に手を貸した族として不遇な境地にあったのだろう。鐸がじゃらんじゃらんと鳴ると、そこからとぼとぼやってくる置目の姿が目に浮かんだ。

三月(やよひ)上巳(かみのみのひ) 幸(いでます)後苑(みその) 曲水(めぐりみず)(とよのあかり) 
夏四月
(うづき)丁酉(ひのとのとり)朔丁未(ひのとのひつじのひ) 詔曰 凡人主(みかど)之所以勸民者 惟(これ)授官(つかさたまふ)也 國之所以興者 惟賞(たまふ)(いさをし)也 夫前(さきの)播磨國司(はりまのくにのみこともち)來目部小楯(くめべのをだて) 【更名(またのな)磐楯(いはたて)】 求擧朕 厥功茂(もし)焉 所志願(ねがはす)勿難(はばかる)(まうす) 小楯謝(かしこまる)(まうす) 山官(やまのつかさ)宿(もとより)所願 乃拜(めす)山官 改賜姓山部氏 以吉備臣爲副(そひつかひ) 以山守部(やまもりべ)爲民(かき) 裒(ほめる)(ほまれ)(あらはす)(いさをし) 酬恩(めぐみ)答厚 寵愛(めぐみうつくしび)(すぐれる) 富莫能儔(ひところふ) 
五月
(さつき) 狹狹城山君韓帒宿禰(ささきのやまのきみからふくろのすくね) 事(こと)(かかる)謀殺皇子押磐(みこおしは) 臨誅(ころす)叩頭(のむ)(まうす)詞極哀 天皇不忍加戮(ころす) (あてる)充陵戸(みさざきのへ)兼守山 削除(けずりすてて)籍帳(へのふみた) 隷(つける)山部 惟(ここに)倭帒宿禰(やまとふくろのすくね) 因妹置目之功(いさをし) 仍賜本姓(もとのかばね)狹狹城山君氏(ささきのやまのきみのうぢ)
六月(みなづき) 幸暑殿(すずしきとの) 奏樂(うたまひきこす) 會(つどふ)群臣(まへつきみたち)(あへる)以酒食(さけいひ)
是年太歳乙丑(きのとのうし)

三月上巳(485.03.03)に、後苑に幸して、曲水の宴きこしめす。
夏四月の丁酉の朔丁未
(485.04.11)に、詔して曰はく、「凡そ人主の民を勸むるの所以は、惟授官ふなり。國の興る所以は、惟功を賞ふなり。夫れ前の播磨國司來目部小楯 【更の名は磐楯】 求め迎へて朕を擧ぐ。厥の功茂し。志願しからむ所、難ること勿く言せ。」 小楯謝りて曰す、「山官、宿より願しき所なり。」 乃ち山官に拜して、改めて姓を山部連の氏と賜ふ。吉備臣を以て副として、山守部を以て民とす。善を裒めて功を顯し、恩を酬いて厚に答ふ。寵愛殊絶れ、富能く儔ふこと莫し。
五月に、狹狹城山君韓帒宿禰、事、謀りて皇子押磐を殺しまつるに連りぬ。誅さるるに臨みて、叩頭みて言す詞極めて哀し。天皇、加戮さしめたまふに忍びずして、陵戸に充て、兼ねて山を守らしむ。籍帳を削り除てて、山部連に隷けたまふ。惟に倭帒宿禰、妹置目の功に因りて、仍ち本姓、狹狹城山君の氏を賜ふ。
六月に、避暑殿に幸して、奏樂しめす。群臣を會へて、設たまふに酒食を以てす。
是年、太歳乙丑

曲水の宴の初見、芸文類聚巻五十二、治政部、論政の、
「商君書に曰く、凡そ人主の民を勸むる所以は、官爵なり。 國の興る所以は、農、戰なり。」によると注される。曲水の宴は周、あるいは秦の時代に始まるとされ、周と秦では800年の差がありとまどう。春先に清流で身を清めて不祥を祓ふ、禊の風習がベースにある。論語の先進篇25、「莫春には春服既に成る冠者五六人童子六七人、沂に浴し、舞雩に風じて詠じて歸らん。」とある。清らかな水の流れに、盃を流して禊祓する儀式に、漢詩を詠む文人の風が加わった。三月三日は、晋の永和九(353)年三月三日に中国蘭亭にて、王羲之が主催した曲水の宴に因む。日本(やまと)にも歌の文化があり、禊の風習もあった。民を勸むるの所以は官爵、中央集権制と官位制あってのこと、官職の制度の確立していない状態では、民を勸むの意味は変質する。國の興る所以は、農(業)と戦(いくさ)。農業を振興し、民の定着を図り、生産力を上げ軍を動かす力を貯へる。これも、功を賞(たま)ふに変へ、小楯を山部連の氏、吉備臣を以て副、山守部を以て民(かき:部民)に賞ふとした。
小楯は伊予の久米郡の出身。先代旧事本紀、巻第十 国造本紀に、
「久味国造、軽島豊明の帝(応~天皇)の御世に~魂尊(かみむすびのみこと)の十三世の孫の伊與主命(いよぬしのみこと)を国造に定められた。」とある。久味→久米であるが、伊予の中部に位置する。一方、芸予海峡の航行には大三島の存在が欠かせない。ここには~日本磐余彦天皇(~武天皇)の東征に際して、大山積(大山祇)大~の子孫、乎知(小千)(おちのみこと)が先駆者として伊予二名島(四国)に渡り瀬戸内海の治安を司ったとする伝承が有る。鞆の浦を経由し吉備、難波、奈良へ向かふにも、穴門から九州に向かふにも、複雑な海流を熟知するこの地域の海人の協力なくしては、交易や戦を有利に展開することはできなかった。伊豫國風土記逸文には、「乎知の郡。御嶋。坐す~の御名は大山積の~。一名は和多志の大~なり。是の~は、難波の高津の宮に御宇しめしし天皇(仁徳天皇)の御世に顕れましき。此~、百済の國より度り来まして、津の國の御嶋に坐しき。云々。御嶋と謂ふは、津の國の御嶋の名なり。」とある。元来、山積~は火の~、迦具土~の血から生まれたとされ書紀巻1、火山の溶岩や噴火岩から土地が生じるイメージがあり、~話時代の土地、国土、山の~であるが、和多志の~とは海~、渡来の~ともある。海から浮き来たとされる大己貴(大国主)~の幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)が三諸山に降りたという三輪の大~、大物主~書紀巻1といふごとく、渡来~が国~となる。垂仁天皇二年春二月条に、加羅の童女が、難波に詣りて、比賣語曾(ひめごそ)社の~と爲る、また、豐國の國前郡(大分県東國東郡姫島村)にも至りて、比賣語曾社の~ともなり二か所で祭られたという話がある。また、古事記の応~天皇の時、天日矛(新羅の王子)が比賣碁曾の社に坐す阿加流比賣の~を追ひ渡り來て、難波に到らむとせし間、その渡(和多志)の~、塞(さ)へて入れざりき、といふ話もあった。すっかり土着化している。大山積~はその姿をお見せになることがなかったのであるが、伊豫國風土記によれば、仁徳天皇の御世に姿を現はされたとする。これは当時多くが半島から渡来し、瀬戸内海の航路の需要が増大したことに関連していよう。此の~が何時津の國の御嶋(摂津国嶋上郡「高槻市三島江」)に坐されたのか分からないが、大三島に坐すことになったのは、仁徳天皇の御世に姿を現されて以降のこととみなされていたことになろうか。これは、~話や社伝とは合致しない。
更に、伊豫國風土記逸文には、
「湯の郡。大穴持命(大国主命)、見て悔い恥ぢて、宿奈比古那命(少名彦命)を活かさまく欲(おもほ)して、大分(おほきだ)の速水の湯を、下樋(したび)より持ち度り來て、宿奈比古那命を漬し浴(あむ)ししかば、蹔(しまし)が間(ほど)に活起(いきかへ)りまして、居然(おだひ)しく詠(ながめごと)して、「眞蹔(ましまし)、寢ねつるかも」と曰(の)りたまひて、踐(ふ)み健(たけ)びましし跡處、今も湯の中の石の上にあり。凡て、湯の貴く奇しきことは、~世の時のみにはあらず、今の世に疹痾(やまひ)に染める萬生(ひとびと)、病を除(い)やし、身を存(たも)つ要藥(くすり)と為せり。 天皇等の湯に幸行(いでま)すと降りまししこと、五度(いつたび)なり。大帶日子(おほたらしひこ)の天皇(景行天皇)と大后八坂入姫命と二軀(ふたはしら)を以ちて、一度(ひとたび)と為す。帶中日子(たらしなかつひこ)の天皇(仲哀天皇)と大后息長帶姫命(~功皇后)と二軀を以ちて、一度と為す。上宮聖コ(うへのみやのしやうとく)の皇(おほきみ)を以ちて、一度と為す。及(また)、侍(みとも)は高麗(こま)の惠慈(ゑじ)の僧(ほふし)・葛城臣(小楢)等なり。時に、湯の岡の側に碑文(いしぶみ)を立てき。其の碑文を立てし處を伊社邇波(いさには)の岡と謂ふ。伊社邇波と名づくる由は、當土(このくに)の諸人等、其の碑文を見まく欲(おも)ひて、いざなひ來けり。因りて伊社邇波と謂ふ、本(ことのもと)なり(「風土記逸文」〜南海道)。」ともあり、伊予の温泉は大分の温泉と地下で通じており、大国主命はこの湯で少名彦命を生き返らせた。景行天皇と皇后、仲哀天皇と~功皇后も温泉に訪れたとする(書紀の記述からは、この二人は個別でなくては訪れることは難しい)。湯治の効能が古くから聞こへていた、との伝承もあった。古事記によれば、男浅津間若子宿禰命(允恭天皇)の時代に、木梨輕太子と輕大郎女が流されたのが伊予であった。小楯は久米郡であり、重信川と石手川による沖積平野部にあり、山辺にも海辺にも近い位置にあった。小楯はその功に対して「山官」が宿願であったといふ。山守部ではなく「山官」と官爵のごとき表現とした。山部連は山部を管掌し、山林の管理、産物の貢上に当たる氏族と注される。産物を貢上するには河川、沼湖、海、水運力をも要した。吉備臣とは白髮天皇(清寧天皇)前紀における吉備上道臣、星川皇子に加勢せむとしたことで、山部を奪はれたとあった。ここの記述では、小楯は姓を改め(山部連氏)、吉備臣を従へ、その部民も得、その富並ぶ者なし、とした。儔(ひところふ)とは人(ひと)と並ぶ(ころふ)こと。小楯は伊予から宿願の吉備へと進出することを得た。
一方、狹狹城山君韓帒宿禰は押磐皇子殺害に連座したことで誅されるところ、押磐皇子と佐伯部賣輪の墓守とされ、籍帳とは、官籍を削って賤民となすことと注され、律令時代の認識を持ちこんで処分をしたと記した。山部連に隷けたとは、誰に隷属したのか不明、小楯とするむきがあるが、吉備に放逐されては墓守は不可。置目の功により狹狹城山君の氏は倭帒宿禰に引き継がせたとする。弟の配下となったといふことなのか、不明。

二年春三月(やよひ)上巳(かみのみのひ) 幸後苑(みその)曲水(めぐりみづ)(とよのあかり) 是時 喜(ねむごろ)集公卿大夫(まへつきみたち) 臣(おみ)(むらっじ)(くにのみやつこ)(とものみやつこ) 爲宴 群臣頻(しきりに)稱萬歳(よろこびまうす) 

二年の春三月の上巳(486.03.03)に、後苑に幸して、曲水の宴きこしめす。是の時に、喜に公卿大夫、臣、連、國造、伴造を集へて、宴したまふ。群臣、頻に稱萬歳す。

