e漢字使用


天國排開廣庭天皇 欽明天皇

元年春正月庚戌朔甲子(540.01.15) ≫≫
二年春三月(541.03) ≫≫
四年夏四月(543.04) 
≫≫
五年春正月(544.01) 
≫≫
六年春三月(545.03) 
≫≫

七年春正月甲辰朔丙午(546.01.03) ≫≫
八年夏四月(547.04) 
≫≫
九年春正月癸巳朔乙未(548.01.03) 
≫≫
十年夏六月乙酉朔辛卯(549.06.07) 
≫≫
十一年春二月辛巳朔庚寅(550.02.10) 
≫≫
十二年春三月(551.03) 
≫≫
十三年夏四月(552.04) 
≫≫

(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)


天國排開廣庭天皇
(あめくにおしはらきひろにはのすめらみこと) 欽明天皇(きんめいてんわう)

天國排開廣庭天皇 男大迹天皇(をほどのすめらみこと)嫡子(むかひめばらのみこ)也 母(いろは)(まうす)手白香皇后(たしらかのきさき) 天皇(すめらみこと) (うつくしぶ)之 常置左右(みもと) 天皇幼時 夢(みゆめ)有人云(まうす) 天皇 寵愛(めぐむ)秦大津父(はだのおほつち)(ひと) 及(いたる)壯大(をとこさかり) 必有天下(あめのした) 寤驚(みゆめさむ)(つかはす)使(つかひ)(あまねく)求。得自(より)山背國(やましろのくに)紀郡(きのこほり)深草里(ふかくさのさと) 姓字(うぢな) 果如所夢(みそなはす) 於是 忻喜(よろこぶ)(みちる)身 歎(ほむ)未曾(めづらし)夢 乃之曰(のたまふ) 汝(いまし) 有何事 答云(まうす) 無(こともなし)也 但(ただ)(やつこ)(まかる)伊勢 商價(あきなひ)來還(まうく) 山逢二(ふたつ)(おほかみ)相鬪(くひあふ)(ぬれる)血 乃下馬洗(あらふ)(すすく)口手。祈請(のむ)(いふ) 汝(いまし)是貴(かしこい)~ 而樂(このむ)(あらい)(わざ) 儻(もし)逢獵士(かりびと) 見禽(とる)(けやけし)(すみやか) 乃抑止(おしとどむ)相鬪(くひあふ) 拭(のごふ)(あらふ)血毛(ちにぬれたるけ) 遂遣(ゆるす)之。倶(ともに)令全(いく)命 天皇(すめらみこと)(のたまふ) 必此報(こたへ)也 乃令(つかへる) 優(あつく)(めぐむ)日新 大(おほき)致饒富(にぎはひ) 及至(いたる)踐祚(あまつひつぎしろしめす) 拜(まく)大藏省(おほくらのつかさ) 四年冬十月(かむなづき) 武小廣國押盾天皇(たけをひろくにおしたてのすめらみこと)(かむあがる) 皇子(すめみこ)天國排開廣庭天皇(あめくにおしはらきひろにはのすめらみこと) 令(のりごとす)群臣(まへつきみたち)(のたまふ) 余(おのれ) 幼年(としわかく)淺識(さとりすくなし) 未閑政事(まつりごと) 山田皇后(やまだのきさき) 明閑(ならふ)百揆(もものまつりごと) (こふ)(まうでる)而決(さだめる) 山田皇后 怖謝(かしこまる)(まうす) 妾(やつこ) (かうぶる)恩寵(みめぐみ) 山海詎(いかでか)同 萬機(よろづのまつりごと)之難(かたし) 婦女(めのこ)(いづくにぞ)(あづかる) 今皇子者 敬(うやまふ)(おきな)(うつくしぶ)(わかき) 禮下(ゐやまふ)賢者(かしこきひと) 日中(ひたくる)不食(ものまうのぼる)以待士(ひと) 加以(また)幼而穎(すぐれ)(ぬけでる) 早擅(ほしきまま)(よき)(な) 性(ひととなり)是寛(ゆるらか)(やはらか) 務(つとめ) (ます)(かなしぶ)(なだむ) (こふ) 諸臣等(もろもろのまへつきみたち) 早令登(のぼる)(たかみくら)(てる)(います)天下 
冬十二月
(しはす)庚辰(かのえたつ)(ついたち)甲申(きのえさるのひ) 天國排開廣庭皇子(あめくにおしはらきひろにはのみこ) 即天皇位(あまつひつぎしろしめす) 時年(みとし)若干(そこばく) (たふとぶ)皇后(きさき)曰皇太后(おほきさき) 大伴金村大 (おほとものかなむらのおほむらじ)、物部尾輿大(もののべのをこしのおほむらじ)爲大(おほむらじ) 及蘇我稻目宿禰大臣(そがのいなめのすくねのおほおみ)爲大臣(おほおみ)。並(ならびに)(ごとし)(もと) 

天國排開廣庭天皇は、男大迹天皇の嫡子なり。母をば手白香皇后と曰す。天皇、愛びたまひて、常に左右に置きたまふ。天皇幼くましましし時に、夢に人有りて云す。「天皇、秦大津父といふ者を寵愛みたまはば、壯大に及りて、必ず天下を有らさむ。」寤驚めて使を遣はし普く求むれば、山背國の紀郡の深草里より得つ。姓字、果して所夢ししが如し。是に、忻喜びたまふこと身に遍ちて、未曾しき夢なりと歎めたまふ。乃ち告げて曰はく、「汝、何事か有りし。」 答へて云す、「無し。但し臣、伊勢に向りて、商價して來還るとき、山に二つの狼の相鬪ひて血に汙れたるに逢へりき。乃ち馬より下りて口手を洗ひ漱ぎて、祈請みて曰く、『汝は是貴き~にして、麁き行を樂む。儻し獵士に逢はば、見禽られむこと尤く速けむ』 乃ち相鬪ふことを抑止めて、血れたる毛を拭ひ洗ひて、遂に遣放して、倶に命全けてき。」 天皇曰はく、「必ず此の報ならむ。」。乃ち令近く侍へしめて、優く寵みたまふこと日に新なり。大きに饒富を致す。踐祚すに及至りて、大藏省に拜けたまふ。四年の冬十月に、武小廣國押盾天皇崩りましぬ。皇子天國排開廣庭天皇、群臣に令して曰はく、「余、幼年く識淺なくして、未だ政事に閑はず。山田皇后、明かに百揆に閑ひたまへり。請ふ、就でて決めよ。」 山田皇后、怖謝りて曰す、「妾、恩寵を蒙ること、山も海も詎か同じからむ。萬機の難きに、婦女安ぞ預らむ。今皇子は、老を敬ひ少を慈び、賢者に禮下ひたまふ。日中までにして食らずして士を待ちたまふ。加以幼くして穎れ脱でたまひて、早く嘉き聲を擅にし、性是寛に和にして、務、矜び宥めたまふに存します。請ふ諸臣等、早く位に登りて天下に光り臨さしめよ。」
冬十二月の庚辰の朔甲申
(539.12.05)に、天國排開廣庭皇子、即天皇位す。時に年若干。皇后を尊びて皇太后と曰す。大伴金村大連、物部尾輿大連をもて爲大連とし、蘇我稻目宿禰大臣をもて大臣とすること、並に故の如し。

男大迹天皇
(繼體天皇)元年三月条書紀巻17に経緯が記されている。漢書、成帝紀の、「宣帝之を愛し・・・常に左右に置く」を引用している。天國排開廣庭尊が幼年に夢に人が現れ、秦大津父といふものを大事にすれば、壮年になって必ず天下を治めることになると語ったといふ。目覚めて捜してみると、山背國紀郡深草里(山城国紀伊郡深草郷、京都市伏見区深草稲荷町、地図から大亀谷町にかけての地)にその名前の者が居た。深草の秦氏である。”はだ”と訓じている。秦氏の貢る絹綿が、肌膚(はだ)よりも柔らかであることから、古くは秦を波陀と詠んだ、と注される。歎は、なげくから感嘆するまで広く用いられ、ここでは、未だかつてない夢と感心してほめる義。夢に出てくるとは、何事か特別なことがあって然るべきことかと、秦大津父に聞いてみるが、何も無いと言ふ。ただ、変わった経験はした。商は行商、價は賈(店での商い)からくるが値段、値打ちのこと、商價を”あきなひす”としている。秦氏であるから、織物の商価(値段交渉)で伊勢に行ったのであろうか。帰りに、山で二匹の狼が相戦い血みどろになっていた。秦大津父はこの狼を貴き~と直観した、馬から降りて口をそそいで手を洗ひ、祈り請ふように言った。樂には音楽yue:がく)、楽(le:たの)しむ、楽(yao:この)む、の三つがあり、ここは好む意味。あなた方は貴き~で、荒業を好まれるが、もし、血みどろのあなた方を猟師がみつければ、あっというまに捕へるでしょう。そう言ふと、戦ふことをおしとどめ、血を拭い洗ひ、遣放を”ゆるす:緩す、放す”と訓じており、互いに離れ、共に命を全うしたといふ。天皇はその報いであるとし、秦大津父を呼び、近くで仕へしめると、商才あるがゆえにどんどんと富み、天國排開廣庭尊が即位されると、大蔵省を拝することになった。当時は大蔵省という官制はなく、書紀編者の時代の大蔵省にあたる役割を担ったとなろう。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)十五年条書紀巻14には太秦の秦氏に関して、「百八十種勝を領率ゐて、庸調の絹縑を奉獻りて、朝庭に充積む。因りて姓を賜ひて禹豆麻佐(太秦)と曰ふ。」とあった。全国展開をはじめていた屯倉からの産物の管理に携はったことになろうか。
この物語は、天國排開廣庭尊が皇位継承者となられることの正統性を夢見、~意に帰すものである。狼を~とする話は、「大口真神原という地名
すずかハイキング」に、
「大口の真神の原に降る雪は いたくな降りそ 家もあらなくに
是はむかし明日香の地に老狼在ておほく人を食ふ。土民畏れて大口の神といふ。名其住処号大口真神原と云々。見風土記。日本紀にも狼を貴神といへり。(P.430)「枕詞燭明抄」『萬葉集古註釈1巻』・・・・ところが「大和國風土記」は長流と契沖以外はだれも見ていないため、二人より後の時代の国学者たちは契沖の言葉を引用したり、「ある風土記によると」などと書かざるを得ませんでした。そのようななかで、上田秋成はこの「大和國風土記」の伝承をまったく用いないで、「大口真神原」の歌を狼と関連付けて解釈しています。」
とあり、狼となって戦はれた場所、解釈には異論があるが、話題となった出来事であったと思はれる。
武小廣國押盾天皇紀では四年春二月条のことを、四年の冬十月としており、二説があったようである。ここでは、天國排開廣庭尊が皇位継承者であるのが当然のこととなっている。閑は習熟すること。更に驚いたことに、天國排開廣庭尊は自分が幼年で知識が浅く政治に習熟していないので、山田皇后
(廣國押武金日天皇:安閑天皇の皇后)に皇位につくよう決意を促している。さような選択肢があり、天國排開廣庭尊がそうのようなことを提案して、実現できるような立場におられたのかは疑問が有る。更に、驚くべきは、次の山田皇后の言葉によって、天國排開廣庭尊が即位されたといふ印象を与へている。
私は、廣國押武金日天皇の恩寵をいただいたのは、山や海に喩へることも出来ないほど高く深いものでした。(屯倉を展開するなど政治にも深くかかわりましたが、)天皇の政務はどれをとっても難しいもので、どうして婦女が預ることができましょう。これ以下は、史記、周本紀
「西伯、文王と曰く。・・・仁に篤く、老を敬ひ、少を慈び、賢者に禮下(へりくだって礼を尽くす)す。日中、食ふ暇なくして士を待ち、士これを以て、多く之(西伯:文王)に帰す。」による。穎脱(えいだつ)は袋の中の錐の先が抜け出ていること、才気が衆に抜きんでていること。擅(ほしいままにする)嘉聲(よきな:名声)は嘉聲のなかでも抜きんでていること。加へて幼くして穎脱、早くから擅嘉聲にして、性格は寛大で温和、務(自分の行ふこと)は、矜持(自分をおさえ謹む)し宥和される。請ふ。諸臣等、早く(天國排開廣庭尊を)即位させ、政権に就かしめんことを。
山田皇后が何故これほどの力を有しておられたのかは分からない。天國排開廣庭尊は十二月に即位され、山田皇后を皇太后とされた。たが、年齢を若干としているのは妙である。男大迹天皇
(繼體天皇)、廣國押武金日天皇(安閑天皇)、武小廣國押盾天皇(宣化天皇)の年齢が分かっておりながら、天國排開廣庭天皇(欽明天皇)の年齢が分からないといふはどう理解すべきなのか。物部氏は麁鹿火から尾輿の代となったが従前どおり、大伴金村大連、物部尾輿大連、蘇我稻目宿禰大臣の体制を踏襲した。

元年(はじめのとし)春正月(むつき)庚戌(かのえいぬ)(ゆいたち)甲子(きのえねのひ) 有司(つかさ)(まうす)立皇后 詔(みことのりす)(のたまふ) 立正妃(むかひめ)武小廣國押盾天皇(たけをひろくにおしたてのすめらみこと)(ひめみこ)石姫(いしひめ)爲皇后 是生二男(ひこみこ)(ひとり)(ひめみこ) 長(このかみ)(まうす)箭田珠勝大兄皇子(やたのたまかつのおほえのみこ) 仲(なかち)曰譯語田渟中倉太珠敷尊(をさたのぬなくらのふとたましきのみこと) 少(すなき)曰笠縫皇女(かさぬひのひめみこ)【更名(またのな)狹田毛皇女(さたけのひめみこ)
二月
(きさらぎ) 百濟人(くだらにひと)己知部(こちふ)投化(おのづからまうく) 置(はべらしむ)倭國(やまとのくに)添上郡(そふのかみのこほり)山村(やまむら) 今山村己知部之先(おや)也 
三月
(やよひ) 蝦夷(えみし) 隼人(はやと) 並率(ゐる)(ともがら)歸附(まうきしたがふ) 
秋七月
(ふみづき)丙子(ひのえね)朔己丑(つちのとのうしのひ) 遷都倭國磯城郡(しきのこほり)磯城嶋(しきしま) 仍號(なづく)爲磯城嶋金刺宮(しきしまのかなさしのみや) 
八月
(はつき) 高麗(こま)、百濟(くだら)、新羅(しらき)、任那(みまな)、並(まだす)使(つかひ)獻 並修(たてまつる)貢職(みつき) 召集(めしつどへる)秦人(はだひと) 漢人等(あやひとら) 諸蕃(となりのくに)投化(おのづからまうく)者 安置(はべらしむ)國郡(くにこほり) 編貫(つく)戸籍(へのふみた) 秦人戸數(へのかず) 總七千五十三戸(ななちへあまりいへあまりみへ) 以大藏掾(おほくらのふびと)爲秦伴造(はだのとものみやつこ)
九月
(ながづき)乙亥(きのとのゐ)朔己卯(つちのとのうのひ) 幸(いでます)難波津宮(なにはのはふりつのみや)。大伴大金村(おほとものおほむらじかなむら)、許勢臣稻持(こせのおみいなもち)、物部大尾輿等(もののべのおほむらじをこしら)(おほみともつかへる)焉 天皇(すめらみこと)問諸臣(まへつきみたち)(のたまふ) 幾許(いくばく)軍卒(いくさ) 伐得新羅 物部大尾輿等奏曰 少許(すこしばかり)軍卒 不可易征 曩者(むかし) 男大迹天皇(をほどのすめらみこと)六年 百濟(まだす)使(つかひ) 表任那(みまな)上哆唎(おこしたり)、下哆唎(あるしたり)、娑陀(さだ)、牟婁(むろ)、四縣(よつのあがた) 大伴大金村 輙(たやすく)(ままに)(まうし) 許賜所求 由是 新羅怨曠(うらむ)積年(ひさし) 不可輕爾(たやすくす)而伐 於是 大伴大金村 居(はべる)住吉(すみのえ)(いへ) 稱(まうす)(やまひ)不朝(つかへまつらず) 天皇遣青海夫人勾子(あをみのおほとじまがりこ) 慰問(とぶらふ)慇懃(ねむごろ) 大怖謝(かしこまる)(まうす) 臣(やつこ)所疾(やむ)者 非餘事(あたしこと)也 今諸臣等(もろもろのまへつきみたち)謂臣(やつこらま)滅任那 故恐怖(かしこまる)不朝耳 乃以鞍馬(かざりうま)使 厚相(こと)資敬(ねむごろにす) 海夫人(あをみのおほとじ) 依(ままに)(ある)(あらはす)(まうす) 詔曰(のたまふ) 久竭忠誠(まことこころ) 莫恤(うれふ)衆口(ひとのくち) 不爲罪 優(あつく)(めぐむ)(いよいよ)深 是年也 太歳庚申(かのえさる) 

元年の春正月の庚戌朔甲子(540.01.15)に、有司、皇后を立てたまへと請す。詔して曰はく、「正妃武小廣國押盾天皇の女石姫を立てて皇后とせむ。」 是二の男、一の女を生む。長を箭田珠勝大兄皇子と曰す。仲を譯語田渟中倉太珠敷尊と曰す。少を笠縫皇女と曰す。【更の名は狹田毛皇女。】
二月に、百濟人己知部、投化けり。倭國の添上郡の山村に置む。今の山村己知部の先なり。
三月に、蝦夷、隼人、並に衆を率て歸附ふ。
秋七月の丙子の朔己丑
(07.14)に、都を倭國の磯城郡の磯城嶋に遷す。仍りて號けて磯城嶋金刺宮とす。
八月に、高麗、百濟、新羅、任那、並に使を遣して獻り、並に貢職修る。秦人、漢人等、諸蕃の投化
(おのづからまう)ける者を召し集へて、國郡に安置めて、戸籍に編貫く。秦人の戸の數、總て七千五十三戸。大藏掾を以て秦伴造としたまふ。
九月の乙亥の朔己卯
(09.05)に、難波祝津宮に幸す。大伴大連金村、許勢臣稻持、物部大連尾輿等、從へまつる。天皇、諸臣に問ひて曰はく、「幾許の軍卒をもて新羅を伐つこと得む。」 物部大連尾輿等奏して曰す、「少許の軍卒をもては、易く征つべからず。曩者、男大迹天皇六年に、百濟、使を遣して、任那の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、四縣を表請す。大伴大連金村、輙く表請の依に求むる所を許し賜ひてき。是に由りて新羅の怨曠むること積年し。輕爾して伐つべからず。」是に、大伴大連金村、住吉の宅に居りて、疾を稱して朝らず。天皇、青海夫人勾子を遣して、慰問はしむること慇懃なり。大連怖謝りて曰す、「臣が疾む所は、餘事に非らず。今諸の臣等、臣を任那を滅せりと謂す。故に恐怖りて朝へざらくのみ。」 乃ち鞍馬を以て使に贈りて厚く相資敬す。青海夫人、實る依に顯し奏す。詔して曰はく、「久しく忠誠に竭せり。衆口を恤ふること莫。」 遂に罪とせずして、優く寵みたまふこと彌深し。是年、太歳庚申。

天國排開廣庭尊が皇位継承者となられたもう一つの要因は、すでに武小廣國押盾天皇
(宣化天皇)の長女を正妃とされていたことである。武小廣國押盾天皇は73歳で崩御されており、長女石姫は相当の高齢となる。すでにみたごとく、天國排開廣庭尊は34-X男大迹王(継体)天皇即位X年後誕生歳であり、釣り合いがとれる年齢なら石姫は武小廣國押盾天皇40歳くらいの子であり、30歳の子であれば43歳、20歳の子であれば53歳程度といふことになる。二男一女をもうけておられ、あまりご高齢ではむつかしい。
箭田珠勝大兄皇子は十三年四月条で死去記事がみえ、譯語田渟中倉太珠敷尊は後の敏達天皇と注される。笠縫皇女は他に言及がない。
投化は帰化、徳化を慕って帰順すること、己知部は、姓氏録、大和諸藩に己智およびその同族の三林公、長岡忌寸、山村忌寸、桜田連の名がみえ、己智は秦の太子胡亥の後なり、山村は和名抄、大和国添上郡山村郷
(奈良市帯解本町:柴屋町、地図付近と注される。半島から、日本(やまと)の東の果て、西の果てから天皇の徳を慕ってやって来たと言いたい。
磯城郡の磯城嶋
(桜井市金屋付近:地図は、初瀬川と栗原(おおはら)川の間の地、難波津から大和川を遡行する水運の最終地、海柘榴市など交易の市の立つ地でもあった。そこに金刺宮を置かれた。
八月に、高句麗、百濟、新羅、任那が使者を派遣して貢職修る、「貢職修」とは呉志、孫権伝によると注される。三國史記によれば、高句麗安原王十年
(540年)、百濟聖王十八年(540年)秋九月、聖王は將軍の燕會に高句麗牛山城を包囲させたが、安原王は精騎五千を派遣してこれを敗走させている。新羅では法興王の二十七年(540年)であり、七月に崩御されている。この期に、高句麗、百濟、新羅が使者を派遣して貢職修るといふは、どうも現実感がない。これは、天國排開廣庭天皇が即位をされ、金刺宮に遷都された祝賀なのかもしれない。また、金刺宮に、秦人、漢人等の渡来人を召し集め、國郡に配置せしめたといふは、その能力用いて徴税実務を軌道に乗せようとするものであろう。戸籍の編成などといふものは漢人は理解していようが、日本(やまと)の氏族には意味不明であり、まず秦人からこれを実施したものとみえる。七千五十三戸を数えるの秦人を屯倉のある國郡から順次配置し、屯倉からの産物の出納の実務管理、また屯倉の戸籍編成に着手したのであろう。掾とは下役のこと。大蔵という官制はまだ存在してはいないが、屯倉が全国展開されている以上、それを機能させる組織が編成されないということはありえまい。
難波祝津宮は、摂津志では河辺郡難波村
(尼崎市東難波町、難波八幡神社の地、地名辞書では、西成郡難波村(南船場・島之内・新町・堀江の一帯:地図、未詳とあり確たることは分からないが、難波祝津宮への行幸は、半島を見据えたものである。大伴大連金村、許勢臣稻持、物部大連尾輿三人ではなく、諸臣を連れての事であり、微妙な議論が交わされることとなた。
蘇我大臣稻目宿禰は入っておらず、許勢臣稻持が一角を占めている。通証には許勢男人大臣の子かというが未詳と注される。男人が金村に対して抱く思いとは異なるものが稻持にあったのだろう。尾輿も麁鹿火とは異なった。金村が政治舞台に登場したのは、小泊瀬稚鷦鷯天皇
(武烈天皇)の時代であり、40年になり、相当の高齢となる。難波祝津宮で天皇は新羅問題を持ち出された。物部大連尾輿等とあり、稻持そして諸臣で同調するものが含まれていたのであろう。任那の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、四縣を百濟の要請のままに賜わったこと(男大迹天皇、繼體天皇六年条:書紀17を金村の失策とし、その責任を問うものであった。この一連の政策は、男大迹天皇の現実離れした意識の産物であり、任那問題を渾沌としたものにした。男大迹王を後継天皇に迎へた金村としては、男大迹天皇の政策を支援せざるを得ない立場にあったのであろう、同調した責任はあるが、ここでは、新羅がそれを怨み背き、力を蓄へ容易に撃てなくなったと責任を問ふた。男大迹天皇の半島政策は、すでにみたごとく、現実と乖離したものであり、半島を混乱させたものの、新羅が力を蓄へたのは法興王のときに漢化政策を導入して中央集権的な国造りを行ったものであり、筋違いも甚だしい。それを金村の責任とし、追い落しを図っている感が否めない。六年条では、この伏線とするために、金村には百濟の賂を受けたといふ流言が放たれたともあった。金村は事情を察したのであろう、病気を理由に住吉の宅に引き籠った。かつて、物部麁鹿火は、四縣の割譲を行う百濟への使者を男大迹天皇に命じられたが、妻の諫言を容れて、病気と称して使者を降りたことがあった。物部氏としては、この問題を追求する好機が到来したと、金村を追い込み、金村を挑発したのかもしれない。金村は住吉の宅の守りを固めて天皇の意向を慎重に見守ったことであろう。
天皇は青海夫人勾子を金村宅に遣はし、出方を探られた。青海夫人勾子は未詳、夫人
(おほとじ)は女官の称号、後宮職員令に、「妃二員、右四品以上、夫人三員、右三位以上、嬪四員、右五位以上」とあり、当時すでに夫人の如き名称があったかどうか疑わしいと注される。つまり、皇后、妃、夫人、嬪という序列の夫人にあたる女性を使者とされた。金村もよく知る女性であった可能性が高い。慰問、慇懃とあり天皇は事が穏やかに解決されることを望んでおられた。金村も任那問題を天皇の失策とすることをせず己がかぶり、大伴氏が政権の中枢から降りる決断を伝へ、鞍馬を夫人に贈った。鞍馬はもろもろの馬具をつけて飾り装った馬、戦闘用の馬ではない、戦ふ意思はないことを示した。天皇は、改めて金村の忠誠を知り、金村は忠誠を尽くしており、衆人の言ふことを憂うることの無いようにという詔を発せられ、いよいよ金村を深く寵みたもうたとある。天皇は金村の志に深く心を動かされたことであろう。金村は男大迹天皇を擁立し、その失策も併せて引き取り、天皇の地位を揺るがせにする流れを阻止した。我が国において天皇が存続する流れを改めて強固なものとする金村の志であった。その結果、大伴氏は物部氏、蘇我氏にとってかわられることとなったが、名門として長く残ることになった。

