e漢字使用


男大迹天皇 繼體天皇

元年春正月辛酉朔甲子(507.01.04) ≫≫
二年冬十月辛亥朔癸丑(508.10.03) ≫≫
三年春二月(509.02) ≫≫
五年冬十月(511.10) 
≫≫
六年夏四月辛酉朔丙寅(512.04.06) 
≫≫
七年夏六月(513.06) 
≫≫
八年春正月(514.01) 
≫≫
九年春二月甲戌朔丁丑(515.02.04) 
≫≫

十年夏五月(516.05) ≫≫
十二年春三月丙辰朔甲子(518.03.09) 
≫≫
十七年夏五月(523.05) 
≫≫
十八年春正月(524.05) 
≫≫
廿年秋九月丁酉朔己酉(526.09.13) 
≫≫
廿一年夏六月壬辰朔甲午(527.06.03) 
≫≫
廿二年冬十一月甲寅朔甲子(528.11.11) 
≫≫
廿三年春三月(529.03) 
≫≫
廿四年春二月丁未朔(530.02.01) 
≫≫
廿五年春二月(531.02) 
≫≫
(岩波文庫 日本書紀 坂本太郎・家永三郎・井上光禎・大野晋 校注 を読む。)
本文に使用した漢字テキストについては古代史獺祭からダウンロードさせていただいている。

男大迹天皇(をほどのすめらみこと) 繼體天皇(けいたいてんわう)

男大迹天皇(をほどのすめらみこと) 【更(また)太尊(ひこふとのみこと)】 譽田天皇(ほむだのすめらみこと)五世(いつつぎ)(みまご) 主人王(ひこうしのおほきみ)之子(みこ)也 母(いろは)(まうす)振媛(ふるひめ) 振媛 活目天皇(いくめのすめらみこと)七世(ななつぎ)之孫也 天皇父(かぞ)聞振媛顏容(かほ)姝妙(きらぎらし)甚有媺色(うるはしきいろ) 自(より)江國(あふみのくに)高嶋郡(たかしまのこほり)三尾(みを)之別業(なりどころ) (つかはす)使(つかひ)(むかへる)于三國(みくに)坂中井(さかなゐ) 【中 此云那(な)】 納(めしいれる)以爲妃(みめ) (つひに)(うむ)天皇 天皇幼年(みとしわかくして) 父(かぞ)(おほきみ)(うせる) 振媛逎(すなはち)歎曰(いふ) 妾(やつこ)離桑梓(もとつくに) 安(いづくにぞ)能得膝養(ひだしまつる) 余(やつこ)歸寧(おやとぶらふ)高向(たかむこ) 【高向者 越前國(こしのみちのくちのくに)(さと)名】 奉養(ひだしたてまつる)天皇 天皇壯大(をとこさかり) 愛(めでる)(ひと)(ゐやまふ)(さかしき) 意(みこころ)豁如(ゆたかにまします)也 天皇年(みとし)五十七歳(いそぢあまりななつ) 八年冬十二月(しはす)己亥(つちのとのゐのひ) 小泊瀬天皇(をはつせのすめらみこと)(かむあがる) 元(もとより)無男(をとこみこ)(をみなみこ) 可(たゆべし)繼嗣(みつぎ) ○壬子(みづのえねのひ) 大伴金村大(おほとものかなむらのおほむらじ)(はかる)(いふ) 方(まさに)無繼嗣 天下(あめのした)(いづれ)所繋(かける)心 自(より)(いにしへ)(いたるまで)今 (わざわひ)由斯起 今足仲天皇(たらしなかつひこのすめらみこと)五世(いつつぎ)(みまご)(やまとひこのおほきみ) 在丹波國(たにはのくに)桑田郡(くはたのこほり) (こふ) 試(こころみに)(まく)兵仗(つはもの) 夾(はさむ)(まもる)乘輿(みこし) 就(ゆく)而奉(まつる) 立爲人主(きみ) 大臣(おほおみ)(おほむらじ)(ら) 一(もはらに)皆隨焉 奉如計(はかりごと) 於是 倭王 (おせる)(つはもの) 懼然(おそりて)(あやまる)(おもへる) 仍遁(にげほどはしる)山壑(やまたに) 不知所詣(います)

男大迹天皇【更の名は彦太尊】は、譽田天皇の五世の孫、彦主人王の子なり。母を振媛と曰す。振媛は、活目天皇の七世の孫なり。天皇の父、振媛が顏容姝妙しくして、甚媺色有りといふことを聞きて、近江國の高嶋郡の三尾の別業より、使を遣して三國の坂中井【中、此をば那と云ふ】に聘へて、納れて妃としたまふ。遂に天皇を産む。天皇、幼年くして、父の王薨せましぬ。振媛逎ち歎きて曰く、「妾、今遠く桑梓を離れたり、安ぞ能く膝養ることを得む。余、高向に歸寧がてらに、【高向は、越前の國の邑の名なり】、天皇を奉養らむ。」 天皇、壯大にして、士を愛で賢を禮ひたまひて、意豁にまします。天皇、年五十七歳、八年の冬十二月の己亥(506.12.08)に、小泊瀬天皇崩りましぬ。元より男女無くして、繼嗣絶ゆべし。壬子(506.12.21)に、大伴金村大連議りて曰く、「方に今絶えて繼嗣無し。天下、何れの所にか心を繋けむ。古より今に迄るまでに、禍斯に由りて起る。今足仲彦天皇の五世の孫倭彦王、丹波國の桑田郡に在す。請ふ。試に兵仗を設けて、乘輿を夾み衞りて、就きて迎へ奉りて、立てて人主としまつらむ。」 大臣大連等、一に皆隨ひて、迎へ奉ること計の如し。」 是に、倭彦王、遥かに迎へたてまつる兵を望りて、懼然りて色失りぬ。仍りて山壑に遁りて、詣せむ所を知らず。

男大迹天皇の系図は、書紀には示されない。出自が明確でないということは、正統制を確保できないものであり、極めて由々しき事態である。書紀や古事記以前に編纂された上宮記
(鎌倉時代までは存在)を引いた釈日本記や聖徳太子平氏伝雑勘文に逸文として残っているが、父である譽田天皇の五世の孫、彦主人王と母である活目天皇の七世孫、振媛のみを記すにすぎない。まずは上宮記を見てみよう。
上宮記に曰く、
「一(ある)に云ふ。 凡牟都和希王(ほむつわけのきみ)、洷俣那加都比古(くいまたなかつひこ)が女子(むすめ)、名は弟比彌麻和加(おとひめまわか)を娶(と)して生みませる兒(みこ)、若野毛二俣王(わかのけふたまたのみこ)、母母恩已麻和加中比彌(ももしきまわかなかひめ)を娶して生みませる兒は、大郎子(おほいらつこ)、一の名は意富富等王(おほほとのみこ)、妹(いも)踐坂大中比彌王(おしさかのおおなかのひめみこ)、弟(おと)田宮中比彌(たみやのなかひめ)、弟(おと)布遲波良己等布斯郎女(ふじはらのことふしのいらつめ)の四人(よたり)なり。
 これ意富富等王、中斯和命
(なかつしわのみこと)を娶して生める兒、乎非王(をひのみこ)、牟義都國造(むげつのくにのみやつこ)、名は伊自牟良君(いじむらのきみ)が女子(むすめ)、名は久留比彌命(くるひめのみこと)を娶して生みませる兒、汗斯王(うしのみこ)、伊久牟尼利比古大王(いくむにりひこのおほきみ)が兒伊波都久和希(いはつくわけ)が兒、伊波智和希(いはちわけ)が兒、伊波己里和氣(いはころわけ)が兒、麻和加介(まわかけ)が兒、阿加波智君(あかはちのきみ)が兒、乎波智君(をはちのきみ)、余奴臣(よぬのおみ)の祖(みおや)、名は阿那爾比彌(あなにひめ)を娶して生みませる兒、都奴牟斯君(つぬむしのきみ)が妹(いも)布利比彌命(ふりひめのみこと)を娶すなり。
 汗斯王
(うしのみこ)、彌乎國(みをのくに)高嶋宮(たかしまのみや)に坐します時に、この布利比彌命(ふりひめのみこと)甚だ美(うるはし)き女(みめ)と聞き人を遣はして三國坂井縣(みくにのさかないのあがた)より召し上げ、娶して生みませる所は、伊波礼宮(いはれのみや)に天の下治しめす乎富等大公王(をほとのおほきみ)なり。 父の汗斯王(うしのみこ)(かむさ)りまして後に、王(みこ)が母の布利比彌命(ふりひめのみこと)言ひて曰く、「我獨り王子(みこ)を親族部(うがら)无き國に持ち抱きて、唯獨り養育(ひだしたてまつる)(これを比(ひ)(だ)(し)奉(たてまつる)と云ふ)こと難し」と。 爾して将に下り去りまして祖(みおや)三國命(みくにのみこと)の坐(ましま)す多加牟久(たかむく)の村に在(ま)しましき(釋日本紀 卷十三 述義九 第十七 男大迹天皇条 注)。」

凡牟都和希王
  
├--------- 若野毛二俣王
弟比彌麻和加    ├----------------┬- 大郎子(意富富等王) -----┐
           
母母恩已麻和加中比彌 ├- 踐坂大中比彌王         ├------- 乎非王 ┐
                           
├- 田宮中比彌         中斯和命          ├-------- 汗斯王
                          
  └- 布遲波良己等布斯郎女            久留比彌命      - 乎富等大公王
                                                                 ┌-
布利比彌命
                                                         
阿那爾比彌│  
                                                             
├---┴- 都奴牟斯君
伊久牟尼利比古大王 - 伊波都久和希 - 伊波智和希 - 伊波己里和氣 - 麻和加介 - 阿加波智君 - 乎波智君


となる。汗斯王が彦主人王にあたり、布利比彌命が振媛にあたり、合致する。しかし、書紀がこの系図を記さなかったことは、その内容にふさわしくないものがあったのだろう。古事記は、「品陀和氣(ほむだわけ)の命は、・・・また、咋俣長日子(くひまたながひこ)の王の女、息長眞若(おきながのまわか)中つ比賣を娶して、生みませる御子、若沼毛二俣(わかぬけふたまた)の王」としており、洷俣那加都比古が咋俣長日子にあたるが、弟比彌麻和加は、三人の女(むすめ)の真ん中(飯野真黒比売命、息長真若中比売命、弟日売真若媛)、息長真若中比売命と訂正した。また、「若野毛二俣の王、その母の弟、百師木伊呂辨(ももしきいろべ)、亦の名は弟日賣眞若比賣(おとひめまわかひめ)の命を娶して、生める子、大郎子(おほいらつこ)、亦の名は意富富杼(おほほど)の王。 次に忍坂(おさか)の大中津比賣の命。 次に田井の中比賣。 次に田宮の中比賣。 次に藤原の琴節郎女(ことふしのいらつめ)。 次に取上賣(とりめ)の王。 次に沙禰(さね)の王【七王】。 故、意富富杼の王は【三國の君・波多の君・息長坂の君・酒人(さかひと)の君・山道(やまぢ)の君・筑紫の米多(めた)の君・布勢(ふせ)の君等の祖なり】。 また根鳥(ねとり)の王、庶妹(ままいも)三腹の郎女を娶して、生める子、中日子(なかひこ)の王。 次に伊和嶋(いわじま)の王【二柱】。 また堅石(かたしは)の王の子は久奴(くぬ)の王なり。」とある。

品陀和氣命
  
├-------- 若野毛二俣王
息長眞若中比賣     ├------------┬- 大郎子(意富富杼王)
           百師木伊呂辨      ├- 忍坂大中津比賣命 
           
(弟日賣眞若比賣)    ├- 田井中比賣
                         
├- 田宮中比賣
                         
├- 藤原琴節郎女
                         
├- 取上賣王
                         └- 沙禰王


古事記は、品陀和氣命が三人女
(むすめ)の中女(息長真若中比売命)を娶り、若野毛二俣王が三人女の末女(弟日売真若媛)を娶った、上宮記の逆であると訂正した。しかし、いづれにせよ、若野毛二俣王が母の妹、あるいは姉を娶り四人、あるいは七人の子をもうけるというのは父子が姉妹を娶るといふ奇妙な展開である。譽田天皇(應~天皇)紀によれば、「河派仲彦(かはまたなかつひこ)の女(むすめ)弟媛(おとひめ)稚野毛二派皇子(わかのけふたまたのみこ)を生めり。としており、洷俣那加都比古あるいは咋俣長日子を、河派仲彦と訂正した。これは譽田天皇即位二年、71歳以降に七人の媛から十九人の御子をもうけるというありえない年代の設定の中での出来事であり、稚野毛二派皇子が、己の歳ほど年を経た母の妹を娶ることになり、成立しがたい。いづれにせよ三人女の父は、息長田別王であり、王は、その父、倭建命(日本武尊)とある妻の子、と古事記は伝へる。ある妻の子といふも、当時の人にはこれで分かったのであろうが、思はせぶりである。我々には、この女性の身元が不明であり、書紀にはこの記述すらない。されど大筋では、氣長足姫尊(神功皇后)の子、譽田天皇とその子、稚野毛二派皇子が母とは別系統の息長氏の女(むすめ)を娶り、その子孫(彦主人王)が活目天皇(垂仁天皇)の血を引く女(むすめ:振媛)を娶って男大迹天皇につながるという関係を、よしとした。
彦主人王は、近江國の高嶋郡の三尾の別業に居られた。三重生神社の地
延喜式神名帳:滋賀県高島市安曇川町常盤木)とされる。別業の業とは、生産の意から、荘、田園、そこに別宅を建てるので、田家、田宅とも記すと注される。三國の坂中井は高向神社の地延喜式神名帳福井県坂井市丸岡町高田)とされる。彦主人王は、評判の美人の振媛を娶ったが、その子(彦太尊)が幼年にして亡くなった。文選に、南都賦に、「永世に克く孝なり、桑梓を懐しまん。」とある。桑や梓を屋敷に植えたことから故郷の義がある。若くして夫を亡くし、故郷を遠く離れた地で子供を育てることができぬと、父母の安否を問ひがてらに、故郷の高向に戻り、その子を育てた。芸文類聚、帝王部に、「高祖・・・寛仁にして人を愛(め)で、意、豁(ゆたか)なるが如し。」とある。 
小泊瀬天皇が崩御されたのが、八年
(506年)の冬十二月、彦太尊が57歳のときといふ。雄朝津間稚子宿禰天皇(允恭天皇)三十八年(449年)生まれであり、穴穂天皇、大泊瀬幼武天皇、白髮武廣國押稚日本根子天皇、弘計天皇、億計天皇そして小泊瀬天皇の御世を高向でづっとご覧になっていたことになる。この家系は、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)が雄朝津間稚子宿禰天皇一族を粛清したことで後継者に事欠くことになった。白髮武廣國押稚日本根子天皇(清寧天皇)にも御子がなく、市邊忍齒別王の妹、あるいは、御子を探し出して即位させることで切り抜けた。しかし、小泊瀬天皇は、孕める婦の腹を刳くなど、子づくりとは逆行する所業であり、大連である大伴金村は後継者問題に頭を悩ませていたことだろう。原因が記されていないので分からないが、病ではあるまい、八年の冬に小泊瀬天皇が突如崩御され、一気に後継者問題となった。
漢書、成帝紀に、
「今に至るまで未だ繼嗣有らず。天下、心を係ける所無し。往古近事の戒を觀るに、禍亂の萌(きざし)、皆斯に由らむ。」とある。大伴金村の心境を成帝紀に託した。彼は、こうなる場合を案じて、候補者を絞りこんでいた。その筆頭となったのが、丹波國の桑田郡の足仲彦天皇の五世の孫倭彦王であった。倭彦王は譽屋別皇子の子孫かと注される。譽屋別皇子は、古事記では足仲彦天皇と氣長足姫尊との間の子とするが、書紀はそれを訂正し、來熊田造が祖、大酒主の女、弟媛との間の子とするが、その母の素性は未詳となっていた。古事記が正しければ、譽屋別皇子は譽田天皇の兄であり、その子孫となればまさに後継者の筆頭である。しかし、譽屋別皇子は全く役割を果たしておらず、書紀としてはありえない想定となっている。大酒主は山城国葛野郡、大酒神社に関連するとされるが、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)十五年条でみたごとく、秦酒公の祖は、足仲彦天皇八年に来朝した秦の始皇帝十四世孫を名乗る功満王である。功満王が大酒主とはなりえない。來熊(くくま)は菊麻であり、來熊田造は菊麻国造、市原市の村田川から南の養老川にかけての地域が、古代の菊麻国造の領域で、大酒主は大鹿国直と同人異名とする説がある考古学者の古墳年代観、旧事記、「国造本紀」に、菊麻国造(きくまのくにのみやつこ)の条に、「志賀の高穴穂朝(成務天皇)の御代に、无邪志(武蔵)の国造の祖、兄多毛比命(えたもひのみこと)の児、大鹿国直(おほかくにのあたひ)を国造に定め賜ふ。」とあるによるとされる。兄多毛比命は、出雲臣の祖・二井之宇迦諸忍之神狭命(ふたいのうがもろおしのかむさのみこと)の十世孫とされ、出雲系で東国に進出する族となる。譽屋別皇子という名と出雲から連想されるのは、活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)と皇后、狹穗姫の間の子、譽津別皇子(ほむつわけのみこ)である。母が兄の狹穗彦王を恋し、謀反とされ二人が焼き殺された現場を見て、物が言えなくなった御子であった。鵠を見て、声が出たことで、天皇がこの鵠を捕獲することを命じ、出雲、あるいは但馬でこれを捕獲した天湯河板擧(あめのゆかはたな)に姓(かばね)を与え、鳥取部、鳥養部、譽津部を定めた書紀巻6、とする。譽津別皇子には、健康上で常人とは異なるイメージがつきまとう。
氣長足姫尊と忍熊王の戦いの中で、譽屋別皇子は全く役割を果たしておらず、但馬、あるいは丹波の方に身を潜めておられたのかもしれない。倭彦王が足仲彦天皇の五世の孫で、丹波國の桑田郡に居られたとする。譽屋別皇子の子孫とみられたのであるが、系図が示されておらず、未詳というしかあるまい。五世の孫に関しては、慶雲三年(706)の格によって、継嗣令の三世孫までを王とする既定を五世孫までに変更するということを受けて、書紀編纂時(720年)に造作された、とされるようだ。大臣大連等が輿を用意し護衛をつけて、即位のためにお迎えに上がるのを、討伐の兵と恐れて山奥深くに逃げ込んだといふ。これは、当時の情勢をみておれば、間違うはずのないことであり、常人の行動とは思はれず、それを止めるしっかりした人物が側近におらなかったともみえる。書紀はそういう暗示をするが、磐井の反乱を視野に入れ、倭彦王の扱いについては、金村と戦って敗れた、いや実は王位についていた、彦太尊を引きたてるための挿話などと解釈の幅が広い。

元年(はじめのとし)春正月(むつき)辛酉(かのとのとり)(ついたち)甲子(きのえねのひ) 大伴金村大 更(また)籌議(はかる)曰 男大迹王(おほどのおほきみ) 性(ひととなり)慈仁(めぐみあり)孝順(おやにしたがふ) 可承天緒(あまつひつぎつたへつべし) 冀(ねがはくば)慇懃(ねむごろ)(すすめまつる) 紹隆(さかえしむ)帝業(あまつひつぎ) 物部麁鹿火大(もののべのあらかひのおほむらじ)許勢男人大臣(こせのをひとのおほおみ)(たち) 僉(みな)(いふ) 妙(くはしく)(えらぶ)枝孫(みあなすゑ) 賢者(さかしきみこ)唯男大迹王也 

元年の春正月の辛酉の朔甲子(507.01.04)に、大伴金村大連、更籌議りて曰く、「男大迹王、性慈仁ありて孝順ふ。天緒承へつべし。冀はくば慇懃に勸進りて、帝業を紹隆えしめよ。」 物部麁鹿火大連、許勢男人大臣等、僉曰く、「枝孫を妙しく簡ぶに、賢者は唯し男大迹王ならくのみ。」 

籌は投壺の矢、転じて数えるもの、はかるもの、漢書、成帝紀の、「慈仁にして孝順、天序を承はる可し。」による、と注される。紹隆は先人の業を受け継ぎ更に発展させること。物部麁鹿火、許勢男人は、この時点では、大連でも大臣でもない。大伴金村大連の言に従った、ないしは、大伴金村に組みして、男大迹王を推挙することに踏み込んだと思はれる。この一件で功を挙げて、大連、大臣に昇進することになる。枝孫、枝分かれした子孫を詳しく吟味すれば、男大迹王が適任者という流れを作り出した。男大迹王が即位されて20年の間に磐余に都することが出来なかったのは、中洲(奈良)の豪族の反対が強かったとみられるようだ。したがって、この二人の加勢には大きな意味があった。
皇族が帝位を巡って争ふことや、継承権を有する者を粛清することはあるが、小泊瀬稚鷦鷯天皇
(武烈天皇)の悪政に病み、その皇統が途絶えたこの時に至ってすら、誰を後継者に推すかの争いはあっても、家臣による帝位簒奪の動きはない。平群眞鳥臣が、天皇に取って代わる野望を抱いたと記されるが、それは、平群眞鳥臣を追い落す謀略であったと観るべきである。
要は、誰が相応しい後継者を推挙して、指導権を握るかにあった。すでに見た如く、男大迹王は57歳になるまでに皇位継承の経緯をつぶさに見ておられた。譽田天皇の五世の孫である自分より、足仲彦天皇の五世の孫とより長老で分別のあるはずの倭彦王が逃げだされたことは不可解なものがあった。自分が討伐されるのを恐れたとされるが、一世代先輩である倭彦王は常識的に57歳の男大迹王より年寄りであり、かなりのご老齢である。高齢ゆえ身を引かれたということも考へられる。実力者大伴金村大連が、今度は男大迹王を推し、物部麁鹿火、許勢男人が加勢して流れを作ったことは、事態に方向を与えた。

丙寅(ひのえとらのひ) (まだす)(おみむらじら) 持(しるし)以備法駕(みこし) 奉(まつる)三國(みくに) 夾(はさむ)(まもる)兵仗(つはもの) 肅(いつくしく)(ととのへる)容儀(よそひ) 警蹕(おふ)前駈(みさき) 奄然(にはかに)而至 於是 男大迹天皇(をほどのすめらみこと) 晏然(しづかに)自若(つねのごとくして) 踞坐(まします)胡床(あぐら) 齊(ととのへる)(つらねる)陪臣(さぶらふひと) 如帝(すめらみこと)(まします) 持使等 由是敬憚(かしこまる) 傾(かたぶける)心委(よせる)(いのち) 冀(ながふ)盡忠誠(まめなるこころ) 然天皇(すめらみこと) 意(みこころ)(うち)尚疑 久而不就 (たまたま)知河内馬(かふちのうまかひのおびと)荒籠(あらこ) 密(しのびに)(たてまだす)使 具(つばひらかに)大臣大等所以奉本意(もとつこころばへ) 留二日三夜(ひふつかよみよ) 發 乃喟然而歎(なげく)(のたまふ) 懿(よし)哉 馬飼首(うまかひのおびと) 汝(いまし)(もし)(まだす)使來告(まうす) 殆(ほとほどに)取蚩(わらふ)於天下(あめのした) 世(ひと)(いふ) 勿論(あげつらふ)貴賎(たふとくいやしき) 但重其心 蓋荒籠之謂乎 及至(いたる)踐祚(あまつひつぎしろしめす) 厚加荒籠寵(めぐみ)(たまふ) ○甲申(きにえさるのひに) 天皇行至(いたる)樟葉宮(くすはのみや) 

丙寅(01.06)に、臣連等を遣して、節を持ちて法駕を備へて、三國に迎へ奉る。兵仗夾み衞り、容儀肅しく整へて、前駈警蹕ひて、奄然にして至る。是に、男大迹天皇、晏然に自若して、胡床に踞坐す。陪臣を齊へ列ねて、既に帝の坐すが如し。節を持つ使等、是に由りて敬憚りて、心を傾け命を委せて、忠誠を盡さむことを冀ふ。然るに天皇、意の裏に尚疑ありとして、久しくして就かず。適河内馬飼首荒籠を知れり。密に使を奉遣して、具に大臣、大連等の迎へ奉る所以の本意を述べまうさしむ。留ること二日三夜ありて、遂に發つ。乃ち喟然歎きて曰はく、「懿きかな、馬飼首。汝若し使を遣して來り告すこと無からましかば、殆に天下に蚩はれなまし。世の云く、『貴賎を論ふこと勿れ。但其の心をのみ重みとすべし。』といふは、蓋し荒籠を謂ふか」。踐祚すに及至りて、厚く荒籠寵待ふこと加ふ。甲申(01.12)に、天皇、樟葉宮に行至りたまふ。