二年続けて曲水の宴を行った。前年六月には、避暑殿に幸して、奏樂
(うたまひきこす)ともあった。書紀や古事記には記されていないが、宋へ叙授を求める使者の派遣、叙任の使者の饗宴を繰り返す間に、中国の朝廷の政(まつりごと)に、詩や禮樂といふものが欠かせないことを渡来の漢人から学び始めていたのであろう。後漢書 東夷列傳には、「建武中元二年、倭の奴國、奉貢朝賀す。使人、自ら大夫と稱す。倭國の極南界なり。光武、印綬を以って賜う。」とあり、この時代から外交において、大夫といふ言葉を使っていたようである。公卿大夫といふ制度はなくとも、言葉だけは先行していたのかもしれない。

秋八月(はつき)己未(つちのとのひつじ)(ついたちのひ) 天皇謂(かたる)皇太子(ひつぎのみこ)億計(おけのみこ)(のたまふ) 吾父(かぞ)先王(うしのきみ)無罪(つみましまさず) 而大泊瀬天皇(おほはつせのすめらみこと)射殺 棄骨郊野(のら) 至今未獲 憤歎盈懷 臥泣 行號(ゆくゆくおらぶ) 志(おもふ)(きよめる)讎耻(はぢ) 吾聞 父之讎(あた)不與共(ともに)戴天 兄弟(このかみおとと)之讎不反(かへす)(つはもの) 交遊(とも)之讎不同國 夫匹夫(いやしきひと)之子 居(ゐる)父母(かぞいろは)之讎(あた) 寢苫(とま)枕干(たて)不仕 不與共國 遇諸市朝(いちみやこ) 不反兵而便(すなはち)(たたかふ) 況吾立爲天子(みかど) 二年(ふたとせ)于今(ここ)矣 願壞(こほつ)其陵 摧(くだく)(かばね)投散(なげちらす) 今以此報 不亦孝(おやにしたがふ)乎 皇太子億計 歔欷(なげく)不能答 乃諌(あさむ)(のたまふ) 不可(あたらず) 大泊瀬天皇(おほはつせのすめらみこと) 正(ただす)(ふさねる)萬機(よろづのまつりごと) 臨照天下(あめのした) 華夷(みやこひな)(よろこぶ)(あふぐ) 天皇之身(みみ)也 吾父先王 雖是天皇之子(みこ) 邁(あふ)迍迍(なやましき) 不登天位(あまつひつぎ) 以此觀之 尊卑(たかきいやしき)(これ)(こと) 而忍壞(こほつ)陵墓(みさざき) 誰人主(きみ)以奉(つかふ)(あめ)之靈(みたま) 其不可毀(こほつ) 一(ひとつ)也 又天皇與億計 曾(いむさき)不蒙(かうぶる)白髮天皇厚寵(うつくしび)(ことなる)(めぐみ) 豈臨寶位(たかみくら) 大泊瀬天皇 白髮天皇之父(かぞ)也 億計聞諸(もろもろ)老賢(としたかきさかしきひと) 老賢曰(いふ) 言(こと)無不詶(むくいる) コ(いきほひ)無不報(こたふ) 有恩(めぐみ)不報 敗(やぶる)(ひと)之深者也 陛下(すめらみこと)(しろす)國 コ行(いきほひわざ)廣聞於天下 而毀陵 飜(かへる)見於華裔(みやこひな) 億計(おけ)恐 其不可以莅(のぞむ)國子(やしなふ)(おほみたから)也 其不可毀 二(ふたつ)也 天皇曰 善哉 令罷(やめる)(えだち) 

秋八月の己未の朔(486.08.01)に、 天皇、皇太子億計に謂りて曰はく、「吾が父先王、罪無。而るを大泊瀬天皇、射殺し、骨を郊野に棄て、今に至るまでに未だ獲ず。憤り歎くこと懷に盈てり。臥しつつ泣き、行く號びて、讎耻を雪めむと志ふ。吾聞く、父の讎は與共に天を戴かず。兄弟の讎は兵を反さず。交遊の讎は國を同じくせずと。夫れ匹夫の子は、父母の讎に居て、苫に寢、干を枕にして仕へず。國を與共にせず。諸市朝に遇へば、兵を反さずして便ち鬪ふ。況むや吾立ちて天子たること、今に二年。願はくは、其の陵を壞ちて、骨を摧きて投げ散さむ。今、此を以て報いなば、亦、孝にあらざらむや。」 皇太子億計、歔欷きて答ふること能はず。乃ち諌めて曰はく、「不可。大泊瀬天皇、萬機を正し統ねて、天下に臨み照したまふ。華夷、欣び仰ぎしは、天皇の身なり。吾が父の先王は、是れ天皇の子たりと雖も、迍迍に邁遇ひて、天位に登りたまはず。此を以て觀れば、尊卑惟別なり。而るを忍びて陵墓を壞たば、誰を人主としてか天の靈に奉へまつらむ。其の毀つべからざる、一なり。又天皇と億計と、曾に白髮天皇の厚き寵、殊なる恩に遇ふこと蒙らざりせば、豈寶位に臨まむや。大泊瀬天皇は、白髮天皇の父なり。億計、諸の老賢に聞きき。老賢の曰ひしき、「言として詶いざるく、コとして報へざるは無し。恩有りて報へざるは、俗を敗ること深し。」 陛下、國を饗しめして、コ行、廣く天下に聞ゆ。而るを陵を毀ち、飜りて華裔に見しめば、億計、恐るらくは、其れ以て國に莅み民を子ふべからざらむことを。其の毀つべからざる、二なり。」天皇の曰はく、「善きかな。」 役を罷めしめたまふ。

終わったはずの話を持ち出したのは奇異であるが、志雪讎耻を導くためのこと。耻は恥の俗字。讎は仇
(かたき)のこと。讎に被った恥を雪(すすぐ)を志す。注によれば、芸文類聚、人部、報讎所引の「礼記(らいき)に曰く、父母の讎(あだ)、與に共に天を戴かず。兄弟(けいてい)の讎、兵を反らず。交游の讎、國を同じうせず。」「父母の讎に居れば、苫に寢、干を枕にして仕へず。國を與に共にせず。によるとある。中国人の考え方では、父母の仇とは、仇を殺すか、自分が殺されるか、共に天を載くものでないとする。兄弟の仇は、見つけてから兵器を取りに返ることなきよう、即座に討てるように兵器を携えておく、友人の仇は、国を同じくしない。死んでおれば、仇の墓は暴いて怨みを晴らす。匹夫の子でも、父母の仇が居れば、ムシロに寝、盾を枕にして仕えずとは、家を出て機会を伺い、出くはせば市場であれ朝廷であれ即座に戦ふ。天子となって二年、讎の大泊瀬天皇(雄略天皇)は既に崩御、かくなるうえは墓を暴き、骨を砕き投げ捨てることこそが親孝行ではないか、と弘計天皇が兄の億計王に申された。親の仇を討つことを善しとすることは、日本(やまと)も同じであるが、中国においては長い王朝興亡の歴史において成立してきた禮がある。宗族を基本とする中国の貴族にあって父母を殺されるとは先祖からの継承を損なはれるものであり、人で言えば五体の重要な部分を損なふ親不幸である。親不幸を雪ぐ方法が禮として成立している社会にあっては、形式を整へて済ますことが可能であり、怨みに駆られて相手を殺すことを推奨するものではない。
皇太子億計は墓を暴いてはならぬと諌めた。萬機とはよろずの政務、帝王の政務、大泊瀬天皇は萬機を正しく統べ、天下に臨まれた。華夷は、都と辺境で天下のこと。民が仰いだのは天皇である大泊瀬皇子。父、市邊押磐皇子は去來穗別天皇の皇子であるが、天位に登ることはなかった。大泊瀬皇子の尊く、押磐皇子の卑きこと相違がある。卑き者が尊き者の墓を暴くは、天の靈を奉ることはできない。また、大泊瀬天皇の子の白髮天皇の厚き寵、殊なる恩により、寶位にある。その大恩ある天皇の父の墓を損なってはならぬ。更に、老賢の助言を求めた。芸文類聚、人部、報恩に、
「毛詩に曰く、言(こと)詶いざる無く、コ報いざる無し。」また、人部、諌に、「晏子曰く、・・・民を賊すること深き者なり。君、国を饗(う)け、コ行未だ衆に見ず、而して刑辟(けいへき:つみ)国に著(あらは)る。嬰(晏子:晏嬰:私は)恐る、其れ以て國に莅み民を子とすべからず。公曰く、善し。守槐の役(宰相)を罷(や)む。」とあり、これを変形したと注される。詶は酬、言葉で酬いる(感謝する)こともなく、徳で報いることもない。上に立つ者がそういふことであれば、民の俗をも深く害する。今、恩人の父の墓を暴けば、天下に臨んでどうして民の心を養ふことができようか。天皇はこれを善しとして、役の任を罷めさせた(墓を暴くことを止めさせた)
これは、先に、弘計王が、
「石の上 振の~榲 【榲 此をば須擬(すぎ)と云ふ】 本伐り 末截ひ 【伐本截末、此をば謨登岐利須衞於茲婆羅比(もときりすゑおしはらひ)と云ふ。】 市邊宮に 天下治しし、天萬國萬押磐尊(あめよろづくによろづおしはのみこと)の御裔(みあなすゑ)、僕らま」で「市邊宮に 天下治しし」と述べたことは一体何であったのか。皇太子億計は「天位に登らず」としている。このあたりの伝承は実にあいまいである。

古事記に、
「初め天皇、難(わざはひ)に逢ひて逃げたまひし時、その御粮(みかれひ)を奪ひし猪甘(ゐかひ)の老人(おきな)を求めたまひき。こを求め得(え)て、喚上(めさ)げて、飛鳥河の河原に斬りて、皆その族(うがら)の膝の筋(すぢ)を斷ちたまひき。ここをもちて今に至るまで、その子孫(うみのこ)、倭に上(のぼ)る日は、必ず自(おのずか)ら跛(あしなへ)くなり。故、よくその老(おきな)の在る所をしめき。故、其地(そこ)を志米須(しめす)と謂ふ。