二年春三月
(やよひ) 納(めしいる)(いつたり)(みめ) 元(はじめ)妃 皇后(きさき)(いろど)(まうす)稚綾皇女(わかあやひめのみこ) 是生(あれる)石上皇子(いそのかみのみこ) 次有(あり)皇后弟(いろど) 曰(まうす)日影皇女(ひかげのひめみこ) 【此曰(まうす)皇后弟 明(あきらか)是桧隈高田天皇(ひのくまたかだのすめらみこと)(みむすめ) 而列(つらねる)后妃(きさきみめ)之名(みな)。不見母(いろは)(みめ)(かばね)與皇女(ひめみこ)名字(みな) 不知出何書(ふみ) 後勘者(かむがへるひと)知之 【是生(あれる)倉皇子(くらのみこ) 次蘇我大臣稻目宿禰(そがのおほおみいなめのすくね)(むすめ)(いふ)堅鹽媛(きたしひめ) 堅鹽 【此云岐施志(きたし)】 生(うむ)(ななたり)(ひこみこ)(むゆたり)(ひめみこ) 其一(ひとり)(まうす)大兄皇子(おほえのみこ) 是爲橘豐日(たちばなのとよひのみこと) 其二(ふたり)曰磐隈皇女(いはくまのひめみこ) 【更名(またのな)夢皇女(いめのひめみこ)】 初侍祀(つかへまつる)於伊勢大~ 後坐姧(をかされたるにより)皇子(みこ)茨城(うまらき)解 其三(みたり)(まうす)脁嘴鳥皇子(あとりのみこ) 其四(よたり)曰豐御食炊屋(とよみけかしきやひめのみこと) 其五(いつたり)曰椀子皇子(まろこのみこ) 其六(むゆたり)曰大宅皇女(おほやけのひめみこ) 其七(ななたり)曰石上部皇子(いそのかみべのみこ) 其八(やたり)曰山背皇子(やましろのみこ) 其九(ここのたり)曰大伴皇女(おほとものひめみこ) 其十(とたり)曰櫻井皇子(さくらゐのみこ) 其十一(とをあまりひとつ)曰肩野皇女(かたののひめみこ) 其十二(とをあまりふたつ)曰橘本稚皇子(たちばなのもとのわかみこ) 其十三(とをあまりみたり)曰舎人皇女(とねりのひめみこ) 次堅鹽媛同母弟(いろど)曰小姉君(をあねのきみ) 生(うむ)(よたり)(ひこみこ)(ひとり)(ひめみこ) 其一曰茨城皇子(うまらきのみこ) 其二曰葛城皇子(かづらきのみこ) 其三曰泥部穴穗部皇女(はしひとのあなほべのひめみこ) 其四曰泥部穴穗部皇子(はしひとのあなほべのみこ) 【更名天香子皇子(あまつかこのみこ) 一書(あるふみ)云 更名住迹皇子(すみとのみこ)】 其五曰泊瀬部皇子(はつせべのみこ) 【一書云 其一曰茨城皇子 其二曰泥部穴穗部皇女 其三曰泥部穴穗部皇子 更名住迹皇子 其四曰葛城皇子 其五曰泊瀬部皇子 一書云 其一曰茨城皇子 其二曰住迹皇子 其三曰泥部穴穗部皇女 其四曰泥部穴穗部皇子 更名天香子 其五曰泊瀬部皇子 帝王本紀(すめらみことのふみ) 多(さはに)有古字(ふるきみな) 撰集(えらびさだむ)之人 (しばし)經遷易 後人習讀 以意刊(けずり)改 傳冩多 致舛雜(たがひまよふこと) 前後(さきのち)失次(ついで) 兄弟參差(あにおととかたたがひ) 今則考覈(かむがへあなぐる)古今(いにしへいま) 歸其眞正(まこと) 一往(ひとたび)難識者 且(しばらく)依一撰 而註詳(しるす)其異(け) 他(あたし)皆效(なづらふ)此】 次春日日抓臣(かすがのひつめのおみ)(むすめ)曰糠子(あらこ)。生春日山田皇女(かすがのやまだのひめみこ)與橘呂皇子(たちばなのまろのみこ) 

二年の春三月(541.03)に、五の妃を納る。元の妃、皇后の弟を稚綾姫皇女と曰す。是石上皇子を生れませり。次に皇后の弟有り。日影皇女と曰す。【此に皇后の弟と曰すこと、明けくは是桧隈高田天皇の女なり。而るを后妃の名を列ねて、母の妃の姓と皇女の名字と見ずして、何の書に出づといふこと知らず。後に勘へむ者知らむ。】是倉皇子生をれませり。次に蘇我大臣稻目宿禰の女を堅鹽媛と曰ふ。【堅鹽。此云岐施志。】 七の男、六の女を生めり。其の一を大兄皇子と曰す。是を橘豐日尊とす。其の二を磐隈皇女と曰す。【更の名は夢皇女。】 初め伊勢大~に侍へ祀る。後に皇子茨城に姧されたるに坐りて解けぬ。其の三を脁嘴鳥皇子と曰す。其の四を豐御食炊屋姫尊と曰す。其の五を椀子皇子と曰す。其の六を大宅皇女と曰す。其の七を石上部皇子と曰す。其の八を山背皇子と曰す。其の九を大伴皇女と曰す。其の十を櫻井皇子と曰す。其十一を肩野皇女と曰す。其の十二を橘本稚皇子と曰す。其の十三を舎人皇女と曰す。次に堅鹽媛の同母弟を小姉君と曰す。四の男、一女を生めり。其の一を茨城皇子と曰す。其の二を葛城皇子と曰す。其の三を泥部穴穗部皇女と曰す。其の四を泥部穴穗部皇子と曰す。【更の名は天香子皇子いふ。一書に云はく、更の名は住迹皇子といふ。其の五を泊瀬部皇子と曰す。一書に云はく、其の一を茨城皇子と曰す。其の二を泥部穴穗部皇女と曰す。其の三を泥部穴穗部皇子と曰す。更の名は住迹皇子。其の四を葛城皇子と曰す。其の五を泊瀬部皇子を曰すといふ。一書に云はく、其の一を茨城皇子と曰す。其の二を住迹皇子と曰す。其の三を泥部穴穗部皇女と曰す。其の四を泥部穴穗部皇子と曰す。更の名は天香子。其の五を泊瀬部皇子と曰すといふ。帝王本紀に、多に古き字ども有りて、撰集むる人、屡遷り易はることを經たり。後人習ひ讀むとき、意を以て刊り改む。傳へ冩すこと既に多にして。遂に舛雜を致す。前後次を失ひて、兄弟參差なり。今則ち古今を考へ覈りて、其の眞正に歸す。一往識り難きをば、且く一つに依りて撰びて、其の異なることを註詳す。他も皆此に效へ。】 次に春日日抓臣の女を糠子と曰ふ。春日山田皇女と橘麻呂皇子とを生めり。

日本書紀

古事記

石姫皇女(皇后):武小廣國押盾天皇の女
    
箭田珠勝大兄皇子
    譯語田渟中倉太珠敷尊 → 
敏達天皇
    
笠縫皇女(狹田毛皇女)
稚綾姫皇女:
皇后の弟
    石上皇子 
日影皇女:皇后の弟
    
倉皇子
堅鹽媛:蘇我大臣稻目宿禰の女
    
大兄皇子(橘豐日尊)  →用明天皇
    
磐隈皇女(夢皇女)
    
脁嘴鳥皇子
    
豐御食炊屋姫 尊→ 推古天皇
    
椀子皇子
    大宅皇女
    
石上部皇子
    山背皇子
    
大伴皇女
    
櫻井皇子
    
肩野皇女
    
橘本稚皇子
    
舎人皇女
小姉君:
堅鹽媛の弟
   
 茨城皇子
    葛城皇子
    
泥部穴穗部皇女
    
泥部穴穗部皇子(天香子皇子:住迹皇子)
    泊瀬部皇子 → 
崇峻天皇
糠子:春日日抓臣の女
    春日山田皇女
    
橘麻呂皇子

石比賣命:桧坰天皇の御子
    
八田王
    沼名倉太玉敷命 *
    
笠縫王
小石比賣命
    
上王
糠子郎女:春日日爪臣の女
    春日山田郎女
    
麻呂古王
    宗賀倉王
岐多斯比賣:宗賀稻目宿禰大臣の女
    
橘豐日命 *
    
妹石坰王
    
足取王
    
豐御氣炊屋比賣命 *
    
麻呂古王
    
大宅王
    
伊美賀古王
    山代王
    
大伴王
    
櫻井玄王
    
麻奴王
    
橘本若子王
    
泥杼王
小兄比賣:
岐多志毘賣命の姨
    
馬木王
    葛城王
    
間人穴太部王
    
三枝部穴太部王(須賣伊呂杼)
    長谷部若雀命 *
                *天の下治らしめしき


古事記は、以下のごとく伝へている。


(おと)、天國押波流岐廣庭(あめくにおしはるきひろにわ)の天皇、師木嶋(しきしま)の大宮に坐しまして、天の下治しめしき。天皇、桧坰(ひのくま)の天皇の御子、石比賣(いしひめ)の命を娶して、生みませる御子、八田(やた)の王。次に沼名倉太玉敷(ぬなくらふとたましき)の命。 次に笠縫(かさぬひ)の王【三柱】。 またその弟(いろと)、小石比賣の命を娶して生みませる御子、上(かみ)の王【一柱】。 また春日の日爪(ひつま)の臣の女、糠子(ぬかご)の郎女を娶して、生みませる御子、春日の山田の郎女。次に麻呂古(まろこ)の王。次に宗賀(そが)の倉(くら)の王【三柱】。 また宗賀(そが)の稻目宿禰(いなめのすくね)の大臣(おほおみ)の女、岐多斯(たきし)比賣を娶して、生みませる御子、橘(たちばな)の豐日(とよひ)の命。次に妹石坰(いはくま)の王。次に足取(あとり)の王。次に豐御氣炊屋(とよみけかしきや)比賣の命。次に麻呂古(まろこ)の王。次に大宅(おほやけ)の王。次に伊美賀古(いみがこ)の王。次に山代(やましろ)の王。次に妹大伴(おほとも)の王。次に櫻井の玄(ゆみはり)の王。次に麻奴(まぬ)の王。次に橘の本(もと)の若子(わくご)の王。次に泥杼(ねど)の王【十三柱】。また岐多志(きたし)毘賣の命の姨(をば)、小兄(をえ)比賣を娶して、生みませる御子、馬木(うまき)の王。次に葛城の王。次に間人(はしひと)の穴太部(あなほべ)の王。次に三枝部(さきくさべ)の穴太部(あなほべ)の王、亦の名は須賣伊呂杼(すめいろど)。次に長谷部(はつせべ)の若雀(わかさざき)の命【五柱】。凡そこの天皇の御子等、并せて廿五(はたちまりいつはしら)の王なり。この中に、沼名倉太玉敷の命は、天の下治らしめしき。次に橘の豐日の命、天の下治らしめしき。次に豐御氣炊屋比賣の命、天の下治らしめしき。次に長谷部の若雀の命、天の下治らしめしき。并せて四(よはしら)の王、天の下治らしめしき。(古事記:欽明天皇:岩波文庫)
 
元の妃とは即位以前の妃のこと、ここでは皇后石姫のこと。稚綾姫皇女と日影皇女を皇后石姫の弟
(妹と同じ)としている。桧隈高田天皇は桧天皇=武小廣國押盾天皇=宣化天皇。稚綾姫皇女は桧隈高田天皇の女(むすめ)であることは明らかだが、日影皇女は、武小廣國押盾天皇元年条書紀巻17にその名はなく、皇后石姫の弟として列ねているもののその姓(かばね)も名字も、どの書に記されたことかも分からないので、後の人がよく調べてほしいとある。
天國排開廣庭天皇が政権を固めるために、武小廣國押盾天皇の女を最優先されたことは想像に難くない。古事記は次いで春日日爪臣の女としている。春日日爪臣とは億計天皇
(仁賢天皇)元年条書紀巻15の和珥臣日爪のことと注される。古事記は当初和珥氏を優先されたとした。これは半島情勢を慮ってのことであろう。日影皇女との子、倉皇子は糠子郎女との三子の宗賀倉王にあたるとみる説があり、本居宣長は小石比賣命との子とする、つまり、きわめてあいまいとなっている。
書紀は、蘇我大臣稻目宿禰の女の方を先とした。後の結果から蘇我氏を優先したのであろうか。難波祝津宮に幸した大伴大連金村、許勢臣稻持、物部大連尾輿の中に稻目は入っていなかった。外れているようであるが、二人の女
(むすめ)、堅鹽媛と小姉君を天皇の妃としていた。稻目は非常に上手く立ち回ったといふべきか、尾輿と稻持が金村の追い落しに腐心している一方で稻目は実質をとっていた。磐隈皇女を伊勢大~に侍へさせた。斎王といふは天皇の名代のごときものであり、稻目にとっては名誉なことであった。しかし、結果的には妹の長男、茨城皇子が姧したといふ、恋であったかもしれないが、斎王には許されぬ行為であり、不祥事となった。小姉君との間の御子については、異同があった。

 本文

 一書

 一書

 茨城皇子
 葛城皇子
 
泥部穴穗部皇女
 
泥部穴穗部皇子(天香子皇子:住迹皇子)
 泊瀬部皇子
 

 茨城皇子
 穴穗部皇女
 穴穗部皇子(住迹皇子)
 葛城皇子

 泊瀬部皇子

 茨城皇子
 住迹皇子
 穴穗部皇女
 穴穗部皇子(天香子皇子)
 泊瀬部皇子


帝王本紀により記されたのであるが、帝王本紀自体に問題があったとしている。しかし、その内容については、顔師古注の漢書叙例の引用と注される。
「漢書の旧文に、多に古字(今文に対する古文の文字)有り。解説の後、屡遷易を經、後人の習讀、意を以て刊改す(意にのっとりて改める)。伝写既に多く、称は更た浅俗、今則ち古本を曲覈し(つぶさに詳しく調べ)、其の真正に帰す。一往識り難きは、皆従ひて之を釈す。」「文字は繁多にして、遂に舛雜を致し(入り乱れ)、前後は次を失ひ、上下は方を乖(そむ)き、昭穆(廟の祖先の順位)は參差す(揃はず違ふ)。」とある。古字を”ふるきみな”と訓じており、古い呼称であり、誰の呼称であるかが分からなくなっているとしたのであろう。帝王本紀のこの部分に関する異同は上記のとおりであるが、その他が、どこまで実情を反映しているかは分からない。帝王本紀については、聖徳太子の項でみることにする。
小姉君との間の御子には、泥部穴穗部、泊瀬部といふ部が冠されている。穴穗部は大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)が十九年に穴穗部を置かれたもの書紀巻14、泊瀬部は、大泊瀬幼武天皇、小泊瀬稚鷦鷯天皇(武烈天皇)の泊瀬に起因するもの、葛城はかの葛城襲津彦の地であった。堅鹽媛との間の御子に、石上部皇子がおられ、石上は物部氏に起因する。天皇は、御子をその名を冠することで何を求められたのか。これらの勢力を取り込むことであろうが、これは両妃の父である稻目にとっても勢力の拡大に大いに利したものと考へられよう。

夏四月(うづき) 安羅(あら)次旱岐(しかんき)夷呑奚(いとんけい)、大不孫(だいふそん)、久取柔利(くすぬり)、加羅(から)上首位(おこししゆゐ)古殿奚(こでんけい)、卒(そちま)旱岐(かんき)、散半奚(さんはんげ)旱岐兒(こ)、多羅(たら)下旱岐(あるしかんき)夷他(いた)、斯二岐(しにき)旱岐兒、子他(した)旱岐等(ども) 與任那(みまな)日本府(やまとのみこともち)吉備臣(きびのおみ)【闕(もらす)名字(な)】 往赴(ゆく)百濟(くだら) 倶(ともに)(うけたまはる)詔書(みことのりのふみ) 百濟聖明王(せいめいわう)(かたる)任那旱岐等言(いふ) 日本(やまと)天皇(すめらみこと)所詔(のたまふ)者 全(もはら)以復(かへす)建任那 今用(もて)何策(はかりごと) 建任那 盍(なにぞ)(おのおの)(つくす)(いさをしき) 奉(たてまつる)(のべ)聖懷(みこころ) 任那旱岐等對(こたふ)(いふ) 前(さきに)再三廻(ふたたびみたび) 與新羅議(はかる) 而(しかれども)無答報(こたへまうす) 所圖(はかる)之旨(むね) 更(また)新羅 尚(なほ)無所報 今宜倶(まだす)使(つかひ) 徃(まうでる)(まうす)天皇 夫建任那者 爰(ここに)(たもつ)大王(きみ)之意(こころ) 祗(つつしみて)(うく)(をしへのたまふ)旨 誰敢間(いなぶ)(まうす) 然(しかる)任那境(さかひ)(まじはる)新羅 恐(おそるらく)致卓淳等(とくじゅんら)(わざはひ)【等(ら)謂㖨己呑(とくことん)、加羅 言(いふこころ)卓淳等國 有敗亡(やぶるる)

夏四月に、安羅の次旱岐夷呑奚、大不孫、久取柔利、加羅の上首位古殿奚、卒麻の旱岐、散半奚の旱岐の兒、多羅の下旱岐夷他、斯二岐の旱岐の兒、子他の旱岐等と、任那の日本府吉備臣と、名字を闕せり、百濟に往赴きて、倶に詔書を聽る。百濟の聖明王、任那の旱岐等に謂りて言く、「日本の天皇の詔ふ所は、全ら、任那を復し建てよといふを以てせり。今何の策を用てか、任那を起し建てむ。盍ぞ各忠を盡して聖懷を展べ奉らざらむ。」任那の旱岐等對へて曰く、「前に再三廻、新羅と議りき。而れども答へ報すこと無し。圖る所の旨を、更新羅に告ぐとも、尚し報す所無けむ。今宜倶に使を遣して、徃でて天皇に奏すべし。夫れ任那を建てむことは、爰に大王の意を在ちたまへり。祗みてヘふ旨を承けむ。誰か敢へて間び言さむ。然るを任那の境は新羅に接れり。恐るらくは卓淳等が禍を致さむことを。」 等といふは㖨己呑、加羅を謂ふぞ。言は卓淳等が國のごとくに、敗亡るる禍有らむとなり。

注によれば、卒麻は慶尚南道金海郡率利馬
(金海市)の地とする説がある。散半奚は慶尚南道草渓(陝川郡草渓:地図、斯二岐は慶尚南道宜寧(宜寧郡宜寧:地図、子他は慶尚南道居昌(居昌郡居昌:地図、あるいは晋州(晋州市)の地か。安羅はこのころの日本府所在地、夷呑奚は他に見えず、大不孫、久取柔利は五年十一月条で下旱岐とある。古殿奚は男大迹天皇(繼體天皇)七年十一月条の伴跛(はへ)の既殿奚と同一人物。夷他は他に見えず、次旱岐、上首位、旱岐、下旱岐は官職名とある。代表者であり、王あるいはその代理となろう。
安羅
古地図、加羅、卒麻、散半奚、多羅、斯二岐、子他の代表と任那の日本府吉備臣(名前が分からない)が百濟の聖明王の所へ行き天皇の詔書を聽いた、といふ。
新羅に奪われた南加羅、㖨己呑を回復せよというのが天皇の意向であるが、方策は如何にと聖明王が申された。代表者達の声は苦渋に満ちていた。何度も新羅に申し入れたが何の返答も無い。天皇の御心も新羅に伝えたが返答は無い。天皇に奏上いただきたい。大王とは聖明王への敬称と注される。大王が任那を回復しようとされていること、お教えいただければ謹んで承りたい。それに異論はありません。ただ、新羅と国境を接しているのは我々であり、新羅が返答をしないというのは、卓淳、㖨己呑、加羅
(南加羅)のように我等を取り込んでゆく所存でしょう、と懸念を表明した。

聖明王曰 昔我先(とほつおや)古王(そくこわう)、貴首王(くゐしゆわう)之世 安羅(あら)、加羅(から)、卓淳(とくじゅん)旱岐等(かんきら)、初(つかはす)使(つかひ)(あひかよはす) 厚結親好(したしきむつび) 以爲子弟(やから) 冀(ねがふ)可恆(さかゆる) 而今被誑(あざむかれる)新羅使天皇忿怒(いかる) 而任那憤恨(うらむ) 寡人(おのれ)(あやまり)也 我深懲悔(こりくいる) 而下部(かほう)中佐平(しそさへい)(まろ)、城方(じやうはう)甲背(かふはい)昧奴等(まなら) 赴加羅 會(つどふ)于任那日本府(やまとのみこともち)相盟(あひちかふ) 以後(それよりのち) 繋(かく)(おもひ)相續 圖建任那 旦(あした)(ゆふべ)無忘 今天皇(すめらみこと)詔稱(のたまふ) (すみやかに)建任那 由是欲(おもふ)共爾(いまし)(ともがら)謨計(はかる) 樹立(たつ)任那等國 宜善圖之 又於任那境 徴召(めす)新羅 問聽與不(うけたまはらむやいなや) 乃倶使 奏聞(まうす)天皇 恭(つつしみて)(うけたまはる)示ヘ(しめしをしへる) 儻如(もし)使人(つかひ)之際(あひだ) 新羅候(うかがふ)隙 侵逼(をかしせむ)任那。我當往救 不足爲憂(うれへ) 然善守備 謹警(つつしむ)無忘 別(ことに)(いまし)所噵(いふ) 恐致卓淳等(わざはひ)。非新羅自(みづから) 故所能爲也 其㖨己呑(とくことん) 居(ゐる)加羅與新羅境際(きは) 而被(とししきり)攻敗 任那無能救援 由是見亡(ほろぼされる) 其南加羅(ありひしのから) 蕞爾(ちひさく)狹小(すこしき) 不能卒(にはか)備 不知所託(つく) 由是見亡 其(かの)卓淳 上下(かみしも)(はなれ)(ふたごころあり) 主(きみ)(おもふ)(みづから)(したがふ) 内應(うちあひす)新羅 由是見亡 因斯而觀 三國之敗 良(まことに)有以(ゆゑ)也 昔新羅(たすけ)於高麗 而攻撃(うつ)任那與百濟 尚(なほし)不剋之(かたずありき) 新羅安(いづくにぞ)獨滅任那乎 今寡人(おのれ) 與汝(いまし)(あはせる)(あはせる)心 翳(かくる)(みたまのふみ)天皇 任那必 因物各(おのおの)有差(しな) 忻忻(よろこぶ)

聖明王曰く、「昔我が先祖速古王、貴首王の世に、安羅、加羅、卓淳の旱岐等、初めて使を遣して相通して、厚く親好を結べり。以て子弟と爲りて、恆に驍艪ラきことを冀ふ。而るを今新羅に誑かれて、天皇を忿怒りまさしめて、任那をして憤恨みしむるは、寡人の過なり。我、深く懲り悔いて、下部中佐平麻鹵
(まろ)、城方甲背昧奴(まな)等を遣して、加羅に赴きて、任那の日本府に會ひて相盟ひき。以後、念を繋くること相續きて、任那を建てむと圖る。旦にも夕にも忘るること無し。今天皇詔して稱はく、『速に任那を建てむぞ』 是に由りて、爾が曹と共に謨計りて、任那等の國を樹立てむことを欲ふ。善く圖るべし。又任那の境に、新羅を徴召して、聽らむや不やといふことを問はむ。乃ち倶に使を遣はして、天皇に奏聞さしめて、恭みて示しヘへたまはむことを承らむ。儻如し使人の未だ還らざる際に、新羅、隙を候ひて、任那を侵し逼めば、我、當に往きて救はむ。憂とするに足らじ。然れども善く守り備へて、謹警みて忘るること無かれ。別に汝の噵ふならく、卓淳等の禍を致さむことを恐るといふは、新羅の、自ら強き故に、能くせし所に非ず。其の㖨己呑は、加羅と新羅との境の際に居て、連年に攻め敗られたり。任那も能く救ひ援くること無し。是に由りて亡されき。其の南加羅は。蕞爾く狹小しきにして、卒に備ふること能はずして、託く所を知らざりき。是に由りて亡されき。其の卓淳は、上下携れ貳あり。主自ら附はむと欲ひて、新羅に内應す。是に由りて亡されき。斯に因りて觀るに、三つの國の敗れたること、良に以有り。昔新羅、援を高麗に請ひて、任那と百濟とを攻撃ちしかども、尚し剋たずありき。新羅、安ぞ獨り任那を滅さむや。今寡人、汝と力を戮せ心を并せて、天皇のョに翳れば、任那必ず起らむ。」 因りて物贈ること各差有り。忻忻びて還る。

速古王は、氣長足姫尊
(~功皇后)四十六年条書紀巻9の肖古王、貴首は、氣長足姫尊四十九年条書紀巻9王子の貴須の時に、百濟と安羅、加羅、卓淳は相通じて、子弟となり、栄えることを願った。新羅が欺くとは、新羅が卓淳や㖨己呑、南加羅を編入したこと。任那が怨むようになったのは聖明王自身の過ちであった、といふ。それに懲りて悔い、男大迹天皇二十三年(529年)に、將軍君尹貴、麻那(まな)甲背、麻鹵(まろ)等を安羅に派遣して調停を計ろうとしてうまくゆかなかったが、今は下部中佐平となった麻鹵と城方甲背となった麻那を加羅に派遣し、日本府に集って盟を結んだ。それ以降任那を建てることを図ってきた。今度は、任那の境に新羅を召して、天皇の詔を聽くか否かを問ふ。共に使者を派遣し、天皇に奏聞させ示教されることを承ろう。もし、使者が戻る前に、新羅が任那を侵し攻めるなら、私が救援をするので心配することはない。しかし、警戒を怠ってはならない。卓淳等の禍は、新羅が強い故ということではない。㖨己呑は、加羅と新羅の境にあり、連年攻められ、任那も救援できなかったことによる(地勢が悪いということか)。南加羅は弱小であり、軍備に劣るに、連携すべき相手を持たなかったことによる。卓淳は、上下が割れて、(君)主が新羅に内応したことによる。いづれもその原因が有る。昔、新羅が高句麗に援助を求め、任那と百濟を攻めたが勝てなかったではないか。新羅のみで任那を滅ぼすことは出来ない。私と皆が力を合はせ、天皇の霊威に振い立てば、任那は必ず起こる、と言ひ、それぞれに贈り物を与へると、喜んで帰ったといふ。

天皇の詔書が聖明王から伝へられる。任那の日本府の吉備臣から伝へられるなら理解できるが、何故、聖明王が伝へるのか?聖明王が実効支配力を有していたとなるのか?平成の国家概念では理解不能な成り行きである。