節は君命を受けたしるしの旗。法駕は天子の乗物。漢書、文帝紀の、「天子の法駕を奉り代邸に迎へる。」による、警蹕前駈奄然而至は、御輿の前方を警護して速やかに到着した、と注される。1月4日に決定し、6日に迎えの一行が三国に到着しており、素早い行動であった。男大迹王は、泰然自若、十分心の準備が出来ていた。床几にどっしりと座す前に、陪臣が座すと、朝廷に居るかの如き錯覚にとらわれ、まさに天皇の風格ありと陪臣、使者は容儀を正した。しかし、男大迹王の心には釈然としないものがあった。白髮武廣國押稚日本根子天皇(清寧天皇)の後継者問題にあっては、自分も倭彦王にも何の話もなかった、無視されていたにもかかわらず、今回はその対象となっている。その本意は如何なるものか。小泊瀬稚鷦鷯天皇(武烈天皇)の政治により、批判する勢力も顕在化している。この権力闘争において主導権を取るための方便か、天皇を何と心得ての推挙なのか、男大迹王はその見極めをすべく、即断を避け、大伴金村大連等推進派の意向を確認しようとされた。
男大迹王の父は近江國の高嶋郡の三尾の出身、母が三国の出身であり、半島から敦賀、敦賀から琵琶湖を経由し淀川水系、奈良あるいは瀬戸内へと連なる物流の重要性が骨にしみついている。これこそ、氣長足姫尊
(~功皇后)と武内宿禰が切り開き半島進出を果たし、譽田天皇(應~天皇)、大鷦鷯天皇(仁コ天皇)が盤石とされた海洋国家河内政権の原動力であった。しかし、大鷦鷯天皇の後、奈良の旧勢力との確執が表面化し、御子達も内紛を起こし、物流政策や大陸、半島政策も度重なる国内の内紛のため一貫性を保てなくなっていた。男大迹王は北陸からみえる半島の景色、百濟の武寧王の動向も視野にあり、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)以降失速してしまった半島政策、物流に関する大伴金村大連等の考え方をよく知って対応すべきとされたのであろう。大伴金村大連等は河内馬飼首荒籠が男大迹王と面識が有ると知り、彼を使者に立てて説得を依頼した。
百濟から馬が日本
(やまと)にもたらされたのは譽田天皇十五年条書紀巻10に見える。平成13年度から蔀屋北遺跡の発掘調査大阪府教育委員会により、「四條畷市砂(すな)・蔀屋(しとみや)に、古墳時代中期〜後期にかけての馬に関わる遺物を出土した遺跡が多数存在し、この一帯が「河内の馬飼」に関連する地域である」ことが確認された。「出土遺物の中に陶質土器、韓式系土器、移動式篭、U字形板状土製品、そして百済系の特徴を示す鉄製のひょう轡などがみられることなどから、5世紀中頃以降に集落を営んだ集団には、朝鮮半島の百済地域から渡来した集団がいたと考えられます。また5世紀前半に、蔀屋北遺跡で集落を営み始めた集団にも、百済系の渡来集団がいた可能性が考えられます・・・蔀屋北遺跡では、大型の準構造船の船底や舷側板を再利用して枠にした5世紀中頃や後半の井戸が複数見つかっています。古墳時代には、朝鮮海峡、瀬戸内海、大阪湾、河内湖を経由することで、朝鮮半島と蔀屋北遺跡間の直接航行が可能でした。以来百数十年にわたって彼らやその子孫は集落を営み続け、準構造船で往来していたのでしょう。また、出身地を示す遺物と共に、馬一頭を埋納した土坑、木製の鞍や輪鐙、鉄製のひょう轡などの実用的な馬具、多量の製塩土器など、彼らの生業を思わせる遺構や遺物も多数出土しました。これらの遺物の出土によって彼らが牧の経営(馬の飼育)を生業としていたことが明確になりました。」とある。
馬を運ぶ船、牧場、馬具作り、製塩(馬に与える塩)というものがあり、当時、馬は貴重品であり、皇族や豪族のみが飼育する者や御者を入手でき、馬飼部のネットワークがあったとされる。物流の観点からみるならば、この集団のもつ船、また、運搬手段としての馬車は魅力があった。首は渡来系であり、馬飼首はもとは百濟王から派遣された者の子孫であり、男大迹王は荒籠から色々と情報をも仕入れていた。その荒籠が使者としてやってきたことに男大迹王は好感を抱かれたことであろう。双方の立場には隔たりがあり、荒籠を通じての話し合いは、二日三夜を要した。何が話されたかは記されていない、それは、この後の進展から推測するほかはない。大勢は男大迹王の正統制の根拠を疑問視したであろうし、そういう王を仕立てることに対する疑念と金村等は向き合っていた。金村は後継者が定まらぬこと、それが長引けば長引くほど紛糾した過去の教訓に学び、早期決着と安定を求めていた。通説では、中洲での反対勢力との関係でやむなく樟葉宮に入ったとされるが、どうであろうか?王も、中洲に入ることを望んでおられなかった、と筆者は想像する。荒籠は金村には、天皇家を篭絡するような意図はなく、宰相として、混乱を回避するには早期決着と安定的な皇室づくりが必要とみていることを王に伝へ、金村には王が、氣長足姫尊
(~功皇后)と武内宿禰以来の路線を尊重しておられること伝へ、その双方が折り合える場所として、樟葉宮に入ることで合意が成り立った。男大迹王にしても、大伴金村大連等にしても、荒籠という人物がいなければ、決裂しかねぬ問題を抱えていたのかもしれない。1月12日には樟葉宮にお入りになった。双方において、素早く行動することで、既成事実を作り上げてしまはれた。

二月(きさらぎ)辛卯(かのとのう)(ついたち)甲午(きのえうまのひ) 大伴金村大(おほとものかなむらのおほむらじ) 乃跪(ひざまづく)(たてまつる)天子(すめらみこと)(みかがみ)(みはかし)璽符(みしるし)再拜(をがむ) 男大迹天皇(をほどのすめらみこと)(いなぶ)(のたまふ) 子(ことす)(おほみたから)治國重事(おもきわざ)也 寡人(おのれ)不才(みつなく) 不足以稱 願(こふ) 廻(めぐらす)(おもひ)(えらべ)賢者(さかしきひと) 寡人不敢當 大伴大連 伏(ふす)(つち) 男大迹天皇 西向譲者三(みたび) 南向譲者再(ふたたび) 大伴大等皆曰(まうす) 臣(やつこ)伏計(はかりみる)之 大王(おほきみ)子民治國 最(もとも)宜稱(かなふべし) 臣等(やつこら) 爲宗廟社稷(くにいへ) 計不敢忽(いるかせにす) 幸(さいはひに)(よる)(もろもろの)(ねがひ) 乞(ねがはくは)垂聽納(ゆるしいれたまへ) 男大迹天皇曰(のたまふ) 大臣(おほおみ)(おほむらじ) 將相(まへつきみ)諸臣(もろもろのおみ) 咸(ことごとくに)(おす)寡人(おのれ) 寡人敢不乖(たがふ) 乃受璽符(みしるし) 是日 天皇位(あまつひつぎしろしめす) 以大伴金村大爲大 許勢男人大臣(こせのをひとのおほおみ)爲大臣 物部麁鹿火大(もののべのあらかひのおほむらじ)爲大 並(ならびに)如故(もと) 是以 大臣大等 各(おのおの)(ままにす)職位(つかさくらゐ)焉 

二月辛卯朔甲午(507.02.04)に、大伴金村大連、乃ち跪きて天子の鏡劔の璽符を上りて再拜みたてまつる。男大迹天皇、謝びて曰はく、「民を子とし、國を治むることは重き事なり。寡人不才して、稱ぐるに足らず。 願請ふ、慮を廻して賢しき者を擇べ。寡人は敢へて當らじ。」 大伴大連、地に伏して固く請ひまつる。男大迹天皇、西に向ひて譲りたまふこと三。南に向ひて譲りたまふこと再。大伴大連等皆曰す、「臣、伏して計れば、大王、民を子とし國を治めたまふ、最も稱ふべし。臣等、宗廟社稷の爲に、計ること敢へて忽にせず。幸に衆の願に藉りて、乞はくは垂聽納へ。」男大迹天皇曰はく、「大臣、大連、將相、諸臣、咸に寡人を推す。寡人敢へて乖はじ。」 乃ち璽符を受け、是の日に、即天皇位す。大伴金村大連を以て大連と爲とし、許勢男人大臣をもて大臣とし、物部麁鹿火大連をもて大連とし、並に故の如し。是を以て、大臣、大連等、各職位の依にす。

ここは、漢書、文帝紀の「太尉の勃(周勃)、乃ち跪きて天子璽を上る。・・・群臣從至、上議曰、丞相臣平・・・再拜言・・・大王高皇帝子、宜しく嗣と為さむ。願はくば大王、天子の位に即かれむことを。代王(即位前の文帝)、曰く、「高帝宗廟を奉るは、重事なり。寡人、佞ならず、以て稱するに足らず。願はくば楚王を宜者に計らふを請ふ。寡人、敢へて當らず。」 群臣皆伏し、固く請ふ。代王、西に嚮(向)ひて讓る者三たび、南に嚮ひて讓者再び。丞相の平(陳平)等皆曰く、「臣伏して之を計るに、大王高祖宗廟を奉るは最も稱ふ宜し。天下の諸侯と雖も、萬民、皆宜と以為(おも)ひ、臣等、宗廟、社稷の為に計ること敢へて忽にせず。願はくば、大王、臣等を幸聽されんことを。臣、謹みて天子璽を奉り、符を再び拜み上る。」代王曰く、「宗室、將、相、王、列侯以て寡人より宜しき莫しと為さば、寡人、敢へて辭さず。」遂に天子の位に即く。」によると注される。中国では、天子璽をもって即位する。璽は玉に刻んだ印形、秦以降天子のもののみを璽とした。我が国では、鏡劔をもって即位する。天子璽を天子鏡劔璽符と置き換えねばならなかった。璽符を”しるし”と訓読させている。寡人は己を謙遜して云う言葉。倭の五王の時代、中国に入貢し、叙任を求めたことを考えれば、天子璽や寡人といふ言葉に一定の理解があったのかもしれない。「乃ち跪きて天皇の鏡劔を上りて再拜みたてまつる。」となるところ、いづれにせよ、男大迹天皇の即位の記述は、即位の実態を伝へるものではない。呉志、孫亮伝、「休(孫休)曰く、将相諸侯咸(みな)寡人を推すも、寡人敢へて璽符を受け承らじ。」も出典と注される。
樟葉宮で即位されたこと、この功有って、大伴金村大連、許勢男人大臣、物部麁鹿火大連体制となり、各職位もこれに従って行はれたことは確かであろう。樟葉は淀川の枚方市の北、八幡市に入るあたり。先にみた四條畷の蔀屋北遺跡の10数km北であり、樟葉の河川敷では荒籠が馬飼をおこなっており、枚方市東部の淀川支流「穂谷川」近くにある藤阪南遺跡にも、馬屋跡と思われる細長い建物跡と倉庫があるとされる。枚方周辺は、大鷦鷯天皇
(仁コ天皇)の時11年10月条に、茨田堤が築かれ屯倉が設けられて発展した地域である。大鷦鷯天皇14年条には百済系の豚飼が猪甘津(東成区鶴橋周辺)に渡来していた。譽田天皇31年条には摂津の猪名川流域に船大工や木工に関する職人の渡来があり、木工韋名部となったこと、大泊瀬幼武天皇14年条から、陶部、鞍部、画部、織部に係る渡来人の一部が猪名川東側の流域に配されたことも伺へ、淀川水およびその支流の水系における生産と流通は拡大していた。ただ、大鷦鷯天皇以降は、難波と奈良の間の対立、御子の間の対立により、半島政策同様に一貫性を欠く状況を男大迹王は北陸でづっと観ておられた。ここをなんとかしたいということでは、荒籠とは通じるものがあったのだろう。奈良に入っては思うことはできまい、この地域において実績を挙げ、新たなる流れを創りたいと思はれた、のではなかろうか。

庚子
(かのえねのひ) 大伴大(まうす)(まうす) 臣(やつこ)聞 前(さき)(みかど)之宰(をさめる)世也 非維城(まうけのきみ)之固(かため) 無以鎭其乾坤(あめつち) 非掖庭(うちつみや)之親(むつび) 無以繼其趺萼(みあなすゑ) 是故(ゆゑ) 白髮天皇(しらかのすめらみこと)無嗣(みつぎ) (おほぢ)大伴大室屋(おほとものおほむらじむろや) 毎(ごと)(くに)安置(おく)三種(みやから)白髮部(しらかべ) 【言三種者 一(ひとつ)白髮部舎人(しらかべのとねり) 二(ふたつ)白髮部供膳(しらかべのかしはで) 三(みつ)白髮部靫負(しらかべのゆけひ)也】 以留(とどむ)後世(のちのよ)之名 嗟夫(あ) 可不愴(いたむ)歟 (うけたまはる) 立手白香皇女(たしらかのひめみこ) 納(めす)爲皇后 (つかはす)~祗伯(かむつかさのかみ)(ら) 敬祭(いつく)~祗(あまつやしろくにつやしろ) 求(まうす)天皇息(みこ) 允(まことに)答民(おほみたから)(のぞみ) 天皇曰(のたまふ) 可(ゆるす)矣 

庚子(507.02.10)に、大伴大連奏請して曰す、「臣聞く、前の王の世を宰めたまふこと、維城の固非ずは、以て其の乾坤を鎭むること無し。掖庭の親非ずは、以て其の趺萼を繼ぐこと無しと。是の故に、白髮天皇、嗣無かりしば、臣が祖父、大伴大連室屋をして、州毎に三種の白髮部を安置きて 【三種と言ふは、一つには白髮部舎人、二つには白髮部供膳、三つには白髮部靫負なり】 後世の名を留めむとしたまひき。 嗟夫、愴まざるべけむや。請らくは、手白香皇女を立てて、納して皇后とし、~祗伯等を遣して、~祗を敬祭きて、天皇の息を求して、允に民の望に答へむ。」 天皇の曰はく、「可。」

金村が付した条件が、漢文を引用して記された。隋書、芸術、庾季才伝の、「子孫は藩屏、終に維城の固を保つ」により、維城(もうけのきみ)は儲君のこと、掖庭は後宮のこと、趺萼は花のうてな、助け合って花を保護するもの、転じて兄弟が互いに栄える意から子孫と注される。皇位を継ぐ皇太子を定めることなくしては天下を治めることはできない。それには王と妃が睦び合い子を為さねばならない。白髮天皇の時、後継者がなく金村の祖父、室屋は白髮の名を残すために、三種の白髮部を置いて対応せざるを得なかった。金村は小泊瀬天皇(武烈天皇)下において、これを経験し、男大迹天皇におかれては、ご高齢でもあり、手白香皇女を皇后とされ、即刻御子をもうけることを条件としていたのであろう。手白香皇女は、億計天皇(仁賢天皇)の皇女であり、母は春日大娘皇女であり、大泊瀬天皇(雄略天皇)と和珥臣深目が女(むすめ)童女君の間の三女であった。男大迹天皇の正統性を補強する皇后でもあった。このことを天下に広く知らしめるために、~祗(あまつやしろくにつやしろ)、天~の社、國~の社で天皇に子が授かるよう祭りをさせる算段も整えており、天皇はこれに同意された。
金村の父、談
(かたり)は大泊瀬天皇九年(465)に新羅で戦死しており、金村はそれ以前の生まれ(42歳以上)となる。白髮天皇五年は、484年であり、室屋が大伴氏の家長であった。金村は祖父から諄々と後継者問題で起こったことを聞かされ、空白期間を一刻も少なくすることを目指した。

三月(やよひ)庚申(かのえさる)(ついたちのひ) 詔(みことのりす)(のたまふ) ~祗(あまつやしろくにつやしろ)不可乏(ともし)(きみ) 宇宙(あめのした)不可無君 天(あめ)(なす)黎庶(おほみたから) 樹(たつ)以元首(きみ) 使司(つかさどる)助養 令全(またす)性命(いのち) 大憂 朕無息 被(ひらく)誠款(まことのこころ) 以國家(くに) 世世盡忠(まめなる) 豈唯朕日歟 宜備禮(ことわり)(よそひ) 奉手白香皇女(たしらかのひめみこ) 

三月の庚申の朔(507.03.01)に、詔して曰はく、「~祗には主乏しかるべからず。宇宙には君無かるべからず。天、黎庶を生して、樹つるに元首を以てして、助け養ふことを司らしめて、性命を全からしむ。大連、朕息無きことを憂へて、誠款を被きて、國家を以て、世世に忠なることを盡して、豈唯朕が日のみならむや。禮の儀を備へて、手白香皇女を迎へ奉れ。」

芸文類聚、帝王部の
「晋劉琨勧進元帝表に曰く、・・・天地以て饗(う)くこと無かるべからず・・・黎元(禾を犂"す"いて耕作する民、農民)以て主無かるべからず。、同、治世部の「晋潘岳九品議に曰く、天蒸民(もろもろの人民)を生む而して之を樹てる君、司牧をして之其の性を失ふことなからしむ。」によると注される。出だしの言葉は、男大迹天皇の言葉ではなく、中国王朝の考え方の引用。宇宙に君(天帝)が居り、天は人民を生み、王を樹て、人民の性(安寧)を養ふ、それが王に下された天命とする。王朝を運営するには後継者が必要である。金村の忠誠の心は、王朝存続を思ふもので、私の世のみのことではない、礼儀にかなって手白香皇女を迎えるべし、と命じられた。

甲子
(きのえねのひ) 立皇后手白香皇女 脩ヘ(まつりごとす)于内 生一(ひとり)(ひこみこ) 是爲天國排開廣庭尊(あめくにおしはらきひろにはのみこと)【開 此云波羅企(はらき)】 是嫡子(むかひめばらのみこ)而幼年(みとしをさなし) 於二(ふたり)兄治(いろねのきみくにしろしめして)後 有(しろしめす)其天下(あめのした) 【二兄者 廣國排武金日尊(ひろくにおしたけかなひのみこと) 與武小廣國押盾尊(たけをひろくにおしたてのみこと)也 見下文(くだり)】 

甲子(03.05)に、皇后手白香皇女を立てて、内に脩ヘせしむ。遂に一の男を生ましめたり。是を天國排開廣庭尊とす。【開、此をば波羅企と云ふ。】 是、嫡子にして幼年し。二の兄治して後 其の天下有す。 【二の兄は、廣國排武金日尊と武小廣國押盾尊となり。下の文に見ゆ】

脩ヘは後宮に関することを脩めさせる、と注される。遂にとあり、手白香皇女とはなかなか御子ができなかった。ここで、書紀はすでに二人の兄がおられた、と記す。これでは話の展開がこれまでの想像とは異なる。

戊辰
(つちのえたつのひ) 詔(みことのりす)(のたまふ) 朕(われ)聞 士(をとこ)有當年而不耕(つくる)者 則天下(あめのした)(ある)受其(うゑ)矣 女(めのこ)有當年而不績(をうむ)者 天下或受其寒(こい)矣 故(かれ)帝王(すめらみこと)(おほみみづから)(たつくる)而勸農業(なりはひ) 后妃(きさき)(みづから)(こがひす) 而勉(すすむ)桑序(くはのとき) 况(いはむや)(かの)百寮(つかさつかさ) 曁(いたる)于萬族(おほみたから) 廢棄(すてる)農績(なりはひをうむこと) 而至殷富(にぎはひ)者乎 有司(つかさ)(のたまふ)天下 令識(しる)朕懷(おもふ) 

戊辰(03.09)に、詔して曰はく、「朕聞く、士年に當りて耕らざること有るときには、天下其の飢を受くること或り。女年に當りて績まざること有るときには、天下其の寒を受くること或り。故、帝王、躬ら耕りて、農業を勸め、后妃親ら蠶して、桑序を勉めたまふ。况や厥の百寮、萬族に曁るまでに、農績を廢棄てて、殷富に至らむや。有司、天下に普告ひて、朕が懷はむことを識らしめよ。」

芸文類聚、帝王部引用の呂氏春秋の
「士年に當りて(その年に)耕さざること有るは、則ち天下其の飢を受くること或らむ。女年に當りて績がざること有るは、則ち天下其の寒を受くること或り。故に、夫は親ら耕し、妻は親ら績ぐ。」によると注される。”こい”は寒の古訓とある。帝王が自ら田を耕し米作りをされ、皇后がみずから蚕を飼い桑をお与へになられる。農績を廃棄すれば殷(盛んなこと)富には至らない、そのことを、家臣、萬族、天下に普(あまね)く告げよ、と命じられた。

癸酉
(みづのとのとりのひ) 納(めしいれる)(やはしら)(みめ) 【納八妃 雖有先後(さきのち) 而此曰癸酉納者 據天位(あまつひつぎしろしめす) 占擇良日 初拜(さだむ)後宮(きさき) 爲文 他(あたし)皆效(ならふ)此】 元(はじめ)(みめ) 尾張(おはりのむらじ)草香(くさか)(むすめ)(いふ)目子媛(めのこひめ) 【更名(またのな)色部(しこぶ)】 生(うむ)(ふたり)(みこ) 皆有(しらす)天下 其一(ひとり)(まうす)勾大兄皇子(まがりのおほえのみこ) 是爲廣國排武金日尊(ひろくにおしたけかなひのみこと) 其二(ふたり)曰檜隈高田皇子(ひのくまのたかたのみこ) 是爲武小廣國排盾尊(たけをひろくにおしたてのみこと) 次妃(みめ) 三尾角折君(みをのつのをりのきみ)(いろど)曰稚子媛(わかこひめ) 生大郎皇子(おほいらつこのみこ) 與出雲皇女(いづものひめみこ) 次坂田大跨王(さかたのおほまたのおほきみ)(みむすめ)曰廣媛(ひろひめ) 生三(みたり)(ひめみこ) 長(あね)曰~前皇女(かむさきのひめみこ) 仲(なかち)曰茨田皇女(まむたのひめみこ) 少(すなき)曰馬來田皇女(うまぐたのひめみこ) 次 息長眞手王(おきながのまてのおほきみ)(みむすめ)曰麻績娘子(をみのいらつめ) 生荳角皇女(ささげのひめみこ) 【荳角 此云娑佐礙(ささげ)】 是侍(はべる)伊勢大~(いせのおほみかみ)(まつり) 次 茨田(まむたのむらじ)小望(をもち)(むすめ) 【或曰妹(いろど)】 曰關媛(せきひめ) 生三(みたり)(ひめみこ) 長(あね)(まうす)茨田大娘皇女(まむたのおほいらつめのひめみこ) 仲(なかち)曰白坂活日姫皇女(しらさかいくひひめのみこ) 少(すなき)曰小野稚郎皇女(をののわかいらつめのひめみこ) 【更名長石姫(ながいはひめ)】 次 三尾君(みをのきみ)堅楲(かたひ)(むすめ)曰倭媛(やまとひめ) 生二(ふたり)(ひこみこ)(ふたり)(ひめみこ) 其一(ひとり)(まうす)大娘子皇女(おほいらつめのひめみこ) 其二(ふたり)曰椀子皇子(まろこのみこ) 是三國公(みくにのきみ)之先(おや)也 其三(みたり)曰耳皇子(みみのみこ) 其四(よたり)曰赤姫皇女(あかひめのひめみこ) 次 和珥臣(わにのおみ)河内(かふち)(むすめ)曰荑媛(はえひめ) 生一男二女 其一曰稚綾姫皇女(わかやひめのみこ) 其二曰圓娘皇女(つぶらのいらつめのみこ) 其三曰厚皇子(あつのみこ) 次 根王(ねのおほきみ)(みむすめ)曰廣媛(ひろひめ) 生二男 長(このかみ)曰兔皇子(うさぎのみこ) 是酒人公(さかひとのきみ)之先(おや)也 少(おとと)曰中皇子(なかつみこ) 是坂田公(さかたのきみ)之先(おや)也 是年也 太歳丁亥(ひのとのゐ)

癸酉
(03.14)に 八の妃を納れたまふ。 【八の妃を納れたまふこと、先後有りと雖も、此に癸酉に納れたまふと曰ふことは、即天位して、良き日を占ひ擇びて、初めて後宮を拜めたまふに據りて、文を爲れり。他も皆此に效へ。】 元の妃、尾張連草香が女を目子媛と曰ふ。【更の名は色部。】 二の子を生めり。皆天下を有らす。其の一を勾大兄皇子と曰ふ。是を廣國排武金日尊とす。其の二を檜隈高田皇子と曰す。是を武小廣國排盾尊とす。次の妃、三尾角折君の妹を稚子媛と曰ふ。大郎皇子と出雲皇女とを生めり。次に、坂田大跨王の女を廣媛と曰ふ。三の女を生めり。長を~前皇女と曰す。仲を茨田皇女と曰す。少を馬來田皇女と曰す。次に、息長眞手王の女を麻績娘子と曰ふ。荳角皇女を生めり。【荳角、此をば娑佐礙と云ふ】 是伊勢大~の祠に侍り。次に、茨田連小望が女を 【或いは妹と曰ふ】 關媛と曰ふ。三の女を生めり。長を茨田大娘皇女と曰す。仲を白坂活日姫皇女と曰す。少を小野稚郎皇女と曰す。【更の名は長石姫】 次に、三尾君堅楲が女を倭媛と曰ふ。二の男、二の女を生めり。其の一を大娘子皇女と曰す。其の二を椀子皇子と曰す。是三國公の先なり。其の三を耳皇子と曰す。其の四を赤姫皇女と曰す。次に、和珥臣河内の女を荑媛と曰ふ。一の男、二の女を生めり。其の一を稚綾姫皇女と曰す。其の二を圓娘皇女と曰す。其の三を厚皇子と曰す。次に、根王の女を廣媛と曰ふ。二の男を生めり。長を兔皇子と曰す。是酒人公の先なり。少を中皇子と曰す。是坂田公の先なり。是年、太歳丁亥。