天皇、深くその父王
(ちちみこ)を殺したまひし大長谷の天皇を怨みたまひて、その靈(みたま)に報(むく)いむと欲(おも)ほしき。故、その大長谷の天皇の御陵を毀(こぼ)たむと欲(おも)ほして、人を遣はしたまふ時、その同母兄(いろせ)意祁(おけ)の命、奏言(まを)したまひしく、『この御陵を破(や)り壞(こぼ)つは、他人(あたしびと)を遣はすべからず。專(もは)ら僕自(あれみづか)ら行きて、天皇の御心の如く、破り壞(こぼ)ちて參出(まゐで)む』とまをしたまひき。ここに天皇詔りたまひしく、『然らば命(みこと)の隨(まにま)に幸行(い)でますべし』とのりたまひき。ここをもちて意祁の命、自ら下(くだ)り幸(い)でまして、少(すこ)しその御陵の傍(かたへ)を掘りて、還り上りて復奏(かへりごとまを)したまひしく、「既に堀り壞(こぼ)ちぬ」とまをしたまひき。ここに天皇、その早く還り上らししことを異(あや)しみて詔りたまひしく、『如何(いかに)か破(や)り壞(こぼ)ちたまひぬる。』とのりたまへば、答へて白したまひしく、『少しその陵の傍(かたへ)の土を掘りつ。?とまをしたまひき。天皇詔りたまひしく、『父王の仇(あた)を報いむと欲(おも)へば、必ず悉にその陵を破り壞たむに、何(なに)しかも少し掘りたまひつる。』とのりたまへば、答へて曰(まを)したまひしく、『然(し)かせし所以(ゆゑ)は、父王の怨みをその靈に報いむと欲(おも)ほすは、これ誠に理(ことわり)なり。然れどもその大長谷の天皇は、父の怨みにはあれども、還りては我(わ)が從父(をぢ)にまし、また天の下治らしめしし天皇なり。ここに今單(ひとへ)に父の仇といふ志を取りて、悉に天の下治らしめしし天皇の陵を破りなば、後の人、必ず誹謗(そし)らむ。ただ父王の仇は報いざるべからず。故、少しその陵の邊を掘りつ。既に是(か)く恥(はぢ)みせつれば、後の世に示すに足らむ。』とまをしたまひき。かく奏(まを)したまへば、天皇答へて詔りたまひしく、『こもまた大(いた)く理(ことわり)なり。命(みこと)の如くにて可(よ)し』とのりたまひき。故、天皇崩りまして、すなはち意祁の命、天津日繼知らしめしき(岩波文庫)。」とある。父が殺され逃げる時、山代の苅羽井(かりばゐ)で粮を奪はれた面黥(まさ)ける老人(おきな)、猪甘の老人を召し上げて飛鳥河の河原で斬り、その族の膝の筋を断ったとある。古事記は尊卑などといふ妙な理屈を持ち出す書紀とは異なり、父の霊に報いるために、大長谷天皇の御陵を暴いたとする。天皇(袁祁)は、人を遣はし暴こうとしたのを、意祁は自ら行うべしと、下行したが御陵の傍らを掘り起こすのみに止めた。天皇(袁祁)は、父の怨み、その霊に報いるには御陵を悉く暴かねばならぬに何故かと問ふ。意祁は、霊に報いるは理であるが、大長谷天皇は従父であり天皇である。もし、ひたすらに仇といふ心を優先し、天下を治めた天皇の御陵をすべて暴くなら、逆に、後の人はこれを謗ろう。しかし、霊に報いねばならぬ、それで、御陵の傍らを掘り、恥を雪ぐといふ心を示した。天皇(袁祁)は、それも理であり、可しとされた。見事に禮が為されている、そういう素地がこの国には早くからあったといふことであろう。

九月
(ながづき) 置目(おきめ)老困(くるしぶ) 乞(まうす)還曰(まうす) 氣力(いきちから)衰邁(すぐ) 老耄(おいほれ)虚羸(うつけつかれる) 要假(たとひ)(かかる)(なは) 不能(ありく) 願歸(かへりまかる)桑梓(もとつくに) 以送厥(その)(をはり) 天皇聞惍痛(いたむ) 賜物千段(ものちむら) (あらかじめ)傷岐(わかる)路 重感(なげく)難期(あふ) 乃賜歌(みうた)(のたまふ) 於岐毎慕與(おきめもよ) 阿甫瀰能於岐毎(あふみのおきめ) 阿須用利簸(あすよりは) 瀰野磨我倶利底(みやまがくりて) 彌曳孺疲譜「羅牟(みえずかもあらむ) 

九月に、置目、老い困びて、還らむと乞して曰す、「氣力衰へ邁ぎて、老い耄れ虚け羸れたり。要假繩に扶るとも、進み歩くこと能はず。願はくは、桑梓に歸りて、厥の終を送らむ。」 天皇、聞しめし惍痛みたまひて、物千段賜ふ。逆め路を岐れむことを傷みて、重ねて期ひ難きことを感きたまふ。乃ち歌賜ひて曰はく
 
於岐毎慕與 阿甫瀰能於岐毎 阿須用利簸 瀰野磨我倶利底 彌曳孺疲譜「羅牟
 
置目(おきめ)もよ 近江(あふみ)の置目(おきめ) 明日(あす)よりは み山隠(やまがく)りて 見(み)えずかもあらむ

古事記では、
ここに置目の老媼、白しけらく、『僕(あ)は甚(いと)老いにき。本(もと)つ國に退(まか)らむと欲(おも)ふ』とまをしき。故、白しし隨(まにま)に退(まか)る時、天皇見送りて歌ひたまひしく、

 置目もや 淡海
(あふみ)の置目 明日(あす)よりは み山隠(かく)りて 見えずかもあらむ (岩波文庫)

とある。置目は倭帒宿禰の妹であり、一般の老婆ではないが、韓帒宿禰の流れを引く者でもあり、一つ間違えばどうなっていたか分からない立場にあった。これを厚遇したという伝承は余程印象的な出来事であったようだ。大変な辛酸をなめた二人は、民の生活の実態に通じていた。それ故、正直に申し出た老婆をことのほか厚遇した、その噂が流布をした。その置目が近江に帰って後に、猪甘の老人を処罰し、墓の一部を壊したという古事記の方が、置目に対する配慮が感じられ、置目への歌の心も素直に聞ける。桑梓に帰るも中国の俗。孟子、梁恵王章句上に曰く、「五畝の宅、之に樹るに桑を以てせば、五十の者以て帛を衣る可し。」これは、「詩経」小雅・小弁により、家に桑と梓を植へ、父母を敬い、ふるさとを思うことによる。

冬十月(かむなづき)戊午(つちのえうま)朔癸亥(みづのとのゐのひ) 宴(とよのあかりす)群臣(まへつきみたち) 是時 天下(あめのした)(やすし)(たひらかにす) 民(おほみたから)無徭役(さしつかはることなし) 歳比登稔(とししきりにとしえる) 百姓(おほみたから)殷富(さかりにとむ) 稻斛(いねひとさか)銀錢一文(しろかねのぜにひとつ) 馬被(ほどこれる)

冬十月の戊午の朔癸亥に、群臣に宴したまふ。 是の時に、天下、安く平にして、民、徭役はるること無し。歳比に登稔て、百姓殷に富めり。稻斛に銀錢一文をかふ。馬、野に被れり。

後漢書、明帝紀をもってこれを修飾した。
「是の歳、、天下、安平にして、人、徭役(ようえき;雑徭歳役)無し。歳(みのり)(密)にして登稔(とうじん)し、百姓殷に富めり。粟斛三十、牛羊、野に被れり。」歳比は実りが沢山あること、登稔は穀物が成熟すること。斛(こく)は容量の単位、斗の十倍、一石。稲一石が銀銭一文に相当した。この時点では銀銭は無かったと注される。日本で最初に鋳造発行された和同開珎は708年であり、この銀銭が日本(やまと)で発行されたものでないことは確かである。魏志倭人伝の時代の対馬においても中国の貨幣が発掘されており、交易に貨幣を用ゐることは早くから行はれ、鉄は農具武器のみならず、貨幣の役割を果たしていたこともすでにみた。この時代、宋との交易、半島経由の漢人の渡来が多々あり、中国貨幣に対する認識は高まっていたはずで、商品の換算上の認識として銀銭一文と相当するといふ観念があって不自然とは思へない。

三年春二月(きさらぎ)丁巳(ひのとのみ)(ついたちのひ) 阿閉臣事代(あへのおみことしろ)(うく)(おほみこと) 出使(つかひす)于任那(みまな) 於是 月~(つきのかみ)(かかる)人謂(かたる)之曰(のたまふ) 我(みおや)高皇(たかみむすひのみこと) 有(ます)(そふ)(あふ)(いたす)天地(あめつち)之功(いさをし) 宜以民地(かきところ) 奉(つかまつる)我月~ 若(もし)(まま)(こひ)獻我 當(さいはひ)(よろこび) 事代由是 (みやこ)(つぶさに)(まうす) 奉(つかまつる)以歌荒樔田(うたあらすだ) 【歌荒樔田 在山背國(やましろのくに)葛野郡(かどののこほり)也】 壹伎縣主(いきのあがたぬし)(とほつおや)押見宿禰(おしみのすくね)(つかふ)(まつり) 
三月
(やよひ)上巳(かみのみのひ) 幸(いでます)後苑(みその) 曲水(めぐりみづ)(とよのあかり)
夏四月(うづき)丙辰(ひのえたつ)(ついたち)庚申(かのえさるのひ) 日~(ひのかみ)(かかる)人 謂阿閉臣事代曰 以磐余(いはれ)田 獻(たてまつれ)高皇産靈 事代便(すなはち)(まうす) 依(ままに)~乞(こはし)獻田十四町(とをあまりよところ) 對馬下縣直(つしまのしもつあがたのあたひ)侍祠 ○戊辰(つちのえたつのひ) 置福草部(さきくさべ) ○庚辰(かのえたつのひ) 天皇崩(かむあがる)于八釣宮(やつりのみや) 

三年の春二月の丁巳の朔(487.02.01)に、阿閉臣事代、命を銜けて、出でて任那に使す。是に、月~、人に著りて謂りて曰はく、「我が祖、高皇産靈、預ひて天地を鎔ひ造せる功有します。民地を以て、我が月~に奉れ。若し請の依に我に獻らば、福慶あらむ。」 事代、是に由りて、京に還りて具に奏す。奉るに歌荒樔田を以てす。【歌荒樔田は、山背國の葛野郡に在り。】 壹伎縣主の先祖押見宿禰、祠に侍ふ。
三月上巳
(03.03)に、後苑に幸して、曲水の宴きこしめす。
夏四月の丙辰の朔庚申
(04.05)に、日~人に著りて、阿閉臣事代に謂りて曰はく、「磐余の田を以て、我が祖高皇産靈に獻れ。」 事代、便ち奏す。~の乞の依に田十四町を獻る。對馬下縣直、祠に侍ふ。○戊辰(04.13)に、福草部を置く。 ○庚辰(04.25)に、天皇、八釣宮に崩りましぬ。