この経緯をもう一度辿ってみよう古地図
発端は、男大迹天皇
(繼體天皇)六年(512年)に、任那國の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、四つの縣を百濟(武寧王)に与えたことにある。穗積臣押山に筑紫國馬四十頭をもたせ百濟に派遣した(40頭の馬を献じた動機は不明)。その答礼の使者が四縣を請ふた。哆唎國守に就任していた穗積臣押山は、この四縣は日本から遠く、維持するのが困難であり、近接する百濟に任せた方がいいと進言し、大伴金村が同調した。(男大迹天皇の即位には反対者も多く、半島での不測の事態に対応することが困難という認識があったのだろうか。)大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)二十一年(477年)高句麗に敗れた百濟に久麻那利(下哆呼唎縣の別邑)を与へた故事もあった。高句麗の南下政策は続いており、百濟は新羅との連携により対抗していた。512年には、百濟(武寧王)は梁に入貢して「使持節都督百濟諸軍事寧東大將軍を叙任」しており、この四縣を支配下におくことがなんとしても必要であり、穗積臣押山、大伴金村は百濟より賂を受けたと噂された。
しかし、日本国内では、反対意見が根強く、使者の物部麁鹿火は妻の知恵で、病気を理由に辞退し、太子であった勾大兄皇子はこれを阻止しようとしたとあった。それは本来の国境と異なり、それを割いて他国に与へることの危険性、官家を置いた國を乞われるままに容易く与へてはならないとするものであった。
七年
(513年)に、百濟は五經博士を伴い来朝し(男大迹天皇は漢文化の導入を計ろうとしたのか)、伴跛が己汶を奪ったと抗議をし、天皇は伴跛を制し、己汶と帶沙を百濟に与へた。八年(514年)に、伴跛はこれに反撥し、反乱を起し、九年(515年)に物部連を派遣したが逆に攻められ、十年(516年)に百濟が物部連に加勢して伴跛を鎮圧した。日本(やまと)のかつての軍事的プレゼンスは低下の一途であり、任那は不安定な状態に陥った。
514年に即位した新羅の法興王は、517年に兵部を設置し、520年には官位制度を整へ、521年百濟に伴われて梁に入貢し、着々と力を蓄えてきた。新羅本紀によれば、法興王九年
(522年)に加耶國王が新羅と婚を請ひ、新羅はこれに応じた。卓淳や㖨己呑も当初は、南加羅と同じく、新羅に寄りかかって安定を計ろうとしたのであろう。しかし、新羅はこれらを自らに編入し、更に九州の磐井に手を伸ばした。
523年に武寧王が崩御され、524年に太子明(聖明王)が即位されたが、外交方針は同じであった。
日本
(やまと)は、廿一年(527年)近江毛野臣に衆六萬を率いて任那に派遣し、南加羅、㖨己呑を回復しようとしたが、新羅に援助される磐井の乱が起こり、それどころではなくなった(日本は百濟一辺倒ではないが、磐井の乱は親新羅豪族には痛手となったであろう)。任那の日本(やまと)に対する不安、不信感は増大した。
528年磐井の乱が鎮圧され、廿三年
(529年)になると、聖明王は下哆唎國守穗積臣押山(百濟管轄の国の國守とは理解不能だが、事実なら日本の影響力を残して与えたことになり、他もそうであった可能性も考慮せねばならない)を通じ、加羅の多沙津(港)を要求し、男大迹天皇はこれを受諾した。これには加羅(大加羅:慶尚南道の高霊の地)は驚愕し、その非を訴へた。使者の物部伊勢連父根、吉士老等は加羅王にも聖明王にも面と向かって返答ができず、文書係をたて意向を伝える事態であったと記していた。加羅は日本を怨み、新羅に婚を求め頼ったが、新羅の衣冠を着用することを強要され、関係はくずれ、南で三城、北で五城を新羅に抜かれた。そのことがあり、日本(やまと)は毛野臣を派遣し、安羅で百濟と新羅の代表を招いたが、毛野臣と安羅間の話となり百濟と新羅はカヤの外という奇妙な進展となった。たまらず、任那王の己能末多干岐(このまたかんき:加羅の阿利斯等)が来朝し、大伴金村を通じ、かつての国境を回復することを訴へた。
天皇は、毛野臣に百濟と新羅の双方から事情を聴取し、和解をさせることを約して、己能末多干岐を返した。毛野臣は両国王を熊川に召集したが、両国王は使者をたてて来ず、毛野臣は激怒し、国王でなくば天皇の詔は伝えぬ、次は追い返すと恫喝したが、新羅は大臣に兵三千を従わせて天皇の詔を伺いたいと圧力をかけてきた。結局新羅は洛東河の河口付近を荒らし、村民を連れ帰る事態となり、天皇の外交政策は行き詰ってしまった。更に、毛野臣は任那における日本人男性と任那女性の間の子の帰属を確認するために探湯を用い、問題をこじらせてしまった。天皇は毛野臣を召喚したが、戻らず、召喚の使者を城の守りに付け、足止めをする所業となった。阿利斯等は仕方なく、今度は、毛野臣を排除するために、新羅と百濟に救援を求めた。
廿四年
(530年)秋九月に、百濟が新羅と共に毛野臣の籠る城を圍んだが、膠着状態となり、百濟と新羅は五つの城を拔き引き上げた(阿利斯等の計画は毛野臣に漏れており、百濟は不意を討たれ、戦闘に巻き込まれた感があるが、日本と協力して任那を建てるとは乖離しすぎる)。532年には南加羅王金仇亥は妃と三子を伴って新羅に下った。支離滅裂の外交的失策が続き、531年に男大迹天皇は崩御された。
百濟に四縣を与へることに反対した勾大兄皇子、廣國押武金日天皇
(安閑天皇)紀には一切言及が無く、武小廣國押盾天皇(宣化天皇)二年(537)書紀巻18で、大伴金村の子、狭手彦が任那を鎭め、百濟を救ったとある。しかし、任那の何をどう鎭め、百濟のなにをどう救ったか記載が無い。
聖明王の十六年
(538年)、百濟は、熊津から南下して南扶餘地図に都を遷した。十八年(540年) 高句麗の牛山城を攻め、十九年(541年)に梁に入貢し毛詩(詩経)博士涅槃等經義并せて工匠、画師等を連れ帰っている。
539年に武小廣國押盾天皇が崩御され、540年に天國排開廣庭天皇
(欽明天皇)即位。八月に、高麗、百濟、新羅、任那が使を派遣をしてきたのは奇異であるが、即位の祝賀の使者であったのかもしれない。
天國排開廣庭天皇元年に、大伴金村は百濟に四縣を与へることをすすめたことで失脚をした。
天國排開廣庭天皇は百濟聖明王に直接意を伝へ、「新羅に奪われた南加羅、㖨己呑を回復せよ」とする詔を聖明王から任那諸国に伝へること要請し、それが実現したことになる。三国史記には、そのような話の痕跡も無い。平成の人間には見えない相互関係があり、信じ難い展開である。
日本
(やまと)の任那における軍事的プレゼンスの低下が主因であり、高句麗の南下による百濟の南方への領土確保が任那を混乱させ、日本、百濟双方とも新羅の国力増強を過小評価しており、ここに至りその脅威に目覚めたと映る、引き続きみてみたい。

秋七月
(ふみづき) 百濟(くだら)聞安羅(あら)日本府(やまとのみこともち)與新羅(かよはす)(はかりごと) 前部(ぜんほう)奈率(なそち)鼻利莫古(びりまくこ)、奈率(なそち)宣文(せんもん)、中部(ちうほう)奈率(なそち)木刕眯淳(もくらまいじゅん)、紀臣(きのおみ)奈率(なそち)沙等(みまさら) 【紀臣奈率者 蓋是紀臣娶(とる)(から)(をみな)所生 因留百濟爲奈率者也。未詳(つばひらかにす)其父(かぞ) 他(あたし)皆效(ならふ)此也】 使(つかひす)于安羅 召到新羅任那執事(つかさ)(はかる)建任那。別(ことに)(もて)安羅日本府河内直(かふちのあたひ)通計(はかりごと)新羅 深責(せめる)(のる)之 【百濟本記(くだらほんき)(いふ) 加不至費直(かふちのあたひ)、阿賢移那斯(あけえなし)、佐魯麻都等(さろまつら) 未詳(つばひらかにす)也】 乃謂(かたる)任那曰(いふ) 昔我先(とほつおや)古王(そくこわう) 貴首王(くゐしゆわう) 與故旱岐等(もとのかんきら) 始約(むすぶ)和親(にきびむつぶること) 式(もて)(なる)兄弟(このかみおとと) 於是 我以汝(いまし)爲子(こ)(いろど) 汝以我爲父(かぞ)(いろね) 共事(つかへる)天皇 倶(ともに)(ふせく)強敵(こはきあた) 安(やすむ)國全(またくす)(いへ)至于今日(いま) 言(われ)念先(とほつおや)與舊旱岐(もとのかんき) 和(にきぶ)(むつぶ)之詞(ことば) 有如晈日(てるひ)。自(より)(これ)以降(のち) 勤(ねむごろに)(をさむ)隣好(ちかきよしみ) (あつし)與國(となりぐに) 恩(めぐみ)(こゆ)骨肉(やから) 善(うるはし)(はじめ)(ある)(おはり) 寡人(おのれ)之所恆(つねに)願 未審(いぶかし)(よる)(かろがろし)用浮辭(そらごと) 數歳(あまたとせ)之間(あひだ) 慨然(うれたく)失志 古人(いにしへのひと)(いふ) 悔無及 此之謂也 上(かみ)(いたる)雲際(おほぞら) 下(しも)及泉中(したつくに) 誓~(たましひ)乎今 改咎乎昔 一(もはら)無隠匿(かくししのぶ) 發露(あらはす)所爲 (まことのこころ)(かよはす)(かみ) 深自(みづから)(よく)(せむ) 亦所宜取 蓋聞 爲人後(つぎ)者 貴(たふとぶ)能負荷(おひになふ)(おや)(あと) 克(よく)(さかやかにす)堂構(おやのこと) 以成勲業(いたはり)也 故(かれ)(かたつ)(おや)(つぎ)(にきぶ)(むつぶ)之好(よしみ) 敬(うやまひて)(したがふ)天皇(すめらみこと)詔勅(みことのり)之詞(みことば) 拔取新羅(しらき)所折(へつる)之國 南加羅(ありひしのから) 己呑等(とくとこんら) (かへしつく)本貫(もとのくに) (うつしみつ)任那 永(ながく)(して)(かぞ)(いろね) 恆朝(つかへる)日本(やまと) 此寡人(おのれ)之所食(ものくらふ)不甘味(うまからず) 寢(いぬ)不安(やすむ)(しきゐ) 悔往(むかし)戒今之 所勞(いたはしむ)(おもふ)也 夫新羅甘言(うまこと)(ねがふ)(あざむく) 天下(あめのした)之所知也 汝等(いましたち)(みだりに)(うく) (おちる)人權(はかりこと) 方今(いま)任那境接(まじはる)新羅 宜常設備 豈能弛(ゆるむ)(まぼり) 爰恐 陷罹(おちかかる)誣欺(しひあざむく)網穽(あみあな) 喪(うしなふ)國亡(ほろぼす)家 爲(なる)人繋虜(とりこ) 寡人(おのれ)(おもふ)茲 勞(いたはす)(おもふ)而不能自(みづから)(やすむ)矣 竊(ひそかに)聞 任那(みまな)與新羅(しらき)(めぐらす)(はかりごと)(しきゐ)(きは) 現(しめす)(はち)(をろち)(しるまし) 亦衆(ひと)所知 且(また)(それ)(つちのわざはひ) 所以(ゆゑ)戒行(しわざ) 災異(あめのわざはひ)所以悟人 當(まさに)是 明天(あめ)告戒(つげいましむること) 先靈(さきのみたま)之徴表(しるし)者也 (わざはひ)悔 滅後思興(おこる) 孰(いづくにか)(ここ)及矣 今汝(いまし)(したがふ)(われ) 聽(うけたまはる)天皇(すめらみこと)(みことのり) 可立任那 何患(うれふ)不成 若欲(おもふ)長存本土(もとのくに) 永御(をさむ)舊民(もとのたみ) 其謨(はかりごと)在茲 可不愼也 

秋七月に、百濟、安羅の日本府と新羅と計を通ずを聞きて、前部奈率鼻利莫古、奈率宣文、中部奈率木刕眯淳、紀臣奈率彌麻沙等を遣して、【紀臣奈率は、蓋し是紀臣の、韓の婦を娶りて生める所、因りて百濟に留りて、奈率と爲れる者なり。未だ其の父を詳にせず。他も皆此に效へ】 安羅に使して、新羅に到れる任那の執事を召して、任那を建てむことを謨らしむ。別に安羅の日本府の河内直の、計を新羅に通すを以て、深く責め罵る。【百濟本記に云く、加不至費直、阿賢移那斯、佐魯麻都等といふ。未だ詳ならず】 乃ち任那に謂りて曰く、「昔我が先祖速古王、貴首王と、故旱岐等と、始めて和親を約びて、式て兄弟と爲る。是に、我は汝を以て子とも弟ともし、汝は我を以て父とも兄ともす。共に天皇に事へて、倶に強敵を距く。國を安みし家を全くして、今日までに至る。言、先祖の舊旱岐と、和び親びし詞を念へば、晈日の如くなること有り。茲より以降、勤に隣好を修めて、遂に與國に敦し。恩、骨肉に踰ゆ。始に善しく、終有らむことを、寡人が恆に願ふ所なり。未審し、何に高閧トか輕しく浮辭を用ゐて、數歳の間に、慨然く志を失へる。古人の云へらく、『追ひて悔ゆれども及ぶこと無し』といへるは、此を謂ふか。上は雲際に達り、下は泉中に及ぶまでに、~を今に誓ひて、咎を昔に改めむ。一ら隠し匿ぶること無くして、爲す所を發露さむ。精誠靈に通して、深く自ら克く責めむことは、亦取るべき所なり。蓋し聞く、人の後を爲す者は、能く先の軌を負ひ荷ひ、克く堂構を昌して、勲業を成さむことを貴ぶ。故、今追ひて先の世の和び親びし好を崇て、敬ひて天皇の詔勅の詞に順ひて、新羅の折れる國、南加羅、㖨己呑等を拔き取りて、本貫に還し屬け、任那に遷し實てて、永く父とも兄とも作て、恆に日本に朝らむ。此寡人が食へども甘味からず、寢ぬれども席を安みせざる所なり。往を悔い今を戒めて、勞み想ふ所なり。夫れ新羅甘言して誑くことを希ふは、天下の知れる所なり。汝等、妄に信けて、既に人の權に堕ちき。方今(いま)任那の境、新羅に接れり。常に備を設くべし。豈に能く柝を弛べむや。爰に恐るらくは、誣ひ欺ける網穽に陷ち罹りて、國を喪ひ家を亡して、人の繋虜と爲らむことを。寡人、茲を念ひて、勞しみ想ひて自ら安みすること能はず。竊に聞く、任那と新羅と、策を運らす席の際に、蜂蛇の怪を現すことを。亦衆の知れる所なり。且夫妖祥は、行を戒むる所以なり。災異は人に悟らしむる所以なり。當に是、明天の告戒、先靈の徴表なり。禍至りて追ひ悔い、滅びて後に興らむと思ふとも、孰か云(ここ)に及ばむ。今汝、余に遵ひて、天皇の勅を聽りて、任那を立てつべし。何ぞ成らざることを患ふる。若し長く本土を存ち、永く舊民を御めむと欲はば、其の謨茲に在り。愼まざるべけむや」。

四月条に、「任那の日本府吉備臣、名字を闕せり」とあった。安羅の日本府となっており、当時は日本府は安羅にあったと見られているが、ミコトモチ(使臣)のみで政庁があったわけではないとする説もあると注される。中国に入貢し、「将軍」に叙せられば、將軍府を置き、長史、司馬、諮議参軍を置くことができた。元嘉二十年(443年)に、宋は倭王、濟を安東將軍、倭國王に叙し、ついに二十八年(451年)には、使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓(+倭國)六國諸軍事を加へ、併せて、二十三人を軍、郡に叙したとある。独自の指揮系統を持つ機関なくして、半島での軍事と郡政を実施することがどうして出来よう。この時比べれば、随分と縮小しているが、使臣のみでは動かしようもあるまい。
さて、日本府と新羅が通じているという話であるが、百濟と新羅も通じており、任那各国がお互い通じ合っているのが実状であり、弘計天皇
(顯宗天皇)三年(487年)に、紀生磐宿禰(きのおひはのすくね)が高句麗と手を組み三韓の王たろうとしたことが記されていた。高句麗と使節の往来は依然としてある。後漢に入貢した奴国の時代には弁韓の狗邪国(駕洛、伽耶)が中心、天日槍の時代はもっぱら新羅や伽耶との交流であり、百濟との関係が本格化するのは肖古王の時代になってからであった。氣長足姫尊(~功皇后)政権の半島政策の中枢にあった葛城襲津彦が新羅と通じていたという話すらあった。半島の出先機関を奈良から完全に掌握するといふは容易なことではない。この期の日本の半島政策について、半島に居た日本人が男大迹天皇(繼體天皇)や毛野臣の施策に危うさを覚え、別行動を執っていたとして不思議は無い。百濟の行動に疑念を抱いたとしても当然である。大勢は肖古王以来急速に進んだ百濟との連携を維持する方向にある。しかし、一連の経緯からすれば、本来の国境をおかしくする発端は百濟にあった。また、百濟本記が引用されており、一連の記述の情報源となっていたのだろう。
前部、中部は百濟の五部の二つ、奈率は六品官。紀臣奈率は、紀臣が百濟の名士の娘を娶って出来た子が、百濟で奈率となった人物。百濟で名士の娘を娶り、官位に就く者もあり、日本
(やまと)から派遣されてくる日本府の官に現地事情を指南する立場にあった。百濟から帰化した者が日本(やまと)で姓(かばね)を得た。馬飼首など首(おびと)は渡来系である。これは百濟に限らず、他の任那の国、新羅においても起こっていた現象であり、貴族の人脈は一筋縄ではいかないものがあった。河内直が新羅と通じているというのは特殊なケースではあるまい。百濟本記によれば、阿賢移那斯(あけえなし)佐魯麻都(さろまつ)等が実質的な差配をしていたようである。それは後にみよう。
尚、河内直は七世紀後半に河内湖のほとりの生駒山西麓に河内寺を構えた氏族である
「河内湖のほとりの生駒山西麓には、縄文・弥生の遺跡が多くありますが、5世紀から6世紀にかけて、それまでとは連続性のない集落が出現します。この集落跡や、群集古墳からの出土物には、ある特徴がありました。土器は韓式系土器や、ろくろという新しい道具を使った須恵器が多く発見され、家屋の中には、朝鮮半島由来の造りつけのかまど跡が見られます。また、鉄製品をつくったと推定される鉄滓(てっさい・てつくず)やガラス玉をつくったと思われる石の鋳型など、当時、最新の技術がみられます。(植附古墳群・神並遺跡・縄手遺跡等) また、今まで日本列島にいなかった馬が飼われはじめ、生駒山西麓は馬の一大産地になっていたようです。(山畑古墳群・出雲井古墳群等の馬具や、日下遺跡の馬の埋葬跡) このようなことから、中国大陸や朝鮮半島の争乱を逃れて大量の渡来人が古墳時代の日本列島に移ってきて、河内湖のほとりに定住したと考えられます(河内寺(こんでら)廃寺考2)。」「朝鮮半島の百済からやってきたと思われる河内氏の祖先は、河内湖の低湿地帯の開拓などで地方豪族としての力をたくわえていましたが、河内氏と認められ、直(あたい)という地方豪族に与えられる姓(かばね)をもらい、河内郡の大領(地方長官)に任命されたようです。河内直の名は、すでに5世紀中頃に造られたと思われる『隅田八幡神社人物画像鏡』(和歌山県橋本町・国宝)に、『開中費直(かわちのあたい)』としてみえます(河内寺(こんでら)廃寺考2)。」とある。河内直は百濟系であるが、親新羅派とみなされていたことになる。
任那の執事は、任那の諸旱岐の下の官人と注され、日本府の執事とは別とされる。まずは、安羅に派遣され、任那の執事で新羅に派遣される執事となろうか、任那を建てよと百濟の意向を伝へた。安羅の日本府の河内直から新羅に計画が筒抜けになっていると激しく非難をし、一線を画したうえで、聖明王のことばを伝へた。国と国の関係を兄弟、父子関係で語る。
百濟と任那諸国は兄弟の和親関係で始まった。今後は諸国を子とも弟ともし、父とも兄としても接したい。共に天皇に仕へて、強敵を防ぎ、国を安んじ家を全うし、今日に至る。言は我のこと、お互いの先祖の交わした和親のことばを思い起こせば、それは、照る陽のごとく明らかである。これからは、隣として好
(よし)み、与國に厚くし、天皇の恩は族を越えたものであり、善始有終(素晴らしい始まりがあり終りを全うする)を、寡人(おのれ:君主が自らを謙っていう)は常々願ってきた。どうしてこうなったのか、近年軽々に互いを非難し合い、その志を失ってしまった。『追ひて悔ゆれども及ぶこと無し』(左伝、哀公六年条、「作而悔後 亦無及也」といふ。天地に及び~に今を誓ひ、咎を昔に改め(元に戻して)、お互い隠しだてをせず、思ふ所を述べ、先祖の霊に鑑み深く自省しよう。以下は呉志、張昭伝、「昭謂権曰 夫為人後者 貴能負荷先軌 克昌堂構 以成勲業也」による、と注される。後継者たる者、先人を手本として、その堂構(家門)を盛んにし、業績を挙げること。だから、今こそ、先世の和親の好を崇(あが)め敬い、天皇の詔勅に従ひ、新羅にへつられた南加羅、己呑等を取り戻し、原状を回復し再び任那とし、日本(やまと)を父、兄として朝しよう。呉志、薛綜伝「食不甘味 寝不安席」は常套句と注される。このままでは、寡人、食事をしても味が分からず、寢ても寝床に安らげず。過去を悔い今を戒め、いたみいる。新羅が甘言を弄して欺かんとするは天下の知るところ、妄(みだ)りに信じ、その天秤にかけられてはいけない。今、任那の境は己呑が編入され)新羅に直に接しており、常に備へ、柝(夜警)を緩めてはいけない。うっかりひっかかってしまえば、国を喪(うしな)ひ家を亡し捕虜となるやもしれぬ。寡人、それを思ふと、いたみいること心安まることが無い。こういう噂を耳にする、任那と新羅が策謀すれば奇怪なことが起こる。かの妖祥(わざわいのきざし)といふものは、行いを戒めるもの、災異(天変地異)は人に悟らせるものであり、まさに天が告げ戒める、先祖の霊が示す徴(しるし)の表れである。禍に遭って悔いる、滅びてから興そうとしても手遅れである。今こそ私に従ひ、天皇の勅を承り、任那を立つべし。どうして成らざるを憂ふのか、もし、長くその地を保ち、その民を治めようと思ふなら、これしかない、いざ心を決められよ。


聖明王
(せいめいわう)(また)(かたる)任那日本府(やまとのみこともち)(いふ) 天皇詔(みことのりす)(のたまふ) 任那若(もし)(ほろぶ) 汝(いまし)(すなはち)無資(よすが) 任那若興(おこる) 汝則有援(たすけ) 今宜興建任那 使如舊日(もと) 以爲汝助(たすけ) 撫(なでる)(ひだす)黎民(おほみたから) 謹(つつしむ)承詔勅(おほみことのりごと) 悚(かしこまる)(おそる)(みつ)胸 誓(ちかふ)(いたす)丹誠(あきらけきこころ) 冀(ねがふ)(さかやか)任那 永事(つかふ)天皇 猶如徃日(むかし) 先慮未然(ゆくさき) 然後康樂(やすし) 今日本府 復能依(まま)詔 救助任那 是爲(みため)天皇 所必褒(ほめる)(あげる) 汝(いまし)身所當賞祿(たまひもの) 又日本卿等(まへつきみたち) 久住(とどまる)任那之國 (まじはる)新羅之境。新羅情状(あるかたち) 亦是所知 毒(そこなふ)任那 謨(はかる)(ほせく)日本 其來(ありくる)(ひさし)矣 匪(あらず)唯今年 而(しかる)不敢動者 近羞(はぢる)百濟 (おそる)天皇 誘(をこつる)(つかへる)朝廷(みかど) 僞(いつはる)(やはらぐ)任那 如斯(かく)感激(はげます)任那日本府(やまとのみこともち)者 以未禽(とる)任那之間(から) 僞示伏從(したがふ)(かたち) 願今候(うかがふ)其間隙(ひま) 佔(うかがふ)其不備 一(もはら)擧兵(いくさ)而取之 天皇以詔勅(おほみことのりごと) 勸(すすむ)立南加羅(ありひしのから) 己呑(とくことん) 非但(ただ)數十年(あまたとせ) 而新羅一(もはら)不聽(うけたまはる)(みことのり) 亦卿(いまし)所知 且夫信敬(うけたまはる)天皇 爲立任那 豈若是乎 恐卿等(いましたち)(たやすく)(うける)甘言(うまこと) 輕被(うく)謾語(いつはりごと) 滅任那國(みまなのくに) 奉辱(はづかしむ)天皇 卿其戒(つつしむ)之 勿爲他(ひと)欺 
秋七月
(ふみづき) 百濟(まだす)紀臣奈率彌(きのおみなそちままさ) 中部奈率己(ちうほうなそちこれん) 來(まうく)奏下韓(あるしからくに)・任那之政(まつりごと) 并(あはせる)(たてまつる)(ふみ)之。

聖明王、更任那日本府に謂りて曰く、「天皇、詔して稱はく、『任那若し滅びなば、汝則ち資無からむ。任那若し興らば、汝則ち援有らむ。今任那を興し建てて、舊日の如くあらしめて、汝が助として、黎民を撫で養すべし』 謹しみて詔勅を承りて悚り懼るること胸に填てり。丹誠を誓ひ效して、冀はくは任那を隆さむことを。永く天皇に事ふること、猶徃日の如くならむ。先ず未然を慮りて、然して後に康樂からむ。今、日本府、復能く詔の依に、任那を救ひ助けば、是れ天皇の爲に、所必ず褒め讚げられ、汝の身のために賞祿せられむ。又日本の卿等、久しく任那の國に住りて、近く新羅の境に接れり。新羅の情状は、亦是知れる所なり。任那を毒害ひて、日本を防かむと謨る。其の來ること尚し。唯今年のみに匪ず。而るを敢へて動かざることは、近くは百濟に羞ぢ、遠くは天皇に恐りまつりてなり。朝廷に誘り事へまつり、僞はりて任那に和らぐ。如斯任那の日本府を感激ししことは、未だ任那を禽らざりし間に、僞りて伏從ふ状を示ししを以てなり。願はくは今其の間隙を候ひて、其の備へざるを佔ひて、一ら兵を擧げて取らむ。天皇、詔勅を以て、南加羅、己呑を立てよと勸めたまふこと、但數十年のみに非ず。而るを新羅、一に命を聽らざること、亦卿の知れる所なり。且夫れ天皇のみことのりを信敬りて、任那を立てむが爲に、豈是の若くせむや。恐るらくは卿等輙く甘言を信けて、輕しく謾語を被け、任那國を滅して、天皇を辱め奉らむことを。卿其れ戒みて、他にな欺かれそ」。
秋七月に、百濟、紀臣奈率彌麻沙、中部奈率己連を遣して、來て下韓、任那の政を奏し、并て表上る。