3月5日に手白香皇女を皇后とされ、14日に八人の妃を後宮に入れられた。これには驚かされた。すでに子をなした女性を含む八人、即位をしたからには、良き日を占い選んで、後宮に入れる。それが、14日であり、序列をつけたが、その順序で妃にされたものではない、と云ふ。57歳で独身かと思わせておき、なんと八人の妻がおられた、それならそうと最初から記してくれればいいものを。前提としたことが、ころりと変わってしまう、書紀によくある後出しである。
男大迹王のときに、すでに連携を深めていた豪族達の女
(むすめ)八人を娶っていた。つまり、男大迹王は、尾張連、三尾角折君、息長眞手王、茨田連、三尾君堅楲、和珥臣、根王と連携が出来ており、北陸、琵琶湖の東部から尾張、岐阜方面、琵琶湖の西部から淀川水系の茨田に至る勢力を糾合しておられたことになる。相当の人望を得ておられ、即位にはこれらの豪族の後押しもあったとせねばなるまい。それほどの男大迹王を差し置いて、山に逃れたとする倭彦王を第一候補にしたといふことは、中洲(奈良)の他の豪族達には男大迹王に対する警戒心があったとみるべきなのか。そうであれば、倭彦王が逃亡したことは、政権側にとって痛手となったであろうし、男大迹王を推すことには、相当の難しさがあったと想像される。男大迹王がそれなりの条件を付ける余地があったのかもしれない。荒籠はいづれの側の豪族達に対しても、馬や馬飼、馬車等を提供し、全体の流れを把握していた。故に金村は荒籠に目を付け、仲介を求めた。手白香皇女を皇后とすることを持ち出したのは、すでに居られる御子(勾大兄皇子、檜隈高田皇子)を後継者とするが、皇后は中洲(奈良)の皇統を継ぐ手白香皇女とし、皇后から生まれる御子にいづれ皇位を継がせることを条件とした、と考へ直さざるを得なくなった。
古事記に聞いてみよう。以下にみるごとく、最初は三尾
若比賣次が尾張目子郎女、その次が手白髮命としている。品太(ほむだ)の王の五世(いつつぎ)の孫(みこ)、袁本杼(をほど)の命、伊波禮(いはれ)の玉穗(たまほ)の宮に坐しまして、天の下治らしめしき。天皇、三尾(みを)の君等の祖、名は若比賣を娶して、生みませる御子、大郎子(をほいらつこ)。次に出雲の郎女【二柱】。また尾張の連(むらじ)等の祖、凡(おほし)の連(むらじ)の妹、目子の郎女を娶して、生みませる御子、廣國押建金日(ひろくにおしたけかなひ)の命。 次に建小廣國押楯(たけをひろくにおしたて)の命【二柱】。 また意祁の天皇の御子、手白髮の命【是は大后なり】を娶して、生みませる御子、天國押波流岐廣庭(あめくにおしはるきひろにわ)の命。また息長(おきなが)の眞手(まて)の王の女、麻組(をくみ)の郎女を娶して生みませる御子は、佐佐宜(ささげ)の郎女【一柱】。また坂田の大俣(おほまた)の王の女、K比賣を娶して生みませる御子、~前(かむざき)の郎女。次に田の郎女。次に白坂(しらさか)の活日子(いくひこ)の郎女。次に野の郎女、またの名は長目比賣【四柱】。また三尾の君、加多夫(かたぶ)の妹、倭比賣を娶して、生みませる御子、大郎女。次に丸高(まろこ)の王。次に耳(みみ)の王。次に赤比賣の郎女【四柱】。また阿倍(あべ)の波延比賣を娶して、生みませる御子、若屋の郎女。次に都夫良(つぶら)の郎女。次に阿豆(あづ)の王【三柱】。この天皇の御子等(みこたち)、并せて十九(とをまりここのはしら)の王なり。【男七、女十二】この中に天國押波流岐廣庭の命は、天の下治しめしき。次に廣國押建金日の命、天の下治らしめしき。次に建小廣國押楯の命、天の下治らしめしき。次に佐佐宜(ささげ)の王は、伊勢の~の宮を拜(いつ)きたまひき。(岩波文庫)古事記では、いきなり伊波禮の玉穗宮であり、手白髮命の前に、二人の女性から三男、一女をなしておられたとする。書紀は、皇后としての手白香皇女を最優先するが筋とし、現実的には尾張の目子媛との御子を後継者とすることで、金村等との合意が成り立っていたことになる。故に、手白香皇女の御子を「嫡子にして幼年し」と表現した。
春日井市二子町
地図の味美二子山古墳(あじよしふたごやまこふん)の被葬者が目子媛、名古屋市熱田区熱田公園内地図の断夫山古墳(だんぷさんこふん)の被葬者が尾張連草香と考えられている。この時期には、断夫山古墳のあたりまで海岸線が入り込み、木曽川、長良川、揖斐川の木曽三川は荒れる川であり、渡河することが困難で、人の往来や物資の輸送はもっぱら伊勢湾の水運に頼っており、尾張氏がそれに携わっていた。また木曽三川や庄内川流域の濃尾平野をかかえており、治水事業がうまくゆけば、豊かな実りに恵まれた。東海道への要にあたり、男大迹王はかねてから、尾張との親交を重要視されていたことになる。
根王については、よく分からないが、根尾から来るとみる説がある。昭和初年に一宮市真清田神社に関係する土田家から見つかった古記録『真清探當證』、継体天皇の異伝
(市辺押磐皇子が殺されたとき、その子、弘計王が逃れた地が根尾、それを追ってきた豊姫との間の子が男大迹王)であるが、男大迹王は、根尾村(桜岐阜県本巣市根尾:地図に隠棲しておられ、都に呼ばれたときに桜を植え、「身の代と 遺す桜は 薄住みよ 千代に其の名を 栄盛へ止むる」の歌を残されたとする。日本三大桜の「淡墨桜」にまつわる伝承による奥濃根尾谷の今昔・本蔶・三野。薄住と淡墨がかかっている。根尾は、福井から尾張への道中にあたり、また、美濃から東山道をうかがうにもよい地点となる。ここは、「古事記」「日本書記」に記述された本巣国造・神大根(神骨)の三野之大王の地、美濃明細記の「本巣郡正六位上・高坂神社」の地であった。『祭神:神大根王、日子坐命、他。彦坐王は開化天皇の王子、神大根王は彦坐王の王子にて、母は息長水依媛也。この王は本巣國造及び長幡部連の祖也之。然して景行天皇の即位四年、神大根の皇女、 兄比賣、弟比賣の祭り賜いしものと傳う。』 『この兄比賣、弟比賣は、神大根王の皇女、兄遠子、弟遠子にあたる方なるは、古事記にしるされたるが如。然して兄遠子は、大唯命の妃となりたまいて、當國宇泥須和気之祖となりたまいし、押黒之兄日子王を生みたまいし妃也。弟遠子も同じく同命の妃となりたまいて、當國牟宜都君等之祖となりたまいし、押黒弟日子王を生みたまいし妃也。』(本巣郡志)奥濃根尾谷の今昔・本蔶・三野とあり、息長氏の系列にあり、長幡部は織物の技を有する集団で、絹織物を扱ったと見られている。
美濃国一宮を南宮大社、仲山金山彦神社
延喜式神名帳という。金山彦は書紀巻一の一書曰く、「伊弉冉尊、火神軻遇突智を生まむとする時に、悶熱ひ懊悩む。因りて吐す。此神と化為る。名を金山彦と曰す」による、金山・採鉄・製鐵を掌る神であり、仲山は、「山海経」五蔵山経に鐵の主産地として語られる中山経によるとされる。「尾張の鉄の匂い小木曽正明氏」に、弥生時代後期から古墳時代にかかる遺跡からも出土する尾張の鉄滓分布が記されている。武器もさることながら、治水、土木、農林業における鉄器、建築、造船、木工における鉄器の需要は増大していた。
男大迹王は美濃と尾張、東海道、東山道へのルート、つまり、東国に関する何らかの政策をお持ちであったのだろう。

三尾は男大迹王の父の地、坂田は息長氏の地、息長眞手王の女
(むすめ)との皇女、荳角(ささげ)を伊勢大~の祠(まつり)に奉仕させている。伊勢をがっちりと治めようとされた。茨田は樟葉宮の近辺、和珥氏は大和国添上郡和邇(天理市和邇)が本拠であるが、和珥臣河内は河内としており、河内の和珥氏とみたい。大鷦鷯天皇(仁コ天皇)のとき皇后磐之媛命が逗留されたのが和珥氏の山背の筒城。河内、茨田、筒城、三尾、坂田、三国、美濃、尾張といふラインを固めておられた。これは、半島を視野に置いた氣長足彦尊(神功皇后)と武内宿禰が瀬戸内ルートと敦賀経由日本海ルートを活性化したものに美濃、尾張を組み込む意欲的な構想であった。

二年冬十月
(かむなづき)辛亥(かのとのゐ)(ついたち)癸丑(みづのとのうしのひ) 葬(はぶる)小泊瀬稚鷦鷯天皇(をはつせのわかさざきのすめらみこと)于傍丘磐杯丘陵(かたをかのいはつきのをかのみざき)
十二月(しはす) 南海中(わたなか)耽羅人(たむらびと)(かよふ)百濟國(くだらのくに)

二年の冬十月の辛亥の朔癸丑(508.10.03)に、小泊瀬稚鷦鷯天皇を傍丘磐杯丘陵に葬りまつる。
十二月に、南の海中の耽羅人、初めて百濟國に通ふ。

小泊瀬稚鷦鷯天皇は列城宮で崩御され、傍丘磐杯丘陵(北陵)、大和国葛下郡
(香芝市今泉:地図に葬られた。因みに、傍丘磐杯丘陵南陵が弘計天皇(顯宗天皇;書紀巻15陵とされる。列城宮は、初瀬街道の朝倉と初瀬の間、出雲の地、十二柱神社の地であった。男大迹王は、この地に入ることを望んでおられたとは思へない。王の関心はむしろ半島に注がれていた。
南の海中は、百濟國の南の海中、耽羅は済州島、南の海中の済州島の人間が百濟に通ふとは、耽羅が百濟に服属したことを意味し、失われた百濟本記から採ったものであろう、と注される。三國史記 、百済本紀第四、文周王二年
(476年)に、「夏四月に、耽羅國(済州島の国)方物を獻じ、王喜びて、使者を拜して恩率(3等官の位)と爲す。とある。この経緯は、大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)二十一年条書紀巻14ですでに見たのであるが、このとき、百濟は高句麗に破れ、都を熊津に移さざるを得なかった。耽羅を服属させるような状況とは思へず、耽羅に位を与へ南の安定を図ったとみた。東城王二十年(498年)、「八月、王、耽羅貢賦を修めざるを以て、親ら征し武珍州に至る。耽羅之を聞きて、使を遣はし罪を乞ふ。乃ち止む。耽羅、即ち耽牟羅。」とある。書紀は、このことを、百濟本記から採って、武寧王の時代のこととした。金富軾が、文周王そして東城王の時のこととしたのは、この記述を否定するためであったかもしれない。書紀では、氣長足姫尊(~功皇后)四十九年条書紀巻9、「南蠻(ありひしのからくに)の忱彌多禮(とむたれ)を屠(ほふ)りき、百濟に賜ふ。」とあり、肖古王のときとしており、かなり古くから関わりがあったとなろう。
『高麗史
(1451年完成)』巻57地理志2(耽羅縣)によれば、無人の島の北の地より三神人(良、高、夫)が湧き出し、狩猟生活をしていたところ、海から木箱が浜に辿りついた。三女と子馬、子牛、五穀の種、使者がおり、日本の王が三神人に大業を成さしめるためにやってきたとした。三神人が三女を妻とし、よき水の地に移り、五穀、子馬、子牛を育て、十五代孫のとき、民が富み、船を造って半島の耽津(全羅南道、康津)に渡ったのが新羅の盛時であり、新羅の制度を導入し、高を星主、良を王子、夫を徒内とした。後に百済に服したときには、星主、王子をやめて佐平、恩率(百済の制度)とし、百済が滅んだ後(936年)に、高麗太祖が星主、王子を復活させたといふ。新羅が先であり、順序も年代も百済本紀とはまるで合致しない。「初め無人。三神人、地より湧出で、今鎭山の北麓に穴有りて曰く。毛興是れ其の地なり。長じて良乙那(ヤンウルナ)と曰く。次に高乙那(コウルナ)と曰く。三に夫乙那(プウルナ)と曰く。三人、荒僻(荒れた僻地)に遊獵し皮を衣とし肉を食す。一(ある)日、紫泥で封された木函浮きて東海の濱に至り就くを見てこれを開く。内に石函有りて一(ひとり)の紅帶紫衣の使者隨ひ來たる有り。函を開くるに衣の處女三人及び諸(もろもろの)駒犢(子馬と子牛)五穀の種有り。乃ち曰く、『我は是れ日本國の使なり。吾が王此の三女を生みて云ふ。西の海中の岳に神の子降りて三人、將に國を開かむと欲し、是に配す匹(配偶者)無く、臣に命じ三女を侍して來り、宜しく配を作(な)し以て大業を成さむ。』使者、忽(たちまち)にして雲に乘りて去る。三女を以て歳次(年の順)に分けてこれを娶る。泉甘(清水湧き)土肥の處に就きて射矢卜地(弓で地を祓ひ、矢の落ちた所に地を定める)し良乙那の居る所を第一徒(都)と曰ふ。高乙那居る所を第二徒と曰ふ。夫乙那居る所を第三徒と曰ふ。始め五穀を播き且つ駒犢を牧して日く、富庶(国が富む)に就き、十五代孫の高厚、高C、高季、昆弟三人船を造りて海を渡り、耽津(たんつ)に泊る。蓋し新羅の盛時なり。時に客星(突然明るく輝く星:超新星など)南方に見へ、太史、奏が曰く、異國人來朝の象なり。厚等王に至るに及びてこれを嘉(よみ)し厚を稱して星主(ソンジュ)と曰く。以て其の星を動する象なり。Cをして袴下より出しめ己が子を愛するが如く稱して王子(ワンジャ)と曰く。又其の季を稱して徒内(トネ)と曰く。邑を號(なづ)けて耽羅(たんら)と曰く。以て初め來り耽津に泊りて新羅に朝すなり。各(おのおの)寶蓋(傘)衣帶を賜はりこれを遣して此れより子孫蕃盛し、新羅に敬事し、高を星主と爲し、良を王子と爲し、夫を徒内と爲し、其の後百濟に服事し、星主、王子の號を除き、以て其れ佐平と爲し使者恩率と爲し羅に及ぶ。濟、亡びて耽羅國主太子に見(まみ)へ未だ老朝せず。高麗太祖因りて星主、王子の爵を瑞山に賜ふ。 」
後漢書、東夷列傳、弁辰に、
「馬韓の西、海の島上に州胡國有り。其の人、短小、髡(はげ)頭、韋衣(毛皮)を衣、上有りて下無し。好んで牛豕を養ふ。船に乘りて往來し、韓中にて貨市す。」とある。州胡國は他に該当する島がないため、忱彌多禮とみなされ、江南や山東半島から避難する漢人、五島列島や有明海からの倭人が訪れる地ともされ、いづれにせよ、後漢の時代から半島や大陸との交易を行っていた九州の海人達ならば、済州島に立ち寄ることは十分あり得たと云へよう。

三年春二月
(きさらぎ) (つかはす)使于百濟 【百濟本記云 久羅麻致支彌(くらまちきみ)從日本(やまと)來 未詳(つばひらか)也】 括出(ぬきだす)(はべる)任那(みまな)日本(やまと)(あがた)(むら) 百濟百姓(たみ) 浮(にげる)絶貫(へ) 三四世者(みつぎよつぎなりたるもの) 並(ならびに)(うつす)百濟附(つく)(へ)

三年春二月(509.02)に、使を百濟に遣す。【百濟本記に云はく、久羅麻致支彌、日本より來るといふ。未だ詳ならず。】 任那の日本の縣邑に在る、百濟の百姓の、浮逃げたると、貫絶えたるとの、三四世なりたる者をさへ括き出して、並に百濟に遷して貫に附く。
これは、明快に百濟本記から引用したとする。久羅麻致支彌については不詳。任那に日本縣邑があったといふ。任那は最初に書紀に現れるのは御間城入彦五十瓊殖天皇
(崇~天皇)六十五年条書紀巻5であった。「任那國、蘇那曷叱知を遣して、朝貢らしむ。任那は、筑紫國を去ること二千餘里。北、海を阻て以て鷄林(しらき)の西南に在り。」とあり、馬韓、辰韓、弁韓の弁韓に当たる地域となろう。魏志の韓伝では、弁辰十二ヶ国とされる。氣長足姫尊(~功皇后)四十九年条書紀巻9に、「比自火本、南加羅、喙國、安羅、多羅、卓淳、加羅七つの國を平定」したとあった。譽田天皇(應~天皇)七年条書紀巻10に、「高麗人、百濟人、任那人、新羅人、並に來朝り。」とあり、これからすれば、この平定をした七國を任那とみていよう。同二十五年条書紀巻10に、百濟記によれば、同上七國平定に協力した百濟の将軍、木羅斤資(もくらこんし)の子、木滿致(もくまんち)が、「任那に專なり。我が國(百濟)に來入りて、貴國(日本)に往還ふ。制を天朝に承りて、我が國の政を執る。」とあり、この延長かと思はれる。
高句麗広開土王碑、十年
(400年)に、「歩騎五萬を教遣し、住きて新羅を救ふ。從男居城、新羅城に至る。倭其の中に滿ち、官軍、方に至りて、倭賊退く。倭の背より急追し、任那、加羅に至り從伐城。」とある。任那と加羅とみるか任那の加羅とみるかとなれば、怪しくなる。宋書、東夷伝倭国には、倭王讃と珍は、「使持節、都督倭、百濟、新羅、任那、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王」を自称し、任那と加羅の分離はない。倭王濟は、元嘉二十八年(451年)に、「使持節、都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓(+倭國)六國諸軍事、安東將軍]、併せて、二十三人が軍、郡に叙されており、この時点では、任那と加羅を別とみなしていたことになる。秦韓とはかつて秦から逃れてきた漢人に馬韓が東部に入植させた地で、小白山南麓の奉化、栄州、安東及び東海岸の江陵から蔚珍あたり、慕韓は栄山江流域あたり、馬韓の南部分とみることができよう。
大泊瀬幼武天皇
(雄略天皇)七年条書紀巻14に、吉備上道臣田狹を任那國司にしたとある。同八年条書紀巻14では、高句麗に攻められた新羅が任那王に「日本府の行軍元帥等」の救援を求め、「任那の王、膳臣斑鳩【斑鳩 此云伊柯屡餓】、吉備臣小梨、難波吉士赤目子を勸めて、徃きて新羅を救はしむ。」とある。これから類推すれば、任那王の下に行政をとりしきる国司と軍事面の将軍を置いていたとなろう。宋より將軍を叙任すれば、將軍府を置き、長史、司馬、諮議参軍を置くことができ、日本府といふは、半島におけるそういふ機能を現実化するものと考えられる。上記二十三人がその中に含まれよう。
更に同二十一年条
書紀巻14には、「天皇、百濟、高麗の爲に破れぬと聞きて、久麻那利を以て洲王に賜ひて、其の國を救ひ興す。・・・『日本舊記に云く、久麻那利を以て、末多王に賜ふ。蓋し是れ誤ならむ。久麻那利は、任那國の下哆呼唎縣の別邑なり』」とあった。久麻那利はその際にみたごとく異説があるが、文意は久麻那利が熊津地図でなくば成立しない。下哆呼唎縣は熊津の近辺の別邑とせねばならず、熊津は任那の一部となる。この場合の下哆呼唎縣は、錦江の上流、全羅北道東北部から忠清南道の東南部にわたる地方とせねば上文と合致しない。この任那は従来の任那とは異なり百濟の直南を含まんばかりの云ひ様となる。日本舊記に従ふなら久麻那利は熊川、慶尚南道昌原郡地図)熊川面の地となり、従来の任那の範囲内となる。
弘計天皇(顯宗天皇)三年条書紀巻15には、「是歳、紀生磐宿禰(きのおひはのすくね)、任那に跨び據りて、高麗に交通ふ。西に、三韓(馬韓、辰韓、弁韓、後の百濟、新羅、加羅諸国)に王たらむとして、宮府を整へ脩めて、自ら~聖と稱る。任那の左魯(さる)、那奇他甲背等(なかたかふはいら)が計を用ゐて、百濟の適莫爾解(ちゃくまくにげ)を爾林(にりむ)に殺す。【爾林は高麗の地なり】 帶山城(しとろもろのさし)を築きて、東道を距き守る。粮運ぶ津を斷へて、軍をして飢ゑ困びしむ。百濟の王、大きに怒りて、領軍古爾解(こにげ)、内頭莫古解等(まくこげら)を遣はして、衆を率て帶山に趣きて攻む。是に、生磐宿禰、軍を進めて逆撃つ。膽氣益壯にして、向ふ所皆破る。一を以て百に當つ。俄ありて兵盡き力竭く。事濟らざるを知りて、任那より歸る。是に由りて、百濟國、佐魯、那奇他甲背等三百餘人を殺す。」とあった。高句麗と結び、三韓に王たらんとしたとある。これは、任那の左魯、那奇他甲背等が計ったものに、紀生磐宿禰が乗ったのであるが、これに失敗した紀生磐宿禰は、何の咎を受けることなく帰国している。紀生磐宿禰にみならず、日本(やまと)がそれを望んでいたことになる。爾林は、全羅北道任実郡、北に高句麗、西に百濟、南に慕韓、東に秦韓や加羅に通じる要所となろう。この地から高句麗を受け入れ、全体を押さえようとしたことになる。この失敗はすべて任那の左魯、那奇他甲背等におしつけたのであろう。その際にみたが、この当時の情勢からすれば、高句麗と百濟、新羅連合が対立し、日本(やまと)と百濟、新羅連合も対立しており、そういうことはあり得た。
そのような経緯の中で、任那に日本の縣邑
(やまと)が置かれており、日本からやって来た者の邑であったが、百濟から逃れて来た者が多く居たと推察される。貫(へ)は一戸(へ)に一竃(へ)あることから来ると注される。彼等を百濟に戻して、戸籍を復旧せしめたことになろう。武寧王との間の新たな関係が始まったのであろうか。

五年冬十月 都山背筒城

五年の冬十月(511.10)に、都を山背筒城に遷す。

古事記では、筒木の韓人、奴理能美の家の地、和名抄の山城国綴喜郡綴喜郷
(京都府京田辺市普賢寺付近)とされ、和珥氏の勢力圏であった。奈良から宇治、近江あるいは難波へ向かう要衝にあたる。

六年夏四月
(うづき)辛酉(かのとのとり)(ついたち)丙寅(ひのえとらのひ) (つかはす)穗積臣(ほづみのおみ)押山(おしやま) 使(つかひす)於百濟 仍賜筑紫國馬卌匹(よそぎ) 
冬十二月
(しはす) 百濟(まだす)使貢(たてまつる)調(みつき) 別(こと)(ふみ)任那國(みまなのくに)哆唎(おこしたり) 下哆唎(あろしたり) 娑陀(さだ) 牟婁(むろ) 四縣(よつのこほり) 哆唎國守(たりのくにのみこともち)穗積臣押山奏(まうす)(まうす) 此四縣 近連(まじはる)百濟 (とほく)(へだたる)日本(やまと) 旦(あした)(ゆふべ) 鷄(にはとり)(いぬ)難別(わく) 今賜百濟 合爲同國 固(かたし)(またし)之策(はかりこと) 無以此 然縱(たとひ)賜合國 後世危 况爲(してば)異場(ことさかひ) 幾年(ちかしとし)能守 大伴大金村 具(つばひらか)得是言(こと) 同謨(はかりこと)而奏(まうす) 廼(すなはち)以物部大(もののべのおほむらじ)麁鹿火(あらかひ) 宛(あつ)(のたまふ)(みことのり)使 物部大 方(まさに)欲發(たつ)(むかふ)難波館(むろつみ) 宣(たまふ)(みことのり)於百濟客(つかひ) 其妻(め)固要(いさむ)(いふ) 夫住吉大~(すみのえのおほかみ) 初以海表(わたのほか)金銀(しろかねこがね)之國 高麗(こま) 百濟 新羅 任那等 授記(さづく)胎中(はらのうちにまします)譽田天皇(ほむだのすめらみこと) 故(かれ)大后(おほきさき)氣長足姫尊(おきながたらしひめのみこと) 與大臣(おほおみ)武内宿禰(たけしうちのすくね) 毎(ごと)(くに)初置官家(みやけ) 爲海表(わたのほか)之蕃屏(まがき) 其來(ありくる)(ひさし)矣 抑(はた)有由(ゆゑ)焉 縱(もし)(さく)賜他(ひとくに) (たがふ)(もと)區域(さかひ) 綿世(ながきよ)之刺(そしり) 詎(いづくにか)(さかる)於口 大(かへりまうす)(いふ) ヘ(をしへ)示合(かなふ)(ことわり) 恐背(そむく)天勅(すめらみことのみことのり) 其妻切(いたく)(いさむ)(いふ) 稱(まうす)(やまひ)莫宣(みことのりす) 大(したがふ)諌 由是 改使而宣勅(みことのりす) 付(さづく)賜物并(あはせる)制旨(みことのむね) 依表(まうしぶみ)賜任那四縣 大兄皇子(おほえのみこ) 前(さき)有縁(よし)事 不關(あづかる)賜國 晩知宣勅(みことのり) 驚悔欲改 令(のりごとす)(いふ) 自胎中之帝(ほむだのすめらみことのみよ) 置官家(みやけ)之國 輕(かろがろし)(まにまに)(となりのくに)(まうす) 輙爾(たやすく)賜乎 乃日鷹吉士(ひたかのきし) 改宣(みことのりす)百濟客(つかひ) 使者(つかひ)答啓(まうす) 父(かぞ)天皇(すめらみこと) 圖計(はかる)便(たより)(よろしく) 勅賜既畢(をはる) 子皇子 豈(すめらみこと)(みことのり) 妄(あだりに)改而令(のたまふ) 必是虚(うつはりごと)也 縱(もし)是實(まこと)者 持杖(つゑ)大頭(はし)打 孰與持(とる)杖小頭打痛乎 (まかる) 於是 或有流言(あるひとつてこと)曰 大伴大(おほとものおほむらじ)哆唎國守(たりのくにのみこともち)穗積臣(ほづみのおみ)押山(おしやま)受百濟之賂(まひなひ)