阿閉臣は、大日本根子彦國牽天皇
(孝元天皇)七年条書紀巻4に記述される、鬱色謎命の間の大彦命の子孫。大彦命は四道将軍の一人で北陸に派遣され、「阿倍臣、膳臣、阿閉臣、狹狹城山君、筑紫國造、越國造、伊賀臣、凡て七族の始祖」とあった。銜は馬の”くつわ”で、物を口に含むから、”うけたまはる”こと。阿閉(あへ)は饗(あへ)であり、この任那への派遣は、軍事的なものではなく、祭祀、饗宴の儀式に関するものであったと思はれる。
阿閉臣事代が、道中、壱岐で亀卜を行ふ宮を訪れたときであろうか、その神職か巫女に、月~が憑依して、民地
(部民と土地)を奉れ。そうすれば、福慶があるだろうと告げた。高皇産靈を祖とする月~といふ。「延喜式神名帳」に掲載される「壱岐郡月読神社」の祭~とされる。このことを近飛鳥八釣宮に報告すると、その条件を容れて、歌荒樔田(うたあらすだ)を奉ろうとなった。日に対する月、對馬に対する壱岐、飛鳥に対する山背とでもなるのか、山背國の葛野郡にある部民と田を奉った。”うた”は宇田(良い土地)、これを歌とし、”あらす”は生(あ)らす、これを荒樔としている。月~を祭るにふさわしい何かがあった。荒洲、「未開拓な中洲に開かれた田」でもあり、洪水に沈みやすい中洲は神の領分とされ、無税の神田が開かれ、そこからの収穫物は聖域の整備に充てられた高橋秀元氏、編集工学研究所ともあり、大堰川沿いであろうが、上野村、桂里、有栖川流域など諸説があり、特定されていない。壱岐で月~を祭っていた~職が招かれ押見宿禰の姓を賜った。葛野坐月読神社(京都市西京区松室山添町)の起源であり、亀卜がもたらされたとされる。中国では殷の時代から甲骨を使って卜占が行はれており、我が国にも骨を使う方法が伝はっており、魏志倭人伝に、「骨を灼(や)きて卜し、以て吉凶を占い、先ず卜する所を告ぐ。その辞は令亀の法の如く・・・」とある。鹿の肩甲骨を用ゐるものを太占(ふとまに)と称した。
三年連続で曲水の宴が記されており、儀式や歌舞に対する関心が高まっており、同様に、亀卜への関心が高まっていたのであろう。
阿閉臣事代が、對馬の亀卜の宮を訪れると、今度は、日~が磐余の田を高皇産靈に獻るよう告げられた。高皇産靈が對馬の高御魂神社に祭られていた。このとおりに磐余に田十四町を獻り、~職が對馬の下縣より招かれ對馬下縣直を賜った。對馬下
(津島)縣直は、亀卜に秀でた族である。その地は、式内・目原坐高御魂神社(橿原市)に比定されている。延喜式・臨時祭の条に、「卜部は三国の卜術に優れた長者を取る(伊豆五人・壱岐五人・對馬十人)」とある。福慶とは結局、中央政権が亀卜を導入しえたこととしか読めず、その起源となった伝承とみるほかあるまい。太占にない卜占であったと思はれる。河圖洛書は殷の前の夏の禹の時代のことで、相当古いが、易の考え方が加はり、高度化していたのであろう。「河(黄河)、圖(黄河の亀の甲羅の文様)を出し、洛(洛水)、書(洛水の亀の甲羅の文様)を出して、聖人之に則る。(易経「繋辞伝」:圖書と易にとりこまれていた。上述の高橋氏によれば、河圖は天文、洛書は地文を表し、その割れ目で占ふものであるが、天文学が発展すると、亀卜は地文の占いに用ゐられるようになったそうである。また、對馬や壱岐においては、海亀であり、淡水亀の甲羅の文様とは異なり、その亀卜は、中国のものとは異なるそうである。葛野や磐余に導入された亀卜集団は、後世に中臣氏に吸収されたともある。
さて、古事記は、
「天地初めて發(ひら)けし時、高天(たかま)の原に成れる神の名は、天之御中主神(あめのみなかぬし)の神。 次に高御産巣日(たかみむしひ)の神。 次に神産巣日(かみむすひ)の神。 この三柱の神は、みな獨神(ひとりかみ)と成りまして、身を隱したまひき。」とする。書紀は、國常立尊(くにのとこたちのみこと)、國狹槌尊(くにのさつちのみこと)、豐斟渟尊(とよくむぬのみこと)の三~、獨り~で男~が、この順番で天地の中に生まれたとしており、一書に、「天地初めて判るるときに、始めて倶(ともに)(なりいづ)る~有(ま)す。國常立尊と號(まう)す。次に國狹槌尊。又曰く、高天原(たかまのはら)所生(あれ)ます~の名(みな)を天御中主尊(あまのみなかぬしのみこと)と曰す。次に高皇産靈尊(たかみむすひのみこと)。次に~皇産靈尊(かむみむすひのみこと)。皇産靈、此をば美武須毘(みむすひ)と云ふ」と伝へている。この一書は、天地が初めて別れたとき、地では國常立尊と國狹槌尊が、高天原では天御中主尊と高皇産靈尊ならびに~皇産靈尊がともに出現したという解釈であり、天御中主尊と高皇産靈尊は伊奘諾尊伊奘冉尊とは別系統とする考へ方があった。天照大~が岩戸に御隠れになられたとき、高皇産靈尊の子、思兼~が知恵を出し、岩戸の前で歌舞饗宴を行ひ、天照大~が覗こうとされたところ、手力雄~が岩戸を開けるといふことがあった。大国主命に国譲りを納得させたのも、瓊瓊杵尊を眞床覆衾にくるみ天から地へ降ろされたのも、丹生の川上で磐余彦(~武天皇)に降りて天下の平定を約されたのも高皇産靈尊であり、節目において困難を打開される役割を担ふ~であった。預(そ;〜と並んで)ひて天地を鎔(あ:型にいれて鋳造する)ひ造(いた)せる功とは、國常立尊と國狹槌尊に並んで、天地を形作った功績といふことになろう。日~と月~は地上で生れられ、天上に上げられた~であるが、高皇産靈は天地が別かれたときに生まれられた~で立場が異なり、高皇産靈が自らの意志で地上に降りられたといふ話は書紀にはない。月~ともども、いつの間に對馬に降りておられたのか、これは書紀の伝承とは異なる。
書紀は、また、古事記とは異なり、伊奘諾尊と伊奘冉尊の二人が、日~、別名、大日
(おほひるめのむち)、天照大~(あまてらすおほみのかみ)、天照大日(あまてらすおほひるめのみこと)、そして、月~、別名、月弓尊(つくゆみのみこと)、月夜見尊(つくよみのみこと)、月讀尊(つくよみのみこと)、続いて、蛭兒(ひるこ)を生んだとしている。天照大~は従来、倭大國魂とともに、天皇の大殿の内に並び祭られていたのであるが、御間城入彦五十瓊殖天皇(崇~天皇)の時書紀巻5、双方にとって居心地が悪く、天照大~に関しては、豐鍬入姫命に託け、倭の笠縫邑に祭られた。しかし、天照大~はこれに満足されず、活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)廿五年条書紀巻6に、最終的に自らの意志で伊勢國に降りられた。~話とて現実を反映する。当時天照大~は国の中心に降りていただく位置にはおられなかった。御間城入彦五十瓊殖天皇、活目入彦五十狹茅天皇の時代、纒向における主~は三輪の大物主~であり、長きに亘り、倭姫命が諸国をめぐり天照大~を祭る地を探し求められたと伝へている。国譲りの後といふに、瓊瓊杵尊が降りられたのは、譲られた国の中心ではなく九州であったようなものだ。
では、對馬や壱岐に降りておられた月~、日~、高皇産靈とは如何なる~であったのか?常識的には、古事記や書紀に記される以前からおられた~で、月~、日~、高皇産靈に置き換えられた~とでもいう他あるまい。
「縄文時代から月神は農神、植物神として地上の一切を司る「地母神」としてして深く信仰され、特に誕生と死が、月の引力と潮の干満とが深くかかわる事が認識され、人体のほとんどが水分で占められ体内の水分が月の引力が影響を受ける事などから女神であったように思われます。また、後世には男神となり月讀尊は潮の八百重(やほへ)を治すべし(海を治めよ)に入れ変わっています。月神の変遷月読神社とあり、壱岐の月~は、地母~の系譜をもち、海人の伝承する~であったようだ。對馬における日~を、阿麻留神(あまてるかみ)としている。太陽信仰はどこにもある、卑弥呼の時代の對馬では、魏志倭人伝によれば、大官を卑狗(ひこ:日子)としている。對馬には、古い俗~に「おひでりさま」があり、原始的な日の~信仰で、照日の~といふのもあるそうだ。「おひでりさま」は、「神社の形式から外れていて、祭りも絶えた所が多く、名称も廃れかけているが、古い習俗をよく伝えてきた村もある。これはその名のごとく日照りの神で、禁忌に振れると祟りがきびしいという。神威の高い神だったに違いない。このお日照りの神と、天照る神と、照日の神は、もともと同じ神ではないかと思われる。それなのに天照神のみが官社となり、お日照り様は俗神として神社の列にさえ入らず、また照日の名は伝説の中に埋もれてしまった<’つ’の研究(3)継続>『海神と天神』永留久恵著 「街道をゆく」外伝。」といふ。「対州神社誌」の醴豆(つつ)郡醴豆村の条に、「高雄むすふの神。神躰石。 昔醴豆崎に浮候 うつお舟有り。猟船差寄見候得は、内に石ありて奇怪に光を以、取帰って祭るという俗説有り、不可考。 」とあり、「豆酸の俗称ではいまも”たかおむすぶ”という。これは古来の「高御魂」の訓みに違いなく・・・”ムスビ(イ)”という言葉には、産霊という言葉が宛られたように、神霊を産む働きが秘められている。ムスは「産す」ことで、ヒは「霊(ひ)」と説かれている。・・・折口信夫は、ムスビとは霊魂を鎮呪することによって神を出現させることで、タカミムスビ・カミムスビの二神はこの鎮魂の秘術によって多くの神を産んだ創造の神であるという意味のことを述べている。・・・豆酸では現在も原始的な赤米の品種を連綿と伝え、厳格な神事としてこれを耕作し、その穀霊を祭っている。今ではこの天道神事に高御魂は直接関係しないようだが、古くは高御魂が無縁であったはずはない。たとえば新穀を俵に詰めて「魂」を入れる「神様作り」という神事があるが、この入魂の呪術こそ産霊(むすび)の神の本領だったはずであり、神仏習合の後に真言密教の作法に改まったものと思われる(前掲書)。」とされる。高雄むすふの神、神躰石が、對馬における高皇産靈となる。
想像するに、中央政権はこの~託にどう対応するか熟慮されたことであろう。天照大~はすでに伊勢に降りておられ、對馬に降りておられる日~は天照大~ご自身ではあるまい。お近い~との~違いではあるまいか。壱岐の話と合はせると、月~と日~の祖、高皇産靈といふはその通り、阿閉臣事代が念入りに確認をしているはずで、~託には間違いはなく、実現せねばなるまい。しかし、一体、何処に部地を設け、誰が祭るのか?天皇家がその祖先としてとして祭るわけにはまいらぬ。部地を与へることはいいが、ここは、對馬と壱岐でその~を祭っている~職を招き祭らせる他あるまい。時がたち、我らの~となるをまつにしくはなし、とでもなろうか。「続日本紀」大宝元年
(701)条には、「勅により月読神、樺井神、木島神、波都賀志神等の神稲は今より以後中臣氏に給へ」とあり、磐余に高皇産霊神を祀った対馬下県直の末裔も、大宝律令制定以降、中臣氏に吸収されたといふ。
壱岐の高御魂神社自体も、
「橿原の朝高皇産靈尊の五世の孫津島県直建弥己々命に詔して天神地祇を祭らせ給ふ処にして神功皇后三韓に向ひ給ふ時行宮を定められ御親ら戦捷祈願し給ひし社なり、高皇産靈を祀る社は全国にも稀にして佐護の神皇産靈を主基の宮、本社を悠紀宮として上古由緒ある社にして顕宗天皇三年四月、上より神田十四町を献上せられた。神事造営は上より行はれ国主の崇敬篤き社なり。延喜式神名帳に載る名神大、高御魂神社は是の社なり玄松子。」とあり、高皇産霊尊の五世孫、建弥己己(たてみここ)命、対馬県直に祭らせ給ふ処、神田十四町を賜ったのはこの地とした。阿麻留神社は、「天日神命(ヒニミタマ;ヒノミタマか?)。津嶋縣直の祖神として、『神名帳考證』にも「阿麻氏留神是天日神命也」とあり、『特撰神名牒』は、山城の天照御魂神社、丹波の天照玉命神社等と同じく、当社も天照國照彦火明命なるべし、と考定してゐる。阿麻氏留といふのは天照であり、それは本来この地方の神名で、「天照神」だつたのではないか。それはまた照日神(テルヒノカミ)とも称したことは、『対馬神社誌』に明らかである−『式内社調査報告』−玄松子。」となった。つまり、天照大~でなく、天日神命(あめのひのかみのみこと)でそれは天火明命(あまのほのあかりのみこと:天忍穗根尊と高皇産靈尊の女(むすめ)、栲幡千千姫萬幡姫命との子)、別名に天照国照彦火明命(あまてるくにてるほのあかりのみこと:天忍穗耳尊と高皇産靈尊の女、天萬栲幡千幡姫との子)とあり、この~とするようになった。また對馬と関連を深めた物部氏は、「先代旧事本紀」において、それは天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあまのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)とした。
福草部は三枝部でもあり、新撰姓氏録に、
「三枝部連は額田部湯坐連の同祖、天津彦根命十四世の孫、建己呂(たけころ)命の後なり。顕宗天皇の御世、諸氏に饗を賜り、時、宮の庭に有る三茎の草を献る。因みて姓、三枝部造を賜る。」とある。名代部と注される。これは、サルノコシカケ科マンネンタケ、霊芝のことで、薬草、「宮庭に茎が三枝に分かれたマンネンタケが生え、これを天皇へ献上すると大変喜ばれ、献上者にさえぐさべのむらじ三枝部連という姓を与えた中冨記念くすり博物館だより ともある。
天皇が、八釣宮で崩御された。古事記は、
天皇の御年、參十八歳(みそぢまりやとせ)。天の下治らしめすこと八歳(やとせ)なりき。 御陵は片岡の石坏(いはつき)の岡の上にあり。とする。古事記は珍しく年齢を記している。38歳で八年の治世であり、即位が30歳となる。書紀は治世が三年でありこれを適用すれば35歳の即位となる。市邊押磐皇子が殺されたのは穴穂天皇(安康天皇)三年(456年)であり、487-456=31、31年前のこと、そのときに七歳くらいであられたことになる。