聖明王曰くとあるが、王は百濟、安羅への使者を通じての、任那の日本府のメンバーに向かっての言葉である。加不至費直、阿賢移那斯、佐魯麻都等、新羅に通じている者が中心である。天皇が王に詔されたことだといふ。任那がもし滅びれば、王の資
(よすが、よりどころ、身を寄せる所)が無くなる。任那がもし興れば、王の援(たすけ)となる。今、任那を再興し、昔の状態に戻しめ、王を助けると思ひ、黎民(れいみん、黒髪「冠をつけない」の民、人民)を撫で養ふべしと。日本(やまと)の卿等(まへつきみたち)は天皇の詔勅を聞こうとしないので、百濟の王が依頼を受けて申し述べている、といふ構図になっている。この詔勅を王は謹んで承り、畏まり懼れを抱き、赤き心で、誓って任那を隆(さかやか、栄へさせる)すことを願った。この先も昔に戻って、永く天皇に事ふるつもりである。まず未然(まだ事が起こる前)にそのことを慮り、その後に康樂(安んじ楽しむ)す。今、日本府が天皇の詔に従ひ任那を救い助けるならば、天皇の意に適ひ、賞禄を得よう。卿等、任那に永くおり、新羅に接しており、新羅が何を考えているかよく存じておられよう。任那を毒し害して、日本に対する防御とせんとしてきたことは随分昔からの事である。今年に限ったことではない。しかし、今新羅が動こうとしないのは、百濟を羞(恐れ警戒すると注される)し、天皇を恐れてのこと。朝廷に誘(とり入って)仕へ、任那に和すふりをしている。そうして、任那の日本府を感激させるのは、任那を手に入れるまでのこと、従うようなふりをしているだけのことである。本心では、その隙を狙い、備えの不備を伺ひ、一気に兵を挙げて取ろうとするだろう。天皇は、詔勅をされ、、南加羅、己呑の自立を回復せよとされたことは、ずっと以前からのこと、しかしながら、新羅は、一向に耳を貸そうとしなかった。それは、卿等も周知のこと。もし、天皇を信敬して任那の自立を回復するといふなら、このようなことをするであろうか。卿等は新羅の甘言を信じ、謾語(いつはりごと)を真に受け、任那を滅ぼし、天皇を辱める恐れがある。卿等はそれを戒め、新羅に欺かれることのないように。
聖明王の百濟が天皇の意向を承けており、日本府が天皇の意向に背いており、百濟王が日本府の卿等を説得する、なんとも奇妙な光景である。
再びここで秋七月、紀臣奈率彌麻沙、中部奈率己連が来朝し、下韓、任那の政治について、表
(ふみ)を奏上した。天皇の意向を任那日本府の卿等に伝へたこと、日本府の卿等の反応を伝へたことになろう。卿は中国の卿大夫に当たり、日本ではなく、群臣(まへつきみたち)のこと。前段と同月であり、七月に安羅を発ち七月に磯城嶋金刺宮に着くことは想定しづらく、この時なら中部奈率木刕眯淳を同道させるのが自然であり、五年二月条によれば、中部奈率己連の他、物部連奈率用奇多も派遣したとあり、ここは三年秋七月とみる説もある。
四年夏四月(うづき) 百濟(くだら)紀臣(きのおみ)奈率(なそち)沙等(みまさら)(まかる)之。
秋九月
(ながづき) 百濟聖明王(せいめいわう)(まだす)前部(ぜんほう)奈率(なそち)眞牟貴文(しんむくゐもん)、護コ(ごとく)己州己婁(こつこる)與物部施コ(もののべのせとく)奇牟等(まがむら) 來(まうく)獻扶南(ふなむ)財物(たからもの)與奴(やつこ)二口 (ふたり)
冬十一月
(しもつき)丁亥(ひのとのゐ)(ついたち)甲午(きのえうまのひ) (つかはす)津守(つもりのむらじ) 詔(みことのりす)百濟曰(のたまふ) 在(はべる)任那之下韓(あるしからのくに) 百濟郡令(こほりのつかさ)、城主(きのつかさ) 宜附日本府(やまとのみこともち) (あはせて)持詔書(みことのりのふみ) 宣(みことのりす)曰 爾(いまし)屢抗(たてまつる)表 稱(いふ)當建任那 十餘年(ととせあまり)矣 表奏(まうす)如此(かかる) 尚(なほし)未成之 且夫任那者 爲爾(いまし)國之棟梁(むねうつはり) 如折(をる)棟梁 詎(たれ)(つくる)屋宇(や) 朕(われ)(おもふ)在茲 爾須早(すみやか)建 汝(いまし)若早建任那 河内直等(かふちのあたひら) 【河内直已(すでに)見上(かみ)(くだり)】 自(おのづから)當止退(しりぞく) 豈足云乎 是日 聖明王 聞(うけたまはる)宣勅(みことのり)(をはる) 歴問(となめとふ)(みたり)佐平(さへい)内頭(ないづ)及諸臣(まへつきみきみたち)(いふ) 詔勅(みことのり)如是 當復(はた)何如 三佐平等答曰(いふ) 在(はべる)下韓(あるしからくに)之 我郡令(こほりのつかさ)城主(きのつかさ) 不可出之 建國之事 宜早(すみやかに)(うけたまはる)聖勅(ひじりのみことのり) 
十二月
(しはす) 百濟聖明王(せいめいわう) 復(また)以前(さき)詔普(あまねく)(みせる)群臣曰(いふ) 天皇(すめらみこと)詔勅(みことのり)如是 當復(はた)何如 上佐平(そくさへい)沙宅己婁(さたくこる)、中佐平(しそさへい)木刕(もくらまな)、下佐平(おとさへい)木尹貴(もくゐんくゐ)、コ率(とくそち)鼻利莫古(びりまくこ)、コ率東城(とうじやうだうてん)、コ率木刕眯淳(もくらまいじゅん) コ率國雖多(こくすゐた) 奈率(なそち)燕比善那等(えんびぜんなら) 同(みな)(はかる)(いふ) 臣等(やつかれ)禀性(ひととなり)(おろか)(くらい) 都(すべて)無智(さとり)(たばかり) 詔建任那 早(すみやか)須奉勅 今宜召任那執事(つかさ) 國國(くにぐに)旱岐等(かんきら) 倶(ともに)謀同計(たばかる) 抗(たてまつる)(ふみ)志。又河内直(かふちのあたひ)、移那斯(えなし)都等(まつら) 猶住(はべる)安羅 任那恐難建之 故亦表 乞移本處也 聖明王曰 群臣所議 甚(にへさに)(かなふ)寡人之心 
是月 乃
(つかはす)施コ高分(せとくかうぶん) 召(よぶ)任那執事(つかさ)與日本府執事 倶答言 (すぐす)正旦(むつきのついたち)而往(まうで)(うけたまはる)焉。

四年の夏四月(543.04)に、百濟の紀臣奈率彌麻沙等罷りぬ。
秋九月に、百濟の聖明王、前部奈率眞牟貴文、護コ己州己婁と物部施コ麻奇牟等とを遣して、來て扶南の財物と奴二口を獻る。
冬十一月の丁亥の朔甲午
(543.11.08)に、津守連を遣して、百濟に詔して曰はく、「任那の下韓に在る、百濟の郡令、城主、日本府に附くべし。」 并て詔書を持たしめて、宣して曰はく、「爾屢表抗りて、當に任那を建つべしと稱ふこと、十餘年なり。表奏すこと如此れども、尚し成らず。且夫れ任那は、爾の國の棟梁たり。如し棟梁を折りなば、詎か屋宇を成らむ。朕念ふこと茲に在り。爾早に建つべし。汝若し早に任那を建てば、河内直等【河内直は已に上の文に見えたり】は、自づから止退くべし。豈に云ふに足らむや。」 是の日に、聖明王、宣勅を聞ること已りて、三の佐平内頭及び諸臣に歴問ひて曰く、「詔勅是の如し。當復何如にかせむ。」 三の佐平等答へて曰く、「下韓に在る我が郡令、城主をば、出すべからず。國を建つる事は、早に聖勅を聽るべし。」
十二月に、百濟の聖明王、復前の詔を以て、普く群臣に示せて曰く、「天皇の詔勅、是の如し。當復何如にかせむ。」 上佐平沙宅己婁、中佐平木刕麻那、下佐平木尹貴、コ率鼻利莫古、コ率東城道天、コ率木刕眯淳、コ率國雖多、奈率燕比善那等、同議りて曰く、「臣等、禀性愚に闇くして、都て智略無し。任那を建てよと詔したまふ。早に勅を奉るべし。今任那の執事、國國の旱岐等を召びて、倶に謀り同じく計りて、表を抗り志を述べむ。又河内直、移那斯、麻都等、猶安羅に住らば、任那、恐るらくは建て難からむ。故、亦并て表たてまつりて、乞ひて本の處に移したまへ。」 聖明王、曰く、「群臣の議る所、甚に寡人の心に稱へり。」
是の月に、乃ち施コ高分を遣して、任那の執事と日本府の執事とを召ぶ。倶に答へて言く、「正旦を過して往で聽らむ。」
四年の夏四月に、紀臣奈率彌麻沙等は帰国した。
百濟の冠位16階の第八が施コ、第九が固コ(護コ)、物部施コ麻奇牟は前にみた紀臣奈率彌麻沙と同じく、物部氏ゆかりの人物とされ、聖明王は日本
(やまと)との外交に用ゐた。扶南は晋書、南蛮伝に、「西林邑を去ること三千余里、海の大湾の中に在り、其の境広袤(こうぼう)三千里」、インドシナ南部メコン川下流地方のクメール族の国と注される。扶南はカンボジア、林邑はベトナムに当る地である。ローマとインドと中国、海のシルクロード、貿易の観点からすれば、扶南はインドのタミル人が進出しクメール族を支配して中継貿易を行っていた地である。仏教の観点からすれば、扶南は仏僧サンガパロとマントラセーナの2人を粱に派遣し、またタミルからボーディ・ダルマ(達磨)が梁で布教しておりメコン仙人だより、江口久雄氏)、後に雅楽に「扶南」「林邑」といふ曲目が残されており、扶南の財物は仏教芸術的なもの、奴はクメール人奴隷とされるが、貿易に詳しい人物、仏教芸術に詳しい工人、樂人であったかもしれない。百濟が梁朝に入貢し得たものであり、日本(やまと)政権も関心を示していた文物であったろう。
十一月に天皇は、津守連を百濟に派遣した。津守連は、住吉の~を祭る摂津の豪族、氣長足姫尊(~功皇后)前紀十二月条
書紀巻9に、「津守連の祖、田裳見宿禰」と注される。田裳見宿禰は、~功皇后の軍船を誘導して功があったとされ、その子豊吾田(摂津住吉神社を奉斎)が津守連を賜り、これが津守連の祖となる。津守氏は、天火明命五世の孫・建筒草命を祖としており、熱田神宮の尾張氏と同族の関係になる。津守連は相当重量級の使者となる。下韓は、南加羅に進出した新羅の前面に当る地域と注される。そこに、百濟の郡令、城主が置かれていた。この郡令、城主の役割は何か?聖明王のこれまでの言葉からすれば、南加羅奪回のための前進組織と思はれるが、果たしてそうか。新羅本紀によれば、眞興王二年に、「二年(541年)の春三月に、雪一尺、異斯夫を拜して兵部令と爲す。内外の兵馬事を掌る。百濟使を遣し和を請ふ。之を許す」とあり、百濟は高句麗との対抗上、新羅との協力関係ははずせない。本気で新羅を攻め、南加羅、㖨己呑等を奪還するか否か。下韓における郡令、城主は、下韓を統治する出先機関とするのではあるまいかといふ懸念が任那と日本(やまと)の側にはあった。津守連は、まずは口頭で、天皇は、この郡令、城主を「日本府に附くべし」と詔された、ずばり懸念を表明した。詔書には、王は何度も表抗(文書を挙げる)し任那を建てると言ふが、十余年になるが実現されていない。任那は、王の國の棟(むなぎ;屋根の背柱)(うつばり;棟をおおう材)である。もし棟梁を折れば、詎(いづくんぞ、どうして)か屋宇(すみか)となろうか。百濟は成り立たなくなる、そのことを気にかけている。王よ、急がれよ。それができれば、河内直等はおのずと引き下がる、なにほどのことではあるまい、というようなことが記されていた。
聖明王は、聞き終わると、三佐平内頭、三は上中下の三つ、内頭は「庫蔵事を扱ふ」とあり、旧大蔵省のごときものか、これを筆頭に諸臣の意見を求めた。三佐平達は、郡令、城主を出すべきでない、一方、任那を建てることは急ぐべしとした。
十二月に再度、聖明王は群臣に同じく意見を求めた。群臣は、早急に、任那の執事、國國の旱岐等を召集して、天皇の詔勅どおり全体の意向をまとめ、表を奏上して志を明示しよう。ただ、河内直、移那斯、麻都等が安羅に居る以上、それは実現し難い、願わくば、本の處に移す
(外す)していただきたいとも書き加えるべき、とした。上佐平とは、百済本紀、腆支王四年条の「餘信を拜して上佐平と爲す。軍國政事を以て委ね、上佐平の職は此に始る。今の冢宰の若し」であり、宰相となる。沙宅は姓で己婁は名、他にみえず。男大迹天皇(繼體天皇)二十三年三月条書紀巻17「百濟、將軍君尹貴、麻那甲背」が、中佐平木刕麻那と下佐平木尹貴。二年七月条の前部奈率鼻利莫古がコ率鼻利莫古、コ率は冠位16階の第四。中部奈率木刕眯淳がコ率木刕眯淳。コ率東城道天、コ率國雖多、奈率燕比善那は他にみえず、と注される。聖明王は、群臣の返答を我が意を得たりとしている。河内直、移那斯、麻都等を排除した後に、百濟は下韓に在る郡令、城主を動かす、任那は百濟、新羅の草刈り場と化した場合の想定がなされていたと映る。
聖明王は、施コ高分を派遣して、任那の執事と日本府の執事とを召集しようとしたが、彼等は正月を過ごしてからにと婉曲に断ってきた。施コは冠位16階の第八。

五年春正月(むつき) 百濟國(くだらのくに)使(つかひ)(よぶ)任那執事與日本府執事 倶答言 祭~時到 祭了(をはる)而往(まうでる)
是月 百濟復
(また)遣使召任那執事(つかさ)與日本府執事 日本府、任那、倶不(やる)執事。而(いやし)(ひと)。由是百濟不得倶謀建任那國。
二月
(きさらぎ) 百濟施徳(せとく)馬武(めむ)、施徳高分屋(かうぶんをく)、施徳斯那奴次酒(しなのししゅら)等 使于任那 謂日本府與任那旱岐(かんき)等曰(いふ) 我(まだす)紀臣奈率彌麻沙(みまさ)、奈率己(これん)、物部奈率用歌多(ようがた) 朝謁(まうでる)天皇 彌麻沙等(より)日本(やまと) 以詔書(みことのりのふみ)(のる)(いふ) 汝等(いましたち)宜共在彼(そこ)日本府早(すみやか)建良圖(はかりこと)(かなへ)朕所望 爾(いまし)其戒(つとめる)之。勿被他(ひと)(あざむく)。又津守(つもりのむらじ)從日本來【百濟本記云(いふ) 津守己麻奴跪(こまなこ) 而語(ことば)(よこなまる)不正 未詳(いぶかし)】 宣(のたまふ)詔勅(みことのり)而問任那之政(まつりごと)。故將欲共日本府、任那執事(つかさ) 議定任那之政 奉(たてまだす)(まうす)天皇 (よぶ)三廻(みたび)(なほし)不來到(まうこず)。由是不得共論(あげつらふ)圖計(はかる)任那之政 奉奏天皇矣 今欲留津守 別(ことに)以疾(とく)使。具(つぶさに)(のべ)情状(あるかたち)(たてまだす)奏天皇 當以三月十日(やよひのとをかのひ) 發(たてまだす)使(つかひ)於日本 此使便(すでに)(まういたる) 天皇(すめらみこと)必須問汝(いまし) 汝日本府卿(やまとのみこともちのかみ)、任那旱岐等(かんきたち)、各(おのおの)宜發(たてまだす)使共我使人(つかひ) 往(まうでる)(うけたまはる)天皇所宣之詔 

五年の春正月(544.01)に、百濟國、使を遣して、任那の執事と日本府の執事とを召ぶ。倶に答へて言く、「~祭る時到れり。祭り了りて往でむ」。
是の月に、百濟、復使を遣して、任那の執事と日本府の執事とを召ぶ。日本府、任那、倶に執事を遣らずして、微しき者を遣れり。是に由りて、百濟、倶に任那國を建てむことを謀ることを得ず。
二月に、百濟、施徳馬武、施徳高分屋、施徳斯那奴次酒等を遣して、任那に使として、日本府と任那の旱岐等に謂りて曰く、「我、紀臣奈率彌麻沙、奈率己連、物部連奈率用歌多を遣して、天皇のみもとに朝謁でしむ。彌麻沙等、日本より還りて、詔書を以て宣りて曰く、『汝等、彼に在る日本府と共に、早に良き圖を建てて、朕が望む所に副へ。爾其れ戒めよ。他にな誑かれそ』。又津守連、日本より來りて、【百濟本記に云く、津守連己麻奴跪といふ。而れども語訛りて正しからず。未詳し。】 詔勅を宣ひて、任那の政を問ふ。故、將に日本府、任那の執事と共に、任那の政を議り定めて、天皇に奏し奉さむとし、召びに遺すこと三廻なりぬれども、尚し來到ず。是に由りて、共に任那の政を論ひ圖計りて、天皇に奏し奉さむとすること得ず。今津守連を請し留めて、別に疾き使を以て、具に情状を申べて天皇に奏し遣さむと欲ふ。當に三月十日を以て、使を日本に發遣さむ。此の使、便に到らば、天皇、必ず汝を問ひたまふべし。汝日本府卿、任那の旱岐等、各使を發して、我が使人と共に、往でて天皇の宣ふ詔を聽るべし」。

聖明王は正月が明けて早速、使者をたて、任那の執事と日本府の執事に召集をかけたが、共に、~祭る時(何の~を祭るのか)それが終わってから参上すると返答をした。その祭りが終はってであろう、再度召集をかけたが、執事
(つかさ)ではなく、下級の者を行かせた。結果的に、議することができず、話は進展しなかった。
二月に、今度は、冠位16階の第八の施徳クラスを派遣した。馬武は十一年二月条に奈率
(第六)で現れ、高分屋は前年末に使者を務めている、斯那奴次酒(しなのししゅ)は、十四年正月条に上部徳率科野次酒(第四)で現れ、科野は信濃であり、日本に関係する人物と注される。有能な若手が起用されたのかもしれない。日本府と任那の旱岐等に直接王の言葉を伝へている。王は天皇に使者を派遣して意向を確認した。天皇は、百濟と日本府と共に早急に計画を立案して、その意向を適へよ。よく戒めて、他(新羅)に欺かれることなきよう、と詔された。今、津守連を派遣して、日本府、任那の執事と共に、任那の政を議り定めて、天皇に報告せよとのことで、召集をしたが、三度とも果たさず、報告ができない。津守連には留まっていただくよう頼み、別に疾き(早速に、すぐに)使者をたてて天皇に状況を報告したい。三月十日に使者を送る、この使者が到着したならば、こう聞くであろう。汝、日本府卿、任那の旱岐等よ、各々使者を出して、私の使者と一緒に参上し天皇の詔を承れ、となろう。結果は同じであるから、そうなる前に決断して行動を起こせ、と叱責した。
百濟本記によれば、津守連は、津守連己麻奴跪
(こまなこ)と云ふ。つまり、高麗の子、高句麗系の人物としており、住吉の~を祭る摂津の豪族とはイメージが異なる。しかし、住吉三~(底筒之男~、中筒之男~、表筒之男~)の筒之男~は、對馬の「豆酘の男」の系統であり、古く半島より對馬を経由し難波へ進出した渡来系とされ、半島では、その先が高句麗であったとする伝説があったのかもしれない。しかし、これは訛りであるかもしれず、確認はできないとしている。

(ことに)謂河内直(かふちのあたひ) 【百濟本記(くだらほんき)(いふ) 河内直、移那斯(えなし)(まつ) 而(しかるに)(ことば)(なまる)未詳(つばひらか)其正也】 自昔迄今 唯聞汝(いまし)(あしきこと) 汝先(おやたち) 【百濟本記云 汝先(おや)那干陀甲背(なかんだかふはい)、加獵直岐甲背(からふぢきかふはい) 亦(また)(いふ) 那奇陀甲背(ながだかふはい)、鷹奇岐彌(ようがきみ) 語訛(ことばよこなまる)未詳】 倶(ともに)(いだく)姧僞(かだみいつはる)誘説(わかつりとく) 爲哥可君(ゐかかのきみ) 【百濟本記云 爲哥岐彌(ゐかきみ) 名有非岐(うひき)】 專(もはら)(うく)(かの)(こと) 不憂國難(わざはひ) 乖背(そむき)吾心 縱肆(こころのままに)暴虐(しひわざ) 由是見(やらふ) 職(もととして)汝之由(ゆゑ) 汝等(いましたち)來住(とどまる)任那 恆行不善(あしきこと) 任那日損 職汝之由 汝是(いやし) 譬猶(ごとし)小火(いささかなるひ)燒焚(やく)山野(やまの) (ほどこる)村邑(むらさと) 由汝行惡(あしき) 當(まさに)(やぶる)任那 (つひに)使海西(わたのにし)諸國(くにぎに)官家(みやけ) 不得長奉(つかふる)天皇之闕(みかど) 今(たてまだす)(まうす)天皇 乞(まうす)移汝等 其本處(ところ) 汝亦往(まうでる)(うけたまはる) 

別に河内直、【百濟本記に云く、河内直、移那斯、麻都といふ。而るに語訛りて未だ其の正しきを詳にせず。】に謂く、「昔より今に迄るまでに、唯汝が惡をのみ聞く。汝が先祖等、【百濟本記に云く、汝が先那干陀甲背、加獵直岐甲背、亦、那奇陀甲背、鷹奇岐彌と云ふ。語訛りて未詳ならず。】 倶に姧僞を懷きて、誘り説く。爲哥可君、【百濟本記に云く、爲哥岐彌、名は有非岐といへりといふ。】 專ら其の言を信けて、國の難を憂へず。吾が心に乖背き、縱肆に暴虐す。是に由りて逐はる。職として汝の由なり。汝等、來りて任那に住りて、恆に不善をす。任那、日に損はるること、職として汝の由なり。汝是れ微しと雖も、譬へば小火の山野を燒焚きて、村邑に連延るが猶し。汝が行惡に由りて、當に任那を敗りつべし。遂に海西の諸國の官家をして、長く天皇の闕に奉ふること得ざらしめむ。今天皇に奏して遣して、汝等を移して、其の本の處に還さむと乞すべし。汝亦往でて聞れ」。

二年
(541年)七月に、「安羅の日本府の河内直の、計を新羅に通すを以て、深く責め罵る。【百濟本記に云く、加不至費直、阿賢移那斯、佐魯麻都等といふ。未だ詳ならず】」とあり、弘計天皇(顯宗天皇)三年(487年)に、「紀生磐宿禰、任那に跨び據りて、高麗に交通ふ。西に、三韓に王たらむとして、宮府を整へ脩めて、自ら~聖と稱る。任那の左魯、那奇他甲背等が計を用ゐて、百濟の適莫爾解を爾林に殺す。」とあった。左魯(さる)、那奇他甲背(なかたかふはい)とは、那干陀甲背(ながだかふはい)、佐魯麻都(さろまつ)の先と見られ、彼等は、高句麗と手を結び、三韓に王となろうとしたとあり、任那の日本府は従来から現地人と手を組み独自の動きをすることがあった。爲哥可君(ゐかかのきみ)は、爲哥岐彌(ゐかきみ→わがきみ)であり有非岐(うひき→うひは)であり生磐(おひは)と通じ、紀生磐宿禰とみられる、と注される。 
百濟の使者達は親新羅派と目されるメンバーに向かって、王の言葉をぶつけた。汝
(いまし)については悪いことのみを聞く。汝の先祖等が悪だくみを抱き、人を誘いその気にさせた。爲哥可君(紀生磐宿禰)はそれを真に受け、国難を憂へず、その心に背き、自分勝手に振る舞い、暴虐し、その故に放逐された。汝が(任那での)職に就いたのはそのためであった。しかし、汝達は任那に来ると不善ばかりをなし、任那が日に日に損なわれているのは、その職に就いた汝が原因である。汝は身分が高くはないが、小さな火が山野を焼き、村邑に延焼するがごときものである。汝の悪行により、任那はまさに滅びようとしている。ついには、海西の諸國(朝鮮半島の諸国)の官家(新羅、百濟、任那諸国の百濟以外)が、長く天皇の闕(宮城の門、中国風表現)に奉(つか)ふることを得ざらしめている。天皇に使者を派遣し、汝等を任那から本国へ召還すべしと願ふ。汝もまた、天皇のもとに詣でて承ればよい。河内直、移那斯、麻都等の左遷を上奏すると言ひ放った。

又謂日本府卿
(やまとのみこともちのかみ)、任那旱岐等(かんきら)(いふ) 夫建任那之國 不假(かる)天皇之威(みいきほい) 誰能建也 故我(われ)思欲就(まうでる)天皇 (まうす)將士(いくさ) 而助任那之國 將士之粮(かて) 我當(まさに)須運 將士之數 未限若干 粮之處(ところどころ) 亦難自決(さだめ) 願居(はべる)一處(ひとつところ) 倶論(あげつらふ)可不(せむせじ) 擇從其善(うるはしき) 將奏天皇 故頻(しきりに)(つかはす)(よぶ) 汝猶不來(まうく) 不得議(はかる)也 
日本府答曰
(いふ) 任那執事(つかさ) 不赴(まうく)(よぶ)者 是由吾不(つかはす) 不得往(まうづる)之 吾(たてまだす)(まうす)天皇 使(かへるつかひ)(のる)(いふ) 朕(われ)(まさに)以印奇臣(いがのおみ) 【語(ことば)(よこなまる)未詳(いまだつばひらかならず)】 (つかはす)於新羅 以(さす)津守 於百濟 汝、待聞(うけたまはる)(みことのり)(あひだ) 莫自勞(いたはる)(ゆく)新羅、百濟に也 宣勅(みことのり)如是 會(たまたま)聞印奇臣使於新羅 乃(めす)問天皇所宣(のたまふ) 詔(みことのりす)(のたまふ) 日本臣(やまとのまへつきみ)與任那執事 應就(ゆく)新羅 聽(うけたまはれ)天皇勅 而不宣(のたまふ)(ゆく)百濟聽(うけたまはれ)(おほみこと)也 後津守(つもりのむらじ) (つひに)來過(きたりよぎる)此 謂之曰(いふ) 今余被於百濟者 將出(いだす)(はべる)下韓(あるしからくに)之 百濟郡令(こほりのつかさ)、城主(きのつかさ) 唯聞此(こと) 不聞任那與日本府 會(つどふ)於百濟 聽(うけたまはれ)天皇勅 故(ゆゑ)不徃(まうでる)焉 非任那意(こころ) 於是任那旱岐等曰 由使來召 便欲徃參(まうでる) 日本府卿 不肯(かへず)(たてまだす) 故(かれ)不徃(まうでず)焉 大王(きみ)、爲建任那 觸(きだきだ)(こころ)(さとし)示 覩(みる)茲忻喜(よろこぶ) 難可具(つぶさに)(のぶ)

又日本府卿、任那の旱岐等に謂りて曰く、「夫れ任那の國を建つること、天皇の威を假らずは、誰か能く建てむ。故、我、天皇のみもとに就でて、將士を請して、任那の國を助けむと思欲ふ。將士の粮は、我當に運ばむ。將士の數、未だ若干と限らじ。粮運ぶ處、亦自ら決め難し。願はくは一處に居りて、倶に可不を論ひて、擇びて其の善に從ひて、天皇に奏さむとす。故、頻に召びに遣はせども、汝猶し來ざれば、議ることを得ず。
日本府答へて曰く、「任那の執事、召ぶに赴ざることは、是吾が遣はさざるに由りて、往づること得ざるなり。吾、天皇に奏しに遣すに、還使宣りて曰ひしく、『朕當に印奇臣
(いがのおみ)、【語訛りて未だ詳ならず】を以して、新羅に遣し、津守連を以して、百濟に遺すべし。汝、勅を聞らむ際を待て。新羅、百濟に、な自勞り徃きそ。』 宣勅是の如し。會印奇臣の新羅に使するを聞きて、乃ち追して天皇の宣ふ所を問はしむ。詔して、曰ひしく、『日本の臣と任那の執事と、新羅に就きて、天皇の勅を聽れ。』 百濟に就きて命を聽れと宣はざりき。後に津守連、遂に此に來り過る。謂りて曰く、『今余、百濟に遣さるることは、下韓に在る、百濟の郡令、城主を出さむとなり。』 唯此の説のみを聞けり。任那と日本府と、百濟に會ひて、天皇の勅を聽れといふことを聞かず。故に徃でざることは、任那の意に非ず。」 是に、任那の旱岐等曰く、「使の來り召ぶに由りて、便ち徃參でむとすれども、日本府卿、發遣し肯へず。故徃でず。大王、任那を建てむが爲に、情の觸曉し示す。茲を覩て忻喜ぶること、具に申ぶべきこと難し」。