六年の夏四月の辛酉の朔丙寅(512.04.06)に、穗積臣押山を遣して、百濟に使せしむ。仍りて筑紫國馬匹を賜ふ。
冬十二月
(512.12)に、百濟、使を遣して調貢る。別に表たてまつりて任那國の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、四つの縣を請ふ。哆唎國守穗積臣押山奏して曰す、「此の四縣は、近く百濟に連り、遠く日本を隔てる。旦暮に通ひ易くして、鷄犬別き難し。今百濟に賜はりて、合せて同じ國とせば、固く存き策、以て此に過ぐるは無けむ。然れども、縱ひ賜りて、國を合すとも、後世に猶し危からむ。况や異場と爲てば、幾年すらに能く守らむや。」 大伴大連金村、具に是の言を得て、謨を同じくして奏す。廼ち物部大連麁鹿火を以て、勅宣ふ使に宛つ。物部大連、方に難波の館に發ち向ひて、百濟の客に勅宣はむとす。其の妻固く要めて曰く、「夫れ住吉大~、初めて海表の金銀の國、高麗、百濟、新羅、任那等を以て、胎中譽田天皇に授記けまつれり。故、大后氣長足姫尊、大臣武内宿禰と、國毎に初めて官家を置きて、海表の蕃屏として、其の來ること尚し。抑由有り。縱し削きて他に賜はば、本の區域に違ひなむ。綿世の刺、詎か口に離りなむ。」 大連報して曰く、「ヘへ示すこと理に合へれども、恐るらくは、天勅に背きまつらむことを。」 其の妻切く諌めて云はく、「疾と稱して宣なせそ。」 大連諌に依ひぬ。是に由りて、使を改めて宣勅す。賜物并せて制旨を付けて、表に依りて任那の四縣を賜ふ。大兄皇子、前に事の縁有りて、國賜ふに關らずして、晩く宣勅を知れり。驚き悔いて改めむとす。令して曰く、「胎中之帝より、官家を置ける國を、輕しく蕃の乞す随に、輙爾く賜らむや。」 乃ち日鷹吉士を遣はして、改めて百濟の客に宣す。使者答へて啓す、「父の天皇、便宜しきことを圖計りて、勅賜ふこと既に畢れり。子とある皇子、豈帝の勅に違ひて、妄に改めて令まはむや。必ず是れ虚ならむ。縱し是れ實ならば、杖の大きなる頭を持りて打つときと、杖の小さき頭を持りて打つときと孰か痛からむ。」とまうして、遂に罷りぬ。是に、或有流言して曰く、「大伴大連と、哆唎國守穗積臣押山と、百濟の賂を受けたり。」

穗積臣押山を百濟への使者とした。穗積氏は物部系である。百濟との関係改善を図っている。筑紫の馬四十頭を贈っている。そして、穗積臣押山は任那國の哆唎國守に就任した。三年、六年に派遣したことの答礼として、百濟から使者がやってきたのであるが、任那國の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁の四縣を請う表を提出してきた。哆唎は全羅南道栄山江東岸の地方か、娑陀は全羅南道求礼郡地方か、牟婁は全羅南道西部、霊光、高敞、務安地方か、四縣は全羅南道全域に匹敵すると注される。下哆呼唎縣
(あろしたこりのこほり)と上哆唎(おこしたり)下哆唎(あろしたり)の関係はどうなるのか?下哆呼唎縣を全羅南道栄山江東岸の地方と観る説(末松説)もあれば、錦江の上流、全羅北道東北部から忠清南道の東南部にわたる地方と観る説(鮎貝説)もあった。「此の四縣は、近く百濟に連り」とあり、百濟直南を指すものであり、百濟と任那の範囲をどうみるかによる。
哆唎國守穗積臣押山は、四縣は百濟に近接しており、百濟に合はすにこしたことはないが、後世まで安全とはいえまい。しかし、このまま別にしておけば、何年守れるか分からないと云ふ。百濟本位の言辞であり百濟本記から採られたかもしれない、と注される。日本
(やまと)に百濟に領土を返還しても武寧王との関係改善をしなければならない事情があったようだ。しかし、領土を返還するという男大迹天皇の方針がすんなりと受け入れられたわけではない。大伴大連金村は同意し、物部大連麁鹿火を使者にして難波の館の百濟の使者に勅(みことのり)(たま)はしめむとした。すると麁鹿火の妻が「固く要(いさ)め」た、要は力ずくでおしとどめることと注される。
住吉大~
(表筒男・中筒男・底筒男の~)は、初めて海表(海外)の金銀の國、高麗、百濟、新羅、任那等を、(氣長足姫尊の)胎中譽田天皇に授けられた。故、大后氣長足姫尊、大臣武内宿禰と、國毎に初めて官家を置いて、海表の蕃屏として、長く來朝してきた。その理由がある。もしそれを割いて他國に賜ふようなことをすれば、本来の国境に異なる。後世までもその誹り人の口から離れることはあるまい。麁鹿火は、云う事はもっともであるが、天皇の勅命に背くことはできない、と返答すると、妻は、病と偽り任を降りよと諌め、麁鹿火はこれに従った。
天皇は使者を改めて、賜物を持たせ、百濟の表により四縣を与へた。後でこのことを聞いた勾大兄皇子は驚き、
(氣長足姫尊の)胎中譽田天皇が官家を置かれた國を乞われるままに容易く与へてはならないと、その令を日鷹吉士から百濟の使者に伝へさせられた。なかなか思い切ったことをなされた皇子ではある。百濟の使者は、天皇がすでになされて終わったこと。その皇子が違った令をお出しになられる。どちらが虚でどちらが実か。大きな杖の頭と小さな杖の頭、殴られればどっちが痛いのでしょう、と揶揄して去った。ただ、日鷹吉士は大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)七年(463年;書紀巻14是歳条、億計天皇(仁賢天皇)六年条(493年;書紀巻15に見へ、百濟や高句麗から工人を連れ帰る役割を果たした人物であり、外交に秀でた人物となるが、年齢的に問題がある。日鷹が地名を意味するのであれば、その子孫。
金村と押山は百濟の賂を手にしたと流言した人が居たと云ふ。

ここで、三國史記、卷第二十六、百済本紀第四、武寧王
(在位:501年 - 523年)を観ておこう。
「武寧王、諱は斯摩、或(あるひと)隆と云ふ。牟大王の第二子なり。身長八尺、眉目畫の如し。仁慈にしてェ厚、民心歸附す。牟大在位二十三年薨す。 春正月に即位す。佐平(百済官位、@佐平A達率B恩率C徳率D扞率E奈率)の苩加、加林城に據りて叛き、王帥の兵馬、牛頭城に至り、扞率、解明に命じて之を討つ。苩加出て降り、王、之を斬り、白江に投ず。論に曰く、春秋に曰く、「人臣無將 將而必誅(將に逆心有りて君父を害するは必ず誅すべし)」 苩加の若し元惡大憝(だいたい:大悪人)なるは、則ち天地の容れずして即かざる所、之を罪して、是に至りて自ら免れ難きを知り、謀叛して後に之を誅す、晩なり。
二年の春に、民饑へ且つ疫む。冬十一月、兵を遣して高句麗の邊境を侵す。
三年の秋九月に、靺鞨
(まっかつ)、馬首柵を燒き、高木城に進攻す。王、兵五千を遣し、之を撃退す。冬に氷無し。
六年の春に、大疫あり。三月より五月に至り雨ふらず。川や澤は竭へ、民饑ゑ、倉を發きて賑救す。秋七月に、靺鞨、來侵し、高木城を破り、虜六百餘人を殺す。
七年の夏五月に、高木城の南に二柵を立て、又、長嶺城を築き、以て靺鞨に備ふ。冬十月に、高句麗の將、高老、靺鞨と謀りて漢城を攻んと欲し、進みて岳下に屯す。王、出師し、戰ひて之を退く。
十年の春正月に、下令し完く固く防き、内外の游食者を驅りて歸農せしむ。
十二年の夏四月に、使を遣はして梁に入り朝貢す。秋九月に、高句麗、襲ひて加弗城を取り、兵を移し圓山城を破り、殺掠すること甚だ衆し。王、勇騎三千を帥し、葦川の北に戰ふ。麗人、王軍少しと見、之を易きと陣を設かず。王、出でて奇急にして撃ち、大きに之を破る。
十六年の春三月の戊辰朔に、日有りて之を食す
(日食)
二十一年の夏五月に、大水あり。秋八月に、蝗
(いなご)穀を害す。民、饑ゑ、亡れて新羅に入る者九百戸。冬十一月に、使を遣して梁に入り朝貢す。是に先には、高句麗に破られ、衰弱すること累年、是に至り上表して、稱すこと、高句麗を累破し、始めて與に好を通じ、更に強國と爲る。十二月に、高祖、冊王に詔して曰はく、都督百濟諸軍事鎭東大將軍百濟王餘隆を行ひ、藩を海外に守り、遠く貢職を修め、迺(すなは)ち誠款(せいかん:まごころ)到り、朕、嘉有り。宜しく舊章(旧制)に率(したが)ひ、茲(こ)の榮命を授く。使持節都督百濟諸軍事寧東大將軍とす可し。
二十二年の秋九月に、王、狐山の原に獵す。冬十月に、地震あり。
二十三年の春二月に、王、漢城に幸し、佐平に因友を達率に沙烏等に命じ、漢北州郡民年十五歳已上を徴し、雙城を築く。三月に、漢城より至る。夏五月に、王薨る。諡して武寧と曰く。」


七年夏六月
(みなづき) 百濟(まだす)姐彌文貴將軍(さみもんくゐしゃうぐん) 州利爾將軍(つりそにしゃうぐん) 副(そへる)穗積臣押山 【百濟本記(くだらほんき)(いふ) 委(やまと)意斯移麻岐彌(おしやまきみ)】 貢(たてまつる)五經博士(ごきやうはかせ)段楊爾(だんやうに) 別(こと)(まうす)(まうす) 伴跛國(はへのくに)略奪(かすみうばふ)(やつこ)國己汶(こもん)之地(ところ) 伏願 天恩(みうつくしび)(ことわり)本屬(もとつくに) 
秋八月
(はつき)癸未(みづのとのひつじ)(ついたち)戊申(つちのえさるのひ) 百濟太子(こにせしむ)淳陀(じゅんだ)(みうす) 

七年の夏六月(513.06)に、百濟、姐彌文貴將軍、州利即爾將軍を遣して、穗積臣押山【百濟本記に云く、委の意斯移麻岐彌】に副へて、五經博士段楊爾を貢る。別に奏して云す、「伴跛國、臣が國の己汶之地を略み奪ふ。伏して願はくは、天恩ありて判りたまひて本屬に還したまへ。」
秋八月の癸未の朔戊申
(08.26)に、百濟太子淳陀薨す。

百濟は、百済本紀によれば、このころ高句麗と靺鞨から攻められ、防衛のため、遊民を帰農させている。
「任那の日本の縣邑に在る、百濟の百姓の、浮逃げたると、貫絶えたるとの、三四世なりたる者をさへ括き出して、並に百濟に遷して貫に附く。」に合致する。日本(やまと)とは対立していた東城王とは異なり、武寧王は、南の安定を求め日本(やまと)との融和を図り、高句麗の脅威に備えた。その見返りに用意したのが五經博士の派遣であった。五經とは詩經、書經、礼經、易經、春秋であり、大学においてこれらを教学する学官であり、ここで学ぶ貴族の子弟、後には科挙として有用の人材が国家を運営することとなる。この場合は、段楊爾といふ一人で五經を教える博士ではあるが、医療、占い、暦などの専門家も同行していよう。男大迹天皇が国家経営を行うには、是非とも必要と求められたのであろう。
伴跛國は慶尚北道星州地図付近、大邱(卓淳)の西、高霊(加羅)の北あたり、任那の北部の勢力。己汶は蟾津江流域の全羅北道南原、任実、全羅南道谷城あたり、娑陀(求礼あたり)の北となろう。これらをみれば、任那は一筋縄ではゆかず、日本(やまと)と一体といふものでもなさそうである。己汶は百濟の領地とするが、任実は爾林であり、弘計天皇(顯宗天皇)三年条では高句麗の地とされていた、一体どこまでが百濟領なのか判然としない。
小泊瀬稚鷦鷯天皇
(武烈天皇)七年条書紀巻16に、武寧王は王族の斯我君(しがきし)を派遣し、法師君(ほふしきし)が生まれ、倭君(やまとのきみ)の祖となったとした。淳陀は続記、延暦八年十二月丙申条の皇太后高野(もと和氏)新笠(にひかさ)の伝に、「后、先に百濟武寧王の子淳陀太子より出ず」と見え、和史(やまとのふびと)の祖先とされる。百済の太子の子孫にしては、史の姓は低すぎるとも思われる。この記事も百済本記に拠ったものであろう、と注される。淳陀は百済本紀には現れない。突如、ここで死亡記事のみが記されていることになる。武寧王が王族の斯我君を派遣されたということは、一連の外交の指揮を日本(やまと)において推進されていたことになる。しかし、淳陀が武寧王の太子であり、日本(やまと)にのみ存在されるなら、すでに王族しかも太子がおられた。何故それを伏せておいたのか。斯我君、やってきた段楊爾ともども男大迹天皇といかなる関係を築いておられたのか。何の言及もなく、途方に暮れるばかりである。大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)五年条(書紀巻14によれば、嶋君は生まれてすぐに百濟國に送られており、何故、淳陀は嶋君(斯摩:武寧王)が二十歳の子とされるような説となるのか。根拠なしのどんでん返し、書紀にはよくあることだが・・・

九月
(ながづき) 勾大兄皇子(まがりのおほえのみこ) 親(みづから)(むかへる)春日皇女(かずがのひめみこ) 於是 月夜(ものがたりす) 不覺(おろかに)天曉(あける) 斐然之藻(ふみつくるみやび) 忽(たちまちに)(あらはる)於言(こと) 乃口唱(くつでうたす)(のたまふ) 野絁磨倶儞(やしまくに) 都磨磨祁箔D底(つままきかねて) 播屢比能(はるひの) 柏{我能倶儞儞(かすがのくにに) 倶婆絁謎嗚(くはしめを) 阿利等枳枳底(ありとききて) 與慮志謎嗚(よろしめを) 阿利等枳枳底(ありとききて) 莽紀佐倶(まきさく) 能伊陀圖鳴(ひのいたとを) 飫斯毗羅枳(おしひらき) 倭例以梨魔志(われいりまし) 阿都圖(あととり) 都麼怒絁底(つまどりし) 魔倶囉圖(まくらとり) 都麼怒絁底(つまどりして) 伊慕我堤嗚(いもがてを) 倭例儞魔柯斯毎(われにまかしめ) 倭我堤嗚麼(わがてをば) 伊慕儞魔柯絁毎(いもにまかしめ) 麼左棄逗囉(まさきづら) 多多企阿藏播梨(たたきあざはり) 矢洎矩矢慮(ししくしろ) 于魔伊禰矢度儞(うまいねしとに) 儞播都等(にはつとり) 柯稽播儺倶儺梨(かけはなくなり) 奴都等利(のつとり) 枳蟻矢播等余武(きぎしはとよむ) 婆絁稽矩謨(はしけくも) 伊麻娜以幡孺底(いまだいはずて) 阿開儞啓梨倭蟻慕(あけにけりわぎも) 妃(みめ)(こたへ)(うたふ)(まうす) 莒母矩能(こもりくの) 簸都細能粕g廋(はつせのかはゆ) 那峨例倶屢(ながれくる) 駄開能(たけの) 以矩美娜開余嚢開(いくみだけよだけ) 謨等陛嗚麼(もとへをば) 莒等儞都倶(ことにつくり) 須衞陛嗚麼(すゑへをば) 府曳儞都倶(ふえにつくり) 府企儺須(ふきなす) 美母盧我紆陪儞(みもろがうへに) 能朋梨陀致(のぼりたち) 倭我彌細麼(わがみせば) 都奴娑播符(つのさはふ) 以簸例能伊聞能(いはれのいけの) 美那矢駄府(みなしたふ) 紆嗚謨(うをも) 紆陪儞堤堤那皚矩(うへにでてなげく) 野須美矢矢(やすみしし) 倭我於朋枳美能(わがおほきみの) 於魔細屢(おばせる) 娑佐羅能美於寐能(ささらのみおびの) 武須彌陀例(むすびたれ) 駄例夜矢比等母(たれやしひとも) 紆陪儞泥堤那皚矩(うへにでてなげく) 

九月(513.09)に、勾大兄皇子、親ら春日皇女を聘へたまふ。是に、月の夜に清談して、不覺に天曉けぬ。斐然之藻、忽に言に形る。乃ち口唱して曰はく
 野絁磨倶儞 都磨磨祁箔D底 播屢比能 柏{我能倶儞儞 倶婆絁謎嗚 阿利等枳枳底 與慮志謎嗚 阿利等枳枳底 莽紀佐倶 避能伊陀圖鳴 飫斯毗羅枳 倭例以梨魔志 阿都圖唎 都麼怒唎絁底 魔倶囉圖唎 都麼怒唎絁底 伊慕我堤嗚 倭例儞魔柯斯毎 倭我堤嗚麼 伊慕儞魔柯絁毎 麼左棄逗囉 多多企阿藏播梨 矢洎矩矢慮 于魔伊禰矢度儞 儞播都等唎 柯稽播儺倶儺梨 奴都等利 枳蟻矢播等余武 婆絁稽矩謨 伊麻娜以幡孺底 阿開儞啓梨倭蟻慕
 八嶋国(やしまくに) 妻(つま)(ま)きかねて 春日(はるひ)の 春日(かすが)の国(くに)に 麗(くは)し女(め)を 有(あ)りと聞(き)きて 宜(よろ)し女(め)を 有(あ)りと聞(き)きて 真木(まき)さく 檜(ひ)の板戸(いたど)を 押(お)し開(ひら)き 我(われ)(い)り坐(ま)し 脚(あと)(と)り 端取(はしどり)して 枕(まくら)(と)り 端取(はしどり)して 妹(いも)が手(て)を 我(われ)に纏(ま)かしめ 我(わ)が手(て)をば 妹(いも)に纏(ま)かしめ 真柝葛(まさきづら) たたき交(あざ)はり 鹿(しし)くしろ 熟睡寝(うまいね)し間(と)に 庭(には)つ鳥(とり) 鶏(かけ)は鳴(な)くなり 野(の)つ鳥(とり) 雉(きぎし)は響(とよ)む 愛(は)しけくも いまだ言(い)はずて 明(あ)けにけり我妹(わぎも)
妃和へ唱ひて曰す、
 莒母唎矩能 簸都細能粕g廋 那峨例倶屢 駄開能 以矩美娜開余嚢開 謨等陛嗚麼 莒等儞都倶唎 須衞陛嗚麼 府曳儞都倶唎 府企儺須 美母盧我紆陪儞 能朋梨陀致 倭我彌細麼 都奴娑播符 以簸例能伊聞能 美那矢駄府 紆嗚謨 紆陪儞堤堤那皚矩 野須美矢矢 倭我於朋枳美能 於魔細屢 娑佐羅能美於寐能 武須彌陀例 駄例夜矢比等母 紆陪儞泥堤那皚矩
 隠国(こもりくに)の 泊瀬(はつせ)の川(かは)ゆ 流(なが)れ来(く)る 竹(たけ)の い組竹(くみだけ)節竹(よだけ) 本辺(もとへ)をば 琴(こと)に作(つく)り 末辺(すゑへ)をば 笛(ふえ)に作(つく)り 吹(ふ)き鳴(な)らす 御諸(みもろ)が上(うへ)に 登(のぼ)り立(た)ち 我(わ)が見(み)せば つのさはふ 磐余(いはれ)の池(いけ)の 水下(みなした)ふ 魚(うを)も 上(うへ)に出(で)て歎(なげ)く やすみしし 我(わ)が大君(おほきみ)の 帯(を)ばせる 細紋(ささら)の御帯(みおび)の 結(むす)び垂(た)れ 誰(たれ)やし人(ひと)も 上(うえ)に出(で)て歎(なげ)

春日皇女とは、億計天皇
(仁賢天皇)と和珥臣日爪(ひつめ)が女(むすめ)糠君娘(あらきみのいらつめ)の間の春日山田皇女(かすがのやまだのひめみこ)のこと(書紀巻15)。勾大兄皇子は自らの意思でこの皇女と懇意になられた。勾大兄皇子の人と為りを示す意図でもあったのか。「斐然之藻、忽に言に形る」とは、藻が文飾、斐然は美しくあやのあるさま。月夜一夜を過ごされた時、次の歌がたちまちにして口をついたといふ。歌の才がおありになった。ただ、これは皇子のオリジナルではなく、大国主命の歌、万葉集3310の歌が根底にある。
八嶋国は日本、妻を娶(ま)くががかかっており、この国では妻を娶れぬかと思っていると、春日に麗しき女ありと聞いてやってきた。”真木さく”は檜にかかる枕詞、立派な檜の板戸を押し開いて入り坐し、足もとから端をとり、枕もとから端をとり、妹の手を我に回しめ、我が手を妹に回しめ、まさきの葛のように手足をからませて、”鹿くしろ”は”うま”にかかる枕詞、熟睡している間に、”庭つ鳥”は鶏にかかり、”野つ鳥”は雉にかかり、鶏が鳴き、雉の声が響いた。愛しいのに、言葉をかけぬうちに夜があけてしまった我妹よ。(この時代、妻問いを受ける側が妻問ふ男の寝具と枕を準備する。あとーまくら:足もとと枕もと)

これは、古事記のこの八千矛の神、高志(こし)の国の沼河比売(ぬなかはひめ)を婚(よば)はむとして幸行(い)でます時に、その沼河比売の家に到りて歌よみしたまひしく、「八千矛(やちほこ)の ~の命(みこと)は 八島國(やしまくに) 妻枕(つまま)きかねて 遠遠(とほとほ)し 高志(こし)の國に 賢(さか)し女(め)を ありと聞(き)かして 麗(くは)し女(め)を ありと聞こして さ婚(よば)ひに あり立たし 婚(よば)ひに あり通(かよ)はせ 大刀(たち)が緒(を)も いまだ解(と)かずて 襲(おすひ)をも いまだ解かねば 嬢子(をとめ)の 寝(な)すや板戸(いたと)を 押(お)そぶらひ 我(わ)が立たせれば 引(ひ)こづらひ 我が立たせれば 青山(あをやま)に 鵺(ぬえ)は鳴きぬ さ野つ鳥(とり) 雉(きぎし)はとよむ 庭(には)つ鳥(とり) 鶏(かけ)は鳴く 心痛(うれた)くも 鳴くなる鳥か この鳥も 打(う)ち止(や)めこせね いしたふや 天馳使(あまはせづかひ) 事(こと)の 語言(かたりごと)も 是(こ)をば(岩波文庫)

万葉集3310の、「隠口(こもくり)の 泊瀬の国に さ結婚(よはひ)に 吾が来れば たな曇り 雪は降り来 さ曇り 雨は降り来 野つ鳥 雉は響(とよ)む 家つ鳥 鶏(とり)も鳴く さ夜は明け この夜は明けぬ 入りてかつ寝む この戸開かせ」による。これら二つは戸の内に入れない状況を歌っている。これらに比べれば、勾大兄皇子はなんらの苦も無く思いを遂げておられる。
これに対する春日山田皇女の歌はどう理解すべきか困惑する。
隠国は泊瀬にかかる枕詞、泊瀬の川から 流れ来る竹で、枝葉や節の立派な 竹、根本の方で琴を作り、末の方をば笛を作る。それらの楽器を吹き鳴らして祭祀を行ふ御諸(三輪山)の上に登り立ち、もし私がみおろせば、”つのさはふ(蔦の這ふ)”は磐にかかる枕詞、磐余の池の水面下の魚も、上に出て歎く(口をパクパクする)。”やすみしし(安く平かに治める)”は大君にかかる枕詞、我が大君のお付けになっておられる細紋の御帯の結びが垂れている。”やし”は語調を整える助詞、誰でしょう垂れている人も、(魚のように)上に出て歎く(息をつく)。皇子との別れを惜しむ歌とされる。皇女は春日に居られる、皇子は筒城から来られたが、何故大泊瀬幼武天皇(雄略天皇)や小泊瀬稚鷦鷯天皇(武烈天皇)を想起せしめる隠国、泊(初)瀬や、大物主~の三輪山が現れ、磐余の池に音楽に釣られて口を開ける魚が登場し、大君が魚に喩へられるのか。皇子は大君ではない、一体この大君は誰なのか?帯の結びを解いた誰かさま、大君が顔を挙げて、息をおつきになる。皇子の歌に対して返す歌になるのなら、相当曲げて解釈せざるを得まい。熟睡から覚めた皇子を形容した歌である。琴を撫で笛を吹くがごとく絡み合った。上からその姿をみれば、蔦のからむ皇女の池に溺れ、やっと息をつかれた帯の結びを垂らした誰かさん、歎くは大君であって皇女ではない、皇女は余韻にひたっておられるようにすら思はれる、何故こんなところにこの二つの歌を挟まねばならなかったのか?