是歳 紀生磐宿禰(きのおひはのすくね) 跨(あふどこぶ)(よる)任那(みまな) 交通(かよふ)高麗(こま) 將西(にしのかた)(きみたる)三韓(みつからのくに) 整脩宮府(みやつかさ) 自稱(なのる)~聖(かみ) 用任那左魯(さる)那奇他甲背等(なかたかふはいら)(はかりごと) 殺百濟(くだら)適莫爾解(ちゃくまくにげ)於爾林(にりむ) 【爾林高麗(こま)(ところ)也】 築(つく)帶山城(しとろもろのさし) 距(ふせく)(まもる)東道(やまとぢ) 斷(たへる)(はこぶ)(かて)津 令軍(いくさ)飢困(うゑくるしぶ) 百濟王(こきし)大怒 遣(つかはす)領軍(いくさ)古爾解(こにげ) 内頭(ないとう)莫古解等(まくこげら) 率(ゐる)(いくさ)(おもぶく)于帶山(しとろもろ)攻 於是 生磐宿禰(おひはのすくね) (いくさ)(さかうつ) 膽氣(いきほひ)益壯(ますますさかり) 所向皆破 以一(ひとり)(あつ)(ももたり) 俄(しばらく)而兵(つはもの)盡力竭 知事不濟(なる) 自(より)任那歸 由是 百濟國殺佐魯那奇他甲背等三百餘人

是歳、紀生磐宿禰、任那に跨び據りて、高麗に交通ふ。西に、三韓に王たらむとして、宮府を整へ脩めて、自ら~聖と稱る。任那の左魯、那奇他甲背等が計を用ゐて、百濟の適莫爾解を爾林に殺す。【爾林は高麗の地なり】 帶山城を築きて、東道を距き守る。粮運ぶ津を斷へて、軍をして飢ゑ困びしむ。百濟の王、大きに怒りて、領軍古爾解、内頭莫古解等を遣はして、衆を率て帶山に趣きて攻む。是に、生磐宿禰、軍を進めて逆撃つ。膽氣益壯にして、向ふ所皆破る。一を以て百に當つ。俄ありて兵盡き力竭く。事濟らざるを知りて、任那より歸る。是に由りて、百濟國、佐魯、那奇他甲背等三百餘人を殺す。

まずは、当時の周辺状況をみておこう。479年齊王、蕭道成が宋の後廃帝を殺害し、擁立した順帝に帝位を禅譲させ、南齊を開いたことは周辺国には衝撃であった。高句麗は、長壽王(巨l)の六十八(480)年、「夏四月、南齊の太祖、蕭道成、王に策して驃騎大將軍と爲す。王、使、餘奴等を遣はし、南齊に朝聘せしむ。(北)魏の光州人、海中に於いて餘奴等を得、闕(もん;宮城)に送る。魏の高祖、詔して王を責めて曰はく、『道成、親(みづか)ら其の君を弑し、竊(ぬす)みて江左(建康のこと)と號づく。朕、方(まさ)に滅國を舊邦に興し、劉氏に絶へたる世を繼がむと欲す(漢王朝を継承したい)。而れども卿は越境して外交し、遠く簒賊(さんぞく)に通ず。豈に是れ藩臣の守節の義、今、以て一過とせず卿の舊款(これまでの誠)に掩(ほご)し、即ち藩に送還す。其れ感恕思愆(おもいやりを感じあやまちを思ふ)して、明らかなる憲(のり)を祗(やすん)じて承け、所部を輯寧(しゅうねい:和らげ安んじる)し、動靜以て聞かむ。』(高句麗本紀、長壽王)とあった。蕭道成が北魏を牽制すべく高句麗を引きこもうと、驃騎大將軍を王に叙授したが、その答礼の使者が北魏に捕えられるという事態を招いた。北魏は蕭道成の正統性について異を唱へた。高句麗はかねてより北方の安定を計るため北魏へ、南方へ進出するためにも宋へと双方への朝貢を行っていた。宋に代わった南齊に特別肩入れしたものではない。長壽王が南齊から驃騎大將軍を叙任されたと聞いた百濟の東城王も、六年(484)条に「春二月、王、南齊の祖、道成 高句麗の巨lを冊し、驃騎大將軍と爲すを聞きて、使を遣し上表して内屬を請ふ、これを許す。秋七月、内法佐平(礼儀、儀式の担当)の沙若思(沙氏の若思)を遣し、南齊朝貢に如(ゆ)くも、若思、西海中に至りて、高句麗兵に遇ひて、進まず(百濟本紀第四、東城王)。」とあるごとく、南齊に朝貢したが、高句麗に入貢ルートを妨げられていた。
書紀によれば、大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)廿三(479)年条書紀巻14に、「百濟の文斤王、薨せぬ。天王、昆支王の五の子の中に、第二にあたる末多王の、幼年くして聰明きを以て、勅して内裹に喚す。親ら頭面を撫でて、誡勅慇懃にして、其の國に王とならしむ。仍りて兵器を賜ひ、并せて筑紫國の軍士五百人を遣はして、國に衞り送らしむ。是を東城王とす。是歳、百濟の調賦、常の例より益れり。筑紫の安致臣・馬飼臣等、船師を率ゐて高麗を撃つ。」とあった。書紀には記されていないが、倭王武が宋の順帝から「使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王」を叙任したところ、この政権が崩壊し、蕭道成は、宋の皇族の多くを殺しており、せっかく築いた人脈も崩れたことであろうし、武の叙任も色あせたものとなっていた。南齊書、倭国伝には、蕭道成が、「建元元年(479)進めて新たに使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事、安東大將軍に除す、倭王武は號して鎮東大將軍と為す。」とあるが、叙授の使者が武を訪れ、武が答礼の使者を派遣したかは分からない。高句麗の使者すら南齊に辿りつけない、百濟の使者は高句麗の阻止される、武が使者を派遣しても辿りつけたか分からない状況にあった。中国王朝が盤石であってこそ、その叙任は意味が有る。半島において、使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事、安東大將軍に任じられたことが、果たして実際如何ほどの効力があるのか?倭の側にもさまざまな議論があったことであろう。
新羅本紀 炤知麻立干、三年
(481)「三月 高句麗と靺鞨、北邊に入り、狐鳴(江原道金化郡)等七城を取る。又、彌秩夫(慶尚北道浦項市)に進軍す。我軍と百濟、加耶、援兵し、分道しこれを禦き、賊敗退す。追撃してこれを泥河(東海「江陵」市)の西に破り、千餘級を斬首す。」とあり、新羅は百濟と加耶の援軍を得て、高句麗の侵攻を撃退したとする。四年(482)に、「五月、倭人、邊を侵す。」、六年(484)に、「秋七月、高句麗北邊を侵し、我軍と百濟、母山城下(忠清北道鎮川郡/陰城郡陰城邑)に合撃し、大きにこれを破る。」、七年(485)に、「五月、百濟來聘す。」、八年(486)に、「夏四月、倭人邊を犯す。」とあり、百濟本紀、東城王、七年(485)「夏五月、使を遣はし新羅を聘す。」、八年(486)「三月、使を南齊朝貢に遣はす。」とあり、高句麗が新羅、百濟へと南下政策を強めており、新羅、百濟が結束し、加耶の援助も得て、これに対抗しており、倭は依然として新羅の辺境を犯していたとなろう。
このなかで、気になるのは、百濟本紀、東城王、十年
(488)に、「魏兵を遣はし來りて伐つ、我爲に敗れる所。」の記述である。百濟は、472年に北魏に朝貢し、高句麗を討つことを要請したものの、不調に終わり、以降朝貢を止めたといふ過去がある。伐つ相手が省かれているが、文意から高句麗であろう。この頃の北魏は幼い孝文帝を摂政する馮太后(ふうたいごう)が漢化政策を執り、宋から亡命してくる漢人を登用し、484年に俸禄制、485年には均田制、486年には三長制を導入し、孝文帝を始め子弟に儒教教育を徹底させたといふ。官僚たちに俸禄を与へ、民から勝手に取り立てて収入を図ることを禁止した。その上で、五家を隣、五隣を里、五里を党とし、それぞれに長(隣長、里長、党長;三長)をおき、彼らに戸籍の作成、租税の徴収を行わせる一方で、三長に免役の特権を与へた。穀物を植える田を露田(正田:栽培地、倍田:休耕地)、桑を植える田を桑田、麻を植える田を麻田と土地を分類し、男夫(15歳以上の男子)に露田80畝(正田40畝、倍田40畝)、桑田20畝あるいは麻田10畝、夫人(既婚女子)に正田20畝、倍田20畝、麻田5畝を与へ、夫婦に対して、租として粟2石、調として帛布1匹あるいは麻1匹布が課せられた。未婚の男性にはこの四分の一が課せられ、国の税収とされた。自立していない民、つまり荘園等の奴婢に関しても、適用され、耕牛にも、正田30畝・倍田30畝(4年間)が適用され、奴婢には八分の一、牛に対しては二十分の一が課せられた。また、園宅地として良人3人に1畝、奴婢5人に1畝が与へられたともあり、民、荘園を有する貴族からも国に税が入る仕組みを整へたとなろう。男夫は死ぬか70歳になると露田と麻田を国に返納せねばならず、夫人の場合は夫が死んり、離縁となると返還を迫られたようである。国の体制を大胆に変革をしていた。高句麗本紀、長壽王、七十六年(488)では、春二月、夏四月、秋閏八月に北魏に朝貢しており、北魏が百濟に派兵し、高句麗と戦う状況は想定しづらい。しかし、こういう記述がある以上、北魏が高句麗を牽制するようなことがあったのかもしれない。