卿は中国では上大夫、日本府のトップに当る。二年四月条の吉備臣、五年三月条の的臣
(いくはのおみ)、吉備臣が該当し、的臣がおそらく府の最高官であろうと注されている。今度は、日本府卿、任那の旱岐等に向かって言った。任那を再興するには、天皇の威を仮りねばできない。だから、天皇のもとに詣で、兵を請い、任那を助けようと思ふ。兵の食糧は当方で用意する。兵の数は、まだ分からないが、食糧を運ぶ所はまだ決められない。だから、一か所に居て、共に可否を論じ、どうすれば最善かを選択し、天皇に奏上しようとした。しかるに、何度召集をしても来ないため、議することができないではないか。
これに対する日本府の答えは意外なものであった。召集に応じられない理由があるといふ。天皇に使者を派遣したところ、その詔によれば、天皇は、印奇臣
(未詳であるが、伊賀臣かと注される)を新羅に派遣し、津守連を百濟に派遣するつもりといふ。汝は、次の勅まで待て、決して新羅にも百濟にも自勞り(無雑作に)行くことのないようにとのおおせであった。勅がそのようなものであり、會(たまたま)、印奇臣が新羅に使者と為ると聞き、あとを追わせて天皇の詔を問はしめると、日本(やまと)の臣(まへつきみ;日本府の群臣)と任那の執事と、まさに新羅にゆき、天皇の勅を承るべしといふことで、百濟にゆき命を承れとは申されてはいない。その後に、津守連が遂に来られ立ち寄り、申されたことは、百濟に派遣されたのは、まさに、下韓に在る、百濟の郡令、城主を下韓から出せといふことである。ただこの説明のみで、任那と日本府とが、百濟に集ひて天皇の勅を承るということは聞いていない。だから、行かなかったのは任那の意向ではない。任那の旱岐等が引き継いでこう述べた。召集を受けたので参上しようとしたが、日本府の卿は行くことに頷かず、行かなかった。大王(聖明王)は任那を再興するために心をくだいて肌に浸み入るように明らかに諭し示された。これを胸の内でいかに嬉しく伺ったかを言葉にすることができないほどである。任那の旱岐等の反応は、いささかも異なった。日本(やまと)と百濟と新羅の三角関係ならぬ四角関係の対応に心を砕いていた。

三月(やよひ) 百濟(まだす)奈率(なそち)阿乇得文(あとくとくもん)、許勢奈率(こせのなそち)(がま)、物部奈率(もののべのなそち)奇非等(がひら) 上(たてまつる)(ふみ)(まうす) 奈率(なそち)(みまさ)、奈率(なそち)己連等(これんら) 至臣(やつかれ)(くに) 奉詔書(みことのりのみふみ)(いふ) 爾等(いましたち)宜共在(はべる)(そこ)日本府 同謀(はかる)(うるはし)(たばかる) 早(すみやかに)建任那 爾(いまし)其戒(いむ)之 勿被他(ひと)(さざむく) 又津守連等 至臣(やつかれ)(くに) 奉(あぐ)勅書(みことのりのみふみ) 問建任那 恭(つつしむ)(うけたまはる)來勅(みことのり) 不敢停(へる)時 爲欲(おもふ)共謀 乃使召日本府 【百濟本記(くだらほんき)云 (よぶ)烏胡跛臣(うごはのおみ) 蓋是的臣(いくはのおみ)也】 與任那 倶對言(いふ) 新(あらたしき)(とし)至 願(すぐす)而徃(まうでる) 久而不就(まうでる) 復使召(よぶ) 倶對言(いふ) 祭時至 願而往 久而不就 復(つかはす)使召 而由(まだす)(いやしき)者 不得同計(たばかる) 夫任那之 不赴(まうく)(よぶ)者 非其意(こころ)焉 是阿賢移那斯(あけえなし)、佐魯麻都(さろまつ) 【二人(ふたりのひと)名也 已見上(かみ)(ふみ)】 姧佞(かだみいつはる)之所作也 夫任那者 以安羅爲兄(このかみ) 唯從其意 安羅人者 以日本府(やまとのみこともち)爲天(かぞ) 唯從其意 【百濟本記云 以安羅爲父(かぞ) 以日本府爲本(もと)也】 今的臣(いくはのおみ)、吉備臣(きびのおみ)、河内直等(かふちのあたひら) 咸(みな)從移那斯(えなし)(まつ)指撝(さしまねく)而已 移那斯、都 雖是小(すこし)家微(いやし)者 專(たくめ)(ほしいままにす)日本府之政(まつりごと) 又制(かとる)任那 障(さへる)而勿(なし)(まだす) 由是 不得同計(たばかる) 奏答(かへりことまうす)天皇 故留(とどむ)奴跪(こまなこ) 【蓋是津守(つもりのむらじ)也】 別(ことに)疾使(ときつかひ)(とし)如飛鳥 奉奏天皇 假使(たとひ)二人(ふたりのひと) 【二人者 移那斯與都也】 在(はべる)於安羅 多行姧佞(かだみいつはれること) 任那難建 海西(わたのにし)諸國(くにぐに) 必不獲事(つかへまつる) 伏(うけたまはる) 移此二人 其本處 勅(みことのりす)(さとす)日本府與任那 而圖(はかる)建任那 故(かれ)(やつかれ)奈率(なそち)彌麻沙(みまさ)、奈率(なそち)(これんら) 副(そへる)奴跪(こまなこ) 上(たてまつる)(ふみ)以聞(きこゆ) 於是詔曰(のたまふ) 的臣等(いくはのおみら) 【等者謂(いふ)吉備弟君臣(きびおときみのおみ) 河内直等(かふちのあたひ)也】 往來(かよふ)新羅(しらき) 非朕心也 曩者(むかし) 印支彌(いきみ)【未詳(つばひらか)】 與阿鹵旱岐(あろのかんき)(はべる)時 爲新羅所逼(せむ) 而不得耕種(なりはひ) 百濟路(みち)(とほい) 不能救(すくふ)(あやふさ) 由的臣等往來(かよふ)新羅 方得耕種(なりはひ) 朕所曾(いむさき)聞 若(もし)(すで)建任那 移那斯(えなし)(まつ) 自然(おのづから)退(しりぞく) 豈足(たる)云乎 伏承(うけたまはる)此詔 喜(よろこび)(かしこまる)(かぬ)(ふつころ) 而(しこうして)新羅誑(あざむく)(みかど) 知匪(あらず)天勅(おほみこと) 新羅春取㖨淳(とくじゅん)。仍擯出(おひいだす)我久禮山(くれむれ)(まもり) 而(たもつ)之 安羅處 安羅耕種 久禮山處 斯羅(しらき)耕種 各自耕(なりはひす)之 不相侵(あひをかす)(うばふ)。而移那斯、都 (なりはひす)(ひと)(さかひ) 六月(みなづき)去 於印支彌(いきみ)後來(きたる) 許勢臣(こせのおみ)時 【百濟本記云 我留(とどむ)印支彌之後 至(まうこす)洒臣(こせのおみ)時 皆未詳】 新羅無復(また)侵逼(をかしせむ)(ひと)(さかひ) 安羅不言(まうす)爲新羅逼不得耕種(なりはひす) 臣(やつかれ)(むかし)聞 新羅毎(ごと)春秋(とし) 多聚(あつむ)兵甲(つはもの) 欲(ほっす)襲安羅與荷山(のむれ) 或(もしく)聞 當(まさに)襲加羅 頃(このごろ)得書(ふみ)(つかひ) 便(すなはち)(やる)將士(いくさ) 擁守(まぼる)任那 無懈(おこたる)(やすむ)也 頻(しきり)(おこす)鋭兵(ときいくさ) 應(あたる)時往(ゆく)救 是以 任那随序(ときに)耕種(なりはひす) 新羅不敢侵逼 而奏(まうす)百濟路迥(とほくす) 不能救急(あやふき) 由的臣(いくはのおみ)等 往來(かよふ)新羅 方(まさに)得耕種 是上欺(あざむく)天朝(みかど) 轉(いよいよ)成姧佞(かだみいつはること)也 曉然(あらはに)若是(かく) 尚(なほ)欺天朝(みかど) 自餘(このほか)虚妄(うつはりこと) 必多(にへさに)有之 的臣等 猶住(はべる)安羅 任那之國 恐難建立 宜早(はやく)退(しりぞける) 臣(やつかれ)深懼(おづ)之 佐魯(さろまつ) 雖是韓腹(からくにのうまれ) 位(くらゐ)居大 廁(まじはる)日本(やまと)執事(つかさ)之間 入(くははる)榮班(さかえ)貴盛(たのし)之例(つら) 而今(いま)(かへり)(きる) 新羅奈禮冠(なまれのかうぶり) (すなはち)身心(こころ)(したがふ)附 於他(ひと)易照(あらはれる) 熟(つらつら)觀所作 都(かつて)無怖(おぢ)畏 故前(さき)奏惡行(あしきわざ) 具(つぶさ)(しるす)聞訖(きこゆ) 今猶著他(ひとのくに)(きもの) 日(ひび)(ゆく)新羅域(さかひ) 公(あらはに)(しのびに)(かよふ) 都(かつて)無所憚(はばかる) 夫(それ)㖨國(とくのくに)之滅 匪(あらず)由他(あたしこと)也 㖨國之函跛旱岐(かんへかんき) 貳心(ふたごころ)加羅國 而内應(うちあふ)新羅 加羅自(より)(ほか)合戰(あはせたたかふ) 由是滅焉 若使(たとひ)函跛旱岐 不爲内應(うちあふこと) 㖨國雖少(すこし) 未必(うたがた)亡也 至於卓淳 亦復(また)然之 假使(たとひ)卓淳國主(にりむ) 不爲内應新羅招冦(あた) 豈至滅乎 歴觀(へみる)諸國(くにぐに)敗亡(ほろぶ)(わざはひ) 皆由内應(うちあひ)貳心(ふたごころ)人者 今都等(まつら) 腹心(うるはしくす)新羅 着其服(きもの) 徃(かよふ)旦夕(あしたゆふべ)。陰(ひそかに)(かまふ)姧心(かだみごころ) 乃恐 任那由茲(これ)(ひたぶるに)滅 任那若滅 臣國孤危 思欲(おもふ)(つかへまつる)之 豈復得耶 伏願天皇(すめらみこと) 玄(はるかに)(てらす)(みそなはす) (すみやかに)移本處 以安(いづめる)任那 

三月に、百濟、奈率阿乇得文、許勢奈率奇麻、物部奈率奇非等を遺して、表を上りて曰す、「奈率彌麻沙、奈率己連等、臣が蕃に至り、詔書を奉げて曰く、『爾等、彼に在る日本府と共に、同じく謀り善しく計りて、早に任那を建つべし。爾其れ戒め。他にな誑られそ』。又津守連等、臣が蕃に至りて、勅書を奉げて、任那を建てむことを問ふ。恭みて來勅を承りて、敢へて時を停ず、爲に共に謀らむと欲ふ。乃ち使を遣して日本府【百濟本記に云く、烏胡跛臣を遣召ぶといふ。蓋し是的臣なり。】と任那とを召ぶ。倶に對へて言く、『新しき年既に至りぬ。願はくは過して徃でむ。』 久しくありて就でず。復使を遣して召ぶ。倶に對へて言く、『祭の時既に至りぬ。願はくは過して往でむ。』 久しくありて就でず。復使を遣して召ぶ。而るに微しき者を遣せるに由りて、同じく計ることを得ず。夫れ任那の、召ぶに赴ぬは、其の意には非ざりけり。是阿賢移那斯、佐魯麻都 【二人の名なり。已に上の文見ゆ。】の姧佞が作る所なり。夫れ任那は、安羅を以て兄とす。唯其の意にのみ從ふ。安羅人は、日本府を以て天とす。唯其の意にのみ從ふ。百濟本記に云く、安羅を以て父とす。日本府を以て本とす。】今的臣、吉備臣、河内直等、咸、移那斯、麻都が指撝くに從へらくのみ。移那斯、麻都、是小しき家の微しき者なりと雖も、專日本府の政を擅す。又任那を制りて、障へて遣すこと勿し。是に由りて、同じく計りて、天皇に奏答すことを得ず。故、己麻奴跪 【蓋し是津守連なり。】を留めて、別に疾使の迅きこと飛鳥の如くなるを遣して、天皇に奏し奉る。假使二人 【二人とは、移那斯と麻都とぞ。】 安羅に在りて、多く姧佞を行はば、任那も建つこと難く、海西の諸國は、必ず事ること獲じ。伏して請らく、此の二人を移して、其の本の處に還さむ。勅して日本府と任那とに喩して、任那建てむことを圖りたまへ。故、臣、奈率彌麻沙、奈率己連等を遣して、己麻奴跪に副へて表上りて聞ゆ。是に詔して曰はく、『的臣等。【等とは、吉備弟君臣、河内直等を謂ふなり。】新羅に往來ひしことは、朕が心に非ず。曩者、印支彌 未だ詳ならず】と阿鹵旱岐と在りし時に、新羅の爲に逼められて、耕種すること得ず。百濟、路迥くして、急を救ふこと能はず。的臣等の新羅に往來ふに由りて、方に耕種すること得たるは、朕曾より聞きし所なり。若し已に任那を建てば、移那斯、麻都、自然に却退かむ。豈に云ふに足らむや』。伏して此の詔を承りて、喜び懼ること懷に兼ぬ。而して新羅の朝を誑くこと、天勅に匪ずといふことを知りぬ。新羅、春に㖨淳を取る。仍りて我が久禮山の戍を擯ひ出だして、遂に有つ。安羅に近き處をば、安羅耕種す。久禮山に近き處をば、斯羅耕種す。各自ら耕して、相ひ侵し奪はず。而るを移那斯、麻都、他の界を過ぎ耕して、六月に逃げ去りぬ。印支彌が後に來れる、許勢臣が時にして、【百濟本記に云く、我が印支彌を留めし後に、至し既洒臣が時にといふ。皆未だ詳ならず。】新羅、復他の境を侵し逼むること無し。安羅、新羅の爲に逼められて耕種すること得ずと言さず。臣嘗し聞きき。新羅、春秋毎に、多く兵甲を聚めて、安羅と荷山とを襲はむと欲すと。或は聞きき、當に加羅を襲ふべしと。頃書信を得たり。便ち將士を遣りて、任那を擁き守ること、懈り息むこと無し。頻に鋭き兵を發して、時に應りて往きて救ふ。是を以て、任那、序に随ひて耕種す。新羅、敢へて侵し逼めず。而るを百濟、路迥くして、急を救ふこと能はず。的臣等の新羅に往來ふに由りて、方に耕種すること得たりと奏すは、是上は天朝を欺きまつりて、轉姧佞を成すなり。曉然に若是あることすらに、尚し天朝を欺きまつる。自餘、虚妄、必ず多に有らむ。的臣等、猶し安羅に住らば、任那の國、恐るらくは建立つること難けむ。早く退却けたまへ。臣、深く懼づらくは、佐魯麻都、是韓腹たりと雖も、位大連に居り。日本の執事の間に廁りて、榮班え貴盛しき例に入れり。而今反りて新羅の奈麻禮冠を着たり。即ち身心の歸ひ附くところは、他に照れ易し。熟作る所を觀るに、都て怖ぢ畏るること無し。故、前に惡行を奏すに、具に錄して聞訖えてき。今も猶他の服を着て、日に新羅の域に赴くこと、公に私に往還ふに、都て憚る所無し。夫れ㖨國の滅びたること、他に由るに匪ず。㖨國の函跛旱岐、加羅國に貳心ありて、新羅に内應ひ、加羅、外より合せ戰ふ。是に由りて滅びにたり。若使函跛旱岐、内應をせざらましかば、㖨國少しと雖も、未必も亡びじとなり。卓淳に至りても、亦復然り。假使卓淳國の主、新羅に内應ひて冦を招くことせずは、豈滅に至らむや。諸國の敗亡びたる禍を歴觀るに、皆内應貳心ある人に由りてなり。今麻都等、新羅に腹心しくして、遂に其の服を着て、旦夕に徃還ひて、陰に姧心を搆ふ。乃ち恐るらくは、任那の茲に由りて永に滅びむことを。任那若し滅びなば、臣が國孤り危し。朝らむと思欲ふとも、豈復得てむや。伏して願はくは、天皇、玄に鑒したまひ遠く察して、速に本の處に移して、任那を安めたまへ。」

三月になって、百濟は、日本府の見解を確認するために、冠位16階の第六の奈率の阿乇得文
(未詳)と日本(やまと)と所縁のある許勢奈率奇麻(未詳:八年四月条奈率奇痲は同一人か、と注される)、物部奈率奇非(未詳)等を派遣し、上表して以下のように述べた。二年七月の使者、奈率彌麻沙、奈率己連等が帰国して、天皇の詔書を読み上げた。内容は、五年二月条にあるごとく、百濟は日本府と協議をし、任那を再興し、新羅に欺かれてはならないといふものであった。四年十一月には、津守連等が百濟に来て、任那を建てることを問ふた(実際は、任那の下韓に在る、百濟の郡令、城主、日本府に附くべし。そして、任那は百濟の棟梁であり、棟梁を折らぬよう任那を再建せよ、とした。)ので、時を置かず十二月に、それを伝へるために日本府と任那を召集した。その際には日本府とのみあったが、百濟本記に云ふ烏胡跛臣(うごはのおみ)、つまり、的臣(いくはのおみ)と明らかにし、的臣に召集をかけたが任那共々、二度に亘ってそれに応じず、三度目は身分の低い者を派遣し、協議にならなかった。任那は本当は召集に応じようという気持ちがあった。日本府の阿賢移那斯、佐魯麻都、二人の姧佞の仕業である。元来任那は、安羅を兄(このかみ)としてこれに従ひ、安羅人は日本府を天(天とするのは中国風、”かぞ”と訓じた)としてこれに従ふ(百濟本記では安羅を父(かぞ)、日本府を本(もと)とする)。その日本府には、今的臣、吉備臣、河内直等がいるが、ただ、阿賢移那斯、佐魯麻都に従ふのみ。身分が低いが、日本府の政治を縦(ほしいまま)にしており、任那を派遣させず、天皇に奏答することが出来なかった。また、この二人は五年二月に津守連を留めて、飛ぶ鳥の如き至急の使者を天皇に派遣し、姧佞を行った。これでは任那も半島の諸国も仕えることは出来ない。どうか、この二人を外して本の處に戻してもらいたい。その上で、日本府と任那に、改めて任那再興の勅を出していただきたい。
本處は本来の職務か本国か、注によれば、佐魯麻都については、通証は百濟人、集解は韓婦所生の日本人の意とするが、百濟本記に麻都の先を那干陀甲背とするによれば、麻都の本處、本邑は百濟とある
(那干陀甲背の先は那奇他甲背、紀生磐宿禰がその計を用ゐ高句麗と通じ三韓の王たろうとした、弘計天皇「顯宗天皇」三年条)。そうであれば、百濟に戻せとなり、捕縛され殺されよう。本国に戻せは厳しい要求であり、応じられない。安羅の人とする説もある(田中俊明氏『大伽耶連盟の興亡と「任那」』 )
そこで、また、二年
(541年)七月条の二度目の七月条、紀臣奈率彌麻沙、中部奈率己連を派遣したことに触れる。これは三年七月ではないかとされた奇妙な箇所であった。その時には、己麻奴跪(津守連)に副として彼等を派遣したとする。書紀にはこういうどんでん返しがよくある。ここになって記されては五年以降の話と誤解する、それを狙ってのことかもしれない、実にややこしい。
その時の天皇の詔は、的臣、吉備弟君臣、河内直が新羅と往来したのは天皇の意向ではない。むかし、印支彌と阿鹵旱岐の時、新羅に攻められ、耕作ができなくなったとき、百濟は遠くて、危急を救う事が出来なかった。的臣等が新羅と交渉をして耕作が可能になったとすでに聞いているが、もし、任那が再建できておれば、移那斯、麻都の出番はなくなり、でしゃばることはなくなるは言ふに及ばない、といふものであった。
曩者
(むかしは)、往者と同じ、男大迹天皇(繼體天皇)二十一年(527年)条に、近江毛野臣を派遣して、「新羅に破られし南加羅、㖨己呑を爲復(かへ)し興建(た)てて、任那に合せむとす」とあった頃のことである。この時の日本府は、印支彌(日本府の許勢臣の前任者)と阿鹵旱岐(任那の旱岐)の時代、九州に磐井の乱があり、日本(やまと)は兵を送ることができず、物部大連麁鹿火を派遣して乱を治めるまでは手を打てなかった。歴史的には、百濟はすでに(513年頃には)上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、己汶、帶沙を得ており、それ以前ならまだしも、当時としては遠くとはいえない状況にあった。いづれにせよ援軍はなく、現地の日本府は、苦境に立たされており、情勢に詳しい現地の人材をたて、外交により解決を目指すほかなかった。磐井の乱平定後に毛野臣が派遣され、この回復を計ったが毛野臣の政策の失敗により、加羅が毛野臣を討つことを要請し、百濟は新羅と結んで毛野臣を攻めていた。その当時の日本府は少なくとも印支彌あるいはその後とされる許勢臣であり、的臣が新羅と交渉をするといふは、時間的に、つじつまが合わない。昔と当時が混然としており、歴史として裏付けようとすると整合性に欠ける。
ここで言いたいのは、天皇は百濟は遠く危急に間に合わない、だから的臣が新羅と交渉して原状を維持しているという見解を持たれているが誤りである、ただ、この詔で、天皇の意向が百濟と日本府と任那により、新羅から南加羅、㖨己呑を取り返し任那再興することであることが確認でき、喜びと懼れが去来する、ということである。新羅は朝(天皇の朝廷)を欺くものであり、的臣等のすることは天皇の勅命ではないことが分かった、とする。
春に㖨淳を取る、で再び昔の話に逆戻る。久禮山については二説があり、慶尚北道達城郡
(大邱広域市達城郡:地図西南の琵瑟山で㖨己呑方面、男大迹天皇二十四年(530年)の久斯牟羅城、馬山古地図なら南加羅方面となる。ここでは、先程とは一転して、その地の百濟の守備兵を追い出して新羅が占領したとあり、百濟の兵が駐留していたことになる。安羅に近き處を安羅が耕作し、久禮山に近い處を斯羅(シルラ:新羅)が耕作したとあり、久禮山は馬山の方となろう。その状態で均衡雅が保たれていたが、移那斯、麻都が境界を犯して耕作し、六月(何年か?)に逃げ去った。印支彌(いきみ)の後の許勢臣の時には、新羅が境界を侵し逼めることは無かった。許勢臣の治世が不明であるが、的臣の前に日本府に居たことになる。【百濟本記に云く、我が印支彌を留めし後に、至し既洒臣が時にといふ。皆未だ詳ならず。】の文意は不明と注される。
安羅は、今は、新羅の爲に逼
(せ)められて耕作できないとは言はない。しかし、昔からこう聞いている。新羅は、春秋毎に、多く兵甲を集めて、安羅と荷山とを襲おうとしてきた。荷山は慶尚北道高霊郡斗谷面地図荷山(洛東江の大邱広域市達城郡求智面城山洞久知波多枳と相対す)。荷山というより加羅を襲ふとも聞いている。そういう文書や伝言者がおり、將士を派遣して、任那を守るために、警戒を怠ってはいない。事有るごとに鋭兵を發して、時には出動して救ふこともある。だから、任那は、季節に合わせて耕作することができている。新羅も、敢へて侵し逼めりこともない。それを百濟は、路遠くして危急を救ふことができないと言ひ、的臣等が新羅と交渉するから、耕作することができると奏上するのは、天皇を欺き、いよいよ姧佞を為し、それが歴然としているのに、尚のこと、天皇を欺いている。この他にも、虚妄、必ず多いいことであろう。百濟が南韓に、郡令、城主を置くことの正統性を述べたことになる。
的臣等が、今後安羅に居続けるならば、任那の國を再興することは難しいだろう。早く退けたまへ。深く懼れるのは、佐魯麻都である。彼は、韓婦の子
(父は日本人とみている)であるが、位大連(日本府に大連という地位があったかは不明であるが、的臣、吉備臣、河内直の下位と注される)に居る。日本の執事の間に廁(はざまに並び入り交じる)りて、榮班(名誉な地位)貴盛(位が高く家が栄える)しきに列している。だのに、今(日本府に)背いて、新羅の奈麻禮冠(新羅冠位17階の第11)を着用している。その身心の由り付くところは明々白々、じっとすることを観るに、全く怖じることも畏れることもない。だから、さきに申し上げた彼の惡行は、ことごとく記録されて伝わってきたものである。今も猶新羅の服を着て、日に新羅の境界にゆき、公に私に往来してまったく憚る所が無い。㖨國がの滅びたのは、新羅に由るものではない。㖨國の國王、函跛旱岐(未詳)は、加羅國に二心があり、新羅に内応し、加羅と外(新羅)より合せ戰ふ。是に由って滅びた。もし、函跛旱岐が、内応しなかったならば、㖨國は小国と雖も、未だ亡びることはなかったはずである。卓淳のことも、また同じである。もし卓淳國の主が、新羅に内応して敵を招き入れることをしなければ、どうして滅びることになろうか。
諸國の亡びる禍を顧みれば、皆、内応、二心ある人に由る。今、麻都等、新羅に腹心し、その服を着て、旦夕に往来し、陰に姧心を搆えている。恐らくは、任那はこれを放置することで永遠に滅びよう。任那がもし滅びれば、百濟が孤立し危くなる。百濟は天皇にへようと思ふが、どうしてこのままではできようか。伏して願はくは、天皇が、このことをよく明察いただき、速に阿賢移那斯、佐魯麻都を本の處に移して
(日本府から放逐して)いただきたい。そうして、任那を安めていただきたい。