冬十一月(しもつき)辛亥(かのとのゐ)(ついたち)乙卯(きのとのうのき) 於朝庭(みかど) 引列(めしつれ)百濟姐彌文貴將軍(きみもんくゐしゃうぐん) 斯羅(しらき)汶得至(もんとくち) 安羅(あら)辛已奚(しんいけい)及賁巴委佐(ほんはわさ) 伴跛(はへ)殿奚(こでんけい)及竹汶至(ちくもんち)(ら) 奉(うけたまはる)(のりごとす)恩勅(めぐみ) 以己汶(こもん) 帶沙(たさ) 賜百濟國 
是月 伴跛國 
(まだす)戢支(しふき)(たてまつる)珍寶(たから) 乞(まうす)己汶之地(ところ) 而終(つひに)不賜
十二月
(しはす)辛巳(かのとのみ)朔戊子(つちのえねのひ) 詔(みことのりす)(のたまふ) 朕(われ)(うく)天緒(あまつひつぎ) 獲保宗廟 (くにいへ)兢兢業業(おそりあやぶむ) 間者(このごろ) 天下(あめのした)(やすらか)(しづか) 海内(くに)(すむ)(たひらか) 屢(しばしば)致豐(うる)年 頻(しきりに)使饒(とます)國 懿(よし)哉 摩呂古(まろこ) 示朕心於八方(やおも) 盛哉 勾大兄(まがりのおほきみ) 光(てらす)吾風(のり)於萬國(よろずのくに) 日本(やまとのくに)邕邕(やはらぐ) 名擅(ほしきまま)天下(あめのした) 秋津(あきづしま)赫赫(さかり) 譽重王畿(ほまれうちつくに) 所寶惟賢(さかしきひと) 爲善(よきわざ)最樂 聖化(ひじりのおもぶけ)(よる)(これ)遠扇(さかえ) 玄功(はるかなるいたはり)(よる)此長懸(かかる) 寔(まこと)(いまし)之力(ゆとめ) 宜處(ゐる)春宮(ひつぎのみこのくらゐ) 助朕(われ)施仁(めぐみ) 翼(たすく)吾補(おきぬふ)(あやまち)

冬十一月の辛亥の朔乙卯(513.11.05)に、朝庭にして、百濟の姐彌文貴將軍、斯羅の汶得至、安羅の辛已奚及び賁巴委佐、伴跛の既殿奚及び竹汶至等を引列ねて、恩勅を奉り宣す。己汶、帶沙を以て、百濟國に賜ふ。
是の月、伴跛國、戢支を遣して珍寶を獻りて、己汶の地を乞す。而るに終に賜らず。
十二月の辛巳の朔戊子
(513.12.08)に、詔して曰はく、「朕天緒を承けて、宗廟を保つを獲て、兢兢業業。間者、天下安に靜に、海内清み平に、屢年豐ることを致して、頻に國を饒ましむ。懿きかな。摩呂古、朕が心を八方に示すこと。盛りなるかな、勾大兄、吾が風を萬國に光すこと。日本邕邕ぎて、名天下に擅なり。秋津は赫赫にして、譽王畿に重し。寶とする所惟賢、善するを最も樂しぶ。聖化茲にりて遠く扇え、玄功此に藉りて長く懸れり。寔に汝が力なる。春宮に處て、朕を助けて仁を施し、吾を翼けて闕を補へ。」

六月に
「伴跛國、臣が國の己汶之地を略み奪ふ」とあり、十一月に百濟の姐彌文貴將軍が伴跛の既殿奚及び竹汶至等を引き連れて来たとなれば、すでに日本(やまと)が己汶の地を伴跛から奪還していたことになる。斯羅の汶得至、安羅の辛已奚及び賁巴委佐も引き連れており、斯羅は新羅であり、百濟が新羅、安羅、伴跛をリードしていることになる。彼等の目前で、己汶、帶沙を百濟に与へた。帶沙は全羅南道と慶尚南道の境、蟾津江口付近。任那國の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、己汶、帶沙を百濟に与へたとなれば、任那は加羅七國の領域に戻ったことになろう。伴跛の既殿奚は欽明天皇二年四月条の古殿奚と同一人物とされるが他はここ以外には知られないと注される。伴跛は納得せず、使者に珍寶を持たせたが、首尾を果たせず、不満が残った。
天緒は天業
(天子の事業)と同じ。兢兢業業は毛詩、大雅、雲漢にあり、その伝に、「兢兢は恐なり、業業は危なり」とある、間は「このごろ」の意がある、摩呂古は勾大兄のこと、風は教化、と注される。秋津は日本のこと、赫赫(かっかく)は光り輝くさま。王畿は周の制度では王城の周囲千里、都の付近、畿内。玄功は天子の功績。反対をおして百濟に領土を与えたことについて、中国風の言い回しで、天皇が詔された。即位されて七年、慎重に政治を行い、天下泰平にしてよく実り国力が増し、百濟の安定を図ってきた。その心を天下万国に示すことを、勾大兄よ、我を助けよ。宝とすべきは賢人、善をなすことを楽しめ。さすればその聖は遠く栄へその功績は長く伝へられよう。お前は反対をしていたのであるが、これを受け継ぐのがお前の務めである。太子の宮にて我を助けるべく、仁を行ひ、我の足らざるを補へ。

八年春正月
(むつき) 太子(ひつぎのみこ)(みめ)春日皇女(かすがのひめみこ) 晨朝(あした)(おそく)出 有異(け)於常(つね) 太子意(みこころ)疑入殿(みや)而見 妃臥床涕泣(いさつ) 惍痛(あつかふ)不能自(みづから)(たふ) 太子怪(あやしぶ)問曰(のたまふ) 今旦(けさ)涕泣 有何恨(うらみ)乎 妃(みめ)(まうす) 非餘事(あたしこと)也 唯妾所悲(かなしぶる)者 飛天之鳥(とぶとり) 爲愛養(うつくしぶる)(おのがこ) 樹巓(すゑ)(くふ)樔 其愛(うつくしび)(ふかみす)矣 伏(はふ)(つち)之蟲 爲護(まもる)(をさむ)(おのがこ) 土中(した)(ほる)(あな) 其護厚(あつみす)焉 乃至於人 豈得无(なし)(おもひばかり) 無嗣(みつぎ)之恨 方(まさに)(あたる)太子(ひつぎのみこ) 妾(やつこ)名随 於是 太子感(おもほす)(いたむ) 而奏(まうす)天皇 詔曰(のたまふ) 朕(わが)(みこ)麻呂古(まろこ) 汝(いまし)(め)之詞(ことば) 深稱(かなふ)於理(ことわり) 安(いづくにぞ)得空爾(むなし)無答慰乎 宜賜匝布屯倉(さほのみやけ) 表(あらはす)妃名於萬代(よろづよ) 
三月
(やよひ) 伴跛(はへ)(つく)(さし)於子呑(しとん)・帶沙(たさ) 而(つける)滿奚(まんけい) 置烽候(とぶひ)邸閣(や) 以備日本(やまと) 復(また)築城於爾列比(にれひ)・麻須比(ますひ) 而絙(わたす)麻且奚(まそけい)・推封(すゐふ) 聚(つどへる)士卒(いくさびと)兵器(つはもの) 以逼(せむ)新羅 駈略(からめとらへる)(をのこ)(めのこ) 剥掠(さきかすむ)村邑(ふれ) 凶勢(あた)所加(かかる) 罕(まれ)(のこるもの) 夫暴虐(しひわざ)奢侈(おごりすさび) (なやましそこなふ)侵凌(をかししのぐ) 誅殺(つみなへころす)(はなはだ)(おほし) 不可詳(つばひらか)(のす)

八年の春正月(514.01)に、太子の妃春日皇女、晨朝に晏く出でて、常に異なること有り。太子、意に疑ひて、殿に入りて見たまふ。 妃、床に臥して涕泣ち、惍痛ひて自ら勝ふること能はず。太子怪び問ひて曰はく、「今旦涕泣つること、何の恨有るか。」 妃曰す、「餘事に非ず。唯妾が悲ぶる所は、飛天之鳥も兒を愛養ぶるが爲に、樹の巓に樔を作ふ。其の愛を深みせり。地に伏ふ蟲も 子を護り衞めむが爲に、土の中に窟を作る。其の護を厚みせり。乃ち人に至りて、豈慮无きこと得むや。嗣無き恨、方に太子に鍾れり。妾が名随ひて絶えむ。」 是に、太子感し痛みたまひて、天皇に奏したまふ。詔して曰はく、「朕が子麻呂古、汝が妃の詞、深く理に稱へり。安ぞ空爾しとして答へ慰むること無けむ。匝布屯倉を賜ひて、妃の名を萬代に表せ。」
三月に、伴跛、城を子呑、帶沙に築きて、滿奚に連け、烽候、邸閣を置きて、日本に備ふ。復城う爾列比、麻須比に築きて、麻且奚、推封に絙す。士卒、兵器を聚へて、新羅を逼む。子女を駈略へて、村邑を剥掠む。凶勢の加る所、遺類有ること罕なり。夫れ暴虐し奢侈し、悩害ひ侵凌ぎ、誅殺すこと尤だ多し。詳に載すべからず。

太子、勾大兄の妃、春日皇女は、朝出て来られるのが遅く、どうもおかしい。太子がその部屋に入ってゆかれると、皇女は床に臥して泣いておられ、悶え自分でどうにもならない惍痛
(あつかふ)は、新撰字鏡に、「暍、傷熱也、阿豆加布」とあると注される。太子は訝り、その訳を尋ねられた。妃は、他でもない、鳥も我が子のために木に巣を作り、その愛を深める。虫ですら子を守るために土の中に穴を掘り、厚く守ろうとする。なのに、人である私には何も心をお配りいただけない。私にはあとをつぐ子すらない、それは太子のせいです。私の名は絶えるほかありません、と苦しい心を打ち明けられた。これにも驚かされる、あれほど狂おしく抱き合っておられたのは昨年九月のこと。妃は余裕すらみせておられるようにみえた。子が出来ないと決め付けて悲嘆にくれるのは早すぎる。実際のところ、太子は子ができない体質であったようだ。となれば、昨年九月よりはるか以前から二人の関係は始まっていたとせねばなるまいし、歌の解釈も角度を変えて見直さねばなるまい。これには、太子もこたえた。天皇に相談をされると、天皇は、妃の申されることはそのとおりであり、どうして無視できようかと、匝布屯倉を御名代に賜はれた。匝布は佐保(奈良市佐保川町)、春日に近い。
三月に伴跛が城を築いていると報告が有った。子呑、滿奚は慶尚南道の晋州以西と蟾津江方面の山地であろう、烽候は煙通信のノロシをあげる所、邸閣は兵糧を置く倉庫と注される。晋州から蟾津江方面への侵入を知らせるものとなる。伴跛は慶尚北道星州
地図付近であり、高霊、南原、谷城、求礼、河東、蟾津江を下り晋州へというルートが想定される。爾列比は慶尚北道慈仁県の古名、奴斯火、推封は慶尚南道密陽の古名の推火に当るか、麻須比と麻且奚は不明、と注される。慈仁県は清道あたりと考えれば、大邱、慶山、清道、密陽という新羅の西側をとりまくルートが想定される。子呑、帶沙、あるいは爾列比、麻須比に城を築くとなればその地を実効支配していることになり、晋州あるいは密陽まで前線が広がっていることになる。百濟も日本(やまと)もそれを阻止できなかったことになる。伴跛が兵卒、武器を集め新羅を襲い、敵対すれば何一つ残らぬありさまで、詳細に記すことが憚れるような略奪、殺戮を行ったといふ。新羅の西部の国境周辺のことであろう。

九年春二月
(きさらぎ)甲戌(きのえゐぬ)(ついたち)丁丑(ひのとのうしのひ) 百濟使者(つかひ)文貴將軍等(もんくゐしゃうぐん)(まうす)(まかる) 仍勅(みことのりす) 副(そへる)物部【闕(もらす)名】 罷歸(つかはす)之【百濟本記云 物部至々(もののべのちちのむらじ)】 ◎是月 到于沙都嶋(さとのせま) 傳(つてに)聞伴跛人 懷恨銜(ふくむ)(あしきこと) 恃(たのむ)(ほしいままにする)(さかしまなること) 故物部 率舟師(ふないくさ)五百(いほち) 直(ただに)(いたる)帶沙江(たさのえ) 文貴將軍 自新羅去(まかる) ○夏四月(うづき) 物部於帶沙江停住(とどまる)六日(むゆか) 伴跛興(おこす)(いくさ)往伐(ゆきてうつ) 逼脱(せめはぐ)衣裳(きもの) 劫掠(かすみうばふ)所齎(もてるもの) 盡(ことごとくに)燒帷幕(きぬまく) 物部等 怖畏(おぢおそる)(のがれる) (わずかに)(いきる)身命(いのち)泊汶慕羅(もんもら)【汶慕羅 嶋(せま)名也】

九年の春二月の甲戌の朔丁丑(515.02.04)に、百濟の使者文貴將軍等、罷らむと請す。仍りて勅して、物部連【名を闕せり】を副へて、遣罷歸す。【百濟本記に云く、物部至々連】 
是の月に、沙都嶋に到りて、傳に、伴跛の人、恨を懷き毒を銜み、強きことを恃み虐なることを縱にすと聞く。故、物部連、舟師五百を率て、直に帶沙江に詣る。文貴將軍、新羅より去りぬ。
夏四月に、物部連、帶沙江に停住ること六日。伴跛、師を興して往きて伐つ。衣裳を逼め脱ぎて、所齎を劫み掠ひて、盡に帷幕を燒く。物部連等、怖ぢ畏りて逃遁れぬ。僅に身命を存きて、汶慕羅に泊る。【汶慕羅は嶋の名なり也】

「百濟の使者文貴將軍等、罷らむと請す。」とは自分たちの意思で動けないかのごとく映る。昨年三月に、伴跛で異常事態が起こっているにもかかわらず、百濟の使者文貴將軍等は、日本で一体何をしていたのか?等とは、斯羅の汶得至、安羅の辛已奚及び賁巴委佐、伴跛の既殿奚及び竹汶至等を含むのか?もし、含むなら、既殿奚及び竹汶至等は如何なる処遇となったのか?どうも分からない。物部連を副へて送り届けることになったが、物部連が誰であるかの名前が日本側の記録に欠けているといふ。これらは百濟本記をもとに記されており百濟本記では、物部至々連(もののべのちちのむらじ)とされる。麁鹿火は大連であり、そのような役回りをすることはない。二十三年春三月条からすれば、物部伊勢連父根(もののべのいせのむらじちちね) とみられるが、書紀が名を欠くとしており、決め付けることはできない。沙都嶋は巨済島地図、帶沙江は蟾津江。汶慕羅は蟾津江口外の一島と注される。巨済島に着くと、伴跛が日本に恨みを抱き、好き放題に猛威を振るっていると噂があり、水軍五百を率いて蟾津江に向かった。文貴將軍は任那国内の蟾津江方面ルート、密陽から大邱へ向かうルートは危険と判断して、新羅を経由して百濟に向かった。
四月に、物部連は船団で蟾津江の河口に停泊し、帷幕を張って野営をしたまま動けなかった。伴跛が師を興したといふが妙な作戦であった。衣裳がいつの間にか盗まれ、持ち物が密かに消え去り、帷幕に火が放たれた。物部連等は恐怖に駆られ河口から逃げ出し、汶慕羅といふ島に撤退した。任那を構成する諸国は日本
(やまと)が百濟に、上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁の四縣を与へ、帶沙と共に己汶を百濟に返還したことに懸念を持っており、伴跛がそれを露はにした。男大迹天皇の任那をめぐる百濟政策に対する自信は上滑っていた。ところが、何の説明も無く次の展開となるのは、解せない。

十年夏五月
(さつき) 百濟遣(まだす)前部(ぜんぽう)木不麻甲背(もくらふまかふはい) (ねぎらふ)物部等於己汶(こもん) 而引導(ひきゐ)入國 群臣(まへつきみたち)(おのおの)出衣裳(きもの)斧鐵(をのかね)帛布(きぬ) 助加(ゐくはへる)國物(くにつもの) 積置朝廷(みかど) 慰問(いこへとふこと)慇懃(ねむごろ) 賞祿(たまひもの)(ゆたか)(ときに) 
秋九月
(ながづき) 百濟(まだす)州利即次將軍(つりそししゃうぐん) 副物部(まうく) 謝賜己汶之地(ところ) 別(ことに)(たてまつる)五經博士(ごきやうはかせ)漢高安茂(あやのかうあんも) (こふ)(かへる)博士段楊爾(だんやうに) 依(ままに)(まうす)代之 ○戊寅(つちのえとらのひ) 百濟灼莫古將軍(やくまくこしゃうぐん)・日本(やまと)斯那奴阿比多(しなのあひた) 副高麗(こま)使(つかひ)安定等(あんていら) 來朝(まうき)結好(よしび)

十年の夏五月(516.05)に、百濟、前部木不麻甲背を遣して、物部連等を己汶に迎勞ひて、引導て國に入る。群臣、各衣裳、斧鐵、帛布を出して、國物に助加へて、朝廷に積み置く。慰へ問ふこと慇懃なり。賞祿節に優なり。
秋九月
(516.09)に、百濟、州利即次將軍を遺して、物部連に副へて來、己汶之地賜ることを謝りまうす。別に五經博士漢高安茂を貢りて、博士段楊爾に代へむと請ふ。請す依に代ふ。○戊寅(09.14)に、百濟、灼莫古將軍、日本の斯那奴阿比多を遺して、高麗の使、安定等に副へて、來朝て好を結ぶ。

百濟では畿内を上部、前部、中部、下部、後部の五地域に分けてい、と注される。前条からすれば一年強物部連等は事態を打開できず、百濟側が己汶から蟾津江河口まで伴跛勢力を排除したと推測せざるをえない。前部の木不麻甲背、木рヘ本羅、不麻が名、甲背は姓
(かばね)と注されるが、物部連等を己汶に迎へて労ひ、百濟の朝廷まで案内した。そこには百濟國の産物に加へ、物部連等が失ったであろう衣裳、斧鐵、帛布が山積みされていた。
九月になると、七年夏六月に来朝したことのある州利即次將軍が、物部連に連れられて来朝し、、己汶を賜ったことを謝し、段楊爾の交代にと漢高安茂を同道しており、日本側はそれを受け入れた。更に、これを追ふようにして、高句麗からの使者、安定等が百濟の灼莫古將軍、日本の斯那奴阿比多に案内されて来朝した。
すでにみたごとく、武寧王十二年
(512年)条では、高句麗が百濟に攻め込んでおり、両者の対立は深まっており、高句麗が百濟を仲介して来朝するといふは想像しにくい。しかし、弘計天皇(顯宗天皇)三年条書紀巻15では高句麗と結ぼうとしており、外交関係は一筋縄ではゆかず、男大迹天皇の意向があってのことかもしれない。

十二年春三月
(やよひ)丙辰(ひにえたつ)(ついたち)甲子(きにえねのひ) 遷(うつる)(みやこす)弟國

十二年の春三月の丙辰の朔甲子(518.03.09)に 遷して弟國に都す。

弟國は山城国乙訓郡、これらの外交を展開するには、山城筒城では内陸部に過ぎた。また、百濟、新羅、安羅、伴跛などの使者にとっては筒城あるいは、乙訓となれば、地理的にも馴染みがなく、応接の施設なども十分とは思はれず、その意味では、男大迹天皇
(繼體天皇)は都を奈良にもどすべきと考え始めておられたかもしれない。

十七年夏五月
(さつき) 百濟王(こきし)武寧(むねい)(みうせる)

十七年の夏五月(523.05)に、百濟の王武寧薨せぬ。

書紀では、百濟の武寧王の即位は小泊瀬稚鷦鷯天皇
(武烈天皇)四年(502年)である。百済本紀によれば、武寧王二十三年が523年となり、即位は501年となる。男大迹天皇の百濟政策からすれば、「百濟の王武寧薨せぬ。」は素気ない。武寧王は、二十一年(521年)に高句麗を累破し、梁の高祖より、使持節都督百濟諸軍事寧東大將軍を叙任している。書紀の展開からすれば、武寧王は男大迹天皇任那の日本実効支配地域の百濟への返還を請うことで南部、東部を安定化させ、高句麗を討ち、その勢いをもって梁朝に百濟における諸軍事ならびに寧東大將軍を認めさせた。二十三年には漢城を回復している。これでは、高句麗との外交関係を結ばんと百濟に仲介を頼んだ男大迹天皇(繼體天皇)の立場は如何?任那諸国も男大迹天皇の政策に不安と反発を覚えて不思議はあるまい。

十八年春正月(むつき) 百濟太子(こにせしむ)(めい)(つく)(くらゐ)

十八年の春正月(524.05)に 百濟太子明、位に即く。

太子明とは、聖王。三國史記、百済本紀第四によれば、
「聖王、諱を明禯とす。武寧王の子なり。智識英邁にして、能く事を斷ず。武寧、薨し、位を繼ぐ。國人、稱して聖王とす。秋八月に、高句麗の兵浿水に至る。王、左將志忠に命じ、歩騎一萬を帥して、出でて戰ひ之を退く。
 二年に、梁の高祖、詔して、王を冊し持節都督百濟諸軍事綏東將軍百濟王とす。
 三年の春二月に、新羅と交
(たがひ)に聘(おとず)れる。」とある。武寧王と同じ方向性を目指していよう。
一方、高句麗は520年に、安臧王
(姓は高、諱は興安、在位498年 - 531年)は梁より持節、督營平二州諸軍事、寧東将軍を叙任しており、同年北魏より、安東将軍・領護東夷校尉・遼東郡開国公・高句麗王を叙任していた。高句麗は、この二つの中国の勢力を見ながらの外交を展開していた。ただ、斉が梁に取って代わられ、北魏はかつての勢いを失い、内乱が勃発しており、梁と気脈を通じる勢力もあり、安定が揺らいでおり、高句麗にせよ百濟にせよ、この叙任の実効性については疑問を有しつつ、仏教を含む漢人の律令の制度や文化、技術を取り込み続けていた。
三國史記、新羅本紀第四、法興王
(在位514-540年)によれば、兵部を設置し、官位制度を整へ、梁へ入貢し、伽耶との関係改善を行っている。梁への入貢は、百濟との関係改善により、百濟に伴はれて実現している。

 「四年(517年)の夏四月に、始めて兵部を置く。
 五年の春二月に、株山城を築く。
 七年の春正月に、律令を頒示し、始めて百官公服、朱紫の秩を制す。
 八年に、使を梁に遣して方物を貢る。
 九年の春三月に、加耶國王、使を遣して婚を請ふ。王、伊湌
(真骨の2位)比助夫の妹を以て、之に送る。
 十一年の秋九月に、王、出でて南境の拓地を巡る。加耶國王來會す。」
とあり、

男大迹天皇はこれらの動きを注視しておられたことであろう。

廿年秋九月
(ながつき)丁酉(ひのとのとり)(ついたち)己酉(つちのとのとりのひ) 遷都磐余(いはれ)玉穗(たまほ)【一本(あるふみ)(いふ) 七年也】

廿年の秋九月の丁酉の朔己酉(526.09.13)に、遷りて磐余玉穗に都す。【一本に云く、七年なり】

大陸、半島の外交活動に目を向けるならば、弟國では知名度がなく、奈良に都を置かねばならなくなったのであろう。
これを、廿年ではなく七年のこととする説があるようだ、継体、安閑、宣化、欽明朝の紀年には不可解な点があると注される。これは継体天皇崩御、安閑天皇即位のところでみることにする。


廿一年夏六月(みなづき)壬辰(みづのえたつ)朔甲午(きのえうまのひ) 江毛野臣(あふみのけなのおみ) 率(ゐる)(いくさ)六萬(むよろづ) 欲往(ゆく)任那(みまな) 爲復(かへす)興建新羅所破南加羅(ありひしのから)・喙己呑(とくことん) 而合任那 於是 筑紫國(つくしのくにのみやつこ)磐井(いはゐ) 陰(ひそかに)(はかる)(すむく) 猶預(うらもひす)(ふ)年 恐事難成 恆(つねに)伺間隙(ひま) 新羅知是 密行(おくる)貨賂(まひなひ)于磐井所(もと) 而勸防遏(たへる)毛野臣(けなのおみ)(いくさ) 於是 磐井(いはゐ)(おそふ)(よる)(ひのくに)(とよのくに)(ふたつ)國 勿使修職(つかへまつらず) 外(と)(たへる)海路(うみつぢ) 誘(わかつる)致高麗(こま)・百濟(くだら)・新羅・任那等國年(としごと)(たてまつる)(みつきもの)船 内(さいぎる)(つかはす)任那毛野臣軍 亂語(なめりごと)揚言(ことあげ)曰 今爲使者(つかひひと) 昔爲吾伴(ともだち) 摩(する)肩觸(する)(ひぢ) 共器(おなじけ)同食(ものくらふ) 安得率爾(にはかに)爲使 俾余(われ)自伏(したがふ)儞前(いがまへ) 戰而不受 驕而自(みづから)(たかぶ) 是以 毛野臣 乃見防遏(たへる) 中途(なかみち)淹滯(さはりとどまる) 天皇(すめらみこと)詔大伴大金村(おほとものおほむらじかなむら)・物部大麁鹿火(もののべのおほむらじあらかひ)・許勢大臣男人等(こせのおほおみをひとら)(のたまふ) 筑紫(つくし)磐井(いはゐ)(そむく)(おそふ) 有(たもつ)西戎(ひな)之地(くに) 今誰可將(いくさのきみ)者 大伴大等僉(みな)(まうす) 正(たひらに)(ただしく)(めぐみ)(いさむ)(こころしらへる)於兵事(つはもののこと) 今無出於麁鹿火右 天皇曰 可(ゆるす) 
秋八月
(はつき)辛卯(かのとのう)(ついたちのひ) 詔曰(のたまふ) 咨(あ) 大 惟(これ)(この)磐井弗率(したがふ) 汝(いまし)(ゆく)(うつ) 物部麁鹿火大再拜(をがむ)(まうす) 嗟(あ) 夫磐井西戎之姧猾(かだましきやつこ) 負(たのむ)川阻(さがしきこと)而不庭(つかへまつらず) 憑(よる)山峻(たかき)而稱(あぐ)(みだれ) 敗(やぶる)(いきほひ)(そむく) 侮(あなづる)(おごる)(みづから)(さかしとおもふ) 在昔(むかし)(みちのおみ) 爰(ここに)(いたる)室屋(むろや) 助(まもる)(きみ)而罰(うつ) 拯(すくふ)(おほみたから)塗炭(くるしき) 彼此一時(もろとも) 唯天(あめ)所贊(たすく) 臣(やつこ)(つね)所重(おもみする) 能不恭(つつしむ)(うつ) 詔曰(のたまふ) 良將(すぐれたるいくさのきみ)之軍(いくさだちすること)也 施恩(めぐみ)(おす)(うつくしび) 恕(おもひはかる)己治人 攻如河決(さく) 戰如風發(たつ) 重(また)詔曰 大將(おほきいくさのきみ)(おほみたから)之司命(いのち) 社稷(くにいへ)存亡(ほろびほろびざらむこと) 於是乎在 勗哉(つとめよ) 恭(つつしみて)(おこなへ)天罰(あまつつみ) 天皇(すめらみこと)(みづから)(とる)斧鉞(まさかり) 授大曰 長門以東朕制(かとる)之 筑紫以西汝(いまし)(かとる)之 專(たくめ)行賞罰(たまひものつみ) 勿煩(なわづらひそ)(しきりに)(まうすこと)