さて、紀生磐宿禰は、大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)(465)年条書紀巻14、27年前に登場した紀大磐宿禰と注される。新羅で軍の統制を乱し、百濟に辿りつけず退却をしている。跨は、股にかけて越えると注される。阿閉臣事代同様任那に派遣されていたが、任那と高句麗両方に足をかけて、高句麗に通ったとある。三韓は馬韓、辰韓、弁韓、後の百濟、新羅、加羅諸国、三韓とは古めかしい表現をした。後漢書、光武紀の、「光武を以て司隷校尉を行ひ、前に官府を整へ修めしむ。」を引用したと注される。西とは日本(やまと)からすれば西。三韓に王たるに宮府を整へ脩め、とは一体どこに三韓に王たる政府を整へ脩めたのか?任那のことか?自ら~聖(かみ)と稱(なの)るも意味不明。高句麗と手を結び、百濟、新羅を平定し、その王になりたいといふことか?紀大磐宿禰はかなり独善的な人物と描かれていたが、一体如何なる成算があったのか、唐突な行動である。高句麗が南下政策をとり、百濟、新羅が協力してこれに対抗し、百濟の東城王は倭と距離を置き、南齊に朝貢し叙任を求め、倭は新羅を攻めるといふのが構図であり、百濟、新羅と倭は緊張関係にあったことにはかわりない。左魯は欽明天皇二(541)年七月条、五年三月条の左魯麻都等(さろまつら)の系図に連なる人物、左魯麻都等は任那を牛耳り、高句麗、新羅に通じていたともされ、その先祖の左魯も同じであったとみているのだろう。那奇他甲背等は、五年二月条で、奸偽を懐き誘り説く人物であったとしている。紀生磐宿禰は、左魯、那奇他甲背等に操られていたことになる。二人は計略を用ゐて、百濟の適莫爾解を爾林に殺した。適莫爾解は他に見えずと注される。「爾林は高麗の地」としており、帶山城を築きて、東道を距き守る、からすれば、全羅北道任実郡の爾林が該当し、高句麗の管轄下にあったことになる。「三国史記によるとこのとき高句麗は現在の大田付近まで進出していたようである。考古学的にも、大田付近に高句麗系の城の痕跡があり、西の熊津を圧迫している。聖王が扶余に都を移したのもそのような情勢が背景にあったのであろうが、大田付近の高句麗城が西の熊津に対していたなら、その背後の、錦江上流域は高句麗勢力下に有ったであろう。錦江をさかのぼり、蟾津江流域に入れば任実に近づける。その西には山岳地が有り、西海岸沿いの百済中枢域と区切られ、一種の回廊状の地域となっている。「爾林」が内応し、西や南に隣接する伽耶や慕韓が黙認するなら、高句麗兵の南下も可能であろう。ここはまさに、西の百済、東の伽耶、南の慕韓、北の高句麗の勢力の交わる地勢である。東道を守るとして顕宗紀で城の築かれた帯山(泰山)との位置関係も自然であ。錦江をさかのぼり、蟾津江を下って海に出る、半島中央の内陸の回廊状の地域こそが東道であり、各勢力の緩衝域でもあり、その小国分立の状況に乗じて、倭が軍事的に影響力を行使できた地域でもあったのであろう爾林pikupopodemiのジオログ。」とされる。左魯、那奇他甲背等と高句麗が結び合はせて、粮運ぶ津(港)を斷へて、軍を飢ゑさせた。百濟の王が、怒りて反撃に出た。百濟には中、東、西、南、北、の五方面領軍があり、古爾解は将軍であろう。内頭は六佐平の一、庫蔵事を掌すとあり、莫古解は文官であろう。衆を率て帶山を攻めた。是に、生磐宿禰、軍を進めて迎撃し、向ふ所皆破るも、兵盡き力竭き、任那より撤退した。これにより、佐魯、那奇他甲背等三百餘人は殺された、とあるが失はれた百濟本記に基づくものであり、百濟本紀、東城王にはその記載がない。あるのは、すでにみたように、十年(488)に、「魏兵を遣はし來りて伐つ、我爲に敗れる所。」の記述のみであった。

億計天皇  仁賢天皇

億計天皇 諱(ただのみな)大脚(おほし) 【更(また)(みな)大爲(おほす) 自餘(それよりほか)(もろもろ)天皇(すめらみこと)不言(まうす)諱字(ただのみな) 而(しかる)至此天皇 獨自(ひとりみづから)(しるす)者 據舊本(ふるふみ)耳】 字(あざな)嶋郎(しまのいらつこ) 弘計天皇(をけのすめらみこと)同母兄(いろね)也 幼(わかし)而聰(さとし)(すぐれ) 才(かど)(とし)(おほし)(さとり) 壯(をとこざかり)而仁惠(めぐみます) 謙(くだり)(なだめ)(やはらぎ)(うつくしび) 及(いたる)穴穗天皇(あなほのすめらみこと)(かむあがり) (わざはひ)於丹波國(たにはのくに)(よざのこほり) 白髮天皇(しらかのすめらみこと)元年(はじめのとし)冬十一月 播磨國司(はりまのくにのみこともち)山部(やまべのむらじ)小楯(をだて) 詣(まうでる)(みやこ) 白髮天皇 尋(つぐ)(つかはす)小楯 持(しるし)(ゐる)左右(もとこ)舍人(とねり) 至赤石奉 ○二年夏四月(うづき) (つひに)立億計天皇 爲皇太子(ひつぎのみこ) 【事(こと)(つまびらか)弘計天皇紀(みまき)也】 ○五年 白髮天皇崩(かむあがる) 天皇以天下(あめのした)讓弘計天皇 爲皇太子 如(ごとし)(もと) 【事具弘計天皇紀也】 ○三年夏四月 弘計天皇崩

億計天皇は、諱は大脚。 【更の名は、大爲。自餘の諸の天皇に諱字を言さず。而るを此の天皇に至りて、獨自ら書せることは、舊本に據れらくのみ】 字は、嶋郎。弘計天皇の同母兄なり。幼くして聰く穎れ、才敏くして識多し。壯にして仁惠まし、謙恕温慈ます。穴穗天皇の崩りますに及りて、難を丹波國の余社郡に避りたまふ。白髮天皇の元年の冬十一月に、播磨國司山部連小楯、京に詣でて迎を求む。白髮天皇、尋ぎて小楯を遣して、節を持ちて、左右の舍人を將て、赤石に至りて迎へ奉る。 ○二年の夏四月に、遂に億計天皇を立てて、皇太子としたまふ。【事、弘計天皇の紀に具なり。】 ○五年に、白髮天皇、崩りましぬ。天皇、天下を以て弘計天皇に讓りたまふ。皇太子と爲りたまふこと、故の如し。【事、弘計天皇の紀に具なり。】 ○三年の夏四月に、弘計天皇、崩りましき。

弘計天皇
(顯宗天皇)前紀に、億計王(おけのみこ) 更名嶋稚子(しまのわくご) 更名大石尊(おほしのみこ)とあった。諱(いみな)と字(あざな)は中国の風(俗)。諱は本名、孔子は本名を丘、字を仲尼といふ。本名でよべるのは親(年長)や位の上の人、通常は仲尼と呼ばれた。言霊信仰があり、本名を呪詛される恐れを避ける意味もあり、本名を忌む、いみな、ただのみな、とした。中国の諱字の風を導入した天皇と古い伝承があったようだ。 才敏、多識、仁恵、謙恕温慈、と儒家の政治思想を感じさせる。

元年
(はじめのとし)春正月(むつき)辛巳(かのとのみ)(ついたち)乙酉(きのとのとりのひ) 皇太子 於石上廣高宮(いそのかみのひろたかみや) 天皇位(あまつひつぎしろしめす) 【或本(あるふみ)云 億計天皇之宮 有二所焉 一宮於川村 二宮於縮見(しじみ)高野(たかの) 其殿(みあらか)柱至今未朽】
二月
(きさらぎ)辛亥(かのとのゐ)朔壬子(みづのえねのひ) 立前妃(さきのみめ)春日大娘皇女(かすがのおほいらつめのひめみこ)爲皇后(きさき) 【春日大娘皇女 大泊瀬天皇(おほはつせのすめらみこと) 娶(めす)和珥臣(わにのおみ)深目(ふかめ)之女(むすめ)童女君(をみなぎみ)所生(なす)也】 遂産(あれる)一男(ひこみこ)六女(ひめみこ) 其一(ひとり)(まうす)高橋大娘皇女(たかはしのおほいらつめのひめみこ) 其二(ふたり)曰朝嬬皇女(あさづまのひめみこ) 其三(みたり)曰手白香皇女(たしらかのひめみこ) 其四(よたり)曰樟氷皇女(くすびのひめみこ) 其五(いつたり)曰橘皇女(たちばなのひめみこ) 其六(むゆたり)曰小泊瀬稚鷦鷯天皇(をはつせのわかさざきにすめらみこと) 及(いたる)(たもつ)天下 都泊瀬(はつせ)列城(なみき) 其七(ななたり)曰眞稚皇女(まわかのひめみこ) 【一本(あるふみ) 以樟氷皇女列(つらね)于第三(みつのついで) 以手白香皇女列于第四(よつのついで) 爲異(け)焉】 次和珥臣(わにのおみ)日爪(ひつめ)(むすめ)糠君娘(あらきみのいらつめ) 生(うむ)(ひとり)(むすめ) 是爲春日山田皇女(かすがのやまだのひめみこ) 【一本云 和珥臣日觸(ひふれ)(むすめ)大糠娘(おほあらのいらつめ) 生(うむ)一女 是爲山田大娘皇女(やまだのおほいらつめのひめみこ) 更(また)(みな)赤見皇女(あかみのひめみこ) 文(ふみ)雖稍(やうやく)(け)其實(さね)(ひとつ)也】
冬十月
(かむなづき)丁未(ひのとのひつじ)(ついたち)己酉(つちのとのとりのひ) 葬(はぶる)弘計天皇(をけのすめらみこと)于傍丘磐杯丘陵(かたをかのいはつきのをかのみさざき) ◎是歳也 大歳戊辰

元年の春正月の辛巳の朔乙酉(488.01.05)に、皇太子、石上廣高宮に、即天皇位す。【或本に云く、億計天皇の宮は、二所有り。 一の宮は川村に、二の宮は縮見の高野にあり。其の殿の柱今に至るまで未だ朽ちず。】
二月の辛亥の朔壬子
(02.02)前妃春日大娘皇女を立てて皇后とす。【春日大娘皇女は、大泊瀬天皇の、和珥臣深目が女童女君を娶して生しませる所なり。】 遂に一の男、六の女を産れませり。其の一を高橋大娘皇女と曰す。其の二を朝嬬皇女と曰す。其の三を手白香皇女と曰す。其の四を樟氷皇女と曰す。其の五を橘皇女と曰す。其の六を小泊瀬稚鷦鷯天皇と曰す。天下を有つに及りて、泊瀬の列城に都す。其の七を眞稚皇女と曰す。【一本に、樟氷皇女を以て第三に列ね、手白香皇女を以て第四に列ね、 異なりとせり。】 次に、和珥臣日爪が女糠君娘、一の女を生めり。是を春日山田皇女とす。【一本に云く、和珥臣日觸が女大糠娘、一の女を生めり。是を山田大娘皇女とす。更の名は、赤見皇女といふ、文稍に異なりと雖も、其の實一なり。】
冬十月の丁未朔己酉
(10.03)に、弘計天皇を傍丘磐杯丘陵に葬りまつる。◎是歳、大歳戊辰。

石上廣高宮は姫丸稲荷神社
延喜式内神社の地(奈良県天理市石上町 )とされる。廣高は美称で、柱が高く、板が広く厚いこと。立派な宮であったのだろう。帝王編年記(室町時代初期、僧永祐の撰)によれば、山辺郡石上左大臣家北辺川原(天理市田部)、大和志(昭和9年〜19年大和国史会編纂)によれば、山辺郡嘉幡村(天理市嘉幡)と注される。川村、縮見の高野はいづれも逃避された播磨の地であるが、弘計天皇の元年でみたごとく、場所がはっきりしない。億計天皇は河内でなく奈良の石上に都を移され、和珥系の女(むすめ)を皇后とされた。弘計天皇が磐城王の罪を赦してその女(むすめ)難波小野王を皇后とされ、非常に問題があったことからすれば、軌道を修正されたことになろう。ただ、前妃とあり、以前から妃とされていたものであり、即位に伴う政略でとはいえず、億計王のときから和珥氏との関係を深めておられたことになる。大伴氏、平群氏、物部氏の台頭で和珥氏の影が薄くなっていたのか、伝承が一致しない。元来、和珥臣深目の女(むすめ)の童女君は采女であり、たった一夜にした孕んだといふことで、大泊瀬天皇(雄略天皇)がこれを疑ったとされる書紀巻14ところがあり、その子が春日大娘皇女あるいは高橋皇女と称された皇女である。春日も高橋も大和国添上郡の地名で育たれた地が二説であるが、妃とされたときには春日に居られたのであろう。御子にも、高橋、朝嬬(大和国葛上郡)、手白香は水を入れる大きな器であるが、古事記では手白髪(伊賀国伊賀郡大内郷手白髪村)、泊瀬と地名が付されており、樟氷も橘も地名の可能性が高い。眞稚は微笑で男女ともに用ゐられると注される。
和珥臣日爪は和珥臣日觸ともされている。日觸は譽田天皇
(應~天皇)の元年条書紀巻11に日觸使主があり、使主は朝鮮からきた一種の敬称で、のちの姓(かばね)となったものであり、和珥臣の祖ともある。日爪、日觸といふは、日食との関係を示すもので、天文に詳しい渡来系である。古事記によれば、氣長足姫尊(~功皇后)が忍熊王との戦いにおいて日食を利用して、氣長足姫尊が亡くなったという謀略を仕掛けており、このような功があって、譽田天皇の時に日觸の女(むすめ)宮主宅媛を妃として、皇族入りを果たしたのかもしれない。和珥臣日爪は渡来系の趣を強く残す和珥氏であった。いづれにせよ、これらの皇女は後の天皇の皇后となられる。
幕末まで平野塚穴山古墳が、傍丘磐杯丘陵とされていたようである。大和志に、「昔葛下郡今市村に在り、宝永年間陵崩れて民居為す」とあり、陵墓要覧は、北葛城郡香芝町大字北今字的場とする、と注される
(香芝市北今市4:地図