冬十月(かむなづき) 百濟(くだら)使人(つかひ)奈率(なそち)得文(とくもん) 奈率奇(がまら)(まかる)(かへる) 【百濟本記云(いふ) 冬十月奈率得文 奈率奇(かへる)(より)日本(やまと)(いふ) 所奏(まうす)河内直(かふちのあたひ)、移那斯(えなし)都等(まつら)(こと) 無報勅(かへりみことのり)也】
十一月
(しもつき) 百濟(つかはす)使(つかひ)(よぶ)日本府臣 任那執事曰(いふ) (たてまだす)天皇(みかど) 奈率得文 許勢奈率奇麻(こせのなそちがま) 物部奈率奇非等(もののべのなそちがひら) (かへる)(より)日本(やまと) 今日本府臣(まへつきみ)及任那國(みまなのくに)執事(つかさ) 宜來聽(うけたまはる)(みことのり) 同議(はかる)任那 日本吉備臣(きびのおみ) 安羅(あら)下旱岐(あるしかんき)大不孫(だいふそん)、久取柔利(くすぬり) 加羅(から)上首位(おこししゆゐ)古殿奚(こでんけい)、卒(そちまのきし)、斯二岐君(しにきのきし)、散半奚君兒(さんはんげのきしのこ) 多羅(たら)二首位(にしゆゐ)訖乾智(こちげんち)、子他(した)旱岐(かんき)、久嵯(こさ)旱岐 仍(よりて)(ゆく)百濟 於是 百濟王(こきし)聖明(せいめい) 略(ほぼ)以詔書(みことのりのふみ) 示(みせる)(いふ) 吾(まだす)奈率(なそち)(みまさ)、奈率己(これん)、奈率用奇多等(ようがたら) 朝(まうでる)於日本 詔曰(のたまふ) 早(はやく)建任那 又津守(つもりのむらじ)(うけたまはる)勅 問成任那 故(つかはす)(よぶ)之 當復(はた)何如 能建任那 (ねがふ)(おのおの)(のぶ)(はかりごと) 吉備臣、任那旱岐等曰 夫建任那國 唯(ただ)(ある)大王(きみ) 欲冀(ねがはくは)(したがふ)(きみ) 倶(ともに)(まうす)聽勅 聖明王謂之曰 任那之國 與吾百濟 自古以來(このかた) (むすぶ)爲子弟 今日本府(やまとのみこともち)印岐彌(いきみ) 【謂在(はべる)任那日本臣(まへつきみ)名也】討新羅 更(また)將伐我 又樂(このむ)(きく)新羅(しらき)誕謾語(いつはりごと)也。夫(つかはす)印岐彌於任那者 本非侵(をかす)(そこなふ)其國【未詳(つばひらか)】 往古來今(むかしよりいまに) 新羅無(ことわり) (いつはる)(こと)(そむく)(まこと) 而滅卓淳 股肱(たすけ)之國 欲快返悔 故召到 倶(ともに)承恩詔(めぐみのみことのり) 欲冀(ねがふ) 興繼任那之國 猶如舊日(もと) 永(とこしへ)爲兄弟(いろねいろど) 竊(ひそかに)聞 新羅安羅 兩國(ふたつのくに)之境 有大江水(かは) 要害(ぬみ)之地(ところ)也 吾欲據此 脩(をさめる)(つくる)六城(むつのさし) 謹(まうす)天皇(すめらみこと)三千(みちぢ)兵士(いくさびと) (ごと)(さし)(みつ)以五百(いほたり) 并(あはす)我兵士 勿使作田(なりはひ) 而逼(わづらはす)者 久禮山(くれむれ)之五城(いつつのさし) 庶(ねがふ)(おのづから)(すて)(つはもの)降首(したがふ) 卓淳(とくじゅん)之國 亦復當興 所(まうす)兵士(いくさびと) 吾給(たまふ)衣粮(きものかて) 欲(おもふ)(まうす)天皇。其策(はかりこと)一也 猶於南韓(ありしひのから) 置郡令(こほりのつかさ)、城主(きのつかさ)者 豈欲(たがふ)天皇 (さへたつ)貢調(みつき)之路 唯庶(ねがふ) 剋(よく)(すくふ)多難(さはのわざはひ) 殲撲(うちほろぼす)強敵(こはきあた) 凡(おほよそ)(その)凶黨(あしきあた) 誰不謀(はかる)附 北敵(きたのあた)(こはくおほき) 我國微弱(をぢなくよわし) 若不置南韓 郡領(こほりのつかさ)、城主(きのつかさ) 修理(をさめる)防護(まもる) 不可以禦(ほせく)此強敵(こはきあた) 亦不可以制(ふせく)新羅 故(かれ)(なほ)置之 攻逼(せめる)新羅 撫存(たもつ)任那 若不爾(しかる)者 恐見滅亡(ほろぼす) 不得朝聘(つかへまつる) 欲(おもふ)奏天皇 其策(はかりごと)二也 又吉備臣(きびのおみ)、河内直(かふちのあたひ)、移那斯(えなし)(まつ) 猶在(はべる)任那國者 天皇雖詔建成任那 不可得也 (ねがふ) 移此四人 各(おのおの)(つかはす)(かへす)其本邑(もとのむら) 奏於天皇 其策(はかりごと)(みつ)也 宜與日本(やまと)(まへつきみ) 任那旱岐(かんき)(たち) 倶(ともに)(たてまだす)使(つかひ) 同奏天皇 乞(まうす)(うけたまはる)恩詔(めぐみのみことのり) 於是 吉備臣、旱岐等曰 大王(きみ)所述三策(はかりごと) 亦協(かなふ)(わがこころ)而已 今願 歸以敬諮(まうす)日本大臣(まへつきみ)【謂在(はべる)任那日本府(やまとのみこともち)之大臣也】安羅王(こきし)、加羅王。倶(まだす)使同奏天皇 此誠千載(ちとせ)一會(ひとたび)之期(ちぎり) 可不深思而熟(うまく)計歟。

冬十月に、百濟の使人奈率得文、奈率奇麻等、罷り歸りぬ。【百濟本記に云く、冬十月に、奈率得文、奈率奇麻等、日本より還りて曰へらく、奏す所の河内直、移那斯、麻都等が事は、報勅無しといへりといふ。】
十一月に、百濟、使を遣はして日本府の臣、任那の執事を召びて曰く、「天皇に遺朝せる、奈率得文、許勢奈率奇麻、物部奈率奇非等、日本より還りぬ。今日本府の臣及び任那國の執事、來りて勅を聽りて、同じく任那を議れ。」 日本の吉備臣、安羅の下旱岐大不孫、久取柔利、加羅の上首位古殿奚、卒麻君、斯二岐君、散半奚君の兒、多羅の二首位訖乾智、子他の旱岐、久嵯の旱岐、仍りて百濟に赴く。是に、百濟の王聖明、略詔書を以て示せて曰く、「吾、奈率彌麻佐、奈率己連、奈率用奇多等を遣して、日本に朝でしむ。詔して曰はく、『早く任那を建てよ。』 又、津守連、勅を奉りて、任那を成しつやと問ふ。故、召びに遣す。當復何如にしてか、能く任那を建てむや。請はくば各謀を陳べよ。」 吉備臣、任那の旱岐等曰く、「夫れ任那國を建てむこと、唯大王にのみ在らむ。欲冀はくは王に遵ひて、倶に奏して勅を聽らむ。」
聖明王謂りて曰く、「任那の國と吾が百濟と、古より以來、子とも弟ともあらむことを約べり。今、日本府の印岐彌、【任那に在りし日本の臣の名を謂ふなり。】既に新羅を討ちて、更我を伐たむとす。又樂みて新羅の虚誕謾語を聽けり。夫れ印岐彌を任那に遣ししは、本より其の國を侵し害はむとには非じ【未だ詳ならず】。往古來今、新羅、道無し。言を食り信に違きて、卓淳を滅せり。股肱の國、快くせむとすとも返りて悔いむ。故、召びに遣りて到りて、倶に恩詔を承り、欲冀はくは、任那の國を興し繼ぎて、猶舊日の如く、永に兄弟たらむ。竊に聞くならく、新羅と安羅と、兩國の境に、大きなる江水有り。要害の地なりと。吾此に據りて、六城を脩め繕らむと欲ふ。謹みて天皇の三千の兵士を請して、城毎に充るに五百、并せて我兵士を以てして、作田せしむること勿くして、逼悩さば、久禮山の五城、庶はくば自づからに兵を投て降首ひなむ。卓淳の國、亦復興るべし。請す所の兵士には、吾、衣粮を給はむ。天皇に奏さむと欲ふ。其の策の一つなり。猶南韓に、郡令、城主を置くことは、豈に天皇の違背ひまつりて、貢調の路を遮へ斷たむとするならむや。唯庶はくば、剋く多難を濟ひて、強敵を殲ち撲さむ。凡そ厥の凶黨、誰にか附くことを謀らざらむ。北敵強く大きにして、我が國微く弱し。若し南韓に、郡領、城主を置きて、修理め防護らずは、以て此の強敵を禦くべからず。亦以て新羅を制くべからず。故猶置きて、新羅を攻逼めて、任那を撫存たしむ。若し爾らずは、恐るらくは滅亡されて、朝聘ること得じ。天皇に奏さむと欲ふ、其の策の二つなり。又吉備臣、河内直、移那斯、麻都、猶任那國に在らば、天皇は、任那を建て成せと詔すとも、得べからじ。請はくは、此の四の人を移して、各其の本邑に遣はし還さむ。天皇に奏さむ、其の策の三つなり。日本の臣、任那の旱岐等と、倶に使を奉遣して、同じく天皇に奏して、恩詔を聽らむと乞せ。」 是に、吉備臣、旱岐等曰く、「大王の述べたまふ所の三つの策、亦愚が情に協へり。今願はくは、歸りて敬みて日本の大臣【任那に在る日本府の大臣を謂ふなり。】、安羅の王、加羅の王に諮して、倶に使を遣して同じく天皇に奏さむ。此誠に千載に一會の期、深く思ひ熟く計らかざるべけむや」。

奈率得文、奈率奇麻を派遣したのは三月。十月に百濟に帰国、百濟本記によれば、河内直、移那斯、麻都等を本邑に戻すことについては返答が無かった、実現はしなかった。
十一月に、百濟と一緒に任那を再興せよとした天皇の詔を伝へるために、日本府の臣及び任那國の執事を召集した。日本の吉備臣、安羅の下旱岐大不孫、久取柔利、加羅の上首位古殿奚、卒麻君、斯二岐君、散半奚君の兒、多羅の二首位訖乾智、子他の旱岐、久嵯の旱岐がこれに応じた。これは二年四月条と同じ顔ぶれである。卒麻君、斯二岐君、散半奚君はそれぞれ、卒麻旱岐、斯二岐旱岐兒、散半奚旱岐兒であった。二首位は上首位、次首位と二説、訖乾智と久嵯旱岐は初めて、久嵯
(こさ)は慶尚南道固城地図、古嗟國。聖明王は、略詔書、『早く任那を建てよ。』というところだけ、伝へた。(天皇は、四年十一月に)津守連を派遣して、(任那を建てることが出来ていないので、)成しているのかと問ふた。だから、(王は、)召集をかけた(がその時は、日本府も任那も応じなかった。今回は応じてここの参集している)。では、如何にして任那を建てるのか、それぞれ考えを述べてもらいたい、と語りかけた。吉備臣、任那の旱岐等は、聖明王のみそれが可能であり、王に従ふ、そう天皇に奏上して、詔を承りたいといふ。
聖明王が言ふ。任那と百濟は、古より以來、子弟ともいうべき関係を結んだ。これは近肖古王
(在位:346年 − 375年)以来であり、約200年前である。「今、日本府の印岐彌」はまぎらわしい。今は古に対するもので、印岐彌が日本府に居た頃を示している(印岐彌←許瀬臣←的臣)、磐井の乱の頃は、日本(やまと)は新羅を討った。更に、印岐彌が百濟を伐ったといふは、顕宗紀に紀生磐宿禰が左魯・那奇他甲背の計により爾林を攻めて以来、河内直、延那斯、麻都がそれを引き継ぎ反百濟の行動をとっていることを指そふ。樂はyaoで好むとなる。好んで新羅の虚誕謾語(いつはりごと)に耳を傾ける。印岐彌が任那に就任したのは、任那を損なふためではあるまい。昔も今も新羅は無道にして、出任せ、信がなく、卓淳を滅した(その新羅の口車に乗っている、と非難しつつ、実のところ、百濟はその裏で対高句麗のため新羅と手を組んでも居る。紀生磐宿禰等が高句麗と組み、百濟の適莫爾解(ちゃくまくにげ)を爾林で殺し、爾林から百濟を脅かしたことの再燃を恐れ、河内直、延那斯、麻都の失脚を求めてきた)。股肱の國(「股」は足のもも、「肱」は手のひじ、自分の手足のように信頼している國、任那の國)も仲良くせんとしてもこれでは、却って悔いるのみ。だから、召集をかけ、共に天皇の恩詔を承り、任那を再興し、昔のごとく永く兄弟たらむ。
第一の策として、聖明王は、新羅と安羅の國境となる洛東江沿いに、六城を造り、天皇に兵三千を請ひ、各々の五百に百濟の兵を加え、軍事に専念させ、相手を悩ませれば、久禮山の五城の新羅の兵
(五年三月条で、かつて百濟の守備兵が退却せしめられた)はおのずと降首(したがふ)するやもしれない。そうすれば、卓淳の國を再興できるかもしれない。その兵士には、百濟、衣粮を供給するつもりである。そのことを天皇に進言しようと思ふ、と提案する。
第二の策。百濟が南韓に、郡令、城主を置くことは、天皇に背き、貢調の路を遮断するものとみなされているかもしれない。分かっていただきたい、多難を救ひ、強敵を討ち滅ぼさむことができるようにとのことである。およそ、あの凶黨
(新羅)は、誰に味方しようとするだろうか(百濟は新羅と手を組んで高句麗の南下に対応してきたが、高句麗と手を組み南韓から攻め入る可能性もある)。北敵(高句麗)は強大で、百濟は微弱。もし南韓に、郡領、城主を置き、修理し防護せずば、この強敵を禦(ふせ)ぐことも、新羅を制することもできない。だから、今も猶これらを置いて、新羅を攻めると逼(せま)り、任那を撫存(たも)たしむことができる。もしそうせずば、恐らく任那は滅亡し、百濟も天皇に朝聘(つかへまつ)ることもできなくなろう。
第三の策。吉備臣、河内直、移那斯、麻都、彼等が今猶任那國に居れば、天皇は、任那を建て成せと詔されようと、できまい。願はくば、この四の人を移して、各々その本邑に遣はし還してほしい。
この三つを天皇に奏上しようと思ふ。日本の臣、任那の旱岐等と、共に使を派遣して、揃って天皇に奏上して、恩詔を聽
(うけたまは)りたいと申していただきたい。聖明王はこう述べ、意見を求めた。
吉備臣、旱岐等は、「聖明王の申された三策は、亦愚
(我)が情(こころ)に協(かな)ふ。おそれながら、歸りて敬みて日本府の大臣、安羅の王、加羅の王に諮ったうえで、共に使者を派遣して揃って天皇に奏上いたしたい。これ以下は呉志、胡綜伝の「此誠千載一會之期、可不深思而熟計乎」によると注され、学識を披露したもの。
結局のところ、聖明王の、従来の主張がより詳しく語られたのみであり、事態に進展はない。

十二月
(しはす) 越國(こしのくに)(まうす) 於佐渡嶋(さどのしま)北御名部(みなべ)之碕岸(さき) 有肅愼人(みしはせのひと) 乘一船舶(ひとふな) 而淹留(とどまる) 春夏捕魚(すなどり)(あつ)(くらひもの) 彼嶋之人 言非人也 亦言(まうす)鬼魅(おに) 不敢近之 嶋東(ひむがし)禹武邑人(うむのさと) (ひろふ)椎子(しひ) 爲欲(おもふ)(こなす)(はむ) 着(おく)(はひ)(なか)(いる) 其皮甲(かは)化成二(ふたり)人 飛騰(あがる)火上 一尺餘許(ひとさかあまり) 經時相闘 邑人深以爲(おもふ)(あやし) 取置(おく)於庭 亦如前飛 相闘不已(やむ) 有人占云 是邑(さと)人 必爲魅鬼(おに)所迷惑(まどふ) 不久如言(いふ) 被其抄掠(かすめる) 於是 肅愼人(みしはせのひと) 移就(うつりゆく)波河浦(せなかはのうら) 浦~嚴忌(いちはやし) 人不敢 渇(みづにうゑる)飮其水 死者且(なんなんとす)半 骨(かばね)積於巖岫(いはほのくき) 俗(くにひと)呼肅愼隈(みしはせのくま)也 

十二月に、越國言す、「佐渡嶋の北の御名部の碕岸に、肅愼人有りて、一船舶に乘りて淹留る。春夏捕魚して食に充つ。彼の嶋の人、人に非ずと言す。亦鬼魅なりと言して、敢て近づかず。嶋の東の禹武邑の人、椎子を採拾ひて、熟し喫まむと爲欲ふ。灰の裏に着きて炮りつ。其の皮甲、二の人に化成りて、火の上に飛び騰ること一尺餘許。時を經て相闘ふ。邑の人深く異しと以爲ひて、庭に取置く。亦前の如く飛びて、相闘ふこと已まず。人有りて占へて云く、『是の邑の人、必ず魅鬼の爲に迷惑はされむ。』 久にあらずして言ふことの如く、其れ抄掠められる。是に肅愼人、瀬波河浦に移り就く。浦の~嚴忌し。人敢て近づかず。渇ゑて其の水を飮みて、死ぬる者半に且す。骨、巖岫に積みたり。俗、肅愼隈と呼ぶ。」

佐渡嶋の御名部は、未詳、和名抄の佐渡國羽茂
(はも)郡水湊(みなと)(通証、集解、佐渡市羽茂:地図であれば、佐渡の南となる。北であるなら、加茂郡鷲崎(地名辞書、佐渡市鷲崎、地図となる。肅愼は、書経では「成王既に東夷を伐ち、肅慎來賀す」、国語では「仲尼(孔子)曰く、隼(はやぶさ)の來るや遠し。此れ肅慎氏の矢なり。昔し武王商(殷)に克ち、道を九夷に通し、百蠻、各(おのおの)其の方賄を以て來貢せしめ、職業を忘れ無からしむ。是に於て肅慎氏、楛矢・石砮を貢ぐ。其の長さ尺咫(36m)有り。先王其の令コの致ること遠きを昭(あきらか)にせむと欲し、後人に示すを以て、永く監しせしむ。故に其の栝を銘して『肅慎氏之貢矢』と曰ふ」とあり、粛慎は弓矢作りの得意な東北方の東夷(沿海州のツングース族)として描かれている。この中国古典より肅愼を借りたとする説があると注される。春夏捕魚とあれば、常時春夏に来訪しており、山間に住む肅愼人が漁猟の寄港地としたとするのは考へ難い。肅愼を”みしはせ”と訓じるのは、後の斉明朝における安部比羅夫の蝦夷遠征による知識とも注される。そこでは、肅愼の水軍と見へ、この肅愼は漁猟可能である。いづれにせよ佐渡は暖流と寒流の双方の魚介類の獲れる海域であり、能登から秋田にかけての漁民が寄港することがあったのだろう。対馬海流は、アワビ、サザエ、ウニ、ワカメ、アオサ、ミル、ナマコ、イサキ、タイ、ブリ、マグロ、イカ、シビ(マグロの子)、アジなどの漁場を提供し、リマン海流は、ニシン、タラ、サケ、マス、サンマなどの寒海性魚類に富む。肅愼人を人でなく鬼魅と称した。鬼魅は物の気で人を誑(たぶら)かす鬼。慣習が異なり誑かされるようなことがあり、交はりを避けたのであろう。
禹武邑は、諸注釈書は羽茂郡をあてるが、西南部であり、地名辞書は加茂郡加茂村、梅津
地図と注される。しかし、これでも中央部で東とは言へない。椎の実を灰の中で炒ると皮甲が二人の人間となって火の上一尺に飛び上がった。皮がはじけて飛びあったのであろう。その二人が戦ったといふ。怪しく思った村人が今度は庭に置くと、また飛び上がって戦ふ。或る人が占うと、魃鬼に迷惑するとでた。しばらくして、何かが掠め取られた。後段からすれば、水であったかもしれない。
瀬波河浦は未詳、羽茂郡とする説があるが疑問、佐渡国志は加茂郡鹿の浦、地名辞書は加茂郡三瀬川付近と注される。浦の~とは水~であろう、非常に威力がはやい、すぐに効く、おそらく旱(ひでり)に襲はれ、水を求めて移動をしたのであろうが、その水を飲むとバタバタと死ぬ者が半数という惨状となった。死者が岩穴に積み上げられたといふ。
「鬼太鼓21:鬼の意味
(佐渡の本間氏)佐渡広場に以下のごとくある。

 1)南片辺にあるダッタン(韃靼)塚の伝説
 片辺の鹿野浦(かのうら)で、昔スクシクマ(粛慎の隈のなまり?)ともダッタン塚とも呼ぶ塚があった。そこからは、人骨や土器なども出土。
 a.大昔、粛慎人が来て喉が渇いたのでこの付近の川の水を飲んだところ、その水に毒があって半分は死んだ。その死骸をここに葬った。「片辺・鹿野浦、中の水は飲むな。毒が流れる日に三度」と古い民謡がある。
 b.(上記とは別の人の話)昔、鹿野浦へダッタン人が大勢流れ着いて魚を獲って暮らしていた。そのうち「中の川」から流れてくる毒のため、次々に死んでしまった。その人たちを埋めた墓である。
 (鹿野浦の山奥に鉱山があり、亜鉛や鉛が採れたとのこと。安寿・厨子王の物語には、人買い商人によって母親が子供と離れ離れにされ佐渡に来て働いていた所で、そこの川で顔を洗ったため盲目になったと伝えられている。07年10月17日号「文弥人形11:人形見学」、同22日号「佐渡の風景27:達者」に記述)

 2)羽茂・飯岡の粛慎人退治の伝説
 a.飯岡の松尾沢の谷に大きな洞窟があり、大昔に佐渡へ漂着してそこに住みついた。そして、人々に悪いことをしていたという。
 b.その頃、度津(わたつ)神社の祭神五十猛命(いたけるのみこと)が小木半島に上陸したとき、遥か羽茂川上流の山の上に、あやしい雲が浮かんでいるので、その方向へと登って行った。
 c.山に登って谷間を見ると大きな洞窟があり、そこに粛慎人がいて、ここで戦ったが、粛慎人は逃げて、地田(ちだ)の浜で滅ぼされた。なお、伝説にちなんだ「神立河原」とか「ドンドン」とかの地名が残っている。

 3)ここでのまとめ
 a.粛慎人は、北の外海府だけでなく南の羽茂にもいたが、地元民との交流はなく、地元民もこれに係わらなかった。
 b.佐渡に来た粛慎人は、間もなく滅んでしまった。
 ・鹿野浦の場合、魚を獲って生活。近くに流れる川の鉛の水を飲んでその多くが死んだ。住民は、一時侵略されたこともあったが、気の毒に思って塚を立てた。
 ・飯岡の場合、魚が獲れる場所でなく、山の中。地元住民への悪さが絶えなかったので、おそらくは地元住民が滅ぼした。その記録はないということは、大和朝廷へは報告しなかった。神によって滅ぼされたという伝説は残された。
 c.佐渡は既に、大和民族によっていわば占領されており、民族の団結力が根付いていた。東北地方など他地域においては、先住民等がいて戦闘を繰り返していた。

この伝説によれば、御名部は羽茂の飯岡、瀬波河浦は片辺の鹿野浦となり、飯岡から片辺へ移動したことになる。これは佐渡の中央の平野に出て全体をさらすがごとき状態で、真野湾沿いに西に向かひ、沢根から相川を抜け片辺へ上るようなルートであり、非常に危険であり、あまり現実感がない。上記のごとき伝説を無理に一つにつなげてしまったのかもしれない。
さて、越國言
(まう)す、は國造の報告の如き修飾を加えていると注される。伝統的には、日本海側が表日本であり、対馬海流を筑前、長門、石見、出雲、伯耆、因幡、但馬、丹後、能登を越え越(こし)へと北上するルートが一般的であった。言すは越のみならず、対馬、壱岐、隠岐、敦賀等々それぞれあったろう。この海流を往来する人々は、百濟や新羅、高句麗のみならず、その背後の靺鞨、肅愼や北魏、契丹などにも目が向けられていたことだろう。

六年春三月(やよひ) (つかはす)膳臣巴提便(かしはでのおみはすひ) 使(つかひせしむ)于百濟 
夏五月
(さつき) 百濟(まだす)奈率其悛(なそちごれう)、奈率用奇多(なそちようがた)、施コ次酒等(せとくししゅら)(たてまつる)(ふみ) 
秋九月
(ながづき) 百濟(まだす)中部護コ菩提等(ちうほうことくぼだいら) 使于任那 贈呉(くれ)(たから)於日本府(やまとのみこともち)(まへつきみ)及諸旱岐(もろもろのかんき) 各(おのおの)有差(しな) 
是月 百濟丈六
(ぢやうろく)佛像(ほとけのみかた) 製願文(ことねがひのふみ)(いふ) 蓋聞 丈六佛(ほとけ) 功コ(のりのわざ)甚大(おぎろ) 今敬 以此功コ 願天皇(すめらみこと)獲勝善(すぐれる)之コ(みいきほひ) 天皇所用(しろしめす) 彌移居(みやけ)國 倶蒙(かうぶる)福祐(さいはひ) 又願 普天之下(あめのした)一切衆生(しかしながらいけるもの) 皆蒙解(やすらかなること) 故(このゆゑ)之矣 
冬十一月
(しもつき) 膳臣巴提便 自百濟言(まうす) 臣(やつかれ)使(つかひ) 妻子(やから)(あひしたがふ)(まかる) 行至百濟濱(はま) 【濱 海濱也】 日晩(ひくれ)停宿(やどる) 小兒(わらは)(たちまちに)(うせる) 不知所之(ゆく) 其夜大雪 天曉(よあけて)始求 有虎(つづく)跡 臣(やつかれ)乃帶(はく)(たち)(きる)(よろひ) 尋至(とめいたる)巖岫(いはほのくき) 拔刀曰 敬(つつしむ)受絲綸(みことのり) 劬勞(たしなむ)陸海(くぬがうみ) 櫛(かしらけづる)風沐(ゆするあみす)雨 藉(まくらにす)草班(しきゐ)(しば)者 爲愛(めでる)其子 令紹(つぐ)父業(わざ)也 惟(おもひみる)(いまし)威~(かしこきかみ) 愛(めぐむ)子一(ひとくさ)也 今夜(こよひ)(わがこ)(うせる) (あと)覓至(まぎいたる) 不畏(おそる)(ほろぶ)(いのち) 欲報故(ため)來 而其虎(まへ) 開口欲噬(のむ) 巴提便(はすひ) 忽申(のべる)左手 執(とらへる)其虎舌 右手刺殺 剝取皮 
是年 高麗
(こま)(おほき)亂 被誅殺(ころす)者衆 【百濟本記(くだらほんき)云 十二月(しはす)甲午(きのえうまのひ) 高麗國細群(さいぐん)與麁群(そぐん) 戰于宮門(みかど) 伐鼓戰闘(たたかふ) 細群敗(やぶれる)不解兵(いくさ)三日 盡(ことごとくに)捕誅(ころす)細群子孫(うみのこ) 戊戌(つちのえいぬのひ) 狛國(こまのくに)香岡上王(ぬたのすおりこけ)(みうす)也】

六年の春三月(545.03)に、膳臣巴提便を遣して、百濟に使せしむ。
夏五月に、百濟、奈率其悛、奈率用奇多、施コ次酒等を遣し表上る。
秋九月に、百濟、中部護コ菩提等を遣して、任那に使せしむ。呉の財を日本府の臣及諸旱岐に贈ること、各差有り。
是の月に、百濟、丈六の佛像を造りまつる。願文を製りて曰ふ、「蓋し聞く、丈六の佛を造りたてまつる功コ甚大なり。今敬ひて造りたてまつりぬ。此の功コを以て、願はくは、天皇、勝善れたるコを獲たまひて、天皇の所用めす、彌移居の國、倶に福祐を蒙らむ。又願はくは、普天の下の一切衆生、皆解脱を蒙らむ。故に造りたてまつる」。
冬十一月に、膳臣巴提便、百濟より還りて言す、「臣が使に遣されしときに、妻子、相逐ひて去る。百濟の濱【濱は海の濱なり】に行き至りて、日晩れて停宿りぬ。小兒忽に亡せて、之ける所を知らず。其の夜大きに雪ふる。天曉けて始めて求むるに、虎の連ける跡有り。臣、乃ち刀を帶き甲を擐て、巖岫に尋め至る。刀を拔きて曰く、『敬みて絲綸を受けて、陸海に劬勞み、風に櫛り雨に沐して、草を藉し荊を班にすることは、其の子を愛でて、父の業を紹がしめむが為なり。惟るに汝威き~、子を愛むこと一なり。今夜兒亡せたり。蹤を追ひて覓ぎ至る。命を亡びむことを畏りずして、報いむとするが故に來つ』。既にして其の虎、前に進みて、口を開きて噬まむとす。巴提便、忽に左の手を申べて、其の虎の舌を執へて、右の手をもて刺し殺して、皮を剝ぎ取りて還りぬ。
是年、高麗大きに亂れて、誅殺さるる者衆し。【百濟本記に云く、十二月の甲午に、高麗國の細群と麁群と、宮門に戰ふ。鼓を伐ちて戰闘へり。細群敗れて兵を解かざること三日。盡に細群の子孫を捕へて誅しつ。戊戌に、狛國の香岡上王薨せぬ