廿一年の夏六月の壬辰の朔甲午(527.06.03)に、近江毛野臣、衆六萬を率て、任那に往きて、新羅に破られし南加羅、喙己呑を爲復し興建てて、任那に合せむとす。是に、筑紫國造磐井、陰に叛逆くことを謨りて、猶預して年を經。事の成り難きことを恐りて、恆に間隙を伺ふ。新羅、是を知りて、密に貨賂を磐井が所に行りて、勸むらく、毛野臣の軍を防遏へよと。是に、磐井、火、豐、二つの國に掩ひ據りて、使修職らず。外は海路を邀へて、高麗、百濟、新羅、任那等の國の年に職貢る船を誘り致し、内は任那に遣せる毛野臣の軍を遮りて、亂語し揚言して曰く、「今こそ使者たれ、昔は吾が伴として、肩摩り肘觸りつつ、共器にして同食ひき。安ぞ率爾に使となりて、余をして儞が前に自伏はしめむ。」 遂に戰ひて受けず。驕りて自ら矜ぶ。是を以て、毛野臣、乃ち防遏へられて、中途にして淹滯りてあり。天皇、大伴大連金村、物部大連麁鹿火、許勢大臣男人等に詔して曰はく、「筑紫の磐井反き掩ひて、西の戎の地を有つ。今誰か將たるべき者。」 大伴大連等僉曰す、「正に直しく仁み勇みて兵事に通へるは、今麁鹿火が右に出づるひと無し。」 天皇曰はく、「可。」
秋八月の辛卯の朔
(527.08.01)に、詔して曰はく、「咨、大連、惟茲の磐井率はず。汝徂きて征て。」 物部麁鹿火大連、再拜みて言す、「嗟、夫れ磐井は西の戎の姧猾なり。川の阻しきことを負みて庭らず。山の峻きに憑りて亂を稱ぐ。コを敗りて道に反く。侮り嫚りて自ら賢しとおもへり。在昔道臣より、爰に室屋に及るまでに、帝を助りて罰つ。民を塗炭に拯ふこと、彼も此も一時なり。唯天の贊くる所は、臣が恆に重みする所なり。能く恭み伐たざらむや。」 詔して曰はく、「良將の軍すること、恩を施して惠を推し、己を恕りて人を治む。攻ること河の決くるが如し。戰ふこと風の發つが如し。」 重詔して曰はく、「大將は民の司命なり。社稷の存亡、是に在り。勗めよ。恭みて天罰を行へ。」 天皇、親ら斧鉞を操りて、大連に授けて曰はく、「長門より以東をば朕制らむ。筑紫より西をば汝制れ。專賞罰を行へ。頻に奏すこと勿煩ひそ。」

南加羅
(ありひしのから)、”ありひ”は古代朝鮮語の南、”し”は助詞、洛東江河口、釜山、金海地方、金官国とその周辺、喙己呑は慶尚北道達城郡慶山かとの説がある、新羅が南加羅を奪ったのは毛野の渡海以後のこと(法興王十九年「532年」)で不正確な国内資料を修飾したことによると注される。今度は、任那をめぐり新羅の侵略を討つために、六万の軍を送るといふ大掛かりなもので、近江毛野臣を将軍に任命したが、これを送ることが出来なかったといふ。近江毛野臣は古事記によれば、建内宿禰の子、波多八代宿禰が波多臣や淡海臣などの祖とあることから、その系統の人とみられているが、前後は不明とされる。任那、百濟、新羅で起こっている問題は、九州に飛び火していた。筑紫國造磐井が密かに陰で離反をせんとして何年も考えあぐねていた。新羅は磐井に貨賂を贈り、毛野臣の軍を防遏(防ぎ抑止すること)せよと求めた。磐井は肥前、肥後方面のみならず、豊前、豊後方面にも手を伸ばし、使修職(つかへまつ)らず。橿日以南の北九州一帯が押さへられてしまえば、南九州は空白状態になり、これではまるで足仲彦天皇(仲哀天皇)の時代、熊襲の世界に逆行した状態であり、半島への足掛りを失くしたも同然となる。高麗、百濟、新羅、任那等からの年職貢る船を誘(わかつる;からくり、あやつりの意から欺く)致し、毛野臣の軍を立ち往生させ、暴言を浴びせたとある。儞は相手をさげすんで呼ぶ語、今じゃ天皇の使者かもしれんが、昔は一緒に肩肘すり合わせ同じ釜の飯を食った仲。どうして俄かに使者となったものか、お前に私を従はせようだって、と浴びせかけ、毛野臣の軍と戦ひ、降伏勧告を受け入れず、驕り高ぶってしまった。この顛末が報告されると、天皇は、磐井を西戎(東夷、南蛮、北狄とならぶ辺境の蛮族)呼ばはりし、誰を将にして討つべしかを大伴大連金村、物部大連麁鹿火、許勢大臣男人等に問はれた。皆が、物部大連麁鹿火の右に出る者はないと推挙し、天皇は、よしとされた。
百濟が梁より綏東將軍を叙任し、日本
(やまと)より旧地を回復し、新羅と連携し、任那に圧力をかける立場に変はりつつあり、任那が日本(やまと)に対する疑念を抱き、日本に反乱する勢力が起こり、新羅が任那の南加羅、喙己呑を攻め、その先の九州の磐井に働き掛け、日本の半島への出兵を止めようとする。男大迹天皇の外交は全く裏目にでてしまった。これは新羅が仕掛け、磐井がそれに乗ったものである。半島からの貢を乗せた船を誘い込んで荷を掠めても黙認しよう、いづれは半島との交易の富を独占すればいいとでもささやかれていたのであろうか。毛野臣とはかつて同僚であったようであり、抜刀人(武官)として中央宮廷で仕へていたのかもしれない。西戎といふ言葉で蛮人扱いをしているが、元来が先進の地、半島から新しい息吹が吹き込んでおり、肥前、肥後そして豊前、豊後でも、半島出兵の負担ばかりを強いる日本(やまと)政権より魅力的に映っていたことになる。
二ヶ月後の天皇の言葉は、芸文類聚、武部の戦伐、将帥条をつなぎ合わせて成り立っており、句の順序を変えたり、人名、地名を入れ換えたしたものと注される。武部、戦伐、尚書の
「咨、禹、惟茲の有苗率はず。汝徂きて征て。」同書、魏楊脩出征賦の嗟、夫れ呉の小夷、川の阻しきことを負みて庭せず。」同書、晋張載平呉頌の「山に憑りて水に阻み」同書、晋陸士竜南征賦の「敢へて行い乱を称す」同書、尚書の「侮嫚して自ら賢とし、道に反き、徳を敗る。」同書、魏文帝於黎陽作詩の「昔周武在り、爰に公旦に曁(およ)ぶ。主を載せて征し、民の途端を救ふ。彼此れ一時、唯天讃する所」武部、将帥、黄石公三略の「良将の軍なり。己を恕し人を治む。恵を推し恩を施す。士力(つと)むること日新たなり。戦ふは風発するが如し、攻めるは河決するが如し。」同書、枹朴子の「大將は民の司命なり。社稷の存亡、是に在り。」武部の戦伐、尚書の「今、予発して惟れ天の罰を恭みて行ふ。夫子、勗めむかな」武部、将帥、淮南子の「主、親ら斧鉞を操りて、将軍に授けて曰く・・・将軍之を制す。」武部、将帥、漢書の「闑(しきり)以内は寡人之を制す、闑以外は将軍之を制せよ。軍功爵賞、皆外に於いて決せよ。」によるとされる。したがって、ここでの言葉は状況の中国風修飾であり、実態とは乖離している。

廿二年冬十一月
(しもつき)甲寅(きのえとら)(ついたち)甲子(きのえねのひ) 大將軍(おほきいくさのきみ)物部大連麁鹿火(もののべのおほむらじあらかひ) 親與賊(あた)(ひとごのかみ)磐井 交戰(あひたたかふ)於筑紫御井郡(みゐのこほり) 旗鼓(はたつづみ)相望(あひのぞむ) 埃塵(ちり)相接 決(さだめる)(はかりこと)(ふたつ)(いくさ)之間 不避萬死之地(みをすつるところ) 遂斬磐井(いはゐ) 果(はたして)定疆場(さかひ) 
十二月
(しはす) 筑紫君(つくしのきみ)葛子(くづこ) 恐坐(よる)(かぞ)(つみす) 獻(たてまつる)糟屋屯倉(かすやのみやけ) 求(まうす)(あがはむ)死罪(しぬるつみ)

廿二年の冬十一月の甲寅の朔甲子(528.11.11)に、大將軍物部大連麁鹿火、親ら賊の帥磐井と、筑紫の御井郡に交戰ふ。旗鼓相望み、埃塵相接げり。機を兩つの陣の間に決めて、萬死つる地を避らず。遂に磐井を斬りて、果して疆場を定む。 
十二月に、筑紫君葛子、父のつみに坐りて誅せらむことを恐りて、糟屋屯倉を獻りて、死罪贖はむことを求す。

古事記では、物部大連と大伴連、二人で石井
(いはゐ)を討ち、物部大連が上位にあったとしている。この御世に竺紫(つくし)の君、石井(いはゐ)、天皇の命(みこと)に從はずして、多(まね)く 禮(ゐや)無かりき。 故、物部(もののべ)の荒甲(あらかひ)の大連(おほむらじ)・大伴の金村(かなむら)の連二人を遣はして、石井(いはゐ)を殺したまひき(岩波文庫)
筑紫の御井郡、八女古墳群のなかの最大級の岩戸山古墳
(福岡県八女市吉田:地図が磐井の墓とされ、その埋葬物からも、大きな力を有していたと思はれる。『筑後国風土記』逸文によれば、生前にこれを自分の墓として造っていたとする。相当の富が貯へられていたことになる。これは半島との交易によってのみ可能となろう。その中には、衛頭(がとう)という別区があって政所といふから政治を行っていた。解部(ときべ)が猪を四頭盗んだ偸人(ぬすびと)を裁くといふ石像が置かれていた。これを、任那國の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、四つの縣とひっかけて男大迹天皇の政策を批判しているといふ見方もあるようだ。磐井にとって、この政策が不利に働くといふ事態があり、不満があったのかもしれない。磐井は楽観視していたが、突如、官軍に攻められ、とても支えきれないと豊前に逃げ、その後に入り込んだ官軍が石像の手足や頭を討ち砕いた。上妻(八女)に重病が起こるのはこのせいといふ。
「筑後の国の風土記に曰はく、上妻の県。県の南二里に筑紫君磐井の墓墳あり。高さ七丈、周り六十丈なり。墓田は、南と北と各六十丈、東と西と各四十丈なり。石人と石盾と各六十枚、交陣なり行を成して四面に周匝れり。東北の角に当りて一つの別区あり。号けて衙頭と曰ふ。衙頭は政所なり。其の中に一人の石人あり、縦容に地に立てり。号けて解部と曰ふ。前に一人あり、裸形にして地に伏せり。号けて偸人と曰ふ。生けりしとき、猪を偸みき。仍りて罪を決められむとす。側に石猪四頭あり。贓物と号く。贓物は盜みし物なり。彼の処に亦石馬三疋・石殿三間・石蔵二間あり。古老の伝へて云へらく、雄大迹の天皇のみ世に当りて、筑紫君磐井、豪強く暴虐くして、皇風に偃はず。生平けりし時、預め此の墓を造りき。俄にして官軍動発りて襲たむとする間に、勢の勝つましじきを知りて、独自、豊前の国上膳の県に遁れて、南の山の峻しき嶺の曲に終せき。ここに、官軍、追ひ尋ぎて蹤を失ひき。士、怒泄まず、石人の手を撃ち折り、石馬の頭を打ち墮しき。古老の伝へて云へらく、上妻の県に多く篤き疾あるは、蓋しくは茲に由るか。」
書紀は、一年数か月後に、麁鹿火が軍を筑紫の御井郡に進め、自ら磐井と交戦したとする。豊前、豊後を押さへられており、兵を穴門に集結させ、船で橿日に兵を送りこむのも一筋縄ではゆかなかったのだろう。ただ戦いの記述は、芸文類聚、武部、将帥、後魏温子昇広陽王北征請大将表、「旗鼓相望み、埃塵相接し、機を兩陣の間に決め、萬死の地を辞さず。」により、旗と太鼓、両軍の兵の巻き上げる粉塵が入り乱れる中国の乱戦、勝機はどちらに傾くか、全滅を恐れずその地を逃げぬ方が勝つという激戦の設定、実際のところは分からない。麁鹿火の軍が勝ち、磐井は斬られたとする。磐井の子、葛子は糟屋屯倉を差し出し死罪を免れた。糟屋(粕屋)は多々良川と須惠川の間の質の良い農地であったことであろう、美田を屯倉に差し出した。そういう形のはしりの屯倉として位置づけられたものとされる。

廿三年春三月
(やよひ) 百濟王(こきし)(かたる)哆唎國守(あるしたりのくにのみこともち)穗積押山臣(ほづみのおしやまのおみ)(いふ) 夫朝貢(みつきあぐ)使者(つかひ) 恆(つねに)(さる)嶋曲(みさき)【謂(いふ)海中(わたなか)(しま)(くま)崎岸(さき)也 俗(ひと)云美佐祁(みさき)】 毎(つねに)(くるしぶ)風波(かざなみ) 因(これ) 濕(うるほす)所齎(もたる) 全(すでに)(そこなふ)无色(みにくし)  以加羅(からのくに)多沙津(たさのつ) 爲臣(やつこ)朝貢(みつきあぐ)津路(みち) 是以 押山臣爲聞奏(きこえまうす) 
是月 
(つかはす)物部伊勢父根(もののべのいせのむらじちちね)、吉士老等(きしのおきな) 以津賜百濟王 於是 加羅王(こきし)(かたる)勅使(みかどつかひ)云 此津 從(より)置官家(みやけ)以來(のち) 爲臣(やつこ)朝貢(みつきあぐ)津渉(つわたり) 安(いづくにぞ)得輙(たやすく)改賜隣國 (はじめ)所封(よさす)(かぎり)(ところ) 勅使(みかどつかひ)父根等(ちちねら) 因斯 難(かたみす)以面(まのあたり)賜 却(しりぞき)(かへる)大嶋(おほしま) 別(ことに)録史(ふびと) 果賜扶余(くだら) 由是 加羅結儻(ともがら)新羅 生(なす)怨日本(やまと) 加羅王(こきし)(とる)新羅王(こきし)(むすめ) (ある)兒息(こ) 新羅初(むすめ)時 并(あはせる)百人(ももたりのひと) 爲女(むすめ)(ともびと) 受而散置(あかちおく)諸懸(もろもろのあがた) 令着新羅衣冠(きもの) 阿利斯等(ありしと) 嗔(いきどほる)其變服(きもの) 使徴(めす)(かへす) 新羅大(おほきに)(はぢる) 飜(かへる)女曰(のたまふ) 前(さきに)(うける)(なむぢ)(よばひす) 吾便(すでに)(ゆるす)(あはす) 今若斯  (こきし)(むすめ) 加羅(から)已富利知伽(こほりちか) 【未詳】 報(こたへる)(いふ) 配合(あはせる)夫婦(いもせ) 安(いづくにか)得更(さらに)(さく) 亦有息兒 棄之何往(ゆく) 於所經(ふる) 拔(とる)刀伽(とか) 古跛(こへ) 布那牟羅(ふなむら) 三城(さし) 亦拔(とる)北境(さかひ)五城 

廿三年の春三月(529.03)に、百濟王、下哆唎國守穗積押山臣に謂りて曰く、「夫れ朝貢ぐる使者、恆に嶋曲を避るごとに、【海中の嶋の曲の崎岸を謂ふ。俗、美佐祁と云ふ】 毎に風波に苦しぶ。茲に因りて、齎る所のものを濕して、全に壞ひて无色し。請ふ、加羅の多沙津を以て、爲臣が朝貢ぐる津路とせむ。」 是を以て、押山臣爲請聞奏す。
是の月に、物部伊勢連父根、吉士老等を遣はして、津を以て百濟の王に賜ふ。是に、加羅の王、勅使に謂りて云く、「此の津は、官家を置きてより以來、臣が朝貢ぐる津渉とす。安ぞ輙く改めて隣の國に賜ふこと得む。元封したまひし限の地に違ふ。」 勅使父根等、斯に因りて、面賜ふに難みして、大嶋に却き還る。別に録史を遣して、果して扶余に賜ふ。是に由りて、加羅、儻を新羅に結びて、怨を日本に生せり。加羅の王、新羅の王の女を娶りて、遂に兒息有り。新羅、初、女を送る時に、并て百人を遣して、女の從とす。受けて諸懸に散ち置きて、新羅の衣冠を着しむ。阿利斯等、其の服變へたることを嗔りて、使を遣して徴し還す。新羅大きに羞ぢて、飜りて女を還さむとして曰く、「前に汝聘ひしことを承けて、吾便に許し婚せてき。今既に斯の若くは、請ふ、王の女を還せ。」 加羅の已富利知伽 【未だ詳ならず】 報へて云く、「夫婦に配合せて、安か更に離くること得む。亦息兒有り、棄てて何にか往かむ。」 遂に、經る所に、刀伽、古跛、布那牟羅、三つの城を拔る。亦北の境の五つの城を拔る。

男大迹天皇
(繼體天皇)は、六年(512年)四月条に武寧王に任那國の上哆唎、下哆唎、娑陀、牟婁、四縣を与へている。もはや百濟國であるに、かつて、哆唎國守であった穗積押山臣が下哆唎國守であるとは如何なることか?また、七年(513年)十一月条で帶沙を武寧王に与へている。多沙は帶沙、蟾津江口付近、そこの津であるから港。つまり、多沙津は与へていなかったとなるのか?非常に疑問があり、同じ事件が二度に亘って記されているとされるが、何故そのようなことをしないといけないのか分からない。ここでは、百濟が日本(やまと)への貢を運ぶ場合、熊津から海路でゆくと岬を回る度に風波で積荷を濡らしダメになる、つまり、陸路と川で多沙津まで運びそこから発てば、善い状態で運ぶことができる。この話を押山臣が奏上して、物部伊勢連父根、吉士老等が派遣されたとある。その言い分を確認する役割があったはずである。これまで、海路で何ら問題は提起されていない。陸路と川よりは海路の方が運搬に適しており、あまり説得力のある理由とは思へない。物部伊勢連父根は九年二月条の物部至々連とされるが、ならば、何故その際に「名を欠く」としたのかが分からない。この時の物部連は舟師五百を率て、帶沙江に向かひ、伴跛に襲はれ汶慕羅(蟾津江口外の一島)に命からがら逃れており、一年後百濟、前部木不麻甲背の救援を得て百濟に至り、五經博士漢高安茂吉士を連れて帰っている。これだけ事績が明確であり、名を欠くは解せない。また、かような場合に備えて、多沙津の重要性を嫌といふほど味はされたこの物部連が多沙津を手放すことを善しとする使者となるものであろうか?別人とする方が自然であろう。吉士は姓氏録、摂津皇別の、「吉志、難波忌寸同祖、大彦命之後也」で帰化系、老は他にみえない、と注される。老(おきな)と訓じられており、この二人は男大迹天皇(繼體天皇)が選んだ血気盛んではない、穏やかで老成した人物とみるべきかと思へる。百濟聖王に津を与へたとするが、尋常の手続きはとれなかった。
伴跛が半島で反乱を起こし、磐井が北九州で反乱を起こした。任那の加羅の王も交易の拠点となる多沙津を百濟に渡すことには愕然とした。倭の奴国が後漢との交易を行ひ、卑弥呼が魏との交易を行ふ時代から加羅諸国の港、水運と提携して、海運に携わってきた。氣長足姫尊
(~功皇后)が新羅遠征をされて官家を置かれて以来の津を、日本(やまと)が押さへ、加羅諸国にも利用させてきた。それを、容易く百濟に譲渡する、加羅諸国がそこを使ふには、これから百濟の意向を伺はねばならない。日本(やまと)は元来何のためにこの津を押さへたのか。氣長足姫尊の時に平定した加羅七國とは比自火本、南加羅、喙國、安羅、多羅、卓淳古地図であった。この加羅は、南加羅に対する大加羅、慶尚南道の高霊の地と注される。伴跛の南に当る。書紀の設定では、南加羅(金官国)、喙己呑(喙國)は新羅に奪はれている。大加羅の交易への港が絶たれることになる。加羅の多沙津の自由使用を日本(やまと)が保証すると言へども、磐井の反乱で南加羅、喙己呑救援の軍すら送れない日本(やまと)である、加羅はどの津から貢をするのかと逆ねじを喰らはされ、物部伊勢連父根、吉士老は面と向かって加羅王には言へず、大嶋(慶尚南道の南海島を指すかと注される。汶慕羅近辺であろう)へ引き下がった。録史は文書、記録を掌る下級の官吏と注される。扶余は聖王のとき熊津より移した都。物部伊勢連父根、吉士老は扶余にも行けずに、録史を扶余に派遣して聖王に多沙津を与へたとする。こんな奇妙な外交交渉があるものか。日本(やまと)が任那諸国との連携がとれなくなり、実効支配力を失っており、百濟や新羅がそこに付け込んでいる様相としかみへない。
加羅王は、日本を怨み、たまらず新羅と関係を結び、新羅王の女
(むすめ)を娶ったといふ印象があるが、已富利知伽(こほりちか)の言葉からすれば、春三月に既に息兒がある、孕むではなく兒となれば、すでに生まれた兒があることになる。新羅本紀第四によれば、法興王九年(522年)のことで、伊湌(真骨の2位)比助夫の妹としており、新羅王の女(むすめ)ではない。加羅は書紀が設定するかなり前から新羅と関係改善を図っていたのであろう。新羅は王の女(むすめ)に百人の女從を付けていた。加羅王は日本(やまと)への怨みもあってか、美人で有名な新羅の女從を諸懸に分散させて、新羅の衣冠のまま着用させた、反日本のためのパフォーマンスであろう。阿利斯等がこれを憤り諌め、服装を加羅風にして女從を呼び戻した。阿利斯等(ありしと)は、活目入彦五十狹茅天皇(垂仁天皇)二年条書紀巻6の意富加羅國(おほからのくに)(こきし)の子、都怒我(つぬが:官職名)阿羅斯等(あらひと)を想起せしめる。由緒のある名前とみへる。新羅が羞ぢたとあるのは、新羅が加羅王にそのパフォーマンスを求めたのかもしれない。逆に反新羅感情に火を付けた。新羅はこの婚儀をなかったことにしたいと新羅王の女(むすめ)の返還を求めた。已富利知伽は、一旦夫婦にして、子供まで出来ているといふに、その子を捨てて新羅王の女(むすめ)をどこへゆかせるおつもりかと断った。結局友好関係は崩れ、新羅は、刀伽、古跛、布那牟羅の三城を奪い、北の国境の五城も奪った。已富利知伽は未詳であり、この記述は加羅の記録からとられたものと注される。ただ、刀伽(とか)、古跛(こへ)、布那牟羅(ふなむら)に関する注はない。流れの中では、新羅が奪った南加羅との国境に近い加羅領内の城となろう。北の国境となれば、喙己呑(喙國)と近い加羅領内の五城となる。大邱地図が卓淳國、慶山が喙國、高霊が加羅、北の国境の五城は二十四年九月条に、言及されるが慶尚北道大邱の南、達城、その南の玄風あたりの城とであろう。先に見たごとく、新羅はこの法興王の時に、急速に力をつけはじめていた。

是月 近江毛野臣(あふみのけなのおみ) 使(つかひす)于安羅(あら) 勅(みことのりす)勸新羅 更建南加羅(ありひしのから) 喙己呑(とくことん) 百濟將軍君(いくさのきみ)尹貴(いんくゐ)・麻那甲背(まなかふはい)・麻鹵等() 往赴(ゆく)安羅 式(もて)聽詔勅(おほみのりごとのこと) 新羅 恐破蕃國(となりのくに)官家(みやけ) 不大人(たかきひと) 而夫智奈麻禮(ぶちなまれ)・奚奈麻禮等(けなまれら) 往赴安羅 式聽詔勅 於是 安羅新起(たてる)高堂(たかどの) 引(ゐる)(のぼる)勅使(みかどつかひ) 國主(にりむ)(たつ)(しりへに)昇階(はし) 國内(くにうち)大人(たかきひと) 預(くははる)昇堂(との)者一二 百濟使將軍君等 在於堂下 凡數(あまた)月再三(つきふたたびみたび) 謨謀(はかる)乎堂(との)(うへ) 將軍君等 恨在庭焉 