二年秋九月
(ながづき) 難波小野皇后(なにはのをののきさき) 恐宿(もと)不敬(ゐや)自死(みうす) 【弘計天皇(をけのすめらみこと)時 皇太子(ひつぎのみこ)億計(おけのみこ)(はべる)(とよのあかり) 取瓜將喫(くらふ) 無刀子(かたな) 弘計天皇 親(みづから)執刀子 命(おほせる)其夫人(みめ)小野(をの)(つたへたてまつる) 夫人就(ゆく)前 立置刀子於瓜盤(うりざら) 是日更酌酒(みき) 立喚(よぶ)皇太子 縁(よる)斯不敬 恐誅(つみ)自死】

二年の秋九月(489.09)に、難波小野皇后、宿、敬なかりしことを恐りて自ら死せましぬ。 【弘計天皇の時に、皇太子億計、宴に侍りたまふ。瓜を取りて、喫ひたまはむとするに、刀子無し。弘計天皇、親ら刀子を執りて、其の夫人小野に命せて傳へ進らしめたまふ。夫人、前に就きて、立ちながら刀子を瓜盤に置く。是の日に、更に酒を酌みて、立ちながら皇太子を喚ぶ。斯の敬なかりしに縁りて、誅せられむことを恐りて自ら死せましぬ。】

難波小野皇后が自ら命を絶たれた。難波小野皇后が、宴席で皇太子の億計王に立たまま刀子を盤に置いた、また、酒を酌んで立ったまま皇太子を呼び寄せたことがあった。それを不敬と、誅せられると恐れて自殺されたといふ。不可解な自殺である。弘計天皇
(顯宗天皇)の元年でみたごとく、難波小野皇后は弘計天皇の孫の女(むすめ)にあたる年代の皇后であり、年齢的に、ありえない。古事記の、「石木(いわき)の王の女(むすめ)、難波の王を娶りて」を訂正したが、つじつまが合わなくなった。どうやら、難波小野皇后は磐城皇子の女(むすめ)であり、兄弟の父を殺害した大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)の血を引いておられ、兄弟を救いだした白髮天皇に背いた磐城皇子の女である。弘計王が、磐城王の罪を「天下に赦したまふ」てまで皇后とされた、とあれば、狂おしくまでも手中にされた女(むすめ)であったとでもせねばなるまい。大泊瀬幼武天皇を憎み、白髮天皇に恩義を受け、「兄弟怡怡ぎて、天下コに歸る。親族ぶるときは、民仁に興らむ」とされた弘計王が何故そのような結婚に突き進まれたのか?一切記されておらず、悲劇的な結果のみが記されている。このような立場を重々承知で皇后になられた女性が、気丈であって不思議はない。しかし、三年にして突如夫を失ふは誤算であり、襲はれた孤立感、恐怖はいかばかりのものであったろうか。守るべき御子もおられなく、冷たい視線にさらされて生きることの惨めな末路のみが見え、夫のあとを追はれた。そうでも考えねば話がつながらない。「難波小野王は、雄朝津間稚子宿禰天皇の曾孫、磐城王の孫、丘稚子王の女なり。」は成立しまい。弘計王の行動は描かれたような儒教風の徳とは随分異なったものであったようだ。古事記によれば、白髮政権の中枢の一人、平群臣の祖、志毘臣を討ってもおられた。書紀にはこういうどんでん返しがよくある。もう一つは半島情勢への対応において、高句麗の南下政策があり、従来の百濟寄り政策は過去のものとなり、高句麗への接近が見られるようになり、弘計王は難波小野皇后に連なる吉備の勢力を用ゐようとされたのかもしれない。億計王は和珥氏に重点をおいておられたことになる。いづれにせよ、書紀の記述とは異なり、それぞれの思惑が激しく動いていたようである。

三年春二月
(きさらぎ)己巳(つちのとのみ)(ついたちのひ) 置石上部舍人(いそのかみべのとねり)

三年の春二月の己巳の朔(490.02.01)に、石上部舍人を置く。

東国国造から貢せられた子弟が天皇や皇族の近習、護衛に当たる者。石上部舍人は、常陸、美濃、上野、下野などに分布していると注される。東国の手練だれの者を石上廣高宮に集めた。警護を固めたのであろうが、以下の展開をみれば、それだけではなかった。


四年夏五月
(さつき) 的臣(いくはのおみ)蚊嶋(かしま)、穗瓮君(ほへのきみ) 【瓮 此云倍(へ)】 有罪 皆下獄(ひとや)(しぬ)

四年の夏五月(491.05)に、的臣蚊嶋、穗瓮君 【瓮、此をば倍(へ)と云ふ】 罪有りて、皆獄に下りて死ぬ。

的臣は葛城襲津彦の子孫であり、平群氏と半島における軍事行動を共にした氏族である。蚊嶋、穗瓮君については、他にみえずと注される。如何なる罪かも記されていない。皆といふは、この二人以外の複数を想定すべきであり、由緒ある名門が罪に問はれる事態が発生していたのであろう。


五年春二月
(きさらぎ)丁亥(ひのとのゐ)朔辛卯(かのとのうのひ) 普(あまねく)求國郡(くにこほり)(あれ)(にげる)佐伯部(さへきべ) 以佐伯部仲子(さへきべのなかちこ)之後 爲佐伯(さへきのみやつこ) 【佐伯部仲子 事見弘計天皇紀】

五年の春二月の丁亥の朔辛卯(492.02.05)に、普く國郡に散れ亡げたる佐伯部を求む。佐伯部仲子が後を以て、佐伯造とす。 【佐伯部仲子、事、弘計天皇の紀に見えたり】

佐伯部仲子は、市邊押磐皇子が射殺されたとき、その屍を抱いたまま殺された皇子の帳内
(とねり)、佐伯部賣輪(さへきべのうるわ;書紀巻14)であった。何故その佐伯部全体が全国に逃げ隠れしなければならなかったのか?佐伯部は市邊押磐皇子にのみ属する部であったのか?的臣といひ、何が起こっていたのか?ともかく、佐伯造として新たな出発ができたのであろう。

六年秋九月
(ながづき)己酉(つちのとのとり)(ついたち)壬子(みづのえねのひ) (つかはす)日鷹吉士(ひたかのきし) 使(つかひす)高麗(こま)召巧手者 
是秋 日鷹吉士被使後 有女人
(をみな) 居于難波(なには)御津(みつ) 哭(わなく)之曰(いふ) 於母(おも)亦兄(せ) 於吾(あれ)亦兄 (わかくさ)吾夫(あがつま)忄可(はや)矣 【言(いふ)於母亦兄 於吾亦兄 此云於慕尼慕是(おもにもせ) 阿例尼慕是(あれにもせ) 言吾夫忄可怜矣 此云阿我圖摩播耶(あがつまはや) 言草 謂古者以弱草喩夫婦(をうとめ) 故以弱草爲夫(つま)】 哭聲(ねなくこゑ)(はなはだ)(かなし) 令人斷腸(はらわた) 菱城邑(ひしきのむら)(ひと)鹿父(かかぞ)【鹿父 人名也 俗(ひと)呼父爲柯曾(かそ)】 聞而向前曰 何哭(ねなく)之哀(かなし) 甚(はなはだし)若此(かく)乎 女人(をみな)答曰 秋葱(あきき)之轉雙(いやふた) 【雙 重也】 納(ごもり) 可思惟(おもふ)矣 鹿父曰 諾(せ) 知所言矣 有同伴者(ともだち) 不悟其意 問曰 何以知乎 答曰 難波玉作部鯽魚女(なにはのたますりべのふなめ) 【言鯽魚女 此云浮儺謎(ふなめ)】 嫁於韓白水郎(からまのはたけ) 【言韓白水郎 此云柯羅摩能波陀該(からまのはたけ) (つくる)(むぎ)田之也】 生(うむ)哭女(なくめ) 哭女【言哭女 此云儺倶謎(なくめ)】 嫁於住(すむち)人山杵(やまき) 生田女(あくため) 韓白水郎與其女(むすめ)哭女 曾(いむさき)既倶死 住人山杵 上(さき)(をかす)玉作部鯽魚女(たますりべのふなめ) 生麁寸(あらき) 麁寸娶飽田女 於是 麁寸從日鷹吉士 發向高麗 由是 其妻(め)田女 徘徊(たちもとほる)顧戀(しのぶ) 失緒(こころまどひす)(やぶる)心 哭聲(ねなくこゑ)尤切(けやけす) 令人膓斷 【玉作部鯽魚女與韓白水郎 爲夫婦(をうとめ)生哭女 住人山杵娶哭女 生田女 山杵妻(め)(かぞ)韓白水郎與其妻哭女 曾(いむさき)既倶死 住人山杵 上(さき)(め)(いろは)玉作部鯽魚女 生麁寸 麁寸娶田女 或本(あるふみ)云 玉作部鯽魚女 共(あふ)前夫(もとのをうと)韓白水郎 生哭女 更(また)(あふ)後夫(いまのをうと)人山杵 生麁寸 則哭女與麁寸 異父兄弟(ことかぞのはらから)之故 哭女之女(むすめ)田女 呼麁寸 曰於母亦兄也 哭女嫁於山杵 生田女 山杵又淫(たはける)鯽魚女 生麁寸 則飽田女與麁寸 異母兄弟(ことはらのはらから)之故 田女呼夫(をうと)麁寸 曰於吾亦兄也 古()いにしへ者不言兄弟長幼(あにおととひととなれるいとけなき) 女(をみな)以男(をとこ)(いふ)(せ) 男以女稱妹(いも) 故云於母亦兄 於吾亦兄耳】
是歳 日鷹吉士 自高麗 獻
(たてまつる)工匠(てひと)須流枳(するき)・奴流枳等(ぬるきら) 今大倭國(やまとのくに)山邊郡(やまのへのこほり)額田邑(ぬかたのむら)熟皮高麗(かはをしのこま) 是其後也