巴提便(はすひ)の訓は、釈紀により、日本紀竟宴和歌久遠の絆にもそう訓じていると注される。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)八年条書紀巻14に、高句麗に謀られた新羅が任那に救援を求め、任那王が膳臣斑鳩【伊柯屢餓、いかるが】、吉備臣小梨、難波吉士赤目子を援軍に送ったことが記されていた。この膳臣は若狭に展開した一族とされ、新羅や高句麗と関係を有し、天皇の食膳をまかなうことから起こっているが、外交、軍事的役割を果たすようになっていたようである。三月に膳臣巴提便を派遣したといふは、新羅、高句麗情勢の分かる天皇側近の膳臣を百濟に派遣したことになろう。百濟も五月に、奈率其悛、奈率用奇多(5年2月条の物部連奈率用歌多)、施コ次酒等(5年2月条、任那派遣)を派遣してきたが、何が話されたかは記されてはいない。相変わらず全般的に相互牽制の膠着状態にあるように思はれる。九月に、百濟は日本府に贈り物をした。呉とは、梁の武帝の頃であり、梁書、東夷伝、百濟条に、「中大通六年(534年)、大同七年(541年)、累(かさ)ねて使を遣し方物を獻ず。并(あは)せて、涅盤等の經義、毛詩博士、并せて工匠、畫師等を請ふ。敕(ちょく)して之を並べ給ふ」と注される。百濟は、仏典、詩経、大工や仏師、画家、書家などを求めて入手しており、日本府の重役、任那の諸王にそれぞれに応じた品を贈呈した。そして、天皇のために仏像を造った。丈六とは一丈六尺、釈迦の身長に合わせたもの、功コ甚大は、義浄訳金光明最勝王経、十万菩薩讃歎品にあると注される。
「世尊、もし所在のところに、かくのごとき金光明王微妙の経典を講説せば、その国土において、4種の利益あり。如何が4となす。1には国王の軍衆強盛にして、諸々の怨敵なく、疾病を離れ、寿命延長に、吉祥安楽にして、正法興顕せん。2には中宮、妃后、王子、諸臣和悦して争うことなく、奸佞をはなれて、王に愛重せられん。3には沙門、婆羅門および諸々の国人、正法を修業して、病なく安楽にして枉死者なく、諸々の福田において、ことごとくみな修立せん。4には三時の中において、四大調適し、つねに諸天に増加守護せられ、慈悲平等にして、傷害の心なく、諸々の衆生をして、三宝に帰敬し、みな願って菩提の行を修習せしめん。これを4種利益のこととなす。(時宗・一遍 仏の世界)」
彌移居
(みやけ)は官家、屯倉のこと。彌移居の國は半島における官家となる。ここでは、百濟及び任那諸国となる。
膳臣巴提便は十一月に帰国するが、政治的な事に関しては一切言及がない。巴提便は妻子を連れて任に就いた、本来ならば長期に亘る任務を帯びていたのであろうが、十一月に戻ったのは、その妻子を失ったことによろうか。百濟の浜に夜に着き宿舎に入るや、子の姿が忽然として消えた。その夜は大雪となり、明くる日子を探そうとすると、虎の足跡が連なっており、巴提便は刀を差し、鎧を付け、巖岫
(肅愼の鬼魅を連想させる)に迫り、刀を抜いて、虎に言葉をかけ、虎が向かってきたところを左手で舌をつかみ、右手で刺し殺し、皮を剥いで持ち帰った。
絲綸は、礼記、緇衣、
「王の言は絲(細い糸、言葉少ない)の如し、其の出るは綸(太い糸、重い意味)の如し」により、絲綸は王命、勅命、詔のこと。劬勞は苦労のこと、”たしなむ”辛苦すると訓じている。魏志、鮑伝の、「風に櫛り(風を櫛の代わりにして髪をとく)雨に沐す(雨で体を洗ふ)、風雨にさらされ、諸所を奔走して苦労すること。左伝、襄公二十六年に、「荊(いばら)を班(敷物と)し相與(とも)に食ふ」とある、と注され、巴提便の言葉は修飾されている。
畏くも詔を受けて、苦労して陸海を渡り、風雨にうたれ、野山に宿営してきたのは、我が子を愛
(め)でて、私の業を継がせるためであった。思うに、汝威き~、虎よ、子を愛むことは同じである。今夜(昨夜ではないか)我が子が亡(なく)なった。お前の蹤を追ってここまでやってきた。命を亡(なく)すことも畏れずして、我が子に報いむがためである。妻については触れられていないが、同じく虎に食われたのであろうか。この虎が~であるなら巴提便は大変なものを退治したことになる。金光明最勝王経では、飼虎捨身、わが身を虎に差し出す話である。なんともちぐはぐなイメージの交差となる。
高句麗に乱があったとする。これは百濟本記が出典である。七年、是歳条によれば、高句麗王には三人の夫人
(おりくく)があり、正夫人(まかりおりくく)には子(よも)が無く、中夫人(くのおりくく)の子が世子(まかりよも)でその舅が麁群(そぐん)、小夫人(しそおりくく)にも子があり、その舅を細群(さいぐん)と云ふ。高句麗王の病が重くなると、十二月二十日に、麁群と細群は互いの夫人の子を立てて争った。細群が敗れ、その子孫が悉く殺され、二十四日に王(おりこけ)が崩御されたとする。その王を香岡上王(ぬたのすおりこけ)とするが、高句麗本紀では、安原王であり、十五(545年)年三月に「王薨」とあり、月も異なり、争乱の様子もない。世子については、「陽原王 或は、陽崗上好王と云ふ。諱は平成、安原王の長子。生れながらにして聰慧、及ち壯雄豪、人に過ぐ。安原在位三年を以て、立ちて太子と爲り、十五年に至りて、王薨ず。太子即位す」とあり、世継ぎについては何ら問題はない。

七年春正月(むつき)甲辰(きのえたつ)(ついたち)丙午(ひのえうまのひ) 百濟使人(つかひ)中部(ちうほう)奈率(なそち)(これんら)罷歸(まかりかへる) 仍賜以良馬七十匹(ななそぎ)、船一十隻(とふな) 
夏六月
(みなづき)壬申(みづのえさる)朔癸未(みづのとひつじのひ) 百濟(まだす)中部奈率掠葉禮等(けいせふらいら)獻調(みつき) 
秋七月
(ふみづき) 倭國(やまとのくに)今來郡(いまきのこほり)(まうす) 於五年春(はるのときに) 川原民直宮(かはらのたみのあたひみや) 【宮名】 登樓(たかや)騁望(みやる) 乃見良駒(よきこま) 【紀伊國(きのくに)漁者(あま)(おほせる)(にへ)草馬(めうま)之子也】 睨(みる)影高鳴(いばゆ) 輕(かろい)超母(おも)脊 就(ゆく)而買取 襲養(かふ)(へる)年 及(いたる)(さかり)(おほとり)(のぼる)龍翥(ひひる) 別(こと)(ともがら)越群(たむら) 服(のる)(もちゐる)随心(やすらか) 馳驟(はせうぐつ)合度(ととのほる) 超渡大内丘(おほちのをか)之壑(たに) 十八丈(とをあまりやつゑ)焉 川原民直宮 桧隈邑(ひのくまのさと)人也 
是歳
(ことし) 高麗大亂 凡(すべて)闘死者二千餘(ふたちたりあまり) 【百濟本記(くだらほんき)云 高麗 以正月(むつき)丙午(ひのえうまのひ) 立中夫人(くのおりくく)(よも)爲王(おりこけ) 年八歳(やつ) 狛王(こくおりこけ)有三(みたり)夫人(おりくく) 正夫人(まかりおりくく)無子() 中夫人生(くのおりくく)世子(まかりよも) 其舅氏(しうと)麁群(そぐん)也 小夫人(しそおりくく)生子(よも) 其舅氏(しうと)細群(さいぐん)也 及狛王(こくおりこけ)疾篤(やまひす) 細群、麁群、各(おのおの)欲立其夫人(おりくく)之子(よも) 故(かれ)細群死者 二千餘人(ふたちたりあまり)也 

七年の春正月の甲辰の朔丙午(546.01.03)に、百濟の使人中部奈率己連等罷り歸る。仍りて良馬七十匹、船一十隻を賜れり。
夏六月の壬申の朔癸未
(546.06.12)に、百濟、中部奈率掠葉禮等を遣して調獻る。
秋七月に、倭國の今來郡言す、「五年の春に、川原民直宮 【宮は名なり】 樓に登りて騁望る。乃ち良駒を見つ。【紀伊國の漁者の贄負せる草馬が子なり】 影を睨て高く鳴ゆ。輕く母の脊を超ゆ。就きて買ひ取る。襲養ふこと年兼ぬ。壯に及りて鴻のごとくに驚り龍のごとくに翥り、輩に別に群を越えたり。服り御ゐること随心に、馳せ驟くこと合度れり。大内丘の壑を超え渡ること、十八丈。川原民直宮は、桧隈邑の人なり」。
是歳、高麗大きに亂る。凡べて闘ひ死ぬる者二千餘。【百濟本記に云く、高麗、正月の丙午を以て、中夫人の子を立てて王とす。年八歳。狛王に三の夫人有りき。正夫人は子無し。中夫人、世子を生めり。其の舅氏は麁群なり。小夫人、子を生めり。其の舅氏は細群なり。狛王の疾篤するに及りて、細群、麁群、各其の夫人の子を立てむとす。故、細群の死ぬる者、二千餘人なり」。

中部奈率己連は、六年五月の奈率其悛と同人物かと注される。良馬七十匹、船一十隻とあれば、一隻に平均馬七頭を乗せるわけで、復元された漕ぎ手八名の古代船”なみはや”や”漕ぎ手十四名の野生号”では難しい。中国王朝へ入貢している以上、中国船と操縦者を輸入するなり、工人を呼び寄せ、模倣をするなり、それよりも大きな船を調達しなければ、記述が成り立たなくなる。百濟との良好な関係を維持した。
半年後に、百濟がこれに応じて、中部奈率掠葉禮
(九年四月条の中部柾率掠葉禮と注される)が派遣され、調を献った。
倭國、今來郡は坂上系図に引く姓氏録逸文に、「爾の時、阿智王奏す、今來郡を建て、後改めて高市郡と号(なづ)く」とあり、高市郡の旧称。川原民直宮の、川原は高市郡明日香村川原、民直はその居地、宮は名前、應~朝に渡来し、檜前に居を賜ひ今来郡をたてた阿知使主(阿智王)の子孫譽田天皇二十年条と注される。文選、嘯賦の、「高台に登りて以て遠くを臨む、文軒を披(ひら)きて望を騁(は)せる(ていぼう;思うがままにながめる)、赭白馬賦とその序の、「服御(馬に車を付け走らせる)すること志順(したが)ひ、馳驟(ちしゅう;速くゆったり馬を駆ける)すること合ひ度る・・・襲養(うけか)ふこと年を兼ね(李善注、襲は受なり)・・・影を睨て鳴こと高く将に中折を超へ・・・輩に別ち群を越ゆ」「欻(あかしま)に聳(そび)へ以て鴻(かり)のごとく驚(のぼ)り、時に濩略(もこよか)して竜のごとく翥(と)ぶ。(濩略は蠖略と同じで、蠖は尺取り虫)による。
川原の民直の宮が高台に登って心ゆくまでながめると、いい馬をみつけた。和歌山から貢納する海産物を積んだ牝馬の子。影を見ていななくと母馬の背を超える。行きて買い取り、何年か養い成長すると、大鳥のごとく足を挙げ、龍のごとくひらひらと飛び、並ぶ馬はない。馬にまたがれば思うまま、速くもゆったりも自在、大内の丘や谷を越え渡ること十八丈
(約55m)。赭白馬賦の引用は大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)九年七月条書紀巻14にもある。桧隈邑の宮の神仙思想風の挿話が何故入れられたのか?祖先である阿知使主一族は、高句麗と百濟の間、帯方郡の漢人、高句麗、百濟、新羅にも分散していたとされる。馬や馬飼は、百濟よりもたらされたが、元来、半島で騎馬を用いたのは高句麗であった。
高句麗の乱での細群の死ぬる者、二千餘人となれば、大変な内乱である。百濟本記が何に基づいてこれを記したのか分からないが、高句麗本紀にないから、偽作と片付けることはできまい。日本(やまと)は、肅愼や高句麗の動向を注視していた。

八年夏四月
(うづき) 百濟(まだす)前部コ率(ぜんほうとくそち)眞慕宣文(しんもせんもん)、奈率奇(なそちがまら) 乞救(すくひ)(いくさ) 仍貢(たてまつる)下部東城子言(かほうとうじやうしごん) 代コ率汶休(とくそちもんくまな)

八年の夏四月(547.04)に、百濟、前部コ率眞慕宣文、奈率奇麻等を遣して、救の軍を乞ふ。仍りて下部東城子言を貢りて、コ率汶休麻那に代ふ。

前部コ率眞慕宣文は、二年七月に安羅の日本府と新羅と計を通ずを聞き派遣された内の一人、奈率宣文。奈率奇麻は五年三月に日本(やまと)に派遣された内の一人、許勢奈率奇麻。五年十月条に、聖王が天皇に三千の兵士を請ひて、新羅と安羅の境に投入するといふ提案をしていた。しかし、これは救の軍とは合致しない。この後の展開からすれば、高句麗の侵攻に対するものみられるが、高句麗が馬津城を囲むのは九年正月であり、救の具体性に欠け、また、微妙な問題があった。そのために、コ率汶休麻那に代えて下部東城子言を貢ったとは何のことか?人質と解されるようだが、汶休麻那は他に見えずとあり、冠位16階の第四の立場の者が人質になり得るものか?

九年春正月(むつき)癸巳(みづのとのみ)(ついたち)乙未(きのとのひつじのひ) 百濟使人(つかひ)前部(ぜんほう)コ率(とくそち)眞慕宣文(しんもせんもん)等請(まうす)(まかる) 因詔曰(のたまふ) 所乞(まうす)(すくひ)(いくさ) 必當救 宜(すみやかに)(かへりごといふ)(きみ)
夏四月
(うづき)壬戌(みづのえいぬ)朔甲子(きのえねのひ) 百濟(まだす)中部(ちうほう)杆率(かんそち)掠葉禮(けいせふらい)等奏(まうす)(まうす) コ率宣文(とくそちせんもん)等 奉(うけたまはる)勅至臣(やつかれ)(くに)(いふ) 所乞(まうす)(すくひ)(いくさ) 應(あたり)遣送(おくりつかはす) 祗(つつしみて)(うけたまはる)恩詔(めぐみのみことのり) 喜慶(よろこぶ)無限(かぎり) 然馬津城(ましんのさし)之役(えだち)【正月辛丑(かのとのうしのひ) 高麗(こま)(ゐる)(いくさ)(かくむ)馬津城】 虜(とりこ)(かたる)之曰 由安羅國(あらのくに)與日本府(やまとのみこともち) 招來勸(すすむ)(うつ) 以事准況(なずらふ) 寔(まこと)(まさに)相似(あひのる) 然三廻(みたび)欲審(つばひらかにす)其言(こと) (つかはす)(よぶ)而並不來(まうく) 故深勞念(いたはしみおもふ) 伏願 可畏(かしこき)天皇(すめらみこと)【西蕃(にしのとなりのくに)皆稱(まうす)日本(やまと)天皇 爲可畏天皇】 先爲勘當(かむがへる) 暫停(とどむ)所乞救兵 待臣(やつかれ)(たてまつる)(かへりことまうす) 詔曰 式(もて)聞呈奏(いたせるまうしごと) 爰(ここに)覿(みる)所憂 日本府與安羅 不救隣難(わざはひ) 亦朕所疾(いたむ)也 又復(また)(しのびに)使(つかひやる)于高麗者 不可信(うく)也 朕命(みことおほす)(おのづから)(やる)之 不命何容(いかにぞ)可得(ほしきままにす) 願王(こきし) 開襟(ころものくび)(ゆるぶ)帶 恬然(しづかに)自安 勿深疑懼 宜共任那 依(ままに)前勅(さきのおほみこと) 戮(あはせる)力倶防(ほせく)北敵(きたのあた) 各(おのおの)守所封(よさす) 朕(われ)遣送(おくりつかはす)若干(そこら)人 充實(みつ)安羅逃亡(ほろぶ)空地(むなしきところ) 
六月
(みなづき)辛酉(かのとのとり)(ついたち)壬戌(みずのえいぬのひ) (つかはす)使詔于百濟曰(のたまふ) コ率宣文 取歸(かへる)以後(のち) 當復何如(はたいかに) 消息(あるかたち)何如 朕(われ)聞 汝(いまし)國爲狛賊(こまのあた)(やぶる) 宜共任那 策勵(はかりはげむ)同謀(はかりこと) 如前防距() 
閏七月
(のちのふみづき)庚申(かのえさる)朔辛未(かのとのひつじのひ) 百濟使人(つかひ)掠葉禮等罷歸 
冬十月
(かむなづき) (つかはす)三百七十人(みももあまりななそたり)於百濟 助築(つく)(さし)於得爾辛(とくにし) 

九年の春正月の癸巳の朔乙未(548.01.03)に、百濟の使人、前部コ率眞慕宣文等、罷らむと請す。因りて詔して曰はく、「乞す所の救の軍は、必ず當に救を遣はすべし。速に王に報へ」。
夏四月の壬戌の朔甲子
(548.04.03)に、百濟、中部杆率掠葉禮等を遣して奏して曰す、「コ率宣文等、勅を奉りて臣が蕃に至りて曰く、『乞す所の救の兵、時に應りて遣送す』。祗みて恩詔を承りて、喜慶ぶること限無し。然れども馬津城の役に、【正月の辛丑に、高麗、衆を率て、馬津城を圍む】。虜の謂りて曰く、『安羅國と日本府と、招き來りて勸め罰たしむるに由れり』。事を以て准況ふれば、寔に當に相似れり。然も三廻其の言を審にせむとして、召び遣せども、並び來こず。故深く勞しみ念ふ。伏して願はくは、可畏き天皇、【西の蕃、皆日本の天皇を稱して、可畏き天皇としたてまつる】。先づ勘當へたまへ。暫く乞す所の救の兵を停めたまひて、臣が報し遣らむを待ちたまへ」。詔して曰はく、「式て呈せる奏を聞きて、爰に憂ふる所を覿れば、日本府と安羅と、隣の難を救はざること、亦朕が疾む所なり。又復高麗に密に使やりつることは、信くべからず。朕命せば自づからに遣らむ。命せずして何容ぞ可得にせむ。願はくは、王、襟を開き帶を緩べて、恬然に自づからして安くして、深く疑ひ懼るること勿れ。任那と共に、前の勅の依に、力を戮せて倶に北敵を防きて、各封さす所を守れ。朕當に若干の人を遣送して、安羅の逃げ亡びたる空しき地に充實てむ。
六月の辛酉の朔壬戌
(548.06.02)に、使を遣して百濟に詔して曰はく、「コ率宣文、取歸りて以後、當復何如に。消息何如に。朕聞く、汝の國、狛の賊の爲に害らると。任那と共に、策り勵みて謀を同じくして、前の如くに防距け」。
閏七月の庚申の朔辛未
(548.07.12)に、百濟の使人、掠葉禮等罷り歸りぬ。
冬十月に、三百七十人を百濟に遣して、城を得爾辛に助け築かしむ。

八年四月に百濟を出て九年正月に帰国の途につく、必ず救軍を派遣するから、速やかに聖王に報告せよとあるが、一年がかりとなるようだ。救軍のような使者が一年をかけているようでは事態の変化に応じることはできまい。しかし、これで話が成り立っているというから妙なものである。四月に中部杆率掠葉禮等が答礼に来ており、往来に三カ月を要しているかの印象を与える。しかし、それは単なる答礼ではなかった。
前部コ率眞慕宣文等が帰途についた時に、高句麗は馬津城を包囲していたといふ。百濟本紀、聖王二十六年
(548年)条では、「春正に、高句麗王平成、濊と謀りて、漢北獨山城を攻む。王、使を遣して新羅に救を請ふ。羅王、將軍朱珍に命じて、甲卒三千を領て發す。朱珍、日夜程を兼ね、獨山城下に至り、麗兵と一戰し、大きに破る」とあり、新羅本紀、眞興王九年(548年)条では、「春二月に、高句麗と穢人、百濟獨山城を攻め、百濟救を請ふ。王將軍朱玲を遣して、勁卒三千を領て撃ち、殺獲すること甚し」とあり、高句麗本紀、陽原王四年(548年)条では、「春正月に、兵六千を以て百濟獨山城を攻む。新羅將軍朱珍來援し、故に克たずして退く」とあり、百濟の獨山城(京畿道烏山市紙串洞、洗馬台;地図が包囲されたとする。馬津城は、唐の李勣(りせき 594年? - 669年、高句麗攻撃に功を挙げた唐の軍人)の奏状に云く、「馬津城は、本孤山即ち孤山縣一帶是なり、又孤、獨同音、是れ馬津城即ち孤山城と推測し、定め為すに今、忠清南道禮山一帶是なり」とあり、大興山城(任存城;忠清南道礼山郡光時面東山里;地図といった北方への備へとなった城の一つであろうか、この場合は扶余近辺であり、百濟の適莫爾解が爾林で高句麗と結んだ任那の左魯、那奇他甲背等に殺された記憶が蘇る(弘計天皇;顯宗天皇三年是歳条、書紀巻15。ところで、この戦において、高句麗の捕虜が、安羅と日本府の勧めがあって攻撃したとあり、百濟は、その言を確かめんと安羅國と日本府を三度召すが来なかったことを受けて、使者を派遣した。この三度に要した期間を含め、コ率宣文の帰国を待って、中部杆率掠葉禮等が派遣され、四月に到着したことになる。
掠葉禮は、天皇が救兵を派遣することを約されたのは誠に喜慶すべきであるが、疑念をぬぐへず心を痛めている、まず勘當
(考え調べて罪にあてる)いただき、ひとまず救兵を停止願ひ、臣(やつかれ)が返答を申し上げるまでお待ちいただきたい、と聖王の意向を伝へた。
天皇はこう応じられた。「会見し、申すことを聞き、ここに憂ふる所をみて、日本府と安羅が、百濟の難を救はなかったことに、私も心が痛む。高句麗に密に使者を送ったという噂を信じてはいけない。私が命じたのであれば、自づから派遣をしており私が分かっている。その私が命じていない以上出来ることではない。聖王に伝へていただきたい。襟を開き帶を緩めて、平然と心を落ち着かせ、深く疑い懼れること勿
(なか)れ。任那と共に、前の勅のとおりに、力を戮せて(協力して)共に北敵を防ぎ、おのおの(天皇に)封じられた地を守られよ。私も適切な人を遣送して、安羅が逃げた空白に充てよう」。
高句麗と濊の南下が事態を一変させた。任那を復興するために、百濟が任那
(この時期は安羅が中核)と協力して新羅に対抗する政策が宙に浮いてしまった。高句麗の侵攻は安羅と日本府の策謀に起因していると疑念を深めている百濟は、救援を新羅に求め、これが窮地を救った。「力を戮せて倶に北敵を防きて、各封さす所を守れ」北敵はここでは新羅ではなく、高句麗である。各封さす所はここでは百濟、任那、元来は新羅を含む概念であり、全体で高句麗に備えよ、と調子が変わっている。「安羅の逃げ亡びたる空しき地」がどこになるのかは不明、通釈は加羅の誤りとするが事情は不明と注される。この時点では安羅が滅亡したわけではなく、どの部所から逃亡したか不明であるが、新羅の攻撃によって逃れたものであろう。新羅の救援を受けた百濟は、攻撃された安羅を救援するどころではない。その空白は日本(やまと)が埋めるとするが、派兵されたようには思はれない。情勢は流動化していた。
天皇は、余程コ率宣文のことが気になられたようだ。使者を派遣して、消息を確かめようとされた。天皇が兵を派遣する裏側が見抜けなかっとた疑はれ、不遇な目にあっていないかを危惧されたのであろうか。
閏七月だから二度目の七月に、掠葉禮等が帰国し、十月に天皇は、三百七十人を百濟に派遣された。これは得爾辛に城を築く助けといふ。得爾辛は、徳斤支、忠清南道論山郡恩津
(論山市恩津面;地図の地かともいうが未詳と注される。扶余の東南にあたり、対高句麗用の築城であるなら、相当深く高句麗が侵入していたことになる。

十年夏六月(みなづき)乙酉(きのとのとり)(ついたち)辛卯(かのとのうのひ) 將コ久貴(しやうとくこんくゐ) 固コ馬次文(ことくめしもん)罷歸 因詔曰 延那斯(えなし)、麻都(まつ) 陰私(ひそかに)使(つかひ)高麗(こま)者 朕(われ)問虚實(いつはりまこと) 所(まうす)乞軍(いくさ)者 依願(ねがひ)停之 

十年の夏六月の乙酉の朔辛卯(549.06.07)に、將コ久貴、固コ馬次文等、罷り歸らむと請す。因りて詔して曰はく、「延那斯、麻都、陰私に使を高麗に遣せるは、朕當に虚實を問ひに遣すべし。乞す所の軍は、願に依りて停めつ」。

將コ久貴、固コ馬次文等の来朝の時と意図に関しては、記されていない。詔の内容からすれば、百濟は高句麗を招来したのが、延那斯、麻都等という疑念が晴れず、確認を迫ったのであろう。天皇は、延那斯、麻都が秘かに高句麗に使いを派遣したか、それが本当かを問う使者を派遣する、申し出のあった軍は、停止する、とされた。
昨年十月の、三百七十人は兵ではなく、築城の人夫であったとすべきか、実にまぎらわしい記述である。