是の月に、近江毛野臣を遣して、安羅に使す。勅して新羅を勸めて、更に南加羅、喙己呑を建つ。百濟、將軍君尹貴、麻那甲背、麻鹵等を遣して、安羅に往赴きて、式て詔勅を聽かしむ。新羅、蕃國の官家を破りたることを恐りて、大人を遣さずして、夫智奈麻禮、奚奈麻禮等を遣して、安羅に往赴きて、式て詔勅を聽かしむ。是に、安羅、新に高堂を起てて、勅使を引て昇る。國の主、後に随ちて階を昇る。國内の大人の、預りて堂に昇る者、一二。百濟の使將軍君等、堂の下に在り。凡て數月再三、堂の上に謨謀る。將軍君等、庭に在ることを恨む。 

安羅は慶尚南道咸安
地図の古名、伽倻のこと、ようやく毛野臣を安羅に派遣することが出来た。百濟、新羅に天皇の勅を伝へるために安羅に使者を派遣するように伝へた。勅は、新羅に南加羅、喙己呑の原状復帰を勧告するものであった。百濟は将軍の尹貴、麻那は小泊瀬稚鷦鷯天皇(武烈天皇)六年条書紀巻16にも使者を勤めている、甲背(かふはい)は役職を示す姓(かばね)であり、麻鹵とともに文官であろう、この三人を派遣してきた(この三人は欽明二年、四年にも見へると注される)。新羅は、奈麻禮(なまれ;新羅冠位17階の第11)といふ下級の役人夫智と奚の二人を送り込んできた。書紀は、新羅は蕃國の官家の立場を破ったことを恐れてのこと、とするが、すでに見た情勢からすれば、高位の人物が捕縛されることを恐れたのであろう、新羅が使者を派遣してきたことが不思議なくらいである。日本(やまと)の中でも、親百濟、反百濟、反新羅、親新羅、親任那諸国、反任那諸国とさまざまな立場の勢力があったであろう、親新羅の立場をとる者への配慮も欠かせまい。
(もて)は接続の助字、文選、東京賦、李善注に、「式は用なり」とあり、この巻の他、清寧、安閑、欽明紀だけに用いられている、と注される。
高句麗広開土王碑によれば、広開土王
(談コ)は、400年に歩騎五万で平壌から南下して新羅を救援し、倭軍を任那加羅に追い返している。その時、その隙をついて安羅人が新羅を落とし、再び倭が新羅に侵入したことがあった。安羅とは強い絆があり、地理的にみても、古くから倭人が半島に出るうえで金官とならび足がかりとなる港を有する地でもあった。会談のために安羅は新たに高堂を建てていた。前もって安羅とは打合せが出来ていたことになる。勅使、日本(やまと)の毛野臣を先頭にして、國の主がその後に従い、側近一、二名が続いた。「百濟の使將軍君等、堂の下に在り」、百濟の使將軍君等、つまり、尹貴、麻那甲背、麻鹵等が堂の下となれば、百濟は誰も堂上に参加していないことになる。夫智奈麻禮、奚奈麻禮等も大人の地位ではなく、参加資格はない。しかし、毛野臣と安羅國の國主、側近一、二名が会談するといふことでは、意味不明、一体何のために百濟、新羅の使者が召集されたのか理解に苦しむ。國の主とは、百濟と新羅の國主とみることはできようが、この後の記述からして百濟聖(明)王と新羅法興王が参加しているといふことはあり得ない。堂の上で月に二、三度謨謀(はか)るとあるが、誰が何を交渉しているのか、毛野臣と安羅國と重臣だけが会談をしているのなら、その場からはずされた將軍君等が恨むといふは書紀の言い分で、勝手にせよとさっさと帰国するのが当たり前、支離滅裂である。これでは何の事か分からないので、先を見てみよう。

夏四月
(うづき)壬午(みづのえうま)(ついたち)戊子(つちのえねのひ) 任那(みまな)(こきし)己能末多干岐(このまたかんき)來朝(まうく) 【言(いふ)己能末多(このまた)者 蓋(けだし)阿利斯等(ありしと)也】 啓(まうす)大伴大金村曰(いふ) 夫海表(わたのほか)諸蕃(となりのくに) 自(より)胎中天皇(ほむだのみかど) 置内官家(うちつみやけ) 不棄本土(もとつくに) 因封(よさせる)其地(ところ) 良(まことに)有以(ゆゑ)也 今新羅 元所賜封(よさし)限 數(しばしば)越境以來侵(をかす)  奏天皇(すめらみこと) 救助臣(やつこ)國 大伴大連 依(ままに)(こはし)奏聞(まうす) 

夏四月の壬午の朔戊子(529.04.07)に、任那の王の己能末多干岐、來朝り。【己能末多と言ふは、蓋し阿利斯等なり】 大伴大連金村啓して曰す、「夫れ海表の諸蕃、胎中天皇の、内官家を置きたまひしより、本土を棄てずして、因りて其の地を封せること、良に以有り。今新羅、元より賜へる封の限に違ひて、數境を越えて來り侵す。請ふ、天皇に奏して、臣が國を救助ひたまへ。」 大伴大連、乞の依奏聞す。

翌月には任那の王の己能末多干岐が来朝している。干岐は小國の王号であるが、己能末多は阿利斯等となれば、先の加羅の阿利斯等となり、実質は加羅と思はれる。加羅は新羅と友好関係を結んだが、阿利斯等が反対をして崩れた。その阿利斯等が日本
(やまと)に助力を求めて来朝したとなろう。任那としているのは、加羅のみでなく任那全体を視野においての来朝であった。阿利斯等は、半島に出ていた物部氏ではなく、大伴大連金村を頼った。
胎中天皇とは氣長足姫尊
(~功皇后)が新羅遠征をされたとき胎中におられた譽田天皇(應~天皇)のこと。海表の諸蕃は海外の隣國、内官家は半島における屯倉の如き朝廷直轄領を意味するがその形跡はなく、軍事基地とみなされる、と注される。しかし、内官家が軍事基地といふはピンとこない。氣長足姫尊(~功皇后)書紀巻9では新羅に対して、「今より以後は、永く西蕃と稱ひつつ、朝貢絶たじ。故、因りて、内官家屯倉を定む。」とあり、特定の土地、民、産物が対象ではなく、「常に八十船の調を以て日本國に貢る」、とした貢物を念頭に置いたもので、「臣(新羅)、今より以後、日本國に所居します~の御子に、内官家として、絶ゆること無く朝貢らむ。」としており、天皇に調を貢る関係を表現しているように思へる。不棄本因封土其地良有以也」「もとの国王にその土地を委任統治せしめられたのは、まことに道理のあることでございます。」と注している。これは、氣長足姫尊の加羅七國(任那)平定に際して、その時の七國の国境、王をそのままにして、内官家として封じた、それが現実的であり良かった、となろう。ところが、その国境を新羅が侵している。どうか我が國(任那)を救助していただきたい。

是月 使己能末多干岐 并
(あはせて)(みことのりす)在任那江毛野臣(あふみけなのおみ) 推問(たづねとふ)所奏(まうす) 和解(あまなす)相疑(あひうたがふ) 於是 毛野臣(けなのおみ) 次(やどる)于熊川(くまなれ) 【一本(あるふみ)(いふ) 次于任那久斯牟羅(くしむら)】 召集(めしつどふ)新羅、百濟 二國之王(こきし) 新羅王(こきし)佐利遲(さりぢ)(まだす)久遲布禮(くぢふれ) 【一本云 久禮爾師知于奈師磨里(くれにしちうなしまり)】 百濟恩率(おんそち)彌騰利(みどり) 赴集(ゆきつどふ)毛野臣所(もと) 而二王不自(みづから)來參(まうく) 毛野臣大(おほきに)怒 責問二國使云 以(もて)(すこしきなる)(つかふる)(おほきなる) 天(あめ)(みち)也 【一本云 大木(おほきなるき)(はし)者以大木續(つぐ)之 小木(すこしきなるき)端以小木續之】 何故(なにのゆゑ)二國(くに)之王(こきし) 不躬(みづから)來集受天皇勅 輕(なめく)(まだす)使(つかひ)乎 今縱(もし)(いまし)王 自來聞勅(みことのり) 吾不肯(あへて)勅 必追逐退(おひかへす) 久遲布禮(くぢふれ)、恩率(おんそち)彌騰利(みどり) 心懷(いだく)(かしこまり)(おづ) 各歸召(よぶ)(おのがきみ) 由是 新羅改其上臣(まかりだろ)伊叱夫禮智干岐(しぶれちかんき) 【新羅 以大臣(おほおみ)爲上臣 一本(あるふみ)(いふ) 伊叱夫禮知奈末(いしぶれtいなま)】 率(ゐる)(いくさ)三千(みちぢ) 來請(まうす)聽勅 毛野臣(けなのおみ) (はるかに)見兵仗(つはもの)圍繞(かくみめぐる) 衆(いくさ)數千人(あまた) 自熊川(くまなれ) 入任那己叱己利城(こしこりのさし) 伊叱夫禮智干岐 次于多多羅原(たたらのはら) 不敬歸(よりこず)(まつこと)三月 頻(しきりに)(まうす)聞勅(みことのり) 終(つひに)不肯宣(のりごとせず) 伊叱夫禮智(いしぶれち)所將(ひきゐる)士卒等(いくさのひとども) 於聚落(むらさと)(こふ)(もの) 相(あひよぎる)毛野臣{人(ともなるひと)河内馬飼首(かふちのうまかひのおびと)御狩(みかり) 御狩入隱他門(ひとのかど) 待乞(ものこふ)者過 捲(にぎる)撃 乞者見云 謹(つつしみて)待三月(みつき) 佇(のぞむ)聞勅(みことのり)(むね) 尚(なほし)不肯(かへず)(のる) 悩(わずらはす)聽勅使 乃知欺誑(いつはる) 誅戮(ころす)上臣(まかりだろ)矣 乃以所見(あるかたち) 具(つぶさに)上臣 上臣抄掠(ぬきかすめる)四村(よつのすき) 【金官(こむくわん)、背伐(へぼつ)、安多(あた)、委陀(わだ) 是爲四村 一本云 多多羅(たたら)、須那羅(すなら)、和多(わた)、費智(ほち)爲四村也】 盡(ことごとくに)(ゐる)人物(おほみたから) 入其本國(もとつくに) 或(あるひと)(いふ) 多多羅等四村之所掠者 毛野臣之(あやまり)
秋九月 巨勢男人大臣
(こせのをひとのおほおみ)(みうす)

是の月に、使を遣はして己能末多干岐を送る。并て任那に在る近江毛野臣に詔す。「奏す所を推ね問ひて、相疑ふことを和解はしめよ。」 是に、毛野臣、熊川に次りて、【一本に云く、任那久斯牟羅に次る】、新羅・百濟 二國の王を召し集ふ。新羅の王佐利遲、久遲布禮 【一本に云く、久禮爾師知于奈師磨里】を遣し、百濟、恩率彌騰利を遣して、毛野臣が所に赴き集へ、二の王、自ら來參ず。毛野臣、大きに怒りて、二つの國の使を責め問ひて云く、「小なるを以て大なるに事ふるは、天の道なり。【一本に云く、「大木の端には大木を以て續ぐ。小木の端には小木を以て續ぐ。】 何の故か二つの國の王、躬ら來り集ひて天皇の勅を受けずして 、輕く使を遣せる。今縱し汝が王、自ら來りて勅聞くとも、吾肯へて勅せじ。必ず追逐退さむ。」 久遲布禮、恩率彌騰利、心に怖り畏づることを懷きて、各歸りて王を召ぶ。是に由りて、新羅、改めて其上臣伊叱夫禮智干岐を遣して、【新羅、大臣を以て上臣とす。一本に云く、伊叱夫禮知奈末】 衆三千を率て、來りて勅を聽かむと請す。毛野臣、遥に兵仗の圍み繞りて、衆數千人あるを見て、熊川より、任那の己叱己利城に入る。伊叱夫禮智干岐、多多羅原に次りて、敬歸ず待つこと三月。頻に勅を聞かむと請す。終に肯宣せず。伊叱夫禮智が將ゐたる士卒等、聚落に食を乞ふ。毛野臣の{人河内馬飼首御狩に相過れり。御狩、他の門に入り隱れて、乞ふ者の過ぐるを待ちて、手を捲りて遥に撃つまねす。乞ふ者見て云く、「謹みて三月を待ちて、勅の旨を聞かむと佇めども、尚し宣り肯へず。勅聽く使を悩はすは、乃ち欺誑りて、上臣を誅戮さむとなりけりといふことを知りぬ。」 乃ち所見を以て、具に上臣に述す。上臣、四つの村を抄き掠め、【金官、背伐、安多、委陀、是を四村とす。一本に云く、多多羅、須那羅、和多、費智を四村とす。】 盡に人物を將て、其の本國に入りぬ。或の曰く、「多多羅等の四つの村の所掠められしは、毛野臣の過なり。」
秋九月に、巨勢男人大臣薨せぬ。

男大迹天皇
(繼體天皇)は、使者を派遣し己能末多干岐を送り返したが、その方針は、任那に居る近江毛野臣に、任那と新羅双方の言い分をよく聞き、双方の疑ひを和解せしめよといふものであった。地に足がつかない現地事情とはかけ離れた詔であった。熊川は、慶尚南道昌原郡熊川面地図;鎮海市熊川)、久斯牟羅は後の屈自郡、今の馬山と注される。日本(やまと)の半島上陸の軍事拠点の一つであろう、毛野臣はそこに宿舎を定め、詔を行ふために、新羅、百濟、二國の王に招集をかけた。新羅の王は法興王、諱が原宗、佐利は源(原)の訳、遲は智で美称とする説、あるいは新羅第一等の重臣、哲夫とする説があると注される。これまでの対応、百濟の対応からすれば、佐利遲を重臣とみるべきであり、佐利遲と久遲布禮の二名を派遣したことになる。久遲布禮は、新羅真興王(法興王の次)の第一等の重臣、居柒夫と注される。百濟は、恩率(官位十六階の第三)の彌騰利を派遣し、双方の王は来なかった。毛野臣が激怒して両国の使者を責め、小が大に仕えるのは天の道、あるいは、天皇に対するは王、臣下に対するは臣下、天皇の詔は王が直接承るべき、それを臣下に承らすとはなんたることか、今後もし王が自ら来て詔を聞きたいとしても、言はず必ず追い返そうものを、と言い放った。双方の言い分を聞き、和解をすることを託された毛野臣は、初手からつまづいてしまった。男大迹天皇の詔もピントがはずれており、毛野臣の対応が輪をかけた。まずは両国王が来ないことを報告すべきであり、この詔では何らの解決にもならないことを上奏し、まずは万単位の兵卒を熊川に送りこむことを要請すべきであったろう。二十一年夏六月時点では、六萬の兵を率ゐるはずであった。どうして、この時はそうさせなかったのか?
両使者は帰国して顛末を王に報告し、新羅は、改めて大臣の伊叱夫禮智干岐に兵卒三千を付けて勅を聞きたいと圧力をかけてきた。毛野臣はそれを見て、任那の己叱己利城に入った。己叱己利は久斯牟羅と同じと注される。鎮海から馬山の城に籠った。一方、伊叱夫禮智干岐は、多多羅原
(釜山の南、多大浦)に宿営した。日本(やまと)からの派兵を牽制できる地点を押さへ、毛野臣には勅をお聞かせあれと慇懃に対応した。不肯来は来ようとしない、毛野臣は不肯宣、宣(の)ろうとしない、意地でも伝へない。
その状態が三カ月続き、士卒の食糧が尽きてきた。食糧を村落に調達に出るところを、毛野臣の{人(従者)の河内馬飼首、首は渡来系、御狩とすれちがった。河内馬飼首は男大迹天皇が懇意であった荒籠を想起せしめる。実情を把握するために、河内馬飼首を送り込んでおられたのか。御狩は他の門の陰で士卒をやり過ごし、拳骨を挙げて遠くから殴る真似をした。すると、ある士卒がそれを見てこう言った。謹んで三カ月、勅の旨を聞かせいただきたいと待ったが、お伝へいただこうとされない。我が使者を悩ますばかりであり、今の仕草からするに、騙して結局は我が上臣
(大臣)を殺そうとされていることが分かった。そして、その様子を詳しく上臣に報告した。ならば、と上臣は四村を略奪し、その民を新羅に連れ帰った。金官ー須那羅(金海)、背伐ー費智、安多ー多多羅(多大浦)、委陀ー和多、すべて洛東江の河口地方であろうと注される。洛東江は北方との水運の航路であり、その河口を押さへられてしまえば、任那北部との連携はとれず、日本(やまと)からの派兵、兵站は阻止されてしまう。毛野臣は何もできず、四村の民が連行されるといふ大失態となった。これでは任那の己能末多干岐(阿利斯等)が何のために来朝して救助を求めたのか、任那は動こうとせぬ日本(やまと)の中枢部に腸(はらわた)が煮えくり返ったであろう。毛野臣の責任とするが、男大迹天皇の外交の結果は目を覆はむばかりの混乱をもたらしていた。
巨勢
(許勢)男人については、異説が有る。続日本紀において、天平勝宝三年(751年)二月、男人の子孫の正六位下内膳司典膳、雀部朝臣真人が奏上文で、大臣となって仕えた雀部朝臣男人は、同祖である巨勢の名をとり、治部省管理の系譜には誤って巨勢男人大臣と記されているから、それを雀部大臣と改め名を長代に伝えたい、としたとある。巨勢男人は雀部朝臣男人であるとした。このことで、年代について矛盾がでてくるのであるが、他にも疑義があるようで、これは後にみることとする。男人は男大迹天皇の擁立に動き、二人の女(むすめ)、紗手媛と香香有媛を勾大兄皇子の室にいれており、次世代への配慮に怠りはなかった。

廿四年春二月
(きさらぎ)丁未(ひのとのひつじ)(ついたちのひ) 詔(みことのりす)(のたまふ) 自磐余(いはれひこ)之帝(すめらみこと)・水間城(みまき)之王(きみ) 皆(よる)博物(ものしれる)之臣(まへつきみ) 明哲(さかしき)之佐(たすけ) 故(かれ)(みちのおみ)(のべる)(はかりごと) 而~日本(かむやまと)以盛 大(おほびこ)(のべる)(はかりごと) 而膽瓊殖(いにゑ) 及乎繼體(ひつぎ)之君(きみ) 欲立中興之功(なかごろおこるいたはり)者 曷(いづれか)(むかしより)(よる)賢哲(さかしき)之謨謀(はかりごと)乎 爰降小泊瀬天皇(をはつせのすめらみこと)之王(きみたる)天下(あめのした) 幸(さいはひ)(うける)前聖(さきのひじり) (さかえたひらぐ)日久(ひひさし) 俗(ひとびと)(やうやく)(くらい)而不寤(さめる) 政(まつりごと)(やうやく)(おとろへる)而不改 但(ただ)(またまく)其人各(おのおの)以類(たぐひ) 有大略(たばかり)者 不問其所短(たらぬ) 有高才(かど)者 不非(そしらず)其所失(あやまつ) 故(かれ)獲奉(たもちうける)宗廟(いへ) 不危(あやふめず)(くに) 由是觀之 豈非明佐(たすけ) 朕承帝業(あまつひつぎ) 於今廿四年(はたとせあまりよとせ) 天下(すみゆたかにす) 内外(うちと)無虞(うれへ) 土地(つちくれ)膏腴(こえる) 穀稼(たなつもの)有實(みつ) 竊(ひそかに)(おそるらく)元々(おほみたから) 由斯生(なす)(ならひ) 藉(よる)此成驕(おごり) 故(かれ)令人擧廉節(きよくかたきひと) 宣揚(のべあげる)(おほきなる)道 流通(しきはく)(おほきなる)(のり) 能官(つかさめしす)之事 自(より)(いにしへ)爲難(かたし) 爰(ここに)(いたる)朕身 豈不愼(つつしむ)歟 

廿四年の春二月の丁未の朔(530.02.01)に、詔して曰はく、「磐余彦の帝、水間城の王より、皆、博物れる臣、明哲しき佐に頼る。故、道臣謨を陳べて、~日本以て盛なり。大彦略を申べて、膽瓊殖用て隆にましましき。繼體の君に及びて、中興之功を立てむとするときには、曷か嘗より賢哲しき謨謀に頼らざらむ。爰に小泊瀬天皇の天下の王たるときに降りて、幸に前の聖に承けて、隆え平ぐこと日久し。俗漸に蔽くして寤めず。政浸に衰へて改めず。但其の人の各類を以て進むことを須たまくのみ。大略有る者は、其の所短を問はず。高才有る者は、其の所失を非らず。故、宗廟を獲ち奉けて、社稷を危めず。是に由りて觀れば、豈明佐あるに非ずや。朕帝業承くること、今に廿四年、天下清み泰にして、内外に虞無し。土地膏腴えて、穀稼實つ有り。竊に恐らくは元々、斯に由りて俗を生し、此に藉りて驕を成さむことを。故、人をして廉節を擧げしめ、大きなる道を宣揚げて、鴻きなる化を流通き、能官する事は、古より難しとす。爰に朕が身に曁りて、豈愼まざらむや。」

この記述の訓読は甚だしき意訳であり、注をみると、芸文類聚、治政部、論政の後漢崔寔政論、
「堯舜の帝より湯武の王は、皆、明哲の佐(たすけ)、博物の臣にョる。 故に、皐陶謀(はかりごと)を陳(の)べ、而して唐虞(堯舜)以て興る。 伊箕(伊尹と箕子)(いましめ)を 作し、殷周以て隆(さかん)なり、繼體の君に及び、中興の功を立てむと欲すは、曷ぞ嘗て賢哲の謀にョらざらむか。 凡そ天下の治まらざらむ所以は、常に世主を疾(にくみ)て、平(たひら)けき日承くること久し、俗漸(いよいよ)弊して寤めず、政衰へて改めず。・・・海内C肅,にして、天下謐如(やすらかなること) 嘉瑞並び集へ、屢(たびたび)豐年を獲る・・・」によるとある。磐余彦帝と~日本は~日本磐余彦天皇(~武天皇)、水間城王と膽瓊殖は御間城入彦五十瓊殖天皇(崇~天皇)、道臣は道臣命(大伴氏の祖)、大彦は大彦命(四道将軍の一人)。堯舜の世は皐陶、湯王の世は伊尹といふ賢哲が補佐して隆盛したごとく、磐余彦天皇には道臣、御間城入彦五十瓊殖天皇には大彦命が補佐し、隆盛をみた。しかし、如何なる王朝も衰へる、我が国においても小泊瀬天皇のときに危機を迎へた。それを立て直す(中興)には、中国では、古より賢哲を用ゐてきた。大きな戦略を持つ者の短所、才能ある者の過失を大目に見て、宗家を守り、国を保つ、まさに明佐あってのこと。私が天皇に即位して二十四年、天下は治まり豊かになり、内外に憂ひもない。土地は肥えて、穀物は実り、ひそかに恐れるのは、これに慣れて、驕りを生むことである。廉節の者をとりたて、大いなる道を掲げて、大業の基礎を敷き、すぐれた官に仕事をさせる、これは古来より難しいこととされてきた。まずは我が身から手本となるべく慎むことにしよう、とでもなろうか。
おそらく、この部分は漢人の手により、男大迹天皇へのリップサービスを施したものであろう。男大迹天皇を堯舜、湯王(殷)、武王(周)に、大伴金村、物部麁鹿火、許勢男人を皐陶や伊尹に喩へ、聖王の治世のごとく持ち上げ、それを理解しない百濟や新羅や任那の王達と対比させた。逆からみれば、半島情勢に対応するに、現実離れした意識が根底にあることを浮かびあがらせた、とも云へよう。また、男大迹天皇を中興の天皇として、強く印象付ける必要があったのかもしれない。
半島問題は放置状態であり、何故、中央政権がかほどに動かない、あるいは動けないのか、理解に苦しむ。