六年の秋九月の己酉の朔壬子(493.09.04)に、日鷹吉士を遣して、高麗に使して、巧手者を召す。
是の秋に、日鷹吉士、使に遣はされて後に、女人有りて、難波の御津に居りて、哭きて曰く、「母にも兄、吾にも兄。弱草の吾が夫
忄可怜」【於母亦兄 於吾亦兄と言ふは、此をば於慕尼慕是、阿例尼慕是と云ふ。吾夫忄可怜矣と言ふは、此をば阿我圖摩播耶と云ふ。弱草と言ふは、古に弱草を以て夫婦に喩ふるを謂ふ。故、弱草を以て夫とす。】 哭く聲、甚だ哀しくして、人をして腸を斷たしむ。菱城邑の人鹿父【鹿父は、人の名なり。俗、父を呼びて柯曾とす。】 聞きて前に向ひて曰く、「何ぞ哭くことの哀しきこと、若此甚しきや。」 女人、答へて曰く、「秋葱の轉雙 【雙は、重なり。】 納、思惟ふべし。」 鹿父の曰く、「諾。」 即ち言ふ所を知れり。同伴者有りて、其の意を悟らずして、問ひて曰く、「何を以て知れるや。」 答へて曰く、「難波玉作部鯽魚女 【鯽魚女と言ふは、此をば浮儺謎と云ふ。】 韓白水郎 【韓白水郎と言ふは、此をば柯羅摩能波陀該と云ふ。は、麥耕る田なり。】に嫁ぎて、哭女を生めり。哭女【哭女と言ふは、此を儺倶謎と云ふ。】 住道の人山杵に嫁ぎて、飽田女を生めり。韓白水郎と其女、哭女と、曾、既に倶に死ぬ。住道の人山杵、上に玉作部鯽魚女を奸して、麁寸を生めり。麁寸、飽田女を娶れり。是に、麁寸、日鷹吉士に從ひて、高麗に發ち向く。是に由りて、其の妻飽田女、徘徊り顧戀び、失緒し心を傷る。哭く聲、尤切しくして、人をして膓斷たしむ。【玉作部鯽魚女と韓白水郎と、夫婦と爲りて哭女を生めり。住道の人山杵、哭女を娶りて、飽田女を生めり。山杵の妻の父韓白水郎と其の妻哭女と、曾に既に倶に死ぬ。住道の人山杵、上に妻の母玉作部鯽魚女をして、麁寸を生めり。麁寸、飽田女を娶れり。或本に云く、玉作部鯽魚女、前夫韓白水郎ひて、哭女を生めり。更後夫住道の人山杵に共ひて、麁寸を生めり。則ち哭女と麁寸と、異父兄弟の故に、哭女の女飽田女、麁寸を呼びて、「母にも兄」と曰へるなり。哭女、山杵に嫁ぎて、飽田女を生めり。山杵、又鯽魚女に淫けて、麁寸を生めり。則ち飽田女と麁寸と、異母兄弟の故に、飽田女、夫麁寸を呼びて、「吾にも兄」と曰へるなり。古は兄弟長幼を言はず。女は男を以て兄と稱ふ。男は女を以て妹と稱ふ。故、「母にも兄、吾にも兄」と云へらくのみといふ。 
是歳、日鷹吉士、高麗より還りて、工匠須流枳・奴流枳等を獻る。今大倭國の山邊郡の額田邑の熟皮高麗は、是其の後なり。

日鷹吉士は、大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)の七年条書紀巻14、九年条書紀巻14に見へる。かれこれ30年前のことであり、同一人物ならかなりの高齢となる。日鷹吉士には諸説があった。日鷹は日高(紀伊国日高郡)、難波日鷹吉士はそこを本拠として、外交、水軍に活躍した吉士の一族、後に難波吉士に包括されたとする説があった。また、大草香皇子の家臣、難波吉師、日香蛟父子に関して書紀巻13、姓氏録、右京諸蕃下に、「難波連、高麗国好太王より出ず」とあるごとく、高句麗との交易にもあたっていた。すでに見た如く、高句麗が爾林まで南下していたこと、高句麗の背後の北魏の隆盛があり、日本(やまと)も新たな対応を求めていた。それを荷ったのが日鷹吉士、つまり、渡来系の吉士が難波の御津を本拠にして、活動を行った。三津寺(大阪市中央区心斎橋筋2丁目)の地、信長の戦いで本願寺側の砦があった地でもあり、当時はここまで湾が入りこんでいた。日鷹吉士が高句麗の何処へ行ったのか、どのルートを通じたのかが記されていない。工匠須流枳・奴流枳等も他にみえず。工匠は、才伎、巧手者、手人と同じ、熟皮は、和妙抄では、「韋柔皮也。和名乎之加波」とあり、熟皮高麗は、牛皮、鹿皮の工人。額田邑は平群郡額田郷(大和郡山市額田部北町、寺町、南町付近:地図、と注される。和妙抄では平群郡であるが、書紀編纂当時は山邊郡であった。職員令集解に引く別記に、忍海戸狛人、竹志戸狛人、村々狛人、宮郡狛人、大狛染、紀伊国在狛人などが見えるとも注されており、この技術の導入が注目をされたのであろう。

韓白水郎
  │ ──────哭女
難波玉作部鯽魚女  ┃
  │ -──────╂────麁寸
  │          ┃      ┃
  │          ┃────飽田女
住 道 の 人    山杵

ここに、飽田女が登場する。女は男を以て兄(せ)と稱ふ。男は女を以て妹(いも)と稱ふ、と云ふ説明の挿話であるが、何故こんな話がここにあるのか、本来ならば、高句麗との関係について、もう少し詳しく記述があってしかるべきである。
難波玉作部鯽魚女は難波の玉作部の女性。その最初の夫が白水郎、男あま(海士)であった。素潜り漁のみならず、漁業、水上輸送・航海にたずさわる人々である。


もとは中国の白水での漁労民を白水郎と称した。
「阿曇(あずみ)系およびその傍系である住吉系漁労民で、中国南部の髪越(びんえつ)地方の漂海民の系統をひき山東半島から遼東半島、さらに朝鮮半島西海岸を南下し、多島海、済州島方面を経て玄界裁に達する経路をたどったと推定される。海人(あま)劇場国家にっぽん)」とあり、韓と冠されており、半島あるいは近隣の島からの渡来系の子孫の男性である。姓氏録では、摂津未定雑姓に、「韓海部首。武内宿禰男平木莵宿禰之後也」と注され、その時代に彼等に仕へていたことになろう。名前は耕作者、”はたけ”であり、漁労あるいは水運をやめて耕作民となっていたのかもしれない。この二人の間の子が哭女。書紀では、一書に、伊奘冉尊が火~軻遇突智(かぐつち)を産んで亡くなり、枕辺にはらばい、脚辺にはらばい哭泣し流涕(かなし)んだ伊奘諾尊が落とした涙が~となる。その~を啼澤女命(なきさはのめのみこと)といふ書紀巻1。天稚彦が亡くなった時、下照姫の哭(な)き泣(いさ)ち悲哀(かな)しむ声が天に達し、葬儀に鷦鷯(さざき)をもって哭者(なきめ)となした書紀巻2ともある。鷦鷯はいわば葬儀に雇われた哭女であるが、我が国では雇われた哭女という風習は定着しなかった。韓白水郎と哭女はどういうことか亡くなっていた。
住道の人山杵の住道であるが、
「『住吉大社~代記』の子~の条を受けた『~社明細書』には”本社は初め住吉大社の北方住道と称する地(住吉区住吉町道北にして今尚住道堂残れりと謂ふ)に鎭座せしを託宣に依り天平元年(729)十一月七日に他の須牟地社等七社と共に河内國丹比郡楯原里(中河内郡矢田村字住道)に移祀せりといふ。其の後國郡改廃により世に景勝の地と知られたる長居浦なる南島(現社地)に三遷せられるものの如し”とある。」「『延喜式』玄蕃寮によると、新羅より客が來朝した折、~酒を給すとあり、その行程に住道社は関わっており、外来の客人接待に重要な役割をになっていた。(~須牟地~社~~の坐すと地と魂の鎭まる地とある。姓氏録では、摂津未定雑姓に、「住道首。伊奘諾命男素戔嗚命之後也」と注され、住道の人は住吉大社に関連し、半島よりの来訪者を接待する役割の人物と想像できる。その山杵が鯽魚女と関係をもち麁寸を産んでおり、その麁寸が日鷹吉士に同行して高句麗に船出をする。その山杵は哭女とも関係を持ち、飽田女をもうけ、飽田女が麁寸に嫁いでいたといふから、十数年から二十年くらい前の関係の結果である。麁寸が高句麗に行くことを飽田女が傷心のあまり哭し、人に断腸の思いをさせた、といふ。菱城邑の人が、何がそれほど哀しいのかと訝って問ふた。菱城邑は和泉志の大鳥郡菱木、とされ浜寺、高師浜から住吉や難波へと水運に携わる人物と思はれる。その答へは、秋葱が一つの皮に2本の茎が包まれることから、二重、哀しみが二重といふことであった。飽田女にとって麁寸が夫であり、母、哭女の腹違いであるが弟にあたる。
高句麗に行くことの何がそれほど哀しいのか、高句麗に対して如何なるイメージがあるのか、と思ったが、哀しみが二重に重点があるようで、肩すかしを喰らったような気がする。難波、住吉、泉北の浜が相互に関係を有して、半島との交渉が行はれていたようである


七年春正月(むつき)丁未(ひのとのひつじ)(ついたち)己酉(つちのとのとりのひ) 立小泊瀬稚鷦鷯尊(をはつせのわかさざきのみこと) 爲皇太子(ひつぎのみこ)

七年の春正月の丁未の朔己酉(494.01.03)に、小泊瀬稚鷦鷯尊を立てて、皇太子とす。

八年冬十月(かむなづき) 百姓(おほみたから)(まうす) 是時 國中(くにのうち)無事 吏(つかさ)(かなふ)其官(つかさ) 海内(あめのした)(おもぶく)(うつくしび) 民(おほみたから)(やすみす)其業(わざ) 
是歳 五穀
(いつつのたなつもの)登衍(おひゆたか) 蠶(かひこ)(むぎ)(うるはしく)(をさむ) 遠近(みやこひな)(すみやはらぐ) 戸口滋殖(おほみたからますますうまはる)

八年の冬十月(495.10)に、百姓の言さく、是の時に、國中、事無くして、吏、其の官に稱ふ。海内、仁に歸き、民、其の業を安す。
是歳、五穀登衍にして、蠶麥善しく收む。遠近清み平ぎて、戸口滋殖る。

後漢書、明帝紀、
「吏其の官に稱ふ、民其のを安ず、遠近肅(つつし)みて服し、戸口滋(しげ)り殖(ふ)ゆ。」「昔歳(去年)五穀登(みの)り衍(あふ)る、今茲(ことし)蠶(蚕)麥(麦)善く收む。」によると注される。官は役職、吏は役人、役職に相応しい役人が任じられること。中国では四海とは知り得る東西南北の果、その外は陸であれ海であれ海外、その内側は海内、”あめのした(天下)”と訓じている。天下は帝の仁に帰し、民がその生業を安んじることにより、農業や産業が振興し、天下がよく治まり、人口が増加した。


十一年秋八月
(はつき)庚戌(かのえいぬ)朔丁巳(ひのとのみのひ) 天皇(すめらみこと)(かむあがる)干正寢(おほとの)
冬十月己酉(つちのとのとり)朔癸丑(みづのとのうしのひ) 葬(はぶる)埴生坂本陵(はにふのさかもとのみさざき)

十一年の秋八月の庚戌の朔丁巳(498.08.08)に、天皇、正寢に崩りましぬ。
冬十月の己酉の朔癸丑
(10.05)に、埴生坂本陵に葬りまつる。

埴生坂本陵は、河内国丹比郡、河内志に、丹南郡黒山村、陵墓要覧に、大阪府南河内郡藤井寺町(藤井寺市青山三丁目:地図とある。難波から南に直下し仁徳天皇陵の東辺りから東上し、埴生坂を登り丹比邑に到着し、そこから武内街道で奈良に向かう。高句麗の工人達が辿ったルートでもあった。

2011.4.13


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 15 上田 啓之
.