十一年春二月
(きさらぎ)辛巳(かのとみ)朔庚寅(かのえとらのひ) 使詔于百濟【百濟本記云(いふ) 三月(やよひ)十二日(とをかあまりふつか)辛酉(かのとのとりのひ) 日本(やまと)使人(つかひ)阿比多(あひた) 率(ゐる)三舟(ふね) 來至都下(くに)】 曰(のたまふ) 朕(われ)(よる)施コ久貴(せとくこんくゐ)、固コ馬(ことくめしんもん)等所上(たてまつる)(ふみ)(こころ) 一々(つばひらか)(をしへる)示 如掌中(たなうら) 思欲(おもふ)(つぶさにす)(こころ) 冀將盡抱(おもひ) 大市頭(だいしづ)歸後 如常(つね)無異 今但(ただに)欲審(つばひらかに)(かへりごと)(まうす) 故使之 又復朕聞 奈率(なそち)馬武(めむ) 是王(こきし)之股肱(たすけ)(まへつきみ)也 納(いれ)(かみ)(のたまふ)下 甚(にへさに)(かなふ)(こきし)心 而爲王(こきし)(たすけ) 若(もし)欲國家(あめのした)無事 長作(なる)官家(みやけ) 永(ひたぶるに)(つかへまつる)天皇(すめらみこと) 宜以馬武(めむ)爲大使(おほつかひ) (たてまだす)(みかど)而已 重詔曰(のたまふ) 朕聞 北敵(きたのあた)強暴(あらし) 故(このゆゑに)賜矢卅(みそ)(そなへ) 庶(ねがふ)(ほせく)一處(ひとところ) 
夏四月
(うづき)庚辰(かのえたつ)(ついたちのひ) 在百濟日本(やまと)王人(みつかひ) 方(まさに)之【百濟本記云(いふ) 四月(うづき)一日(ついたち)庚辰(かのえたつのひ) 日本阿比多(あひた)還也】 百濟王(こきし)聖明(せいめい) 謂王人曰(いふ) 任那(みまな)之事 奉(うけたまはる)勅堅守 延那斯(えなし)、麻都(まつ)之事 問與不問 唯從(まま)勅之 因獻高麗奴(やつこ)六口(むたり) 別贈王人奴一口(ひとり) 【皆攻爾林(にりむ)所禽(とる)奴也】。
乙未
(きのとのひつじのひ) 百濟(まだす)中部(ちうほう)奈率(なそち)皮久斤(ひこんこん)、下部(かほう)施コ(せとく)灼干那(やくかんな)(ら) 獻狛(こま)(あた)十口(とたり)

十一年の春二月の辛巳の朔庚寅
(550.02.10)に、使を遣して百濟に詔して、【百濟本記に云く、三月十二日辛酉に、日本の使人阿比多、三つの舟を率て、都下に來り至る。】 はく、「朕、施コ久貴、固コ馬進文等が上れる所の表の意に依りて、一一にヘへ示すこと、掌中を視る如し。情を具にせむと思欲ふ。冀はくは將に抱を盡さむ。大市頭歸りて後、常の如くありて異ること無し。今但に審に報辭さむと欲ふ。故使を遣す。又復朕聞く、奈率馬武は、是王の股肱の臣なり。上に納れ下に傳ふこと、甚に王の心に協ひて、王の佐たり。若し國家事無く、長く官家に作り、永に天皇に奉らむと欲はば、馬武を以て大使として、朝に遣さまくのみ」。重ねて詔して曰はく、「朕聞く、北敵強暴し。故に矢卅具賜ふ。庶はくは一處を防け」。
夏四月の庚辰の朔
(550.04.01)に、百濟に在る日本の王人、方に還らむとす。【百濟本記に云く、四月一日庚辰に、日本の阿比多還ると。】 百濟の王聖明、王人に謂りて曰く、「任那の事は、勅を奉りて堅く守る。延那斯、麻都が事は、問ひたまはむとも問ひたまはじとも、唯勅の從ならむ」。因りて高麗の奴六口を獻る。別に王人に奴一口を贈る。【皆爾林を攻めて、禽れる所の奴なり】。
乙未
(550.04.16)に、百濟、中部奈率皮久斤、下部施コ灼干那等を遣して、狛の虜十口を獻る。

二月十日に派遣し、三月十二日に百濟に就いたとしており、一か月を要するようである。男大迹天皇(繼體天皇)十年(516年)九月に斯那奴阿比多(しなのあひた)が記されるが 30年以上前のことであり、相当の年齢となり、体力を要する使者たるには無理が有り、同一人物とはしがたい。五年二月条に斯那奴次酒(しなのししゅ)十四年条に科野次酒(しなのししゅ)とあり、これらの百濟の官人は、科野(信濃)の姓を持つ父と百濟の婦人の間に生まれた子であり、男大迹天皇の時の斯那奴阿比多あるいはその一族と関係があったのかもしれない。詔の内容が分かっているなら、それを託した使人の日本(やまと)名が分かっていてよさそうなものであるが、百濟本記の阿比多を引用するのみである。
施コ久貴、固コ馬進文が奉った表の内容には触れられていない。表に記されている意、いちいち教示されていることは手のひらを見る如く、気持ちはよく分かる。願はくば、その気持ちに応へたい。大市頭は未詳であるが、文脈からすれば、大市頭歸りて後とは施コ久貴、固コ馬進文が帰って後、何も以前と変わりない
(疑問を解消できない)、こちらの意向を詳細に伝へるために使者(百濟本記の阿比多)を派遣した。五年二月に任那、日本府に派遣された施徳(八品)馬武、今奈率(六品)馬武であるが、彼は股肱(ももとひじ、無くてはならない)の臣であり、上意下達すること王の心に適ひ、王の輔佐であり、国家に問題が無く、百濟が長く官家であり、づっと天皇に仕へるのであれば、馬武を大使として派遣してほしいものだ、としている。天皇の意、聖王の意がストレートに伝はらないもどかしさがあったのだろう。天皇は、高句麗を敵と思っており、矢150本(1具30本)を賜ひ、百濟が一處を防衛することを念じていると付け加へられた。かほど重要な使者が、「使」「王人」としか記されないのは妙なものである。
四月一日に王人「阿比多」が帰国する。聖王は、任那の事は天皇の勅を堅く守るといふ。しかし、この勅は、新羅から任那を回復するといふものではなく、高句麗と対抗するといふものに変はっている。聖王は、もはや天皇が延那斯、麻都の事を問い正すも正さぬも、高句麗を防げという勅に従ふと述べ、、仔細は彼等から聞けとばかりに、高句麗の捕虜を献上した。その捕虜は、爾林を奪回する戦いで得た者といふ。かつて、百濟の適莫爾解が高句麗と結んだ任那の左魯、那奇他甲背等に殺された地が爾林であった。
四月十六日、百濟は十人の高句麗の捕虜十人を日本
(やまと)に献上すべく使者を派遣した。

十二年春三月
(やよひ) 以麥種(むぎたね)一千斛(ちさか) 賜百濟王(こきし)
是歳
(ことし) 百濟聖明王(せいめいわう) 親(みづから)率衆(たみ)及二國兵(いくさ)【二國謂新羅 任那也】 往伐高麗(こま) 獲漢城(かんじやう)之地 又(いくさ)討平壌(へいじやう) 凡六郡(むつのこほり)之地(ところ) 復故地(もとのところ)

十二年の春三月(551.03)に、麥種一千斛を以て、百濟王に賜ふ。
是歳、百濟の聖明王、親ら衆及二つの國の兵 【二つの國は新羅、任那を謂ふ。】 を率て、往きて高麗を伐ちて、漢城の地を獲つ。又軍を進めて平壌を討つ。凡ての六郡の地、遂に故地を復しつ。

麦は3世紀頃に大陸→半島→日本列島にもたらされ、奈良時代には栽培されていたようであるが、一般には、製粉が行はれておらず、食用としての利用は限られていた。麦栽培が奨励されるのは、持統天皇(686〜97年)以降とされる。斛は石に同じ、雑令に
「十升を斗と為し、十斗を斛と為す」とあり、一升の実量は今の四合強と注され、一千斛は400石相当、100石は18.04立方m、400石は72.16 立方m、この換算が妥当であるなら、40石船にして十船分相当となる。七年正月条の「良馬七十匹、船一十隻」と併せてみれば、相当の規模である。遣唐使以降の時代においては、一部貴族と僧侶が麦を製粉し、菓子、醤を作っていたが、農民は、依然として食用利用がむつかしく、貴族の馬の飼料の需要に応じた(天平勝宝三年<751年>には、太政官符で麦を馬草に売買するを禁断の令が出された)そうである寺方蕎麦研究会学習メモ、小林尚人氏)。麥種とあり、栽培用の種麦であるが、食用であると同時に、高句麗との戦に要する馬の馬草用とされたのかもしれない。
聖明王は新羅と任那を兵を自ら率ゐ、漢城を奪還し、平壌を討ち、六郡を回復したとする。漢城が高句麗に奪はれたのは大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)二十年条書紀巻14でみた。平壌は、漢城に相対する漢江の北岸、北漢城。三国史記、地理志に引く古典記の「近肖古王高句麗の南平壌を取り、漢城を都す」の南平壌と注される。百濟からすれば北漢城となる。六郡は漢江の北、今のソウル市庁付近の一帯と注される。漢江をはさみ、北漢山、南漢山を回復した。
三国史記はこれを訂正する記述となっている。年代が一年前であり、百濟が高句麗の道薩城
(忠清北道槐山郡)を攻め、高句麗が金峴城(忠清北道鎮川郡)に攻め入るといふ忠清北道での攻防で、両者が疲弊した隙に、新羅の将軍、異斯夫(いしふ)が二城を取り兵士を駐留させたとする。この二城を新羅に押さえられてしまうと、もし、百濟が南漢城、北漢城に出ていたとするなら退路を断たれることになる。高句麗は、突厥に攻め入られ、新羅はその隙に十城も攻め取ったとあり、新羅は百濟と協力するとは異なり、巧みに両者の弱味に付け込んで勢力拡大を図っていた、とする。
百濟本紀、聖王二十八年
(550年)条では、「春正月に、王、將軍達已を遣して、兵一萬を領ゐしめ、攻めて高句麗道薩城を取る。三月に、高句麗兵金峴城を圍む。」とあるのみである。高句麗本紀、陽原王六年(550年)条では、「春正月に、百濟來侵し、道薩城を陷る。三月に、百濟金峴城を攻む。新羅人間に乘じて二城を取る。夏六月に、使を遣して北齊に入りて朝貢す。秋九月に、北齊王を封じて使持節侍中驃騎大將軍、領護東夷校尉遼東郡開國公高句麗王と爲す」、七年(551年)条では、「夏五月に、使を遣して北齊に入りて朝貢す。秋九月に、突厥來りて新城を圍むも、克たず。移りて白巖城を攻む。王、將軍高紇を遣し兵一萬を領ゐしめ、拒き之に克つ。殺し獲ること一千餘級。新羅來りて十城を攻め取る」とある。新羅本紀、眞興王十一(550年)年条では、「春正月に、百濟、高句麗道薩城を拔つ。三月に、高句麗百濟金峴城を陷る。王兩國兵疲に乘じて、伊飡(2等官)異斯夫に命じ、出兵せしめ之を撃ち、二城を取り搨zし、甲士一千を留め之を戍(まも)らしむ」、十二年条に、「高句麗を侵し、乘じて十郡を勝ち取る。」とある

十三年夏四月 箭田珠勝大兄皇子
(やたのたまかつのおほえのみこ)(みうす) 
五月
(さつき)戊辰(つちのえたつ)(ついたち)乙亥(きのとのゐのひ) 百濟、加羅(から)、安羅(あら)(まだす)中部(ちうほう)コ率(とくそち)木ы。敦(もくらこむとん) 河内部阿斯比多(かふちべのあしひた)等 奏(まうす)(まうす) 高麗與新羅 (かよふ)(あはす)勢 謀滅臣(やつかれ)國與任那 故謹求(うく)救兵(いくさ) 先攻不意(おもひのほか) 軍(いくさ)之多少(おほさすくなさ) 隨(ままに)天皇(すめらみこと)(みことのり) 詔(みことのりす)(のたまふ) 今百濟王(こきし)、安羅王、加羅王、與日本府(やまとのみこともち)臣等(まへつきみたち) 倶(ともに)(まだす)使(つかひ)(まうす)(かたち)(きこしめす)訖 亦宜共任那 并心一(もはらにす)力 猶尚(なほし)若茲(かく) 必蒙(かうぶる)上天(あめ)擁護(いだきまぼる)(いきほひ) 亦ョ(よる)可畏(かしこき)天皇之靈(みたまのふゆ)也。

十三年夏四月(552.04)に、箭田珠勝大兄皇子薨せぬ。
五月の戊辰の朔乙亥
(552.05.08)に、百濟、加羅、安羅、中部コ率木ы。敦、河内部阿斯比多等を遣して、奏して曰す、「高麗と新羅と、通和ひて勢を并せて、臣が國と任那とを滅さむことを謀る。故、謹みて救の兵を求請けて、先づ不意を攻めむ。軍の多少は、天皇の勅の隨に」。詔して曰はく、「今、百濟王、安羅王、加羅王、日本府臣等と、倶に使を遣して奏せる状は聞しぬ。亦任那と共に、心を并せ力を一にすべし。猶尚し茲の若くせば、必ず上天の擁き護る福を蒙り、亦可畏き天皇の靈にョらむ」。

箭田珠勝大兄皇子は、皇后石姫との間の嫡男
(元年正月条)、次期天皇の最有力者の死についてこれ以上何も述べられないのはどういふことか?不吉さを暗示するのみである。
百濟、加羅、安羅からの使者が来た。高句麗と新羅が通じ、百濟と任那が滅ぼされる、救援の兵をいくらでもよいから派遣してほしい、それで相手の不意を討ちたいといふ。状況が一変していた。日本
(やまと)は迅速に対応できる状況にはなかったようである。百濟王、安羅王、加羅王、日本府臣等が共に使者を派遣し報告された内容はよく分かった。百濟と任那が心を合わせ力を一つにするなら、天の福(いきほひ)を受け、天皇の靈(みたまのふゆ:恩賚)が及ぶであろうと述べるにとどまっている。

冬十月
(かむなづき) 百濟聖明王(せいめいわう)【更名(またのな)聖王(せいわう)】 (まだす)西部(せいほう)(きし)(だちそち)怒唎斯致契(ぬりしちけい)等 獻釋迦佛(しゃかほとけ)金銅像一躯(かねのみかたひとはしら) 幡蓋若干(はたきぬがさそこら)・經論若干卷(きやうろんそこらのまき) 別表(ことにふみす) 讃(ほむ)(ひとにあまねはす)禮拜(みづからをがむ)功コ(のりのわざ)(まうす) 是法(みのり)於諸法(もろもろののり)中 最爲殊勝(すぐれる) 難解(さとりがたく)難入 周公(しうこう)、孔子(こうし) 尚不能知 此法(みのり)(よく)(なす)無量(はかり)無邊(かぎり)コ果報(いきほひむくい) 乃至(すなはち)成辨(なす)無上(すぐれたる)菩提(ぼだい) 譬(たとへば)如人懷(いだく)隨意寶(こころのままなるたから) (したがふ)所須用(すべき) 盡(ことごとくに)(ままにす)(こころ) 此妙法(たへなるのり)寶亦復然(しかなり) 願依 無所乏(ともし) 且(かつ)(それ)(より)天竺(てんぢく) 爰(ここに)(いたる)三韓(みつのからくに) 依(したがふ)(みのり)(うく)(たもつ) 無不尊(たふとぶ)(うやまう) 由是 百濟王(こきし)(やつかれ)(めい) 謹(まだす)陪臣はべるまへつきみ)怒唎斯致契(ぬりしちけい) 奉(たてまつる)(つたへる)帝國(みかど) 流(あまねはす)畿内(うちつきみ) 果佛(ほとけ)所記(のたまへる)我法東(ひむがし)(つたはる) 是日 天皇(すめらみこと)(きこしめす)(をはる) 歡喜(よろこび)踊躍(ほどはしる) 詔使者(つかひ)(のはまふ) 朕(われ)(より)昔來(このかた) 未曾得聞如是微妙(くはしい)之法(のり) 然(しかれども)朕不自(みづから)(さだむ) 乃(となめとふ)群臣(まへつきみたち)(のたまふ) 西蕃(にしのとなりのくに)獻佛(ほとけ)相貌(かほ)端嚴(きらぎらし) 全(もはら)未曾有 可禮(ゐやま)以不(いなや) 蘇我大臣(そがのおほおみ)稻目宿禰(いなみのすくね)(まうす)(まうす) 西蕃(にしのとなりのくに)諸國(くにぐに) 一(もはらに)皆禮(ゐやまふ)之 豐秋日本(とよあきづやまと) 豈獨(ひとり)(そむく)也 物部大尾輿(もののべのおほむらじをこし)、中臣鎌子(なかとみのむらじかまこ) 同奏(まうす)(まうす) 我國家(わがみかど)之 王(きみとます)天下(あめのした)者 恆(つねに)以天地(あまつやしろくにつやしろ)百八十~(ももあまりやそかみ) 春夏秋冬(はるなつあきふゆ) 祭拜(まつりたまふこと)爲事(わざ) 方(まさに)今改拜(をがむ) 蕃~(あたしくにのかみ) 恐(おそるらくは)致國~(くにつかみ)之怒 天皇曰(のたまふ) 宜付(さづく)(ねがふ)人稻目宿禰(いなめのすくね) 試(こころみに)令禮(ゐやまふ)(をがむ) 大臣(おほおみ)(ひざまづく)受而忻悦(よろこぶ) 安置(ます)小墾田(をはりだ)(いへ) 懃(ねむごろに)脩出世業(わざ)爲因(よすがとす) 淨捨(きよめはらふ)向原(むくはら)家爲寺 於後 國行(おこる)疫氣(えやみ) 民(おほみたから)致夭殘(あからしまにしぬること) 久(ひさに)而愈(いよいよ)(おほし) 不能治療(おさめいやす) 物部大尾輿、中臣鎌子 同奏曰 昔日(いむさき)不須(もちゐる)(やつかれ)(はかりごと) 致斯病死(やみしに) 今不而復 必當有慶(よろこび) 宜早投棄 懃求後(さひはひ) 天皇曰(のたまふ) 依(ままに)(まうす) 有司(つかさ)乃以佛像(ほとけのみかた) 流棄(ながしすつ)難波(なには)堀江(ほりえ) 復縱(つく)火於伽藍(てら) 燒燼(つく)(また)無餘 於是 天(あめに)無風雲 忽(たちまちに)(ひのわざはひあり)大殿(おほとの) 
是歳
(ことし) 百濟棄漢城(かんじやう)與平壤(へいじやう) 新羅因此入居漢城 今新羅之牛頭方(ごづほう) 尼彌方(にみほう)也 【地名(ところのな)未詳(つばひらかならず)】。

冬十月に、百濟聖明王、【更名聖王】、西部姫氏達率怒唎斯致契等を遣して、釋迦佛の金銅像一躯、幡蓋若干、經論若干卷を獻る。別に表して、流通し禮拜む功コを讃めて云す、「是の法は於諸の法の中に、最も殊勝れています。解り難く入り難し。周公、孔子も、尚し知りたまふこと能はず。此の法は能く量も無く邊も無き、福コ果報を生し、乃至ち無上れたる菩提を成辨す。譬へば人の、隨意寶を懷きて、用べき所に逐ひて、盡に情の依なるが如く、此の妙法の寶も然なり。祈り願ふこと情の依にして、乏しき所無し。且夫れ遠くは天竺より、爰に三韓に洎るまでに、ヘに依ひ奉け持ちて、尊び敬はずといふこと無し。是に由りて、百濟の王臣明、謹みて陪臣怒唎斯致契を遣して、帝國に傳へ奉りて、畿内に流通さむ。佛の、我が法は東に流らむ、と記へるを果すなり」。是の日に、天皇、聞し已りて、歡喜び踊躍りたまひて、使者に詔して云はく、「朕、昔より來、未だ曾て是の如く微妙しき法を聞くこと得ず。然れども朕、自ら决むまじ」。乃ち群臣に歴問ひて曰はく、「西蕃の獻れる佛の相貌端嚴し。全ら未だ曾て有ず。禮ふべきや不や」。蘇我大臣稻目宿禰奏して曰す、「西蕃の諸國、一に皆禮ふ。豐秋日本、豈獨り背かむや」。物部大連尾輿、中臣連鎌子、同じく奏して曰す、「我が國家の、天下に王とましますは、恆に天地社稷の百八十~を以て、春夏秋冬、祭拜りたまふことを事とす。方に今改めて蕃~を拜みたまはば、恐るらくは國~の怒を致したまはむ」。天皇曰はく、「情願ふ人稻目宿禰に付けて、試に禮ひ拜ましむべし」。大臣、跪きて受けたまはりて忻悦ぶ。小墾田の家に安置せまつる。懃に、世を出る業を脩めて因とす。向原の家を淨め捨ひて寺とす。後に、國に疫氣行りて、民夭殘を致す。久にして愈多し。治め療すこと能はず。物部大連尾輿、中臣連鎌子、同じく奏して曰す、「昔日臣が計を須ゐたまはずして、斯の病死を致す。今遠からずして復らば、必ず當に慶有るべし。宜早く投げ棄てて、懃に後の福を求めたまへ」。天皇曰はく、「奏す依に」。有司、乃ち佛像を以て、難波の堀江に流し棄つ。復火を伽藍に縱く。燒き燼きて更餘無し。是に、天に風雲無くして、忽に大殿に炎あり。
是歳、百濟、漢城と平壤とを棄つ。新羅、此に因りて、漢城に入り居り。今の新羅の牛頭方、尼彌方なり。【地の名、未だ詳ならず】


西部姫氏達率怒唎斯致契には後世の造作が加えられた可能性が強いと注される。まず西部は東部、西部、南部、北部、中部の五部の一つであるが、この当時の百濟五部は、書紀によるかぎり、上部、下部、前部、後部、中部であること。姫氏という姓(周王朝の姓)が百濟人の姓として他にみえないことをあげ、また、怒唎斯致契が名か、怒唎斯が姓で致契が名か分からないともしている。達率は冠位の第二品であり、良く知られた人物であったと思はれる。奈良時代には、日本(やまと)の皇室は呉の太伯(姫姓)の後、かの周の血を引くと述べるものがいたようで、姫氏に思い入れがあったのかもしれない。佛の教は、周公(書経)、孔子(儒教)の教えに勝るとしており、まだ、周公、孔子の教えが流布せぬ時代にそれに勝るとしても、何のことか意味不明であったろう。「歡喜び踊躍りたまふ」とは、最勝王経四天王護国品の「四天王是の頌已(をはる)を聞きて、歡喜び踊躍る。仏に白(まう)して言ふ。世尊よ、我昔より来(このかた)、未だ曾て是の如く甚だ深く微妙しき法を聞くこと得ず」により、その教えの内容が理解でき、「直ちに知らずして手舞い、足蹈みたる者有り(論語集註序説)と同じであり、天皇がその教えを会得された状を示すものであり、聞いただけで分かるとはありえまい。
最勝王経如来寿量品に、
「是れ金光明最勝王経は諸経の中に於て最も殊勝と爲す。解り難く入り難し。声聞(教えを聞いて覚ることのできる修行者)独覚(独りで覚ることのできる修行者)が知ること能はざる所。此の経、能く無量無辺福徳果報を生じ、乃ち至りて無上菩提(悟りの境地)を成弁す」とあり、最勝王経四天王護国品に、「人の室、妙宝の篋(はこ)有りて、受け用ゐる所の随(まま)に悉く心に従ふが如し。最勝王経復(また)然り。福徳、心の随に乏しき所無し」とあるによると注される。
「上宮聖徳法王帝説」には、
「志癸(欽明天皇)天皇戊午(538年)10月12日。百済国主明王始奉度仏像経教並僧等」とあり、「興福寺伽藍縁起並流記資財帳」には、「創自斯帰嶋宮治天下天国案春岐廣庭天皇(欽明天皇)御世。蘇我大臣稲目宿禰仕奉時。治天下七年(538年)歳次戊午十二月度来。百済国聖明王時。太子像並灌仏之器一具及説仏起書巻一篋度而言」とあり、書紀を訂正したことになる。書紀では、538年は、武小廣國押盾天皇(宣化天皇)三年となる。「釋迦佛の金銅像一躯、幡蓋若干、經論若干卷」ではなく、「仏像経教並僧等」あるいは「太子像並灌仏之器一具及説仏起書巻一篋」ともしている。
隨意寶は、物事が思うがままになる霊妙な珠、如意宝珠。最勝王経は、これを会得すれば如意宝珠と同じ、仏陀はその教えを天竺
(インド)より、三韓それよりも東へと流布させるおつもりであったという。これは、大般若経難聞功徳品の、「我滅度已りて後、時分後五百歳にして、東北方に、当に広く流布せむ」による。
天皇は未だかつてこのような「微妙
(くはしい)(のり)」を聞いたことが無いが禮(ゐやま)ふべきかは決めかねると怒唎斯致契に申され、群臣にそれぞれの意見を下問された。
蘇我大臣稻目宿禰は、西方の諸国は皆禮ふ、日本
(やまと)のみ背くことは無いとした。
物部大連尾輿、中臣連鎌子は、日本
(やまと)は天地社稷の百八十~を祭拜りたまふ、蕃~を拜まば、國~の怒を招くと反対をした。元興寺縁起には、「我等が国は、天社国社一百八神、一に礼ひ奉る所。我等国神の御心恐るるが故、他国神礼拝すべからず」とある。また、これを述べたのは「余臣等」としている、と注される。反対意見が多数を占めたようである。天皇は、稻目宿禰に付して試みに礼拝させよとされ、小墾田の家に釋迦佛を安置した。しかし、自家に安置することははばかられ、向原の家を浄捨(欲を離れて喜捨する意とみるべきか、と注される)して寺とし、そこに安置した。元興寺縁起では、「牟久原殿を楷井に癸卯(敏達十二年)に、始めて桜井道場を作る」、大和志に、「広厳寺、豊浦村に在り。旧く向原に作る」、後の豊浦寺(桜井寺)の前身とされる、と注される。
後に、元興寺縁起では、
「爾して時に一年隔て数々の神心発(おこ)りき」とあり、一年後(敏達14年)とする。國に疫氣(えやみ)が起こり、民が若死にする者があり、しばらくすると、だんだん増え、治療することができなくなった。物部大連尾輿、中臣連鎌子は、あの時に何の対策もとらなかったことによりこの病死を招いた。出来るだけ早く原状に戻すなら必ずよいことになる。早く仏像を投げ棄てて、懃に~々の福を求めるのがよいと上奏した。天皇も反対されず、役人が仏像を難波の堀江から流し、向原の伽藍に火を放ち焼き尽くした。このとき、天に風雲もないといふに、磯城嶋金刺宮の大殿から出火した。元興寺縁起では、「然る後に辛卯年(紀の欽明三十二年)に、神心増益し、国内病死の人多に在き。大きに旱にして雨ふらず、又天より雨ふり、大雨の後、終に大宮に神火出て焼かる」と注される。
御間城入彦五十瓊殖天皇
(崇~天皇)五年条書紀巻5に、「國内に疾疫多くして、民、死亡れる者有りて、且大半すぎなむ。」とあった。その原因は、「天照大~、倭大國魂、二の~を、天皇の大殿の内に並祭る。然して、其の~の勢を畏れ、共に住に安からず。」にあった。天照大~、倭大國魂を並べて祭っていたものを、天照大~を豐鍬入姫命に託け、倭の笠縫邑に祭り、倭大國魂を渟名城入姫命に託け祭ら令む。これを齋部広成は、~と人が殿を同じくすることが安からずと説明した。ここでは数々の~々としており、天地社稷(あまつやしろくにつやしろ)百八十~(ももあまりやそかみ)の怒り、天皇の宮を焼かれたと受け止められた。
書紀が後にといふは、十三年内に記述されているが、元興寺縁起ではかなり後の事になる。百濟聖明王の献上は裏目に出たことになるが、十三年内のことかどうかは分からない。
是の歳、百濟は、漢城と平壤から撤退し、新羅が漢城に入った。牛頭方は江原道春川の古名
地図)、一説に黄海道(黄海北道:北朝鮮)金川郡内の牛峰県に当てる、尼彌方は京畿道坡州郡臨津県(京畿道坡州市:地図と注される。新羅はむしろ高句麗に対する布陣をしたような格好である。

2012.04.20

岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 19-1 上田 啓之
.