秋九月
(ながづき) 任那使(つかひ)(まうす)(まうす) 毛野臣(けなのおみ) 於久斯牟羅(くしむら) 起(おこしつくる)舍宅(いへ) 淹留(とどまりすむ)二歳 【一本(あるふみ)(いふ) 三歳者 (つらねる)去來歳(かよふとし)數也】 懶(よそほしみす)聽政焉 爰以日本人與任那人 頻(しきりに)以兒息(こうむ) 諍訟(あらがふこと)難決(さだめがたき) 元(はじめより)無能判(ことわるなし) 毛野臣樂(このみて)置誓湯(うけひゆ)(いふ) 實者(まことならむもの)不爛(ただれず) 虚者(いつはりあらむもの)必爛 是以 投(めす)湯爛死者衆(おほし) 又殺吉備韓子(きびのからこ)那多利(なたり)、斯布利(しふり) 【大日本(おほやまと)人 娶蕃女(となりぐにのめ)所生 爲韓子(からこ)也】 恆(つねに)悩人民(おほみたから) 終(つひに)無和解(あまなふ) 於是 天皇(すめらみこと)聞其行状(あるかたち) (つかはす)人徴入(めしいる) 而(しかるに)不肯來(まうきかへず) 顧(しのびに)以河内母樹馬飼首(かふちのおものきのうまかひのおびと)御狩(みかり) 奉詣(まうでる)於京(みやこ)而奏(まうす)(まうす) 臣(やつこ)未成勅旨 (まうでこば)京郷(みやこ) 勞(ねぎらふ)(ゆく)虚歸(むなしくしてかへる) 慙(はづかしくす)(おもない)(いづくにか)(おく) 伏願 陛下(すめらみこと) 待成國命(おほみよごと) 入(まゐる)(みかど)謝罪(うべなひまうす) 奉(たてまだす)使之後 更(また)(みづから)(はかる)(いふ) 其調吉士(つきのきし) 亦是皇華(みやこ)之使(つかひ) 若(もし)(さきだち)吾取歸(かへる) 依實(あるまま)奏聞(まうす) 吾之罪(あやまち) 必應重矣 乃調吉士 率(ゐる)(ともがら)守伊斯枳牟羅城(いしきむらのさし) 於是 阿利斯等(ありしと) 知其細(くはしく)(くだくだしきこと)爲事(わざ) 不務所期(ちぎる) 頻(しきりに)(すすむ)歸朝(かへりまうでる) 尚不聽 由是 悉(ことごとくに)知行迹(あるかたち) 心生飜背(かへしそむく) 乃久禮斯己母(くれしこも) 使于新羅(いくさ) 奴須久利(ぬすくり) 使于百濟兵 毛野臣聞百濟兵來 討背評(へこほり) 【背評地名(ところのな) 亦(また)名能備己富里(のびこほり)也】 傷死者(やぶれしぬるもの)(なかば) 百濟 則捉(かすゐる)奴須久利 杻械枷鏁(あしかしてかしくびかしかなつながり) 而共新羅圍城 責罵(せめのる)阿利斯等曰(いふ) 可出毛野臣 毛野臣 嬰(よる)(さし)(みづから)固 勢(いきほひ)不可擒(とる) 於是 二國圖度(はかる)便地(たよりのところ) 淹留(とどまる)弦晦(ひとつき) 筑城而 號曰久禮牟羅城 時觸路(みちならし) 拔騰利枳牟羅(とりきむら)・布那牟羅(ふなむら)・牟雌枳牟羅(むしきむら)・阿夫羅(あぶら)・久知波多枳(くちはたき) 五城(さし)

秋九月に、任那の使奏して云す、「毛野臣、遂に久斯牟羅にして、舍宅を起し造りて、淹留むこと二歳、【一本に、三歳と云ふは、 去來ふ歳の數を連ぬ。】 政を聽くに懶す。爰に日本人と任那人との、頻に兒息めるを以て、諍訟決め難きを以て、元より能判ること無し。毛野臣、樂みて誓湯を置きて曰く、「實ならむ者は爛れず。虚あらむ者は必ず爛れむ。」 是を以て、湯に投して爛れ死ぬる者衆し。又、吉備韓子那多利、斯布利を殺し、【大日本の人、蕃の女を娶りて生めるを、韓子とす】 恆に人民を悩して、終に和解ふこと無し。是に、天皇、其の行状を聞きて、人を遣して徴し入る。而るに來肯へず。顧に河内母樹馬飼首御狩を以て、京に奉詣でしめて、奏して曰す、「臣、未だ勅の旨を成さずして、京郷に還入ば、勞へられて往きて、虚しくして歸れるなり。慙しく恧きこと安か措かむ。伏して願はくは、陛下、國命を成して、朝に入りて謝罪まうさむを待ちたまへ。」 使を奉して後に、更自ら謨りて曰く、「其れ調吉士は、亦是皇華の使なり。若し吾より先ちて取歸りて、依實に奏聞せば、吾が罪過、必ず重からむものぞ。」 乃ち調吉士を遣して、衆を率て伊斯枳牟羅城を守らしむ。是に、阿利斯等、其の細しく碎しきことを事として、期りし所を務めざることを知り、頻に歸朝でねと勸むれども、尚し還ることを聽かず。是に由りて、悉に行迹を知りて、心に飜背くことを生す。乃ち久禮斯己母を遣して、新羅に使して兵を請はしむ。奴須久利を、百濟に使して兵を請はしむ。毛野臣、百濟の兵來ると聞きて、背評に迎へ討つ。【背評は地の名なり。亦の名は能備己富里。】 傷れ死ぬ者半なり。百濟、奴須久利を捉て、杻械枷鏁して、新羅と共に城を圍む。阿利斯等を責め罵りて曰く、「毛野臣を出すべし。」 毛野臣、城に嬰りて自ら固む。勢擒りうべからず。是に、二つの國、便の地を圖度りて、淹留ること弦晦になりぬ。城を筑きて還へる。號けて久禮牟羅城と曰ふ。還る時、觸路に、騰利枳牟羅、布那牟羅、牟雌枳牟羅、阿夫羅、久知波多枳、五つの城を拔きとる。

毛野臣が安羅に派遣されたのが二十三年(529年)春三月、四月に熊川(鎮海)の宿舎に入った。一本では久斯牟羅(馬山)に入ったとしているが、書紀は熊川である。一本では三年といふは、最初から熊川でなく久斯牟羅に入ったとする記述に依拠し、それでも年月が合わないので去来、来た時から去った時までと注釈を加えざるを得なかった。二十四年九月であるから、最長でみても一年と数カ月、それを二年としたのかもしれないが、疑問が残る。これは引用した記述をそのまま使ったことから起こっているのであろう。
罪懶
(らい、怠ける)を、よそ(他所)ほし(欲)(思)す、と訓じている。他所のものをがほしくて気が散ると注される。毛野臣がうんざりとしたのは、任那に駐留する日本人男性と任那の女性との間に生まれた子の帰属をめぐる訴訟といふ。本当にその子の父が日本人男性であったかは、その父が認知せぬかぎり確認のしようがない。楽には、音楽(yue)、楽(le)しむ、山を楽(yao:好む)、の三通りの音があり、中国音を理解している者が記していると考へられる。この真偽を確かめるために好んで使った方法が誓湯(うけひゆ)、探湯(くがたち)であった。熱湯に手を入れ、真であれば何事も起こらないが偽であれば手が熱傷でただれてしまう。湯に投といふから投げ入れたことになり、多くの女性がただれて死んだとする。吉備韓子那多利、斯布利は他に見えないと注される。この二人を殺したとするが、何故殺されたかが記されていない。当時の人には記さずとも分かったことであろう。韓子であるからということが原因であろうが、どんなことがあったものか。毛野臣は新羅と任那の間の和解を図ることを命じられ、これからは逃げ出し、久斯牟羅においては、日本人と任那人の間の紛争を拡大させる結果を招いた。
天皇はその行状を聞き、使者を派遣して、毛野臣を召喚したが、戻って来ようとしない。顧は、前後を見て、そっと、母樹は大阪市牧岡市豊浦町か、と注される。~日本磐余彦天皇
(~武天皇)前紀で磐余彦尊が命からがら逃げ込んだ大樹のある地、母木邑、枚岡神社延喜式神名帳の地、浦とありかつてはそこまで船で入ることが出来た。毛野臣は、ひそかに、河内母樹馬飼首御狩を磐余玉穗宮にゆかせて申し開きをした。母樹の御狩は、枚方の馬飼首荒籠と同業である。毛野臣の従者とあるが、男大迹天皇と関係のある荒籠とつながりがあるかもしれない。御狩を通じて毛野臣は、臣(私)が、勅命を実現できず、磐余玉穗に還るようなことをすれば、労いの言葉をいただき出掛けたものの、何の成果も無く帰ることになります。恥ずかしく、面目なく、身の置き所もございません。伏してお願いします、陛下、どうか國命を成し遂げて、朝庭に戻り謝罪することができるまでご猶予をいただきますことを、と述べた。片や御狩を送りだし、もう一方では、皇華の使、朝廷からの使者、調吉士(百濟からの帰化氏族。姓氏録では、百済国努理使主の後なり。誉田天皇[謚応神。]御世。帰化。孫阿久太男弥和。次賀夜。次麻利弥和。弘計天皇[謚顕宗。]御世。蚕織献B絹之様。仍ち調首の姓を賜はる、とある)が、先に帰国してありのままを報告すれば、大変重い罪を得ることになると、調吉士に伊斯枳牟羅城(位置不明)を守らせ足止めをしてしまった。朝廷からの使者に兵をつけて城を守らせるとはとんでもない行為である。
阿利斯等は加羅の人であった。任那の窮状を大伴大連金村に訴え、救援を依頼しての結果、毛野臣が派遣されたはずである。その毛野臣が為す事は、細しく碎しきこと、些細なことばかり、期りし所とは新羅と任那を和解させること、それには努力を一向にしない。新羅の上臣には金官、背伐、安多、委陀の四村を荒らされ、住民を連れ去られた。更に、日本人と任那人の間の子をめぐって無茶な誓湯を行ふ。事態をこれ以上悪くしないために、帰朝、早く任那から去ってくれと勧めるが、聞こうとしない。その行状を知れば知るほど、これは毛野臣を排除するしかない、と背く心が固まっていった。日本
(やまと)に頼んでこの始末、阿利斯等は、なんと一度は対立した新羅と同時に百濟にも救援を求めた。新羅、百濟にすれば、罠が仕掛けられたと疑ふかもしれない。
久禮斯己母を新羅に、奴須久利を百濟に派遣して、兵を要請した。久禮斯己母、奴須久利は他に見へないとある。阿利斯等は加羅の人であり、二人とも加羅の人なのかもしれない。百濟の兵が来るので背評
(へこほり)で迎撃したといふは、阿利斯等の計画を毛野臣に伝へた者が居たことになる。百濟が背評を通るとも漏れていたようである。百濟は不意打ちを喰らったのかもしれない、傷れ死ぬ者半なりは百濟の兵と思はれる。百濟は奴須久利を疑い捕へ、杻械枷鏁したものの、新羅の兵も来ており嘘ではないことが分かり、共に城を囲んだ。阿利斯等も従軍していたであろう、この不手際を特に百濟が責めて罵った。毛野臣を出すべし。阿利斯等よ、お前は毛野臣は出てくると言っていたのではなかったか、といふ怒りがあった。毛野臣は背評で迎撃した後は、さっさと籠城を決め込んでいた。新羅からも兵がやってくることも漏れていたのであろう、ひたすら守りを固めた。百濟も新羅もこれを崩せず、対抗上便宜の良い地に久禮牟羅城を築いた。弦晦の弦は弓張月、晦は月の終わり、一か月と注される。一か月対峙したまま、百濟も新羅も兵を引いたのであるが、その帰り路にあたる五城を拔いた。
評は郡
(こほり)の意の朝鮮語で能備己富里(のびこほり;能備郡)とするようで、背伐(へぼつ)に当たると注される。背伐は先に洛東江河口周辺とされており、もしそうであれば、百濟は自国領を南下して蟾津江沿いに来たのではなく、加羅国を南下し洛東江河口方面から入ったことになる。ただ、久禮牟羅城と対峙する位置に毛野臣が籠城していることを考えれば、背伐は南に離れ過ぎる。阿夫羅が慶尚北道西南部の玄風、久知波多枳が達城郡求智面城山洞とされ、舞台はそうであれば、慶尚北道達城、玄風の南のそう遠くない地点、久斯牟羅(馬山)を北上した地点に背評がある方が話が通る。
新羅が日本
(やまと)と対峙するのはあり得るが、百濟が面と向かって日本(やまと)と敵対するといふは無理がある。また、加羅領を百濟の兵が南下するといふのもひっかかる。百濟が取り得るスタンスは任那に大いなる害を与える毛野臣を捕縛して、天皇に差し出すが限度ではないか。しかし、百濟も新羅が共同して任那を巻き込み、一か月、日本(やまと)と対峙したことには変はりない。そういふ底流が半島に流れていた。

冬十月(かむなづき) 調吉士(つきのきし)(まうでいたる)(より)任那 奏(まうす)(まうす) 毛野臣(けなのおみ)爲人傲(もとり)(いすかし) 不閑(ならはず)治體(まつりごと) 竟(つひに)無和解(あまなふこと) 擾亂(さわかす)加羅 倜儻(たかほに)(ままに)(こころ) 而思不防患(うれへ) 故目頰子(めずらこ) 徴召(めす) 【目頰子 未詳(つばひらか)也】 
是歳 毛野臣 被召到于對馬 逢疾
(やまひ)而死 (はぶるときに)(ままに)河 而入(あふみ) 其妻歌(うたよみす)(いふ) 比羅泊ハ喩(ひらかたゆ) 輔曳輔枳能朋樓(ふえふきのぼる) 阿苻美能野(あふみのや) ト那能倭倶吾伊(けなのわくごい) 輔曳府枳能朋樓(ふえふきのぼる) 目頰子 初到任那時 在彼(そこ)郷家等(いへびとども) 贈歌曰 柯羅屨嗚(からくにを) 以柯儞輔居等所(いかにふことそ) 梅豆羅古枳駄樓(めづらこきたる) 武剥カ屨樓(むかさくる) 以祇能和駄唎嗚(いきのわたりを) 梅豆羅古枳駄樓(めづらこきたる)

冬十月に、調吉士、任那より至りて、奏して言す、「毛野臣、人と爲り傲り佷しくして、治體を閑はず。竟に和解無くして、加羅を擾亂しつ。倜儻に意の任にして、思ひて患を防かず。」 故、目頰子を遣して、徴召す。【目頰子は、未だ詳ならず】
是歳、毛野臣、召されて對馬に到りて、疾に逢ひて死ぬ。送葬るときに、河の尋に、近江に入る。其の妻歌して曰く
 
比羅泊ハ喩 輔曳輔枳能朋樓 阿苻美能野 ト那能倭倶吾伊 輔曳府枳能朋樓
 枚方(ひらかた)ゆ 笛吹(ふえふ)き上(のぼ)る 近江(あふみ)のや 毛野(けな)の若子(わくご)い 笛吹(ふえふ)き上(のぼ)

目頰子、初めて任那に到る時に、彼に在る郷家等、歌を贈りて曰く
 
柯羅屨嗚 以柯儞輔居等所 梅豆羅古枳駄樓 武剥カ屨樓 以祇能和駄唎嗚 梅豆羅古枳駄樓
 
韓国(からくに)を 如何(いか)に言(ふ)ことそ 目頰子(めづらこ)(きた)る むかさくる 壱岐(いき)の渡(わたり)を 目頰子(めづらこ)(きた)る 

攻防戦が終り、調吉士を留めておくこともできず、調吉士は磐余玉穂宮に帰り、報告をした。その言葉は漢文の引用である。治體は、選叙令義解の「治体は国の大体を治む」、閑は広韻の「閑は習(ならふ)なり」、倜儻は、魏志、社畿伝の「倜儻に意の任にして、思ひて患を防かず。終に此の敗を致す。」、他に拘束されない、自分勝手で、あれこれ好きなことを考えて、外患を防がないと注される。調吉士は、毛野臣が役割を果たすどころか、任那を混乱させ、その勝手な振る舞いをして、任那の憂を防ごうとしなかったことを強調し、結果、任那の加羅や新羅、そして百濟が兵を起こして対峙したことを問題としなかったようである。解決策は兵を送ることではなく、毛野臣を召喚することとなった。目頰子が派遣されたが、目頰子は未詳とある。この条に未詳の人が多いのは、半島の書から引用され、確認が取れないからとされる。尚、毛野が”けの”でなく、”けな”と訓じられるのは、この歌でト那(けな)と表記されていることによる。
目頰子は未詳とあるが、調吉士や毛野臣以上の実力者でなくば勤まる役目ではないといふに、未詳とは妙である。あれほど好き勝手をしていた毛野臣が對馬で病気で死んだといふも額面通りには受け取り難い。「河の尋に」は、難波の津から淀川、宇治川に沿っての義、そして近江に戻された。迎へに出た妻が枚方から同行したのであろうか。自らが笛を吹いたのか、誰かに笛を吹かせたのか・・・葬送のゆったりとした笛の調べ、風に揺れ川の流れに遡る音色、その霊をゆるりと慰めるものであった。
”い”は主格、毛野の若殿、を強める働きをする。毛野臣はまだ若かった、その妻も若かったのであろう。同僚であった磐井は新羅に誘われて乱を起こして殺された。毛野臣は、任那を混乱させて、病死とあるが、詰め腹を切らされたのであろう、ある意味では、男大迹天皇
(繼體天皇)の奇妙な半島外交の犠牲者であったかもしれない。
枚方から、笛を吹きながら淀川をのぼる。あの近江の毛野の若子なのです。笛を吹きながら川をのぼっているのは。
一方、目頰子が任那に着いた時に、彼に在る郷家等とは任那在住の日本人と注される、彼等が歌を贈ったとある。”むかさく”は向か離く、はるか向こうに向こうに離れている、の義。韓国をどう報告なさるおつもりですか。目頰子が来られた、あの遠く離れた壱岐より海を渡って、目頰子が来られた。どうして任那在住の日本人がこの歌を目頰子に贈るのか。任那在住の日本人が批判したとみられると注されているが、批判の歌を贈るといふは文意としては成り立たない。贈る以上は、何かの期待を込めた、本人がそれと分かるお礼、あるいは称賛して期待する言葉でなくば通るまい。目頰子の名は任那にも聞こへていた、任那在住の日本人は決して乱に加担していない、協力しますからどうか任那を安定させ、この一件を穏便に伝へて欲しい、とでもなろうか。よく分からない・・・歌にまで残された人物が未詳といふから一層わからない。

廿五年春二月(きさらぎ) 天皇(すめらみこと)病甚(おほみやまひおもし) 丁未(ひのとのひつじのひ) 天皇崩(かむあがる)于磐余玉穗宮(いはれたまほのみや) 時年(みとし)八十二(やそぢあまりふたつ) 
冬十二月
(しはす)丙申(ひのえさる)(ついたち)庚子(かのえねのひ) 葬(はぶる)于藍野陵(あゐののみさざき) 【或本(あるふみ)云 天皇 廿八年歳次甲寅(ほしきのとのとらにやどるとし)(かむあがる) 而(しかる)此云(いふ)廿五年歳次辛亥(ほしかのとのゐにやどるとし)崩者 取百濟本記爲(つくる)(ふみ) 其文云 太歳辛亥(かのとのゐのとし)三月(やよひ) 軍(いくさ)進至于安羅 營(つくる)乞乇城(こつとくのさし) 是月 高麗(こま)弑其王(こきし)(あん) 又聞 日本(やまと)天皇(すめらみこと)及太子(ひつぎのみこ)皇子(みこ) 倶(ともに)崩薨(かむさる) 由此而言 辛亥(かのとのゐ)之歳(とし) 當(あたる)廿五年矣 後勘校(かむがへる)者 知之也】

廿五年の春二月(531.02)に、天皇、病甚し。丁未(02.07)天皇、磐余玉穗宮に崩りましぬ。時に年八十二。
冬十二月の丙申の朔庚子
(12.05)に、藍野陵に葬りまつる。【或本に、天皇、廿八年歳次甲寅に崩りましぬといふ。而るを此に廿五年歳次辛亥に崩りましぬと云へるは、百濟本記を取りて文を爲れるなり。其の文に云へらく、太歳辛亥の三月に、軍進みて安羅に至りて、乞乇城を營る。是の月に、高麗、其の王安を弑す。又聞く、日本の天皇及太子、皇子、倶に崩薨りましぬ。此に由りて言へば、辛亥の歳は、廿五年に當る。後に勘校へむ者、知らむ。】

藍野陵は摂津国嶋上郡、陵墓要覧は通称茶臼山古墳
(大阪府茨木市大田3丁目:地図とするが、発掘された埴輪が高槻市の新池遺跡の窯で作られた450年頃のものと判明し、年代が合わないことから、別人説が唱えられ、一方、そこから東北2km弱の高槻市の郡家新町の今城古墳地図から国内最大規模の埴輪(家の形や祭礼太刀を指した武人など)が出土し、6世紀前半ものとわかったことから、今城古墳を藍野陵とする見方が有力視されている。
或本は二十八年歳次甲寅
(534年)、であるが二十五年歳次辛亥(531年)としたのは、百濟本記による、とある。古事記は、天皇の御年、四十三歳(よそぢまりみとせ)。【丁未の年の四月九日に崩りましき。】 御陵(みはか)は三島の藍(あゐ)の御陵なり。と丁未(527年)としている。本により、時期が一定しないことに困った。最終的には、男大迹天皇(繼體天皇)にとっては辛亥を採用し、広国押武金日天皇(安閑天皇)にとっては、どさくさまぎれに甲寅と捻じ曲げた。
百濟本記は辛亥の三月に、いづれの軍か分からなく、乞乇城が不明とあるが、安羅の近くに城を営
(つく)った時、高句麗では王の安が弑され、日本の天皇及太子、皇子がそろって崩御した、と記しており、それに従ひ、辛亥とした。
三國史記、百済本紀第四、聖王七年
(529年、書紀で計算すれば530年)、「冬十月に、高句麗の王、興安、躬ら兵馬を帥て來侵し、北鄙穴城を拔く、佐平燕謨に命じて、歩騎三萬を領し、五谷之原に拒戰すれど、克たず。死者二千餘人。」とあるが、531年あたりの記述はない。
三國史記、高句麗本紀第七、安臧王十一年
(529年)、「春三月に、王、黄城之東を畋し、冬十月に、王、百濟と五谷に戰ひて、克ち、二千餘級を殺獲す。」とあり、十三年(531年)に、「夏五月に、王薨す。號して安臧王と爲す。・・・梁書に云ふ、安臧王在位第八年、普通七年卒すは、誤なり」とある。安臧王は、姓が高、諱が興安である。梁書では、普通七年(526年)「安が死に、子の延が立ち、遣使が貢献し、詔をもって延を襲爵させた。」とあるが、それを否定している。
三國史記、新羅本紀第四、法興王十九年
(532年)金官國主金仇亥、妃と三子、長(長男)を奴宗と曰く、仲(次男)を武コと曰く、季(三男)を武力と曰く、に及び、國帑寶物を以て來降す。王、禮にして待し、上等を授位し、本國を以て食邑と爲し、子武力を角干に仕至す。」とある。つまり、金官国が新羅に投降したことになる。
三國史記もおおむね百濟本記に近い記述となっている。これらのことから類推すれば、新羅が軍を安羅に進めていたのであろう。高句麗の安臧王が弑されたとあるが、誰に弑されたのか分からない、ただ「王薨す。」となっている。日本の天皇及太子、皇子がそろって崩御といふは、書紀では成立しない。広国押武金日天皇即位の年を甲寅とするなど、不可解な点があり、色々な説がだされてきた。
「後勘校者 知之也」、勘校とは、比べ合わせて間違いを正すこと、資料については、岩波文庫、日本書紀巻五、解説、資料に詳しいが、日本書紀:ガイドミー!wikiに要約がある。

原資料

日本書紀の資料は、記事内容の典拠となった史料と、修辞の典拠となった漢籍類(三国志、漢書、後漢書、淮南子など)にわけられ、さらに、史料には以下のようなものが含まれると考えられている坂本太郎六国史吉川弘文館、1970年11月20日。 ISBN 4-642-06602-0 。

・帝紀6世紀の中頃以降に、言い伝えを元にして日本の歴史をまとめたもの。かつて、津田左右吉は、これらは欽明天皇のころにまとめられたと推定したが、かならずしも根拠があるわけではなく、現在ではむしろ文字が常用されたと確実に推定できる聖徳太子のころまで下げる意見もある。
・旧辞
・古事記
・諸氏に伝えられた先祖の記録(墓記)
・地方に伝えられた物語(風土記)
・政府の記録
・個人の手記(伊吉連博徳書、難波吉士男人書、高麗沙門道顯日本世記、(釈日本紀に挙げられている安斗宿禰智徳日記、調連淡海日記))
・寺院の縁起
・日本国外(特に、百済の記録(百済記、百済新撰、百済本記))
・その他 なお、日本書紀によれば、推古天皇28年(620年)に聖徳太子や蘇我馬子によって編纂されたとされる天皇記・国記の方がより古い史書であるが、皇極天皇4年(645年)の乙巳(いつし)の変とともに焼失した。日本書紀は本文に添えられた注の形で多くの異伝、異説を書き留めている。「一書に曰く」の記述は、異伝、異説を記した現存しない書が日本書紀の編纂に利用されたことを示すといわれている日本書紀における「天地開闢」には本文と6つの異伝が挙げられている。

なお、日本書紀では既存の書物から記事を引用する場合、「一書曰」、「一書云」、「一本云」、「別本云」、「旧本云」、「或本云」などと書名を明らかにしないことが多い。ただし、一部には書名を明らかにしているものがあり、書名をあげて引用されている文献として次のようなものがあるが、いずれも現存しない。

・日本旧記(雄略天皇21年(477年)3月)
・高麗沙門道顯日本世記(斉明天皇6年(660年)5月、斉明天皇7年(661年)4月、11月、天智天皇9年(669年)10月)
・伊吉連博徳書(斉明天皇5年(659年)7月、斉明天皇7年(661年)5月)
・難波吉士男人書(斉明天皇5年(659年)7月)
・百済記(神功皇后摂政47年(247年)4月、神功皇后摂政62年(250年)2月、応神天皇8年(277年)3月、応神天皇25年(294年)、雄略天皇20年(476年))
・百済新撰(雄略天皇2年(458年)7月、雄略天皇5年(461年)7月、武烈天皇4年(502年))
・百済本記(継体天皇3年(509年)2月、継体天皇7年(513年)6月、継体天皇9年(515年)2月、継体天皇25年(531年)12月、欽明天皇5年(544年)3月)
・譜第(顕宗天皇即位前紀)
・晋起居注(神功皇后摂政66年(267年))


書紀の編者も勘校を試み、知之、その結果が矛盾に満ちた記述とならざるを得なかった。そういことを念頭に置いて、男大迹天皇
(繼體天皇)とその皇子の治世を見てゆくようにとのことであろう。

2011.09.17


岩倉紙芝居館 古典館 日本書紀 17 上田 啓之
.